漬物王国 山形 ブログ 漬物の梨屋

漬物の梨屋ブログ-山形の漬物・特産野菜・旬の食材・地域文化のブログ

「いか粕漬」を漬けました☆

2018年03月12日 08時27分18秒 | 今日のお仕事
おはようございます。

山形県酒田市の漬物の梨屋 齋藤真です。

3月12日(月)の山形県酒田市は、なごり雪でしょうかチラチラと雪が舞っています。

今日の天気は、曇りのち晴れ、最高気温は5度、最低気温は0度、降水確率は0~40%の予報となっています。

漬物の梨屋では、以前は県漁連さんから直接「イカ」を頂いていたのですが、直接販売はできないとのことで、今年も取引先の卸売業者からの仕入れとなりました。

無いということは、当然価格が高いということなのですが、納品書を見てビックリ、高値だった昨年の2倍の値段になっていました。

高いとはいえ、製品の「いか粕漬」が不足しているため、最低限の漬け込みはしないといけません。

とういことで、先週末に、今年最初の「いか粕漬」を漬ける作業を行いました。


「いか粕漬」の漬け込み(漬物の梨屋本社工場にて)



漬物の梨屋で漬けているイカは、山形県の酒田港に水揚げされた船内冷凍のイカです。

まずは、イカを解凍し、はらわたを取ります。

綺麗に洗浄したあとで、1尾ずつ皮を剥いていきます。

足ももちろん皮を剥きます。

皮を剥いたイカは、もう一度綺麗に洗浄し、蒸かします。

蒸かしたイカは、冷めるのを待って酒粕で漬けていきます。

イカは、均等に漬かるように重ならないように並べて漬けていきます。


漬け込んだ「いか粕漬」漬物の梨屋本社工場にて)



すべて漬け終わったら、最後に酒粕をかけて漬け込み終了です。

上の部分は、乾燥しやすいため、酒粕を多めにかけます。

漬けたイカは、0~2℃くらいの低温庫で3か月程かけてじっくりと漬けます。

すると、歯の悪い年配の方でも美味しく食べることができる、軟らかい「いか粕漬」が出来上がります。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2回目の酒粕の踏込の準備を... | トップ | 噛むことが大切です☆ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

今日のお仕事」カテゴリの最新記事