外為ガイドブック☆外国為替取引の基礎を解説 ・・・五里霧中のFX相場に一筋の光を

ForexTVジャパンの浅野がテクニカルやファンダメンタル分析、個人的意見を綴るFXブログ、用語集も必見です!

Information


一目均衡表を集大成した一目山人を祖父に持つ細田哲生先生が講師を務める勉強会の模様を番組化!ForexTVジャパンがお送りします。


アメリカ本土で特許取得のチャートを使ったFXの売買戦略レポートです。ゴールド/ドル戦略を無料公開中!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

GBPNZD下放れ-注意散漫で機会を逃す

2013-02-15 01:47:02 |    -NZドル

少し前ですが、ポンドとキーウィのクロス取引を試す機会がありました。
結果はご存知の通り秒殺され、あえなく撤退となった訳ですが、当時のド底値となった1.8490まで売ってまでも試したかった下値ブレークが実際に発生しています。 

 

その後、1.8975までリバウンドしていますから、エントリーしたポイントは間違えたことになりますが、下落見通しだけを語っていれば、言う通りにことが運んでいます。
実際に取引を行うか否かでこうも景色が違って見えることから、エントリーやストップを明言しない漠然とした押し目買いや戻り売りという戦略概念が、どこまで実用的かどうかは疑わしい限りです。

教訓となったことは、気になる相場を見つけた場合、暫く付き合う必要があるということでした。逆に言えば、稀に見る程度の相場には手を出すなということなのかもしれません。
今回も、もし根気よく下放れを狙っていれば、最後の1.85割れに乗れた可能性はあり得ました。それを、2回の失敗で撤退してしまったからこそ、この動きを捉えることができず、結局2回の失敗を無駄な損失にしてしまったことになります。

私の場合、資金的な制限から複数の通貨に戦略を置くことができず、通貨選択に余裕がありません。その結果、一度ポジションができた通貨以外の動きを見ても意味が無いと考えてしまう点は、少ない資金による取引のデメリットだと実感しています。

ただ、自分を強く持っていない状態で余裕資金を持ってしまうと、ストップがやたらと深くなってしまい、成立した時に吹っ飛ばしてしまう資金額も多くなります。また複数の通貨ペアにオーダーを置いた場合は、一夜にして複数のポジションができてしまう可能性が高くなり、少ない値動きでも損失額を大きくしてしまうリスクが掛かるのは事実でしょう。

今日のところは、ハッキリ言って負け惜しみですかね、では。

【お知らせ】

◎浅野が個人口座を開設してリアルトレードに挑戦、順次更新中
「Warren T.浅野の「為替はGAMEか」
http://fxtf.blog.fc2.com/

◎一目均衡表解説チャンネル 1月勉強会ビデオ、販売開始!今回のドル円解説は、これまで以上に均衡表のエッセンスがふんだんに盛り込まれていると思います。必見の価値あり!購入申し込みは一目均衡表公式ホームページからどうぞ!

2012年の相場を振り返り、2013年当初の重要な変化日に触れています。
Part1「ユーロドル相場」
http://www.forextv.jp/Video/Video.php?id=rv8InoTHCFU

Part2「ドル円相場」
http://www.forextv.jp/Video/Video.php?id=58HzWb6x68c

一目均衡表は経済変動総研の登録商標です。
一目均衡表公式ホームページ
http://www.ichimokukinkouhyou.jp/

コメント

ニュージーランド雇用統計 悪化でNZD売り

2013-02-07 13:16:48 |    -NZドル

今朝のニュージーランド雇用統計は、



前回サプライズ的に悪化した失業率が、無事6%台を回復して改善となった反面で、



雇用者数増減では、前期比で‐1.0%へと悪化するなどマチマチな結果となりました。

改善した失業率に反応したと思われるNZD買いでポンドキーウィ相場は瞬間下押ししたものの、




雇用者数の悪化を深刻に捉えた市場はキーウィ売りに動いた模様です。ただ相場は5日のレンジ内に収まる変動に留まっており、こちらは今夜のBOE待ちとなっています。

一方、ストレートペアの方は0.8400のサポートを下抜け上値が重い展開となっています。



12月高値を越えた相場は、少なくとも直近の3波動目を伸ばす想定からは反している状況です。

ただ、ドルより弱い対ポンドで見ている分、ポンド買いには発展し切れておらず、キーウィ高を想定していた自分にとっては、選択肢としては悪くない状況で踏み止まっています。

