2014 Hyper Meeting at AUTO POLIS.



9年ぶりに再結成したTEAM DAYTONA Racing
これまでの財津真志,山本友基に加え、ボディメイク~サスペンション、エンジンセッティングにも精通する鷹取剛司を招き入れ、新たな1歩を踏み出すことになりました。



午前中に予定している30分×2枠のプラクティスでマシンバランスの方向性を探そうとしましたが、またもやトラブルが発生。
ブーストコントロール機能に不具合が生じ、想定ブーストまで上がらない問題を抱えてしまいました。


午後からの決勝までには時間も十分に確保できますので、マシンの挙動や状況をドライバー間で交換を行い、またメカニックは問題の洗い出しを行います。


男ばかりでピリピリした緊張感もレースの醍醐味でしょうが、今回はTEAM内の空気がとても良く、ネガティブな環境が目の前に差し迫っても“なんとでもなる”空気がとても新鮮です。
勿論、DAYTONAレースクイーンの2人の影響も大きいのではないでしょうか?(あまりにも若くて可愛いので、誰も目を合わせることが出来ませんでしたが・・・)


プロショップデモカータイムアタックでは財津がステアリングを握りアタックを開始します。
午前中に発生していたブーストコントロールは完治していませんでしたが、それでもセクター1はトップタイムをマーク しかし、セクター2,3はライバルから遅れをとり、最終的に全25台中8位という成績に終わりました。


その20分後 プロショップバトルでは鷹取がステアリングを握ります。
抜群のロケットスタートが決まり、1周目の2コーナーまでにはトップに踊り出ることに成功します。
しかし、明らかにポテンシャルが上回るライバルを押さえることが出来ずに後退しましたが、それでも3位でチェッカーをきる事が出来ました。


朝一番から応援に駆けつけてくれたサポーターを始め、全てのクルー、ドライバー そして、プロジェクトに参加してくださった皆さんの力を借りてレースを楽しむことが出来ました。
昨日のBLOGにも書きましたが、本当にこれほど楽しいレースをしたのは初めてで、未だに興奮冷めやまぬ想いに心地よさを感じています。
ご声援ありがとうございました。

また、9月いっぱいはDAYTONA300ZXを店頭にて特別展示を行います。
当日、その姿を見ることが出来なかった方も、雰囲気だけでも楽しんでいただけるよう仮設PITを用意しています。
お時間許しましたら、是非とも足を運ばれてみてください。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。





DAYTONAを応援して下さる皆様へ。


9月23日オートポリス インターナショナルレーシングコースにおいて開催されたハイパーミーティング
私達Team DAYTONA Racingはプロショップクラス タイムアタック及び、プロショップ対抗3LAPSバトルを大きなトラブルに悩まされることもなく、無事に走り切ることが出来ました。


リザルトだけを見ると決して自慢できるポジションというわけではないのですが、僕がモータースポーツに携わって約18年 この9年間はブランクとして延べ9年間、様々なレース活動がありましたが、これほど笑って、これほど胸を打たれて、感動した1日を過ごすことが出来たのは初めてです。

応援してくださった全てのDAYTONAファン、サポーター、クルーに感謝します。

山本 友基


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

今だからわかる事。 今だから感じることができる事。

ハイパーミーティングまで、残す所3日
ホントだったら本日もスポーツ走行へ出かけて行き“ツメ”の確認をしたい願望も有るにはありますが、トラブルの叩き出しは前回までのスポーツ走行である程度は確認できたし、今は走って調整を繰り返す段階ではなく、安定性の確保、信頼性の向上に努めています。
勿論、その後走ってアジャストやリメイクを繰り返す事がタイムに結びつくのでしょうが、それらの事が数度の走行で煮詰まるはずはありませんから、とにかくドライバーが安心してステアリングを握ることが出来るように、どんなに細かなことでも不安材料を無くすための環境創りを行なっています。




