アフターフォロー。

僕たちはスポーツカーをより楽しく、よりカッコよく乗る事をずっと提案し続けて、その為のスタイル創りのパーツを提供しています。
海外製品であろうが、国内製品であろうが、ECMであろうが、基本は100%の性能でオーナーさんの元へお届けしなくては行けないのですが、残念ながら僅かながらエラーが起きてしまうことがあり、昨日はそのフォローへ中部地方まで行ってきた話を本日のBlogで書いてみたいと思います。


通信販売でご購入いただいたDAYTONA SPORTS ECMをオーナーさんのもとへお送りしたところ『エンジンがかからない』と報告をいただき、また、このゴールデンウイーク期間中のことですから当然お車を使う予定もあるだろうし、送り返してもらったところで連休中の発送ですから、遅延は致し方無いでしょう。
更に、この話以前に、オーナーさんがDAYTONAへECMを発送したのに指定日に届かない(営業時間後の配達であったと判明)とか、逆にこちらから出荷したECMが適切に届かない(郵便番号違いであったと判明)など、度重なるトラブルに『では、ECMを送り返してください』と言うのは簡単ですが、流石にこれ以上オーナーさんにご迷惑をお掛けすることも出来ませんから、急遽出張申請を出し翌日中部国際空港へ飛びました。


電車とタクシーを乗り継ぎオーナーさん宅へ伺い、早速ECMのリカバリーを開始します。
事前に確認していたのですが、私達が制作したデーターそのものはエラーが起きる内容では無かったのですが、データー伝送時か、静電気の影響か? 現車は何かの拍子に一部データに不具合が生じているようでしたから、念のため全データーの入れ替えを実施してリカバリーを行うようにしました。
これまで店頭、通信販売含めても、このようなエラーは統計上0.4%以下  その中には明らかなヒューマンエラーも含まれているから、事実上0.1%程度のエラーですが、それでもエラーはエラー。 


この日は祭日ですから、オーナーさんはどこかドライブなどに行く予定もあったでしょうが、愚痴の1つも言われること無く駐車場と、電源をお貸しいただき、約1時間ほどでリカバリーに成功しました。
とは言え、たとえリカバリーが出来たとしても、それはオーナーさんにとって満足行く結果ではなかったはず。 事実、その気持を代弁するかのようにSNSを使い今回のトラブルの件を掲載されていたようですが、私達は喜びの声だけではなく、批判も甘んじて受けなくてはいけません。  
だけど、私達は『ネットに書かれたから慌てて飛んできた』訳ではなく、その時々で必要に応じてフォローを行います。 それは、金額の問題でも、距離の問題でも、ネットへの投稿の問題でもありません。 今回のケースでは、直ぐに駆けつけることが最善のフォローであると私達は考えました。  ”それ”と”これ”は別問題です。 


そして中部国際空港から福岡空港へ戻りました。 
普段は業務が忙しく、またトラブル事例について考える時間も少なかったのですが、今後の課題、対策などについて飛行機の中で考えていました。
時を同じく、福岡にいるスタッフも同じ気持であると聞き、少なくともECMに関しては100%のクオリティを提供できるよう早速ソフトウェア会社の提案を聞き本日より実施します。



DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。


フェアレディZ(Z33)用 ディフェンシブパーツ追加。


Western CustomZ(ウエスタン カスタムズ) アップグレード・リアゲートダンパー
ニューヨークを拠点とするWesternCustomZよりリアゲートダンパーが届きました。
ダンパー内部のシムをチューニングすることにより、ダンパーの伸び始めはマイルドな圧力→中間域より一気にゲートが持ち上がる2ステップ方式を採用。 ウイング非装着車~GTウイングを含む大型ウイングまで対応したリアゲートダンパーです。




