世界最高峰の技術をイージーインストール。



■COSWORTH TWIN PRENUM.
Formula1のエンジンサプライでもあるコスワースからリリースされているエンジンパーツの中でも、最もインパクトが有るインテークマニホールドの装着を行いました。
硬質アルマイト処理されたサイドタンクの中身は、アルミ鋳造大容量インテークタンクや6連ファンネルを設けられ、その特徴はエアボリュームを各気筒に均一に配分するようFormula1直系の流体力学によりシュミレーションされた専用設計です。
勿論、燃料/点火マップを含む各種マネージメントの最適化を行うことにより最大トルク、パワーの増加を約束してくれます。

ってゆーーー能書きや数字や理屈はともかく!

ただカッコいい!

それ以外になんがありますか?



DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

おじさんの出撃準備。


大好きなJリーグもスーパーGTも、そろそろ開幕戦を迎えるにあたり、おじさんも遠征に耐えうるスタンバイを始めました。
去年は広島、岡山まで、Zに乗って大好きなチーム&選手を応援に行ったものの、道中nismo特有のカチンコチンの足廻りに耐えかね、逆に自分が応援してもらいたいほど苦悩な遠征を経験していました。
今年はもっと快適に、もっと楽しくロングドライブへ対応できるように、2014年一発目のモディファイを開始しました。


DFV OHLINS Ver,DAYTONA E.R.S.
今現在のE.R.S仕様のスプリングレートはF,11kg R,10kgバリアブルを使用しています。 以前にも書きましたが、基本的には低レートスプリングをプリロード調整することで、ダンパー全体のストローク量、ダンパーの使いたい幅を操作しています。 ストリートでは凹凸が激しい路面があったり、逆にハイウェイでは正確に整備されたアスファルトを撫でるように走ったり。 いろんな状況下を柔軟に対応するにはレースフィールド直系のリニアレートスプリングよりも、0G→1G状態で線間密着し想定レートを発揮するバリアブルスプリングのほうが使いやすいと僕は判断しています。
人によっては小さなことかもしれませんが、E.R.S仕様は前後共にDAYTONA独自のフリクションレスシートを装着することにより、スプリングが伸縮した際に発生するネジレ応力を逃がすことが出来るので、フリクションロス効果を狙うことにも成功しています。


SAMCOインダクションホース
SAMCOクーラントホース
おじさんの希望でエンジンルームを鮮やかに着飾ってみました。
nismoエンジンカバーとお揃いで各種ホースをレッド化することにより、遠征先での車自慢の際にはボンネットを開け、ただならぬ悪さをアピールできる王道のコンビカラー"黒/赤"が見る者の関心を大いに引きつけることに違いないでしょう!
勿論、シリコン/ファイバー繊維の複合体が誇る、耐熱温度180度、5kg/cm2(ラジエターキャップは1.2kg/cm2)の高強度ですので、性能面でも抜かりありません。



DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

フルノーマルだって楽しく走る事ができるんだ。


DAYTONAにはカスタマイズ派と、スーパーノーマル派の2つの勢力があり、日々その2大勢力が争って・・・ は、いません。(笑)

ですが、それぞれポリシーみたいなものもあって、ノーマル派の多くは
「音が大きくなるのが嫌だからマフラーは交換したくない。」
「気を使って乗りたくないからエアロパーツはいらない。」
「ハンドルが取られそうだからインチアップホイールは必要ない。」
そんなこと言ってたら『じゃあ、ノーマルで乗ったほうがいいよ』と言ってしまうと身も蓋もありませんが、それでも“どこか”に違和感を感じているからDAYTONAに興味を持ってくださいます。

実は紐解いていくと過程のプロセスは違えど、行き着くところは似たようなエリアであって、常々言ってますが「気分良く走れる」シーンを各々大切にしているような気がします。
そういう訳ですので、マフラーがノーマルだろうと何だろうと、僕たちはそんなファンなオーナーさん達の気持ちをサポートするという大切な仕事を任されています。


DAYTONAスポーツECM for 370Z


DAYTONAスポーツエアクリーナー VQ37VHR


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

SACHS-PerformancePLUS(ザックスパフォーマンスプラス)全国体感試乗会


約1年ぶりにVWゴルフ6ヴァリアント1.4Tが帰ってきました。
前年同様にザックスダンパー パフォーマンスプラスの体感試乗会の他に、8speed.netさんとのジョイント企画震災支援”進もう、東日本!のチャリティイベントも行っていますので、グッズ販売や募金などを行っています。



一応スケジュール上では今週末が体感試乗会となっていますが、DAYTONAでは既に昨日から特設イベントブースを設置しています。
既に数名の方にザックスダンパーを体感していただきましたが、今週末2月2日まで連日イベント開催していますので、お時間の許す限り楽しいひと時をヴァリアントと共に過ごしてくださいね!


