レクサスLC500 モディファイ 完成。


LEXUS LC500プロジェクトは無事完成しました。
思い起こせば、当初ハーフスポイラーにインチアップホイール程度でのモディファイを計画していたのが、いつの間にかワイドボディ+エアーサスペンションへと計画が変わっていました。
普段は比較的ライトなチューンドを手がけていますので、慣れないし、恐ろしいしで関係一同ハラハラしながらメスを入れていきましたが、終わってみれば楽しい時間であったことは言うまでもありません。


特にエアーサスペンションは大変便利なサスペンションであるということも再認識できました。
エアーサスペンションは台湾メイドが大半ということもあり、台湾の僕の仲間も同様にエアーサスペンション装着車が多いのです。 正直なところ、エアー圧で車体を持ち上げていますので結構な硬さになるケースが多く乗り味はバンピーそのもの。 段差での跳ねる挙動は仕方がないのかもしれません。
このLC500も例にも漏れずバンピーな乗り心地となっていましたが、時間の許す限り減衰力とアライメント、空気圧などの調整を繰り返した結果、当初の基準値通りに組み込んだ挙動とは全く異なる結果になったことは嬉しい誤算でした。


また、エアロパーツを装着すると路面との干渉はすごく気になるところですが、通常走行時の車高からでも5cmほどはリフティングしてくれますので、車輪止めや段差などに怯える必要がなくなったことは、エアーサスペンション最大のメリットであると言えます。


タイヤホイールのサイズ選定に関しては最後の最後まで頭を悩めました。
そもそもワイドフェンダーにする場合、基準データー(サイズ)というものが存在しませんので、ほとんどのケースに置いてスペーサー等で"チリ"を合わせ込むことが一般的だと思います。
現にワイドボディのメーカーであるアーティシャン スピリッツ社においても、東京オートサロンでの展示車両へはスペーサーで出面を合わせこんでいるということでした。
そこからの車高変化を考慮した場合、少しでもフェンダーへタイア、ホイールが干渉した場合は即フェンダーの破損へ繋がりますが、かと言ってDAYTONA的には3mmのスペーサーさえも付けたくありません。
色々とシュミレーションしサイズ選定を行いましたが、最後の最後まで悩んだリア3mmのインセット調整をポジティブへ振ったのは結果オーライでした。
それでもフェンダーのミミは50%ほど切り落としていますので、ギリギリの選択でした。


台風も過ぎ去った月曜日の午前中。 
入庫前とは全く異なる姿となったLC500を引き取りに来てくれました。
このような大きなプロジェクトを、何のためらいもなく私達へ依頼してくれたオーナー氏をはじめ、車両や商品知識を持たない私達へベターなアドバイスを下さった各種パーツ サプライヤーの皆様へ感謝します。
ありがとうございました。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

レクサスLC500 モディファイ 大詰め。


フェンダーをキレイに刈り取ったLC500。
サイドスカートも形成加工のため取り外していますので、トヨタMIRAIみたいな感じになってしまっています。
段取りの都合からボディワークを最初に手がけましたが、やはり肝心のワイドフェンダーは最後の最後に行いたいので、サスペンションの加工に着工します。



サスペンションは当初、車高調整式の"ナニか"にしようと計画していましたが、幸いオーナー氏の予算の都合もクリアー出来たのでエアーサスペンションを組み込むこととしました。


通常の車高調と異なるのは、バネの代わりにエアバルーンが組み込まれているということ。
その圧力を増減させることにより車高を自在にコントロールできるのです。
また車高調で言うところの全長調整式であることも大きな利点ですが、この場合の使い方はストローク量の確保ではなく、エアー圧ゼロにした時に「どの程度低くなるか?」を調整する機能として考えたほうがシックリ来ます。


ペイントファクトリーでは最終工程。
一度は仕上がっていたフェンダーですが、巣穴が見つかりましたので再度研磨⇛ペイントを行っています。
一度取り付けを行ったら、簡単には外せませんので念には念を入れ作業を進めているのです。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

名機380RSエンジンへUpRev。


UpRev │Osiris Tuner for VQ35HR-kai(380RS)
スタンダードなZ33ボディへ、nismo 380RSのエンジンをドッキングしたスペシャルなZは、当然ながら一般市販車ではなくオーナーさんとお父さんの手によって搭載された唯一無二のフェアレディZです。
エンジン排気量は3800cc nismo製ハイカムやクランクシャフトを搭載し最大出力は350PSをマークするエンジンへ、その頭脳であるECMをチューンドしさらなるポテンシャルアップを行いました。


