お誕生日  らしい・・・

10月8日はkaoの誕生日です。
年に1度は誰でも誕生日が来るわけなんだし、何がおめでたいの?とは言える状況ではありません・・・

恐ろしいことに、「欲しい物リスト」や「食べたいものリスト」をご丁寧に書いてくれています・・・。
何故か次の日になると、リストから数個削除されています・・・。
残ったのは高価なものばかり・・・。
最終的に残ったのは美容機器と浴室テレビ・・・。
kaoは言います「美容機器はクリスマスプレゼントでいいよ」
つまり浴室テレビを買えと恫喝しています(笑)

え~い 買えばいいんだろ買えば!
めでたくkaoは浴室テレビをGETしました。
早速昨晩浴室でテレビを見ましたが

  物凄く良いかも知れない


カシオXF-1000

リトルジャマー

Little Jamer Meets KENWOOD
というのが正式名称らしい。

簡単に書くと、おもちゃのバンドマンが音楽にあわせて演奏してくれるというもの。
ワールドビジネスサテライト(経済専門ニュース)でも特集を組まれたほどのものだ!
当然ながら、そういう商品に興味津々の僕は購入しました(笑)

弊社に遊びにこられた方は、ぜひとも演奏を見られてください。
笑えます・・・ 

http://livehour.jp/

選択

何の変哲もないスペーサーですが、問題はフロントに入れているということ。
しかしながら、低価格だけがウリの精度が出ていない商品は数多く出回っています。

数日前、以前Z32に乗っていたM君からTELがありました。
「クラウンにスペーサーを入れたいんですけど、スペーサーの良し悪しってありますか?」
という電話でした。
「当然あるよ。 入れるのはフロント? だったらブレが出るんで精度が良いやつ入れたほうがいいよ。 値段は張るけどね。 もしも予算がないなら入れないほうが良いよ」
まあ、僕が思うもっともな回答をしたつもりでした。

それから数日後の昨日
M君はある作業のため来店しました。
開口一番に「山本さ~~~ん  やっぱり駄目でした」
「なにが?」と聞くと
「先日電話切った後に山本さんのアドバイスを聞かずに適当に安いスペーサーを買って入れたんですよね。 今、都市高速乗ったらまっすぐに走らないし、ブレるし散々です。 スペーサーを外して下さい」
これには、さすがのM君も懲りたようでした。

いろいろな見方、考えは当然あると思うんですよね。
しかしながら、うちに出入りして良い車に乗っている(乗っていた)オーナーさんは、少なからず本当の意味での良いものと言うのを体で覚えていると思うんですよね。
良いハンドリングであったり、良いブレーキであったり。
何も知らない人が、粗悪品をつかまされても良し悪しを判断することは難しいと思いますが、うちに出入りしている人はそういう人達とはまた一線引いた感性があると僕は考えています。
だからこそ何時も良い物を薦めるのです。

ですが、中にはことごとく僕のアドバイスとまったく反対のものを選ぶオーナーさんも居られます(笑)
たま~に自分が選んだものを後悔している時もあるようですが、僕としては
「だから言ったでしょ」
としか言いようがないこともあります。

僕が選ぶもの=儲かるもの ではありません。
僕が選ぶもの=その人にあったもの 僕は僕なりに考え、悩み、チョイス(アドバイス)しているつもりです。
後悔しないために させないために 僕も一生懸命ですよ! 

台風

いやいや 先日の台風はすごかったですね。
皆さんは大丈夫でしたか?  僕は自宅が少々壊れちゃいました。
シャッターやカーポートも壊れてしまいました(泣

しかしながらガレージ内の車は無事だったり、修理費用は保険で支払ってもらえたりと不幸中の幸いですので実質ノーダメージに近いです。

自然の前には人間の力など無力であると改めて感じました。 

ゴールドカップレース

記念すべきスーパーGT第8戦は10月14,15日にオートポリスで開催されます。

と、なれば 恒例?のJAF前座レースに出走ですが、残念ながら出走せず。
ホントに残念なのですが、車のエンジンもブローしたままだし、仕事も忙しくて練習する時間も取れないし、色々と考えさせられることもあったりで、本当に残念ですが参戦を見送りました。

しかしながら、ほんの少しでもモータースポーツに関わりたい気持ちから「TEAM ニワトリ小屋RACING」へサポートをさせてもらうと言う形で、モータースポーツ界に意地でもしがみつこうとしております(笑)

去年は残念ながら不成立(台数が少ないため)だったSS1クラス(旧GCCクラス)も今回は成立レースとなりそうですので、これで結果が出たらきちんとした公式記録です。
なにがなんでも優勝してもらいたいので、僕も気合が入ります(笑)

