NISSAN 370Z nismo × VOSSEN VVS CV3






Z34nismoオーナー”スギン"が20インチのタイヤ、ホイールを投入しました。 

今回、ホイル選びからサイズやタイヤの銘柄にいたるまでそのすべてがスギン指定という、僕はメーカーにオーダーしてそれを組んで取り付けただけダケド紹介します(笑)

まず驚くべきは10.5JJ 275/30-20の前後通しサイズ。
実に悩ましいサイズですが、思い切って行動に出た結果なんとか納まったというかギリギリというか、TPOに合わせて(笑)ちょっとドキッとしないでもないような???
DAYTONAでは前後通しサイズの組み合わせは殆ど行いませんので、日頃は見慣れない雰囲気のスギン流2012スタイルの完成です! 

リムまで張り出したスポークがセンターへと落ち込んでいく姿はとても大胆です。
そのデザインは「大型ブレーキのための逃げとして作られたもの」と聞き、なるほど、独特のデザインの訳を納得。
バーンと大きいブレーキのためにデザインされたホイルには、ギッチギチまで大口径のブレーキを入れてそのスタイルが完成です。

DAYTONAでは英国AP Racingのブレーキをオススメしていますが、この際USスタイルでコーディネイトするのもカッコイイかも。

その独特な雰囲気を醸し出すホイールは、アメリカからやってきたホイールブランド『VOSSEN』です。
 

SACHS Performance PLUSと過ごした一週間



先月末から今月のはじめにかけての約一週間、先日BLOGでご案内した通り『ザックスパフォーマンスプラス全国体感試乗会』のイベントの一環としてSACHS Performance PLUSを装着したVW GOLF6 ヴァリアント&と共に過ごしました。

株式会社ハンズトレーディング東海林さん、ハイポーズ!

 
OKADA PROJECTS(オカダ プロジェクツ)の営業 伊藤さんも自社のロゴを背負ったSACHS号の前でニッコリ、ハイポーズ! 

何と例えればいいかな?
小学生の頃、外国の姉妹都市から交換留学生がやってきてなんと僕の隣の席に決まり僕がお世話することになってドキドキするやらワクワクするやら、そんな気持ちかな。


約束の日、日本ミシュランタイヤ株式会社広報部の橋本さんとともにデイトナにやってきた訳ですが、まずははじめてふれるVW GOLF6というクルマ、はじめて感じるSACHS Performance PLUS、そしてこのイベントの持つ壮大な思いの一端を担えた喜びと興奮、いろんな気持ちでイッパイ!
試乗期間中はデイトナのお客様たちや友人や協力業者さんまでいろんな方に試乗してもらい、思う存分SACHSを味わってもらいました。

さて、僕たちはそんなGOLFに乗ってドコ行こう?
と話していると急に、そうだ!大都会育ちのGOLFに九州で一番太陽が近い場所を見せてあげよう!って思いついて休みの日、早起きして宮崎県へ向かいました。
九州自動車道を南へ南へ、まっすぐまっすぐ。









高速を降りて海沿いの道を抜け、どこまでも続く黒松林の間を走っていると突如としてドーンとそびえたつシェラトン・グランデ・オーシャンリゾート。
明るく開放的な雰囲気がSACHS Performance PLUSを装着したVW GOLFにぴったりです。









福岡から3時間の旅ですが、疲れるどころかまだまだどこまでもこのまま太陽に向かって走り続けたい気持ちになって、日本ミシュランタイヤ株式会社の橋本さんが「気がついたら1080キロ走ってた」と言った同じ気持ちになっていました。



また別の日には株式会社ハンズトレーディング東海林さんから紹介してもらったザックスアチーブドフォトリレーション(通称SAF)九州部隊長のKEOさんこと大下健一郎氏とふたりで試乗して牛頸の自然いっぱいの山道を走りながら話したことすべて、思わずその先の世界を知りたくなるような素敵な写真と文章でまとめてくれてるのでここで紹介します。
http://keolabo.blog.so-net.ne.jp/2012-03-29

VW&Audi専門のWEBマガジン8speed.netや株式会社ハンズトレーディングのBLOGでもさまざまな関連記事を掲載してくださっているのであわせて紹介しますね。
http://1to8.net/blog/wojapan/2012/04/post-16.html
http://www.hans.co.jp/sachs/blog/diary.cgi?no=1287

今後中四国で行われるイベントや試乗会のスケジュールは8speed.netで案内されていますので、お近くの会場をチェックしてSACHSの世界観を味わってみてください。



