通関日記

今週のウイークリーニュースはデイトナのkaoの更新です、こんにちは(ノ*゜ー゜)ノ
ドアップでしつれいしまーすw



先日のこと、デイトナが貿易業務をはじめてからずっと通関を担当してくれているYさんが震災の影響で休みをとっているので急遽かわりにインポーター初体験してきました。

今回通関したのはスティーブミレン率いるアメリカの名門STILLEN(スティレン)からの航空便です。
通関後は今度は国内貨物としてデイトナをはじめ、日産ディーラーや取り扱いSHOPや国内の問屋さんのもとへ運ばれ、その後それぞれオーダーしてくださった皆さまのもとに届きます。

思えば2014年の年末のこと、新しい年の目標として「デイトナは地方の単なるひとつのSHOPとしてだけではなく商社として同業他社から頼られる存在になりたい!」みたいなことを書いたら本当にだんだんとその流れは強くなってきて、今やいろいろといただくお問い合わせのうちの3割くらいはSHOPやディーラーのメカニックさんからになってきました。
そうなると今まで目の前のひとりのお客様にしかしてあげられなかったことが、他のSHOPを通すことでたくさんのお客様に広がっていって、すばらしいHAPPY連鎖が続いてく!

話は戻って・・かつて輸入品といえばコンテナ満載の貿易船でドンブラコ~♪ドンブラコ~♪ってイメージしかなかったけど、今どきはエア便で素早くキレイに清潔に届きます。
LAと日本間の荷物なんてどうかしたら国内の離島より早く安全に届くっていうから驚き!

しかし私は普段は貿易に関する仕事にはほとんど携わってないので、福岡空港の国際線のターミナルビルの奥地にこんな場所があることさえはじめて知ったレベルだからちょっと時間はかかりましたが、皆さまからいただいたオーダーパーツを無事に日本国内の流通に載せることができました。

ドキドキしながら写真撮ってもいいですか?って聞いたら、セキュリティー上絶対にダメなとこもあったけどここで公開している部分は全部OK出てるので、普段皆さんが見ることのない国際航空貨物の裏側をチラッと紹介してみましょー。



さてさて、まずは車を敷地内に乗り入れするだけで身分証明やら厳重な審査やらがあり、やっとの思いでゲートをくぐってJALのカーゴのビルにたどり着くと、今度はインボイスとかいう紙の束をばさっと渡されて、通関?納税?したら荷が出せるとか何とか。
間違って何かの保証人になる書類を出されても普通にサインしてしまいそうな勢いでさまざまな手続きが進みます。

※インボイス(INVOICE)とは輸入する商材の内容や原産国や金額などが細かく書かれた明細書のようなものらしい。





来月開催される伊勢志摩サミットでテロの驚異から守り安全に開催するために荷物の検査も強化されているそうで、ランダムな荷物の抜き取り検査と開梱検査がありました。
ここでたまたま選ばれたのはZ34のエアロパーツだったけど、素材はウレタンだしビスやグリルなどの付属品の明細もすべて明記されきちんと申告されているので、STILLENのそのあまりのグレーゾーンのない徹底した仕事ぶりに、この作業に慣れてるはずの検査官も驚くほど(笑)きちんとしてるんです!





適切な申告がなされているかどうか、インボイスの内容と箱の中身が一致しているかの検査と合わせて、爆発物がないか(火薬やその痕跡がないか)違法薬物が紛れ込んでいないかなど、荷物の目視から拭き取り検査からレントゲンと、たくさんの検査に協力します。



荷物のみならず人間もその持ち物も、カーゴのビルから荷物棟に移るときには国際線のセキュリティゲートなみの厳重なチェックがあって、ビジターのタグをつけられてヘルメットと安全ベスト?を着せられます。
自分の姿がおもしろいのでとりあえず撮りました。笑





こうして私がはじめて通関したSTILLENパーツは税制面でも流通面でも防犯面でも全てにおいてクリーンである安心安全が証明され、まもなく皆さまのもとに届きます。
オーダーしてくださった皆さまは楽しみに待っていてください。

