ヒヨコ・イン・ザ・ワールド

Fukunosukeとhiyokoが綴るブログ。バリ島旅行記とスペイン旅行記だったのですが、最近は色々増えました。

バリ2019_20_プレミア・オーシャン・ヴィラ

2019-07-20 18:58:04 | バリ旅行2019

Fukunosukeです。

 

部屋は前回と同じプレミア・オーシャン・ヴィラというカテゴリーですが、
違う部屋です。前回の部屋とどちらがいいか比べてみよう。

 

うわー。

 

どひゃー。

 

前回の部屋もいい眺めでしたが、こちらは更にすごいです。

 

この部屋には2006年、2009年にも泊まっています(改装前)。でも更に好印象。

 

ここ気持ちいいんだよねー。

 

部屋に案内してくれたスタッフの話では、この部屋が一番人気だそうです。

 

そりゃそうでしょう。この眺めだもの。

 

 

 

部屋の中はこんな。2017年に泊まった部屋と同じです。

 

ほんと、広くて立派になりました。

 

窓も大きくなって、部屋の中も明るいです。

今写真を眺めて思うのですが、妙にデコラティブだったり華美じゃないのが
いいんだと思います。

 

 

そう言えば、ベッドは以前(リノベ前)と変わったような気がします。
すごく寝心地がよくなった様に思う。上海ウォルドルフに次ぐ心地よさ。

 

おっと、雑然としています。すみません。

 

開口部が広いので、全部開け放つとバレの様に風通しがよくなって気持ちいです。

 

 

水回り方面。

 


 

ウェットスペースは前回と全く同じなので割愛しますが、
2017年までと変わったことがひとつ。

 

ハンドソープやシャンプー類がエトロになりました。
これはちょっと驚いた。これまではノーネームでした。

 

hiyokoもこの部屋が気に入ったみたいです。機嫌よくしています。

 

花束はフラワーベースに。バリに来初めの頃は、花の種類も
少なかったのですが、最近はバリエーションも豊富です。

 

アメニティは、ハッテンでもカヴァでもなく、ちゃんとした
シャンパンでした。バリで頼んだらいくらするんだろう。すごい!

 

 

何度も来たけれど、やっぱりまたここに来てよかったよねー。

 


ちょっと蠅風に。

 

 

たまらーん! プール入るー!

 

ウシャシャシャ。

 

 

とても気分がいいので、荷解きも忘れてプールに飛び込みました。 

もうあとはそのままプールに浸かりっぱなしで出汁をとりました。

 

日が傾いてきた。

 

 

夕方になったね。

 

もう今日の夕日はここからでいいや。

 

夜。そう言えばリノベ前より少し明るいかな。暗い方が雰囲気があって
素敵ですが、ちょっと過ごしにくい。あんまり明るすぎるのもダメですが、
このくらいなら丁度いいと思います。

 

前の記事でオベロイとレギャンの寸評を書きましたが、フォーシーズンズ・
ジンバランを評するなら、優雅で上品ということに尽きます。
フォーシーズンズ・ジンバランは、今もなおバリ最高峰のひとつと思います。 

 

やっぱりいい。

 

そんなに他を知りませんが、世界で一番好きなホテル。

 

 

コメント

バリ2019_19_フォーシーズンズ・ジンバランにチェックイン

2019-07-14 09:21:15 | バリ旅行2019

Fukunosukeです。

 

二軒目のホテルはフォーシーズンズ・ジンバラン。

 

夕方のルパン三世並みの再放送ですな。

 

でもやっぱりここが好きなんです。

 

この景色を見て、ときめかない人はいないでしょう。特に今回は
ジンバラン湾も青くてきれいでした。

 

いつ来てもいいなあ。いつ来ても同じ写真ですみません。。。

 

ウエルカムドリンクをチューっと。

 

ゲストリレーションのNさんがお出迎えしてくれました。
もう十数年以上お世話になっています。FSJの名物ゲスト
リレーション。hiyokoはお誕生日の花束を貰って得意顔。

 

お花を抱いてバギーに乗り込みます。微妙に格好わるい。
積み荷の浮き輪も何とかならんのか。

 

まあまあ。

リノベ後のフォーシーズンズは2回目。今回はどんな部屋でしょう。

 

お邪魔しますぅ。

 

おー!こりゃまたすごい部屋の予感!

