気楽に装着 見た目は上々 アドオンスポイラー。


EZLIP(イージーリップ)│アドオンスポイラー
軽量で弾力性のあるフォームラバーで形成され、全ての車へ装着を行える汎用アドオンスポイラー"EZLIP(イージーリップ)"の取扱をスタートしました。


FRPやCFRPのような固形物で形成されたスポイラーは必ず車種専用となり段差等でヒットした際には割れてしまうことがネックとなりますが、EZLIPならばZ34 nismoのような純正でエアロダイナミクスを装着されているバンパーであっても、簡単にスポイラーを設置しリップスポイラー同様の外観を作り出すことが容易に行うことが出来、柔軟な素材故にヒットしても割れることはありません。


装着はいたって簡単。 既に貼り付けている3M両面テープにて固定するだけ。 ビス空け等は一切不要ですので車体へダメージを与えることもありません。
また、冒頭にも書いたようにとても軽量(2.5mで300g)ですので自重に耐えきれずに脱落する心配もありませんし、弾力性が高く約90kmの車速でスポイラーは撓ってくれますので折れる心配もありません。


簡単に言うならバンパーに沿って"張る"だけ。 
余った先端はハサミで容易にカットできますから気軽にDIYにてチャレンジするのもいいでしょう。費用と手間の割には効果は大きくチョットした気分転換には最善です。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

Z35開発開始。


最新号のベストカー(2.26号)によると、日産自動車開発陣はZ35型フェアレディZの開発をスタートしたという特集記事が巻頭にて掲載されています。
記事によるとトヨタ スープラの復活を意識し、対抗馬的にフェアレディZを市場へ送り込むというもの。その時期は2019年の東京モーターショー、市販は2020年であるとも書いています。
パワートレインは先行発売されている(日本未発表)インフニティQ60を応用し、最大出力は405PS(エントリーグレード305PS)のパワーユニットを搭載し、約半年後にはnismoの登場を予定すると言う内容になっています。

スクープネタとしてはZ35の登場は2014年頃から始まり1年1年と経過していき、ファンとしてはまだかまだかと待ち遠しい思いをしています。
ただ日産にはZ34よりも古くて市場人気のあるR35GT-Rの時期モデルの発表も行われていませんので、それより先にZが生まれ変わるには無理があるように思えます。
また、この手の情報は何時の時代にも出ては消えを繰り返していますので、どの程度の信憑性をもつ記事であるかは不透明。 今日においてはメーカーが意図的に情報を小出しにしてスクープ記事として情報をコントロールする世の中ですので(スープラも同じ)まずは文字やイラスト以外での情報、デジタルカモフラージュに覆われたテスト車両がスクープされたときには大いに期待ができるのかもしれません。
ひとまずは次の情報を待ちたいと思います。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

運転席は親父の隠れ家。好きなものに包まれていたい。


DAYTONA Racing│Carbon × Leather Combination Steering Wheel.
Z32初期モデル(エアバック非装着)へスポーツステアリングの装着を行いました。
スーパーレッドのボディカラーとマッチングが良いように、ステアリングのレッドカーボンを選択。また、ステッチも合わせてレッドを選択することによりブラック(グレー)/レッドの2色を使ったバイカラーインテリアが完成しました。
多色配置は賑やかですが一歩間違えるとチャチなインテリアへと陥りますし、単色配置はZのブラックインテリアを見てわかるように地味になりがちですので、やはり2〜3色を上手に組み合わせて配置を行うと同じ車とは思えないような鮮やかさが際立つ仕上げになります。
さらに、今回ご紹介しているステアリングはカーボン3箇所+レザー3箇所の3ポイント仕様を取り込んでいることも大きなセールスポイントです。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

