OG's Family Chronicle & Diary 
FormulaH,AlfaRomeo8C Competizione,996Cab,RangeRover
 



6月14日
モータースポーツを離れて幾星霜。
何と、この期に及んでフォーミュラ復帰を果たしました。

競技の段取りが見えたのが、たしかGW前だったでしょうか。
国内初となる公道を閉鎖してのヒルクライムレースが現実の物となりました。

公道閉鎖が意味するところ、即ち、ナンバー無しの非登録車両に公道を走る機会が与えられたということ。
これは車好きにとって、あるいはモータースポーツ好きにとって、究極の夢とも言える出来事です。

当然の事ながら、命を賭してでも出場しなければ、一生の後悔に繋がることは明白であります。
早速、しばらく放置していたフォーミュラの現況確認をお願いしました。
ミッションのO/Hを要するかもしれないけど、あとは洗車して軽整備で行けるだろうと高をくくってたんですが
これが大きな勘違い。嗚呼、全くの浦島太郎状態、最後のレースから何と何と9年の時が流れていたのでありました。

 



ブレーキダメ、マフラーダメ、サスペンションダメ、くず鉄一歩手前、、、その老化の様は驚愕ものでありました。
さっそく、まずは見付け出すことが出来た新品ミッションの手配、新品エンジンの製作と、かな~りの大仕事になってしまいました。
7kmの山道を数本、登るだけ、そして何より、梅雨入り後の日程、はたして投資に見合うだけのプレジャーが得られるのだろうか?
さすがに心配になりました。 



 

 

 

 

もちろん、いろいろと紆余曲折は有ったわけですが、1ヶ月という短期間でレストアーは間に合いました。

あとは梅雨のさなかの高峰高原、真夏でさえ、霧、夕立が多いという典型的な山の天気、
口さがない仲間は、「この雨の中、フォーミュラを走らせるなんて、辛いだろうなぁ!」


さてさて、当日朝~、、予定通り、いつも通り、梅雨の合間の奇跡的ドピーカン!! ワッハッハッ 

長いモータリングライフで、何とこの私、レインのレースを経験したことがないんでありますよ。 (^^)v



 
今回もまた、高校1年生からの腐れ縁? モータースポーツ親友のN氏とエントリー。
サポートはいつものEが鈴鹿でレースということで、筑波サーキットのメッカさんにお願いました。
ここだけの話、鬼監督と恐れられるOさんがいらっしゃれなくて、ちょっと気楽だったりました。^^;

 



©Pooky


9年ぶりのフォーミュラ用レーシングスーツ、お腹を引っ込めて強引に着込みました。
ウェストのベルクロについた日の丸が右にズレたのはダサかった。^^;

 



あらら、レーシングスーツをごまかすことが出来ても、マシンは許してくれませんでした。
シートは発泡ウレタンで自分の体型を型取りして作ってます、はい、モチロン9年前の私用、キツイったらありゃしない。
5点式シートベルトのウエストは10センチばかり延長する処置が必要となりました。(・∀・)

 



今回のイベントの素晴らしいところは異種格闘技であること。
フォーミュラー、箱車のレーシング、サイドカー、クラシック、そして何と現役2輪のGPマシン。

 



こちらが、スタート地点の風景。
レーシングカーは最小回転半径がデカイくUターンが出来ないので
各クルマ、クレーンで吊り上げて方向転換していただくという完璧な運営ぶり感銘いたしました。
正直、実用面より、スタードライバーにでもなったような錯覚を味合わせていただけて嬉しかったのでした。

ヒルクライムコースは7キロ強、わたくし共のチームはヒルクライムのレギュに従って溝付ウェットタイヤ、
さらには、スプリント時代のレギュにも従っていて、何とタイトコーナーの登りというのにノンスリップデフもなし、
残念ながら、会心の走りとは行きませんでしたが、他チームのスリックタイヤ、ノンスリ付きに、
遜色ないタイムが出せたことで十分に満足できたのでした。 

 

 

ヒルクライムすれば、当然、スタート地点まではまた降りなければなりません。

 

 