さて、昨夜シュミレーションしたパターンで言えば、NZD-→GBPの順で先ず、悪が先行しました。これでGBPが良となった場合、ポンドキーウィの下落を想定するのは暫く苦しくなります。

ポンド側も悪となった場合、ポンドはその他のペアでも下落基調が継続していることから、ポンドキーウィ相場も下落トレンドを再開すると考えます。ただこのケースの場合、ここ数日関わってきた範囲で想定すれば、ブレークアウトのような急落は期待できず、チャンネルの上限などで丁寧にポンドを売る戦略が有効かもしれません。

いずれにしても、BOEからは目新しい材料が出てくるとは考えにくく、その前に18:30に発表されるイギリスの経済指標発表で、ある程度の目先方向が決まりそうです。

【お知らせ】

◎浅野が個人口座を開設してリアルトレードに挑戦、順次更新中
「Warren T.浅野の「為替はGAMEか」
http://fxtf.blog.fc2.com/

◎一目均衡表解説チャンネル 1月勉強会ビデオ、販売開始!今回のドル円解説は、これまで以上に均衡表のエッセンスがふんだんに盛り込まれていると思います。必見の価値あり!購入申し込みは一目均衡表公式ホームページからどうぞ!

2012年の相場を振り返り、2013年当初の重要な変化日に触れています。
Part1「ユーロドル相場」
http://www.forextv.jp/Video/Video.php?id=rv8InoTHCFU

Part2「ドル円相場」
http://www.forextv.jp/Video/Video.php?id=58HzWb6x68c

一目均衡表は経済変動総研の登録商標です。
一目均衡表公式ホームページ
http://www.ichimokukinkouhyou.jp/

コメント

祝777PV「閲覧有難うございます。小さな幸せ!」

2013-02-07 00:16:01 |    -NZドル

こんばんは、

ちらっと自分のブログを覗いてみましたら、ご覧の通り昨日のPVが777PVでした。
このところ冴えない取引が続き、スリーセブンとはラッキーな数字を目にできたのは、せめてもの救いとなりました。



円安相場に上手く付いてゆけず、行き着いたところがポンドキーウィという、自分でも過去に注意して見たことのない相場でした。
この姿勢自体、だいぶ焼きが回っている自分自身を感じずにはいられませんが、戦略上のストップコストのバランスがまだ良く解からないものの、少しだけイメージができつつあります。

昨日設定した新安値でのストップ売りは、再びストップに掛かってしまい、このペアは2連敗です。3連敗した時点で研究不足を反省し、このペアからは退場する予定です。今日の日中は1.86序盤にリミット売りを入れていましたが、キャンセルしていなければ3連敗目を計上していたところでした。

明日は早朝にNZDの四半期失業率、そして夜半にはGBPのBOE金融政策発表と、どう転んでもおかしくない指標が重なります。乱高下が予想されますが、何か良い方法は無いでしょうか…。

ポンドとキーウィのシーソーゲームにポンドが勝った場合
つまり、NZの失業率が悪化し、BOEから楽観的な発言でも飛び出した日には、当然ポンドキーウィの巻き戻しから相場は恐らく高い確率で上昇するでしょう。となると、下落相場を想定している私の場合は、指値売りは禁物であり、ストップ売りは恐らくつかないまま、相場は上方へと去ってゆくため、例えストップ売りを入れていてもリスクはあって無い様なものでしょう。

ポンドとキーウィのシーソーゲームにキーウィが勝った場合
つまり、NZの失業率が改善し、BOEが先行きに不安を残す結果となれば、下落相場に拍車が掛かるでしょう。この場合は恐らくストップ売りが約定して3度目の1.85割れとなり、突破を完了する可能性も出てきそうです。
発表の間には時間差がありますが、朝のうちに下値を大きく更新していれば、BOE発表までにストップが成立する確率はより低くなりそうです。

結論は、もう一度下値更新でストップ売りを置く戦略がべストな気がします。
悪い→悪い、良い→良いのケースも想定して置く必要がありますが、前者はキーウィ売りが先行するためストップ売りが約定する可能性がそもそも低く、後者はストップ売りが約定してもBOE発表までに時間が残されますので、どうにか対処は出来そうです。
最悪なのは過去2回のように、安値付近で乱高下気味に揉み合う場合ですが、新安値を前に同じことが何度も繰り返されるとは思いにくく、続落か、反騰か、いずれにしてもそろそろ白黒はっきりしそうです。

【お知らせ】

◎浅野が個人口座を開設してリアルトレードに挑戦、順次更新中
「Warren T.浅野の「為替はGAMEか」
http://fxtf.blog.fc2.com/

◎一目均衡表解説チャンネル 1月勉強会ビデオ、販売開始!今回のドル円解説は、これまで以上に均衡表のエッセンスがふんだんに盛り込まれていると思います。必見の価値あり!購入申し込みは一目均衡表公式ホームページからどうぞ!