トランスファーには確実な性能を求めたい。


DAYTONA with OS技研│スーパーロックLSD
エンジンから出力された力はリミテッドスリップデフ(LSD)を介して路面へと伝えられています。
ですが、100の力を余すこと無く入力しても純正のビスカス式LSDでは例えば50とか40の力しかタイアへ出力できていないとしたならば、それはスポーツカーにとって大きな致命傷となります。
ビスカス式LSDとはそれまでのオープンデフ以上に内輪差を無くそうと、ビスカスオイル(グリス)をLSD本体へ注入しスポーツ化を図っていますが、オイル故に温度と粘土のバランスが難しく冷間時には相応に効果があると思いきや走っているうちに緩くなってくるため、やはりスポーツカー向きとはいえません。
反面、アスターマーケットのLSDは機械式と呼ばれロック率は高く、こと本製品に限って言うならば最も高い作動域では100%(フルロック)まで上昇しますので、内輪差はもとより力を確実に逃さずにタイアへと伝達できますので、あとはタイアの性能次第でグリップの効果を期待できます。
また、初期作動域で引きずりや意図しない高ロックを防ぐためのセッティングは十二分に検証を行っていますので、低速域でのタウンユースではノーマル同等の乗り味の良さを確保し、ワインディングや高速域ではアクセル開度に応じたロック率の変動を楽しむことが出来るのでネガな部分は全く姿を表しません。


Z1モータースポーツ│大容量デフカバーキット
純正では1.5リッターと小容量のデフケースを、バックケースの交換を行うだけで2.0Lの容量へとアップデイトを行ってくれる優れものです。
また32本の冷却フィンは走行風を利用して内部圧力を下げてくれる効果が期待できますので、機械式、純正LSDを問わずオススメできるアイテムです。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

クルマのバランスは足元から。ストレスのない可動域の拡大。


中部地区より来店してくれたZ33オーナーさんへ、サスペンション系のアップデートを行いました。




DAYTONAリフレッシュメニュー STEP 1.5 Super Pro
特に冬場は気温の低下とともにゴム硬度が高くなってしまい大きなストレスとなるのもこの季節です。
Zに限らず全ての車に言えることですが、やはり油分が減少し劣化の進んだブッシュというのは嫌なもので、本来なら取り除けるはずの異音や振動を吸収しきれないばかりか、逆にブッシュからの異音が聞こえ始めるとダメージは深刻なものです。
Super Proは本来オフロードのような悪路にも耐えうるブッシュを開発するために最適な素材や構造を考えた事が事業の原点であったといいます。 彼らが出した答えは耐久性と強さを併せ持つポリウレタン素材であるということ。 そして最大の武器はシャフトとブッシュが別体構造としゴムを拗じらせないということ。 これだけでもサスペンションのフリクションは大幅に低減され、スポーツカー本来の持ち味の良さを体感できるはずです。


DFV OHLINS Ver,DAYTONA E.S.E for 350Z
車体とタイアをつなぐ関節がブッシュであるならば、ショックアブソーバーは筋肉です。
路面から伝わる大小の情報を感じ、ドライバーはステアリングとアクセル、そしてブレーキを使いクルマを意図する動きへと持って行く。その反応に答えることが出来るか?反応の速さは?全てショックアブソーバーが握っていると言っても過言ではないハズ。
前後20段回の減衰力調整機能と無段階の車高調整機能を自在に設定することによって、使いたいスピードレンジやシチュエーションに対応できるだけの能力をOHLINSをベースとした私達のダンパーは持っています。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

普通に考えれば廃車かもしれない。 だけど、それでも好きなんだ。


去年末よりお預かりのZ32の修理を開始しました。
これまでは最寄りのディーラーにて点検、修理、車検の全てを行っていたそうですが、今車検のタイミングで「手に負えないので専門店にて見てもらったほうが良い」とサービスに言われDAYTONAまで入庫していただきました。
確かに全体的にオイル漏れが酷く、その箇所をピンポイントで特定することは難しいため、カムカバーガスケットを始めカムシール等のオイルシール全般を交換。 また高圧力なパワーステアリング系統のホース、パワーステアリングラックも交換を行いました。


またエンジンハーネスが完全に硬化しているため交換を行いのですが、全体的な予算配分の都合から再利用を行います。
とは言え端子1つ1つに青錆が発生しているため、このまま組み込んだのでは導通不良を引き起こす可能性が高いのです。そのため接点磨きを各部に施して行きます。
それと同時にオイルが付着したドライブベルトは信頼性が低いため、テンショナーベアリングを含めて交換を行いました。
整備全般が終わった後に継続車検の手続きに入ります。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。




