何か、凄いZ32が来ましたが・・・

今まで見た中でも、ある意味最強

ラグでもなければスポーツでもなく痛車でもなく・・・

ジャンルなどと言う枠には収まりきれないZ32

真剣に作り上げた他のZをあざ笑うかのように この漢はやってくれた・・・


ボンネット、ルーフ、リアスポはトロピカルカラー
それはバイナルなどと言う生易しいものではない。
本当のペイント しかもオーナー直筆


ホイルは10JJ しかも新品
「スペーサーなど付ける必要なし。 あんなものシャバ僧がつけるもんだ」
オーバーフェンダーは240Z用
取り付けは今風 黒のガムテープ パット見 本当に違和感がないのが恐ろしい。
構造変更済みの公認車両。 
漢と言う言葉がよく似合う
サイドスカートのストライプラインにもセンスを感じる
縫い目のようなラインは08年の流行になるかも


室内はレザー張替えなどの今までのありきたりな加工とは一線を引く。
トランクルーム全面に断熱マットを敷く。
この漢も僕と同じ地球の温暖化を考えてのことだろう。 流石としか言いようがない。
左横に転がっているティシュ入れをも断熱しているところが、ツメのセンスを感じる。


え~
この車は弊社がノーマルで販売しました。
が、
2ヶ月位でこんな姿に生まれ変わりました。。。
オーナーさんは物凄く明るい方でして、時たま(何時も?)訳の解らんことを言うこともありまして「ねえねえ Zのハッチバックを外して走ったら気持ち良いやろうね~」等と平気で考える方でして。。。
今度会うときには、本当にハッチを外してトラックになってるかもです。

遊び心
オーナーさんはプラモデルの延長線上の感覚でZ32と遊んでいるように思えます。
自分の手で切り、貼り、磨き、塗り、そして遊び
確かにプロではないので決して綺麗と言える仕上げではないかもしれない。
しかし、だからどうした?
自分の愛車を自分の時間と自分のスキルで仕上げていく
車遊びの原点が、そこにはあるように見えた「やまもと」でした



いつか機会がありましたらツーリングにでも誘ってみたいと思います。

はい

星の庭・・・最終回

4月20日 日曜日

この日は今まで僕が来店した中でも一番お客さんが多いです。

「今日は何を食べようか?」

カオと相談してると店長が現れました。

「席をご用意してます。 こちらへどうぞ」

半個室の部屋を用意してくれていました。

本当に最後 この日は「ディナー フルコース」を頂きました。

魚もローストビーフも今まで美味しく食べたものが全て出てきます。



食事の途中で店長が部屋を尋ねてきました。 そこではいろいろな話をしました。

店長が「星の庭」にやってくる前は散々なレストランだったと言う話
オーナーは近くで和食料理店をしていると言う話
自分が就任してからは、こつこつとランチメニューから顧客を作ったという話
やっとディナーのお客さんも増えてきたと言う話
しかし、あと1歩と言うところで閉店してしまうと言う話

確かに残念は残念だが、閉店してしまうことは もうどうしようもないことであり、
それよりも、いま僕が一番気になっている事を聞いてみた

「ここが閉店したら、本店へ行かれるのですか?」

「いえ オーナーからは本店への誘いが来ているのですが・・・
和食の方はやったことがありませんので・・・
今のところ まだ何も考えていません。」

実は本当に言いたいことは もう1つあったのだが
その、あと一声が出なかった・・・


最後の最後の食事も終わりレジに行くと、店長がレジに立つ人を紹介してくれた

「うちのオーナーです」

身なりが綺麗なオーナーさんも閉店させてしまうのを残念そうに 申し訳なさそうに しかし、しっかりとした挨拶してくれた。

「今までご贔屓にしていただきまして、本当にありがとうございました」

僕らも最後の感謝を言葉にして店を出た。

これで終わった。 なんだか切ない気分になっていた。



21時30分頃  自宅に到着

もう「星の庭」に行けない残念さに加え 、
あと1つの言葉を言えないまま帰宅した事に僕のガッカリ感はピークに達していた。

すると、カオがクヨクヨする僕を助けくれる。

「店長さんに言いたい事あるんじゃないの? 私が連絡してあげるよ」

そう言うと電話をし始めた。

「あ~もしもし ヤマモトと言います。 店長さんお願いします」

「あ~ヤマモトと言います。 先ほど伺いました。 あっ解りますか?」

「あのですね うちの主人がとても残念がってですね。 お店が無くなるのも残念ですが、それ以上に店長さんのことを特に気に入ってましたので」

「それでですね、お店変わられましたら連絡お願いします。是非伺いたいので。」  
「こちらの連絡先はですね・・・ 大野城市横峰・・・  電話番号は・・・えっ!そうなんですか!!」 