40年近くにおよぶモータリングライフで、このイベントが『最良の一日』であったことは間違いありません。
7km×3本のために投資した額は、到底、白状できませんが、、数千万円のスーパーカーよりも遥かに価値があったと感じました。
走行中、10,000rpmの隼エンジンの咆哮とワインディングロードを軽量フォーミュラで走る恍惚感に感極まって、
ヘルメットの中で、何度も悦楽の叫びをあげていたことを白状しておきましょう。 

もし、来年も参加が許されれば、スリック+ノンスリで1分のタイムアップを果たしてみせましょうぞっ!(笑) 






コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




大阪から戻った翌週、どうしても憧れを捨てきれぬ
あのLotusに会ってきました。

魅惑のパーツたちがディスプレイされた
ノスタルジックな雰囲気が溢れるクラシックガラージ。
イタ車やドイツ車にはない英国車だけが持つバンカラさとスノッブさが同居する
何となく味わいのある光景に思わずウットリ。
「あぁ、わたしもジェントルマン・レーサーを気取ってみたい・・・」(爆)

 

トニー・トンプソン・チューンなるセミレーシングエラン。
ボディーのチリもかつて見たことがないほどにキッチリ出ています。
セミレーシングらしくセッティングされて車高も雰囲気バッチリです。

 

 

内装もミントコンディション。
ダッシュの割れ、歪みもなく、こんなElan、正直申し上げて初対面でありました。
この時点で、もう、すっかり参りました、私。

 

 



で、早速、赤ナンバーを取り付けて、勇躍、摂氏35℃のカントリーロードに
飛び出してみたわけですが、、、

くぅ~、試乗の機会を与えていいただいて良かった。
正直申し上げて、アクセルレスポンスがトロいです。
轍に足を取られて極端にフロントの落ち着きが悪く、
何の前触れもなく横っ飛びします。
シフト、ストロークは小さいのですが、重くて積極的にシフトする気になれません。
これでは、いくらサーキットでタイムが出たとしても、全然、楽しいはずがありません。

 

 


これだったら、何とかチューンなる冠がない、比較的、素に近いこちらのS1の方が
遥かに自分にマッチしているのでは?と感じたのでありました。
が、しかし、こちらのS1は長らく始動されておらず、
試乗にはそれなりの整備が必要とのことで、
肌で感じる体験は出来ませんでした。

残念ながら、自分にはエランと言うマシンが
マッチしないのだろうと思っていたところ、
実は数日前、半額ほど(具体的には350)のエランが売りに出たのでありました。



早速、試乗に及んだこのマシン、
ショップのオーナー様曰く、全くの“ノーマル”ですよ~、
との事だったのでありますが、、乗ってみてビックリ、
これが、本来の性能が出ているエラン、The Elanだったのであります。

軽く指で捻るだけでコクッコクッと決まるウルトラショートストロークなミッション、
スロットルベダルを数ミリ踏んだだけで弾けるツインカムエンジン!
あぁ~、これが本物のエランだったんだぁ!!
これなら、TC2000、5秒も行けるかも~!!!
このマシンがDHCであったなら、即金購入だったでありましょう。

さてさて、本題は好奇と憧憬でありました。
この2つの心情は、いまだ経験せぬ相手対象について
抱くものであることは言わずもがなの事であります 。

エランに対する好奇心と憧憬の念は数十年前から持っておりますが、
それはエランを所有したり深く関わったことがないからで、
言い方を変えれば、エランを所有すれば自然に消え行く心情なのであります。

Elanを好奇と憧憬の念が消えた後も、
末永く愛していけるのかを考えなくてはなりません。

カミソリのような操縦性とライトウェイト、
突き詰めれば、フォーミュラー隼に敵うはずもありません。
ある程度安楽にスポーツカーを操りたいのなら、
8Cで十分でありましょう。

隼と8C、全く異なる対象ではありますが
この中庸を極めねばならないとおもっているのであります。 



コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




365GTC/四にヒドイ失望感を味合わされた後、
新たなる夢を求めて、今度は一路大阪へ向かいました。
初めてお会いする在阪のロメオ・マエストロ Carlo Cici氏、
実は今から30年以上前に尼崎の路上で接近遭遇していたことが判明しております。