信頼と言う名のブランド




RECARO SR-7や、DAYTONA CARBON × Leatherコンビネーションステアリングを装着してくださっているZ34 nismoオーナーさんが、TWS EXlete 118F Monoblockと英国GOOGRIDGEブレーキホースの限定版ファントムを装着しました。

ブレーキホースの交換で生まれる効果は抜群の制動性能ではなく、踏力に応じたブレーキコントロールの向上が主たる利点です。
簡単にいえばペダル剛性の向上が一番の目的です。 それに伴ないブレーキフルードを耐熱効果が高く粘土指数も高いフルードへと交換することにより、より一層効果が望むことができます。
やはりブレーキですから 『はっ!』としたり『ヒヤッ!』としたりすることは極力避けたい。 
自分の意(踏力)とブレーキパットを押す感覚が綺麗にシンクロさせることが出来る大切なチューニングパーツです。


マストアイテム


去年末よりDAYTONA Sports ECM、BILSTEIN BSS、RECARO SR-7F、DAYTONA CARBON×Leather ステアリングホイールへと高まる環境、Modifyの流れが進んでいく中で、
絶対に避けては通ることが出来ないポイントなるものは必ず存在します。


Z33 VQ35DEの場合 一番のネック かつ一番の効果的なアイテムとしてエキゾーストマニホールドが上げることが出来ると思います。
写真上部から
VQ35DE純正 
VQ35HR(VQ37VHR)純正 
マキシムワークス製 M-BIT EXマニホールド
『嘘でしょ?』って言うくらい思いっきり形状が異なるし、どうみても察しつくように効果バクグンのマストアイテムです。


DAYTONA BLOG一期一へぇをずっと見てくれているオーナーさんは、度々登場してくるEXマニホールドのことが実は一番気になっていた事もあり今回思い切って交換に踏み切りました。


そうなってくると、次に気になるマフラーも変更です。
純正OP品からSACLAM SILENCERへアップデートです。
このマフラーに関しては、今更説明の必要がないと思いますが、この画像から伝わるイメージ そのままの音
エンジン暖気後のブリッピングでは張り詰めた空間さえも一瞬で切ってしまうほど乾いた高周波サウンドがピット内に反響します。


興奮しすぎても確実にブレーキが(自分へも)効くように? 
今回使用したディスクパットはDIXCEL 摩材はMを使用しました。
純正比125%の制動力と、低ダストがウリのDIXCELスポーツパットは、性能、供給、価格 どれをとっても申し分ない理想的な商品です。 


そして今回からは『DAYTONA』ロゴが打ちぬかれたDAYTONA アンダーディフューザーの装着で高速安定性の確保
と、全体的に車の本質を1ランク上げるイメージでばっちりと〆です!

次はホイール・・・かな・・・(笑)


1本のステアリングが生み出す世界




現在PHASE4まで進行中のZ33オーナーさん。

今回は触感Tuningを行いました。
人間には様々な感覚があります。 視覚、聴覚、味覚、嗅覚、そして触覚。
特にヒトの手というのは多くの神経があり、例えば物を掴んだり、細かな凸凹を瞬時に感じ取ることができるほど、ヒトの手のひらから伝わってくる感覚というのは特別なものがあります。
ましてやドライブ中には決して放すことがない『ステアリング』  その中には革の質感、ステッチの縫製、さらに硬さを含む形状 たった1本のステアリングでドライブマインドが左右されるほどの重大な役割を『ステアリング』が担っていると僕は考えています。

今回製作した 新素材「ナッパレザー」は、しっとりとした触り心地、適度な柔らかさ、そしてグリップ性 どれをとっても今までの本革やアルカンターラとはまったく違う独自の世界観が生まれます。
1本のステアリングが生み出す世界は、それを保有するものにしか見えない上質な空間です。



絶対的満足感



お仕事場は神奈川県 ご自宅は福岡県 
月に1,2回 福岡へ帰ってきて、フェアレディZに乗って「スカッ」と楽しみ そして、また神奈川へ帰っていく。
そんなZ33オーナーさん久しぶりの来店でした。

今回はDAYTONA Sports ECM Pack.Bと、下回りの点検です。
新車からずっと乗ってきた愛車です。 誰よりも自分の愛車の特性はわかるし、例えば僕にわからないレベルのプラス変化があったとしても、オーナーにはすぐにわかる。
だけど全く逆に、ジワジワと劣化していくマイナス変化って気がつきにくく、気がついいた時には随分と傷んでいた なんてことも、現実の問題として起こりえます。

