Stancenation Japan G Edition 2019


2019年上半期の最終日の6月30日(日曜日) 僕達は長崎県佐世保市にあるハウステンボスで開催された"スタンスネイション"へ参加していました。
DAYTONAがレクサスLC500 しかもワイドボディを手がけたことは記憶に新しい出来事ですが、今から約2ヶ月ほど前にボディキットのサプライヤーであるアーティシャン スピリッツより今回のジョイント企画の話をいただき参加を行ったという経緯です。


当日は記録的な「滝のような雨」が降る予報でしたが、幸いにも到着した8時では小雨程度で落ち着いた状況でした。
結構な雨の中、福岡より高速で走ってきましたので車両の掃除も大変です。 バケツに水を汲み掃除を行い10時30分からのゲートオープン前に車両準備を行います。


雨天というのにゲート前は入場待ちの列ができるほどの熱狂で、よく「若い子はクルマも持ってない」なんて話を聞きますが、少なくともこの場に集まる子達は全くの対象外で熱心に好みの車を眺めている様子でした。


僕らのLC500GTは女子ウケが良いみたいで、結構な割合で女の子が撮影してくれていたのは印象に残った出来事です。


小雨の降る中 16時の閉幕直前。
スタンスネイション運営事務局が僕達のブースへやってきて「おめでとうございます。 アワードを獲得されました。」
の声に一同「えっ!?」


メインステージで表彰が行われ沢山の観客で賑わう花道を通りますが、こういう経験は今まで無かったので運転するだけでも緊張します。
また、開幕直後にLC500GTを見に来てくれた若い女の子がやってきて「アワードおめでとうございます。私が投票したからですよ!」って声かけてくれて嬉しかった。



今回僕たちが得たアワードは「People's Choice of Demo Car」
ハウステンボスに来てくれたゲストが最高の1台を選ぶ選挙方式のイベントで、その中でショップデモカーの部門において見事に1位を勝ち取ったということです。
オーナーさんからの要請がありDAYTONAなりに一生懸命LC500を調べ、正直最高な一台を作った自負はあったんだけど、それが表彰されると努力は形になったんだなって思ってステージの上から見た景色は格別なものがあったかな。
それは、その場に居たアーティシャンスピリッツやエアフォースを含め、一晩経ってアメリカのVELOSホイールからもメッセージが来ていたし、それぞれの思いは共通の一つになったと僕は思っています。


あの感動を胸に、僕達はこれからも進み続けてゆきます。

投票してくれた多くのゲストへ感謝いたします。 ありがとうございました。

日本人の心  草津温泉。

福岡のイニシャルDさんは今日も調子よくドライブですw "あの"広大な八ッ場ダムの工事現場を見ながら目指すは草津温泉!
草津温泉と言えば"湯畑" 生憎の天気で食べ歩きしながら湯畑観光とは行かなかったけど、広大なスケールの湯畑は映像で見るよりも圧巻です。
さらに、草津と言えば"西の河原露天風呂" と張り切って行くと、まさかのシステムメンテナンス。。。。 おい! だけど公園は自由に出入りできるから、それなりに楽しめましたよ。
そして、草津と言えば"湯もみ"でしょう! 体験湯もみでは当然ながらおやびんが張り切り楽しんでいますww
夜になるとキレイにライトアップされた湯畑が昼間とはまた違った表情となり歓迎してくれました。 温泉地と言えばお年寄りの憩いの場くらいに思っていたら大間違い。沢山の若いカップルさん達がデートスポットとして草津を訪れている光景にも驚いた。 福岡に帰ってきて知人に草津温泉に行ったことを告げたら「日本人として生まれたからには草津温泉に行けたら思い残すことはない」とまで言わしめる程のスポットに私が行くことができたのはちょっとした自慢かな。 それはまあ大げさかもしれないけど、また来年もこの地を訪ねることができるように。そんな願いを込めて今回の旅Blogは終了です。 じゃあねー

【Sold Out】 その権利は限定1名。


■AUTO KITS-X / リア・アンダーディフューザー CFRP V2
Sold Out お買い上げありがとうございました。

定期的なオーダーが日本各地より頂戴するため、気がつくとほぼ1年中に受注→発注を繰り返しています。
本国米国においても、ある程度の受注量を見越してストックしてくれたらいいのですが、その殆どのケースで在庫はなく彼らもまた受注→製造を1年中行っているのが現状です。


