東京の土人形 今戸焼? 今戸人形? いまどき人形 つれづれ

昔あった東京の人形を東京の土で、、、、

久しぶりの型抜き

2021-04-20 15:22:29 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)

 これまで原型やりかけのものを割型にして粘土を詰めて型抜きをしています。

 今回初登場なのは2種類で「みみずく」の別バージョンと「宝珠担ぎ狐」の2種類です。
まだ完成待ちの原型があまたあるので速く割型にしてあげたいです。
コメント

蘇芳(すおう)の袍の天神

2021-04-05 01:00:28 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)

 少し前に蘇芳の煮出し汁がたくさんできすぎてペットボトルに入れて保存してもまだ出てくるので麻布を染めるのを試してみたり、画像の天神様の袍部分に塗ってみたりしています。
 
 向って右端のキハダ(黃柏)の煮出し汁の袍の配色は江戸時代の今戸のお雛様の配色を参考に始めたパターンで民藝館展で選に入れていただいたりでこのパターンに安定感を感じています。台座に蘇芳を塗っています。

 実際には植物煮出しの今戸の天神様には出会ったことはないですが、お雛様はじめ色々な種類の人形に煮出し汁が使われている作例があるので、天神様も塗られていたはずだと思っています。
 蘇芳の煮出しがたくさんあるのでまず袍の部分に蘇芳を塗ってみた3体。袴の色を試しに違えて塗ってみました。台座の黒地に黄土色の線は天保年間の彩色手本(玩具聚図・人形の吉徳さん蔵)
に見られ、また最後の生粋の今戸人形師であった尾張屋・金澤春吉翁(明治元年〜昭和19年)も実際に塗られていた配色です。(ただし、配色手本も春吉翁も袍の色は丹や朱色など顔料です。)
 これらの蘇芳は天保以前に行われていたであろう想定の試しです。
コメント (1)

一刀彫風の虎

2021-04-02 03:49:25 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)

 来年の干支は寅(虎)なんですが、今現在塗っているのはべにや民藝店さんの五月のお節句向けにお納めするもののひとつです。
 これらの一刀彫風と呼んだらよいのか、面取り的なモデリングもまた江戸時代からの流れを汲む最後の生粋の今戸人形師であった尾張屋・金澤春吉翁がお作りになられた虎をお手本にひと回り前の寅年に向けて型を起こしたものです。
 この虎をはじめとする春吉翁による一刀彫風の干支人形について自分でも由来などわからないことが多く、その片鱗は戦前の関西の郷土玩具研究家、川崎巨泉による描画によって伝えられたものを目にすることができますが、十二支を完結させて作られたものなのか否かさえわかりません。

 少なくともうちには、この虎のお手本と同じシリーズと思われる羊があり、巨泉の描画で牛や馬が描かれているのはみたことがあります。
 春吉翁は毎年干支に合わせてひと種類ずつお作りになられたのか、又は頒布会のようなかたちで十二体一式にして一度にお作りになったのか…?
 ご存知の方いらっしゃればご教示いただきたいです。
コメント

窯出し→やすりがけ→地塗り

2021-03-29 00:51:45 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)

 先の熊金は現在彩色途中。そして遅れて素焼きを済ませたもののうち、節句つながりのもの最優先に地塗りまで進めています。面取り一刀彫風の虎は最後の生粋の今戸人形師であった尾張屋・金澤春吉翁(明治元年〜昭和19年)がお作りになられたものをお手本にひとまわり前の干支で起こした型。お腹の下だけ地塗りしておいて、これから尻尾を取り付けてから全体を塗ります。
 
コメント

久しぶりの彩色

2021-03-26 01:40:55 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)
 
 前回色を塗っていたのはひと月以上前だったか、仙台向けのお雛様や招き猫、ひねり鳩だったか、初午向けの狐だったか? 
 その後確定申告のパニックあり、それが済んでから、新たな原型を起こす作業と長いスパンを考えて従来の割型から型抜きを繰り返していたような感じです。今再び塗り始めているのはべにや民藝店さんからたのまれている熊金。他に五月の節句向けの虎加藤や臥虎、虎などもお作りすることになってぃますが、虎類は次の窯入れ待ちなので、まずは熊金最優先に進めています。

