にれっちのつれづれ日記

本州最北端の小児科医にれっちの独り言(^^)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「お互いさま」と「当たり前」を「ありがとう」の心で

2018-11-29 19:33:27 | つれづれ
「お互いさま」と「当たり前」、この二つの言葉を皆さんはどういう意味で使っているでしょうか?
もしかしたら「目には目を歯には歯を」という意味に考えたりはしていないでしょうか?

私は「一人は万人のために、万人は一人のために」という言葉が大好きです。
だから、「お互いさま」と「当たり前」を「ありがとう」の心で使いたいと思います。

人は誰でも「他人に認められたい、大切にされたい」と思うものだと思います。
自分が大切、それが保証されるには、自分と一緒にいる家族が安心していられることが大切。
自分の家族が大切、そのためには、家族の周りにいる人々が安心していられることが大切。
周囲の人々が大切、そのためには、地域の人々が安心していられることが大切。
地域の人々が大切、そのためには、、、
結局、自分を大切にするためには、すべての人々を大切にすることが必要だということです。

実際には、口で言うほど簡単なことではありませんが、「みんな違っていていい」からこそ「違っているみんなが同じように大切にされる」べきなのだと、常に自分に言い聞かせて努力したいと思います。
コメント

津軽地方でインフルエンザ流行入り

2018-11-29 12:23:59 | 病気のはなし
青森県が今日インフルエンザの流行期に入ったと発表しました。
感染症発生動向調査で県が指定した医療機関1か所当たりの患者数が1.00人を超えることで流行と判断されるのですが、先週(11月19日~25日)が1.18人とな今冬初めて上回りました。
ただし、県内全域が1.00人になったわけではなく、下の表のように、青森・弘前の津軽地区で患者数が多く、むつ地区はまだ報告0です。
とは言っても、間もなく流行期に入ると思われるので、早めにワクチン接種を受けること、体調管理に注意し、うがい・マスク・手洗いなどに心がけることなどで予防を図ってくださいね。



  ※青森県の感染症発生状況(青森県庁HP)はここをクリック
コメント