外為ガイドブック☆外国為替取引の基礎を解説 ・・・五里霧中のFX相場に一筋の光を

ForexTVジャパンの浅野がテクニカルやファンダメンタル分析、個人的意見を綴るFXブログ、用語集も必見です!

Information


一目均衡表を集大成した一目山人を祖父に持つ細田哲生先生が講師を務める勉強会の模様を番組化!ForexTVジャパンがお送りします。


アメリカ本土で特許取得のチャートを使ったFXの売買戦略レポートです。ゴールド/ドル戦略を無料公開中!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オージードル:2日前のリバウンドで更に事態は悪化か

2012-05-30 21:17:32 |    -豪ドル

こんばんは、ForexTVジャパンの浅野です。

未だに政策金利が3.75%と、先進国では高金利を維持してきた豪ドルですが、5月に入って下落足を強めており、2月からの下落とは局面が違ってきた印象があります。

以前は欧州懸念によるドル高が影響する展開の中、資源国+高金利といったメリットが考慮され、豪ドル買いもそこそこ持ち込まれていたのか、基本的には調整色がつよい下落でした。
しかし、5月以降は本格的なリスク離れが世界的に顕著となる中、やはり一番おおきな要因は中国景気の鈍化兆候が顕在化してきたことだと考えています。

当ブログではかなり早い段階から豪ドルの下落リスクを指摘していましたが、さすがにこれまで底堅い相場だっただけに、そう簡単には下落を許してくれませんでした。しかし、昨年12月の押し安値を割り込んだことで、11月押しの安値である0.96台中盤が視野に入ってきました。

23日の下落で、11月25日-28日の週末越えギャップを埋めた格好となり、今週の月曜日は逆に上昇ギャップを開ける展開でした。終値も一目均衡表の転換線を超えたため、オージーの底力を見た印象でしたが、翌日の十字足を挟んで今日は月曜日に開けたギャップを埋める展開です。月曜日のギャップも今となれば、昨年12月の安値を、今度は上値として確認してしまった格好となっており、今日の終値が転換線を下回った場合、次の下値目標を目指す流れが優勢となりそうです。

また、ForexTVジャパンが正式に供給を受けているProSticksチャートによれば、月曜日と火曜日の足がちょうどツー・デー・リバーサルとなっており、今日の下落を印象付けています。上値確認とこうしたリバーサル・パターンが同時にできてしまった今週の動きは、結果的に事態をより悪く(ショートの方にとっては良く)してしまったようです。

23日の安値割れでは、ストップ売りのエントリーを想定しつつ、戻りを丁寧に売って見たいところです。今日の終値が0.97台であった場合、もう一度リバウンドする機会を頼みに0.9900で豪ドルを売り、パリティ越えで一旦はストップというイメージです。ストップとならず下落した場合はストップ売りを巻き込むことにすると、アベレージコストは、(0.9900+0.9680)/2=0.9790ですから、0.9810を全ストップとし、少なくとも0.9550は目指したいところです。

ForexTVジャパン
浅野



 

コメント (2)

ポンドドル:押しの年初来安値を割り込む-1.55台で引ければ続落も

2012-05-30 19:54:47 |    -ポンドドル

こんばんは、ForexTVジャパンの浅野です。

欧州時間に入って、ポンドが3月12日の押しの最安値を割り込んできました。
結局は前回のブログで、コストが悪い積み増しポジションをスクエアにしたタイミングが戻し高値となりました。1.5720のショートだったので、いまの水準からすれば、もう戻せないようにも思えてしまいます。ただ、このくらい慎重になった方が市場から退場せずに済むのかもしれないですね。

さて、1.5545/50水準まで下値を試しましたが、このところ多くの場合がそうであるように、顕著なブレークアウトになりません。もしかすると仕掛けた筋の利食いもまた余り大きく狙ってこないのが一因かもしれませんが、今度、天井確認で1.56台に乗せるようならポンドを売り増すイメージを持っています。

一目均衡表の遅行スパンの上に広がる雲の下限が1.5612という数字が見えており、ここが戻りの限界となった場合、やはり下落相場が優勢だということになります。

前回、暫く揉み合うと予想したのは、4月下旬の高値から今日はまだ23日目で、3日後にならなければ、基準線の対象となる高値が下りてきません。つまり、今の相場が下値を伸ばすだけでは、基準線の下落も僅かな程度にとどまり、高値が順次外れることで下がり始めて、やっと基準線が大きく動き出すことになります。

積み増しのストップは1.57乗せが安全圏に見えますが、先の遅行スパンが雲の中に戻って引けた時点で、下落は一時的に弱気になることも考え、1.5670あたりに設定したいところです。

