にれっちのつれづれ日記

本州最北端の小児科医にれっちの独り言(^^)

さあ夏休み、熱中症に注意です!

2018-07-20 16:09:34 | 病気のはなし
いよいよ夏休み、梅雨も明けて暑い夏になりそうですね。
テレビでも盛んに注意が呼びかけられている熱中症は、気温だけではなく湿度が高いとリスクが上がるので(上手く汗をかいて放熱できなくなるので)、リスクを正確に判定するには普通の温度計ではなく、WBGT計(湿球黒球温度計:Wet Bulb Globe Temperature)で暑さ指数を調べる必要があります。
チョッと値段が高めなので(1万円~数万円)なかなか一般家庭で買うことは簡単ではないかもしれませんが、とりあえずは簡易(黒球を使わない換算計)なもの(数千円程度)や、気温から大まかに暑さ指数を判断する早見表などを利用して、こまめに涼しいところで休憩して水分と塩分を摂る、リスクが高いと思われるときは外出や運動は控えて涼しい屋内で過ごすなど、リスクを意識しながら生活をすることが大切です。
また、今朝のNHKニュースでも流れていましたが、プールなど水中であっても、水温が高くなり過ぎると汗をかきにくくなるので熱中症に繋がることもあるようですから、注意が必要ですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

むつ市の乳幼児医療費助成制度が変わります

2018-07-10 14:22:32 | お知らせ
むつ市では、子どもの健康と健やかな成長を願って、保護者の経済的負担を軽減する目的で、中学生までのお子さんを対象とした医療費給付事業を実施しています。
この事業には保護者の所得による対象制限がありますが、今年10月1日からはこれまでと比べて大幅な緩和が行われることになりました。
これまで制限に引っかかり対象にならなかった方で、新しい基準に該当すると思われる方は、市役所のこども家庭課・分庁舎の市民生活課までお問い合わせください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

隠れ肥満にご注意を

2018-07-04 14:48:09 | 病気のはなし
メタボ(メタボリックシンドローム)の診断基準をご存知ですか?
成人の場合、下記の1に加えて2-4のいずれかを満たすもの
 1.腹囲:男性85cm以上、女性90cm以上
 2.中性脂肪150mg/dl以上、HDLコレステロール40mg/dl未満
 3.最高血圧130mmHg以上、最低血圧85mmHg以上
 4.空腹時血糖110mg/dl以上
です。
小児(6~15歳)の場合も同様ですが、基準値が少し違い、
 1.腹囲:小学生75cm以上、中学生80cm以上、もしくは腹囲/身長が0.5以上
 2.中性脂肪120mg/dl以上、HDLコレステロール40mg/dl未満
 3.最高血圧125mmHg以上、最低血圧70mmHg以上
 4.空腹時血糖100mg/dl以上
になります。

一般に肥満の基準というと、成人ではBMI(身長体重比)25以上、小児では肥満度20%以上ですが、メタボの場合は腹囲になります。
というのは、問題になるのは体重そのものではなく余分な体脂肪や内臓脂肪なので、運動などをやっていて筋肉モリモリのマッチョ体型だと体脂肪は少ないのに筋肉が多いために肥満基準をオーバーし、逆に運動不足では筋肉が少ないので体脂肪が多くても基準に引っかからないことがでてくるからです。
実際に学校健診に行くと、肥満度は大丈夫なのにズボンの上にお腹が乗ってしまっている「隠れ肥満」が見つかることも珍しくはありません。
皆さんも体重だけを気にするのではなく、定期的に腹囲を測ってみてくださいね!

因みに、腹囲を測るときは、まっすぐに立って、メジャーをお臍の位置に合わせて、床と平行になるように背中から1周させます。
軽く息をはいた状態で目盛りを読むと、より正確な値が出るとされています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早い夏は熱中症に注意です

2018-07-02 17:42:08 | 病気のはなし
今年は暑さが早くやってきていますが、身体がまだ夏モードになっていませんから十分に汗を出すことができず、熱中症に要注意です。
特にじっとりと湿度が高い日は、ますます汗が出にくくなるので、無理に屋外で活動しないこと、室内でもエアコン等を利用し涼しくすること、喉が渇く前に電解質入りの水分を摂るようにしましょう。
ただし、市販のスポーツドリンクでは糖分が多く塩分が少ないものもが多いので、表示をよく確認してください。
例えば、大塚製薬のポカリスエット(100mlあたり27kcal、ナトリウム21mEq/L)、同イオンウォーター (11kcal、23mEq/L)、日本コカ・コーラのアクエリアス(19kcal、15mEq/L)とカロリーは違うものの、Na濃度が低すぎます。
これに対して経口補水液と呼ばれるものは、大塚製薬のOS-1(10kcal、50mEq/L)、日本コカ・コーラのアクエリアス経口補水液(11kcal、42mEq/L)とNa濃度が十分に高くなっています。
もし市販のスポーツドリンクを使う場合は、塩を少し(ちょっとしょっぱいかな?という程度)加えてあげるとよいでしょう。
兎にも角にも、これくらい大丈夫と思わずに、蒸し暑い日は涼しいところでノンビリくらいのつもりでいるのが一番ですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加