今回は残念ながら、本来なら本国の検品をパスできない基準のダメージ製品が、ミスで日本へやってきDAYTONAの検品でハネられた商品の紹介です。
製造工程にてカーボンシートの張りを行った後の樹脂形成が完全ではない状態で硬化された為、一部8mm×15mm程度のミス・ペイストの箇所があります。




当然ながらカーボンシートは貼られているのですが、光沢と硬度を出すための樹脂工程の際の作業ミスであると考えられます。
気が付かないままに最終工程まで進んだため、表面はツルツルですが一部に空洞化したような違和感があります。
ただ、装着してしまうとディフューザーのフィン最下部ですので見えにくい箇所ではあります。

そのような事情ですので、新品として販売するわけにも行かず、本国の担当者と話し合った結果、ご理解いただける方へ45%オフの特価にて提供させていただきたいと思います。
このままの装着でもいいし、ペイントペースでも良いかと思います。

・欠陥部は表面/背面共に凹み等はないため製品強度には問題はないと考えています。
・ステー・ビスは付属しています。
・インターナショナルワランティ(国際保証)の適応外です。

素材:カーボンファイバー
仕様 : タイプV2・・・Wフィン+センターダクト仕様
数量 : 1セット
特記 : フィッティングマテリアル付属。

定価 113,000円(税抜) → 特価 64,000円(税抜)

Sold Out





大阪オートメッセへ行ってきました。


先週金曜日からインテックス大阪で開催される大阪オートメッセへ行ってました。


これまで何度かオートメッセへ足を運んだことはありましたが、出展サイドとしての参加は今回が初めてです。
去年の東京オートサロン同様に、兵庫県のエニーズ・インターナショナル社との共同出展となりました。


3日間で行われるショーは終始反響も大きく、たくさんのビジターが会場まで足を運んでくれました。


差し入れを持ってきてくださるZオーナーさんがブースを訪ねてくださったり、Thunder Boltのユーザーさんや、機械加工に精通された方が質問を投げかけてくれたりと、私達にとっても大変貴重な時間となりました。


サンダーボルトをエンジンルームへ採用してくれたピットロードM製作のR34 GT-R


ホイールボルトへ採用してくれたNizo-Low製作のフェラーリとG63 AMG


おなじみのカーテック仙台 R35 GT-Rなど
会場内にサンダーボルトを装着してくれた車が展示されている事に喜びを感じます。



日産自動車整備大学が制作したリフトアップZ34も面白く、色々と質問してみました。
現状では2駆のままだそうですが、ぜひとも4駆へのアップデートを期待します。



注目度抜群はGRスープラ
カモフラージュされていない状態での日本公開はおそらく初なのではないでしょうか? すでにTRDパーツでアップデートされた個体も展示されていました。
来年のオートサロン等では、まず注目を集めるベース車となることは間違いないでしょう。


日産では大坂なおみエディションGT-R


大坂ではおなじみのスーパーGTブースではLEON AMG GTの展示がありました。


3泊4日の大阪出張。

ずっと立ちっぱなし喋りっぱなしで、それなりに疲れはありましたが、同時に充実した4日間でもありました。
お世話になった皆様、来場してくださった皆様 ありがとうございました。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

Happy new year!!!

2019年
あけましておめでとうございます



チームデイトナレーシングの新しい年の干支のコラージュカードもシリーズ化してきたので、毎年楽しみに待っててくださる方がいることを思うと作る側もとても楽しみになってきていているこのシリーズ。

2015年
2016年
2017年
2018年


今年は亥年ということで、TEAM DAYTONA Racingがいのししファミリーに扮して新年のご挨拶です。

亥年の干支のイノシシはそのまっすぐなイメージから無病息災の意味を持つそうです。
健康な身体はすべての基本ですから大切にしたいですね。

そんな己亥年の猪にあやかって、TEAM一同今年も猪突猛進ガンバります。

本年もどうぞよろしくお願いいたします!