この日は両方を体験することになりました。
目に見えない 感覚のみで判断することになるSports ECMに当初 半信半疑であったそうですが、自分の身体が覚えている加速していく感覚と、Sports ECMへアップデートしてからの加速感が全く異なり、思わずアクセルを緩め冷静に判断する時間が必要になったほど戸惑いを覚えたそうです。 それは『扱いにくい』と言うものではなく、あまりにも自分の期待していた姿と異なりすぎていたということで、嬉しいショックをオーナーさんへ与えるには十分すぎる内容でした。
残念なことは、リアメンバーのブッシュが破れていたこと。 ここはZ33ではよくあるトラブルの1つですが、メンバーに設置されているデフマウントブッシュが大変傷みやすく、ブッシュから液体が漏れているほどダメージがありました。 修理の方法としてはリアメンバーASSY交換が必要になります。 だけど、プラス思考に考え、これを機に各部ブッシュ交換を行うなど、転んでもただでは起きないプランを僕からおすすめさせてください。
車の質が、また一段と高くなることに間違いはありません。


羊の皮をかぶった狼


車検で入庫のZ33HRオーナーさん。
あくまでも、ご家族への建前は車検ではありますが。。。


マキシムワークス M-BITエキゾーストマニホールド。
1650度対応の耐熱バンテージにコーティングを吹付け乾かします。 天気がいい日でしたら2時間もあれば乾きますので、純正マニを外す間に天日干しです。


この画像を見たら嬉しくなってきます。
DAYTONA Big Throttle Ver.2スラッシュ仕様
OKDプラズマダイレクト
マキシム EXマニホールド
豪華パーツの3種盛りです。  すべて、車検の際に交換です(笑)


組み付け後 1発目のエンジン始動での様子です。
水分を含んだ耐熱バンテージやコーティングからの煙です。 エンジン内部で爆発した排気が流れる中でも一番高温になるEXマニホールドではアイドリング時でも400度近い為、一気に水分、有機物質は飛んでいきます。
いつもこの強烈な匂いの煙を見て「この仕事は身体に悪そうだ」と思います(笑)。

マフラーはSACLAM ECMはDAYTONA そして今回の3種盛り
これは音も走りもゴキゲンです! 目指せ、外観ノーマル 目指せ、羊の皮をかぶった狼!!

   次回は夏を過ぎ秋頃に入庫し、狼はこれからも進化し続けていきます。
それまでは、魅力たっぷりの高回転域を存分に楽しんでください。 ありがとうございました。
 


PRIUS G's × SPOONリジットカラー






まさかのPRIUS しかも、まさかのG's入庫です。

オーナーさんは有ちゃん先生の弟先生 同じく有ちゃん先生なのですが、このPRIUSは先日納車されたばかりで、何故か僕も納車に立ち会っていました。
奥様「ん~~~ なにこの車? タイヤも薄いし この車 私が知ってるPRIUSとなにか違うっ!」と言われていましたが、
有ちゃん先生(弟)は『事故にあったら危ないから補強だけ入れてとオーダーしておいた』と事実のみを言う所がサスガだなと。
有ちゃん先生(兄)は『タイヤは最近の車は薄いよ。 ほら、この車も薄いやん』指さした先にある車は、有ちゃん先生お父さまのW204ベンツに装着しているAMGタイヤ・ホイール。 それはそれで薄いはずだ・・・ これも事実、サスガだなと。

目の前で“オトナのテクニック”を見せて頂き、大変ためになりました。 
僕も立派なオトナになれるように先生方の”テク”を頂いておきます(笑)

さて、有ちゃん先生(兄)のススメもあり、SPOONリジットカラーのオーダーを頂きました。
メインフレーム~サブメンバー間のズレの修正、連結剛性の向上が主な目的なのですが、元から各種ブレースバーが装着されているPRIUS G'sにどこまで有効的なものかと期待半分、不安半分でしたが、
結果は、まあビックリ! 
車が1つの塊として動いている様子が手に取るように分かるんですね。 
事実、有ちゃん先生(弟)が昨日DAYTONAに来店していましたが
『これは全く ホントに全く変わりますね~ 車がしっかりとした感じが凄く良い。 この価格で今のパフォーマンスが手に入るなら、これは良い買い物だったと僕は思います。』
と、そこまで言わせてしまうほどの激変ぶりです。
その言葉には裏も表もなく、全ての真実が込められた貴重な感想を頂きました。


さあ、ここで ある人の顔が僕に浮かびました。
某税理士事務所のDAYTONA担当の平野さん 次はあなたのPRIUSの出番かもっ!!(笑)