オーナー21歳 クルマ26歳


購入したばかりのZ32だけど、ある程度の"整備渡し"契約であったこともあり、納車後間もなくして不動になってしまいました。
原因はクラッチ油圧のトラブルによる自走不可です。 
年末DAYTONAへ運ばれてきたときには、それとは別にセルモーターの不具合もありスターターは空回り。またリフトにて車体を持ち上げるとパワステ系の油圧トラブルもすぐに発見でき、オーナー氏立ち会いのもと現車を確認するけど「とにかく維持だけでイッパイです」と、パワステ系の修理は次回へまわしとにかくクルマが動くようにすることを先決しました。

個人的には一気に修理を行うように勧めるし、勿論そのような仕事をさせていただくことが多いけど、やはりそこには個々の事情、財布の事情がつきまといますので残念ながらもそれ以上の深入りは出来ません。
だけど、そんなクルマに少しでも応えようとするオーナー氏の気持は痛いほど僕にも伝わり、今では少しでもZが雨に濡れないようにとガレージの導入を計画していると話してくれました。
そのクルマはオーナー氏よりも5年も早くこの世に生を受け、そして今も頑張って動いてくれている事はクルマとして立派な仕事をしていると僕は思い、それらの仕事に携われていることに誇りさえ感じます。 
僕は少しでも早くオーナー氏が成長をしてくれ、そして相棒となるZを食べさせていけるだけのオトコになって欲しいと心から切に願っています。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

AP Racing Radi-CAL2 スタート


AP Racing │Radi-CAL2 ブレーキシステム
去年末に関東地方のお客様へ納品させていただいたRadi-CAL2は、2016年のワールドプレミアよりも約1年遅れでようやく販売が開始されました。
主な特徴として更に軽量小型ボディへと進化し18インチホイール対応となったことや、リブの追加を行うことにより剛性の向上を狙った最新式のブレーキシステムです。


また今回からの特徴の1つにコピー製品防止用のQRタグが全てのキャリパーへ採用されています。
残念ながら全ての人気商品にはコピー商品の登場は避けられず、アメリカや日本の自動車部品の展示会ではありえないことですが、例えば他アジア圏の展示会へ行くと「AP Racingのブレーキはうちが製造しています!」なんて言って箱入りのAP Racingキャリパーが並べてあったりもしますので、信じられないかもしれませんが現実としてそのような問題が起きています。


ブランド系アパレルでは既に導入が進んでいながらも自動車業界ではまだ珍しい"Fake Stop(偽物撲滅)"システムをAP Racingは導入し、QRタグをスマートフォンでスキャンすることにより瞬時に本物か?偽物か?を見分けることができます。 ブレーキとは命や車を守る為の大切な重要保安部品ですので、価格よりも性能を大切にしなければならないのは当然のことであり、今回のFake Stopシステムの導入はAP Racingからの強いメッセージ性を感じました。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

東京オートサロンは閉幕、そして日常へ。


僕は長い間東京オートサロンへ足を運んでいますがそれは全てゲストとしての来場に過ぎず、出展者側としてブース設営準備から閉幕までの時間を会場で過ごすというのは初めての経験でした。
商品陳列や車両配置を行い来場されるファンを迎える準備を行い3日間のイベントを成功させる。 そして閉幕のアナウンスと同時に、今度は真逆に片付けを手際よく行い会場をあとにしました。

僕は基本的にサンダーボルト チタン製品の販売案内や、DAYTONA山本としての仕事をメーンに行っていましたが、ブースホストであるエニーズ・インターナショナルが取り扱うEZLIP(イージーリップ)の商品説明も数多く行いましたので、様々な層のカスタマーと触れるには良い時間となりました。 
またイベントにはハプニングもつきもので、来場されていたゲスト女性が僕の目の前で倒れてしまい一時場内は騒然となりましたが、僕達のチームが瞬時に救急対応を取り事務局への連絡やメディカルチェックを適切に行い人命を救えたことはある意味で一番大きな収穫だったかもしれないし、僕自身もチームの一員として大変嬉しくもあり誇らしく感じた瞬間でした。
さらに、土曜日は海外からのゲストがサンダーボルトを目当てに多く来場され、計8カ国のバイヤーとも接点を持つことが出来ましたので、イベント滞在中の何処を切り取っても大変貴重な経験をさせもらうことができました。 


どのようなシーンにおいても仲間が集結している時間は楽しいけど、それが終わると各自の生活へと戻って行く瞬間とは寂しいものでもあり心に穴があることを最も感じる瞬間です。
4日間、寝る時間以外はほとんど生活を共にしていた仲間ですので当然のことかもしれません。 L.Aから来ているオートテクニックU.S.Aのブライアンは言いました。 