 天神は従来の割型のものですが、袍をキハダ、台を蘇芳(すおう)で塗るパターンは民藝館展にも出品させてもらっていますが、蘇芳を袍に塗ってみたくて試しに塗っています。
 あんまり久しぶりなので、乳鉢や棒をどこにしまい込んでしまったのか慌てています。
コメント

はじめての布染め(蘇芳)

2021-03-20 02:35:23 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)

 ダイロンとか合成の染料で布を染めたことはありますが、植物の煮出しで布を染めるのははじめてです。ただし、キハダ(黃柏)や蘇芳の煮出し汁で土人形の彩色をするのはこれまで試してきました。
 以前から一度ためしてみたかったことの支度のひとつとして木綿か麻布を染めて使用できないかと思っていたところ、先ごろ古びて燻しガッコのように煮しめたような色の麻布片が手に入ったのではじめキッチンハイターの水で3日くらい、それをすすいで一旦干して、別の洗濯用漂白剤に3日さらして、水洗いして混ぜながら干すと真っ白とまでいかないものの、薄い象牙色?いわゆる麻の生糸に近い色になったので、蘇芳で染めてみています。技法書とかで予習しておらず、自己流でどうなるかわかりませんが、実際の成り行きをみているところ。
 
 確か、一度煮出し汁で染めて水に晒してから干して、また繰り返し染めるのではないかとおもいましたが、今は、すすがずに干して乾いたらまた染めるということをしてある程度色がついてからすすぐとどうなるか?ハンガーで干しているのは3回染めと乾燥を繰り返している麻の古布です。
コメント

窯だし

2021-03-13 10:20:48 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)
 
 炉内が500℃に達したところで蓋を閉め、最高800℃まで焼き上げたものは急冷など
せず、蓋したまま自然に冷めるのを待ちます。今朝炉内温度計を覗くと100℃以下の78℃までさがっていたので蓋を開けて冷ましました。

 昨年暮れの大急ぎで少量でも小回り効くよう焼いていたのに較べて完全な満杯とはいえませんがそれなりの嵩です。
 でも長期的に見たノルマの目標ばまだ遙かに遠いので、これから型抜きを再度していきます。
コメント

素焼き中

2021-03-12 04:53:02 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)

 ただいま素焼き中で張り付いています。今日の段階で乾燥しているもの全て炉内に詰めて、久しぶりにぎっしりの状態で稼働させています。炉内が500℃になるまでは窯の蓋を半開きにして水分を逃さないと炉内が傷むといわれているので、すぐそばで番をして、500℃に達したら蓋をして開放されます。
 
 待っている間、ちょっとお馬鹿?なこと?をしています。バレたら恥ずかしい(・_・;)
コメント

乾燥(陰干し)

2021-03-08 14:30:06 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)
 
 型から抜き出してバリを取って、なめして乾燥の繰り返し。ノルマ数は未だ遠いのだけれど、やりかけの原型たちも、早く仕上げて割型をとって早く人形にしてあげたいという思いと悩ましい気持ち。
コメント

4:00am

2021-03-06 04:02:12 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)

コメント

新年初水簸(すいひ)ほか

2021-02-22 22:35:29 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)
 
 この数日藤でも咲いているような暖かい天気で久しぶりの水簸(すいひ)の作業をしました。昨夜タッパーに収納しておいた昨年末に水簸と吸水まで済ました粘土を練り直して更に寝かせていたので、吸水鉢も空になってもいて、戸外の水簸済の泥しょうを寝かせるバケツもほとんど空に近くなっているので、早速泥を撹拌(かくはん)して篩(ふるい)にかけ、バケツ一杯にして寝かせました。

 今日バケツ満タンにした泥しょうは明日、あさってと時間を置くと、沈殿してバケツな半分→3分の1となるので、上澄みの水を除いてできたスペースに再度新しい泥しょうを注ぎ足すことを繰り返していきます。
 予報では明日も比較的寒くはないと助かります。ゴム手袋でかき回す泥は冷たく感じないので痺れることもなく、助かります。

