年末のご挨拶

さてさて、今年も残すところあと1日
家でゴロゴロしながら歌番組でも見ている山本です。

まったく年末には関係ないのですが、ずっと福岡に住んでいながら本日はじめて「博多リバレイン」に行ってきました。
いやいや、凄いところですね! 福岡にもあんなに凄く豪華な場所があったのですね。 ちょっと驚きました。
何故かカオは何回か来たことがあるらしいのですが(笑)
空気が違うとはこのことかなと、体で感じてきました。 バリバリバリューっぽい空気の中とても緊張する食事でした(笑)
家族新年会もリバレインで行おうかという事になっているようなので、次回も美味しく食事を頂きたいと思います。

今年も本当にありがとうございました。
よいお年をお迎えください。 来年もよろしくお願いします。


 ↑
28日夜から降った雪で一面銀世界になった某峠
しかし降り方がイマイチ少なく遊べません

サンタクロース

27日にもなってXマスの話をするのもどうかと思いますが・・

前回うちの奥様がねだっている話を書きましたが、我が家のサンタクロースは奮発に奮発して美容機器をプレゼント!

顔にあてるスチーマー? なんでも毛穴が綺麗になるとかならないとか。
まったくわかりません。

ところが、話はこれだけでは終わらずに僕にもプレゼントが!!!

おおおっ!
入手困難の任天堂Wiiだよ 素晴らしい!!!

サンタさん ありがとう

夜はイルミで飾られた天神の警固公園へ


相当出遅れましたが、メリークリスマスでした・・・

HKS F-CON V-PRO⇒HKS F-CON V-PRO?



この車は10年式の最終型Z32
オーナーが新車で購入して、速攻でHKS東京(現テクニカルファクトリー)でタービン交換をしたという、なんとも贅沢なZ32です。
しかしながら製作したのは約7年前 部分部分で付いてるパーツが古かったり、ぼちぼち交換したほうが良い部品もあります。
最近では謎のエンジン不動トラブルもあったと言うことで、まずはV-PROを新型のV-PROへ変更してみようと言うことになりました。


おお~ 最新VerのV-PROです。
ちなみに価格も最新Ver(笑)の135,000円(セッティング、取り付け別)



こちらは取り外したV-PRO 世間一般でいう銀プロって奴ですね。
正確には「FーCON V改」の「VーPRO」ですね。
現V-PROの方が処理速度が速く、MAPが約3倍に増えています。
結果、エンジンの始動性がよかったりピックアップがよかったりきめ細かなセッティングが出来たりします。

しかしこのZは意外な故障がありました。
なんとパワトラの故障! 後期の小型パワトラのトラブルは初めてです。
症状は前期同様エンジンがかからない・・・ 
何時パワトラが故障したのかは定かではありませんが、恐ろしいことに銀PROでは何故か動いていました。 純正CPUや金PROではエンジンさえかからない・・・
非常にまれなケースと思いますが、当然交換です。



今まで触媒無しのFパイプ仕様でしたが、今回のセッティングを機に触媒付きへ戻します。 Z32では触媒無しの車両をよく目にしますが、このご時世 地球環境などを考えますと、やはり対策したいところですね。
地球に優しいチューンドカーです。

さてさて気になるSPECは
最大パワー396PS/6200rpm 
最大トルク52.6kg/4900rpm
純正触媒で400PSは好成績と思います。

また来月、究極のBOOST UP車両を作りますのでレポしますね。
今度のはタービンノーマルのスポーツキャタライザー仕様です。
お楽しみに

今年もあと僅か・・

今年も色々あったよ・・・
自分で言うのも変だけど、僕は大変だよ マジで(笑)

つい最近kaoと話していて「結婚してからは時間が早いよね」っていう話になりました。 どの程度早いか? 
かなり曖昧ですが、単純に2倍? 僕はkaoを kaoは僕を 
人の人生を背負い生きていくという生活は、とても独身時代では考えられないようなスピードで今年1年を駆け抜けていきました。 気がつくとこの季節です。
それがいい事なのか悪い事なのかは解りません。 そのどちらだとしても時間をコントロールすることなど出来ません。 
ですが、真面目にキチンと生きていかないと「気が付けば50歳になりました」と、なりかねないなと危機感さえ覚えます。
明日を 今日を 今を 必死に生きていくだけです。 

