山と道・野の花のこと

揺れずに咲く花がどこにあるだろうか
この世のどんなに美しい花も揺れながら咲くのだ
<ト・ジョンファン>

初めてのウラシマソウ@331回目の弥彦山

2017-05-13 | 新潟の風景
最近の弥彦山はトレーニング中心で
新しい花や珍しい花もあまり見当たらず
地元の山野草を楽しむことを
忘れかけていました。
久しぶりに追加する植物は
ウラシマソウ
サトイモ科の多年草
日本固有種で
本州・四国を中心に北海道や九州にも分布する
日陰地に生え、高さは40~50cm
葉は多数に裂けていて長い柄をもつ
雌雄異株
苞の中で伸びた付属体の先端が細く糸状に伸び
その姿を、浦島太郎が釣り糸を垂れている姿に見立てて
この名がある
以下は
弥彦山の花図鑑に既に掲載済みのもの
ツクバネウツギ
スイカズラ科の落葉低木
オオイワカガミ
イワウメ科の多年草
ガクウラジロヨウラク
ツツジ科の落葉低木
ユキザサ
ユリ科の多年草
ヒロハテンナンショウ
サトイモ科の多年草
最後に
数年前から不明だった
実のようなものの正体がわかりました。
楢芽林檎五倍子(ナラメリンゴフシ)
ナラリンゴタマバチの虫えい(虫コブ)でした。
コナラなどの枝の先端にある
リンゴのような実の形をした虫こぶのこと
スッキリ
この日の弥彦山は
山頂部だけに雲がかかっていましたが
花の種類が多く大満足でした。
end
『新潟県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 残雪の守門岳と水を張った田んぼ | トップ | 篭山のアカヤシオ@2度目の赤... »

コメントを投稿

新潟の風景」カテゴリの最新記事