1.5820のショートは、今日の最安値1.5550でMAX含み益が270ポイントですから、60%の160ポイントに利益が確保できるようトレールすると1.5660ですから、結局売り増しのストップで全決済ということになります。

冷静に考えると、今日の高値は1.5642付近ですから、そこを超えて上昇する場合、今日の足は強烈な下値スパイクとなり、流れは下落であっても転換線程度の戻しは覚悟する展開もありえるかもしれません。

ForexTVジャパン
浅野

コメント

ポンドドル:1.56台20前後の利食い、未成立でした…

2012-05-24 21:14:27 |    -ポンドドル

こんばんは、ForexTVジャパンの浅野です。

午前のフォローの中で、ポンドの一部が目的達成と述べてしまいましたが、あの時点では全く付いているタイミングではないですね。ユーロドルのチャートを見ながら、良く確かめないで記憶で書いてしまったのが、混同の原因でした。どうも1.27と1.57、1.26と1.56が混ざってしまう今日この頃です、大変失礼しました。

その後、夕方には一押ししたものの、1.5637ではやはり達成とは言えませんね。底堅くもなってきましたので、コストが悪い方は1.5700で一旦手仕舞い、上のショートだけキープでしょうか。1.5750は重いとは思いますが出遅れが響き、ここで入り直してもトータルコストは、あまり良くならず、そもそも1.5720割れのアクションもユーロほどよくないので、積み増しは様子見ですね・・・ベストはこのまま上をあきらめて下落してくれると良いのですが。

それにしても、下落ではストップ以外の追随は余り感じられず、下げ止まったあたりで短期筋が拾うものの、上がりきれないと投げてくる・・・といった繰り返しにも見えます。3月12日の押しが割れるまで、少なくともポンドは底堅いのかもしれません。

ForexTVジャパン
浅野

コメント

対円通貨、クロス円の売りに押される+ユーロドルのフォローアップ

2012-05-24 11:00:04 | ☆相場分析-ユーロドル

おはようございます、ForexTVジャパンの浅野です。

格下げ(付け)機関によって日本が格下げされたことで、円は買いにくい通貨に思われましたが、その他通貨で発生(発声・・・暫く変換した覚えの無い字が、なぜ第一変換に選択されるのでしょうかね・・・)したドル買い当該通貨安によってクロス円が下落・・・ドル円も連れ安となった感じがします。

ただ、結果的に引き起こされたドル円の下落も、タイミング的には下落を示唆する格好となり、戻り売り優勢という印象があります。80.00は売りが集まるかもしれませんね。

さて、ユーロドル、ポンドドルの戦略は幸運にも思惑通りとなり、ユーロは目標達成で約250ポイント、ポンドは半分スクエアになって約100ポイントが確定し、上の持値が1.5920前後となりました。

ユーロは2010年8月の押しを割り込み、1.25半ばまで下落しましたが、短期的にはWボトムをつくりつつあり、先日想定したとおり、2008年と2009年の下値圏となる1.2500の上下50ポイント前後を前に下げ渋っています。

状況としては2010年6月の押し最安値を試す展開となっていますが、ギリシャ再選挙を6月17日に控えて、一気には仕掛けにくい状況です。4月下旬の揉みあいが効いており、昨日の安値が暫くの下値となった場合、一目均衡表の基準線はあと9日間は下がってこないことから、一方的な下落も考えにくいところです。

ここまで本年最安値だった1.2625から1.2650水準を戻り売りのゾーンとし、1.27台に載せるようなら一旦はストップです。今後2週間程度は1.2600を挟んだ揉み合いを想定し、1.25台ではスクエアにしたいところです。押したところでは最安値をサポートに短期ロングというイメージもありますが、トレンドに逆らったエントリーにはリスクがかかり、1.25割れではドテンも視野に、サッパリとストップに走った方が良さそうです。

ForexTVジャパン
浅野

コメント

ドル全面高の様相-昨日のドル買いで戻りを確認した可能性が強い18日下値割れは要注意

2012-05-23 06:34:36 | ☆相場分析-ユーロドル

おはようございます、ForexTVジャパンの浅野です。

さて、過去3日の反発が第二波動となって18日の下値を割り込むと悪化に拍車がかかりそうです。ギリシャ再選挙を前に手を出しにくい状況ですが、だからこそ薄い中を走る可能性が出てきました。ドルのショートにはくれぐれもお気を付けください。

