シールキットの交換で、蘇るフィーリング。


車検入庫のZ33はブレーキ、クラッチの油圧シリンダのオーバーホールを実施しました。


時々ブレーキを2度踏みしないと圧力が伝わらないような症状に悩まされていたそうです。
実際に何日か試乗を行い症状を確認しようとしましたが幸い症状は発生せず、とは言えこのまま納車を行ったのでは問題は解決しませんので、走行距離から考え油圧シリンダーのオーバーホール、
シールラバーの交換を行ってみることにしました。


画像はフロントのブレーキキャリパーに使用されているピストンになります。
ブレーキフルードのメンテナンスが悪いクルマはピストンに錆びが発生しシリンダーへ傷をつけてします個体もありますが、今回のZ33はそのようなこともなく軽くペーパー処理を行いました。


15年近く使ってきたキャリパーボディには所々に色ハゲがあったりもします。
それが直接性能低下へと繋がる話ではありませんが、洗浄後に近似色にてペイントを行った後にシールを組み込みオーバーホールを終えました。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

2世代先の技術をフィードバック。


Z32のような薄いボディラインを持つスポーツカーは、デビューから20年以上経過した今日でも通用する日産の最高傑作であると評価されるのはある意味当然のことです。
エンジンは当時のメーカー自主規制である280馬力を余すこと無く発揮し、同じく当時は最先端技術であった日産マルチリンクサスペンションは、たしかに現代では通用しない技術ですがそれでもメンテナンスさえ行っている個体ならば不便なくパフォーマンスを発揮できていますので、やはりデザイン同様に評価に値するものと思います。


Z1 Motorsports ┃アケボノ ビッグブレーキキット - Nissan フェアレディZ Z32
ただ、唯一の弱点といえばブレーキシステムでしょう。
1.55t以上の車重を持ちながら、1階級下の1.25t級スポーツモデルとシステムを共有していたわけですので制動能力不足に悩まされていたのは今に始まったわけではなく、新車時からの欠点です。
これを現代の技術でアップデートを行うならば、Z34 nismoへ使用しているアケボノ製4ピストン/355mm + 2ピストン/350mmを選択するのが費用対効果としてはベストです。
18インチ以上のホイールならばほぼ無加工にてボルトオン装着を行うことが出来ますし、ホイールの向こう側へイッパイに広がるブレーキディスクを見ているだけでも満足度は十二分にあります。
勿論、ブレーキパット面積もZ32純正とは比較にならないほど広いから、踏力に応じたリリースコントロールを行うことの出来る懐の深いブレーキシステムです。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

ドライブが楽しい季節になってきました。


EZLIP│アドオンスポイラー
あっという間に冬は終え、気温もグングンと上昇し暖かで太陽からの眩しい日差しが心地よく感じだすと、ガレージに置きっぱなしだった愛車のエンジンは始動する頻度が増えドライブへと出かけたくなってくるものです。
と、同時に冬場は粘着性が落ちるから暖かくなった頃に装着しようと助手席に載せていたEZLIPの袋を開封し、アドオンスポイラーの装着を行いました。
たったこれだけの作業なのに、大きくフェイスラインが変わるのも不思議なもので、ダウンスポイラーのようなルックスは上品でもあり迫力も有るので僕の最も好きなスタイルです。
柔軟性の高いアクリルフォーム素材ゆえに、ファイバースポイラーの取付に生じる塗装や取付、何よりも路面とのクリアランス低下に伴うガリ傷等の心配も必要ない、気軽に足を踏み入れやすいというのも大きな利点。 
さあ、春のドライブへ出かけるその前に手軽なモディファイを楽しんでみませんか?


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

シグナルは点灯していませんか?