そして来月はそのSTILLENへ行ってきます。
普段は母国ニュージーランドで暮らしているスティーブミレンさんが私たちをSTILLENで迎えるためにアメリカに来てくれるそうなのです!
だけどスティレンのスタッフのEさんが「これはユーキ(うちのおやびん)へのサプライズだから知らないことにしててね!」って・・・・・・・w

当日、どんな感じでこのサプライズ?に驚いたらいいんでしょ?(笑)

では、kaoでした・・ありがとう、またねッッ。(*^-゜)v

ゴールデンウイーク期間中の営業について

DAYTONA店頭のゴールデンウイーク営業スケジュールは下記のとおりです。
また、G.W並びに臨時休業中においてもオンラインショップThe Daytonaは通常通り営業を続けていますし、臨時休業期間においてはファクトリーも稼働していますのでご安心ください。
それでは皆さんステキな連休を楽しまれてください。

<休業期間>
4月29日(金)通常営業10:00~15:00
4月30日(土)通常営業10:00~15:00
5月 1日(日)時短営業(要TEL確認)
5月 2日(月)時短営業10:00~15:00
5月 3日(火)時短営業(要TEL確認)
5月 4日(水)定休日
5月 5日(木)時短営業10:00~15:00
5月 6日(金)時短営業10:00~15:00
5月 7日(土)時短営業10:00~15:00
5月 8日(日)時短営業10:00~15:00

5月 9日(月)通常営業10:00~18:00
5月10日(火)通常営業10:00~18:00

5月11日(火)~5月 18日(水)臨時休業


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

性能ありきのデザイン。


AP Racing┃Radi-CALシリーズ
キャリパーボディは黒/赤の2種 ディスクローターはJフック/クロスドリルド+スリットの2種しかないから組み合わせは4種類しかないことになるけれど、キャリパーボディに関しては圧倒的にカラードキャリパーが人気で組み合わせるディスクローターはJフックが多くの支持を得ています。
今回オーダーを頂いたものはカラードキャリパーではあるけれどクロスドリルド+スリット仕様。 世界的にはどうなのかは知らないけれど、DAYTONA的には大変珍しい組み合わせです。
クロスドリルドの最大の利点は冷却性能の高さにあります。 連続するブレーキングシーンにおいて発熱の高さと比例して、ディスクローターには大きな発熱ストレスを与えます。 AP Racingでは疲労破損を防ぐために熱のコントロールと同時に、補強リブの設計を見なおししています。
リブの位置とピンホールの位置そしてスリットの位置は、実は巧妙な計算によって成り立つデザインであると彼等は解説しています。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

TCDという選択肢。


DAYTON with OS技研┃スーパーロックLSD TCD
従来型のスーパーロックLSDと大きく異なるのは、100%のロック率に生じる時間とオイル循環システムのメカニズムです。
基本的な特徴として、スーパーロックLSDはフルロックまでのレスポンスの高さを得意としているのに対し、TCDではとてもマイルドにトラクション性能が上昇していく特性で、それはもはや機械的というよりも電子制御にさえ追いつかんとする性能の高さと自然さを兼ね揃えています。
また、その性能に大きく貢献しているのは常にオイルを循環させる専用ディスクプレートの存在です。 内外ディスクに新設されたパッセージには、常にオイルが循環を行いプレートのフリクションを大きく低減させています。
結果として発進時~フルロックのシーンに至るまで、全くストレスを感じることなく欲しい時に欲しいだけのトラクションを得ることが出来る画期的なシステムなのです。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

5月に渡米します。


5月初旬の大型連休明けのDAYTONAは約1週間のお休みを頂戴しロサンゼルスまで行ってきます。
主な活動予定としては私達がディーラーを務めているSTILLEN社への訪問 それと週末3Daysで開催されるZ BASH(リンク先は去年のZ Bash)というストアーイベントへの訪問と、出展ブースのお手伝いを予定しています。
西海岸へ行くのは3年ぶりとなりますが、最も新しいLAスタイルでチューニングされたZを学んできます。 その間、店舗業務、通信販売業務はストップしご迷惑をお掛けしますが、ファクトリーは常に動いていますのでご安心下さい。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