2019 TEAM DAYTONA Racing

山本友基
鷹取剛司
財津真志
村田ジュン
櫛橋明生
藤井 聡
SHIN・M
L・ストーン
kao
秋村ゆきな
青木みさと

やまもと的 2019年の漢字


毎年恒例となっているDAYTONAやまもと的、今年の漢字を発表したいと思います。
その前にこれまでを振り返ってゆきます。
2017年は本当に自分の愚かさや命の儚さに考えさせられる1年でした。 
それ故に基本に忠実した生活や考え方を改めようと、昨年は"基"をノミネートさせました。

・2017年 "基"
6年間休憩
・2011年 "満"
・2010年 "満"
・2009年 "実"
・2008年 "支" 
・2007年 "波"
・2006年 "和"
・2005年 "忍"
・2004年 "結"

それでは、やまもと的 今年の漢字を発表します。 

今年の漢字は"(いどむ)"。

おかげさまで2018年は全国各地より沢山のZオーナーさんがからのお仕事を頂戴しました。
「DAYTONAじゃないと出来ない。」と言って入庫してくださるオーナーさんの声は少なくはなく、業務は順調そのものでとても充実した1年となりました。
僕たちは仕事というステージをベースに、日々様々なシーンに遭遇しています。 
中には頭を抱えてしまいたくなるような問題も起きたりします。
ですが、全ての問題に対して真摯に対応してゆく必要や、それ以前に自分たちのスキルを使いスペシャリストとしての技術を提供する事。 
それは一つの成功としてではなく、私達は常にチャレンジャーとしての前へ進んでゆく姿勢が表れた結果であると考えています。 
もちろん、その思いは来年へ向かっても変わることはなく、現状に満足するのではなく私達は永遠の挑戦者であり続けたいと願っています。

画像は、今年の誕生日宿泊で利用している"ヒルトン福岡シーホーク"
クラブラウンジより、福岡ドーム、MARK IS側を30分前に撮影しました。 

山本 友基


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。





なんとかLas Vegas入りしました…

まさかのアメリカ国内線の乗り継ぎ失敗からはじまりましたが、三便見送ったあとのフライトがキャンセル待ち2人で滑り込みセーフして、なんとかかんとかサンセットの砂漠を見ながらLas Vegasに到着しました!





カジノにも免税品にも(ひとまずw)めもくれず



とりあえずベットに直行〜

SEMAショウ一日目は延期されましたが、とりあえず無事に到着しております!
また更新します

kaoでした

SEMAショウ初日!のはすが……汗

先日お知らせしていたとおり、昨日福岡を発ち関空経由でLas Vegasで開催されているSEMA SHOWへと向かっています。





久しぶりの長距離のフライトなのでテンション高めw



今回は、いつぶりか覚えていないくらい久しぶりにkaoも出張に同行してますのでとりあえず記念に一枚。

ブレブレではっきり見えないくらいがちょうどいい塩梅ですw



福岡の地酒、庭のうぐいす見つけてうれしい♬



そんなこんなで順調にLA着…まではよかったのだけど!
LA→LVのフライトまでも充分な時間はあったはずらなのだけど!

Las Vegas行きのフライトが激混みってことで早めに締め切りしたみたいでまさかの乗り遅れ…

まあ、たくさんフライトはあるので一便見送って、DELTAのラウンジでお茶でもと思ったら…
おやびんが持ってるステイタスのスカイプライオリティは国際線だけで国内線ではラウンジ使えませーんってことでラウンジから追い出され、次の便のキャンセル待ちをしていたらまさかの満席

その次の便も満席でキャンセル待ちの列の前の人までで締め切り



そして今!
三便見送って17時発のキャンセル待ちしてます…

午前中のうちにLas Vegas入りし、セマショウ会場でカタログやステッカー並べたり準備する予定だったのだけど…

旅はトラブルとハプニングの連続です…

ので旅をすればするほと人は強くたくましく、忍耐強くなるのです。

はい…ww

最悪の最悪、21時のフライトなら乗れるそうですが果たしてどうなることやら…

想像を絶する大雨のため、福岡から動くことができません。


本日11時現在の九州自動車道の交通情報。
ご覧のように、大雨の影響は時間を追うごとに拡大し、通行止めが相次いでいます。
デイトナのホームである太宰府ICから、フェリー乗り場である門司ICまで行こうにも古賀IC-八幡ICまでは災害のため完全に通行止めになり、その先も豪雨の為通行止めと完全に八方塞がりとなりました。
また、市街地も所々冠水している箇所もあるため、このタイミングで福岡から移動することは大変危険な状況であると判断しました。

そのため、明日より参加予定であったスーパーオートバックス サンシャイン神戸で開催される、ハイパースポーツミーティングへの参加は中止とします。
せっかく楽しみにしてくださっていたオーナーさん達には申し訳ありませんが、どうかご理解をお願いします。