思い起こせば、、、、
去年末から大変な事が起きだして、やっと春には一時落ち着いたかなと思えば、AP内での重大事故 
それが片付くと夏には別件で超重大問題勃発 僕の人生さえも左右されるほどの出来事でした。
胃が縮む思いで乗り越えて、やっと最近落ち着いたと思いきや、夏の問題の後始末で楽しい年末は頭が痛む年末に(笑)
まったく気が抜けない1年でしたね。 そりゃ1年経つのも早いよ(笑)

まあホント色々ありましたけど、それはそれで新しい発見や楽しい事もありましたよ。 決して悪い事ばかりではないです。 はい
しかしながら、来年はもっと平和な1年を迎えられたらとは思いますが・・・
健康な体さえあれば難題も乗り越えられると信じています。
今年1年僕が難題に潰されなかったことがそれを証明しています。
まあシッポリした話になりましたが、年末年始のお休みを記載しておきます。
年末の挨拶は来週にでも・・・

12月29日~1月3日をお正月休みとさせていただきます。

よろしくお願いします。






クリスマス

12月のイベントと言えばクリスマスと大晦日
僕に限っていえば、僕の誕生日(笑) ちなみに12月20日です。 よろしく

クリスマスが近くなると、我が家の歳をとったお姫様は「お願い事」を要求?してきます。
「ねえねえ○○(欲しい物)って良いよね~」等といいながら、一生懸命ヤフオクのウォッチリストに入れたりしてアピってます(笑)
前回もおんなじでした。

寝室に入ると、なにやら見慣れないものがあります・・・

長靴の中にサンタさんあてのメモがあります(笑)
実は2枚目のメモもありまして、靴の中にはチョコレートのお菓子が入ってます。
早い話が、「プレゼントをくれるならお菓子を持って帰って良いよ」と書かれています(笑)

我が家の肥満気味のサンタクロースはとても困っているそうです(笑)

阿蘇

阿蘇山に行ってきました。
と言いましても温泉が目的ですが・・・

まず立ち寄ったのは「白川水源」

100円支払うと場内に入れ水を汲んで帰ることも出来ます。
とても綺麗な水で、まったく濁りがありません。
どれくらい綺麗かと言うと、

これくらい綺麗です。 これでも膝位まで水が張ってありますが透明度がすごすぎて、写真では地面しか見えません(笑)

次に行ったのは、阿蘇山の火口

この日は運が悪く、火口付近に霧?雲?があり、まったく見えませんでした。
おまけに火口付近には常に有毒ガス(喘息の方などは命にかかわるレベルだそうです)が出ているのですが、風向きが悪く火口を見ている僕らに直撃!
速攻で避難勧告(笑) 見事なまでに閉鎖されてしまいました・・・


気を取り直し、いざ温泉へ
その名も「地獄温泉」 

この画像のお風呂は、通称「すずめの湯」です。
驚くなかれ、なんと混浴! お湯は硫黄泉で物凄くいいですが、利用する人間が悪い・・・ おば様2人組でこられた方は、何とびっくりパジャマみたいな服を着たままで入浴していました。 これには開いた口が塞がらない。
「タオルをお湯につけないでください」と書いた温泉は多いですが、まさか服きたままで入るなとは書いてませんが・・・ 

気を取り直して、今度はファームランドでお食事

この時期はイルミネーションで飾られたトンネルが綺麗ですよね。
とても温かみがあり、カップルで賑わっていました。

最後に記念撮影

はははっ 僕まで大型犬になった気分です。
セントバーナードが可愛いですよね。

こうして阿蘇への日帰り旅は幕を下ろしたのでした。
楽しかったな~

カニカニカニ
タラバ蟹である。

顧客のS君から朝一に電話がかかってきました「タラバが手に入ったんですけど食べます?」 当然食べます!!!



「今朝まで生きてたんですよね~」ということ。 つまり新鮮だ!!!

その晩には蟹さんは解体され、一部は僕の実家に 一部は僕らの胃袋に・・・


ホットプレートで焼いて食べました。
旨い・・・  S君 いつもありがとう!!!