ドアーリンク・プロテクションカバー


DAYTONA┃ドアリンク・プロテクションカバー
ドアを大きく開けた際に目に飛び込んでくるドアーリンクゲージ。 これはドアをある程度の位置でストップできるようにサポートしてくれるためのストップカムなのですが、無機質かつ安っぽさをカバーするための専用カバーの供給を開始します。
装着は単純に嵌めこむだけのイージーフィット。 有るか無いかでは大きな差となること間違いありません。


純正


ドアープロテクションカバー装着


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

それでも前へと進んでいく。

これほどの記録的災害のあとは、なにかとBlogの書き出しがタイミング的にも内容的にも難しくて、せめて1週間ほどはキーボードを休めたいというのが僕の本音です。
先のBlogにも記載していますが、震源地である熊本と福岡では約100km離れていはいるものの余震の影響は当然ながらあり、地震速報の音や、家が揺れる音に過敏に反応してしまい、夜静まりかえったベットに寝ていても眠れなく、それなりに参っているのは僕だけではないはずです。 
勿論、その恐怖と戦うのはこの震災の影響を受けた多くの人々に共通することではあるけれど、出来るものは普段の生活へと少しずつ取り戻していくことも大切な生きるすべであるはず。
まだ地震は終わったわけではないけれど、日常へ戻ることが出来るよう自身をコントロールしていきたいと考えています。


地震発生の週に車検でお預かりした熊本県の震源地にほど近いエリアにお住まいのオーナーさんが乗るZ33 
昨日、オーナーさんへTELしましたが、ご自宅の倒壊こそま逃れたもののガラスが割れ片付けは大変なご様子。今現在は地域のお世話をすることでバタバタ働いていると元気な声を聞かせてもらうことが出来ました。 勿論、今すぐにZ33を取りに来ることが出来る環境でないことを私たちは理解しています。 それまでは大切にお預かりしておきますのでご安心下さい。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。



昨夜の地震について。


昨夜21時過ぎ 熊本県益城町付近を震源とする巨大な地震が九州地方に発生したことは各種報道等で報じられているとおりです。
私達の住む福岡は震源地より100kmほど離れていますが、それでも震度4を記録し2005年に発生した西方沖地震以来の巨大地震となりました。
それ以降も体感できる余震は今現在も続いてはいますが、基本的に福岡地方は何の問題もないはずです。
震源地である熊本では今現在9名の死亡が確認されており、また九州を横断する九州自動車道も熊本益城IC付近での倒壊が確認されており復旧にはしばらくの時間を要する雰囲気です。
また、最も心配されていた阿蘇山との因果関係は今のところ無い模様です。 

地震発生以降から沢山のメールやLINEを頂いていますが、現状ではこのような感じで私達、DAYTONA共に全くの無傷です。
ご心配をお掛けしましたとともに、励ましのメッセージに感謝いたします。 この場を借りてお礼申し上げます。

DAYTONA
山本友基

美しさを取り戻す。


Concept Z Performance┃ドア&クォーターガラスモール
樹脂コーティングが剥がれ落ちメッキ地が露わになっていては、せっかくのスタイリッシュなZ32が台無しです。
とは言え日産純正としてのパーツ供給はクオーターガラスASSYというもの。 予算を用意出来るオーナーならば『この機会に』と一新するプランを実施しても良いかもしれませんが、大半のオーナーさんは限りある予算の有効活用を望んでいます。

本商品はリアクォーターモールのみ(ドアモールも含まれています)を手軽に交換を行うことが出来るというスグレモノ。 古いモールはペンチで摘んで外し、新しいモールは傷がつかないようプラハンマーで叩いて入れてあげると、クルマは見違えるように美しい姿を取り戻します。
また、予算も純正交換と比較しても1/2程度に抑えることが出来、見た目は良くなり財布にも優しいというアイテムです。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