Z1 Motorsports │リアゲートダンパーKIT
リアウイング付き/無しに関わらず、リアハッチを支えきれないダンパーに苦戦された方も多いのではないでしょうか?
特に冬場は気温の低下→ガス圧の低下となり、従来ただでさえ弱いダンパーが更に機能低下となり、リアハッチを上げてもそのまま落ちて来て"両手を使って荷物を載せることの出来ない"状況に苛立ちを覚える方も多いハズ。
放置していても治る事はありませんから、そこは我慢すること無く一刻も早く交換へ踏み切るほうが利口といえます。
Z1モータースポーツ製リアゲートダンパーは、FRPウイング程度の重さならば難なく持ち上げるだけの圧力がありますし、逆にウイングレス車であっても開け閉めが大変と言うまでの圧力はありませんから純粋に補修用ダンパーとして導入として使用するオーナーさんも多いです。
まだ、もう1,2回は寒波が到来してきそうですから既に不自由を感じているオーナーさんや、若干の弱さを感じているならば今が交換のサインです。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。


CFRP パドルシフト。その名もバトルシフター誕生。


Facebookにて先行発表を行っていたDAYTONA RacingからのNEWアイテム。 Z34/V36系のパドルシフトをカーボンファイバーにて製作しました。
今日では多くのハイパフォーマンスカーに採用されているパドルシフトですが、そのデザインや材質は車種/メーカーによりマチマチです。 やはりCFRP仕上げのパドルシフトは見ていてオオッと興味をそそるものがありますし、しかも長めのパドルレバーを採用ともなれば無意味にシフトアップ,ダウンを繰り返したくなってしまう心境も納得してしまいます。


かつ、DAYTONAではパドルシフトの操作性の向上を狙い50mmロング化を行っています。
純正ではマグネシウム合金を使用し軽量かつ強固なシフトデザインですが、対するDAYTONAはアルミコアを鋳造にて製作しCFRPにて仕上げています。


DAYTONA Racing │バトルシフター for Z34 / V36 / R35
装着はいたって簡単。
ステアリングを取り外すと作業は比較的スムーズですが、ステアリングを装着した状態でも交換作業を行うことが出来ます。
基本的にレバーデザインは純正をモチーフに、独自の意匠を取り込んでいますのでオフ会などではちょっとした自慢になるのではないでしょうか?


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。




少しでもきれいな空気を吸いたいのは人もクルマも同じ。


DAYTONA Racing │スポーツ エアクリーナー2 for VQ35HR/VQ37VHR
12ヵ月点検や24ヵ月点検の際にエアフィルターの目視点検を行っているはずが、ちょっとした気の緩み?か意外とエアフィルターが真っ黒になっているZをよく見かけます。
クリップ2つを外すだけで交換できるんだけど、ちょっとした盲点になっているような気がします。
DAYTONAではECMチューニングや、24ヵ月点検の際には必ずエアフィルターの点検を行い、必要であれば当然交換をおすすめしています。
マフラーやサスペンションのアップデートを行うように、インテークのアップデートもお忘れなく。 エンジンの爆発に必要になる空気を導く最初の通過点がエアクリーナーなのですから。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

自宅へ届くUpRev。


DAYTONA Racing │DAYTONA SPORTS ECM Powered by UpRev.
DAYTONAがコンピューターチューニングに着手したのは2009年でした。
Z33から採用されたCAN通信、フラッシュROMはそれまでのECMチューナーでは解析はおろかデーター通信さえすることが出来ずに、日本ではごく一部の限られたチューナーのみしか足を踏み入れる事が許されなかった頃、アメリカでは既に一般ユーザーがノートPCを使い自分自身でチューンドECMのインストールを行っていたのですから、渡米して初めてUpRevとミーティングした時にお互い「嘘だろ?」という話をしたことをよく覚えています。
それから10年近く経過した今現在、ようやくセルフチューニングも馴染みが出始め(定着ではない)、D.I.Y感覚でコンピューターへアクセスしようと立ち上がるユーザーが増えたことは僕達にしても喜ばしい限りです。


とは言え、自動車整備に従事する者を持ってしても未だに抵抗がある事という声はあり、具体的には万が一インストール時に起きるトラブルへ対処できないというのが一番の理由でしょうが、そのような時に「問題ありませんから」とは思っても無理強いすることも出来ません。 そのようなときは車体からECMボックスを外してDAYTONAへ送っていただくだけでOKです。
私達が最適なチューニングデーターを製作しお預かりしたECMへフラッシュします。
どちらにしても、オーナーさんは自宅へいるだけでチューニングECMを入手することはいとも簡単なのです。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