 確定申告で作業できなかったので、型抜きも再開しました。
コメント

火の用心狐

2021-02-05 23:03:49 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)

 今日、王子のヤマワさんに、大晦日に間に合わなかった分を少しだけ納めに行ったところ女将さんから、火の用心の狐が売り切れちゃったので、またお願いします、と言われ、たまたまやりかけがあるからそんなに時間かからないとお答えして帰宅しました。
 ちょうどパニックがおさまったところなので、ご要望に「すぐやる課」風に動いているのがなにだか楽しい。「売り切れちゃった」というのがうれしいです。ちょいちょいでできたので明日持って行こうと思います。

 手前の2体の狐は土鈴の愛好家の方から土鈴仕立てに、と頼まれていた分。底に鈴口を切ってひも通しの孔も開けてある。提灯には宝珠と「王子」のふた文字の御希望。
 今、ピッタリのタイミングでできること。確定申告の支度に入るとその後の予定に動くので、こんなに「一丁あがり」風には動くのはできないかも。お呼びがあるのはありがたいことです。
コメント

のんびりモード

2021-02-04 05:52:54 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)
 
 昨日の朝、仙台宛ての荷物を発送できたのでひと安心。郵便局から戻って布団に入り目覚めたのが「花子とアン」の再放送の直前でラッキー♥
 疲れが溜まっているので晩は早めに床に入ったのが、夜中1時過ぎに目が覚めてしまったので、雑貨屋さんや個人の方々から頼まれているものの彩色をしました。のんびりといったら怒られるかもしれませんが、秋口からノンストップだった作業から開放されて、同じ作業でもパニック感がないのがありがたい、というか…。
 忙しくてやりかけの原型などストップしていたので再開しようと思います。今日
コメント

ぴいぴい ほか

2021-02-03 00:35:37 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)

 ぴいぴいの組み立てや板の色塗りが終わりました。そして座猫の御殿風も。
仙台光原社の「雛の会」の初日か5日なので、明日夕方までに発送すればぎりぎりです。今回は一文雛や狐拳など第1便は既に送ってあるので、第2便は招き猫類やひねり鳩。
 
 明日発送したら、雑貨屋さんや個人から頼まれているものに取り組むことができます。とかく個人の方や雑貨屋さんからのものはいつも遅くなってしまい申しわけないです。例えば、夏あたりからお待たせしている皆さんには予め催事や特にお世話になっている店(自分として大切に感じている)は優先させて欲しい、とお願いして進めているからです。昨年は入退院を繰り返していた中、うちでは大型のものなど頼まれたのですが、体調が不安なのでその由お伝えしたところ、「いつでもよい」と言われたので気にはしていたのですが、11月にいきなり12月上旬の会期を示されて、なおかつ大きなものはまだか?と来たのは焦りましたし、予定していたものが滞って日の目に出せなくなりました。「いつでもよい」ものは言質のとおりにさせてもらえばよかった。  

 ♫さりとは ツライね てなこっと おっしゃいましたね〜 スットトン スットトン♫

 反対に神宮前での「郷土玩具展」は新年明けの会期で見通し持てたので呼んでもらえてうれしかったです。また呼んでくれたらうれしいです。
コメント

鞴(ふいご)づくり

2021-02-02 02:10:40 | 仕事場(今戸焼 土人形 浅草 隅田川)

 ぴいぴいの鞴を作っているところです。これはこれで面倒な作業。昔だったらぴいぴいも分業体制で作られたでしょうから、これ専門の内職をうけおっていた長屋のおばさんがいて、熟練していたのではないか、と空想します。今戸で焼かれた人形の素焼き部分の彩色を手掛けるおばさんたちもいただろうし、浅草近辺で人形玩具に携わっていた人々は、このふいご作りなども含めてかなりの数いたのだろうと思いを馳せます。
 ところで今夜は早めに床に入りたいです。昼食摂りながらこっくりして湯呑みを倒してしまいました。
コメント