ネジと鍛造の国。


宿泊しているホテルから徒歩3分 高雄エキシビジョンセンターで開催されているファスニング(ネジ)ショーへ視察へ行きました。
ネジそのものを販売しているブースもあるけれど、ネジを製造、測定するための機械や、その原料となる鋼材の商談会です。
時期をずらせば世界最大のクルーザーショーも開催されており、台湾は名実ともにクルーザー産業世界一とも言われているそうです。





こちらの会場では目当ての企業数社とミーティングを行った後、昼過ぎには会場を後にして高雄の工業地帯へ行きました。
台湾ではネジ産業の他にも鍛造産業も大変優秀で、例えばこれから発売される新型NSXやマクラーレンP1、フェラーリ458 スペチアーレ、ロールスロイスに装着されている鍛造ホイールは台湾の工場で製造されているものであり、そこだけを聞いても"どの程度の”モノを世界へ発信しているのかが想像つきます。


午後から行った鍛造工場での1枚。 画像はインコネル材のネジで当然ながら鍛造です。
エアロスペース(ロケット)向けの製品であり、クオリティの高さは説明するまでもないはずです。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。




台湾の南側 高雄に来ています。


土曜日まで台北で開催されていたAMPAの視察を行った後、日曜日はTAITRA台湾貿易センター主導の元、高雄まで引率してもらうことになりました。
9時20分に台北駅で待ち合わせた後、台湾新幹線HSRにて移動 その後、高雄観光と少しのお勉強会というのがこの日のスケジュールです。
驚くことに22名の希望申し込みに対し、実際に集まったのはたった6名 残念なことにその中には日本人も含まれており、『なんだかな~』との思いもあるけれど「6名で楽しく移動しようぜ」ということで、多国籍の遠足状態となりました。


22名の予定でしたから、水もお弁当も22個あります。 「1人3つまでなら食べられるな~」なんて笑いながら楽しく移動。 市内観光ではセンターがチャーターしてくれた大型バスに6名が乗り込み(当然貸し切り)、贅沢にも優雅な時間を過ごすことが出来ました。
この6名5組は全て国籍が異なり、ロシア、アメリカ、オーストラリア、中国、そして日本 また、仕事も全て異なりますので特に共通の会話というのはナシ! 当然ながら公用語は英語ということになりますから、スタートからホテルへ到着するまでの約7時間 すべて知らない人と英語でのりきった感は、なんとも”やり遂げた”思いとなりました(笑)


日本人は珍しいのか? あちらからも、こちらからも「ヘイ ユーキ!」とお声がかかり、『喉が渇いたから飲み物を買ってきた。2人で飲もう』ってストローを2本挿して野郎2人でチューチューと得体のしれない?飲み物を飲んでみたり、『日本の人口の減少についてどう思うか?』とか日本語でも応えるのが難しいのに英語で説明できるか!などなど。 まあ、やり遂げた感は確かにあるんだけど、自分の考えていることがそのまま言葉に出来ないもどかしさみたいなものは、もう少し勉強しないとダメだな~みたいなのは反省材料ですね。
また、ロシア人の英語は呂律が回ったような英語で難しい。 最初はフランス語でも話しているのか?と思ったほど聞き取りが難しかったけど、彼の英語をアメリカ人が翻訳してくれて、英語を英語で翻訳して僕が英語で答えるというユニークな経験もすることが出来ました(笑)

そろそろ時間です。  僕はホテルを出て次の目的地へ向かいます。
では、行ってきます。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

台北AMPAへ行ってきます。


本日より約1週間。 台湾へ出張に行ってきます。
前半は台北で開催されている自動車部品の見本市AMPAへ。 日曜からは台中、台南、高雄へと南下していく予定です。
また、今回の訪台ではTAITRA台湾貿易センターからの参観優遇処置を受けることができましたので、通常のAMPAへの参加という形だけではなく、これまでよりも一層深いビジネスが切り開けることを願っています。
では、行って来ます。

【カスタマーサービス部より追記】

デイトナの大野城市の店舗ならびにサービスファクトリーは通常通り営業していますので、ご入庫・御納車・ご相談などのご来店予定のオーナー様は何ら問題なくお迎えできます!

また、Web Shopは特殊パーツを除き通常通り配送業務を行っていますのでご利用ください!