"It's a small world(世界は小さい)"

また再開できることを信じて。 さあ、本日より平常営業へとシフトします。



DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。


VQ35HRエンジンへスーパーチャージ。


STILLEN│スーパーチャージャーキット for Z33 VQ35HR
最近、立て続けに複数件のお問い合わせを頂戴しているZ33 VQ35HRエンジンへのスーパーチャージャー化。 
基本設計はZ34へ搭載するシステムと大きな変更はなく、事実STILLENにおいてもZ34スーパーチャージャーの成功を納めた後に1年の開発期間を設けVQ35HRエンジンへのキット化を行ったという経緯があります。


つまりはスーパーチャージャーユニットは定評のあるハイパワー機で最大風量525馬力を叩き出すVortech V3を採用し、空冷インタークーラーの4倍もの冷却効率をマークする水冷式インタークーラーをドッキングすることにより、安定したパワーと高い出力をVQ35HRエンジンでも楽しむことが出来るということになります。


気になる出力は、シャーシダイナモ上での純正実数で250馬力程度と仮定しスーパーチャージャー化を行うことによりプラス140馬力(ハイブーストPKG)を加算しターゲットパワーは390馬力。つまりは係数1.15(米国では係数1.2で計算しているようです)をかけて公称448馬力ということになりそうです。
VQ35HRエンジンはVQ37VHRとは異なり点火コントロールが比較的容易に行うことが出来ますので、ほぼターゲットを狙うことが出来ると見て間違いはないはずで、更にZ34と比較しZ33の車両重量は約100kg軽量ですのでパワーウエイトレシオは3.19kg/ps。 これはR35GT-RやAudi R8 さらにはポルシェ911ターボ(Type 997)やフェラーリF430と同レベルの加速を得ることが出来るということを意味しています。
参考までに昨日Blogに登場したしたCKV36はノーマルでは車重1630kg 出力333PSですので4.89kg/psですが、スーパーチャージャーを搭載したことによりパワーウエイトレシオは3.13kg/psとなりました。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

スポーツエキゾーストへのアップデート。


CKV36スカイラインクーペへSTILLENスーパーチャージャーを搭載しましたが当初はエキゾースト系がフルノーマルということもあり出力は純正から120馬力増しの400馬力強。 それでもNAエンジンでは通常得られないパワーですので上々の出来栄えでしたが、いくら出力を増してもバイク乗りのオーナーの身体には”慣れ”てしまい更に出力を向上させるプランを構築しました。
エキゾーストマニホールドはお馴染みのマシキムワークスを選定。完全等長のレイアウトを持つ集合管だから、左右各気筒から排出される排ガスの流速を均等に保つことの出来るためエンジンのばらつきを最小限へ抑えることが可能になります。 また、DAYTONAのオリジナルチタンフロントパイプを組み合わせることによりスムーズな排気の流れを手助けし出力向上へとつなげています。
その他、スポーツキャタライザーとアミューズ製リアマフラーも同時に装着を行い、これでエキゾースト系はフルチューニングとなりました。


マキシムワークス│M-BIT EXマニホールド


DAYTONA Racing│チタニウム フロントパイプ


エンジン制御は引き続きUpRevを使いますが、ARCプログラムを用いることにより出力向上には欠かすことの出来ない点火タイミングを確実にコントロールします。
一概に線引を行うことは難しいですが、400馬力近辺のエンジンであればARCプログラムの点火コントロール適正制御を行うか、純正プログラムに準じたリタードプログラムに頼るかを比較すると、十二分に安全マージンを確保しても5%程度の出力向上を見込むことが出来ます。 ギリギリのラインを狙うならば更に5~8%ほどのエンジン出力を叩き出すことは比較的容易に行うことが出来ます。


結果として実数453馬力をマーク。
週末のワインディングへのドライブを主な用途として使うため、当然ながら安全マージンは確保した上での実数値です。
純正状態では約290馬力からスタートしたパフォーマンスアッププログラムは163馬力の出力向上を果たしました。単純計算を行ってフルノーマルから作り上げても1馬力15,000円程度のチューニングコストですので、コストパフォーマンスに優れた決して高くはないチューニングメニューではないでしょうか?