上から2段目“PPE”に注目。
カプラーオンのプラグインでブーストが上昇し、更に燃料補正までをも同時に行ってくれ、エンジンがハイパワーになるという優れもの。
国産車ではECM書き換えが今は一般的ですが、輸入車ではこちらのようなモジュール装着でパワーを上げる方法が一般的です。
恐らく次世代では我らのフェアレディZでも同様にプラグインユニットでマネージメント制御を行う日もそう遠くないような気がしていますので人事ではありません。
ポン付け装着で純正比+30馬力を得られる次世代型のチューニングモジュールも同時に体感いただくことが可能です。



DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

嬉野温泉。


今週の福岡は・・・。
ご覧のとおり大雪が振りましたが、気温はグングンあがり天候はあっという間に回復。
一時は九州の横断脈である九州自動車道も積雪と凍結のため通行止めが相次いでいましたが、お昼前までには気温も上がり交通規制も解除されましたのでせっかくなので体を温めに温泉街まで足を伸ばすことにしました。



福岡県の隣 佐賀県にある嬉野温泉和多屋別荘へおじゃましました。




嬉野名物である温泉湯豆腐御膳。
温泉水で茹でたアツアツ、トロトロのお豆腐を頂きました。
この時間でしたら和食の他にも、佐賀牛、伊萬里牛を主に扱っている鉄板焼きもオススメです。
あっ、あとお茶の名産地だけあってトロッと甘みのあるお茶がとてもとても美味しいです。

お腹いっぱいになったら宿自慢の大浴場へ・・・ の予定でしたが、タイミング悪くツアー客が多くて脱衣所さえも待ち時間があるとのことでしたのでホテルを出ました。


嬉野温泉湯遊広場にあるシーボルトのあし湯(旧古湯温泉)


5分かそこらで出ても身体は温まりませんので、例えばたまたま隣り合わせた旅人や地元の方々との何気ないおしゃべりを楽しんでみたり、はたまた現代っぽくタブレット端末や雑誌を片手に、2~30分程度 なが~く足湯をすると、まったくお湯につかっていない身体までポッカポカ。
次第に血行も良くなり汗がにじむほど身体もココロも温まります。

嬉野温泉観光協会
嬉野市嬉野町
TEL 0954-43-0137


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

快適さ面白さを呼び戻すチューニング


Z32ツインターボ4型を数年間所有した後に、Z32NA最終型にお乗り換えしていただいたオーナーさんは、今まであばたもえくぼと目をつぶってきたZ32の本質に向き合うカスタマイズに踏み切りました。


DAYTONA × GLAD ハイパープレミアム ブレーキディスクKit

Z SPEED PERFORMANCE フロアアンダーディフューザー
Z32という車は、例え定期的なメンテナンスを行っていたとしても、どこかしらのバイブレーションや、ブレーキの貧弱さは隠しようもありません。 
『それも含めてZ32の良さだ』と割りきってしまえばそれまでですが、出来ることならスムーズに走って止まる。
 設計、生産上の根本的な改善まではメスをいれることは出来ないとしても、デビューから24年経過した今だからこそ出来る、欠点を補うチューニングパーツを随所に散りばめ、車の基本性能をワンランクアップさせる方法もひとつの王道です。



■Z1 MOTOR SPORTS 1ピース アルミニウム製プロペラシャフト
Z32不快にする主悪の根源がプロペラシャフトとするなら、Z32を楽しくする鍵もプロペラシャフトが握っていると考えても嘘はありません。
センターベアリングレスの軽量アルミニウム製プロペラシャフトへ交換するだけで、今まで感じていた微妙な振動は全て取り除かれるどころか、アクセルとエンジン~タイヤまでをも一体と感じてしまうような加速のスムーズさに、ただただ「今までのZ32は何だったんだろうか?」と首を傾げてしまうほど。 それほどまでに衝撃を与えてくれるアイテムです。



DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

DAYTONAらしさ を求めに。


DAYTONA SPORTS ECM Pack,B for 370Z MY12.
東海地方よりMY12モデルZ34が入庫してくれました。
これまで蓄積した様々なデーターをベースに、DAYTONAが考える最善のセッティングとして、パーシャル域での目標空燃比を12.3→11.9 高回転域での空燃比を11.4→12.0近辺まで補正を入れなおしてマッピングを行っています。