ドライバーから指摘を受けた箇所は数多くありますが、その中でもリアセクションの“ヤレ”は見過ごすことが出来ないネガティブなポイントでした。
記憶にも記録にも残っていませんが、このリアサスペンションメンバーは12.3年ほど前に中古で購入したNA用のノーマルで、メンバーカラーは装着していますがブッシュも全て純正でした。
さすがに使い方も酷使され続けていますから、これを機に補強と、リジット化を先週の3連休で行いました。
溶接、塗装もドライバー鷹取が自らしてくれました。『溶接箇所はサビが出やすいから・・・』と、張り切って塗ってくれるのはいいのですが、何かのあまりの材料だったみたいで、何故かブラックメタリック仕上げになってしまい、キラッキラッしているリアサスペンションメンバーです。

リジット化を行う上で、現車合せは欠かすことが出来ない(リジットはたわみが生じないので寸分の狂いも許されない)はずですが、意外にすんなりと装着することが出来ました。   
治具を製作し正確なセンター出しを行なったリアメンバーの精度の高さは絶賛すべきポイントです。 それと同時に神戸アクエリアススポーツで製作したDAYTONA300ZXのシャーシの精度の良さも大きく絶賛すべきポイントで、まさしくプロとプロの時空を超えた合作をこの目で見ることが出来ました。

このような考え方も9年前には出来なかった。 タイムが一番 メカニックは壊れてもいいから極限までチューニングを行う。 ドライバーは文句を言わずにタイムを出す。 それが互いの使命であるとさえ思っていました。
この9年間で別々の道を歩き、そして集結し、これまで築いてきた価値観なんてものは全く異なるはずなんだけど、重要な部分は必ずシンクロすることが阿吽の呼吸で伝わってくる。
それだけでも、このプロジェクトを立ち上げたことは僕にとっては成功ですが、企画の趣旨として皆さんに『夢』を与えることが最も重要ですから、とにかくカッコイイ姿を魅せることが出来るよう残りの時間をかけ努力します!


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。


サーキットタクシー運行のお知らせ。

チームデイトナレーシング 再結成プロジェクト実行委員会 企画部よりお知らせです。


9月23日(火・祝)オートポリスで開催されるハーパーミーティングのイベントのひとつとして、デイトナでは2台のサーキットタクシーを運行することとなりました。
サーキットタクシーとは、チームデイトナレーシングのドライバーが運転する車両に同乗してオートポリスの本コースの走行体験ができるという企画です。
※画像はイメージです(笑)

1台目のタクシーは我らがチームオーナー「やまもと」がハンドルを握る、できたてホヤホヤ750psを軽く叩きだしたR35 GT-R
オーナー様の協力を得て、このイベントのためにデイトナブースにて展示を行うこととなり、そしてまたひとりでも多くのFANの皆さんにデイトナが創ったGT-Rを味わっていただきたいということからサーキットタクシーの運行にご協力いただくこととなりました。

2台目のタクシーはDAYTONA 300ZXのセカンドドライバー財津真志(ざいつまさし)がドライブするデイトナの輸入車部門のデモカーBMW X3です。
財津は、シビックワンメイクレースへ参戦していた当時は福岡を拠点に日本中を転戦し、1999年には激戦を制し現在はその幕を閉じた美祢サーキット(山口県)で優勝を決め、同年の西日本シリーズチャンピオンとなった名実ともに実力派のドライバーです。
手術後まもないこともあり再始動するDAYTONA300ZXのドライブは叶いませんでしたが、X3で皆さんを未知なる世界へと誘ってくれること間違いなしです。

そんなふたりが、FANの皆さんを乗せてオートポリスのコース内を案内してくれるのが、このサーキットタクシーです!
普段レーシングカーやバイク等が時速200km以上で走行するコース内を実際に走ることが出来るまたとないチャンスです。
しかも一台は750psのモンスターマシンR35GT-R、そして一台は元シビックレースのチャンピオン財津真志ドライブという、これまた二度とないようなビッグチャンスです。

Q:どうしたらサーキットタクシーに乗ることができるの?
A:デイトナブースでサーキットタクシー乗車応募券を配布しますので、必要事項をご記載いただき抽選箱へ入れてください。

Q:乗車応募券はどうしたらもらえるの?
A:当日会場でお知らせします。(つまりまだ決まっていません・・・・・・・笑)

