外為ガイドブック☆外国為替取引の基礎を解説 ・・・五里霧中のFX相場に一筋の光を

ForexTVジャパンの浅野がテクニカルやファンダメンタル分析、個人的意見を綴るFXブログ、用語集も必見です!

Information


一目均衡表を集大成した一目山人を祖父に持つ細田哲生先生が講師を務める勉強会の模様を番組化!ForexTVジャパンがお送りします。


アメリカ本土で特許取得のチャートを使ったFXの売買戦略レポートです。ゴールド/ドル戦略を無料公開中!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Forex:ポンドドル9連騰目も快調な上昇…理由はポンド円だけ??-FX海外戦略

2012-01-26 18:09:44 |    -ポンドドル

ポンドの上げ足が速いのは意外です。ポジションカバーが先行している状態では、理由も何もあったものではない場合もあり、9連騰目の本日も底堅い展開です。

すっかり一目均衡表の日足雲に入りこんだ相場は、本日も躊躇なく陽線を伸ばしています。
めぼしいレジスタンスといえば、雲の上限である1.5785前後を除くと、遅行スパンの上に控える当時の雲の下限となる1.5734程度しか目先にはありません。

こうなった以上は押し目買いしかできない状況ですが、雲の下限となる1.5620前後でポンドを買い、1.5550割れで一旦はストップというイメージです。今日一気に雲の上限に届くとは思えませんが、1.5780ではポンド売りを置き、1.5830を越えるようなら一旦はストップです。まだ下落トレンドが潜在的に残っているなら、しばらく雲の中での推移を想定します。

さて、ドルのインデックスが79.50水準に差し掛かり、ここを割り込むとドル売りに拍車がかかりそうです。個人的にはこの水準を下限にもう少し揉み合う方が、今後の動きの中で方向性が出そうな印象を持っています。

ForexTVジャパン
浅野

コメント

Forex:ユーロドルここから先は神経質か-FX海外戦略

2012-01-26 18:07:33 | ☆相場分析-ユーロドル

こんばんは、ForexTVジャパンの浅野です。
本日も、ブログ版でお届けします。

FOMCで低金利政策維持が14年へと延長される見込みが発表され、なぜかドルが全面安の展開です。確かに、高金利通貨が対ドルで買われるメンタリティは判りますが、株式市場の好感が続く限り、ドルは弱く推移するかもしれません。

ユーロドル

昨日はロンドン時間の下落で、目先のロングは吐き出された後に1.3050越えとなり、余程低い水準でロングになっていない限り、利食いの売りというのは少ない可能性があります。

しかし、ここから上値は1.3230付近から日足一目均衡表の雲が控えており、糊代が少なくなってきた印象があります。加えて、1.3200の水準は、昨年10月からの反転上昇の起点となっているに加えて、11月25日の下値、12月21日の上値というように、今の位置からはレジスタンスになる可能性を秘めています。

遅行スパンは価格の上に出たものの、直ぐ上には当時の転換線が控えており、これもレジスタンス要因となります。

昨日のドテンロングは、ストップを1.3025付近に置き、1.3170付近で一旦スクエアとしたいところです。うまく利食いがかなった場合にのみ1.3000で再度、ロングを建てるイメージです。あくまで下落トレンドの調整反転という認識は変わらず、この波に乗るなら慎重に行きたいと思います。

続いてポンドドルです。

ForexTVジャパン
浅野

コメント

Forex:ポンドは下落時に鈍かった分、上昇はサクサク でもここから先は?‐FX海外戦略

2012-01-25 20:56:15 |    -ポンドドル

ポンドドル

1.55が重いと想定したブログの戦略は、1.55後半を付けた時点で白旗降参でした。

しかし今日の値動きを見る限り、1.5550以下で本日を終われるようなら、7連騰相場も一旦は下値探しになりそうです。
ポンドドルの早い上昇相場が今一つ理解に苦しみますが、これまでは株のFTに支えられてきたのかもしれません。ただ、本夕発表されたBOEの議事録では、景気後退が見込まれるなど、これ以上の株式相場上昇は、逆に下落リスクが増えるだけにも見えてきます。

ポンド相場はユーロが下落する局面ではあまり下落をしなかったことから、需要な水準が同じような価格に集まりつつあります。FOMCを控えてこちらは明らかに様子見であり、明日の終値を見てから再度、検討しようかというイメージです。