また、事前に部品のご予約/来場予定にされている方がいらっしゃいますが、今回デイトナの不参加につきキャンペーン・フェアでの特権の取扱などについてオートバックス側の担当者と協議を行いますので、ご予約/お買い上げ予定であった方は、本日、明日中に私共へ一度ご連絡をください。 よろしくおねがいします。
http://www.z33.jp/mailform/


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

スーパーオートコレクション at スーパーオートバックス サンシャイン神戸


■スーパーオートコレクション at スーパーオートバックス サンシャイン神戸
去年、初参加させていただいたスーパーオートバックス サンシャイン神戸のビックイベント スーパーオートコレクションが7月6~8日に開催されます。
DAYTONAは去年同様に7日 土曜と8日 日曜の2日間、イベントへ参加します。

イベント期間中は10万円以上のお買い上げ金額に応じて10%のキャッシュバック、もしくは24回払いの無金利セールが行われるため、ちょっとした金額のお買い物を検討されている関西を中心としたユーザーさんならば、きっとご来店いただくメリットは大きいはずです。

スポーツECM(即日書き換え対応可能です)やブレーキ、スーパーチャージャーなど、全てのものを持ってゆくことは出来ませんが、ご商談や雑談だけでも来場いただけましたら対応させていただきます。
会場でDAYTONAスタッフがお待ちしております。

イベント名 : スーパーオートコレクション
日時 : 7月6日〜8日 (DAYTONAは7日,8日のみ参加)
会場 : 兵庫県神戸市東灘区青木1丁目2-34 (スーパーオートバックス サンシャイン神戸)
電話番号 : 078-435-6006


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

アウトレットコーナー更新。


主にZ33とZ32用のUSEDパフォーマンスパーツの掲載を行いました。
Blogで紹介する前にいくつかは売約となってしまいましたが、あの人気のSACLAMサイレンサーを始めOHLINSダンパーKITもあります。
どれもDAYTONAで取り付け、取り外しをさせてもらった極上部品ですので、ぜひともこの機会にゲットしてくださいね。
お買い上げ頂き、そのままDAYTONAで取り付けも歓迎しますし、もちろん全国配送も承ります。
とにかく、一度閲覧されてみてください。

The Daytona International Sales アウトレットコーナー


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

サンダーボルト商品が来月より値上げします。


Thunder Bolt │Racing Series by J's Design
度重なるコスト上昇 具体的には去年前半よりチタン素材は世界的な高需要の波に乗り、元々高価な材料ではあったのですが更に拍車がかかりこの1年で何と250%越えをマークし、また各輸送コストも軒並み上昇となれば、このタイミングで値上げしない訳にもゆかず6月より新価格にてのご案内です。
とは言え、メーカー在庫のある商品ならば旧価格での販売が月内イッパイ可能ですので、僕としては値上げ上昇率No1のJ's Racingを押し込みたいと思います。
ファイアーバーンのグラデーションが美しい本商品は、トップエンドに6ホールの軽量パンチング加工を施し、軽さと美しさは最大の武器であると男心を弄ぶかのようなカッコよさに息をノむほどです。
セール価格は残り1週間 さあ急いで。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

東京オートサロンは閉幕、そして日常へ。


僕は長い間東京オートサロンへ足を運んでいますがそれは全てゲストとしての来場に過ぎず、出展者側としてブース設営準備から閉幕までの時間を会場で過ごすというのは初めての経験でした。
商品陳列や車両配置を行い来場されるファンを迎える準備を行い3日間のイベントを成功させる。 そして閉幕のアナウンスと同時に、今度は真逆に片付けを手際よく行い会場をあとにしました。

僕は基本的にサンダーボルト チタン製品の販売案内や、DAYTONA山本としての仕事をメーンに行っていましたが、ブースホストであるエニーズ・インターナショナルが取り扱うEZLIP(イージーリップ)の商品説明も数多く行いましたので、様々な層のカスタマーと触れるには良い時間となりました。 
またイベントにはハプニングもつきもので、来場されていたゲスト女性が僕の目の前で倒れてしまい一時場内は騒然となりましたが、僕達のチームが瞬時に救急対応を取り事務局への連絡やメディカルチェックを適切に行い人命を救えたことはある意味で一番大きな収穫だったかもしれないし、僕自身もチームの一員として大変嬉しくもあり誇らしく感じた瞬間でした。
さらに、土曜日は海外からのゲストがサンダーボルトを目当てに多く来場され、計8カ国のバイヤーとも接点を持つことが出来ましたので、イベント滞在中の何処を切り取っても大変貴重な経験をさせもらうことができました。 


