11月のイベント

随分と寒くなってきました。
基山オフも寒いだろうな~ 防寒着を忘れずに積んでいきましょう。

さて11月のイベントですが
・11月10日 ファルコン 基山オフ ~ミッドナイトツーリング
恒例の基山オフにコラボレーション 夜中の福岡市内、夜景を楽しむツーリング。
残念ながらキャノンボールランはありません(笑)
ゆっくりと福岡高速を流しながら、秋の夜景を楽しみましょう。

・11月18日 ファルコン西日本 与島 Z文字
本当はkaoとお客さん数人で遊びに行く予定だったのですが、ここに来て急遽僕も参加になりました。 今の所3,4台で参加の予定です。
遠征ツーリングはお初でして、今からドキドキしています(笑)
※このツーリングに伴い、17日に福岡を出るので17日.18日は臨時休業です。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

「参加したいけど、どうしたらいいのか解らない」
「参加したいけど、1人だから・・・」
「参加したいけど、初めてなんで・・・」等・・・
できるだけ多くのオーナーさんに楽しんでいただけるようにサポートしますので、参加希望の方は遠慮なさらずにご連絡ください。
Z使いのオーナーさん 一緒に遊びましょう!

GT-R

東京モーターショーで正式に発表された「GT-R」
福岡に来てるって情報を聞き見に行ってきました。


赤いのがブラックエディション
シルバーはスタンダードグレードです

思ったよりもボディサイズは普通ですね。
TVで見てたら巨大な印象でしたが、実はカルロスゴーンが小さいだけでした。
マフラーは見た目は大きいですが、中は随分絞ってます。


噂のランフラットタイヤ RFTと書かれています。
何でも、タイヤ交換の際は古いタイヤは切断しないと外れないとか・・・
交換は4本で50万円 
ブレーキも凄いのが付いてます。 2ピースローターでした。
こちらはブレーキパット交換の際、ブレーキローターも同時交換が鉄則だそうで30万円(フロントのみ)


エンジンは新開発VR38DETT 480PS
オイルはモービル0W-40指定です。 コアサポートなどはカーボンファイバーです。


アンダーフロアです。
カーボンファイバーでほとんどが覆われていて何にも見えません。
ど真ん中付近は空いていたようですが、前後はこんな感じです。


パドルシフト 6速です。デザインはF430にそっくりです。
ハンドルについているスイッチはオーディオ操作やオートクルーズ関係・・・
どうせなら快適装置ではなくメカニカルスイッチにしたほうが良かったのに。 例えばABSやVDCのコントロール等・・ 少し残念


それらのメカニカルスイッチはこちらに付いています。
ダンパーの減推力も変更できるようです。
ちなみに「ビルシュタイン」ダンパーが全車装着です。
モニターはブースト、油温、油圧、ラップタイム等見れます。 こちらはグランツーリスモで有名な「ポニーキャニオン」社がデザインされたそうでして、オープニング画面にロゴが出てきます。
あとは全車HDDナビが標準装備

う~ん 素晴らしい!
来年からはGT-Rがスーパー耐久、スーパーGTにも参戦するとアナウンスされていますので、走り出すのが今から楽しみですね。

HKS スーパーチャージャー その3


ポチッと押すと動画が見れます。
僕が若干写ってますが、スルーしてください(笑)

肝心のパワーがどれほど上がったのか?ですが、
元々の仕様は
・VQ35DE
nismoスポーツリセッティング(ECU、エアクリーナー、スポーツ触媒)
チタンYパイプ
ARCチタンマフラー
比較的ライトな仕様でした。
BOSCHシャシダイ測定で252PS 

それを今回のチャージャーを組む際、HKS社の規定に沿うようにECU等をを純正に戻しています。
スピードリミッターが生きた状態でパワー測定しましたので4速にて測定。(普通は5速)これにより若干パワーが下がります。
で、パワーは

299PS

おおお! 300馬力ですね。
純正比50馬力UP いやnismoECU比50馬力UP 素晴らしい!!