ドルのインデックスも、79ミドルの攻防に入りました。今のところ、昨年10月初旬と11月下旬のトップ水準である79.50で、上に折り返しています(ドル買い)が、割り込むようなら暫くはドル安相場を伸ばしそうな展開です。

ForexTVジャパン
浅野

コメント

Forex:ユーロドル 戻り売り地合いも、FOMC控えて下値も限定的か‐FX海外戦略

2012-01-25 20:43:25 | ☆相場分析-ユーロドル

こんばんは、ForexTVジャパンの浅野です。
どうやら本日も、動画でテクニカルをお送りする時間がなさそうです。ブログ版でお届けします。

ユーロドル
月曜日のドル買いギャップから始まった今週は以降、1.30中盤まで一本調子にドル売りとなり昨日を迎えました。

昨日は上値を若干更新した直後に、1.29ミドルまで下落したものの、寄り付きより高い水準で引けるなど、高値圏で波乱気味に推移しました。
先週の高値を割り込まないように必死に頑張っているようですが、今度その高値1.2985より低い水準で終わるようだと、今回の上昇セッションも一旦はお休みか…という流れです。

昨日の反落で、ブログのショートは既にスクエアとなっているので、あえて臨むなら、もう一度1.30台に乗せるタイミングで1.3035まで延びればユーロを売り、上値を更新するようなら1.3075付近でドテンも視野に一旦はストップというイメージです。
下値目標ですが、あまり方向が出るとは思いにくく、1.2900をターゲットに、状況によっては1.2850から1.2900でロング転したいところです。その際のストップは、エントリーから50ポイント程度で良い感じですが、1.2850から離せるだけ、有利な展開になりそうなことから、1.29割れで勢いが付けば引きつけたいイメージです。

ただし、日本時間で明日の早朝4:00過ぎにはFOMC発表を控えており、基本は見送った方が無難だと考えます。

続いてポンドドルをお伝えします。

ForexTVジャパン
浅野

コメント

Forex:ポンドドル、1.5550を越えて底堅い 初取り組みは白旗

2012-01-23 23:09:14 |    -ポンドドル

こんばんは、ForexTVジャパンの浅野です。

今日もこんな時間になってしまいましたが、ドルの全面安が止まりません。ポンドのイメージは全く合わず、本年初の挑戦は敗北宣言です。
金曜日のダウも底堅かったようで、一時的にしろ、リスク懸念後退からリスク選好への兆しが見えてきたようにも思います。

ただし、コモディティはさほど上昇していないなど動き方に偏りがあり、この相場にはあまり付いて行く気がしません。まあ、ドル高も確かに一方的だったので、反転は致し方ないのかもしれませんね。

それにしてもクロスが慌ただしく動いていますが、クロスを見る限り、ポンドは相対的に弱い動きをしています。なのに、対ドルはポンド高となっており、現在のところ、全ての動きがドル売りで調整されている段階のようです。
つまり、底堅いポンド以上に、各通貨が対ドルでドル安に推移すれば、こうした状況も十分あり得ます。理屈はそうですが・・・全てがスプーフに見えてしまい、要するに、私は“お休み時”ということなのでしょう。

今日は殆ど、相場を見れていませんので逆に何が理由なのか、あまり判りません。ストップという話は少し目にしましたが、全通貨がドル安にストップというのも、あまり説得力がありません。ポンドに限定するなら、1.5600付近に近づいた場合に、もう一度検討してみます。

ユーロは持値付近の1.29後半があり得ればスクエアですね、逆に1.30ミドルを抜けると、1.32を試す展開なのでしょうか??

久しぶりの投稿にしては、お粗末になってしまいました。
では、本日はこの辺で失礼します。

ForexTVジャパン
浅野



コメント

Forex:対ドル通貨、結構キッチリと往来相場で終わり、イメージにズレ

2012-01-16 22:22:54 | ☆相場分析-ユーロドル

こんばんは、ForexTVジャパンの浅野です。

月曜日は何かと忙しく、結局相場をじっくり考えられませんでした。
金曜日のサプライズで、ドルを売り戻す地合いが一気に崩れました。ブログでもお伝えした通り、特にユーロクロスはボトムを作ったように見えましたが、やはり終わってみないことには判らない…と言われるように、週末の時点で反転の兆しは消え去りました。