円はフィッチの格下げで、しばらくは安全通貨から一線を引きそうです。となると、逃避資金がドルへ集中する可能性が出てきています。

ForexTVジャパン
浅野

コメント

ポンドドル:戻り天井確認か!5月18日安値割れで積み増しも視野

2012-05-22 19:58:40 |    -ポンドドル

こんばんは、ForexTVジャパンの浅野です。

今日はスカイツリーの開業初日ですね。お天気は残念ですが、久々に景気が良い話でもあり、消費ムードも上がると良いですね。

さて、19日にアップしたシナリオ通り、1.5847を戻り高値に、本日は再度、下値を探る展開です。日足はまだ、雲の上での推移となっていますが、実勢相場は先行スパンで戻しを確認した格好となっています。

5月18日の押し安値となる1.5730を割り込んだ場合、積み増しも視野に入ります。
たとえば、1.5720のストップ売りでショートし、ストップロスは、1.5820と1.5720のアベレージが1.5770ですから、1.5800に乗せるようなら一旦はALLストップです。

本年3月12日に付けた、本年の押し最安値1.5600手前の20付近で半分を利食い、状況を見たいと思います。
この1.5600の水準は、遅行スパンの雲下限となり、一旦は引っ掛かる動きが想定できます。

ForexTVジャパン
浅野


コメント

一目均衡表 5月勉強会 質問編の公開決定!

2012-05-19 18:07:26 | ☆ForexTVインフォメーション

こんにちは、ForexTVジャパンの浅野です。

先ほど、昨日の勉強会収録編集が終わり、ブログのアップなどしていましたが、今回の第三部としてカットした動画を番組として公開許可が下りました。内容はダウ相場の概要についてですが、このテーマは来月勉強会のテーマの一つだそうです。来月の勉強会は、予定では4時間の強化勉強会となっています。

5月勉強会の本編は、一目均衡表公式ホームページから購入できます。今回はユーロドルの相場を重点的に解説いただきました。原則として一目均衡表原著の購読経験者が対象となっていますが、ご興味がございましたら是非、動画をご体験ください。

参考として動画タイトルと紹介文を掲載いたします。

●一目均衡表 5月勉強会 第一部(約40分)「日経平均株価」
ここまで回復基調にあった相場でしたが、連休明けの下落によって今回準備していた講義内容が全て吹っ飛んでしまいました。下げは決定的ではないものの、下落の速さは急激であり、下げ止まりが確認できないことには、決して買えない相場展開です。

●一目均衡表 5月勉強会 第二部(約60分)「外国為替相場‐ユーロドル」
連休の前後には、ForexTVや日経ラジオでコメントしてきた内容を物語るように、ユーロドル相場は下落しました。今回の下落は一目均衡表において典型的ともいえる相場であり、今後のためにも良く把握しておくことが大切です。

●一目均衡表 5月勉強会 第三部(約10分)「ニューヨーク・ダウから余談へ」
今回、ForexTVジャパンの『一目均衡表チャンネル』で無料公開中です
http://www.forextv.jp/Video/Video_Ichimoku.php
受講者からニューヨーク・ダウの相場も危機的状況にあるのではないか…との質問を受けて、講義は来月の勉強会でも予定されている相場解説へと展開しました。そのほか、先生の直観的な相場イメージなど余談・雑談を経て閉会しました。


ForexTVジャパン
浅野

■一目均衡表 5月勉強会の収録動画を販売開始
お申込み・お問い合わせは一目均衡表公式HP
http://www.ichimokukinkouhyou.jp/service/study.html#movie
からどうぞ!

 

■ForexTVジャパンの「一目均衡表チャンネル」
http://www.forextv.jp/Video/Video_Ichimoku.php
では、5月特番の全てを公開中です。また、他にも過去の勉強会サンプル動画などを掲載しています。
動画購入をご検討の方は、こちらで勉強会の模様をご覧いただき、ご納得の上でご購入ください。




コメント

ポンドドル:木曜日の下落意義は大きい‐3月安値までまだ距離

2012-05-19 17:21:06 |    -ポンドドル

昨日の原稿作成時点のチャートを添付します。
結果的にはその後の戻しで、売りの想定水準に達しています。

---------------

3日前の下落のキッカケは、これまでの下値サポートを割り込んだことでブレークアウトを起こしたと見るのは自然ですが、今日はプロスティックスに沿って分析してみます。




2月29日に出来た1.5980前後の上テール(U‐EXT)は、押しのサポートを示唆していましたが、そこを割れたことで下落の目が出ていました。2月から4月中旬の揉み合い水準が下に控えていましたが、1.5810水準のモダル・プラットフォーム(MP)を抜け、さらに昨年末1.5780付近で2本出来た上テール(U‐EXT)を割り込んだたことで、相当な売り圧力を感じます。