乗った感じはトルクフル?
ターボのようなドッカン具合は少なく、「気がつけばこんなスピードに?」という感じですね。 チャージャーでありながらNAのようなフィーリングです。
ですが、燃料を絞ったnismoECU+チャージャーだと、
もうビックリするような・・・ 僕は大人なのでこれ以上は言いません(笑)

今回のKITではパワーを上げすぎてトラブルを起さない為に、わざとHKS社は安全マージンを確保しています。
空燃比を見る限りではまだまだ燃料を絞れそうですので、キチンと詰めなおせば+20PSは余裕で上がりそうです。
背伸びを少しするとパワーが得られそう。
このように、商品の面白いところをチラチラ見せる辺りがHKS社の商売の上手さを感じさせます(笑)

F丸さんにはいつもお世話になっていて、いつも楽しい仕事をさせてもらってます。
今回もZ33+過給機という九州では少ないチューンをやらせて頂いて本当に感謝しています。おかげさまで学べたことも多かったです。
今回のようなチューンでは前例、情報が少なく苦労することも沢山ありますが、F丸さんに限らず全てのお客さんとZと言う車種で繋がり知り合えたわけですから、Zという車で最大限楽しんでくれるように、これからも僕なりに努力して行きたいと思います。

ありがとうございました









HKS スーパーチャージャー その2

まずはオイルクーラーの移設。
これは新規にHKS製のクーラーに買いなおしました。 導風板も付いていますので、サイドマウントにするにはもってこいです。

左から
オイルクーラー トラクションクーラー パワステクーラー インタークーラー
コアが無いのは左ライトの下のみです。


バンパー装着しますと、かろうじてインタークーラーのみが見えるかな?
オイルクーラーは覗き込まないと何にも見えません。


エンジンルームも完成。
オイルキャッチタンクの位置決めは最後まで苦戦しました。
スペースが無いので大変です。

ひとまず完成。

(仮)07秋 コラボ ナイトツーリング・・・下見

11月10日(土) 
恒例のFALCONオフ会が基山SAで開催されます。
それに加え携帯サイトの「モバゲー」の「モバガレージ九州支部?」のメンバーが集まり(というよりFALCONメンバーと重複している方ですが)小さいながらもツーリングでもしてみようということになり、昨晩下見に行ってきました。


予定では
基山SA 21時出発

大宰府IC

福岡都市高速

百道IC下車

福岡タワー横を通り

愛宕神社着 皆で夜景を見ましょう。

オプションでマリノアの観覧車でも見に行こう

今の所この段取りで考えています。
FALCONもモバゲーも初めての方も常連さんも、ツーリング希望の方は10日に基山SAに集結しましょう。

HKS スーパーチャージャー

今までライトチューンで遊んでいたけど、どうにもこうにも刺激が欲しいということで、とうとう過給機チューンに乗り出したF丸さん。
行くと決めればとことん行きます。 さすが九州男児


今までもエンジンチューンを企画しては倒れ ターボチューンを計算しては倒れでしたが、今回のパーツはポン付けで5~60馬力UP おまけ費用対効果も大きいと判断して「HKSスーパーチャージャーKIT」をチョイスしました。
KITで購入するとインジェクターやサブコンピューターもSETですので、割安感はありますよね。 お値段698,000円 
他メーカーのツインターボKITよりも100,000円安くパワーも確実に出そうです。


何とかエンジンルーム内は完成。
パイプ、ブラケットの精度は非常にいいです。 但し、メンドクサイ・・・
追加インジェクターはサージタンク内部です。 ですので何にも見えません。


社外オイルクーラーが付いているだけだった、前面部は


インタークーラー、トラクションオイルタンク&クーラーの装着でギッシリ詰まってしまいました。 
元々あったエンジンオイルクーラーは当然のことながら付けるスペースも無くなり、サイドスペースへ移動です。 
ここまで来るとチューニングカーって感じですよね!

残すはコザコザ仕事に、配線などの電気関係。
早くエンジン始動してパワーチェックがしてみたいですね。

後編へ続く

RB26DETT


Zのお客さんのセカンドカー??が入庫しました。
名機RB26DETT
やっぱ他の日産エンジンとはちょっと違いますよね。
スロットルの動きなんて、レースカーっぽくて見ているだけでにやけてきます。

が、
このRB26は2年近く放置されていてエンジン不動・・・
ガソリンは腐って臭いの何の タンクは錆だらけです。
頭が痛い

再びエンジンに火が入るように現在調整中。
う~ん 頑張ろう

カオ特派員が行く・・・スーパーGT


色々写真を撮っているうちに、ピットウォークが開始されてしまいました。
そうなると大変 先ほどのように、ゆっくり写真は撮れません。
nismoのPIT前 このように並ばないと見れません。


ピットウォークでのもう1つの楽しみ?
キャンギャルです。
表に出てくるキャンギャルは本物も本物。 なんとキャンギャルの横断幕もあります。
一昔前はカメ子(カメラ小僧)VSキャンギャルの構図でしたが、最近では友好関係のようです。
ちなみにnismoのキャンギャルですね。 サービス満点だそうで・・・


秋田のなまはげ
「泣ぐ子はいね~が~」
泣いていない子も泣き出したそうです(笑)
どうも博多にアンテナショップを出したそうでPR活動ですね。


イベント広場にてADVANのZ
う~ん初めて見ましたが、何なんでしょう? Zレース仕様かな?