タクシー運行時間の1.5時間ほど前(タイムスケジュールは当日デイトナブースにて発表)にデイトナ女子チームの綾と叶が公開抽選会を行います。

※抽選時間は予告なく変更となる場合がございますが、抽選時不在でも当選者の方のお名前はデイトナブース内のイベントボードにて掲載しますので、当選された方はタクシー運行時間の一時間前にデイトナブースにお越しください。
※運行一時間前にご不在の場合は当選が無効となり再抽選となりますが、無効となった場合の再応募はできません。
※お手荷物はサーキットタクシーへの持ち込みはできません。(貴重品入れなどの小さなバッグ等は可)



DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。



再びレーシングスピードで走りだす。


2014年9月9日夜
前回の走行時にエラーが出た箇所の対策を終え、今年最後のスーパームーンの月明かりを浴びながらDAYTONA300ZXは翌日のテスト走行を待つことになりました。


午前の走行2枠は僕自身がステアリングを握り各部チェックを行いました。
市販車両でもレースカーでも、トラブル無く走行枠を走り切ることは当然のように思われそうでありながらも、プロのレースガレージでさえトラブルの場面は事実起こりえます。
前回、想像もつかなかったエラーを目の当たりにし、改めて全開走行を25分間×2枠走り切る大変さを思い知りました。


Driver:Koji Takatori,
午後からのパートはドライバーを交代し、ハイパーミーティング当日にDAYTONA300ZXのステアリングを握るTakatoriへバトンタッチ。
彼はDAYTONA300ZXに初めて乗りますので、シートポジションやブレーキバランスの確認を中心に走行を重ねていきます。


最終的に25分間×4枠のスポーツ走行枠を大したトラブルが出ることもなく無事走り切ることが出来ました。

目標タイムには遠く及ばないにしても、今はただ 再び走りだすことが出来た状況にほっと胸をなでおろし、それを支えてくれた多くのファン 連日連夜、クタクタになりながらも文句の1つも言わずに黙々とプロジェクトに参加してくれるTeamクルーの努力の成果に、僕はただ感謝します。
本番までに残された時間は12日 昨日の走行時にドライバーから出た材料を、僕は出来る限りフォローを行い最終調整に入ります。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

チームデイトナレーシング 再結成プロジェクト実行委員会PR部よりお知らせです。

チームデイトナレーシング 再結成プロジェクト実行委員会PR部よりお知らせです。

来る9月23日(火・祝)にオートポリスで開催されるハイパーミーティングの全容が徐々に明らかになってきています。
公式ページでは読者走行会や初心者走行(体験走行)の申し込みの受付も始まっていますので、ご希望の方はお早めにお申込みください。

デイトナでも当日は特別にサーキット走行車両を対象にサポート体制を整えています。

技術者集団「チームデイトナレーシング」の全面的サポートを受けて走行ができるめったにないチャンスなので、この機会をお見逃しなく!
当日はV型エンジンのスペシャリスト「ジュンジュン」をはじめ、各方面のプロフェッショナルが多方面からエントリー車両のサポートをさせていただきます。

しかしもっともうれしいのは、私たちのお手伝いをしてくれているデイトナ女子チームも当日は応援にきてくれますので、彼女たちからの可愛いサポートももれなく受けられるということではないでしょうか?

綾ちゃん(18歳)


叶ちゃん(18歳)



かおりちゃん(40歳くらい)・・・・・・・・・・・笑

最後の方はともかく(笑)ふたりともZ大好き、スポーツカーもモータースポーツも大好き、とっても明るくキュートな女の子たちです。
走行前の緊張をほぐしてくれたり、走行後のお疲れを癒やしたり、最高のサポートが受けられると思います。

もちろん、サーキット走行以外の方へもデイトナブースにておもてなしをさせていただきます。
ゴールドスポンサー様・プラチナスポンサー様へのドリンクサービスやシルバースポンサー様やその他一般の方や応援してくださる皆さまへのおもてなしやフォトサービスなどなど、人懐っこい可愛らしい笑顔でお手伝いしてくれていますのでぜひ会いに来てください!