Energy Suspension(エナジーサスペンション) ステアリングマウントブッシュ
これまでもステアリングラックを支えるポリウレタンブッシュを取り扱っていましたが、北米での企業パートナーが揃って使っているエナジーサスペンション社のポリウレタンブッシュを新規取り扱い開始しました。
本商品の大きな特徴は、ポリウレタン材を独自にチューニングを施し、NVH(ノイズ、バイブレーション、荒さ)の低減を狙った新素材”ハイパーフレックス®”を採用した点が大きな特徴です。
オーストラリアを中心とするアジア圏ではWHITELINEやSuper Proが有名ですが、北米ではエナジーサスペンションのシェアが多く、スポーツカーのサスペンションのみならず、エンジンマウントやトラック向けのブッシュ展開もしているほどです。 


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

インポーターから全国へ。


STILLEN スーパーチャージャーキット
DAYTONAが輸入取り扱いを行うパーツは、店頭、通信販売以外にも、日本全国の日産ディーラーやプロショップへも販売をしています。
オーナーさんと直接やり取りを行い、注文、取り付けは最寄りのショップさんで行うケースもあれば、全ての商談はオーナーさんに代わりショップさんとのやりとりを行うケースなど実に様々です。


僕達が最も気をつけている点は、直接接する方=私達のお客で有ることは事実ですが、その先にあるオーナーさんの元へ確実にお届けすることまでを私達の責任であると考えています。
だから、ショップさんからの問い合わせは、目の前にオーナーさんが居るものと同じと思い、細心の注意をはらい対応するように心がけています。


いくらスーパーチャージャーキットとはいえ、あのSTILLENの商品ですから、頭を悩ませたり加工すること無くボルトオンで装着できますから、輸入→販売→取り付け→終わり、でも一応はエンジンは始動します。
それで良しとするなら僕達のようなSTILLEN認定プロインストーラーの存在は無視して、単純に輸入が得意なショップにお任せするのも確かに1つの方法です。
だけど、僕たちは自社で取り付けまで行うからこそ見えてくる改善までをも含んだキットとして提供するから、DAYTONAのキットには価値があるとプロショップさんより評価いただいていると僕は考えています。


スーパーチャージャーの性能を大きく左右するのがエンジンマネージメント。 これ1つで50馬力も60馬力も変化します。
STILLENより提供されるデーターがあるにはありますが、確実にリセッティングを要するデーターですから(僕が思うには、どのような知識を持っている方が使用するかわからないから、あえてデ・チューンを行っている。)そのままでは使えません。
また、指定ソフトウェアメーカーUpRevに関しても、僕達のような認定プロチューナーのみアクセスできるMAPのアジャストをスーパーチャージャーチューニングには必要とするから、結局のところ輸入→販売→取り付けと言ってもその過程までも制御しないと本来の味は現れません。
輸入だけ出来てもダメ 販売だけ出来てもダメ 取り付けだけ出来てもダメ  製品を正しく理解し、正しくコントロールできるDAYTONA 山本友基を、STILLENはプロインストーラーとして,UpRevはプロチューナーとして日本で唯一任命しています。

また、その役割を補ってこそ正しいインポーターとしての資格があり、日本全国のプロショップさんは安心してDAYTONAからのパーツを大切なクライアントへ提供できる事が実現していると信じています。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

別府へ家族旅行

kaoの更新です、コンニチハ(*'-'*)

先日、久しぶりに家族旅行に行ってきました。



ファミリー旅行なのでワゴン車がマストってことで、この日の出動はBMW5シリーズのツーリング。
と、デイトナのインポートカー部門でお世話になっているオーナーさまが新たに購入されたM・ベンツEクラスのコーディングをおまかせいただくという光栄なお仕事が無事完成しお届けする予定もあったので、他人がこの瞬間だけみたらどんなセレブ家族ですかというようなとってもゴージャスな家族ツーリング。笑



うっとりするくらいカッコいいベンツを見ながら運転するって超アガるー!!
ACCセットしたあとは前見てステアリング握る以外特にすることないほど安定してるから退屈になるくらい超優等生のBMWを運転してたらあっという間の別府です。



お泊まりは、修学旅行で泊まったとか家族やカップルで泊まったとか、近県民の憩いの場であり、ここには何かしらの思い出があるんじゃないって思うくらいメジャーなアミューズメントホテル杉の井です。



水着着用の温泉SPAがあるので、別府の絶景を見下ろし家族でまったり話しながらお湯にからだをゆだねてるだけで日頃の疲れもストレスもアッというまにどっか行っちゃいます。
パパさん、この日はラッシュガード着てたけど、そのお腹は縦にも横にもド派手な手術痕だらけなので裸んぼだと時々周りの人びっくりさせるんだけど、いろいろなこと理解してくれる人も多くなったから、何かしらのダメージがあってもカバーできるバリアフリーの優しい時代になりましたね。



翌日はアフリカンサファリにも行きましたよー!