スーパーGTを見にこられる方は応援よろしくお願いします。

山口納車

いやいやいや
今月は無茶苦茶忙しいです。 毎日毎日目が廻る思いで仕事してます。
休みも半日つぶれたり1日つぶれたりで、ホント時間が足りない。
しかし、これもそれもお客さんに支えられてのことですので、愚痴らずに頑張りますよ。

昨日は山口県まで登録&納車! 平日は通常業務で手がいっぱいなので、お客様に無理を言いあえて水曜日にしてもらいました。
登録後にお客様宅がある防府市へ・・・
無事に納車が終えたら、防府市を観光(笑)


防府天満宮です。
太宰府天満宮と同じで学問の神様かな?
それと同時に経営の神様でもあるようです。



観光が終えると、温泉へ・・・
湯田温泉と言います。 まあ、普通(笑)



高速で福岡を目指す途中に立ち寄りました。
新北九州空港 
びっくりするほど綺麗で、ゲームに出てくるナイトコースのようでした(笑)
レストラン、コンビニ、マッサージ、酒屋(笑) その他に映画館でもあれば、十分デートに使えそうな空港です。
しかしながら、北九州にこれほどの空港が必要なのかは?
実際問題集客力不足で、どんどん減便されているようです。あとあと無駄使いと言われないようにしていただきたいものです。

クラクラ・・・

Z32のターボ、NA問わず 5速車でシフトレバーがクラクラしている車が多いです。
ひどい車は1速か5速かも解からないほどレバーがクラクラになってしまっている車輌も少なくはありません。

これはZ32のシフトレバーの構造上の問題もあるのですが、簡単に書きますと「樹脂製のカラー」が消耗して消えてしまっているようです。
当然カラーがなくなれば遊びが出ますので、あのようにレバーがクラクラになってしまうんですよね。

部品は安い 500円くらい
しかし交換作業は、、、、、  まあ面倒です(笑
それでも5000円もあれば修理できますので、身に覚えがある方は早めの交換をおすすめします。

ご機嫌Z

う~ん さすがに最近では少なくなった「ベイルサイド コンバットZ」
昔は流行ったんですよね~

この車は4年前に弊社で販売した車ですが、実に派手派手(笑)
全身ベイルサイドに全ウインドーにブルーフィルム ちょっとヨーロピアンなZ32です。
それでいてブースト1kをエナペタル車高調で受け止めるという、実にファンキー(笑)

エアロはあんまり好みじゃないですが、こんなご機嫌Zって僕は好きですね!

炊飯ジャー

RAYSホイルの上に堂々と置かれた炊飯ジャー
はっきり言って只者ではありません。
どこが凄いのか? 何とびっくり 釜が炭で出来ていると言う現在最強の炊飯ジャーである。 値段も最強! 定価11万円!!!
その名も 
   
    「本炭釜」

すげー 買ってしまったよ。 ネットオークションで落札してしまったよ。
すげー kaoがカンカンだよ。 kaoには相談もなしで買ったよ。  
すげー 世界で俺1人だよ。 自分の小遣いで炊飯ジャーを買うなんて。
    


Z33 ベースグレード

最近はチラホラと入庫するようになったZ33ですが、大半がSかSTでブレーキはブレンボです。
ブレンボ装着車は純正のパットでも十分な製動力があるようですが、TやSTDグレードのシングルピストン車はどうしてもブレーキに不安が残るようです。
1.5tの巨体を止めるわけですので、そりゃシングルピストンではきつかろうと言うことは想像できますよね。
「だったら純正ブレンボを装着したら?」と考えるのは皆同じですが、実は上手くいかないらしいんですよね。 純正ブレンボに比べブレーキタッチがプァになると言うことらしいです。

まあ、そこまでいかなくても最初はパットやホース、フルード交換でもある程度は十分な制動がありますよ。
当然ブレンボまではいきませんが、今までのブレーキよりも随分と安心感があるのではないでしょうか?
命を乗せて走る車ですので、十分な安全の為にもブレーキ強化は大切です。


24時間テレビ

愛は地球を救う。
「絆~今、私たちにできること~」

今年のテーマは「絆」でした。
いい言葉(漢字)です。
人と人の断ち切れない関係を絆と言います。

しかしながら近年、あまりにも惨い事件などが多く本当にこの先どうなるのだろうかと不安になります。幸せな生活を送りたくても送れない人達が居るかと思いきや、自らの手が全てをぶち壊したり。 世界に目を向ければ戦争やテロ。 悲しくなります。 
僕達は平和な時代をおくり、自分の子供や孫の世代にも平和を贈りたい。 そう願っています。 

微力ではありますが今僕らに出来ることと 僅かですが募金をさせてもらい
に先週の日曜日に天神イムズまで行きました。 
黄色のTシャツ着たスタッフの方達が
「ありがとうございました 来年もお願いします」
と貯金箱をくれました。 
「本当に行ってよかったな」
純粋にそう思いましたね。

良い方々が世の中をリードして、良い世界になることを願います。