AP Racing Radi-CAL2


先日より多くのお問い合わせを頂いているAP Racing Radi-CAL2について。 現時点で僕達が把握していることをお伝えします。


AP Racing社は2016SEMAショーにおいて新開発Radi-CAL2をワールド・プレミアしました。
これはRadi-CAL同様にAP Racing Pro5000レーシングキャリパーの性能をフィードバックしながらも、より軽量、高剛性、そして冷却性能を大幅に向上させたモデルとなります。
最も大きなセールスポイントはキャリパーボディの小型化に成功したということ。 これにより、今までは19inch以上のホイールを推奨としていたシステム(6pod)を、18inchよりフィッティングが可能となりました。
更に、これまでのRadi-CALユーザーへはRadi-CAl2のキャリパー単体を販売する事ができますので、ブラケットやディスクローターはそのままに最新システムへとアップデイトを行なっていただくことが可能です。 販売時期は2017年の早い時期を目指しています。


また、AP Racing社がロードカー向けのプログラム(設計、製造、開発)を世界で唯一認証している企業は米STILLEN社"のみ"で、私達は同社のオーソライズドディーラーとして認可されています。そして、私達はRadi-CALのスタート当初より深く携わっています。
何を伝えたいかというと、世界的にブレーキ販売を行うAP Racingは皆さんも御存知のようにBrembo社が保有しています。同社はブガッティやアストンマーチンそしてケーニセグへもブレーキをOEM供給を行うグローバル企業です。 そのBrembo社の広告をご覧になられた方も多いとは思いますが、バスターKIT(キャリパーやローターのみを本物を使用し、ブラケットやベルハウジング、フローティングシステムを独自の製品と組み合わせ、テスト実績のないものを安価な価格で販売を行っている規格外の粗悪な商品。)の撲滅をAP Racingも今後の一つのテーマとしてゆきます。 
その為、今後全てのRadi-CALにはQRコードと製造番号を印字し「何時」、「誰が」、「どこから」販売をされたものであるのかを明確にします。 つまりは、それがユーザー保護になるものと考えると同時に、今現在それだけ無責任な販売者による製品を購入したユーザーの事故やトラブルが後を絶たないという事実です。勿論、正規に販売を行われているAP Racingには全ての検証が行われており、大切なクルマやユーザーは適切に保証されています。


今現在Radi-CALをご注文/ご検討いただいているユーザー様へは若干のウェイティングタイムを頂きますが、良いものをお届けしますので今しばらくお待ち下さい。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

チューニングとは運動性能を楽しく伝えること。


Z1 motorsports│ウレタンエンジンマウント
基本的には巨体なエンジンは、たった2つのマウントにて車体側へ固定されています。
しかも、純正設計では主な目的として振動を吸収するために作られているため、とても柔らかな材質(ラバー)が快適性を確保してくれますが、当然ながら経年ヘタリは生じゴムは劣化し硬化し段々と振動は大きくフレを抑制できないものへと変化してゆきます。
勿論、スポーツ製品へ交換すると純正と比較して僅かな振動が生じるため、"それ"が全てとは僕は思いませんが、例えばアクセルのON−OFF 即ちパワーの伝達性能の高さはスポーツマウントに軍配が上がることは紛れもない事実です。
"それ"だけでパワーが上がったかのような感覚に襲われることは、いままで力が逃げていたことの裏返しです。 ロス無く的確に車の性能を伝えること。 スポーツパーツの真髄というわけです。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

ステアリングの印象は、クルマの印象さえも左右することだと僕は考える。


Z34オーナーさんの日常の"アシ"として購入されたスバル レボーグのステアリングを早速加工しました。
オーナーさんは年間の走行距離が4万キロ弱と、過走行気味な使い方をされ九州を西へ北へと駆け抜けていくことが大切なお仕事の一つです。 レボーグの前に使用されていたスバルフォレスターは2年で8万キロも走行してしまい、故障を誘発する前に早め早めの車両入替を行われたというわけです。
ところで、僕も10年前にはスバルを日常のクルマとして使っていた時期もあり、当時は大のお気に入りだったレガシー ツーリングワゴンを3台も連続して乗り継いだ経緯もあります。ですが、この"レボーグ"という名称自体が僕には全く馴染みがありませんが、それもそのはず。 2014年をもってレガシーツーリングワゴンは消滅し、あたらにインプレッサをベースとしてレガシーツーリングワゴンサイズへと改良を施しレボーグとして生まれ変わったという経緯があるそうです。
話は少々ずれましたが、先月納車されたばかりの愛車であっても、短い期間で長い時間を楽しむからこそお気に入りのポイントはしっかりと抑えておきたい。 上下方向にはシッカリとした彩度をもつナッパレザーを配置し、左右方向には質感の良いアルカンターラをチャームとし、インナーウレタンを施工することにより柔らかなタッチを実現。 これからの2年間 シッカリとした愛車のパートナーとして活躍します。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