園内をバスでまわるツアーだと動物たちにエサをあげることもできるし、すごくすごく接近するのでカワイイ動物たちとこんな間近で会えます。









キリンさんは首も長いけど舌も長い。
紫色のながーーーい舌をウニューーーーーーってクネクネしながら差し込んできてコワかったけど、遠くからみたら可愛かったwww





ぞうさんはのんびりしてるのかと思いきや意外と短気で、エサをやるときモタモタしてたらイライラするらしく鼻水プシューって飛ばしてくるので要注意!







昔の家族旅行では両親に手を引かれて園内をまわった思い出があるけれど、いつの間にか両親の手を引いて・・・って、どーせなら孫の手でも引かせてあげたほーがよかったかもだけど、そればっかりは・・・・・・ね。ww





まあ、ホント言うとまだまだ現役の事業家なので年老いた両親の手を引くなんて事実はないんだけど、父に告げられた命の期限を乗り越えてきた家族ですから、少しずつ両親が年老いてゆくなんてその時からしてみたら夢見たいな出来事だし、その老いは悲しみではなくむしろ喜びとも思えますし、こんな穏やかで優しい時間がいつまでも続きますようにって思ったらちょっとだけ泣いちゃったことも大切な家族の思い出。



別府名物砂かけババア。ww





ここ別府ではエリアごとに泉質が異なる温泉が何十種類もあるから、自分好みの温泉を見つけるのも楽しみのひとつです。

帰り道はメルセデス×BMWの組み合わせは一緒だけど、かわりにお預かりしたのはなんと行きと同じオーナーさまが所有されているSL63 AMG!!!
これまた事情を知らない人がみたら間違いなくセレブツーリング。笑



こんなスーパーな車をポーンとおまかせ!って預けてくださるオーナーの期待やオーダーには絶対にこたえたいと思ってマッチングや最先端のコーディングの勉強なんかも猛烈にするから(おやびんがねw)結果として確実にスキルがあがって一般のオーナーさんにもいち早く技術を提供することができるし自信つくしいいことだらけ。

そういえば、デイトナに行く日の前後は必ずいいことがあるからパワースポットみたいって言われることよくあるんだけど、こういうオーナーさんたちが残してゆくものすごいオーラとかパワーみたいなのがあふれてるってことも絶対あるし、それだけじゃなくてカスタムやメンテする前後のウキウキした気分でオーナーさん自身がラッキーを運んでくるから、デイトナがというよりオーナーさんそのものにパワーがあふれてて、そんなよい気みたいなのがみんなのラッキーをさらに引き寄せるのかもって思う。
いつもそんな幸せな店にいられるわたしが一番ラッキー♪(*^ー゜)b
ありがとうございます!!

この記事見て離れて暮らす家族や友達に会いたくなったりちょこっと旅に出たくなったりする人が多いといいな。
GWに九州への旅行や帰省を予定している方などあれば、期間中DAYTONAは時短営業ではありますがすべての日程で通常取り営業していますので、どうぞお立ち寄りくださいね。

読んでくれてありがとう、またねっ( ‘∇^*)^
kao

ファッション的要素だけではない、ユーロスター2。


BRIDE / ユーロスター2
Z33オーナーさんがG/W期間中へ静岡県までドライブへ行くとのことから、そのロングドライブのパートナーとしてブリッド製シートへ交換することになりました。
これまでにも幾度と無くZ33のシート交換を行ってきましたが、アフターマーケットのドライビングシートとは純正シートを上回ってくれるポジションどころか、純正同等のポジションさえ確保することが難しく、その度に専用形状である純正シートの完成度に驚くこともしばしば。 
その点、ブリッドでしたら少なくとも左右方向へのオフセット量の調整はできますから、肉厚の薄めなユーロシリーズを選択することでベストポジションを作ることは比較的容易です。
また、ユーロスター2の嬉しいところは、乗り降りがしやすいようにレッグサポート部を極限まで低くしながらも、沈み込んだウレタンフォームのお陰でホールド性能を向上。 更に、室内色に合わせて8色ものシートカラーを選択でき、ベーシッククラスでさえも高品質スエード調ファブリックを採用することにより、とても質感の良い肌さわりを感じることが出来ます。