2012年の相場を振り返り、2013年当初の重要な変化日に触れています。
Part1「ユーロドル相場」
http://www.forextv.jp/Video/Video.php?id=rv8InoTHCFU

Part2「ドル円相場」
http://www.forextv.jp/Video/Video.php?id=58HzWb6x68c

一目均衡表は経済変動総研の登録商標です。
一目均衡表公式ホームページ
http://www.ichimokukinkouhyou.jp/

コメント

ポンドキーウィ相場、下落トレンド再開なるか

2013-02-05 23:40:39 |    -NZドル

ポンドオージー相場は2、012年2月の安値1.8629及び史上最安値となる2011年8月の1.8541を、一旦割り込みました。2011年の安値を付けた以降は、反転する相場が多い中、他の相場と異なり1.8600~2.1000のレンジで揉み合う展開です。

相場の上方には、日足、週足、月足共に一目均衡表の各線が控えており、一致して下落相場が優勢であることを示唆しています。特に週足は昨年後半で均衡表の各線が近い水準で一旦はまとまった後、今年に入って下落の拡散を開始したように見えます。



日足転換線が1.8766に控えており、また1月安値は1.8740付近で2度支えられていることから、1.87中盤はそれなりのレジスタンスが期待できそうです。
実際の戦略に落とし込むとすれば、この水準の手前でポンドを売り、予算に合わせたストップを置けば良い訳ですが、余裕があれば1.8850以降に設定できればベストでしょう。

ユーロ円でうまく波に乗れなかった浅野は、円の影響を受けないペアに挑戦しようとしており、行き着いたペアがポンドキーウィだったという訳です。

【お知らせ】

◎浅野が個人口座を開設してリアルトレードに挑戦、順次更新中
「Warren T.浅野の「為替はGAMEか」
http://fxtf.blog.fc2.com/

◎一目均衡表解説チャンネル 1月勉強会ビデオ、販売開始!今回のドル円解説は、これまで以上に均衡表のエッセンスがふんだんに盛り込まれていると思います。必見の価値あり!購入申し込みは一目均衡表公式ホームページからどうぞ!

2012年の相場を振り返り、2013年当初の重要な変化日に触れています。
Part1「ユーロドル相場」
http://www.forextv.jp/Video/Video.php?id=rv8InoTHCFU

Part2「ドル円相場」
http://www.forextv.jp/Video/Video.php?id=58HzWb6x68c

一目均衡表は経済変動総研の登録商標です。
一目均衡表公式ホームページ
http://www.ichimokukinkouhyou.jp/

コメント

Forex:キーウィドルも同じ ただこちらの下値サポートは2月の揉み合いに非ず

2012-02-16 18:33:42 |    -NZドル

最後に、調子にのってキーウィドルなどを…

カテゴリを見ても過去にまだ3回しか触れたことが無いペアですが、ドル全面高を仮定すれば、相場は高値圏で揉みあっている、おいしそうなキーウィ・フルーツに見えてしまいます。


こちらはこの揉み合い安値の0.8250は一度割り込んだものの、底堅さを見せています。このペアは昨年10月末の高値0.8240がサポートとして効いている模様です。オージーが既に、この同時期の水準を割り込んでいますから、結構踏ん張ってますね。

そこで、オージーとキーウィの強弱を図るため、オージーキーウィ相場を見てみると、意外や意外、今日はオージーのほうが強含んでいます。もしこの状態が継続するなら、「キーウィよ、君は既に死んでいる…」としか見えません。

ただ、一目均衡表の基準線が0.8140付近に差し掛かっており、目先は100ポイント程度の動きに見えます。ただ、もう一段下落する場合、心理的節目となる0.8000あたりが視野に入ります。

ForexTVジャパン
浅野





コメント

Forex:ユーロドル、もう一度戻り売り、3回目の正直となるか-浅野の閃きFXテクニカル【ブログ版】

2011-11-02 22:44:08 |    -NZドル

こんばんは、ForexTVジャパンの浅野です。

さて、ユーロの仇はユーロで(本当はポンドかな)…ばかりに挑戦です。

週足では、価格は雲の中での推移となりますが、



転換線と基準線、遅行スパンと価格は下落を示唆しています。こうして見てみると、先週一旦は雲の上に出ようとした相場でしたが、その行動を否定するように今週は早くも雲に入り直し、5月高値と10月安値の61.8%戻しまで上昇後、既に38.2%を割り込みました。ちなみに50%水準は1.4050を指していることを記憶してください。