エンジンアライメントを体感して欲しい。


ATI│スーパーダンパークランクプーリー for 350Z
エンジンの芯(軸)となるクランクシャフトは、個体のコア(体幹)であるとも言える大切なポイントです。
特に左右60°伸びるV型エンジンを持つZにおいては特に軸ブレが生じやすいのは周知の事実。 その不安定な要素を減衰してあげるパーツがスーパーダンパーの大きな役割であり、明らかにエンジンが持つ質の向上に一役買ってくれます。
アイドリング域から高回転域まで、エンジンの回転がまるでウソのように滑らかに軽やかに伸びていき、簡単に言うならばタイアは偏摩耗しホイールバランスが取れていない不安定な状態から、新品タイアに高精度バランスを調整した直後のような滑らかな質感を体感していただくことが可能となり、まさにエンジン界のアライメント調律と行っても過言ではありません。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

旅の後半、ラスベガス SEMAにて。最終章。

日本では大人しい自動車メーカーも、アメリカでは結構なカスタムカーを展示してくるのも面白いところです。




ホンダブースでは発売されたばかりのNSXをGT3規格へモディファイした車両を自家用車で牽引してサーキットへ行くという構図。
日本だったらこの絵自体が夢の世界ですが、アメリカにおいてはトレーラーにレースカーを載せて牽引していくというのは、比較的普通に見られる光景です。だけど、良いですよね〜。


LEXUSは、まだ発売されてもいない(米国では来年早々に販売を開始するそうです)LC500を大胆にもカスタム。
ホイールはHREを履き、サスペンションはKWと言う、なんとも自動車メーカーらしからぬ組み合わせ。しかも、アフターメーカーのボディキットまでを組み込み、まさに見本となるべき1台でした。


僕が結構楽しみにしていたのが、ロードスター・スピードスターです。
その昔、スズキがコンセプトとして展示したGSX-R4を思い出させてくれるような1台です。 フロントウインドウも取り払い、車重は夢の900kg これは是非とも販売してほしいのですが・・・。


インパネはこのような感じ。 カッコいい。


自動車メーカーではないけど、これも夢の車
86のボディへFerrari458イタリアのF136FBエンジンを搭載 GoProブースへ展示されていました。



トヨタ自動車はバンパー下部からターボチャージャーむき出しの、なんともすごそうなランドクルーザーならぬランドスピードクルーザーを展示。
室内はロールゲージが張り巡らされていましたが。。。 すごい


SEMAに居る間はとにかく時間がありませんでしたので別行動していたカオリさん
STILLENブースでは担当者から可愛がってもらえたようで、Radi-CAL2を記念してTwoサイン。


DEIブースでは、「ここに展示している物より私が巻くほうが上手よ」と言ったら『じゃあ、ホームページに掲載するから日本へ戻ったら写真送って』と言われたそうです(笑)


屋外特設ブースではフォードGTのドリフトイベントを楽しんだり。


結構ラッキーだったのは、ワイルドスピードX3でベイルサイドRX7に乗っていた"ハン"を演じたSung Kang(サン・カン)と会えたこと。
しかも5分位お話して写真も撮ることが出来たのは結構な思い出です。


また、去年のZ-Craziesツアーで知り合ったジョージとも再開することが出来、また来年会う約束をしました。


最後は友人のケビンの恋人であるサバンナが操るZ33レーシングカーをバックに記念撮影。 
残念ながらタッチの差でサバンナと会うことは出来ませんでしたが、彼女はモンスターエナジー社のモデルを務めるという美人さんなんです。


