忙しい。。。

さてさて今年も残すところ31日です。
年末に向け宝くじの販売や紅白の話で賑やかです。
僕も今週からバタバタと仕事が多く、なんとなく年末の空気を体で感じております。

今日も大変な一日でした。
画像はZEROクラウンのサスペンションです。
足から異音がすると言うことで入庫した車でしたが、ノーマルバネカットなどと今時にしては洒落た真似をするのでアブソーバーが怒っています(笑)
車高を落としたいならダウンサスを買いましょう。 危険ですよ。

これは芸術的・・・その2

後ろにチラッと見えてますね
正解は

でした。

すごく綺麗です。
今までも何度かARCマフラーを販売したことはありましたが、Z33は初めてです。
当初某T社、某a社のチタンマフラーと比較検討されていましたが、最終的にARCをチョイスしていただきました。
値段は278,000円と高価ですが、僕が思うに普通のチタンマフラーで230,000円前後ですので+50,000円でここまでクオリティ高い製品が購入できるとなると、逆に安いんじゃないかなとさえ思います。


小さな部分ですが、吊ゴムステーの補強や溶接の仕方やバリの処理 大きな部分ではチタン材そのもの 全てにおいてクオリティ高いです。
それが価格に現れているのでしょうが、いやいやホント大変すばらしいです。

ARC・・・熱交換機器で有名なメーカーさんです。
ラジエターやインタークーラー等のコア関係が元々得意なメーカーさんで、実際DAYTONA1号車はそのどちら共にARC製を使用しています。 いろいろTESTして最終的に選んだものがARC製でした。 造りがいいのは当然のこと性能、ライフ等が抜群によく、正直な話一回ARCを使うと二度と他メーカーは使えないほど群を抜いています。
それと最近ではもう1つの得意分野のチタンを利用してパーツを製作しています。
大きなものでは今回のマフラー 小さなものではチタンシフトノブやラジエタークーリングパネル等もリリースしています。
クーリングパネルもARCのロゴが妙にかっこよく、小さなものにも妥協を許さないその姿勢は大変評価できるものと思います。

「普通よりも少し予算を出せる」方にはお勧めしたいメーカーさんですね。

これは芸術的・・・その1

さあ問題 これは何でしょう?

ヒント1・・・Z33のアフターパーツです。
ヒント2・・・受注から製作まで、約1ヶ月かかります。
ヒント3・・・お値段278,000円!!

いってらっしゃ~い

今日は熊本よりFさんが定期メンテで遊びに来てくれました。
なんでも4ヶ月ぶりに出張から帰ってきたと思いきや、来週からまた別の場所に約2ヶ月出張・・・ 日本を駆け巡る技術者! 本当にお疲れ様です!
今回は三重に行かれると言うことで、出張先より「松阪牛」を送ってくれると約束してもらえましたので、今から楽しみで仕方がありません(笑)

寒さに負けずに、気をつけて行ってらっしゃいませ!!

値上げ・・・ らしい。

値上げのお知らせです。
MOTUL製品全般が価格改正です。
今、弊社で使っているのは300VとH-TECH100、DEXRONⅢの3銘柄ですが、
・300V(2L)
現行5,800円→6,200円 新定価で4L交換の場合12,400円 
・H-TECH
OPENプライスの為定価表示はありませんが、今までとおり1L1,500円で販売します。
・DEXRONⅢ
1,850円→1,950円

300Vはほとんど旧定価まで値段が上がってしまいました。 
これは痛い・・・
少し前に原油高騰でガソリンの価格が高くなったのは記憶に新しいです。
その時各オイルメーカーは相次いで値上げしました。メーカー曰く「値段があわない」これはこれで致し方ない。
しかしながら、やっと原油高の影響が落ち着いたと思ったころに値上げとは・・・

早い商品で来月から新価格 300Vは2007年1月1日より新価格です。
ご理解のほどよろしくお願いします。



  

スタビライザー

左右のサスペンションアームを1本の鉄のパイプで結び、車が傾いた時(ロール)にその動きをパイプの撓りで制御する部品を「スタビライザー」と言います。
その商品には様々なものがあり、軽量な中空スタビ、逆に重いが安価で製造できる中実 剛性調整式 非調整式・・・
色々なメーカーからいろいろなタイプの部品が出ています。
基本的には、
径が細いと柔らかく、足が動きやすいのでロールが大きい
径が太いと硬く、足が動きにくいのでロールが小さい
フロントが硬いとアンダーステア傾向
リアが硬いとオーバーステア傾向
上手くセットアップしないと乗りにくくなるだけです。

ほとんどのメーカーさんは「純正比○△%UP」との表示がありますので色々なメーカーさんと比較しやすいのは便利なところですので、上手く情報を使いたいところです。
中にはビックリするほど硬いスタビもありますが、何でもかんでも硬くすれば良い訳ではなく、やはり何事にもビジョンを持ってプランを立てましょう。