※4月10日(日)のみ臨時休業




DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

軽量化と低抵抗、チタニウムの魅力。


DAYTONA Racing┃チタニウム フロントパイプ
リアマフラーから始まったエキゾーストチューニングは、その後EXマニホールド→スポーツキャタライザーへとアップデートを行った後、最後の最後にフロントパイプの交換を行うことになり、これにてエキゾースト系はフルチューニングとなりました。
良くも悪くもVQ35DEは何を交換しても反応がいい。 今となっては熟成が進んだVQエンジンではあるけれど、Z33前期~中期に搭載されるVQは初期モデルと言っても過言ではなく、それだけに純正では大きな抵抗となっている箇所も随分と多く残っており、チューニングのやりがいがとてもあります。
今回交換を行ったフロントパイプ 純正との比較画像を掲載します。単純に口径が大きく、材質の利点で軽量になっているということだけではなく、排気の流れをコントロールする箇所だけに曲げの緩やかさ、そしてクラック防止のためのスリップジョイントの採用など、随所に工夫を凝らしたモデルです。 
勿論走りも抜群。 ふん詰まった感は綺麗に消え去り、綺麗にエンジンが吹け伸びていく様は左右バンクが集結する2-1の集合部を可能な限り後方へとスライドすることにより特性変化を狙っています。


〈日産純正 フロントパイプ〉


〈DAYTONA Racing フロントパイプ〉


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

建築マニア ポリゴンファクトリー


福岡のガレージハウスといえば、株式会社ルーフサポーティングが運営する”建築マニア”が最もメジャーな企業の1つとして取り上げられますが、その建築マニアが福岡市西区へ新施設『ポリゴンファクトリー』の新規立ち上げを行いました。

このポリオンファクトリー 勿論、彼等の本業である建築設計事務所としての役割をはたす他、ガレージハウスGIABOXのショールーム、そしてクルマ好きが、クルマ好きのために、安らぎや楽しみをを与える新名所としてドライブスポットしての役割を目指しているということで、今後はカフェスペースの充実も行います。
僕も昨日、初めてショールームを見ましたが、確かに「こんな自宅だったら家に帰るのが楽しくて仕方がないだろうな」と思わせるには十分な内容でした。

また、イベント期間中はDAYTONA300ZXも応援に行き来場者様をお迎えしていますので、是非とも遊びに行かれてみてはいかがでしょうか?
場所は西九州自動車道 今宿ICから糸島方面へクルマで5分 右折すると、そのまま二見ヶ浦の海岸沿いへドライブへ行けるという絶好のロケーションです。 

ポリゴンファクトリー【建築マニア】
住所/福岡県福岡市西区女原478-1
http://www.kenchikumania.com


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

1週間で1500kmの移動。 でも、楽しみすぎて仕事が手に付かない。


マキシムワークス│M-BIT EXマニホールド for VQ37VHR
近畿地方よりZ34 フェアレディZを入庫してもらい、エキゾーストマニホールドの装着を実施しました。
6本の排気管を統一した太さと長さで集合させ、排気効率を極限まで追求したチューニングアイテムはVQエンジンとの相性がとても良く私達のマストアイテムとなっています。
エンジンの吹き抜け(充填効率)が抜群に良い為、ECMにて燃料補正と点火補正をリセッティングしてあげることで更にメリットを引き出すことが可能となり、あれほど“ダル”であったVQ37がキビキビと廻ってくれる事はその効果を確かめるには十分過ぎる出来事でしょう。


今回の作業スケジュールは1週間。
ECMのリセッティングと合わせ週末での作業もできないことはないのですが、ある程度の時間がある方が細かなチェックを繰り返し行えることは事実ですから、入庫時と納車時では飛行機で来福していただき、陸路は750kmの距離を走り抜けて頂くというものです。
時間にして8~9時間といったところでしょうか? 往路と復路では、全く異なる表情を見せてくれる愛車との時間も楽しいもので、その空間や時間を大切に思えるならばとてもリフレッシュしたひと時であったのではないでしょうか。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。






« 前ページ