さて、長々とBlogを書いてきましたが、ひとまずSEMAに関するBlogは完結します。 今後、もしかしたら旅Blogとしてカオリサンが面白い記事を投稿してくれるかも?
様々な発見や経験を味わっても伝えきれることはほんの一部ではありますが、読者の皆様にはお付き合い頂けたことを感謝します。 
毎度毎度ではあるけれど、渡米する前のドキドキ感を僕は結構大切に思っています。長い休みをいただき、また決して安くはない予算を会社に払ってもらい僕達は大きな海を渡りアメリカ大国へと渡ってゆきます。
勿論、初めて渡米したときに比べたら”それなりに”慣れてきましたので、準備も随分と楽にはなりましたし、僅かではあるけど言葉も覚えましたので現地でのコミュニケーションも少しは楽になった一面はたしかにあります。 それでも、”出来る”ようになれば要求レベルも次第と上がってゆくわけですから、結局のところ何時行っても苦悩の連続というサイクルに陥っていますが、先にも書いたようにそれが大切なことだと思っているので、それがドキドキでもあり楽しみでもあるというわけです。


今回のSEMAを見て大きく感じたことがありました。
それはSEMAという大きな自動車産業において、その場に集まる者全てに役割があり 言うなれば個々は細胞にも似た存在なのではなかろうか?と思うようになりました。
例えば、物を売る役割がある人 買う役割がある人 様子を広めていく役割がある人。 その場に集まる者には何らかの役割が必ずあり、少なくとも自分自身がその役割に参加しているという事実。 
それを思ったのは、まだSEMAが開催されていない日にラスベガスに居たから感じれたことですが、いくらラスベガスが観光地だからと言って、普段はそうそうクルマも人も多くない街の様子を見ることが出来ました。
ところがSEMAが開催されるや否や、街中が人と車で埋め尽くされ それと同時にホテルの宿泊料金も一気に3倍へと跳ね上がっていきます。 僕らが今までに見たラスベガスは既にクルマと人が集まっているときの様子だったというわけで、ラスベガスの1年を通して2番目に人が集まるイベントとしてSEMAが興行として成り立ち、自分が参加しているということに何となく嬉しさを覚えたのは新しい発見であったかもしれません。


来年はどうするのか?を考えるには少し早く、この体験を自分がどう活かしきれるのか? 言うなれば顧客へどのような形で還元できるのか?を、まずは考える必要があります。
4回目となるSEMA視察でしたが、この大きな体験を自分達が使える形にするには少し時間が必要かもしれません。 しかしながら、そのデッサンは既にスタートしています。



DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

旅の後半、ラスベガス SEMAにて。取引企業と 番外編

日頃、DAYTONAオンラインサイトで取り扱ってはいても、通常のやり取りはほとんどのケースでメール対応のみ。
せっかくアメリカへ行くんだし、SEMAへ出展しているメーカーも少なくはありませんので、SEMAへの出勤日?を撮影に徹する日と、ミーティングを行う日とをキッチリと区切り会場を回りました。
SEMAのスケールをザックリとした考えとしては東京オートサロンの3〜4倍の規模と思ってもらっても良いかもしれません。大型のホールが3つ(内1つは2階もあり)屋外展示がザックリ3箇所程度。 全く仕事と関係のないホールも有るのですが(例えば塗装ブースの展示など)、そういうホールにも日本自動車メーカーの特設会場があったりもしますから、結局全て回らないと行けませんから本当に時間と体力が必要で大変です。


イントロテック
カーカバーなどもラインナップとして存在しますが、車種専用サンバイザーをDAYTONAでは取り扱っています。 材質の説明などを丁寧にしてくれました。


ATI
おなじみのクランクダンパープーリーのメーカーです。
彼らはダンパープーリーの事業は実は一角であり、アメ車用の強化オートマチックミッションなども手がけています。 ドラックレース等にも耐えうるパーツを作り出しています。
ちなみにVQ、VGエンジン用のスーパーダンパーも展示されており、何故スーパーダンパーが素晴らしいパフォーマンスを持っているのかの説明をカットモデルを使って説明してもらいました。



STILLEN×AP Racing
実は真っ先に訪問したのはコチラのブースでした。 担当者とは数ヶ月前にカリフォルニアで会ったばかりですが、その時に聞いていた最新型ブレーキシステムをSEMAで見せてもらいました。
Radi-CAL2 キャリパーボディを小型化し対応ホイールを18インチから可能(6ポッド)となりました。 詳しくは後日解説いたします。


コスワース
DAYTONAではZ33 VQ35DEのインマニの取扱を行っていましたが製造中止となっていたのは記憶にあたらしいところ・・・ですが、もしかしたら良いニュースをお届けできるかもしれません。
確実にスタンバイできた時にご案内します


ホワイトライン


MISIMOTO


DEI

などなど・・・。 1つ1つ書いていたらキリがりませんが、9時から17時までみっちりとミーティングを行いました。

番外編

アメリカのスーパースター ケン・ブロックのフォードマスタング なんと1400馬力!