また当日は、英語対応もOKです。
ネイティブイングリッシュスピーカーのスタッフがブースに常駐していますので、海外からのゲストで言葉の壁に困っている方を見かけたらデイトナブースへ案内してあげてください。

※読者走行会・初心者走行会どちらもサポートの対象です。(体験走行は除く)
※走行会のお申込みは公式ページより直接申し込みを行ってからデイトナにサポート依頼をしてください。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

アニバーサリーTシャツプランと、全米進出へのお誘い(笑)


チームデイトナレーシング 再結成プロジェクト実行委員会広報より記念Tシャツデザイン案が届きました。


ワンポイント入れたらクマモンっぽくなったwwというのはデザイナー談ですが。笑
とりあえず完成をイメージしやすいように形にしてもらっただけでこの出来栄えですから、本当の仕上がりがますます楽しみになってきましたよね!

Tシャツは『コチラ』と店頭で8月20日(水)まで予約購入することができます。
制作の都合上締切後はご購入いただくことができなくなりますので、ご注意ください。


そういえばこのイベントが終わったらすぐ、Z nationals(Z ナショナルズ)というZだらけの夢の祭典が2日間に渡ってアメリカのアトランタで開催されることが決まっています。
※インフィニティとGT-Rも含む


主催はZ1 MOTORSPORTS, Inc(ジーワンモータースポーツ)
Z1はデイトナとパートナーとしてタッグを組んでさまざまなプロジェクトに取り組んでいますので、みなさんすでにおなじみの全米最大のメガZショップですよね。
そんなZ1は今回の私たちのプロジェクトにメインスポンサーとして早くから協力してくれていますが、私たちからはイベントの協賛品としてこのTシャツを提供することにしましたので、ご購入くださったスポンサー様と一緒に全米デビューしちゃいます!www

Zオーナー同士が国境を超えたことろで繋がれて、みんなの名前が刻まれたこのTシャツをこのプロジェクトを応援してくれる仲間だけではなく、同じクルマを愛する海外のオーナーさんも着てくれてオーナー同士の輪が広がるって、夢も広がりますね。

ナニハトモアレ、まずはDAYTONA 300ZX 復活応援プロジェクトを無事に成功させることが最重要ですが、その後にはこんなイベントでの楽しみも待ってるよって、ちょっとだけ紹介しておきます。

こちらのイベントの詳細はまた後日詳しく紹介しますので合わせて楽しみにしていてください。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

夏季休暇とデイトナレーシングのお知らせ

デイトナよりお知らせです。
今年は本日13日(水)~16日(土)まで夏季休業とさせていただきます。
17日(日)に元気にお会いしましょう!

次にチームデイトナレーシング 再結成プロジェクト実行委員会事務局よりお知らせです。





DAYTONA 300ZXは今、ファクトリーにてエンジン(タービン含む)載せ替え作業が進んでいて、その間に各所のオーバーホールや仕様変更が行われています。
調達に時間がかかるパーツも多いのでゆっくりゆっくりではありますが確実に進んでいます。

そんなDAYTONA 300ZX復活プロジェクト、現時点で既に多くのスポンサー様、そして応援してくれるオーナー様の夢と希望を乗せて歩き始めています!
そして「チームデイトナレーシング」には業界の第一線で活躍するさまざまな分野のスペシャリストがこのために集結し、それぞれの技術をフルに活かした車両づくりとチーム編成もはじまっています!

さてさて、ちょっとここで、リアルな内部の現状をちょっとのぞいてみましょうか?

【インタビュアー】エキシビジョンレースなのに張り切ってますよね?(笑)

【チームオーナー】我々は遊びにも本気です。

【インタビュアー】でも、レースの開催さえ未定じゃないんですか?

【チームオーナー】そうだとしても応援してくださる皆さまには必ずお披露目の機会を設けます。

【インタビュアー】単なるイベントの割には体制が派手ですよね?