遅行スパンの上には1.3905に基準線があり、今週の基準線は1.3920と、今後の戻す場合のレジスタンスになっています。雲の上限を戻しの限界としてストップ水準を想定した方がより堅実かもしれませんが、万が一成立する反転をした場合、ダメージも大きく、それ以前に上のようなレジスタンスが控えていることからも、下落を想定した場合は、その前に留まるべきだと思います。

日足は、週足とは反対に、



価格を除くと、上昇を示唆しています。しかし、ここ数日の雲に対する動きをみる限り、雲の上の居心地は極めて悪そうです。

遅行スパンの上には基準線が1.3954にあり、今日の基準線と一致しています。その直ぐ下には1.3927に転換線もあり、これらはやはり、戻りでのレジスタンスとして機能しそうです。

現在のところ、雲の下限で上値を抑えられていますが、万が一、越えてきた場合、素通りしてきた、1.3954の雲の上限を試す展開が予想されます。

こうして並べてみると、1.39台は中盤までに多くのレジスタンスがあり、日足雲の上限を試す動きになれば、この水準がユーロ売りの良いゾーンになりそうです。ただ、1.4050より上にストップを構えたいことから、

1.3960までオーバーシュートするようならユーロを売り、1.4060を越えるようなら一旦はストップです。
暫くは揉み合いが想定されることから、下値目標は一旦、1.3550前後に構えて、様子を見るイメージです。
いろいろ、買い手はみたものの、決め手は5月高値からの変化日に下落に転じたことが大きいと思っています。

ForexTVジャパン浅野




コメント

ForexTV:タイトル「欧州圏債務危機 今後の主な日程」by ロイター に納得

2011-10-18 18:53:14 |    -NZドル

こんばんは、ForexTVジャパンの浅野です。

G20前の今月末までには、欧州圏の財政支援策の具体化が急がれる一方で実現性が懸念されていますが、先週末にG20会合が終わったにもかかわらず、またG20があるの??と思われた方もおいでだと思います。

何をかくそう自分も、つい数年前までは??でしたが、先週終わったのは、G20でもパリで開催されていた、財務相・中央銀行会議の方で、参加者は各国の財政担当省庁の代表と、金融政策をつかさどる中央銀行の総裁が集うものでした。

来月の第一週目に予定されているG20は、カンヌで開催が予定されている首脳会議で、いわゆるサミットと呼ばれ、各国首相や大統領が集うものです。

ここにきて、議題に関しては金融危機や緊縮財政問題など、極めて一致しつつある印象ですが、サミットの方では、軍事問題や雇用を含む景気や貿易全般に関するような包括的な国際関係が議論される一方、財務相・中銀総裁会議ではもう少しミクロ的な、金融政策や財政問題が取り扱われる、という印象があります。

ところで、欧州では欧州だけの同じような会議があり、これも区別しにくい一因になっていますが、例の「G20前には財政支援策を具体化させる」と独仏がコミットしたことで、今週末の23日に予定されているEUサミットがその発表場所として、一気にクローズアップされています。
その前には、財務相・中央銀行会議が予定さており、ここではその具体策について掘り下げた議論が期待されているようです。
EU会合は、非公式も含めるとかなり頻繁に行われている記憶があり、昨今は別格として、いちいち気にもしていられないと、個人的には感じていました。

さて、ブログのタイトルは、本日ロイターさんのネット版ニュースに掲載されていたものです。現物のURLは
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK800351420111018?feedType=RSS&feedName=marketsNews&utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+reuters%2FJPMarketNews+%28News+%2F+JP+%2F+Market+News%29

ですが、恐らく字数制限で「・・・関連の主なイベント日程」あたりが割愛されているのだとは思いますが、確かに、こうしたイベントがあるたびに、危機懸念が再浮上することも予想され、“危機日程”とは言い得ているところが妙に納得してしまいました。

内容ですが、年末にかけて高債務国の債券入札・償還日程や、ユーロ圏の対応などが想定されるEU会合や議会日程、そしてギリシャのストライキ予定(ちなみに、明日から2日間です)までが書き込まれています。イベントの数日前からは懸念が生じ始める可能性もあり、皆様も手帳などにメモられては、いかがでしょう??