エンジンをかける動作が儀式ならば、プッシュボタンに拘りを持つのも悪くはない。


DAYTONA Racing │エンジンスターター レッドスイッチ
DAYTONA Racing │エンジンスターター レッドリング
車に乗り込み、まずはエンジンスタート。
そのボタンを押す動作も少し楽しくなってしまうのがこの2点のアイテム。
エンジンを起動させるボタンだから、「やる気」が出てくれたほうがスポーツカー乗りとしてはありがたく、燃え上がるような真紅のボタンと目が合うだけで、嬉しくなってしまうのも"あり"。
特にZのインテリアは黒を基調にモノトーンですので、そのこ1点だけ赤が走ると、もうそれだけでテンション上昇間違いありません。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

ボタン一つでエラー消去=修理完治ではない。


地元の工場にて冷却水漏れの修理を行った所、その直後よりエンジンチェックランプの点灯が発生し、再度工場へ入庫するも一時的にはエラーを消去できてもすぐに点灯し、同じ作業を繰り返しているとのことでDAYTONAへ入庫してきました。


このようなケースでは、まずは車両自身へ問いかけるのが一番の近道です。
OBD2ポートより読み出されるエラーコードは、空燃比センサーの異常。
なぜ、工場ではエラー消去はできてもエラーコードが何なのかを調べない、調べることが出来なかったのは謎ですが、もしかして簡単な問題ではないのかも知れないと思い、空燃比センサーの実数を読み出してみることにしました。


このような時、V表示の整備向けの診断機ではなくUpRevのデータースキャンを使うほうが空燃比実数として表記されるためわかりやすいのです。
ですが、650rpm時 B1は14.7前後の表記ですが、B2は60.0 結果はご覧の通り反応なし=センサーの故障と判明しました。 


センサー交換を行った後、再確認を行います。当然ながらB2も反応を見せてくれ修理は無事解決。

異常が発生した時にエンジンチェックランプが点灯し、整備を促すことは現在のシステムとして組み込まれています。
その時、修理を行うことは方法であって、チェックランプを消す事自体は手段ではありません。 根本的な改善を行わないことには、いつまでたっても前へ進んでいくことが出来ません。
世の中にはOBD2診断機と謳いながらも、エラーコードを読み取れない機材も安価で多く流通し、便利なのか?より話を複雑にしているのか?も解らない状況ですが、少なくとも修理を行い代金をいただく事を生業とするプロフェッショナルであるなら、最低でも判断ができるだけの道具、技術、知識を持った上で適切なアドバイスをユーザーへ行う。 仕事とはそのようなものと僕は考えています。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

硬いだけではスポーツとは言えない。 意図的に動かし吸収してこそのスポーツである。


「純正ダンパーとは思えないほど、運転していたら腰が痛くなる」
Z34 Ver,nismoがデビューして今日のnismoに至るまで、殆どのオーナーさんが口を揃えるように同様の感想を口にします。 
以前のnismoはストリートよりもレースにウエイトを寄せていましたので実際にレース用パーツを多く販売し、nismoコンプリートカーと言えばチョットやそっとでは手が出ないようなパーツを仮装していたモデルも有り買い手=乗り手を選ぶ特別なものでした。Zで言うと380RSが”それ”にあたります。
ですが、今日のnismo仕様車とはnismo監修の元にオーテックジャパンが製造を担当し、ディーラーで購入できるカスタムカーとして位置されています。 
その為、狙いと現実とのギャップを上手く調整できないまま今に至り、最近では更に強化ブッシュも武装されZ34 nismoはハードな乗り味を残したまま製造が継続されています。


OHLINS │DFV OHLINS Ver,DAYTONA E.R.S
メーカーの意匠をより優れたものへとアップデートを行い販売するのがカスタマイズカートするなら、メーカーが手を付けきれないネガな部分をモディファイするのは市場のチューニングです。
より高性能なデュアルフローパスを搭載するDFVオーリンズをベースに、DAYTONA独自の味付けを行いより上質で運動性能を高めたモデルを提供しています。
フロント11kg リア10kgと一見すると若干ハードなレートに思われますが、伸び/沈みのスピードと硬さの調整を行うダンパーとのマッチングが抜群に良いので、むしろ純正よりも柔らかなタッチを実現し更にコーナーリング時の姿勢も安定する傾向です。 また、4輪ともに車高調整式ですので純正よりも車高を下げながら、更に乗り味がよく乗り心地も良い。 私達が提供するZ34 nismoはそのような足廻りを持っています。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