【チームオーナー】そうですね、確かに最初は自分たちだけで盛り上がっていましたが、復活を喜んでくださるオーナーさんや応援してくださる方がこんなにたくさんいてくれたことに正直驚きを隠せません。また、最初はちょっとした話題作りになればいいかというレベルの話でしたが、夢を託してくださった皆さんの願いを叶えたいというただひとつの目標に向けて、わたしたちはその歩みを決して止めることはありません。
引き続き熱い応援よろしくおねがいします。
夢をあずけてくださるみなさん、一緒に本気で遊びましょう。 

引き続き、コチラ、より応援してくださるオーナー様を募集中です。
※店頭でも予約販売受付中。
なお、制作準備の都合上Tシャツへの名入れだけではなく、Tシャツの予約販売も8月20日(水)で締め切らせていただくことになりました。
一般販売分(若干数)の余裕を持って制作をするつもりではいますが、基本的には締め切り以降はお買い上げいただくことができない限定品となりますのでご注意ください!

※8月12日(月)11:00時点での集計結果です。
プラチナスポンサー様
小川建設
Z1 motor sports
Twinz Design
コジマガレージ
・鷏丸銀
・アドバンスドマイクロシステムズ
・アスリー・プランニング
Z Speed Performance
・有田歯科医院
さかぐち小児矯正歯科医院
・L・S・Cイングリッシュアカデミー

ゴールドスポンサー様
・M様(仮)
・M様(仮)

シルバースポンサー様
・松下遼平
・Mai Minami
・森田大介
・Russell Floyd
・Shanna Floyd
・池田浩史
・Lonely 76
・U様他2名様(仮)
・小川嘉晃
・YES!キリスト!
・Jay Shieh
・Elaine Chiang
・荒木正明
・小川公平
・Jonathan De Vera
・H・I
・井藤宏幸
・Yuichi.K
・Mayumi.N
・H様(仮)
・N・Y
・HIROSHI MATSUSHITA
・MINAKO HONDA
・妖怪ウォッチ
・K様(仮)
・TOMO
・k.toshiki
・OKETANI
・Zatinihi
・隼忍者
・hato Z33
・藤田和夫
・Atif Daisuke Ahmed
・Daniella Singh
・飯田昭夫
・Pamela A. Robinson
・山本家一同
・父(仮)
・母(仮)
・弟(仮)
・KOJI SEIDA
・みつきよ
・O様(仮)
・TOSHIHIKO.S
・丑山理
・丑山いづみ
・USHIMOCHA
・煌埜
・心月
・JIN

※申し込み受付け順
※敬称略


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

DAYTONA300ZX復活記念Tシャツ



チームデイトナレーシング 再結成プロジェクト実行委員会事務局よりお知らせです。

2014年秋
TEAM DAYTONA Racingが再結成されます
応援してくださるすべてのオーナー様の夢と希望を乗せて、DAYTONA 300ZXは9年の沈黙を破り再始動します。

これを記念して、TEAM DAYTONA Racing 再結成プロジェクト実行委員会より記念Tシャツが発売されることとなりました。

ご購入いただいたオーナー様はチームスポンサーとして登録させていただき、また、8月20日(水)までにご購入くださった方に限り記念Tシャツの背中にお名前を刻みます。
(イニシャルやニックネームでも可)
ご購入の際サイズをお選びいただく項目の下の専用欄にTシャツへの掲載用のお名前(イニシャルやニックネーム)を明記してください。

DAYTONA300ZXへの応援!よろしくお願いいたします!

サイズは日本規格のメンズサイズです。
目安として、一般的な体型の男性はMサイズで、少しがっちりした方はLサイズ、細身の男性と女の子はSサイズがオススメです。

※予約販売となりますので完成後順次発送を行います。(9月上旬完成予定)
※プロジェクト事務局より直接配送となりますので他のパーツと同時購入はできますが同梱はできません。(送料割引の対象とはなりません)

誠にあつかましいお願いですが、応援プロジェクトという趣旨のお品のため、通常のデイトナパーツのラインナップとは異なりデイトナのカスタマーサービスを利用することができず、送料の一部ご負担をお願いしています・・・・・・・m(_ _)m

それでは、本日よりDAYTONA店頭、オンラインショップにてお買い求めいただけます!ココ

TEAM DAYTONA Racing 再結成プロジェクト実行委員会事務局


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

ハイパーミーティング2014 in AUTO POLIS


kaoです。

2014年9月23日(火・祝)
オートポリスにてドレスアップカーの祭典ハイパーミーティングが開催されることになりました!

