にれっちのつれづれ日記

本州最北端の小児科医にれっちの独り言(^^)

チャイルドシートは子どものお椅子ではなく、命を守る道具です

2014-07-30 08:49:13 | つれづれ
昨日茨城県で「走行中の車から2歳児が転落し重症」という事故がおきました。
何?どういうこと??
記事を読むと「助手席にチャイルドシート無しで乗っていて、突然ドアが開き…」ということだったようです。
可能性が高いのは「子どもがドアノブをいじって開いてしまった」パターンですよね。

この事故、端的に言えば
チャイルドシートに乗せていれば起きなかった事故
です。

車に乗ったらいつどんな事故に合うかは誰にもわかりません。
だからこそ
万が一の事を考えて備えておこう
といつも考えていることが大切なんですよね。
★子どもは後部座席に乗せる
★チャイルドシートや体格に合ったジュニアシートを使う
★未就学児がいるならチャイルドロック

皆さん、後悔先に立たずですよ!
コメント

お子さんのいる家庭で「ジェルボール」洗剤は危険です!!

2014-07-25 10:11:59 | 病気のはなし
7/25に開催された日本中毒学会で、日本中毒情報センターから
今年4月に発売された「ジェルボール」と呼ばれる1回使い切りタイプの洗剤で、乳幼児が誤って飲み込む事故が発売後2カ月半で23件と多発している
という発表がされたたそうです。(産経新聞より)
産経新聞によれば、ジェルボールは洗濯1回分の液体洗剤を水に触れると溶ける透明フィルムで包んだ製品で、P&Gから緑色の洗剤「アリエール」と赤色の「ボールド」の2種類が発売されているそうで、画像を見ると一口タイプのゼリーとよく似ています。
今のところ死亡や後遺症が出るような重篤な被害はないものの、水に触れるとフィルムが破れ洗剤が口内に入ることから繰り返し吐くなどの症状が出るということで、今後の事故の増加が懸念されます。
使う側(大人)としては間違って食べるなんて考えられないかもしれませんが、子どもにとってはどちらも同じに見えて当然。
簡単便利と引き換えに失うものを考えたら、「注意して使う」ではなく、“使わない”のが一番の対策です!
コメント

明日から本格的に夏、熱中症に注意を!!

2014-07-11 15:27:01 | 病気のはなし
前回このブログで取り上げたように、熱中症は気温と湿度の両方で危険度が決まります。
今日までと違って、明日からはむつも25℃以上の夏日が続くようです。
特に明日は最高気温が29℃と真夏日目前の暑さになるようですから、湿度が60%くらいでも熱中症の危険大です。
特に土日屋外で過ごす予定の方は、水分と一緒に電解質補給を忘れずにですよ~!!
コメント

気温が低めでも湿度の高い日は、熱中症に要注意です!

2014-07-08 09:28:13 | 病気のはなし
夏がやってきました。
当初の冷夏予想もいつの間にか平年並みに変わり、今年も暑い夏になりそうです。
夏と言えば熱中症が心配になりますが、思わぬ落とし穴があることに注意が必要です。
熱中症は高温の炎天下でスポーツや農作業をしているときにおこるとばかり思っていたら大間違い。
実は部屋の中でも、じっとしていても、その魔の手が忍び寄ってきている可能性があるのです。
その注目ポイントは湿度です!

このグラフは東京消防庁HPに載っている「救急要請時の気温と湿度(平成24年6月~9月)」のデータです。
湿度40-50%では気温が35℃近いところに集中しているのが、湿度が高くなるにつれ低い気温でも見られるようになり、湿度80%以上では25℃程度でも発生しているのが一目でわかります。
さらに注目すべきは、湿度40%以下では救急要請が全くありません!
青森の夏は30℃を超える高温になる日が少ないので大丈夫などと思っていたら大間違い。
気温よりも湿度を気にして、しっかり熱中症対策しましょう。
基本は塩分と水分のW補給です。
嘔吐下痢症の時の経口補水液を参考に、水1Lに砂糖40gと塩3gが目安になります。
カリウム補給にじはレモンやグレープフルーツを少し入れればOKです。
リスクが低めの時で塩気が強く感じられるなら、塩を2g程度にしたり、麦茶などと交互に飲んだりするのでも良いかもしれませんね。
コメント

七夕

2014-07-07 15:58:08 | つれづれ
台風が迫ってきていて大変な方々も多いと思いますが、今日は七夕。
皆さんはどんな願いを星に託しますか?
私は「心穏やかに過ごせるように」とお願いしたいと思います。
そのためには努力も必要ですね。(^-^)
コメント

糖質制限 その後

2014-07-04 09:10:23 | トレーニング&ダイエット
5月末から始めた「なんちゃって糖質制限」、お米やパン、麺類、炭水化物のおやつを極力避ける程度で、病気の治療のような厳格なものではないので、三日坊主の私でもまだ続いています。
最初は「お腹すくんだろうなぁ~」って思ったのですが、意外や意外、始める前より空腹感を感じることが少ないくらいです。
良く考えてみれば、空腹感の一番のセンサーは血糖値の低下ですから、糖質制限して血糖の変動が少なくなれば空腹感が生じずらいのも当然なのですね。
小腹が減った時も、アーモンドやチーズ、チーズ鱈などを摘む程度で何とかごまかせています。

そして、現在の状況は。。。
週3回程度の10km朝ラン、平日昼休みのジムトレーニング、夜の筋トレなども真面目に続けた結果、
体重は60-61kg、体脂肪率10%程度までスリムになりました。\(^0^)/
よ~し、これからもガンバロー!!



コメント

夏風邪にも注意信号?

2014-07-01 21:54:08 | 病気のはなし
西日本を中心に夏風邪の一種のヘルパンギーナが流行し始めているそうです。
この病気は、突然の高熱と喉の奥(のどちんこの周囲)の口内炎が特徴です。
ウイルス性疾患なので、病気を治す薬はなく、安静とこまめな水分摂取で治るのを待つことになります。
合併症としては、痛みのために飲めなくなっての脱水が心配されることと、頻度は少ないものの髄膜炎や脳炎などの重いものがあるので注意が必要です。
症状が落ち着いても口からは1-2週間、便からは3-4週間ウイルスが排泄されるため、流行が始まると防ぐ手立てはありません。
手洗い、うがい、十分な栄養と睡眠で、ウイルスを跳ね返す力を保つようにしましょう。
コメント