VQ35DEまでは点火タイミングにも自由度がありましたが、VQ35HRからは然程自由度もないどころか純正でも結構な進角を行っている上に、アフターパーツにより吸気/排気のアップデートが行われていますのでパワーを上げてゆくためにチューニングと言いよりも、ゼロ点を再設定する為のチューニングと考えたほうが自然です。
ですので、純正よりも遅角させた=デ・チューニングではなく、ハードあってのソフトですので実車が持つハードユニットに合わせたシステム設定が必要という考えです。
最適化された点火や空燃比、スロットルセッティングの効果は抜群に効きますので、十分にライト感は向上するはずです。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

コントロールの出来ないもどかしさ。


約3Mほどに積み上げられた荷物。
昨晩アメリカのZ1モータースポーツより送られてきた写真ですが、これらは全てDAYTONAへ向けられたパッケージです。
問題の有る無しにかかわらず、僕は毎晩のようにチャットでZ1とコンタクトを取っているのですが、この最近は「荷物が届かない」とか「いつ出荷できるんだ」などで言い合うことが多く、先方からは『お前は事情がわからないから好き勝手いうんだ!』とか互いにイライラとチャットをしています。

この最近の問題はアメリカ合衆国大統領の輸入関税を中心とする発言が引き金となり、大型荷物はほぼ全て税関で足止めをされることで随分と納期遅延が発生しています。
これによりバックオーダーを頂いているクライアントへ迷惑をおかけしています。
税関検査のためバラバラにされた荷物は再度検品等のため再びZ1戻されるケースも有り、米国初着を問わず何かと時間を要する事態になっているようで、事実DAYTONAへ向け運ばれてくる予定の荷物が1か月以上足止めされている荷物もありますが、相手が税関なだけに誰が何を言おうが手も足も出ない異常事態が発生しています。
当然私達も予定通りに物事が運ばないのでイライラしていますが、DAYTONAへオーダーを下さっているお客さんにとっては、そのような事情はむしろ"関係ない"事であり納期遅延に不快な思いをされていることであろうかと思います。大変申し訳ない。

長い時間足止めを食らっていた大型パッケージが動き出したとの連絡がありました。 
この荷物の中心はTwinzDesign製のボディパーツです。 


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。





フェイルセーフは命を守る為の機能です。 適切な処置を行い、そして再び走り出す。


HKS V1スーパーチャージャー搭載のZ33は、エンジン不調のためドック入りとなりました。
走行中にVDCランプ等が点灯しエンジンが吹け上がらなくなるということ。 一般的に「だから、これが原因です」と関連つける事はできませんが、急にエンジンが吹けなくなるケースとはフェイルセーフの介入が最も疑わしいので、スロットル関連に関するエラー事例が多いように見えます。


例にも漏れず、OBD2より自己診断を行ったところPコードは"スロットルポジションセンサー"の異常と判明。
新品のスロットルボディへと交換を行い、全閉位置学習/吸入空気量学習を行い作業は完成です。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

アクセルを踏まずに語れるか。 心にまで響いてほしい。


MAXIM WORKS(マキシムワークス) │M-BIT EX マニホールド for VQ35DE
予定通りに朝10時、兵庫県から1泊2日のスケジュールで入庫してくださったZ33とオーナーさんです。
福岡滞在中は、何処かでゆっくりされるのかと思いきや、福岡ー鹿児島を移動し2日間はしっかりと仕事をこなすというビジネスマンでした。


この日のために、しっかりとしたバンテージを巻き準備は万端です。
装着してしまうと"微かに"見える程度まで影を潜めてしまうマニホールドですが、アクセルを踏み込むと影どころか大きな存在感を表してくれる存在です。


組み合わせるリアマフラーはSACLAMですので、今更何も説明はいらないでしょう。 
排気量や気筒数を完全に忘れさせてくれる厚みのある排気音と、完全に調律され耳に届く心地よいラテン系のサウンドは唯一無二の存在です。

次はブッシュ等のメンテナンスで入庫してくださると言うことで、また次回お会いできる日を私達は楽しみにお待ちしています。
遠いところ、ありがとうございました。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。