「それでは よろしくお願いします」

ガチャン


・・・

「あのね 店長さんね こちらの連絡先を知ってたよ この前(3回目)電話したやんか それをメモしていたって」

店長曰く
「大変失礼かと思いましたが、少し落ち着いたら連絡をさせて頂きたいと思い 本当に失礼かと思いましたが連絡先の方をメモさせてもらいました スイマセン」
との事らしい。

「よかったね また会えるよ」

カオがそう言ってくれました。


本当に嬉しい
もう2度と店長に会えないかと思っていたら・・

少し落ち着かれたら是非とも連絡して欲しい。
あなたが運んできてくれるなら何でも食べたい。
心の底からそう思っています。


また会える日を楽しみにしています!




・あとがき
僕自身 店長の何に惹かれたのかは正直解りません。
しかしながら、店長の顧客に対する姿勢は大変素晴らしく、僕も見習うべき点が多々あったことは事実です。接客のプロは僕の心をしっかりと掴んでくれました。
真の「匠」を感じ、また僕自身も「匠」を目指す山本でした。


最後になりますが・・・

すっ すいません  店長のお名前聞くの忘れていました(笑)





星の庭・・・その2

お店に行くのは、店長に会うのは今日で2回目です。
だけど2回目とは思えないほど嬉しそうに接してくれる。 僕らも楽しく嬉しく食事をさせてもらっている。
その店長が僕らに何の用事だろう? 


小さな声で店長は喋り出しました

「実は、、、  
せっかく気に入ってくださって、ご贔屓にしてくださって感謝しております。 
しかし、4月20日を持ちまして閉店します」 


一瞬で笑顔が消えた。

空気が凍りついた。

僕はなんと言えば良いのか、言葉が見つからなかった。

僕は気を取り直して 今言える言葉を 精一杯言葉を捜した


「残念です」


それが 僕なりの精一杯の言葉だった。
カオも精一杯の感謝の気持ちを伝えている。

「デザート1つ1つも本当に美味しい。本当に美味しい店なのに・・・」

どんよりとした空気のまま、今日は店長が駐車場まで見送りに来てくれた。

しかし僕のZを見て

「うわ~ いい車ですね」

ニコニコとした笑顔で店長が口を開いた。

「中も見ていいですか?」

するとどうだ 
先ほどまでの張り裂けんばかりの空気が一変 今度は楽しい柔らかな空気に。  最後まで最高のサービスを受けて店を後にしました。



そして先週の水曜日

最後のディナーでもと思い「星の庭」に行くも定休日・・・  残念




先週の土曜日 つまり19日
閉店まであと1日
念のため営業時間の確認の為お店にTEL

「今日は何時までですか?」



「通常通り21時までです。 あの、、 いつも来てくださってる方ですよね?」


これにも驚いた。
たった2回しか店に行ってないし、話したのも数分 だけど僕の声を覚えてくれている。


「よく解りましたね 驚きました」



「なんとなく声が似ていたので・・・  席をご用意しております。 ご来店お待ちしてます。」


いつもより30分早く自分の店を閉め、小郡に向かう。
これが3回目の「星の庭」 
しかし最後の食事


店内に入ると いつもより少しお客さんが多い
やはり閉店前で駆け込みかと思いきや、あちらこちらで閉店の事実を知ったお客さんが悲しむ声が聞こえる。 
残念そうに話している。

この日は「ステーキのコース」をオーダー。
いつもは頼まない「ワインソース」でオーダー。
ワインメニューが多かった「星の庭」なので、「自慢のワインでソースを作ってよ」 何となく そう思った。


