にれっちのつれづれ日記

本州最北端の小児科医にれっちの独り言(^^)

子どもだけ残しての外出は虐待と同じです

2015-02-27 16:51:11 | 病気のはなし
今日またもや東京で「幼児2名だけが残された状況で火事発生、意識不明の重体」という事故が起きました。
両親は外出中で、帰宅した中学生の兄が火事に気付いたとのことです。
どうして子どもだけ残して外出してしまったのでしょう。
「まさか、こんなことになるなんて」という言い訳をしても後の祭りです。
「子どもだけ残して外出する(車を離れるのも同じ)のは、虐待・養育放棄」
と同じなのです。
全ての保護者、いやすべての人々が、当たり前のこととして意識してほしいと願っています。
コメント

東京マラソンで夢のサブ3.5達成しました

2015-02-24 21:02:25 | トレーニング&ダイエット
2/22開催の東京マラソン2015に出走してきました。
スタート前は今にも雨が降り出しそうな曇天でしたが、なんとか最後まで持ってくれました。
昨年は30kmあたりで力尽き、残念ながら目標のサブ3.5はなりませんでしたが、今年は最後の力を振り絞って3.5時間のペースメーカーに食らいつき、なんとか3時間27分42秒でゴールできました。
ただしゴール直後に両脚が痙攣し、救護室のお世話になりましたが。。。(苦笑)
コメント

春に向かって

2015-02-20 13:24:42 | つれづれ
今日は県内の私立高校17校の合格発表日でした。
受験した方々には、一足早い春が訪れたでしょうか?
本命が公立高校の方は、3月10日が試験日ですね。
全ての受験生に、それぞれの春が訪れてくれることを祈念しています。
ファイト~!!(^0^)/
コメント

日本学術会議が「核ごみ対策を再稼働条件に」を提言へ

2015-02-15 07:53:22 | つれづれ
福島の事故から間もなく4年が経とうとしていますが、事故の終息の目途は立たず、汚染地域からの汚染ゴミの処分も遅々として進んでいません。
更にはこれから福島第一は勿論のこと、他の老朽化原発の廃棄・解体も現実のものとなりますが、それらの処分も何も決まっていません。
そんな中で、財界や政府は「電気が必要だから原発再開」と声高に叫び、財政の厳しい立地自治体も「早く再開して『仕事と金』を」と前のめりになっています。
でもちょっと待ってください。
この期に及んで、本当にそんな問題の先送りをやり続けていいのでしょうか??
原発が停止している現在ですら、確実に核のゴミは増え続けています。
燃料リサイクルが実現できたとしても、リサイクルされるのは燃料の一部のみで、再生できないウランや、リサイクル過程で出てくる燃料以外の物はすべて核のゴミとなります。

このゴミは果てしない年月をかけて自然に崩壊するのを待たねばなりませんから、核のゴミはどんどん雪だるま式に増えていくのです。
我々(やその上)の世代が生きているうちは見ないふりをして蓋をした心算になっていられるかもしれませんが、我々の子や孫の世代にとっては喫緊の課題であることは明白です。
拙速な再稼働に口から泡を飛ばすのではなく、少し冷静になって核のゴミをどう処理するのかを議論すべきです。
3月には正式に公表されるという日本学術会議の提言が、一つのきっかけになってくれればと願っています。
コメント

成人風疹ワクチン助成事業は3月末までです!

2015-02-13 14:50:51 | お知らせ
むつ市では、風しんの感染及び先天性風しん症候群の予防を目的に、風しん抗体検査及びワクチン接種費用の助成を行っていますが、この事業は3月31日が期限となっています。
対象者は、
1.妊娠を希望する女性、並びに夫及び同居家族
2.妊娠している女性の夫 及び同居家族
3. 妊婦健診で受けた抗体検査の結果、抗体価が低く、予防接種を受けるよう勧奨されている方
で、抗体検査・ワクチン接種とも無料(自己負担ゼロ)です。
助成を受けるには、市健康推進課または各庁舎市民福祉課に申し込む必要があります。
その後に書類が郵送されますが、抗体検査には数日~1週間程度の日数がかかり、その結果を確認してからワクチン接種となりますので、ギリギリに申し込むと対象外になることも予想されます。
是非とも早めに申し込むようにしましょう。

対象になっていない方々でも、これまで風疹に罹ったことがなくワクチン接種も済んでいない方は、是非接種を行ってください。
1回だけ接種したという方も、より確実な抗体獲得のためには、2回目の接種をお勧めします。(子どもたちはMRワクチンで2回接種です)
この場合は抗体検査を省略して、直接ワクチン接種をして構いません。

ワクチン打って、麻しん風しんゼロ!!をみんなで達成しましょう。(^0^)/
コメント (2)

今日は節分、でも豆誤飲事故には要注意!!

2015-02-03 17:47:19 | 病気のはなし
今日は節分、みなさんのご家庭でも豆まきをされるのでしょうね。
手作りの鬼のお面を被ったお父さんに向かって「鬼は~外、福は~内」の掛け声。
楽しい家族団らんのひと時になることでしょう。
ただ一つ注意は、豆の誤飲事故です!!
一番ポピュラーな「煎り大豆」は勿論、「殻付落花生(ピーナッツ)」でも誤飲事故は起こります。
言葉で理解できない小さなお子さんをお持ちのご家庭では、小袋に入れて撒くなどの工夫も大切ですね。
豆まき後の掃除対策としてもいいかもです。(笑)
コメント