平野中学校2年生 社会体験。

DAYTONAファクトリーツアーに全ての時間を割いても良かったのですが、せっかくなので日ごろお付き合いの有る会社の方々へ協力をお願いし、未来ある少年たちの訪問をお願いできないかと依頼した所、快く引き受けてくださった企業へ訪問しました。


まずは、日産プリンス福岡 春日店
日産ディーラーでは日頃どのような仕事を行っているのかの話からスタート。


新型リーフを題材に、日産が誇るEV(エレクトロニック ビークル)の素晴らしさと可能性を担当の鬼塚さんに説明してもらいました。


その後、実際にリーフへ乗車しガソリンエンジン車との違いを経験してもらいました。



次に立ち寄ったのは福岡の老舗チューニングショップ リバーテック。
主にGT-Rのチューニングを得意とし、技術の高さから多くの顧客を持つことでも知られています。


ここではR35GT-Rを題材に、チューニングに要するコストやツールの話。 また、それらから得ることの出来るパワーなど 川崎社長から話してもらいました。
少年たちは日頃レースゲーム等でGT-Rをよ〜く知っていますので興奮気味です!


そして、当日の突電にも関わらずマクラーレン福岡 小柳さんからのOKを頂き(ありがとうございました!!)、少年たちは永三ビルへとお邪魔します。


マクラーレン/アストンマーティン福岡のショールームは1階にマクラーレン 2階にアストン・マーティンが展示しています。
V12気筒だ500馬力だ3000万円だと、子供でさえも「う〜〜〜〜〜ん」と唸り声を挙げたくなる緊張した空間ですが。。。


小柳さんは「ほれ、これに乗りなさい」とドアを開けてくれます。頼むから気をつけて乗ってね・・・。
世界で最も美しい4ドアスポーツカーと言われるラピードS  ドアが斜め上に開くんですね。  う〜〜〜む、カッコいい


皮の香りが上質すぎて、なんにもわからない少年でさえ笑顔満点。
当然、このあと僕も乗りました(笑)


フロアを移動してマクラーレンのコーナーへ。 


720Sローンチエディション
小柳さんは少年へ「ほれ、こっちへ来てドアを開けてみなさい」と言ってくれますが、『何かあったら大変なので』と僕は一度は断りを入れますが「その時は山本さんに購入いただければ問題ありませんから」
なるほど、それだったら家内に「事故が起きたから仕方がなかった」と言いやすいなと妙に納得(笑)。


結局、少年たちの手により両ドアが開きました。。。。


インスタ映えが良さそうな570Sスパイダーにも少年たちは興奮を抑えきれない様子ですが、それだったら俺も負けないな。
最後はメンテナンススペースの見学をさせていただきDAYTONAへ戻ってきました。


「この仕事をしていてよかったと思うことはなんですか?」
彼等なりに考えた大人への質問で、今回出会った大人達 勿論僕も同じことを聞かれたわけですが、簡単に言うなら「このように社会貢献できたことが嬉しかった」と僕は答えました。
それはもう少しだけ深く言うなら社会貢献できたこと自体よりも、それに値する(例えば生徒たちを預けても大丈夫であろうという先生たちの安心感)企業にDAYTONAはなっているということを含めて、会社や自分が、即ち仕事が認められているという実感を地域や先生、そして今回の僕達の訪問に協力してくれた方々との交流を通じて認識できたことはとても大きな僕の仕事をしていて「よかった」事です。

帰り際「この職業体験を活かして大人になっていきたいと思います」と言い残し彼らは自転車で帰ってゆきました。 


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

平野中学校2年生 職場実務体験。

職場体験と言っても、僕達の実務には実に様々な仕事が存在するため、1日目はDAYTONAファクトリーツアーを行いました。



まずは、エンジン分解や過吸気取付、溶接などを行うファクトリーONEへ行きました。
そこでは電気の流れを可視化したオシロスコープや、溶接の体験を行い実務現場の雰囲気と考え方を説明しました。