こうした情報が無料で手に入るという、便利な世の中になったものです。


ForexTVジャパン
浅野

コメント

Forex:最後まで底堅かったキーウィも、ドル買いに迎合か

2011-09-22 19:41:01 |    -NZドル

こんばんは、ForexTVジャパンの浅野です。

スイスが中銀の誘導で、リスク回避先から脱落する中、最後まで耐えていたのがキーウィドル相場だったように見えました。しかし、本日進んだドル全面高の動きの中で、いよいよ耐えきれずに下落を開始しました。オージーよりもまだ、戻り期待があるように見えましたので、続けてみようと思いました。

昨年、11月に付けた戻り高値の0.8000は、今年の6月以降の下値を幾度か支えてきました。しかし、8月9日の安値を本日割り込んだことで、下落が決定的になった感があります。まだまだ、キーウィを逃避先とみなしている向きがいることを信じて、0.8000での戻り売りを模索したいと考えます。(もちろん、私のイメージが敗北することも十分あり得ることですが…)

ストップは100ポイントも見れば十分にも見え、下値は5月安値の0.7750付近で一度は引っかかるものの、0.7550を目先目標に考えたいイメージです。

ForexTVジャパン
浅野


コメント

追跡!ProSticks930-NZDUSD相場も含み益200ポイント超

2010-10-04 16:30:41 |    -NZドル

こんにちは、ForexTVジャパンの浅野です。

月曜日の本日は、特集番組がいくつかあります。IMM残高分析と本日のタイトル番組がそれにあたります。

ProSticksレポートは日足を中心にトレンドをフォローする戦略が中心になっています。忙しくて普段はそう何回もチャートを見ていられない方々には参考になるかも知れません。

デイリーが6通貨、ウイークリーが3通貨の売買戦略が掲載されていますが、トレンドを追いかける取組スタイルであるため、トレンド転換時には比較的厳しい傾向があるかも知れません。しかし、ドル売りがトレンドになりつつある中、ドルスイス、ドルカナダに続き、いよいよニュージードルの週次戦略も全て黒字に転換しました。
トレンドがもう少し続くように期待がかかります。

詳細は、動画番組をご覧ください。

ForexTVジャパン
浅野 敏郎

コメント

PM外国為替テクニカル分析 - 6月10日、キウイドル相場

2010-06-10 18:15:41 |    -NZドル

こんにちは、ForexTVジャパンの浅野です。
主要通貨が調整気味に戻している印象ですが、ユーロは安値を更新するペアもみられています。各通貨のテーマが再びバラけ始めた観もあり、ひとくくりにユーロ安、ポンド安、円高、ドル安などでは測れない状況に見えます。

では、今日の番組はいつものアセンダント、山中さんに代わり、浅野のコメントをお届けします。
-------------------------
今朝、ニュージーランドの中央銀行である、RBNZは、0.25%の利上げを予想通り行いました。金利差を目論んだNZD買いも出ている模様で、対ドルでも130ポイント程度上昇しています。

ボラード中銀総裁は、オーストラリアの状況とは異なるというコメントを残しており、さほど潤沢な資源もない同国は、やや防衛的な利上げに踏み切ったとの解釈もできそうです。隣国のオーストラリアとの金利差は2%近くあり、資金の流出を防ぐためにもできるだけ金利差を縮小したい意図があるかも知れません。

ご覧のチャートは日足ですが、



現在上昇中の相場は、5月25日と6月8日とでWボトムを作りつつあります。先月末と月初の揉み合い高値圏となる0.68半ばを越えると上昇が加速する可能性があります。ただ、今回の上昇は一時的なものと仮定した場合、先の高値圏は良い売り場に見えます。
加えて図に示したように過去の相場でも、この水準は下値を支えていることから、戻りのレジスタンスは相応の効力を持っていそうです。

0.6850付近でNZDを売り、0.69台へ乗せるようならドテンも視野に、一旦はストップです。下値はボトムとなる0.6600前後ですが、底割れすればまた暫く下落トレンドを伸ばす可能性がありそうです。

このペアの変動通貨は米ドルなので、損益計算はユーロドルやポンドドルと同じドルポイントです。
-------------------------
この内容は、動画でもご覧いただけます。最上段の右端にある「ForexTV.jp」バナーでサイトの動画ニュースページへ行き、動画プレーヤーのメニューから「テクニカル」をご指定ください。
動画はYouTubeからもご覧いただけます。ForexTVjpチャンネルでご確認ください。

コメント