ただ、1つだけ残念なニュースがあり、ここまでのデザイン、質感の良いシートが驚きの79,000円で購入できるのは今月限り。
5月からは94,000円まで値上がりしてしまうことはとても残念なニュースではあるけど、市場バランスの調整と考えると、ようやく適正価格へ変更になるという解釈ならば妥当な値上げといえるでしょう。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

3つの要素NVH。


WHITELINE / デフマウントブッシュ
2013年6月より正規輸入販売を開始したホワイトライン デフマウントブッシュ。 それまでに1件のトラブル(製作過程でのトラブルにより明らかに寸法が大きすぎた)を除いては全くもっての好調ぶりに、今ではDAYTONA SPORTS ECMに次ぐベストセラー商品となっています。 
故に、在庫の流動性も大きく また、メーカー側も日本向へ大きな生産枠を確保してくれていますが、それでも完成→世界中のバイヤーで取り合いになっている状況が1年以上続いています。

本商品の最大の魅力は"NVH"が最小であるというところ。
NVH とはnoise, vibration, harshness つまり、騒音、振動、荒さ、を極限まで排除することが、即ちスポーツ性能を向上させる事に結びつくという強化ブッシュの考え方(テーマ)です。
スポーツカーを手足のように操る過程において、セダン車や、ミニバン車とはスピードや負荷が全く異なるスポーツカーに大切な要素を探していくと、ポジティブな強化マウントが必要になるというDAYTONAなりの持論が多くの人に受け入れられた結果の現れがベストセラーに結びついていると僕は解釈しています。
純正部品とは考え方が異なるし、ましてやレース部品とも考え方は異なる。 いつだって僕達のメインステージはストリート。 究極のノーマル スーパーノーマルを追い求める姿勢は、いつだって同じ。勿論、これからも、そのポリシーは変わりません。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

糸1本で大きな表現。


DAYTONA カーボン×レザー・コンビネーションステアリングホイール 3ポイント
多くの人にとって、黒を基調とするスポーツステアリングは最もオーソドックだし、最もシンプルで、室内との調和もとれて雰囲気もいい。
だけど、遊びココロをワンポイント入れることによって、その印象もまた大きく変わるのも事実です。


今回はオーナーさん指定で”グリーン・ステッチ”をチョイス。
ブラック、レッド、シルバー、オレンジは幾度と無く見てきましたが、グリーンステッチはDAYTONAでも大変珍しく、またブラックレザーから浮き上がるように主張するステッチの色合いが雰囲気いいです。
英国を代表するロータスや、BMWアルピナ等の特別なスポーツカーを想像させてくれる1本に仕上がっています。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

5月1日~5月10日 DAYTONA SPORTS ECM アンバサダー・キャンペーン。


たくさんのオーナーに愛されてきたDATYTONA Sports ECMは、その日から今日までとどまることなく進化を続け、今なお多くのオーナーに絶大な支持をいただいている中、今月はじめに大幅なリ・モデルを行いました。

しかしまだまだECMチューニングは興味があるけど不安で踏み切れない、高額で手が出せないという方も少なくはありません。
そんな中、少しでも興味を持ってくださっているオーナーさんに、もっと安心して手軽にこの素晴らしいコンピューターチューニングの効果を体験していただきたいということから、BlogやSNS等を積極的に利用し配信して下さる方々を”アンバサダー”としてご協力いただき、その生の声を届けていただくキャンペーンを実施します。

ちょうど1年前の今頃はモニターキャンペーンとして10名のオーナー様にご協力いただき、その中でもお顔写真の掲載の許可をいただいた6名のオーナー様の様子はコチラで紹介しています。