災害ボランティア。

先週の水曜日。
西日本を襲った豪雨は、カオリさんの実家のある愛媛県でも大きな被害を受けていました。 勿論、広島や岡山の比ではありませんが、それでも実家がお世話になっているお寺さんも土砂崩れで境内にまで土が流れ込んできたと聞き、また義父も少し調子が良くないということも聞いていましたので、様子を見に松山へ帰っていました。


松山へ到着すると直ぐに道後温泉の側にあるお寺へ向かいました。
住職と奥さんは暖かく迎えてくれるも
「気持ちはとても嬉しい。だけど、せっかく松山へ来たなら、滞在できる少ない時間は家族と過ごして欲しい」
との言葉に一度は実家へ向かいましたが、やはりどこか気になることもあるので作業のできる服に着替えてお寺へ再び戻りました。


災害ボランティアをしたことあるかたならわかるでしょうが、この土砂と地面か簡単に剥がれるものの、じつは何層にもなっていて更に水分を含んでいるためにとても重たいのです。
そのため、約スコップ4杯で満タンになるズタ袋も結構重たく大変です。


数時間かけて住職と山本ペア 4人2組で50袋以上の土砂を回収し、これはそのまま山へ戻ってもらい土砂防止のバリケードとして役立ってもらいます。
間違いなく、今年一番の汗が出た日となりました。


何度か書いていますが、去年の福岡県朝倉市を襲った豪雨といい今回の豪雨といい、最近の自然災害は持ち回りのような出来事です。
こういう時に何ができるのか?というのは大きな自身のテーマとなり、時間がないなら募金をしたら良いし、お金がないなら労働力を出したら良いし、そのどちらも無いなら議論するのも良いし、もちろん募金も労働も捧げるのも良い。 最も悲しいことは無関心であることです。
そういった意味においては、お寺という多数の方が心の拠り所にする場所の災害復興のお手伝いをさせていただけたことは、僕自身にとっても清々しい思いで奉仕出来た。
つまりはボランティアとは人のため以前に、つまるところ自分のためと僕は信じています。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。



往復で1,000km以上。 


マキシムワークス│M-BITエキゾーストマニホールド for VQ35DE
先日の神戸でのイベントで関西のオーナーさんがお買い上げ予定であったエキゾーストマニホールド一式です。
残念ながら私達はイベントへ参加できなくなりましたので、その後の経過をどうするか?はチョットした問題であったけど、そのまま神戸のお店で取り付けて頂くことが最もスムーズだと考えていました。
勿論、イベントの趣旨とは離れてしまいますが、致し方ないことかとも考えていました。

ところがオーナーさんと事後の打ち合わせを行ううちに「福岡まで行きます」と言ってくださり、1泊2日で福岡まで起こしいただくこととなりました。
今回は天候は良すぎるくらいの晴天です。 定められた時間内に最高のパフォーマンスを発揮できるよう今日はその下準備です。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

堅物な男 Joe(ジョー)が作るもの。 ある意味、彼が市場を支えている。


Z SPEED PERFORMANCE │クラッチレリーズシリンダー CSC
Z33後期/Z34へ採用されているレリーズシリンダー(CSC)の多すぎるトラブルについては語る必要がないほど、世界中にてクラッチトラブルが発生しています。
そのため、いくつかの選択肢を持って修理を行う事が出来ますが、純正形状を持った強化品はZ SPEED PERFORMANCEが世界唯一の製造メーカーとなっています。
これまでは、その強化品を持ってしても完璧ではない事も有りましたので、ベアリング、オイルシールやステンメッシュホースに至るまで、これまでに数多くのアップデートを繰り返して最新の仕様が誕生しています。

"純正よりも良いものを"の概念から、"不安なく使えるものを"へと彼らの考えも変わってゆき、品質が年々高くなってゆくのを、私達はディーラーとして喜ばしく感じています。

画像は最新のCSSへOS技研用のアタッチメントを並べてみました。
Z SPEED PERFORMANCE製クラッチレリーズシリンダーは、エクセディ、nismo、OS技研、もちろん純正品へ適合します。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