去年のGT500Zですね


こちらは380RS


駐車場にて 1コマ
偶然Z33が並びました。
手前のZは色も外装も派手ですよね。
奥のZはカオ号 
嬉しかったのでしょう ワザワザ撮影してます(笑)


そうこうしている間にレースが始まりました。


僕も含めてですが、僕周りの人たちはレース好きです。
ですが、参戦するのが好きなだけで、あまり長く見るのは好きではないようです。
大体30分も見れば飽きてきます。どんなに長く居ても1時間が限界か? 
後はテレビでゆっくり見ると言うのがパターンです。
そういう環境で育ったカオは・・・


と、言うことで帰ります(笑)
やはり1時間が限界のようです。
自分で作っておいて言うのも変ですが、低いな~


サイナラ~♪
今から馬刺しを買いに黒川まで行きます。


ただいま~
お土産の数々

当然ですが、レース中盤で帰りましたので結果を知るはずもないのですが、
何故かカオは8号車ARTA NSXが優勝したと知っていました。
なんでだろ?
前日も不思議な体験がありました。
オフ会の駐車場で「あそこにあったZはどこ行った?帰った??」と駐車場の空きスペースを指差して僕に言いました。
「そこには誰も停めていないよ」というと、しばらく考え込んでいました。

僕には見えない何かが見えているのでしょうか?
それとも終わりかけているのでしょうか??
是非とも僕も同じ世界を見てみたいと思う今日この頃です。


あまり多くはありませんがプレゼントしますのでお早めに!!!




カオ特派員が行く・・・スーパーGT

SUPER GT。
僕は仕事の予定がありますので、なんとkao単独で行く事になりました。

ハイ到着

右側は一般ゲートです。 
やっぱり並んでますよね~ カオはエントラントチケットでしたので、関係者通路より進入。


いつもは空き地のようなオートポリスですが、GTが来るとご覧のようにギュウギュウです。


パドック裏にて
ムチャクチャかわいいキャンギャルです。 どこのメーカーさんだろ?


ARTAの金曽監督です。
10名ほどの関係者のみを集めた説明会?です。
GT500の8号車NSXを今回なんとしても勝たせると意気込んでおられたそうです。
結果はいかに?

 
マシンはガライヤ


う~ん なにを撮りたかったのでしょう(笑)


ミシュランタイヤのトランポ
全タイヤメーカーの中でも一番カッコエエです。


ホテルオークラよりシェフ登場。
お金があるチームはランチも贅沢です。
ちなみに普通のチームは自分らで炊き出しです。


イエローハットのキャラクターと記念写真


47号車 吉兆宝山Z


予選はポールポジション 
決勝は残念ながら2位でした
46号車 吉兆宝山Z


13号車 エンドレスZ


個人的に大好きです。
18号車 TAKATA堂夢NSX


8号車 ARTA NSX
今回の優勝マシンです。 おまけに最終戦を待たずにシリーズチャンピオンに決定しました。 おめでとうございます。


う~ん 非常に残念でした。
予選2番手からスタートの予定でしたが、なんと火災発生 そのままリタイヤでした。


後半に続く

FALCONオフ会・・・10月

FALCON本体の掲示板で書き込みが無くとも台数は集まるようになってきました。
昨晩も20台オーバー 今回はZ33の参加が多かったですね。
それと寒い・・・ 秋ですね~

飛び入り参加者さんもおられました。
アップ写真はありませんが、Z33HRのサーキット仕様 かっこよかったです


いつも遠くから参加の山口、廣島連合。 今回はパワーアップして台数が増えていました。お疲れ様でした。


Z32も元気元気
1回目に参加されていたレフトハンダーZ32の来られてました。 ブリフェンで迫力満点です。
我らがデイトナファミリーは大口径ホイル&車高短がトレンドのようです。

知ってる人も知らない人も、和気藹々と楽しい時間を過ごしました。
仲間って良いですよね!

さて次回は11月
絶対に寒いぞ!