手に入れてから、はじまる世界



念願のフェアレディZを購入。 めでたく、この日が納車の時でした。
『まずは・・・』の第一歩は愛車を手に入れること。 ここまでは実現しました。
『つぎに・・・』の第二歩は愛車に手を入れること。 ここも本日叶いました。

手を入れたのは2ヶ所
まずはATF(オートマチックフルード)の交換。
純正の燃費重視の低粘度ATFから、スポーツドライブも視野に入れ100%化学合成油のSUNOCOレーシングATFへチェンジ。
最新のレーシングATFは摩擦係数のみ上昇しシフトショックは低減させていますので、交換しない理由は見つからないほどフェアレディZに搭載されているジヤトコJR710Eとのマッチングは最高です。

フロントノーズから覗かせるメッキの輪。 DAYTONA TRACTION HOOKSでワンポイント アクセンス。
機能パーツでもありながら、光り輝くメッキのレーシングフックが、頼もしくも見え、オシャレにも見え 大人の遊び心をくすぐる一品です。

最近は気温も上昇し始め気持ちがいいドライブ日和が続いています。
念願のスポーツカー 夢にまでみたフェアレディZに乗って、お腹いっぱい楽しんでくださいね


100の説明よりも1の実績





もう、かれこれ10年以上のお付き合いになるでしょうか?
DAYTONAで全てのカスタマイズ&メンテナンスを任せていただいているオーナーさんです。

きっかけは定期メンテナンスでご来店いただいたのですが、さまざまなお話をしていくうちに、経年によりやはり気になるところが出てくるわけです。
普段よりオーナーさんの愛情をたっぷり受けて常によいコンディションのZ32ですが、そこはそれ、長く乗っているとどうしても消耗部品の劣化は否めず、せっかく交換するならということで+αの楽しみを見つけたくなります。

ということで、いつのまにか定期メンテナンスの話題はどこへやら・・・DFV OHLINS Ver.DAYTONA E.S.Eを装着して頂くことになりました。

今まで使用していたのも車高調整式ダンパーですがその特性は大きく異なり、トップマウントは突き上げを低減させる強化ラバー、ストロークを変化せせずに車高を調整できる全長調整形状、ダンパーへの急激な入力をバイパスさせるDFVバルブ、軽量かつソフトな乗り味を実現させるEibach ERSスプリング。
これまで同様の車高調整式ダンパーではなく、その性質は“似て非なる”特別なものであると我々は位置づけています。

■DFV OHLINS Ver.DAYTONA E.S.E for 300ZX


納車




この日から、めでたくフェアレディZとボクスターの2台体制になったオーナーさん。
「今日はとりあえず かる~く高速でも走っていつものルート廻って帰りますわぁ」ってポーカーフェイスで言いながらDAYTONAを後にしましたが、
嬉しそうな最高の笑顔を一番近くで見せてもらえる役得を独り占めしましたよ。
この日写した最高の笑顔をどーんと公開したいくらいですが、あふれそうな(というかあふれた)笑顔は目に焼きついているし、あふれた笑顔をデイトナのパソコンの中の写真フォルダーに詰め込みました。

エンジンオイル、ロングライフクーラント、ブレーキオイル、バッテリー、そしてオーナーさんがご自身のフェアレディZ同様に2年に1度は必ず交換を実施しているブレーキホースの交換を納車整備として行いました。
安心してロングドライブも楽しめる状態の良さです。

これから山へ行き、海辺を走り、風となり オーナーさんにとっては人生2度目 久しぶりのオープンカーを手に入れることになりました。
その肌で四季を感じ その身体でPORSCHEを感じ取ってください。 
座席後部から聞こえてくるフラット・シックスのエンジン音は、常にドライバーの心を魅了し続けていきます。


最適化



南部九州からお越しのZ33オーナーさんのオーダーでSPOONリジットカラーの装着を行いました。

リジットカラーの目的、効果は『アルミカラーを装着したら剛性が上げる』ではなく『アルミカラーを装着して適正値から外さない』がリジットカラーの正しい表現です。
それが結果として高剛性を感じさせてくれることになります。
『リジカラを装着したら変わりますか?』と問い合わせをいただくことがありますが、近年 オートメーション化によって次々と組み上げれれていく自動車は、効率アップが大きな目的です。
良くも悪くもある一定の『アソビ』が無いと、次から次にはシャーシ~メインメンバーを組み立てることが出来ません。
それは量産するには最適の方法であるわけですが、しかしこのズレが多いと動く幅も大きいというわけです。
つまりリジカラを装着して変わるのではなく、適正値に導くだけで本来の設計時の寸法と言う正しい姿に戻るというだけです。 逆に『マグレ』でもない限り、ラインから流れ出てきた状態では適正値になることは不可能です。