中間速での空燃比の薄さはエンジンレスポンスや燃費向上には直結するけど、かなり線の細い頼りないエンジンになってしまいます。
逆に濃すぎるとパワー、トルク感は共に感じられずに、エンジン回転は重っ苦しく全く良いことがありません。
ものの見方は様々ですから、自分が狙っている特性の“何”をピークに考えるか?でモノ作りの方向性はどのようにでも変化します。
そういう意味では、私達の方向性は以前も今も変わりなく、ある一定の安全性(エンジンライフ)、安定性(燃費)の中に、最高のパフォーマンスを発揮出来るだけの技術であり感性を最も大切にしています。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。


味わいのある音。


一目見てその存在感を表現するのもブランドならば、一歩先を行き、目を閉じていたとしてもシッカリと伝わる存在が一流のブランドということでしょうか?

僕にとってのSACLAMの存在意義は、これまで存在していた代わり映えすることのなかった国産車のサウンドを、マフラー1本でラテンサウンドへ早変わりさせてくれたということ。 
簡単にいえばそれだけです。

初めてSACLAMを手にした時。当時所有していたデモカーZ33フェアレディZ(VQ35DE)へ装着し、さぞかしすごいサウンドであるだろうと期待を胸にエンジンを始動してみると、「???」
実のところ、ファーストインプレッションでは「想像していたクリアな高音とは違う」そう思いました。
それもそのはず、誰もがはじめて聞く種類の音でしたしとても作りの悪いVQ35DE純正マニとの組み合わせでしたので、本来SACLAMが目指す(VQ35HRの純正等長エキマニとの組み合わせが推奨でした)音とはかけ離れたポジションでの出来事ですので、それはそれで仕方がない結果だったのです。
すぐさまSACLAM宇野さんからアドバイスをもらい完全等長エキマニであるマキシムワークス M-BIT EXマニホールドを装着したところ、マフラーがこんな音をだすんだ!って、あまりのサウンドの美しさにその場に居た一同が思わず顔を見合わせ興奮したものです。

時代は変わってZ34ではVQ37エンジン+純正等長エキマニを搭載 近年では加速騒音規制なる新基準も現れ、マフラー業界的にはどんどんと狭くなっていく枠の中で精一杯自己表現を強めていくためのメイク&トライが繰り返されています。 
そして、あの時 僕が味わった日の感動は、時が流れた今もなお、生まれ続けていくエキゾーストパーツのDNAとして生き続けています。

そして、さらにもう1種 そのDNAを受け継ぐ車種がラインナップされようとしています。
ただ、街中でその聞き覚えのあるSACLAMの音色であると振り向いた時に、そのクルマは見覚えのあるスポーツクーペではなく、SUVである言う事実が面白くも魅力的に映しだされる光景を、僕は今のうちから期待しています。


■SACLAMサイレンサーキット/J50 スカイライン クロスオーバー


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。


矢沢永吉を聞きながら・・・。


アルトラック ロングエキゾーストマニホールドに興味津々だったチババの願いは見事に叶いました。


■アルトラック ロングエキゾーストマニホールドVer.3
プライマリー長のチューニングにより、STDでは味わうことが出来ない吹け上がりの良さと、パワー/エンジン回転の上昇を助長してくれるスペシャルなパーツです。

今回行ったエンジンマネージメントでは、燃料補正量を大幅に変更し、同時にエンジンREVリミッターも8000rpmまで引き上げました。 どこまでも廻ってくれそうなエンジンに“ついつい”付いて行きたくもなりますが、セッティングをやるほどに手応えを感じるVQ37にチュ-ニングの面白さが広がっていきます。

それと得意なのは高回転域だけではなく、パーシャル域での“軽さ”も、STD形状では真似できないフィーリングですし、吹き抜け感は何とも爽快ですので、実用域での大きな変化を気に入っています。 



DAYTONA with OS技研 スーパーロックLSD

作業に取り掛かる前にデフマウントブッシュからのグリス漏れ。
なんとなく違和感を感じていたジャダーとアクセルONした際の違和感の原因はこれでした。

デフキャリアASSYの着脱を行いますから、せっかくなので機械式LSDの導入にも踏み切りました。
スポーツエンジン、スポーツサスペンション、ハイグリップラジアルタイヤまでチューニングを進めていても、『機械式LSD』は異音発生の根源と判断されたり、何かと敬遠される傾向がありますが、それは一昔前の話。