デザートを食べている頃 店長が僕らのテーブルにやってきて



「明日で閉店です。 ありがとうございました・・・」




僕は思わず



「いや 明日もお邪魔しますよ」



最後は明日まで延ばそう。
明日まで最高のものを頂けるのなら、最後の最後まで頂こう。
明日もあるという晴れた気持ちのまま店を出た。




4月20日
そして4回目の「星の庭」
本当に最終日

僕らは最後の食事を楽しむために扉を開けた


つづく

星の庭・・・その1

3月半ばか後半か 何時かは忘れましたが、確か日曜日
いつも通り6時に仕事を終え、福岡の小郡という所にあるオークション会場まで車を出品しに行き、帰りに佐賀の鳥栖と言うところにあるオークション会場に今度は落札した車を取りにカオと出かけました。

まずは小郡で車を下ろしボチボチ鳥栖まで向かう途中でした。
何気なく外を見ているとレストランが見えました。 少し派手ではありますが、まあ普通のレストラン。 その時は特に気にもしなかったのですが、何故か理由は解りませんが急にそのレストランが気になりだして、Uターンしてまでレストランに向かいました。 随分行き過ぎていましたのでレストランに着くのはチョッとはかかりましたね。

先ほど見たイルミネーションで装飾されたレストランに到着。
その店の名は


   「星の庭」

と言います。

扉を開け店内に入ると、全部で15テーブルくらい?
そこまで大きくもなく小さくもないお店です。
メニューを見てみるとワインが豊富なフレンチレストランでした(何料理がメインかも知らずに入りました)
とりあえず「お勧め魚コース@2500円位」なるものをオーダー
前菜やスープなどを味わうと、適当なものではないというのが直ぐに解りました。
本当に食材が良いです。
メインの魚も食べやすく、非常に美味しい。 
大げさに聞こえるかもしれませんが、この料金でここまで満足できたことにまずは驚きました。
帰り際 店長さんらしき人と少し話をすると、何でもオープンは3年前らしい。 もっと早く気がつけばよかったと思いながらも、お気に入りのお店としてチェックし帰りました。




1週間後


オークションに出品があったので、「星の庭」に行く為に態々小郡のオークション会場をチョイス。
カオには
「この車は小郡のオークションに出した方が値が付くよ」など白々しい口実を作っていたつもりでしたが、勿論カオは見破ってた?

レストランに着くと店長さんは「わっ また来てくれたんですか!」と喜んでくれてます。
「いや~ こちらの方に仕事があったので」と僕は照れ隠し。
前回は魚を食べたので、今度は肉を頂こう。
「ローストビーフのコース」をオーダー
これもまた旨いの何の・・・
「こんなに旨いローストビーフを食べたのは初めてだ」本当に思いました。
食事を終えるとデザートやコーヒーも出てくるのですが、デザートの果物も旨いの何の。 本当に満足です。 
と言いますか、「これほどまでの満足感をいただける店はチョッと知らないね」
それほどまでに僕等を魅了しました。

今日も満足の食事とサービスを受け、会計の時・・・
レジの女の子が「チョッとお待ち頂けませんか?」と裏の方へ行きました。
すると店長さんが出てこられました。
40歳前後かな 細身でスラ~とした体付き 少し悪かったのかな?と思わせるような雰囲気? しかし食事を出す手つきは綺麗でベテランさんっぽい。
そんな店長さんが僕らに何か用事があるらしい。



少し周りを気にしながら

少しさびしそうな顔で

小さな声で

僕らにこう言いました






つづく

念願の・・・2

デイトナには4台の代車がありますが、週末などご予約が重なってしまってお待たせしてしまうことも多かったのでこのたび増車をしました。

ずーっと欲しかったプリウスです。
 (最初型ではありますが・・・)
最近の流行語の中に「エゴからエコへ」というのがあるようですが、エゴのかたまりのような僕でも地球や環境に対してほんの少しでも優しい時間を持つことができればという思いからハイブリットカーを導入することにしました。
日常的に大排気量のスポーツカーを駆る傍らで環境を語るなどエゴだけではなく矛盾のかたまりだとは思いますが、エコロジーをパーソナルな精神としてとらえることにして、僕の人生における様々な選択肢の中から僕らしく生きることを優先させつつ、かつ少しでも環境を想った僕なりのエコロジーのひとつの形がこの代車、ハイブリットカープリウスです。