それは、1980年春にロメオスパイダーで敢行した
九州一周下道ドライブの復路での出来事だったと思われます。
まだ若き高校生であったCaro Cici氏は、尼崎の街を走り抜ける、
私の黄色い2000スパイダーを目撃した(かもしれない)そうなのであります。

当時輸入されたレモンイエローのスパイダーは伊藤忠調べでわずか3台。
現代のエンツォなどとは比べにならぬほどの希少車ゆえ、
まず、間違いないだろうという結論にいたっています。 

 

氏のファクトリー。
ノルド系ロメオの宝箱。
見れば、何と関東圏のクルマも2台ほど整備で入庫しておりました。
 

 

組み上げられたエンジン。
久々に見たノルド系ロメオのツインカム、何と美しいことでしょう。
磨き具合の頃合いもピッタリ、素晴らしい光景でありました。
 

 

 

さて、今回の訪問はコチラの試乗が目的であります。
 GTamオーバーフェンダー付きのヤンチャなモディファイが
スノッブなオリジナル至上主義へのアンチテーゼぽくって、
「俺、こんな改造しちゃったぜ!」みたいなところが最大の魅力であります。

東大阪の幹線道路をドライブさせていただいた結果、、
 大昔の思い出は往々にして美化されていることが多くて、
時が流れてあらためて会ってみたらガッカリということが多いのものです。
しかし、この娘の輝きは今もまったく変わっていなかったのでありました。

そして、自分がクルマに求めているものは何なのかが朧気ながら見えてきたのでありました。
それは端的に申し上げれば「ドライブに没頭できること」であります。
ワイドフェンダー&ワイドホイールでスポイルされた直進性のせいでステアリング操作にも気を抜けませんし、
何より、つまるところスティックシフトを操作するということが思った以上に大切の要素になっていたのでした。
8Cは以前にも記した通り、楽しい車ではありますが操縦に没頭するには至らず、
極端な言い方をすれば他の考え事をしながらでも操縦できるのであります。 

 

 

 

そして、結局のところ一番刺さった一台は、在り来りな結語になってしまうのですが
学生時代に3年間9万キロを共にした、このマッキナと言う事になるのでありました。 

 

 

 

クゥ~、、、、
涙が出そうなほどありましたよ、あまりの愛しさに。
ファクリー仕様で5700rpmのレッドレヴが、Carlo Cici様の
鼻のアブラで、何と7000rpm!!

何と、素晴らしいことでありましょうや!!



コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )




 

まぁ、それほど大袈裟なものでないことは理解しているつもりですが、
そのたかがクルマのために命を削って仕事をするほどなのに、
最近なかなか思うような恍惚のドライビングを味合わせてくれる対象に出会えません。

そんなおり、1960年代のクラシックFに会いに行ってみました。

土曜日の昼下がり、東京を離れた神奈川県某市のショップなのに、
何と、顔見知りの方が偶然にもいらっしゃっているじゃありませんか。
まさに同病相哀れむ、、同じ穴の貉、、言い方はいろいろあれど、
要は齢50をはるかに越えた、いいおっさん二人がRoman求めて彷徨っているわけであります。

 

 

その方が乗ってこられたP、もちろんReplicaではありません。
恐れ多くも、356AにVWエンジンをフルチューンして載せちゃってます。(笑)
フルオリジナルはもちろん価値あることでありましょうし、
正統派であることは重々承知しておりますが、こういうことやっちゃうTさま、
愛すべきCar Guyなのであります。

 

 


で、肝心のフェラーリ365GTC/四、
結論から申し上げれば、私にとって、あくまでも私にとってでありますが、
箸にも棒にもかからない代物だったのでありました。
Dinoとは全く比較にならないほど恐ろしく低いシャシの剛性感、
あまりにトロいステアリング&ブレーキ。

もともと、十分に想像できたことではありました。
大昔に、365GTB/四、いわゆるデイトナを操縦させていただいた時にも
エンジンの歌声は素晴らしくとも、操縦感覚はいすゞエルフか
三菱キャンターと言った印象だったのでありました。