クラウン アスリート

先日からずっと入庫したままのクラウン
当初ダウンサス交換で入庫しました。 まあ普通にダウンサスを組みました。
ところが車高を下げた影響か?気のせいか?何か別に問題があるのか?異音がすると言うことに。
取り付けや取り回しには何の問題もない。 オーナーご自身(自動車関係のお仕事)で確認もしましたが問題ない。
オーナーM君の会社の整備士曰く「今までずっと、このクラウンはノーマルだったでしょ? それがいきなりダウンサス組んだんで車がびっくりしてるんですよ」とM君を説得?したらしい。 原因もわからないし面倒なので適当にあしらわれたのであろう(笑)

しかし神経質なM君はどうしても異音が嫌で嫌で、ダウンサスを外すと言うことになりました。
外してノーマルの戻せば良いものの、今度はノーマルサスのバネカットと言う荒業に出たのでした(笑)
ところがバネカットしたらしたでこんな姿になってしまい、たまらず降参!!
結局、足回り一式を新調することにしました。

今回チョイスしてみたのはビルシュタインのオーダーメイドダンパー「エナペタル」です。
値段は結構いいですが、こちらが望むのもをキチンと作ってくれるので「エナペタル」は評判がいいダンパーチューナーです。
バネは結構な硬さなのに乗り心地はそこまで悪くなく、しなやかに動いてくれます。 特に加速中のシフトアップ時の挙動変化がほとんどなく、とてもスムーズに動いてくれるところなど「エナペタルマジック」と思いますね。
今のところ、僕が一番好きなダンパーメーカーです。

エナペタルさん

ソアラ

今日は色々な車種に囲まれて幸せ?です。
奥は前回のクラウン
真ん中は車検で入庫のソアラ すごく良い車です
手前は同じく車検のFD

当たり前といえば当たり前ですが、ソアラに乗った直後に別の車に乗るとチャチに感じてしまうほどソアラの出来栄えはすばらしいです。
内装の質感 オープンボディを感じさせないシャシ剛性 4.3Lエンジンのトルクフル 国産版SLってところですよね。
このソアラがリリースされた時は「宇宙船のような車でカッコ悪いな」と思いましたが、いやいや 素晴らしいです。

RX-7(FD3S)

なんのこっちゃ解りませんが、珍しくフルチューンのFD3Sに乗っています。
2、3年ぶりに乗りましたが、恐ろしく狭い室内に悪戦苦闘。
フルバケが入ったFDの乗車はデブには厳しいようです(笑)

車は久しぶりに乗りましたが良いですよね~ 軽量でハイパワー 車体も意外とコンパクト。
コーナー1つ曲がるにも舵角は最小限で済むし、車体が軽いのでブレーキも十分
タービン交換して400PSも出せば異次元の速さですよ。
重量バランス50:50は伊達ではありませんよね。
お金をかけずに(最小限で)速さを得ることが出来るので、サーキットでも大人気ですよね。 

今スポーツカー市場は消滅の危機にあります。 最近ではトヨタMR-Sの生産終了が発表されました。
国産スポーツが元気だったのは、今となれば20世紀までということでしょうか?
悲しい限りです。
その中でも本当の意味での国産スポーツカーは数少ないですが、このマツダRX-7は正真正銘のスポーツカーですよね。
スポーツするには最も適した1台と思います。

ですが、ロータリーエンジンの改造車は爆音過ぎて気を使いますが(笑)

エアコン消臭

ちょっと時期外れですが、エアコン消臭である。
よくガソリンスタンドなどでも施工しているようだが、今時の車は「エアコンフィルター」なるものが付いていて、消臭するときはフィルターを外して洗浄液をエバポレーターに直接吹き付けるらしい。
ちなみにZ32もZ33もエアコンフィルターは「無い」

Z32の場合は簡単 センターの噴出し口から直接吹き付けてあげればいい。
しかしながらZ33はそうは行かない。 センターの噴出し口から覗き込むと、ごみ落下防止のネット&フィルターが張ってある。
たまらず日産にTELしてアドバイスを貰うも「Z33は施工実績が無いんですよ~ しかしながらフィルターが付いていない車はクーリングユニットにドリルで穴を開けて、そこから直接ノズルを入れて・・・・・・」 ムチャクチャである(笑)
下手すればエバポに穴が開く ドリルで穴空けはさすがにリスキーすぎる。
逆に言うなら、ユニットに穴を開けるくらいなら消臭施工など受けないほうがいい。
困った困ったと整備書片手に色々見ていると。。。。 

「あった ここから洗浄できる!!」

まったくのノーリスクでエアコン洗浄することができました。
よかったよ  
これで臭いが消えてくれると良いのですが、お客様のコメントが聞きたいですよね。