にれっちのつれづれ日記

本州最北端の小児科医にれっちの独り言(^^)

ホームページがクラッシュ!

2012-06-30 12:12:54 | お知らせ
ホームページの書き換え作業中に、メインページが壊れてしまいました。
今までのページの保存ができていないので、一から作り直ししなくてはなりません。
しばらくの間HPにアクセスできませんので、気を長くしてお待ちください。
この際、完全にリニューアルしようかな。。。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夏カゼ注意報発令です

2012-06-25 17:24:45 | 病気のはなし
ヘルパンギーナがポツポツと出ていましたが、今日になって手足口病も出現してきました。
どちらも口内炎ができるウイルス性疾患で、症状は数日から1週間程度で落ち着きます。
保育園や幼稚園への登園は、熱がなく、元気で、飲み食いもほぼ普通にできればOKですが、口からは2週間くらい、便からは1か月くらいもの間ウイルスの排出が続くので、感染の拡大防止はきわめて難しいのが特徴です。
症状が軽ければ、本人が嫌がらないもの(水分・食事)を与えて様子を見てあげればいいのですが、時に髄膜炎や脳炎、心筋炎などの合併症が出ることもあるので、高熱が出たり、ぐったり感があったりした場合は、かならず医療機関を受診してください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高熱で咳のひどくなるカゼが流行中です

2012-06-22 12:39:57 | 病気のはなし
このところ、39度前後の高熱とともに、苦しそうに咳込む子どもさんが増えてきています。
小中学生ではマイコプラズマ感染が多いのですが、幼児では血液検査やウイルスの迅速診断では特定できない場合が多く、ヒトメタニューモウイルスなどの気管支炎や細気管支炎をおこすウイルスが疑われるところです。
薬で治すことはできないため、気管支拡張剤や鎮咳去痰剤、場合によっては喘息用の薬なども使って症状を和らげるようにしますが、特に1-2歳くらいのお子さんで症状が強く、中には入院になってしまった方もいらっしゃいます。
軽いカゼだから…と甘く見て無理な登園などはさせないで、ゆっくり体を休ませてあげてくださいね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どんぐり通信 第100号発行!

2012-06-20 13:37:05 | お知らせ
2004年5月に開院して丸8年が経過しました。
「単に病気になった時に来る場所ではなく、子育て支援の一つとしてのクリニックでありたい」と考え、開院と同時にホームページを開設し、月刊の院内報「どんぐり通信」を発刊しました。
最初(2004/5/23)に出したどんぐり通信第1号は、内容が開院のあいさつと診療時間、予約方法だけの片面印刷でしたが、その後院長やスタッフからのお知らせやどんぐり劇場の案内の掲載を開始、同年10月発行の第7号からは診療カレンダー付の両面印刷になり、翌2005年8月発行の第17号から○×クイズの連載開始、と少しずつ内容の改良を図り、そして今回めでたく100号の発行となりました。
毎月1000部前後を白黒印刷し、来院する方全員に配布していますが、少しは皆さんのお役にたてているでしょうか?
これからも200号、300号と長~く続けていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シートベルト・チャイルドシート着用向上月間

2012-06-19 14:45:32 | つれづれ
今月はシートベルト・チャイルドシート着用向上月間だそうです。
むつ市のHPによれば、シートベルト着用状況全国調査の結果、青森県は一般道での後部座席のシートベルト着用率は18.4%で、全国46位、チャイルドシートの着用率は全国43位と低い水準だったとのこと。
車に乗ったら、どんなに安全運転しようとも、何時何処で事故に巻き込まれるかはわかりませんし、突然誰かが道路に飛び出してくるかもしれません。
そんな時に命を守ってくれるのがシートベルトであり、チャイルドシートです。
近いから、飛ばさないから、後部座席なら点数や罰金がないから、などというのでは、事故が起きた時には後悔するだけです。
特にチャイルドシートについては、締め付けが緩くて事故の時に役に立たない車両が2/3を占めるといわれていますから、ぜひ正しい着用方法を学んでください!

下記のページは動画なのでよくわかりますよ。
 チャイルドシートの正しい装着方法

ちなみに価格は少し高めですが、ISOFIX対応の製品を購入すれば、だれでも簡単に確実な設置ができます。
 ISOFIX対応チャイルドシート(タカタ株式会社)

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

透明のビニール傘

2012-06-08 08:31:45 | つれづれ
今朝のNHKニュースで透明のビニール傘が話題になっていました。
透明のビニール傘といえば、コンビニなどで数百円で売っている安物、をイメージしてしまいますが、そうでもないんですねぇ。
まずびっくりしたのが、透明のビニール傘は日本で最初に作られたということ。
江戸時代から続く傘問屋「武田長五郎商店」(現社名ホワイトローズ)さんが、終戦後に当時主流だった綿製の傘の色落ち防止にビニールカバーを作ったのが始まりだそうです。
その後ビニール製の傘を作り始め次第に売れ行きがアップ、最盛期には50社近くものビニール傘メーカーがあったそうですが、海外製の廉価品が大量に輸入されるようになって次々撤退、今はまたホワイトローズさん1社になってしまったそうです。
そして次にびっくりしたのが、ビニール傘といっても、ピンからキリまであること。
おなじみのコンビニのお手頃価格のものは海外製ですが、日本製(ホワイトローズ製)は一味違います。
さすがは傘屋さん、まず骨が丈夫、そしてビニール製でもべとつかない!
さらにすごいのは、風速30mにも耐えられる、風を抜く弁がついた特殊構造!!!!
こうした技術もあって、園遊会で使われたりしているほか、選挙や雨天時の屋外での供養など、知る人ぞ知る名品なのでした。

っていうのは全部受け売り。
詳しいことが知りたい方は こちらをご覧ください

一つ難点は、、、
当然のことながら、名品はそれなりの価格です。(^^;)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

至福のひと時

2012-06-06 10:28:23 | つれづれ
昨夜は大湊の美味小屋蛮でmammySinoさんの歌声を最前列でうっとりしながら聴いてきました。
話をする時の甘~い、ちょっぴりお子ちゃまっぽい感じと、歌っているときのギャップも楽しかった。(^0^)
ゲストの元オフコースの清水仁さんやむつ市出身のシンガーソングライター板橋かずゆきさんの歌も聴けて、至福の2時間ちょっとでした。
いつかどんぐりの待合室でも歌ってもらえたら嬉しいなぁ~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天体ショー第2弾

2012-06-05 10:13:08 | つれづれ
明日は朝7時過ぎから午後2時前まで「金星の太陽面通過」です!!
が天気予報は雨、観察は難しいかもしれませんね。
次回は105年後という話なので、チョット残念。
もし運良く薄日が射してみることができるようならば、その時は必ず目の保護をして観察してくださいね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加