どんなイベントなの?って、現時点ではほぼ何も知りませんが、とりあえずその日はみんなゼッタイ予定をあけておいてねー♪ってお願いしたくて、ひとまず日程と超簡単なイベントの内容のお知らせだけ行います。

開催場所がサーキットだからって走りに偏ったイベントじゃなくて、ユーザー参加型のイベント中心にクルマ好きさんならどんなタイプの方でも楽しめるっていう内容だそうです。

デイトナでは実に3年ぶりにこのような大型のイベントに参加させていただきますので、はじめましてや久しぶりの皆さんとも一緒にメイッパイこのお祭り騒ぎを楽しみましょう!

そしてこのイベントでは特別エリアにて車種別ミーティングも行われるとのことですので、地域や所属クラブやショップの枠を超え、どこにも属さない個人オーナーさんも一匹狼さんも、この日ばかりはみーーーんな一緒に垣根のないクルマ遊びを楽しめたらいいなと願っています!


また、ショップデモカーによるエキシビジョンレースが予定されているとかで、デイトナでは9年前にレースの世界から引退すると同時に解散した「チーム デイトナレーシング」が9年ぶりに再結成するかも?しないかも?なんて話が出ています。
ブローしたままのエンジンをどうするとか誰が乗るとか、そんな話をしているだけでもあまりの懐かしさにいろんな思いがこみ上げてきて泣けてくるくらいワクワクしてきます。


ちょうど時を同じくして、STILLENスティーブ・ミレンがアメリカのラグナセカで開催されるオールドカーレースのエキシビジョンでNo.75 NISSAN IMSA 300ZXを走らせるというニュースが飛び込んできてそれはそれは興奮していたところに、私たちのZ32レースカー復活プロジェクトが持ち上がったなんてこれはもう勝手に縁を感じずにはいられません。

20代後半~30代っていう血気盛んだった時代のレースカー仲間がすっかり中年になった今チームを再結成して、9年間眠らせてるZを呼び覚まして再び走らせるなんて、たったの2ヶ月でそんな夢みたいなことがホントに叶うのかどうなのか、正直言うと今はまだまったく目処はついていません。

ヒザの手術後のリハビリ中でクラッチ踏めん・・・とか、腰を痛めとるとか、なかなか前途多難なデイトナドリームチームですが、とりあえず走らせるところまでもっていくのか、それとも走らせるからにはガチで勝ちに行くのか!

いままさに始まろうとしているレースカー復活プロジェクトの行方はkao目線で随時レポートしていこうと思っていますので、どうかどうか、応援してください!
よろしくお願いします。

それにしても、この日東京から来た雑誌社の営業さん・・・・・もうつきあいは長いんだけど、
その場で出店申込書を書いてエキシビジョンレースに「参加する」にチェック入れて渡したらおやびんに向かって「え?山本さんて、サーキットなんか行ったことあるんですか?」ってーーー!!!

思わずわたし「ちょっとー待ったー!!」「行ったことあるどころかうちのおやびんはオートポリスの05年のレコードホルダーなんだからねッッ」ってムキになって言いましたよ。(笑)
おやびんそういう昔の自慢話みたいなのひけらかすの大嫌いなタイプだからカッカするわたしをなだめて「昔話やね」と大人のヨユーっぽく遠い目をする姿がこれまたチョー気に入らんし!!!


あげくに「JAF戦の耐久レースで優勝してGCCクラスコースレコード樹立したんだから!」って、血圧上げてさらにムキになって怒りながら言うわたしをみて最後はみんなで「ハイハイ」って爆笑してたケドね。笑

※いや笑やなくて、これほんとの話だから!!!すごかったんだからって!!!!!

(笑)

2014年9月23日(火・祝)
その日皆さんにチームデイトナレーシングとZ32の勇姿を披露することができるのか、過去の栄光はやはり過去のものだったと笑いを取って終わるのか、当日はオートポリスでその行方を一緒に見守ってください。



DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。