どのようなシーンにおいても仲間が集結している時間は楽しいけど、それが終わると各自の生活へと戻って行く瞬間とは寂しいものでもあり心に穴があることを最も感じる瞬間です。
4日間、寝る時間以外はほとんど生活を共にしていた仲間ですので当然のことかもしれません。 L.Aから来ているオートテクニックU.S.Aのブライアンは言いました。 

"It's a small world(世界は小さい)"

また再開できることを信じて。 さあ、本日より平常営業へとシフトします。



DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。


Happy new year!!!

2018年
あけましておめでとうございます



チームデイトナレーシングの新しい年の干支のコラージュカードもシリーズ化してきたので、毎年楽しみに待っててくださる方がいることを思うと作る側もとても楽しみになってきていているこのシリーズ。

2015年
2016年
2017年

今年は戌年(犬)ということで、TEAM DAYTONA Racingがワンチャンに扮して新年のご挨拶です。

犬は多産で安産というところから、戌年は新たに何かを生むという意味があるそうでスタートの年としては最高の年だそうです。

そんな戌年の犬にあやかって、TEAM一同今年もガンバります。

本年もどうぞよろしくお願いいたします!

2018 TEAM DAYTONA Racing

山本友基
鷹取剛司
財津真志
村田ジュン
櫛橋明生
藤井 聡
SHIN・M
L・ストーン
kao
秋村ゆきな
青木みさと

やまもと版 今年の漢字


さあ、今年の漢字の発表です。 まずは、これまでを振り返ります。
2011年 満
2010年 満
2009年 実
2008年 支 
2007年 波
2006年 和
2005年 忍
2004年 結
残念ながら2011年を最後に更新が行われていないということが先日発覚し、本人は毎年やっていたような気になっていましたので驚きましたが、気を取り直して2017年から復活したいと思います。

では発表します。

今年の漢字は「基」を選定します。

その理由としては、
2017年は実は僕にとって決していい年だったと手放しで喜べるような年ではありませんでした。 
新年のスタートはまったく流行していなかった珍しい型のインフルエンザに感染。全てのアクが元旦に出たと思おうと考えていましたが甘かった。

また、今季友人とホノルルマラソンへ出場しようと計画し、それに合わせた身体作りをはじめていたけど、夏にヒドい腰痛を誘発してしまい2ヵ月近くはまともに歩くこともできず完治したのは11月前半。
当然マラソンなんて行けるはずはありません。

更に大切な人を2人も亡くし、それ以外にも問題の箇所や程度は違えど今年は何かと深刻なダメージをうけました。 

人の生き死には運命が握っているから仕方がないとしても、自分自身が招いたトラブルというものは精神的なダメージが大きい。
主な問題の原因として、しょうもないことに浮かれてしまい基本を疎かにしていたこと、その結果として大変なストレスを溜め込むことになってしまったわけですが、どれもこれも身から出た錆。 
災難が突然降ってきたわけではなく、自分の行動や選択が招いた結果であった事から誰が悪いわけでもありません。
 
正直なところ、ドバイへ行く計画を立てエアチケットを購入したあとも、行こうか行くまいかをずっと悩んでいました。
出発2週間前になり、ようやく行く決断をしてドバイへ向かうわけですが、そこには自分の想像を絶する世界が現実のものとして広がり、僕達を迎えてくれました。
世界一の建造物から見渡す景色はこれまで見たどのような景色とも異なり、不思議と僕に勇気を与えてくれました。 環境の変化は僕にとって大きな活力となり、今は元気に仕事へ挑んでいます。

自分なりに考えた結果"基本を忠実を守ること。" 初心へ戻り1歩1歩を正確に歩くこと。 何を今更ではあるけれど、全ての物事には「基(もと)」があるのは当然であり、それこそがコア(芯)であるということに改めて気がついた2017年でした。 悔やむ過去に囚われること無く、しかしシッカリとした自己反省は行い、まだ見ぬ未来への希望や期待を胸に1度きりの自分の人生へ挑戦してゆきます。 

画像は安藤忠雄展にて、光の教会より。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。



« 前ページ