見えないものに対する不安。


真夏に大規模なチューニング案件は少ないけど、定期的に入庫してくる中規模リフレッシュやチョットした故障など、それなりの台数が現在も入庫しています。
この最近の傾向として、パック化されたメニューをそのまま施工であれば、ある程度の工期や金額は出せますが、その枠外の案件に関する問い合わせをいただくことが多くなっています。
勿論、それはそれで喜んでお引き受けしますが、問題は費用に関する問い合わせです。
先に書いたようにパック化されたメニューであれば値段は提示できますが、例えば修理に関する事。 エンジンの調子が悪い、ブレーキの調子が悪い。 幾らで治りますか? 工場で見てもらったけど解らない(直らない)。 このようなメールや電話で同様の相談は毎日あります。
「なんとか目安となる数字だけでも」との気持ちは理解できますが、正直なところ情報が少なすぎて私達は答えようがない。 
根拠のない数字を責任ある立場の者が言うのも意外と難しいものです。 最悪のケースの価格を伝えるといいのか?もしくはその逆なのか? 

やはり入庫いただかないと具体的な話はできないのは当然なのですが、反面 入庫を促すだけの目安指数的な情報をオーナーさんへ与えることが出来ないだろうかとも悩んでいます。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。


ソウルファンクション 上陸


SOUL FANCTION(ソウルファンクション)
アメリカより新しいブランドが誕生しました。 その名を"ソウルファンクション" 

彼らのヘッドオフィスはアメリカ中西部のミネソタ州 カナダに隣接するエリアです。
幼い頃から車触れてきたという彼らは日産、マツダ、ホンダのを自分達の手によって改造をする過程で、もっと強くスマートな車体(ボディ)に出来ないものかと考え、数々のプレミアム商品を作る事に至ったそうです。
彼らの製品や魅せ方はアメリカの"それ"とは若干異なり、やはりロケーションも手伝ってかカナダ寄りの作り方であることが大きなポイントになっています。
カナダのチューニング愛好家が行うカスタマイズを見ていると、作り方がとてもキレイで多くの日本製パーツへのリスペクトしている気持ちが全面に見えてきます。 

今回入荷したのはアンダーブレースを始めとする、各種補強パーツ群。 
サスペンションメンバーのへ対する補強パーツが主なアイテムとなり、重量が大きくパワーのある車は必ずと言っていいほどボディ剛性の弱さが垣間見えます。
それは設計上の弱さであったり経年上の劣化であったりと、その原因は様々ですが、新たにブレースを新設することにより車のボディは必ずと言っていいほど蘇りますし、力の逃げを抑制し本来のトランザクションへと導くことが出来るならば、新たな楽しみを見つけることが出来るでしょう。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

規格はKカー。 性能はスーパーカー。


■SACLAM │ サイレンサーKit for HONDA S660
DAYTONAにはとても珍しいHONDA S660が、SACLAMサイレンサーの装着のため入庫しました。
S660は、見れば見るほどホンダのDNAが随所に注ぎ込まれたスポーツカーであることが解りますが、特にバンパーを外したリアビューに美しさを感じる人は少なくはないはず。
ミッドシップへマウントされたS07A型はターボチャージャーで武装され、短く狭いレイアウトへ配置された排気管の取り回しが、この車の持つセクシーなポイントと僕は感じました。
また、肝心の排気音は当然ながら申し分なし。 
SACLAM社が持てる全てのテクノロジーを集結させたと宇野さんが言うだけあって、テールエンドから聞こえてくる音色はとても3気筒660ccのエンジンから発せられるサウンドとは思えず、音の厚みと心地よい周波は程よくチューニングの施されたSACLAMスピリッツの集大成であると、納得せざるを得ません。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

"Protect Yourself " 自分の環境は自分で守る。


INTRO-TECH(イントロテック)│カスタムフィット サンシェード
台風7号が通過し梅雨明けかと思ったら、西日本を襲った集中豪雨。 かと思えば昨晩は深夜の地震(福岡、佐賀)
若干寝不足気味で起床した今朝は、更に一転 いきなり30℃超えの猛暑です。
車に乗った瞬間のモヤッとした暑さを朝一番から浴びたなら、しばらくはエアコンと窓を全開にして室温を調整しなければ、とてもじゃないけどやってられません。
太陽を始め自然の力をコントロールすることは基本的に出来ないならば、使う環境側のコントロールを一定に行うことで使いやすい状態を作るしか無いわけです。