今時は機械式LSDにありがちなチャタリング(作動音)を極力抑えながらも、ステアリング舵角(内輪差)+アクセル開度(伝達)に応じてロック率が細かに変化していくハイブリッドな動きが一般的ですから、通常走行時、少し無茶なアクセルの踏み方をしたところで『ガキガキガキ』のような作動音は皆無ですので、お気に入りの永ちゃんを聞きながら普通のデートカーとして楽しむことも当然可能です。

それでいて、一度プツンと切れたように走りこんでみたとしても、シッカリとかかるトラクションのお陰で、安定したスポーツドライビングさえも可能にしてくれる、夢の様なパーツです。



DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。


DAYTONAスポーツステアリング。


DAYTONA SPORTS STEERING WHEEL.
実は去年11月頃には完成して店頭にて展示していましたが、肝心のBlogでは紹介していないことに気が付き、慌ててポストしています。


最新型のZ nismoのステアリングに刻まれたレッドリングを見習い、DAYTONAスポーツステリングは純正ステアリングのレザー張替えのみでスポーティなインテリアを演出しました。
これまでのカーボン×レザーコンビネーションステアリング同様に、レザーカラー(左右のグリップ部)、ステッチカラーはテーラーメイドで選択可能な方式を採用。
握り心地も重視して、ステアリングベースフレーム~レザー間にウレタンクッションを1層敷詰めることにより、純正同様に弾力のある柔らかな握り心地を確保しました。
さらに、納期が早く オーダー~納品までの時間を約14営業日程度でのお届けが可能となっています。

皆様からのオーダー お待ちしております。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

プレ還暦。


あと2年で還暦を迎えられるZ34オーナーさんは、赤色のちゃんちゃんこ代わり?として『赤色』を差し色に使うカスタムメイドを開始しました。


Bピラーは両面テープで貼り付けカーボンとは異なり、レッドカーボンASSYへと加工し細部まで質の高い製品を目指しました。


ドアミラーも、貼り付けカバーではなくASSYレッドカーボン化です。
カラーカーボンでの製作での一番の懸念材料は形状でもフィッティングでもなく、紫外線による色飛びです。
これはブラック、シルバーカーボンとは異なり、カーボン繊維に顔料等の色材を投入することによりカラーカーボンが現実しますが、紫外線に大変弱いために直射日光を帯びやすい箇所への使用は本来不向きです。
そこで、カーボンパーツの上に対紫外線性能に優れたペイントプロテクションフィルムを施工することにより、耐久性の高いカラーカーボンパーツを提供することが可能になりました。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

まるでスポットライトのように。



ガラスコーティング DAYTONAプレミアム
『シルバーカラーの特徴は汚れにくいからお手入れが簡単』と思われる方が多いですが、例えブラックでもレッドでも汚れの付着する量は同じだから、正しくは『パット見でごまかしが利きやすいか否か』と言う言い回しのほうがしっくり来るかもしれません。
そうは言うものの、「ごまかしやすい」シルバーも、磨き上げればシルバーの明るさが違うと言いますか、いうなれば鮮度が格段に良くなった印象を僕は抱きました。
長年の汚れの蓄積を除去し下地を丁寧に整えた後は、G'ZOXリアルガラスコーティングで硬い皮膜を形成。 また一段と深みにある艶とともに、オーナーの愛車に対する愛情も同様に深みが出ていることでしょう。


■BELLOF Optimal 6500k
■BELLOF 30 Dynamis 3100k
輝きにあわせてライト廻りのモディファイも行いました。
ヘットライトHIDはこれまでも社外バルブを使用していましたが、長年の使用で光度が落ちましたのでMade in JapanブランドのBELLOF製へ交換。
フォグライトは純正のハロゲンバルブからBELLOFフォグライト専用HIDシステム30ダイナミクス。 
原点回帰のイエローフォグランプ仕様へスイッチすることにより、DAYTONAで言うところのTokyoスタイル仕様へモディファイしました。



DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

何を持ってヨシとするのか。


DAYTONA SPORTS ECM Pack,B for VQ35DE.
近畿地方よりDAYTONA SPORTS ECMへのリフラッシュに来てくれました。
VQ35DEを搭載した初期モデルは、空燃比や点火マップのチューニングで得られる体感効果よりも、ETC(エレクトリック・スロットル・コントロール)やVTC(バルブ・タイミング・コントロール)のアジャストで車の特徴は大きな変動を得ることが可能です。
よく言われる低感度域でのモッサリ感を排除する大きな要因として、この2つのチューニングは絶対に欠かすことが出来ません。 
その特徴を大きく左右する重要なマッピングですので、DAYTONAでは相当な時間を費やしてチューニングの開発を行いました。