ファクトリーTWOでは一般整備工程。 具体的にはオイル交換のレクチャーです。
プリウスのオイル交換を行い、なぜオイル交換をする必要があるのか?の話から、オイル交換1つでもドレンボルトの位置、オイルの粘土、量など、私達が得なければならない情報がたくさんあるという話に彼らは興味深く工場長の話に耳を傾けていました。



ファクトリーTHREEでは、実際に板金作業の経験をしてもらいました。
凹みを直す工程やパテ研ぎなど。 車の直し方には様々な方法があり、新品交換、中古交換、板金修理。 どれで直しても同じ姿に治るとしたら?というような話です。
時間を優先するか? 金額を優先するか? それとも新品であるということを優先するか? 全ては正しく、しかし現実には1つしか選べないというような話です。

また、それぞれの責任者へ「この仕事をやっていて、良かったことは何ですか?」との中学生からの質問に、彼等なりに話を噛み砕きわかりやすい目線で話をしていた姿が印象に残りました。
子供たちが社会を学ぶ為の時間であるとともに、私達もまた原点を見直すための良い時間となりました。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

平野中学校2年生 職場体験。


大野城市立平野中学校からの要請を請け、本日から3日間 3名の生徒さんの職場体験プログラムを引き受けています。
とは言え「良いですよ」と二つ返事でOKしたものの、今のDAYTONA店舗ではPCのお仕事がメーンとなってしまうため職場体験も何もあったものではありません。
ですので、普段は一般公開していない3ファクトリーでの体験学習をしてもらおうと彼らを課外授業へと連れ出しています(勿論、学校の許可を取っています)
移動中にも色々と会話をしてますが、何歳と聞くと「14歳です」 まあ、それ自体は驚かないけど、何年生まれ?と聞くと「平成15年生まれです」 チョット驚いてしまい何度か聞き直しました。
ぱっと考えてZ33と同じであると驚きを隠せません。

残念ながら明日は大雪の影響で職場体験は定休日。また明後日は出社してくれますが、僕達としてはこの地で仕事をやらせてもらっている、せめてもの恩返しとして地域貢献を行っています。
なかなか生徒さん達を受け入れを引き受けてくれる企業が少なく、別の班は2つ隣の市まで自転車で移動するなど(安全面でのお断り以外にも、早い話が企業側にはそんな暇はないと門前払い)この時代ならではの苦労も学校側にも有るようですが、地域貢献はもとより僕達の存在や言葉が少しでも彼らの刺激となって、近い未来 彼らが社会へ羽ばたくためのアイデアになってくれたらとの願いを込めお引き受けしています。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

リアメンバーからの汚れは、交換要すのシグナル。


2月4日の福岡は、深夜から降り始めた雪はお昼すぎ頃まで降り続き、10時に開店準備をし約2時間車を外に出していたらご覧のように雪だるまのようになりました。
流石に本日の入庫、納車予定は全てキャンセルかと思われましたが、Z34オーナーさんの住むエリアでは”そこまで”雪が降っていなかったようで正午過ぎにお引き取りに来てくれました。


バンパーの隙間から下廻りを覗き込むとマフラーに付着する茶色の液体を目視確認。 これは"イケないやつ"だと瞬時にわかりDAYTONAへ入庫の運びとなりました。


WHITELINE │ デフマウントブッシュ
デフマウントブッシュの破れに対する対策は幾通りかの方法がありますが、日産純正部品 即ちリアメンバーフレームASSY交換というのは最も解決策に欠ける修理方法であると考えています。
結局のところ、デフケースの動き=ブッシュの捻じれがブッシュへのダメージへと直結しているのですから、その部分の改善を行わないことには何度純正品へ交換しようとも同じことの繰り返しになります。
最もの原因はデフキャリアの固定強度不足ということになりますが、だからと言って固定方法をモディファイするほどのことでもないでしょう。
次に出来る対策としてはブッシュ部の素材変更、構造変更。 ポリウレタン素材で形成し純正比120%程度の硬度とグリス非注入式であるWHITELINE化を行うことが、現実問題としてリーズナブルかつ確実性の高い修理を兼ね揃えたアッググレードな方法であると私達は考えています。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

iPhone X持って地鶏庵 三蔵へ・・・


なんとなく2009年からシリーズ化されているiPhone持って三蔵へは、いよいよ9年目 iPhone Xへと更なる進化を遂げました。
(三蔵さんの駐車場も砂利から舗装へと進化しています)

iPhone4持って地鶏庵 三蔵へ・・・
iPhone4S持って地鶏庵 三蔵へ・・・
iPhone 5S持って地鶏庵 三蔵へ・・・
iPhone 6Plus持って地鶏庵 三蔵へ・・・