今回の印象も、残念ながらそれを大きく上回るはずもなく、
これは操縦で恍惚感を得るクルマではないなとの結論に達したのでありました。 



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




小学校3年まで通っていたインターナショナルスクールの同級生に
モロッコ人のカバツガシと言う親友がいる。




 



今はモロッコに帰っているが、彼の国でも花粉症があるそうだ。
皮肉にもモロッコの国花がその原因だ。 


 

 

 

 

しかし、カバツガシ曰く、その国花は食用にもなるそうでタジン鍋で

料理する際に出る煙を吸っている人間には花粉症はゼロ、あるいは完治するとのこと。 

我が家は恥ずかしながら、非常に珍しいのだが家族全員が何と桜の花粉アレルギーで

花見などもっての外と言う状態だ。

そこで、今年はタジン鍋に桜餅を入れて焼いてみた。
 

当然、アホみたいにタジン鍋の蓋から出る湯気を先を争うように鼻を付けてみた。

 

ア~ら、不思議!!今年は家族全員、花見に行ってもクシャミ一つ出ないじゃありませんか。

 

そう、サクラ花粉症が完治!!これはスギ花粉症にも応用出来ます!
これは、ノーベル賞ものかも!! 



コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




半年遅れのDiary。
2012年は8月19日のお話であります。

目眩くようなモントレークラシックカー・ウィークエンドから戻った翌日は、
我が家には似合わぬ早起きを決め込んで、ナパバレーの旅を満喫しました。

 

 

そう、レストアされたクラシックな車両とワインを楽しむツアーであります。
まぁ、完全に観光化されているという点ではマイナス点がありますが、
提供されるアメリカン・キュイジーヌは意外や美味であったので良しとしておきましょう。

 

しつこいようですが、所詮、観光アトラクションですので、オリエント急行のような優雅さはありませんし、
列車は快走すること無く、徐行運転を続けるばかりなのですが、
大昔の列車旅に思いを巡らせるような雰囲気は存分に味わえたのであります。

このスピードで走ってたら、列車強盗に襲われること間違いなかっただろうな・・等とね。

 

 

 

 

辿り着いたのは、1976年の「パリスの審判」で名を馳せたガーギッチ。
なぜか、日本では未だに地位の向上が見られないカリフォルニア・ワイン。

日本人のブランド信仰の危うさと、味わいの奥深さで魅せる
ワインの面白さを思い知る体験となりました。
レストランで見かけるのも珍重されるのもオーパス・ワンばかりとは
本当に寂しい限りでありますなぁ。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今もはっきりとその画像を思い出すことができる。

小さな頃には白黒テレビに映る絵の中にだって
常に自分なりの色を見出していた。
白黒で見たはずの画像も、記憶の中では総天然色。

でも、いつしか大人になるにしたがって
白黒は白黒にしか見えなくなっていった。

白黒画像の中に色を見いだす想像力が欠落していったことが
少し残念ではあったが、しかたのない事だっと思っていた。

 


すべての画像はクリックで大きくなります

 

 

 

 

 

でも、Leica の白黒専用カメラとの出逢いが、
Monochromeの中に仄かな色合いが見える・・・
そんな子供の感性を少しだけ呼び覚ましてくれた、、ような気がした、、、錯覚か~!?



コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




Carmel & Monterey ドライブ旅行は一泊の予定でした。
ホテルもHyattを一泊だけのリザーブ、レンタカーだって48時間で返却予定でした。
サンフランシスコのFour Seasons Hotelも荷物を置きっぱで占有したままだし。

実際、Carmelのクラシックカーパレードを見学した後
インフィニティーに鞭打ってサンフランシスコを目指して50kmほど北上してたんです。

でっ、サンフランに向かう途中で寄ったメキシカンレストランでトルティーヤに噛み付きながら
ふと思ったんです、、このままサンフランに帰ってイイのか!? 俺。


きっと、その文言が、そのままワタシの顔に書いってあったんだと思います・・・
Mariさんと娘から、「Montereyに戻ろうか? 戻ってもイイよ!」のありがたいお言葉。