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

23年前には想像すらできなかったステアリングデザイン。


DAYTONA / CARBON × Leather コンビネーションステアリング ホイール for 300ZX
私達が造形するステアリングは金属フレームには一切手を付けず(改造は行わない)ウレタン整形を行っている事が大きなセールスポイントです。
ステアリングとはタイヤの舵角を決定するだけの舵としてだけではなく、万が一のクラッシュ時にはエアバックを始めステアリングそのものが乗員保護を行ってくれる、室内側のバンパーのような役割も持っているからこそ、やはり骨格となるフレームには手を付けないという考え方は未だに正論であると思っています。
だからと言って大きな制約の中で自由度のない形状かと言われると実はそうでもなく、ご覧の通りシッカリとフラットボトムを形成しているため純正ステアリングでありながらも純正品とは異なるスポーティなデザインを作ることに成功しています。
今回の作品はブラックカーボン×ナッパレザー×レッドステッチの組み合わせで仕上げています。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

正月は香川県にある直島で過ごしました。


建築家 安藤忠雄展へ行った際に初めて知った「直島」 
とても小さな離れ小島なんだけど、進研ゼミのベネッセホールディングスが幾つもの美術館を直島に展開していて、その建造物を安藤忠雄が手がけていると知り、また家内の実家から2時間弱で行くことも出来るのでふらっと日帰りで行こうかと考えていたんだけど、偶然にも12月下旬というのにベネッセハウス(ホテル)の予約を取ることが出来たから、久しぶりの兄弟旅行へ出かけました。


高松港から直島までは約50分の船旅です。
クルマを運んでゆくことも出来ますが、基本的には島内での移動は自転車やバス、徒歩が殆どであるとホテルから聞いていたので体だけで移動することにしました。


あっという間に到着です。
島全体がアートで埋め尽くされているので、いたるところにアート作品が展示されています。画像は草間彌生作品である「赤かぼちゃ」
『太陽の「赤い光」を宇宙の果てまで探してきて、それは直島の海の中で赤カボチャに変身してしまった』というテーマだそうです。


港からホテルまでは送迎バスが運行しているため特に移動に困ることはありません。
今回宿泊したベネッセハウスは、建物そのものは美術館としても使われていますが、部分的に宿泊施設も併設しています。 当然ながら安藤建築。自然・建築・アートの共生がテーマです。



これまた偶然にも館内でも最も大きな部屋の予約が取れたので3人旅となったのですが、どうですかこの広さ。 
深夜はオトコ2人のいびきが凄まじいらしく、カオリさんは寝不足です。 


ベランダからは瀬戸大橋をも眺めることの出来るナイスビューです。が、あまりの強風にベランダでお茶でも・・・とは行きません。


サンセットがこれまた美しい。あっという間に日は暮れてゆきます。






先にも書いたように館内はホテルが併設されて美術館ですので、ブラブラ歩くとあちらにもこちらにも作品が展示されています。
が、前年ながらアートを理解するだけの力を誰も持っていませんので「へ〜」「これすごいね~」程度の感想しか出ません(笑) まあ、理解する必要はまったくなく何かを感じ取れるなら、それでOKではないでしょうか?


夜の雰囲気も良くて、風の音、波の音、そして誰かの話し声がうっすらと聞こえる程度の静まった海岸というのも日常を忘れ考え事をしたり、逆に無心になったり良い時間です。


1月2日の夜は2018年最大のスーパームーンを見ることが出来、幸先いいスタートを切ることが出来たような気がします。



DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

Happy new year!!!

2018年
あけましておめでとうございます



チームデイトナレーシングの新しい年の干支のコラージュカードもシリーズ化してきたので、毎年楽しみに待っててくださる方がいることを思うと作る側もとても楽しみになってきていているこのシリーズ。

2015年
2016年
2017年

今年は戌年(犬)ということで、TEAM DAYTONA Racingがワンチャンに扮して新年のご挨拶です。

犬は多産で安産というところから、戌年は新たに何かを生むという意味があるそうでスタートの年としては最高の年だそうです。

そんな戌年の犬にあやかって、TEAM一同今年もガンバります。

本年もどうぞよろしくお願いいたします!

2018 TEAM DAYTONA Racing

山本友基
鷹取剛司
財津真志
村田ジュン
櫛橋明生
藤井 聡
SHIN・M
L・ストーン
kao
秋村ゆきな
青木みさと