さて、今回の旅のお供はメルセデスAMG GT。
4.0L V8ツインターボエンジンを搭載し最高出力は510馬力。組み合わせるトランスミッションはAMG7速スピードDCTをトランスアクスルにマウント(R35 GT-Rのようにデフ一体型のトランスミッションを後方へ配置しています)
これまでにAMGがラインナップを行っているSL63ともS63とも異なるスポーツマインド溢れたAMG GTはメルセデスの中でも異質とも言える存在で、これまでにAMGを所有したオーナーでもぶっ飛ぶような列記としたスポーツカーです(現在、AMG GTのみがAMG社が全ての開発を行う唯一のクルマです。)
ハンドリングはメルセデスの印象はなくとてもクイックだし、エンジンを含めた特性は手元のダイヤルで4段階のパフォーマンスを調整することで、タウンユースからレーシングコースまでを余すこと無く楽しむことが出来るのです。勿論スポーツモード以上を選択するならば、シフトダウンの際にはAMGハイパフォーマンスエグゾーストからバラッバラッとバブリング音が響き渡るのもいい味です。
今回は、そのようなAMG GTを引き連れて三蔵さんへお邪魔しました。


さて、最近の三蔵さんはランチタイムを過ぎたあたりから準備時間を設けているとのことですので、夜の部一番の16時30分を狙っていきました。
ちなみに最近は3ヶ月に1度位通っています。 以前は毎月お邪魔していた気がしますが、歳を重ねると何かと他の用事も多くて忙しいので現在のところはスローペースです。


何時行っても安定した旨さを提供してくれる店って中々出会うことが出来なくて、気がつくと10年以上通い続けています。
当然オススメは天草大王。 だけど普通の地鶏も十分に旨いから、地鶏セットと大王セットを1ずつオーダーしてシェアしているのも10年間変わらない注文方法。


スタッフも何時もいい子で、彼が注いでくれる炊き込みご飯が美味しい。
この地は何より水が本当に良いから白米に含まれている水分が米の旨さを引き立ててくれています。
とにかく満足。 次のIPhoneを入手するときには何が変わって何が変わらないでしょうか? 
このように記事として残しておくだけでも、当時のカメラ画像の質や僕の文章力や雑感を一瞬で見てゆくことが出来ますので便利ですね。今、この瞬間も過去記事を何度も読み返しながら思い出を辿りながらタイプしています。 未来はまだ見えないけど過ぎた時間はアーカイブとして残すことが未来へつながる一歩になるのかもしれません。

■地とり庵 三蔵
〒861-0556 熊本県山鹿市平山5205
0968-42-8138

番外編

さあ、いつもなら温泉に入って帰宅するだけですが、この日は16時30分から晩御飯食べて それから温泉に2時間弱入っていましたので、お風呂からあがっても20時前 しかも風呂でカロリーは消費しきってしまい空腹です。
Googleで近所のラーメン屋を探したら美味しそうなローカル店(あとで判明 実はローカル店では無い・・・)を発見。 クルマで15分ほど山鹿市内へ走らせる"味千ラーメン山鹿店"へお邪魔しました。
とてもレトロな雰囲気のお店で期待が持てます。


熊本ラーメンは焦がしニンニクをタップリと使った香ばしいラーメンが特徴で、僕は黒マー油ラーメンをオーダー。
期待を裏切らないシッカリとした味に満足して帰路につきました。
 
自宅へ戻りBlogへ記載するためにもラーメン屋さんの情報を見ると「海外に706店舗 日本国内82店舗」を展開する巨大チェーン店と判明。
ローカル店どころかワールドワイドに活躍するとは知らずに、これはこれは大変失礼いたしました・・・。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。
« 前ページ