 

 

うわー!すごいよー。

 

 

えへへ、いいでしょー。
サインはカーブね。なんのこっちゃ。

 

今回の部屋、眺めが最高によいです。 

 

コメント

バリ2019_18_レギャンをチェックアウト

2019-07-10 23:32:55 | バリ旅行2019

Fukunosukeです。

 

今日でチェックアウトです。

 

ナシゴレンもう一回食べておこう。

 

しかしこんな所で朝ごはん食べていたのか。贅沢だなあ。

 

午前中のんびり荷造りして、お昼は本館のレストランに行きました。

 

この景色も当分見納め。

 

はぁい。

 

はーい!

 

ステーキ・タルタルです。カクテルタイムのカナッペで
出てきたのが美味しかったので頼みました。

 

これはイケます。ばっちりニンニクが効いていて美味しい。はまった。
バリで生肉ってちょっと勇気がいりますけど、機会があったらまた食べたい。

 

リングイネもホテルクオリティです。

 

 

という感じで前半戦終了。

 

ザ・レギャンは、やはりこの立地が最高です。何をするにもどこに行くにも
便利。飲んで食べるだけの我々にはもってこいです。

さらにクラブ・ヴィラとなれば、バトラーが何でもお世話してくれます。
予約も車の手配も何でもお願いできます。最新のバリ情報も教えてくれるので、
ガイドブック要らずです。というか介護に近い。

さらに朝食、アフタヌーンティー、カクテルタイムの飲み物やミニバーも全部
無料。クリーニングも無料なのも地味にありがたい(ドライは有料)。

ホテルは夜帰って寝るだけという旅なら勿体無いですが、
意地になって部屋にこもる我々なら、何とか元は取れそうです。

 

JUNIさんお世話になりました。サンペイ・ジュンパ!

 

 

次の宿、フォーシーズンズに送ってもらいます。

 

 

 

途中ビンタンでお土産を仕入れ。

 

「買ッター」

 

ビンタンのエコバック×2袋分買い込みました。でも今回は少ない方。

 

 

 

さて、ジンバランへ急げー!

 

 

 

うーん。買い物の時間を抜いてもたっぷり2時間かかったぞ。15年前の倍です。

 

 

着いたー!

 

 

コメント

バリ2019_17_バンブー

2019-07-07 08:46:35 | バリ旅行2019

Fukunosukeです。

 

腹が減ったぞ。

ジュディ・オングか。しかしこういう服はどこで売って
いるのだろう。よく見つけてきます。

 

インドネシア料理のbambuに再訪です。再訪というか、再放送ですみませぬ。

 

相変わらず予約が取りにくいらしいです。

 

また来たねー。

 

このサンバルがおいしいんだよね。

 

あれ? サンバルが前回より辛さが少しマイルドになった気がする。
料理も相変わらずおいしいですが、少しだけパンチが弱くなった。

 

 

それより、食べたものの写真を並べて愕然。

 

なんだっけこれ。

 

これもなんだっけ。

 

 

 

これは今回の白眉。超おいしかったことを目と胃袋が覚えている。
けど何でしたか。春雨っぽいけど。

 

 

これはデザート。おいしかった、と思う。

 

 

いやあ。すみません。

記憶があいまいで思い出せません。以前はこんな事なかったのに。

酒が過ぎて記憶が飛んでいるのか、
若年性何とかが始まっているのか。

 
ブログ開設14年を迎え、Fukunosukeは一気に緊張感を増しています。
 

こちらでは、ブログを読んでいただいている方に声をかけていただきました。
初めてのことなので大変驚きましたが嬉しかったです。

というか、いつも変なものを見せて申し訳ありません。

 

 

コメント

バリ2019_16_カクテルタイム

2019-07-03 20:27:33 | バリ旅行2019

Fukunosukeです。

 

オベロイから戻りました。

うっとりしたねー。

 

「うはー」

 

 

帰るなりビンタンinプール。最低です。

 

 

 

続いてソービニオン・ブラン。

 

 

「うはー」

 

 

最高の最低なのだ。これでいいのだ。

 

 

夕方になると、JUNIさんがアフタヌーン・ティーを差し入れてくれます。

 

ありがたいです。

 

 

おっと。うっかりしていたら日が沈みそうだ。急げ!

 

うわーなんだこりゃ。変てこな景色です。太陽どこいった?

 

でもなんだかきれいです。

 

日は隠れたまま沈んでしまった。

 

静かな夕暮れ。

 

結局これか。本気か。

 

暗くなってきました。

 

 

夕ご飯の時間だ。

 

しかし無意味なブログ。


日記なので。

 

すみません。

 

 

 

コメント