太陽から車内へ降り注ぐ熱はフロントガラスのレンズ効果も手伝い、外気の約150%増しにまで上昇すると言われています。
その結果、ダッシュボードやステアリングは最大で150℃程度まで上昇するとの実験結果があります。
イントロテック カスタムフィットサンシェードは、車種毎に応じた専用の形状を持ちフロントガラスに確実にフィットすることで知られていますが、構造にも着目していただきたい。
ハイテク クローズセルフォームという特殊発泡体を、熱反射を行うメタルシートでカバーすることにより、100℃の間接温度を遮断し車内温度を引き下げるテクノロジーが工夫されています。
彼らのテストデータによれば、車内温度は最大でも40℃程度にまで引き下げることに成功したとのレポートもあります。

この夏も高性能なサンシェイドのお世話になることは、どうも間違いはありません。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。


記録的豪雨の福岡。


一夜明けて九州自動車道の様子です。
明らかに昨日よりも通行止めの範囲が拡大しています。 今現在の福岡は雨も上がり傘すら必要でないほどの状況ですが、夕方から明日へかけ雨予報となっています。 


昨日はちょっと大変でした。
前日より神戸へ行く準備をしてはいました。 デイトナからは荷物を積載した1台のバン 神戸のオーナーさんへ納車するZ32 フェリーターミナルのある門司へ向かう道中でデモカーとなってくれるRyoheiさんのスカイラインをピックアップし、3台でフェリーに乗る予定をしていました。


しかしながら、バンとZ32の準備をしているファクトリー2へ向かう最中でもご覧の様子です。



ファクトリー2のすぐ近所 



山間部が近いロケーションですので深刻です。 すぐ脇はがけ崩れのため通行止めです。


南畑ダムから福岡都心の中洲へと流れる那珂川です。
ファクトリー2は南畑ダムから数キロしか離れていませんし、ただならぬ状況に朝一番の段階でスタッフは真っ青です。
お預かりしている車をデイトナへ移送しようにも道中は所々浸水もありますので不可能。   9時の時点でイベントどころではない状態だと全員が認識しましたので、とにかくファクトリー内の避難を優先しました。
幸いファクトリー2には5台のお預かりしかありませんでしたので、4機のリフトを使い車を上げ 残る1台は積載車へ車載して逃しました。
現場スタッフへ万が一のために大切な道具や書類等だけを持って避難するように指示しました。


ファクトリー1,3はロケーション的にも問題はありませんが、とにかく尋常ではない雨でしたので同じく1,3のスタッフも自宅待機を指示。
ある程度片付いたところで僕はデイトナへ戻りました。


国道はどこも浸水している箇所が多く流れが悪いのでショートカットを試みましたが、目の前で軽い土砂崩れ。


おとなしく国道を走り帰ってきました。

去年の同時期には朝倉を襲った九州豪雨が記憶に新しいですが、今回はそれ以上に雨が広域に渡り降り被害は大きなものになりました。
現在も雨雲は宮崎〜四国〜神戸へ流れていますし、昨夜は岡山、広島、愛媛へ大きな被害をもたらせています。 自然を前に人は無力だとはよく言いますが、共存してゆくしか方法はないわけで、災害が起きそうな時にどれだけスピーディにカバーが出来るか?でしか身を守れないのです。
そういった意味では自分たちの判断は早く確実なものであったと評価しています。 あとは今現在、被害にあわれている方々の安全とご冥福を祈るばかりです。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。




想像を絶する大雨のため、福岡から動くことができません。


本日11時現在の九州自動車道の交通情報。
ご覧のように、大雨の影響は時間を追うごとに拡大し、通行止めが相次いでいます。
デイトナのホームである太宰府ICから、フェリー乗り場である門司ICまで行こうにも古賀IC-八幡ICまでは災害のため完全に通行止めになり、その先も豪雨の為通行止めと完全に八方塞がりとなりました。
また、市街地も所々冠水している箇所もあるため、このタイミングで福岡から移動することは大変危険な状況であると判断しました。

そのため、明日より参加予定であったスーパーオートバックス サンシャイン神戸で開催される、ハイパースポーツミーティングへの参加は中止とします。
せっかく楽しみにしてくださっていたオーナーさん達には申し訳ありませんが、どうかご理解をお願いします。

また、事前に部品のご予約/来場予定にされている方がいらっしゃいますが、今回デイトナの不参加につきキャンペーン・フェアでの特権の取扱などについてオートバックス側の担当者と協議を行いますので、ご予約/お買い上げ予定であった方は、本日、明日中に私共へ一度ご連絡をください。 よろしくおねがいします。
http://www.z33.jp/mailform/


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

« 前ページ