うーん
何が言いたいのかよくわからなくなってきましたが・・・
実はプリウスで一番気に入っているところ、それはエンジンが停止しモーターで動いているときの「うぃーん」という電車の発進時みたいな音です。
僕には「Winー!」つまり「勝利ー!」と聞こえてくるところがプリウスを買ってよかったと思う瞬間です。

まぁ、これさえあれば間違いなく勝ち組です(笑)

代車はほぼフル回転していますので車種の指定が難しい場合もございますが、お早めにご予約いただきますと優先的に配車できる場合もございますので「Win-!」という勝利の雄叫びを聞きたい方、ハイブリットカーにご興味がある方はプリちゃんをご指名ください。
ちなみにガソリン満タンで四国1周できるそうで、平均燃費は25km/l以上です。ETC付き


ついでに代車の紹介でもしましょうか。
こちらもご指名があればどうぞ。

     ●スカイライン

遠方のお客様専用車です。
4ドアセダンタイプなので高速利用も遠距離もらくらくです。
ETC付き。 最悪のリッター5km まあまあ大食いです。
 
     ●ビッツ

女性オーナーさんに人気のビッツ。
平日お忙しい旦那様のかわりに恐る恐るZを運転してきたけれど帰りはコンパクトカーで安心ドライブなど奥様方にも人気の代車です。
こちらはリッター15km位 気軽に乗れます

     ●キューブ


定期メンテナンス等でお預かりしている間にこの代車で3か月に一度の大物の買い出しに行くというお客様もいるくらいたくさんの荷物を詰められるお買い物車にもぴったり、若いお客様に人気の代車です。 こちらは少し悪くリッター10km程度
ETC付き
     ●オフタイム

パナソニックの電動アシスト付き自転車。
作業の待ち時間にちょっとATMまで・・・書店まで・・・など意外と大活躍してくれています。
こちらは気力さえあれば世界1周も可能。 ちなみに全代車中、唯一の新車です。

FALCONオフ会・・・4月

毎月恒例(高齢??)のオフ会も無事終了

いや~ 楽しかったな

遠くからいつも参加してくれる黄色Zのオジちゃんも無事帰宅したかな?

楽しいのが一番です


日曜日kaoが参加予定だったギアミーティングは雨の為順延になりました。。。
実際は曇りでしたが参加者の安全上との理由だそうで。
楽しみにしていたのに・・・

念願の・・・

新ホームページが完成しました。

今度のHPは専門家が製作しただけあって、色々と手が込んでいます。

それと協力してくださった方々のお力添えのお陰で立派なHPが出来たと、本当に皆さんに感謝しております。

あまりの嬉しさに「カッコええな~」と眺めてはニヤニヤしている「やまもと」です。



ホームページ製作は是非とも当社まで、 じゃなくて

アドバンスドマイクロシステム株式会社
北九州オフィス
Phone: 093-601-6101

新規作成、保守管理、など・・・
僕も具体的な業務内容は知りませんが、とにかくHP造りを依頼すると間違いなく良い物ができると言う事です。
はい

しかし、、 素晴らしい・・・

2008年度 スタートです その2

植木温泉を発ち目指すは柳川!
柳川と言えば・・・
・うなぎ
・川下り
・立花家?
ですよね。
僕がまだ小さい頃、よく爺ちゃんにうなぎを食べにつれてきてくれたもんだ・・
うんうん  

ハイ到着

まずは川下り
一番遠い乗り場から出発します


どんぶらこ どんぶらこ とゆっくり進んでいきます。
意外と船頭さんの話が面白かったりします


僕らが訪れた翌日までは「さげもん」と言うお祭りがあってましたので、あちらこちらに飾り付けがしてあります。
それとは別に川沿いのお宅の手入れが良いこと良いこと
僕ら観光客に見る楽しみを倍増させてくれます。