でっ、結局、踵を返して再びモントレーを目指すことにしました。


モントレーに戻るクルマの中から、やっと手配できたのが港の真ん前のB&B。

 


この週末だけのウルトラハイシーズンプライスは驚愕ものでしたが、
泊まれただけでも良しとしなくては。。
ちなみに、ロードサイドの極小ツインで600ドル! !((+_+)) 

 

翌日、目指したオークションは
モントレーベイの“Russo & Steels”オークション。
この時期、カリフォルニア中でクラシックカーオークションが催されているようで
フェラーリ一台、10億円の超高級ランクのRM Auctionをピンとして、
様々なランクがあるようでした。
その中で“Russo & Steels”は現実的クラスと見受けましたが
それでも参加するためのデポジットが数万ドル必要とのことでした。^^;

 



Russo & Steels Auctionで見かけた、極々、一部のクルマ達です。

値段も想像するより遥かにリーズナブル!
しかも、現代車と違って、値段が上がることは有っても、下がることはけっして無い
夢の様な宝の山。 皆様、気になるクルマはアリましたでしょうか?

 

クラッシクカーを満喫した後はMonterey bayのシーフードレストラ。
 

こちらも、サンフランのレストランより遥かに美味でありました。

遅い昼食を済ませてから、今回こそ本当にサンフランシスコを目指しました。
復路120マイル、山間ワインディングフリーウエーの17号線を使って
かっ飛んで帰りました。 レンタカーを24時間以上の延滞すると
ペナルティがかかるそうで、ちょっと慌てました。(^^ゞ




娘が、いつもお世話になっている日本食レストラン。 
お腹に優しい夕食でノンビリ。

最後はチャイナタウン前のイタリアンカフェで
サンフランのナイトタイムを過ごしたのでありました。
やっぱり、ウチの旅はゆったりリラックスって雰囲気にはならないんですなぁ~ ^^; 



コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




Hyatt Carmel Highlandsのディナーは素晴らしいものでした。
前述のとおり日本人観光客はゼロ! (これ、異国情緒を満喫するためには重要なファクターです)
カーメル産のアバロンステーキは日本の鮑を上回る香りを放っておりました。

 



ヴィラはメゾネットタイプでオーシャンビュー。
もちろん暖炉付き。
サマンサがタバサを連れて散歩してそうな、アッケラカンとしたオープンな配置が
アジアンリゾートと異なるところで、これはこれで素敵です。

エッグベネディクトで腹ごしらえを終えて、
早速、インフィニティーでビッグサーに出かけました。

 

 

 

 

途中、何の標識もない、観光地として認識されていないビーチに車を停めてみました。

そこは、もう只々、ひたすら驚愕の自然。
野生のハーブと色彩豊かな多肉植物が咲き乱れていて、
砂浜へのアプローチなのに素晴らしく良い香り。 
“天国”という言葉が自然に浮かんできます。

 

アメリカの自然は圧倒的な迫力で
これでもかという勢いで強引に迫ってきますね。
思い返してみれば、ユタのスノーバードでも、ネバダの砂漠でも、
おなじ経験しました。 

 

次に立ち寄ったのがクリント・イーストウッド所有のリゾート。
Mission Ranch Inn



ここがまた素晴らしかった。海に面する牧場って想像しにくい景色ですよね。
停まっているMustang GT.350は何とオリジナルで走行20,000マイル!!!
ここで見ると、あまり好みではないはずのAlfa Romeo 2000 belrinaもカッコ良く見えてしまうから不思議。

来年はここのヴィラだな・・・決心した次第でありました。
来られるかどうかは分からないけど。
 

 

ビッグサーからカーメルの街に戻ってからは
MariさんとEmiがお父さんにやさしい配慮をしてくれたお陰で
クラシックカーのパレードを見学することができました。

 


一番に感じたことは出場者の年齢層が圧倒的に高いこと。
このことがイベントの格式を形成する大きなファクターだと感じました。
不思議なことに40~50歳代のワタシ世代の小僧がほとんど居ないのです。