一斉格下げのニュースは、個人的には久しぶりに危機感を覚える発表だった一方で、相場は下値を僅かに切り下げたものの、結局ユーロも往来しただけという印象が残ります。ポンドも、上下に長いヒゲを付けた十字足で先週金曜日を終り、結局は方向感がない週末になってしまい、まるでほんの一握りの参加者による“一人相撲”的相場のような動きでした。米国勢がロング・ウィークエンドだったのも一因かもしれませんが、正直なところ、トレンドをみるとドル売りでは決して入れない一方で、戻り売りはあまりに一瞬で、こちらもなかなか入れないというのが実際のところ…だったのではないでしょうか。

暫く、ユーロクロスの調整相場だと仮定すると、対ドルは乱高下気味に揉み合うのでしょうか…。
ますます悩ましくなってきたところで、今日はこの辺で失礼します。

ForexTVジャパン
浅野

コメント

ForexTV番組:追跡プロスティックス930 明日以降に延期

2012-01-16 21:36:08 | ☆ForexTVインフォメーション

こんばんは、ForexTVジャパンの浅野です。

早速ですが、毎週月曜日にお送りしている 為替の売買レポートを追いかける「追跡!プロスティックス930」の番組を明日に順延致します。年始ということで、各ペアの現状を全てお伝えしようとしたのが仇となり、来客を迎えたところで、完全にアウトになってしまいました。

毎日、取引機会を伺いながら臨んでいる6通貨ペアに加えて、毎週月曜日は、より長期的な視野で臨む週次戦略として4通貨ペアの売買戦略を発表している有料レポートの一部を月曜日に公開し、結果を追いかけてゆく内容です。プロスティックスという、アメリカで特許を取得した独特な分析方法を駆使しつつ、長年、香港を中心にディーラーとして活躍してきたビンセント・リー氏による、裁量取引に基づいた内容です。

現在、スクエアなのは、3通貨ペアで、そのうちドルカナダが様子見、残りの2通貨ペアには新規戦略が発表されています。
明日は、日次戦略6通貨の現状をお伝えし、翌日には週次戦略4通貨の現状をお伝えする予定です。楽しみにお待ちいただいた皆様には、お詫び申し上げます。


なお、ForexTVジャパンでは、こうした戦略レポートの証人となりつつ、皆様へご紹介する番組制作も請け負っています。ご希望の個人・法人の方は、是非ご相談ください、ご連絡をお待ちしています。

ForexTVジャパン
浅野

コメント

FXTVアーカイブ[市況ch]:EU圏債券入札の序盤戦は無事終了 ユーロクロス反転注意-マーケットレビュー

2012-01-13 16:33:25 | ☆ForexTVインフォメーション

  番組URL  http://www.youtube.com/watch?v=Zjxk_LxcDJc
-抜粋-
根底のポジションに動きは無いものの目先の短期勢はスクエアになった印象です。注意が必要なのは、ユーロクロスがボトムを完成したように見えています。13日の金曜日ということもあり警戒してください・・・

コメント

Forex:ポンドドル、危機的下値割れ回避 日足はリバーサルを示唆

2012-01-13 13:46:04 |    -ポンドドル

こんにちは、ForexTVジャパンの浅野です。

朝晩冷え込みますが、日中の快晴は良い気持ちです。

さて、四方山話は置いておいて、昨日急きょお伝えしたポンド戦略ですが、戻りのリミットは一旦キャンセルです。
昨日の日足自体は上下ヒゲを付けた同時線となり、方向感を失った状況です。
これだけで反転上昇と決めつけるのは間違いですが、全体的にこれまでの流れを調整する動きが優勢となりそうです。一概にドルの売り戻しだけにとどまらず、オージーやキーウィなど、ドルが売られた流れの通貨は、逆にドルが買い戻され気味となるイメージです。

下落再開の芽も残っており、ストップ売りのエントリーは継続です。

先ずは、ここまでです。昨日は続編をお伝えできず、スミマセンでした。

ForexTVジャパン
浅野

コメント

FXTVアーカイブ[市況ch]:財政規律強化の新EU条約「短期筋はユーロからポンドへ」-FXフラッシュ

2012-01-12 19:39:51 | ☆ForexTVインフォメーション

  番組URL http://www.youtube.com/watch?v=XYluHsu3V2A
-抜粋-
ヨーロッパ外国為替市場序盤の動きは、ポンド売りが優勢となっています。前日の流れを引き継ぎ、欧州勢はポンド売りから入ってきました。ポンドドルは一時、7月23日以来の安値となる1.5280台へと下落しました。

コメント