3型オーバーホール案件 2


車両より降ろしたエンジンは、早速洗浄作業へと進んでゆきます。
その後、計測→研磨→組み立てへと流れてゆきます。


シリンダーヘッド廻りは問題もなく、バルブの再使用も出来そうですから安心しました。


カムシャフトもスクラッチは少なく、このあたりは流石新車からのワンオーナー車ということもあって、これまでに行ってきたオイルメンテナンスが結果へとつながっています。
軽度のラッピングを行いフリクションの低減を狙ってゆきます。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

DAYTONA SPORTS STEERING WHEEL by Forged Carbon.


DAYTONA Racing │ フォージドカーボン×レザー ステアリングホイール
セミオーダーシステムを採用したDAYTONAスポーツステアリングは、シーズン2へと突入してからも多くの受注を頂いています。
以前は60日以上と長らくの納期を要していたステアリングですが、現在はCarboTeck社のレスポンスと作業効率の高さから約半分の30日前後でのお届けができるまでに納期は短縮されました。
また、カーボンパターンも平織り/綾織のみならず、フォージドカーボンを新たに採用したことは前回のBlogでも書いたとおりです。


以前から馴染みのある縦横へと編み込まれたカーボンを"らしい"と感じるのか、新素材の波へ乗るのかは意見が分かれることろですが、少なくとも今週完成した2本のZ34ステアリングは偶然にも同仕様(フォージ/ブラックレザー/レッドステッチ/レッドリング/3ポイント)。
しかし、規則正しく織り込まれているマテリアルや塗装とは異なり、フォージドの特徴は同じように製作を行っても木や石と同じで1本1本の表情が異なる事が魅力であると言えるのです。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

M-BIT with Dei Titanium Wrap

M-BIT with Dei Titanium Wrap

バンテージ巻きの様子を1分間のタイムラプスにて公開です。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。