今回のキャンペーンではご利用の条件によってさまざまなプログラムをご用意しています。

たとえば、SNSはしていないし顔写真の掲載はNGだけどインタビューにご協力いただきデイトナのWEBで掲載の許可をいただける場合にはモニターとしての割引を行います。
また、情報配信大使アンバサダーとしてFacebookやTwitterなどのSNSへ記事を紹介していただいた場合割引価格でご案内します。
また、ご友人などをご紹介くださった場合、あなたには割引orクーポン、お友達には割引価格でのご案内など、店頭でもオンラインショップご利用でもどこにお住まいでも、一様に楽しめるキャンペーンです。

以前のキャンペーンは店頭にお越しいただけるという条件を満たした方にしか提供できませんでしたが、多様化するオーダー内容に対し柔軟に対応できるよう、またどんな条件の方にもお楽しみいただけるような素晴らしいプログラムです。


◆Z34,CKV36(~MY11)
T-Tune(ツーリングライン)ファクトリー限定モデル
定価 75,000円
モニター価格(顔写真なし)70,000円
モニター価格(顔写真あり)60,000円
アンバサダー価格 40,000円~
お友達割引価格 40,000円~

◆Z34,CKV36(~MY11)
T-Tune(ツーリングライン)オンライン限定モデル
定価 50,000円
モニター価格(顔写真なし)48,000円
モニター価格(顔写真あり)38,000円
アンバサダー価格 30,000円~
お友達割引価格 30,000円~

※価格はご協力いただく条件によって大きく異なりますのでお問い合わせください。

なおこのキャンペーンは、既にDAYTONA Sports ECMを導入してくださっているオーナーさんに対しては上記のどれよりも素晴らしいプログラムをご用意しています。
条件によりアップデートの割引や、旧バージョンでチューニングしたものをUpRevでの書き換えへとアップデートなどなど、多種多様な魅力的なキャンペーンを用意していますので、これを機会にDAYTONAのアンバサダーとして活躍してください!
お問い合わせお待ちしています。

はじめてコンピューターチューニングをするオーナーさんには不安もリスクもなくただ楽しめる喜びを。
すでにその世界を知っているオーナーさんには新たな喜びやはじめてのあの日の感動をもう一度。

すべてのオーナー様へ、デイトナがお贈りする全く新しいキャンペーンのご案内です! ご予約はこちらよりお願いします。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

台湾B級グルメ

他国へ行き、意外と困るのが食文化の違い。  初めてアメリカに行った時、最終日あたりになるとハンバーガーもウドンも、ほぼ同じ味に感じてしまうほど香辛料が強烈だった事は記憶に残っています。
今回の台湾も、帰国後2日ほどはベロの感覚が変になりピリピリした感覚が残っているのも、もしかしたら食のせいかもしれません。  本日はDay2のディナーとして訪れた、台湾B級グルメをご紹介します。


台湾B級グルメといえば”ナイトマーケット”夜市です。
マッサージ、屋台、服、占い・・・ まあ、基本的になんでもあります。
基本的に観光客はホテルのレストランや、街中のきれいなレストランで食事をすることが多いでしょうが、現地の人は夜市で食べたいものを2,3件回って行くスタイルも多いようです。
それだけに、街中では見かけることのない食材も多く眠っていたりもします。


チキンスープ。 よくわかりませんが、とにかく大きなチキンが入った漢方タップリのスープです。 飲んだだけで体がアツくなりました。  豚骨スープみたいで美味しかったです。




玉子焼き。 しかも限りなくレア(生焼け)な牡蠣が入ってます。 日本だったら、まずこの焼き加減では提供されることがない牡蠣が何ともスリリング。 
旨いかどうか?以前に、ヤバイかどうか?が脳裏に浮かぶ食事でした。  そういう状況でも完食しました(食あたりなし!)
食べ終えると次の店に移動。 ぶらぶら歩きながら食べたいものを見つけて、移動していくので1件の滞在時間は数分です。


ドリンクも充実 タピオカ入りミルクアーモンドティーを頂きました。



残念ながら雨天だったけど、それでも活気十分。
屋台のテーブルにフレンチブルドックが座っていたり・・・  ただ歩くだけでも面白かったです。



じゃあ、蛇行ってみる? ってことで来ましたが。



入り口に巨大な蛇と、ヘビの餌となるネズミ。。。
さすがに食欲もなくなりパスしました。


次はここ・・・
なんとなく想像つきますが、、、


そう、、、またもやヘビ
しかし、コチラはグロテスクが少ないような、いや同じか?