もちろん、アメリカにも若いクラシックカー持ちは居るはずなんですが、
TPOなのでしょうかね、こういうところに出てくるのがおこがましい?・・・あるいは遠慮するという
不文律のようなものが存在しているのだろう思ったのでありました。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




夏休みのサンフラン3日目は国道1号をビッグサーまで南下するドライブ。
フォーシーズンズホテルからグロトロをズリズリ引きずりながら
ユニオンスクエア近くのHertzレンタカーへ。

待ってたクルマは予約しておいたキャデラックSRXではなくて、こんなクルマでした。

 

スタッフはインフィニティのどこに不満があるの? ってな感じでしたが、
キャデラックを3台乗り継いだ、私どもとしては残念至極でありました。

 

カーメルの街に向かうフリーウエーで目撃した最初の予兆はこれでした。

 

あれっ・・・・・!!!!
赤い丸っこいのに抜かれたーーーーーー。






クォーーーーーン
80マイルで走行するインフィニティーをさり気なく抜いてったのは
そう、Alfa Romeo Giulietta SZ。



ありゃりゃ~、今度は右からJaguar XK-Eが・・・・
何やら、とんでもなくビカビカ、しかも速い!!

スピードを100マイルまで上げて、ようやく追いつきました。



白髪の老紳士、フリーウェーを右へ左へスラロームしながら飛んでいきます。
品の良いドライブとは言い難いですが、ドライバーの年令と風体があまりに素敵で
微塵の嫌らしさも感じさせないのはさすがとしか言いようがありません。

 

 

SZの紳士とともにカーメルの街に突入してみると
目映いばかりのカリフォルニアの陽光と乾いた風が爽やかで
昨年の5月に訪れた時と、さほど変わらぬ様子でありました。
 


向こうに停まってるのはPorsche 997 4.0 ,,まぁ、この街の光景としては普通。^^;



あらら、ビカモノの356が路駐。
SZにXK-E、そして356・・・いったい、この街でなにが起こっているんだぁ~!?


 

あれっ、Porsche 356の三角窓になんか書いてあります。
何々?
「2012 CARMEL CONCOURS CLASS WINNER FOR SALE」

ここまで読んで、初めて理解しました。
全くの偶然、本当に偶然に、、カーメル・モントレー・クラシックカー・ウィークに紛れ込んでしまった!!!!
何たる幸運、、何たる幸せ!!
皆が前々からこの日を目指してカーメル旅行を計画するのだそうですが、
たまたま、旅行に選んだ日が、その日だなんて。
車マニアにとって、この幸運さ加減といえば、まさに宝くじに当たったのごとく、
歓喜の雄叫びをあげそうになりました、、イヤ、あげたかも。 


街はといえば、なるほどイタリア料理屋の店主だって歌い踊るの大騒ぎ!
完全に町ぐるみ、まるまる一週間のクラシックカー祭りなのでありました。




この店にランチにやって来た老夫婦のロールズロイス。
文句なしのカッコ良さ、まったく気取りやムリムリ感がありません。

 

 


同じ交差点をこんな車も。
手前が大型のクラシックアルファ、奥のフェラーリはさすがにレプリカでしょう。

 

 

さりげない路駐も For sale!! 安い!!

 

 

かつて、σ(^^)が乗っていた懐かしのDino GTSも。

 

このスモールベントリーはわずか250万円ほどでFor sale。

 

 

V8サウンドを撒き散らすJaguar XK120。
アメリカンレストアーと言えば、コテコテ&ビカビカ、
オリジナルなんて糞食らえの、こんな代物ばかりだと誤解してました。
しかしながら、これは偏見に満ちたジャーナリストからの誤った刷り込みでした。

アメリカ人、ノンシンクロMTの操縦は上手いし、
メカに詳しいし、塗装やメッキの頃合いのセンスも抜群なのでありました。

カーメルの興奮冷めやらぬウルトラハイな状態を維持したまま
チェックインしたのがコチラ。

 


Hyatt Carmel Highlands
もちろん、大挙してやってきているであろう
日本人モータージャーナリストの滞在者もゼロ。
素晴らしく落ち着いた、アメリカとは思えない
飛び切りフレンドリーなサービスが売りのヴィラでありました。



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