正体不明な、パイプで構成された乗り物。


さすが大国アメリカ
ドライブシュミレーターは実車を採用



コレが結構良い Ferrari488スパイダー用のガラスエンジンフード。
通常488スパイダーはアルミフードを使っていますので、せっかくのV8フェラーリエンジンを車外から眺めることが出来ません。 そこでアフターパーツとしてCapristo社が専用ガラスフードを製作しました。
ちなみに100万円位です。



思い切りマシンガンを打ち込まれたかのようなレトロなカスタムカー?
シフトレバーはまさにマシンガンでした。


夜はコスモポリタンというホテルでテキサスから来たUpRevのフルメンバーとディナーミーティング。
変なポーズしてるのがオマール 同社のCEOで、とても粋な奴です。 来年にはテキサスへ行きUpRevのトレーニングを受講する予定にしました。
ラスベガスの1日はとても長いです。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。






DAYTONA Racing Z34カスタムヘットライト


■DAYTONA Racing│ Z34カスタムヘットライト
樹脂レンズ最大の欠点、劣化となるヘットライトの黄ばみ。 当初、交換を機に新品ヘットライトへ電照を施そうってことになりましたが、基本パターンはヘットライトのインナーやプロジェクターカバーのペイント、それにWイカリングやドットLEDが通常メニューですが、それはそれで定番すぎて面白みがありません。
現在のカスタムヘットライト業界では、アクリルを使って光をコントロールするのが人気なコースとなって、例えばミニバンやVIPの世界ではライトカスタムに要する予算が100万円オーバーなんて言うケースも実在し、そういう意味ではこれまでのフェアレディZのライトカスタマイズなんて全く工夫の無い提案ばかりであったと反省しつつも、さすがに100万円とは行きませんが“ある程度”の予算内でカッコの良いカスタムヘットライトをご提案できればと思い、オーナーさんからご予算と最低やりたいことだけをリクエストいただき、あとは「おまかせ」という流れで制作に取り掛かりました。


僕は現在のアウディやメルセデス、レクサスが採用しているシーケンシャル点灯(流れるウインカー)をどうしても採用したく、その為にウインカーポジションを変更し本来ドットのある箇所をくり抜きアクリルにて形成を行いました。
また本来のウインカー部にはバルカンLEDを採用しDRLとして活用。 プロジェクターレンズ廻りのイカリングはこれまでのチューブ型ではなくアクリル削りだしで作り込みし、ライトが点灯しても消灯していても十二分な見ごたえのあるヘットライトへとモディファイを行いました。
また、シーケンシャル点灯のウインカーはリモートコントロールにて点灯パターンを複数へ変更可能となっており、公開している動画を見ていただければランダムに移りゆく様子を確認していただくことが可能です。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。



旅の後半、ラスベガス SEMAにて。ベラージオ様と会場 日産編


ラスベガスと言えばベラージオの噴水を見なきゃ始まらないと自分で思っていたのに、この噴水を見たのはラスベガス入りしてから3日目のこと。
今回はSEMAの会場でもあるコンベンションセンター近くのホテルを予約したため、街へ出かけるには電車か車を使わないと行けないから結局のところ噴水を見たのは2回だけ。
4年前と比べて噴水時の音楽も比較的新しい音源のものに変わっていて、昔を懐かしんでも仕方がないけど良くも悪くも"変わったなー"的な衝動と、再びこの目でベラージオを見ることが出来たことに一人ウルウルしていました。


さて、明朝 ホテルからコンベンションセンターへは歩いて移動です。 10分位で到着しますのでバスやモノレールを待つよりも歩くほうが便利。
大きな車道の右側には現在アメリカ大統領選で戦っているトランプ氏の所有するホテルが大きくそびえ立っています。



SEMAに到着。 今年で開催50年目の節目ということもあり、アニバーサリー的な雰囲気です。





屋外では大音量でイベントが開催されており、TVの収録もアチラコチラで行われており、相変わらずのフォード特設コースではドリフトパフォーマンスです。










全体の規模から言えば日本車(日産車)は当然少なめ。 2011年に渡米した際は、結構な台数の日産車を見ることが出来たけど今ではアメ車が完全復活した印象を感じました。
それでも、バリバリのモディファイされたZはコレくらい展示されていていました。 アメリカらしくエンジンスワップ 例えばアメリカンV8やトヨタ1JZへの換装など。
バルボリンブースへ展示されていたZ34はツインターボで後方ラジエータという凄いモディファイを行われたチューニングカーもあります。
V35タイムアタックマシーンに乗る友人の彼女が乗る愛機はパステルグリーンのZ33 同じくタイムアタックマシンマシンです。





