メニューは5種
なかには精液や血、毒なんてものもありますが。。。 ジェイ達でさえ飲んだことは無いと言うことで。。。



無難に蛇肉湯をチョイス。
僕は完食 しかし、皆は残していました・・・  あれっ?  味はOK 小骨が多いから食べにくいけど、体に良さそうなスープでした。




最後はデザート 豆腐です。
遅い時間にもかかわらず店内は満員。 テイクアウトには行列。
要は杏仁豆腐のようなテイストです。
冷たいデザート豆腐と、ホット豆腐を頂き、B級グルメツアーは終わりました。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。




フェアレディZ(Z34)用カーボンファイバーパーツ追加。

DAYTONA Racingは、日産Z34フェアレディZ / Nissan 370Z用カーボンファイバーパーツとして、2アイテムを新たにラインナップに加えます。


DAYTONA バックフォグカーボンマウント
後期型Z34nismo形状をモチーフしたカーボンマウントを新たに作製。 Z34純正及び、Western Customz LEDバックフォグを装着することが可能です。
取り付けは付属のビス、3Mテープで固定を行いますので、Z34のみならず幅広い車種への流用仕様も期待できます。
※フォグランプは含まれていません。
仕様:Z34nismo(後期型)、汎用型バックフォグマウント
材質:CFFRカーボンファイバー、UVカットクリアー仕上げ
価格:19800円(税抜き)


DAYTONA カーボンエンジンカバー
3M綾織りカーボンシートをベースに形成。 欧州ハイパフォーマンスカーに採用されているエンジン冷却ダクト付きカーボンカバーを誕生させました。 
エンジン後方へ熱気を逃がす設計と共に、エンジンカバーが熱による形状変化が起きないよう最適な厚さと素材を選定しています。 

仕様:Z34 VQ37VHR 冷却ダクト付きエンジンシュラウド
材質:CFRPカーボンファイバー、UVカットクリアー仕上げ
価格:49,800円(税抜き)


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

抜群のクオリティ。


DAYTONA カーボン×レザー コンビネーションステアリングホイール 3ポイント
常にバックオーダーを抱えているので目に見えるような納期短縮には至っていませんが、それでも以前は95日納期→現在は60日納期まで短縮し、さらなる納期短縮と新しいアイデアや製法を僕達は常に探していますが、”今”を超えるコストパフォーマンスは未だ見つかっておらず、逆を言うならスポーツステアリングに関しては現時点がベストであると判断しています。
先日の台湾出張時にも、複数のインテリアカスタム業者とミーティングを行いましたが、材質や価格、デザインは良くても、本当にチョットしたディテールに違和感があり、勿論それらを改善、修正し煮詰めていくのも1つの方法ですが、私達が抱える現状での不満点は納期以外には工場からの出荷価格が高過ぎることを除くと、残る全ては満足し尽くしていますので、やはりこの分野においては現状維持が最善の選択であると妙な納得をしています。

画像は、つい先日完成したZ34 3ポイントステアリングホイール
ブラックカーボン×アルカンターラ×レッドステッチ それにレッドリングを追加したフルオプションバージョンです。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

Nissan 370Z MY2016


4日前 米国日産より2016モデルの370Z(クーペ、ロードスター、nismo)プレスリリースが配信されました。
基本的には2015モデルのキープコンセプトと、同価格を維持する方針ですが、新たに2つの装備が追加されています。
アクティブノイズキャンセル(ANC)
アクティブサウンドエンハンスメント(ASE)
この2つの装備はBOSEサウンドシステムを介して演出され、ANCはGTR同様にエンジンそのもののメカニカルノイズを低下させ、ASEに関してはBMW M3/4 またはBMW i8同様に、エキゾーストサウンドをスピーカーにて再現するという国産車初の試みです。 これらの装備が日本仕様へ採用されるかは今のところ不明ですが、少なくとも北米及びカナダ向けの370Zには標準で装備される模様です。