ですが、ETCのアジャストはとてもデリケートで、アクセルペダル開度に応じてエンジンスロットルポジションを決定します。 
この間の伝達は全て電気信号と化して行いますので、極端な話 アクセルペダル50%開度時に、エンジンスロットルは100%開度などとアジャストすることも可能です。 
その場合の体感効果は「軽くアクセルを踏んでいるにもかかわらず、車の勢いがある」と言う絶賛したコメントに当然なるでしょう。
だけど、その反面アクセルペダル0~50%間で100%のスロットルをコントロールする必要がありますので、低開度域では非常に大雑把なポジショニングを余儀なくされますから、言い換えればそのセッティング内容によっては「アクセルをちょっと踏むだけで、勢いがありすぎてギクシャクして乗りにくい」と言う最悪なコメントが待ち構えている可能性もあります。

DAYTONAでは、そのようなネガな部分を極力排除しながらも、ファンなドライビングフィールを絶大なものにするために、新しい観点のもと"DAYTONA SPORTS ECM"は生まれ多くのユーザーに愛されています。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

2014 東京出張 最終日


最終日は割とゆっくりしたスケジュールでの移動になりますので、午前中はホテル最上階にあるビジネスラウンジでBlog書いたり、メール対応したり、デスクワークをした後、お昼前にチェックアウトを済ませ、その足で品川駅~さいたま市へ向かうことにしました。


この日は、12月に開催したT.W.Sキャンペーンの際に相談に来てくれていたZ33オーナーさんの入庫日ですので、その時刻に合わせてコジマガレージさんへ入庫の立会に行きました。



車検の際にグリス漏れを指摘されながらも、ひとまずは洗浄を行うことで車検はパスしたそうですが、もっと安心して乗り続けるためにも根本治癒を希望されていますのでWHITELINEデフマウントブッシュへの交換を行います。
ちょうど同日、やはりWHITELINEデフマウントブッシュへの交換依頼の電話がコジマさんへかかってきました。 
作業に関する要領、テクニックなどは我々は惜しみなく提供していますので、基本的にはDAYTONAで作業を行う同レベルの水準でサービスを行うことが可能です。 
それでは月末の入庫をお待ちしています。



立会が終ると、今度は深谷へ移動です。
と言っても、僕はこの日の最終便で福岡へ戻りますので、深谷の滞在時間はジャスト1時間がリミット。
宇野さん&山本の友達の南無さんに駅に迎えに来てもらい→Saclamへ行き宇野さんをピックアップ→喫茶店に行きぜんざいセットを平らげ→駅まで送ってもらう
ドタバタと慌ただしく帰って行ってしまいましたが、出張を締めくくる楽しい時間を過ごすことが出来ました。


もう、電車に乗るのも、乗り換えるのも、結構手慣れたもの。
ライトアップが美しい高層ビル群を電車の中から眺めながら、3日間の東京出張は終えることになりました。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

2014 東京出張2日目


TAS2014へ行ってきました。
2013年の開催と比較し出展者数は減少したものの、840台の展示車に加え展示スペースは過去最大規模というだけあって、とてもボリュームのある自動車ショーになっています。
また、リーマンショック以降で国産自動車メーカー8社全てが揃って出展したことやメルセデス・ベンツが初出展を行うなど、世界へ向けた新しいトレンドの情報配信基地としてもTAS2014のポジションは重要な位置であることを再認識しました。


東京モーターショーとは異なり、カスタムカー、その関連企業が主体となるTASですので、やはり主役はカスタムカーです。
日本自動車大学が制作した日産180SXがベースのマックイーンなど、沢山のユニークな出展車両も展示されており、華やかなブースはとても人気があります。


自動車メーカーは、この日を利用し本年度のS-GT等のレース参戦計画や、Team体制発表会を行うメーカーも少なくはありません。
LEXUS Racingは今年走らせるニューモデル、LEXUS LF-CCを演出していました。


このイベントで、とても興味をもったのがKUHLジャパンプロジェクト86
最初はアルミを削りだしてボディを制作したのか?と思ってしまいましたが、実はこれ3Dペイントでカスタムされていると言う話を聞いて、またまた驚いてしまいました。


勿論、フェアレディZ、スカイラインクーペも相当数の出展が行われており、スポーツカー人気も根強さを感じ、チューニングショップの連合体RH9ブースでは、VQ37チューニングを題材とした今どきのトレンドや今後の可能性等をショップオーナー数名で公演されており、とても面白い内容の話を聞くことが出来ました。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。
« 前ページ