GT-Rは数、姿ともに結構なボリュームで、その他シルビア、V36を含めると多くの台数が居ます。
数年前より世界的流行しているBOSOZOKUスタイルは今年も健在で、日本製の幅広オーバーフェンダーがとりあえずのお約束的なモディファイです。
米国で見るのはとても珍しいR34GT-Rもスタンバイされていました。

その他、日本自動車メーカーブースとしてはトヨタ、レクサス、ホンダ、マツダが常設されていますが、残念ながらの日産/INFINITEは展示なし。
それでも日本からやってきた自動車/部品メーカーのブースは、どこも人気が高く常に人だかりができていましたよ。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。







旅の前半、近況をダイジェストにて。

Las Vegasよりデイトナのkaoの更新です、こんにちは(*^-゜)v

旅の前半世界のアチコチから集まってくるビジネスのパートナーたち第一陣とまずはLosAngelesで集合して、怒涛の忙しさの後半戦に備えてアソんでました((笑))



第一グループとの集合場所、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドのあるユニバーサルシティへ到着で〜す。
エンターテイメントホテルだけあってあちこちにちょこっと心をくすぐる仕掛けがありますので、そんな粋な計らいを見つけるのも楽しいし、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドでただ遊んでるんじゃなくて歴とした視察です(笑)なんて言い訳していましたが、押し付けがましくなくしかもわかりやすく特別感を感じるサービスは本当に勉強になりました。
ということで、これも大事な視察なのです・・・w

それはさておき



ここはフォレスト・ガンプで知的障害のある主人公がエビ漁をはじめて大成功してレストランをOPENという設定で作られた映画の延長のようなエンターテイメントレストランです。



まずはお約束。



アポロ13号



以前に言ったことのあるZオーナーさんからのオススメで、パーク内での最強チケットVIPツアーがいい!って聞いてたら当然並ぶ時間0で、VIPレーンにはレッドカーペットとエスコート付きという待遇のよさ・・・その気にさせてくれるユニバーサル・スタジオ・ハリウッドさすがのエンターテイメントです

5時間だけのセレブ待遇・・・・・・私みたいに調子に乗りやすいタイプにはピッタリのところでした(笑)



そしてLas Vegasに到着。



土日は一泊二日で、パートナーたちともわかれたそれぞれの休日をそれぞれの場所で過ごすことにして、私達はアリゾナ〜ユタ州方面へ。
軽くトレイルランしたり荒野でハイキングしたり、大自然と遊びました。



アンテロープ・キャニオン





モニュメント・バレーの夜明け



次回はここを馬で駆けることに決めました
RYOHEYさんマイマイ絶対にサイコーです一緒にいかが
※ちなみにおやびんはもう大自然はお腹いっぱいらしいので(笑)次回は一人旅する予定なのでぜひ



西部劇が大好きだったおじーちゃん。
駅馬車という映画でジョン・ウエインが荒野を駆けるまさにこのシーンを何度も何度も見てたの覚えてるけど、私、この目で見たよ!この場所にいたよ!



グランド・キャニオン



ルート66





心癒される素晴らしい時間のあとは、ギラギラのLas Vegasでまた集合〜。
それぞれのビジネスを持ち寄って、明日からはじまるSEMAでの作戦会議はショッピングでもしながら・・・(笑)



一日遅れてハロウィンだったので、仮装してハッピーハロウィーン

(笑)(笑)(笑)

そして本日よりSEMA SHOW開催、本格的なビジネスシーンがはじまりますので山本は早朝よりミーティングの予定なので終日別行動です。

数年前までは少し英語ができる私が通訳として同行していたのに、今やメールでもスカイプでも毎日英語を使って仕事している山本の方がはるかに英語がうまくなってしまったので私は活躍の出番なし・・・・・・・・

はじめてのSEMAはただ見ただけ、そして少しずつ参加する形態がかわってきて、去年は友人のはからいで世界最大のエアサスペンションメーカーAirREXデモカー370Zにデイトナとして少しだけ参加させてもらって、今年はついにサンダーボルトがサンダーボルトジャパンがとして全米デビューとなりTOYO Tireをはじめあちこちのブースで活躍しています

詳細はまた報告します。


では、kaoでした・・読んでくださってありがとうまたねッッ。(*^-゜)v


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。