おまけ

オーバー30オバドル軍団
心霊写真のようです(笑)

途中経過・・・kaolady ZⅡ




車高は純正比-40mm位? 
程よく、いや バリバリに車高が落ちました。
こうでもしないと、今回のホイルは収まりません。

チタンカラーのホイル 
はじめて見ましたが、凄いの1言です。

グラデーションが効いてますよね。
ずっと見ていると頭が痛くなってきます(笑)

この写真を見て「ブレンボ装着車なのに、無茶苦茶リムが深くない?」と思った人は偉いです。
通常ブレンボ装着車は、そのブレーキの大きさが仇となりリム幅が少ないローディスクしか選べません。
リム幅を左右するオフセットにしましても、ホイルメーカーのマッチング表を見ても+25前後が主流のようです。 これでは深リムは選べません。
今回僕らは計算に計算し(大げさか?)自分達が求めるベストマッチングサイズを割り出しました。

完全なオーダーメイド オフセットです。
自分だけのサイズ
う~ん セレブだ! セデブか?

では出動です!!!

途中経過・・・kaolady Z



ホイル装着中。
キツキツサイズなので足回りも調整しながら入れていきます。


今回のホイルはこちら。
RAYS GRAM LIGHTS 57S-PRO
泣く子も黙る「チタンコーティングリム」+RMC(レイズメタルコート)
19インチ 9JJ 10JJ

このホイルに決まるまで1ヶ月ほどかかりました。
決め手はこちらだったようです。

ちなみにこの写真 自分でセルフタイマーを使って撮影していました。
嬉しいのでしょう・・・ アフォです(笑)

さて・・・ オフ会

第2土曜日の本日は、恒例?高齢?のファルコン基山SAオフ会です。

僕の車は先月から進歩なし いや、少しだけ進歩か?
見た目の進歩はありません。 
kaoの車は・・・ 今現在では、あまり進歩なし 
ですが、パーツは揃っています。 組んでいないだけ。
本日中に、形になるかな?
 
仕事が忙しくて、自分等のことは後回しでしたので、完全にサボってましたね。
今夜にはお披露目できるように今からバリバリ頑張りますかね。

さてさて どう変化するのか 
お楽しみは今晩 


と、思う。



SPORT TECHNIC

僕のZのお話・・・
実は物凄く気に入って購入したパーツの中でも、抜群に気に入っているパーツがあります。
それは「ホイル」
考えに考え決めました。 サイズも考えに考え決めました。 値段は気にせず決めました(笑)

そのメーカーを「SPORT TECHNIC」と言います。
「MONO10プレミアム」と言う、最高峰のホイルです。

この「SPORT TECHNIC」というのは国産車オーナーでは無名に近いのですが、輸入車オーナーでは知っている人もいる位のホイルと思います(笑)
それでいて値段は強気価格。 まったく安くありません。

元々はドイツのチューナーのようですが、数年前 ポルシェ911をチューンし公道最速記録388km/hを出したと言うことで知名度が上がったメーカーだと思います。 そして、そのポルシェは9ffと名づけられました。 なかなかマニアックでしょ
それを嬉しいことに、弊社顧客のK君が知っていてくれました! 当然9ffでSPORT TECHNICを知ったとのことでした。物凄く欲しいホイルと言うことです。
いや~ 嬉しいな~ なんか自分のブランドのように嬉しい。

「知る人ぞ知る」も悪くない今日この頃でした。

スカイラインクーペ

金曜か土曜くらいからだったかな? なにやら見慣れないような、見覚えがあるような車が店の前を頻繁に走ってます。
大き目の白色のクーペボディの大きな車。
「なんだろなー」と思いながらもマジマジと車を見ると、どうやらスカイラインクーペみたいだ。 
そう言われてみると、新聞広告に新型スカイラインのチラシが入っていたなと思い出しました。
恐らく店の前の道路が試乗コースなんでしょう。 確かに目に付くはずだ。
しかし、横から見るとパット見 先代のCPV35と大して変わらないような・・・

その数10分後 またもや同じ試乗車発見
今度は前周りが見れる位置で停車 ほうほう、フロントマスクは随分とかっこよくなってますね。 いいかも
少し気になってきたので事務所に入って「スカイラインクーペ」とググッて見ます。
出てきた出てきた やはり新型のクーペであることに間違いなし。

ほーう 今度は3.7Lエンジンか 凄いね!
ほーう アルミ4POTキャリパーが新型だね かっこいい!
ほーう 4WASか 久しぶりに聞くな~ 
ほーう プッシュ式エンジンスターターか レーシー!!
ほーう パドルシフト!!!  きゃー かっこええ

ですが、
パドルシフトのグレードに乗るためには420万円の出費が・・・
おまけに5速AT・・・ 
排気量はどんどん上がる一方 

うーん 
うーん
うーん ちょっと残念

少し装備を抑えてでも300万円程度から選べると、もっとクーペの販売台数も増えると思うんですけどね。
もしくは、このご時世 クーペを買える人は富裕層ってことで低価格グレードが無いのかな?

しっかし パドル良いね~


« 前ページ