面白いことに対向車?船?も走ってます。 流れに反して上るので、なかなかパワーがいるでしょう・・・


これも面白い
水上売店
川下り専門の売店です 約1時間かかりますので、コーヒーでも飲みながらゆっくりとした時間を過ごします。


1時間後到着
柳川の町をブラブラ歩いてみます。



まずは御花
ここは柳川では超有名な立花家の元別荘ですね


驚くほど綺麗な日本庭園
ただただビックリ
ここでサクッとウナギを食べておきます


御花内にあるさげもん
ここは見るところが沢山ありますね


御花を出て柳川温泉の足湯まで歩きます。
地元の人と和気藹々 柳川はとてもいい街だ

是非是非皆さんも柳川まで足を運ばれて川下りに、ウナギに楽しまれてはいかがでしょう? きっと風情ある町並みに心奪われると思います。 はい

結婚して数年
日増しに勢力を拡大する我が嫁 kao

時には優しく

時には厳しく

そして、、、自己中 KY・・・

昔はそれなりに可愛い時もありましたが、最近では貫禄があると言うか傍若無人といいますか。。
確実に何かがパワーアップしているようです。 はい



それ以外にも
山本家のお嫁様は仕事以外も忙しく・・・


ある時は地元商工会の婦人部での会合に出席したり
(実は皆でランチを食べに行くだけとか・・・)




またある時は社会福祉施設の視察に行ったり    
(帰ってくるなり「店に自動販売機を置く」と言い出すので話しを聞いてみたら、何でも1本売れるたびに○円募金される仕組みだとか。  「それだったら普通に募金する事からはじめてみたら?」と言うと何故だか納得(笑))





先週の日曜日は江原啓之のスピリチュアルを受け?見に?聞き?にマリンメッセまで行っていたり。。。 
随分と楽しかったそうです。
何故だか迎えは僕が行きました・・・ 当然僕は何も楽しくありません
と言うか、僕の方がカウンセリングを受けたいくらいなんですが・・・




今度の日曜日は・・・車の集まりがあるらしく、朝から出て行かれるそうです。 
しかも僕のZで行くそうです。。。 塗装したばっかりだから飛ばさないでね・・・
1人では行動したくないようで、昨日は手先数名にメールをしていました(笑)


詳しくは聞いていませんが、日曜日集まる皆さん 仲良くしてやってくださいね
しかし、雨は大丈夫なんだろうか??



まあ、何かと忙しいそうで。。。

そのしわ寄せは・・・・

こんなkaoですが よろしくお願いしますね!

2008年度 スタートです

さてさて気が付けば4月です。 新年度の始まります。
偶々ですが4月1日、2日は第1火、水曜日でしたので、、、
我々はお休み
新年度はまずは休みからと言う、何とも贅沢なスタートを切りました。

この日は松山よりkaoの両親が遊びに来ていました。
せっかくなので温泉にでも連れて行きましょう。


宿を植木温泉にとっていたので、まずは高速で植木まで移動です。
予定よりも少し早くついたので、桜でも見に行きましょう。
植木ICより10分くらいの距離にある小野泉水公園です。


この日は子供が多かったのですが、皆自然と遊んでいたのが印象的でしたね。
裸足で走り回り 川で遊び 砂で遊び・・・ ゲームで遊んでいる子は・・・ いませんでした。
公園内をプラプラしていると「つくしんぼ」発見です
たまごでまぶすと美味いんですよね 迷わず収穫です はい


時間になりましたので宿へ入ります。
今回お世話になるのは「植木温泉 ややの湯」さん
植木温泉の中でもとても綺麗な宿です。
ここで少し紹介
右の背が大きな人がkaoのお母さん
真ん中の背が低い人がお父さん 身長差が・・・
左は僕 最近ダイエットに成功したのでスリムです はい


全部屋露天風呂付き
1日限定4組しか宿泊できません。
お風呂はいい具合に硫黄臭がします。 僕は硫黄泉が大好きなのでたまらないです。


食事は料理長のお任せ創作料理
月ごとにメニューが変わるそうで、この日は1日ですのでお初の料理が出てきます。 写真は海鮮焼き。
馬刺しも食べましたが、馬だけにウマ~です。

お腹が一杯になるとお風呂入ってゴロゴロして、、、寝る



朝からお父さんと大浴場で寝汗?を流し、朝食を頂きます。
河豚の干物は美味かったな~

是非もう1度行きたい宿です。
内容の割には絶対安いですね。 はい

食事が終わると今度は柳川に向かう為身支度します。
続く