また、シカゴモーターショーでコンセプトモデルとして展示された”370Z nismo Roadster”は2016のラインナップとしては追加されていませんでした。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

台北 Day4

今回の滞在期間中も特に大きなトラブルもなく、日本へ無事に戻ってきました。
4日間の滞在でしたが、随分と長い時間旅に出ていたような気分です。 旅も人生も同じような観点から語ること人が多いのですが、確かに旅の印象や国の印象を大きく左右する要因として、いつ、誰と、どのように過ごしたか?によって旅の印象は大きく変化することは当然のこと。
そういう意味では、僕は本当に素晴らしいパートナー"ジェイ"に出会えたお陰で、今回の台北への旅は人生で1,2位を競う良い旅行であったと感じています。 
それでは昨日のダイジェストよりお届けします。


北投温泉で迎えた朝は清々しい1日でした。
朝食が終えると水着に着替えて露天風呂へ


ヘアーキャップが必要なのはカッコ悪いから残念ですけど、泉質はほんとうに良くて2時間位お風呂にいました。
この画像の頃、僕はMAC片手に昨日のBLOGを書いている最中です。


チェックアウトを済ませ台北市内へと向かいます。


台北での移動は370Z nismoを使用しました。 DAYTONA TAIPEIのデモカーです(笑)
結構移動距離も多かったので、途中ガソリンが無くなりましたのでガスステーションへ行きました。


ガソリンは3種 92,95,98オクタン 価格は98オクタンで100円位かな?



台湾土産といえばパイナップルケーキ
その中でも台湾No1のChia Teへおみやげを買いに行ってきました。 空港などにもパイナップルケーキは売っていますが、Chia Teのパイナップルケーキは台湾でもこのお店1件しか無く常に行列です。
ちなみに前日の夜も行きましたが、残念ながら売り切れていましたので再び訪ねました。 両手いっぱいの袋で帰っていく人の多さに圧巻されてしまいます。


ジェイのショップへ車を戻しに行き、そのままランチへと行きました。
彼は多彩な実業家です。 アパレルも少し手がけていますから、靴下やシャツなどお土産にプレゼントしてくれました。
そしてタイムリミット。 飛行場まで送ってもらいましたが、、、この数日 ずっと一緒にいたから別れはツラい。 


だけど、また直ぐに会おう! と再会の約束をしてByeBye!


そして福岡へ戻ってきました。  ただいま!


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。




台北 Day3


本日は台北市内からほど近い位置にある”北投温泉” しかも露天風呂より昨日の様子をお届けします。
北投温泉は台北市北投区という場所にあり、九州でいうところの別府温泉郷に近い雰囲気を持つ大変賑わいのある温泉街として多くの観光客が訪れます。
泉質は多くの硫黄を含んだ天然のラジウム泉 結構独特な良いお湯です。
海外でのSPA利用は水着着用が多く、混浴露天風呂とプールをミックスしたようなイメージです。 
そして、長いようで短かった台湾滞在も本日が最後となります。 本日17時25分のフライトにて福岡へ戻ります。 


さて、まずは昨日の朝 グランドホテルの様子からお届けします。
今回の滞在では何かと驚くことばかり。 誰がどう見ても中国建築である建物と、「これホンモノ?」と思わず聞きたい胡蝶蘭の大きさなど、右を見ても左を見ても驚くことばかり。



あいにくの小雨でしたが、グルっとホテルの廻りを散歩してみました。




AM10:30
この日はエアーサスペンションミーティングに参加しますから、ジェイと待ち合わせをしてハイウェイを走りミーティングポイントへと向かいます。
市街地はスクーターが多くて危険すぎますが、ハイウェイは日本よりも走りやすいです。