1.5810前後10ポイント水準にできたモダル・プラットフォーム(MP)は戻りレジスタンスとなる可能性があり、更には一目の雲下限、遅行スパンの雲上限にも近い水準であることから、1.5820へ戻すようならポンドを売り、雲の上限と概ね同じ水準で、遅行スパンの上値を抑える4月13日のアクティブレンジ下限(AR-)となる1.5880を越えるようなら一旦はストップというイメージです。

3月12日の安値水準となる1.5600付近はいったんの下値目標になりますが、ここを割れるようなら1月12日の本年安値1.5230が次の目標です。ただ、1.5460以下は本年最安値に至るまでに付けた、幾つかの最安値が集まる水準となることから、1.5450では一旦手仕舞った方が良いかもしれません。

相場には過去の価格が記憶として刻まれていると信じています。しかしオシレーターだけの自動売買には価格の記憶がありません。まあ、永遠のテーマではありますが、オシレーターは補助的な効果はあっても、相場として取組めるテクニカルではない側面があるのではないでしょうか。

ForexTVジャパン
浅野

■一目均衡表 5月勉強会の収録動画を販売開始
お申込み・お問い合わせは一目均衡表公式HP
http://www.ichimokukinkouhyou.jp/service/study.html#movie
からどうぞ!

 

■ForexTVジャパンの「一目均衡表チャンネル」
http://www.forextv.jp/Video/Video_Ichimoku.php
では、5月特番の全てを公開中です。また、他にも過去の勉強会サンプル動画などを掲載しています。
動画購入をご検討の方は、こちらで勉強会の模様をご覧いただき、ご納得の上でご購入ください。

 

コメント

ポンドドル:下落加速‐ユーロに目を奪われすぎタイミング逸する

2012-05-19 15:58:30 | ☆ForexTVインフォメーション

ForexTVジャパンの浅野です。

昨日は一目均衡表の取材兼、収録に行ってまいりました。
ユーロドルの下落は典型的な動きだったということです。このブログでも基本数値を追いかけてきましたが、やはりこれだけでは明示できなかったようです。
決して無駄な行為ではないと信じており、この作業に何を足せばよいのか先生と相談しながら、少しでも一目均衡表の原点を示すことができる記事にしてゆきたいと考えています。

さて、昨日は収録の前にMTGがあるなど、相場が重要な動きをしているにも関わらず、メッセージを残すこともできませんでした。ただ、原稿だけは準備しており、今日読み直した範囲では、まだ有効だと思いましたので掲載したいと思います。
---------------


ユーロの話題に目を奪われ過ぎて、その他の通貨を見る余裕も無かった状況でした。


昨日(木曜日)のドル円下落は結構勢いがあった形ですが、良くクロスを見渡すと、円が全面高となっており、クロス円の売りが主役だった印象もあります。

世界的にリスク回避色が強まる中で、暫くはポンドの堅調ぶりが際立っていました。欧州ではポンドに回避する資金もそれなりにあったのでしょうが、16日に下値割れを起こして以降は、結構な投げが入った模様です。

何でもいいから戻り売りという状況に見えますが、売らせてもらえるかどうか。頼みは超短期のプログラム売買が買いで暫く続いてくれることを願いたいところですかね。

売りのタイミングを待っていたポンドと…どうでしょうか、スイスも気になります。

ポンドは3日間で300ポイント下落し、ユーロドル並みの下落となっています。
基準線と先行スパンを、この3日間で一気に下抜きしたことで、下落の強さが示唆されています。ボリンジャーバンドも開き始めたばかりですし、まだ売りで間に合うペアに見えます。
---------------
続けて個人的な売買戦略です。後程、チャートとともに掲載します。レートなどは今となっては後出しジャンケンとなっていますが、ご了承ください。

ForexTVジャパン
浅野

コメント

ユーロドル:本年安値割れで、ゆっくり料理できる時間ができるはず

2012-05-16 21:20:11 | ☆相場分析-ユーロドル

(続きから)
ただその前に、本年安値1.2625水準はその先に、


10年の最安値1.2586、09年の最安値1.2454、08年の最安値1.2328が控えており、一回で史上最安値1.1875水準まで達するかどうかは疑問です。ギリシャの再選挙も一カ月先の予定ですから、あと4週間を待っても最安値を突っ掛けるメリットは十分あると考えます。

本年安値を割れる前に戻しが先行した場合、これまでサポートだった今週高値付近の戻りレジスタンスを限界に1.28台前半でユーロを売り、1.29 1.39乗せで一旦はストップというイメージです。
もし先に下値を探る場合、1.2600割れでは一旦ユーロを買い1.2500割れで、ドテンも視野にストップとします。
万が一、ロングが先に出来た場合は200ポイント程度を利食い目標にして、再度ユーロ売りのタイミングを探りたいところです。

ForexTVジャパン
浅野

コメント