外為ガイドブック☆外国為替取引の基礎を解説 ・・・五里霧中のFX相場に一筋の光を

ForexTVジャパンの浅野がテクニカルやファンダメンタル分析、個人的意見を綴るFXブログ、用語集も必見です!

Information


一目均衡表を集大成した一目山人を祖父に持つ細田哲生先生が講師を務める勉強会の模様を番組化!ForexTVジャパンがお送りします。


アメリカ本土で特許取得のチャートを使ったFXの売買戦略レポートです。ゴールド/ドル戦略を無料公開中!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アメリカ経済指標悪化でドル売り…リスク回避なら買いではないの??-10月15日

2014-10-15 22:21:25 | ☆外国為替を読む

こんばんは、
ひさしぶりのコラムらしいコラムです。

このところ、アメリカの利上げ観測が後退し、株安やFRBコメントから世界経済に対する懸念が芽生えだし、市況等には「リスク回避のドル買い」という文面が目立ち始めた矢先、本日の米PPIの悪化およびエンパイア指数の大幅な悪化から、ドル売り が噴出しています。

アメリカの実態がさほど変わらず、その他の地域で発生した色々なリスクであれば、リスク回避のドル買いという図式も成立する場合はあるでしょう。しかし、今回の流れは長期債利回りの急低下や株安など、アメリカ自身の問題が浮き彫りとなる状況下で、リスク回避のドル買いはさすがに無いでしょう。ここまで、早期利上げ見通しと株高で進んできたドル買いだったにも関わらず、ファンダメンタルが180度変わっても、更にドル買いを連想するのは、さすがに皆さんも多くの疑念を抱いていたと思います。確かに、一時は何があってもリスク回避の円買いドル買いというステージがもてはやされましたが、この期に及んでこれを持ち出している、あまりに単純過ぎる相場コメントには辟易とするしかありません。

どそうか皆様も良くご記憶いただき、そうしたソースは今後、あまり信用されない方がご自身のためだと改めて声に出したく、一筆取らせていただきました。
円に関しては、これまでドショートだっただけに、リスク回避の円買いは矛盾なく受け入れられると思います。

等と言いつつ、個人的には最終的にはドル買いを思考していますが、理由はアメリカがつまずくようならその他は完全にコケてしまう訳で、現在のドル売りはあくまでポジションのアンワインドというスタンスです。ま、もし、これをリスク回避のドル買いと言うのであれば、YESというしかありません。

浅野

コメント