ジェイの仲間たちと合流してイベント会場へと向かいます。 みんな気さくな人ばかりで、フレンドリーに僕達を受け入れてくれました。
また、道中多くのカスタムカーファンがカメラ片手に待機していたり、この辺りは世界各国共通の自動車文化に生で触れたような感触を感じました。










昨日も紹介したエアーレックスは世界最大のエアーサスペンションメーカーで本社は台湾にあります。
そのためか、想像を超える多くのエアーサスペンション装着車両が集結し、思い思いの時間を皆が楽しんでいるようでした。
特イベントが有るわけでもDJが来るわけでもなく、ただ集まって自動車談義を楽しむ。 誰がエライとか、誰が仕切っているとか、そんなの関係なく皆が楽しむ時間を共有している。
その空間に心地よさを感じたのは僕達も同じです。 全体的に見て思ったのは、車のイジり方はアメリカっぽいノリが多く、エアーサスペンション、大口径ホイール、大型ブレーキが3種の神器 ノーマルっぽい車でも大型ブレーキ装着車は多く、ホンダFITクラスの車でも4輪APレーシングを装着など。。 勢いを感じます。



PM3:00
そろそろお開きの時間です。 最後に記念撮影をして台北へ戻ります。


ディナーはジェイの家族と火鍋(日本で言う しゃぶしゃぶ)を食し1日が終わりました。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。





台北 Day2


本日のBlogはここ ザ・グランドホテル台北よりお届けしています。
見てください、この建物。 思いっきり中国建築が特徴的なザ・グランドホテルは、国賓も宿泊する伝統的なホテルとして台湾宮殿跡地にそびえ建ちます。
築年数は60年ですが、室内はとても近代的に整備されて居心地の良い空間です。 スタッフは皆気持ちのよい接客をしてくれ、昨日同様にとても気持ちのよいホテルライフを楽しめています。
今回は全日程で宿泊ホテルを変えていくので荷物作りは大変ですが、それでも満喫しているので問題なし。 それでは2日目のダイジェストをお送りします。



ジェイが10時にホテルに迎えに来てくれるから、僕たちはユックリと朝食を頂きました。
世界中を・・というと大げさですが、僕も色々なホテルを見てきたつもりですが、このWホテルはとても変わった空間を楽しませてくれます。 一言で言うと、空間を遊んでみるとでも言えばいいのか、ところどころの仕掛けが面白いし、キレイだし。 とても好きなホテルになりました。


さてAMPAのメイン会場まで移動します。
2フロアーで構成されています。 なにはともあれ、ジェイの愛車であるRX-7をまずは見に行こうではありませんか!


世界1のエアーサスペンションメーカーである”エアーレックス”のブースに彼の愛車は展示されています。
日本でもお馴染みカーズのマックイーンをモチーフしたデザインに、日本のロケットバニー・ワイドフェンダーをインストール。
驚くはショーは終えてもこのデザインは存在し続け、これから台湾中のお父さん、お母さんがいない子達の施設をRX-7で廻るのだといいます。 勿論ボランティアです。 彼の優しさにチョット感動しました。



その後は3時間ほどかけてグルっと見て回ったり、ミーティングを行ったり。


ジェイの友人のモデルさん。 彼女はモデルでもあり、TVタレントでもあり、370Zに乗るレーサー!でもあり、性格は良い気さくな子。
完全無欠 欠点がないというスペシャルな子と記念撮影をしてみました。(ちなみにポスター頂きました)

それではAMPA視察は終えジェイのショップへ移動します。


車の中で彼と話し合いましたが、DAYTONA TAIWAN OFFICEが本日よりオープンしました。
結構自由に好き勝手しています(笑)


台湾を楽しんでよって事で、彼のZを借りてホテルまで移動中。 ただ、日本同様に車線が狭く、またスクーターの存在が危険すぎて油断できません。
結局ジェイにエスコートしてもらいグランドホテルへ向かいました。


彼は今からAMPAへ戻りマックイーンをピックアップ。 この夜は彼と、彼の兄弟、その彼女も交え、楽しいひと時を過ごしました。

そして本日はオール台湾チューニングメーカーのビックイベントが開催です。
勿論、僕達も今から現地へ向かいます!


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。






« 前ページ