意外と強化スタビライザーと言う部品はストリートに向いていると思います。
効果がモロに出てセットさえ上手くいけば物凄く乗りやすくなります。
峠でも交差点でもロールが最小限に済むということは同乗者にとってもありがたいものです。
逆にサーキットでは硬すぎるスタビはタイムを落とすだけで、Zを走らせていたときも頭を悩ませる事が多かったです。
これは余談ですが、DAYTONA号の場合は最終的にフロントこそ純正比192%のスタビを入れました(相当エンジンが重いので)が、リアに関しましては純正よりも細いスタビをチョイスしました。 一番乗りやすくタイムが出ました。

はまると面白いスタビチューン
足の硬さはそのままにロールを消す不思議なパイプのお話でした


波戸岬

今日はお昼から呼子へ行きました。
呼子に着くと美味しいイカを食べると、少し車を走らせ「波戸岬」まで行きました。

今日は天気も良かったので、とてもきれいな空を見ることが出来ました。
空に引き込まれそうでしょ? とても景色が良く心も和みます。


遊歩道を少し散歩したあとは、波戸岬名物のワンコイン(500円)で「さざえのつぼ焼き」と「イカのタレ焼き(塩焼き)」を食べました。
いまどき500円でこれだけのものが食べられるとは、正直驚きです!

景色が良いところで美味しいものが安く食べれる。 
とても満足がいくドライブでした。

playstation.3

ふふふっ 手に入れましたぞPS3
顧客のS氏の奥様経由?で本日入手できました。
ややマヌケな話ですが、ソフトはまだ購入していないのでひとまず各種設定を楽しんでいます。
驚く事にインターネット対応!!
PS3で 「デイトナ山本の一期一へぇ!!! 」を見てみました。
う~ん 見難い(笑)

秘密の温泉

kaoの熱い?要望により温泉名は伏せます。
どうも1人占めしたいようですが、、、、、 どうしても知りたい方は「ひよこ」でも持って出てきてください。 すぐにでも教えます(笑)

この温泉は九州で1番硫黄が強いのではといわれるほどの温泉です。
お湯は乳青色? 何ともキレイで湯の華が多いお風呂でした。
特にアトピーに効く成分が多いらしく、泊りがけで湯治される方もいるそうです。

泉質は含二酸化炭素・硫黄-カルシゥム-硫酸塩冷鉱泉
源泉は23℃程度しかありませんので、沸かしたお湯と源泉と2種類の温泉が楽しめます。
とても硫黄臭が強く、それもそのはず内湯に書いてますが換気窓を閉めると命にかかわるほどのガスが出ているそうです。
とても肌がツルツルになり、まさにパウダースノーです。
温めの露天風呂からは小さいですが滝が見ることが出来、きれいな景色に見とれてしまい一旦露天に入るとお風呂から出るタイミングが難しいです。


これから雪が降る季節になると簡単には行ける場所ではない為(去年は積雪70cm)、真冬になるとアルトワークスで温泉旅行かと思うと今のうちからワクワクです(笑)

九重“夢”大吊橋

先月30日に開通したばかりの日本一の吊り橋 九重“夢”大吊橋 へ行って来ました。
なんでも初日は来場者数が多すぎて、橋を渡るのに1時間待ちとか・・・
渋滞を覚悟していきましたが意外とすんなり入れました。
とは言いましても人人また人 人は多いです。 はい


通行料金は1人500円 入り口で券を買えば長さ390m、高さ173mの日本一の橋を渡ることが出来ます。
橋の上から見える景色は圧巻で、大自然一杯に広がる紅葉や日本の滝百選「震動の滝」が見えます。




意外と橋は揺れます(笑)
丁度橋の真ん中付近が揺れがひどく、手すりを持っていないとフラフラです。
橋の向こう側には何も無く(笑)そのままUターンするしかありません。
もしくはシャトルバスに乗って帰ってくるか。 この辺りは今後に期待したいところですよね。
そんなこんなで、渋滞する橋を渡りきり帰ってきました。

この橋があるエリアを九酔渓(きゅうすいけい)と言いまして、僕ら夫婦は温泉入りにこの地を行ったり来たりすることが多く、橋のすぐ近くにある「筌の口温泉」なんかは特にお気に入りの温泉として行く事が多いです。
今まで九酔渓は人が少なく少し寂しい温泉でしたが、この橋のお陰で人の出入りが今まで見たこと無いくらい多くとても賑やかです。
それだけではありません。 夢大吊橋まで行く道中(ドライブイン)まで賑やかです。 先々週来た時とは大違いです!
この地を愛する者として、今のように活気ある九酔渓を見れたことを大変嬉しく思います。 

某フジTVの○ダネと言う番組でパーソナリティのO倉さん(笑)が「こんな橋無駄だ!」みたいなことを言っておりましたが、まあそんなこと言わずに足を運んでみたら九酔渓に感動しますよ! ポイントは間違いなく滝ですね。はい

で、僕らは秘密の温泉に行くのでした・・・