ここでまたまた話は最初に戻りますので最初に戻って再び読んで欲しいんですが・・・(笑)
つまりはリジットカラー装着の目的は剛性をあげることではなく、整った正常な状態へ導くものというわけです。 副産物として連結剛性の確保が可能になるというわけです。


GOODRIDGE PHANTOM



英国GOODRIDGEよりステンレスメッシュブレーキホースの限定商品『Gstop』が発売されました。

対向ピストンブレーキキャリパーを持つスポーツグレードのブレーキシステムを持ってしても、1.5トンもの重量、300馬力オーバーのエンジンパワーを持つ車体を確実に止めるには不足。
恐らくフェアレディZオーナー皆さんの共通の認識かと思います。
対策は色々あります。 根本からのブレーキシステムの変更 スポーツグレードのブレーキパットへ変更 耐熱温度が高いブレーキフルードへの変更 そしてスポーツブレーキホースへの変更です。

コストパフォーマンスで言えばブレーキパットの変更が効果的かもしれません。 しかしながら効きが良いパットは純正よりもダストが出やすかったり、ブレーキ鳴きも懸念されますから、一般的には効くか効かないかよりもその両方の問題をクリアーできる摩材を優先的に選ぶ必要があります。
それでしたら、前の段階 ブレーキホース、ブレーキフルードを見直ししてみてはいかがでしょうか?
ブレーキを踏んでも長く柔らかな純正のゴムホースではロスが多い為 どうしてもペダルタッチの悪化は避けられません。 それをステンレスホースへ交換することにより、よりダイレクトに より確実にブレーキを踏む圧力をキャリパーへ伝えることが可能になります。

同社は世界を代表するホースやフィッティングPartのメーカーです。 
フォーミュラー1、ル・マン、NASCAR、WRC 様々なモータースポーツシーンのみならず、自動車メーカーへもOEM供給されているほどの信頼性の高いホース、フィッティングメーカーです。
今回はステンレスメッシュホースPTFEにポリウレタンコーティングを施した特別限定バージョンその名も"PHANTOM"のご案内です。
数量限定でDAYTONA オンラインショッピングサイトで販売中です。


■ GOODRIDGE Phantom Brake line for 370Z 
 限定価格 ¥52,290

※ 今回は数量5SETのみ入荷です。

ハイパーレブ 



今月下旬に発売予定のハイパーレブvol.163 日産フェアレディZ Z33/Z34
その取材のため東京より編集者さんが來福していました。

外観、機関を派手にTuningしているショップデモカーでしたら語らずともアピールする術はあるのでしょうが、ことDAYTONAデモカーは比較的地味ですからその内容や込められた「思い」や提案したい「感覚」を伝える必要があります。
車の方向性、パーツチョイス、そしてバランス DAYTONAは何を目指しているのか? 理想のフェアレディZ像とは?
撮影や対話 お昼過ぎから始まった取材は、気がつくとDAYTONA閉店の19時をとうに過ぎ
いまだかつてないほど深く話し込んだ非常に長丁場の取材になりました。
 
今回の担当者さんとは初めての仕事でしたが、取材の仕方や写真撮影に至るまでプロ意識が強く、僕達の思いのままの良い記事を作って頂けそうな気がしました。  
まあ、雑誌の発売までその内容を見ることができない僕としては、期待半分、不安半分、色々な意味でドキドキなのですが(笑)

発売日は4月26日 ハイパーレブ vol.163 日産Z33/Z34です。



あの頃があるから今がある。





Z33フェアレディZにお乗りだったオーナーさんが、CKV36スカイラインクーペに乗り換えをしました。

九州ではまだSACLAMの名が大きくはなかった頃に、オーナーさんがZ33で乗り付けてきてくれてSACLAMサイレンサーをオーダーしてくださったことを僕は覚えています。
当時は軽量かつ見た目が派手なチタンマフラーが全盛期の頃です。 
正直な話 チタンマフラーと同額である音質先行ステンレスマフラーのSACLAMを販売していく事は非常に困難でした。
ですがそんな中、デモカーに装着したSACLAMを聞いて、マフラーが奏でる『音』を気に入ってもらい即決頂いた事を僕は覚えています。   

Z33同様にCKV36へも同じくSACLAMサイレンサーを装着することになりました。 珍しく?SACLAMの在庫もあり、納車早々に高周波サウンドを手に入れることが出来ました。
既にMAXIM WORKS EXマニホールドも装着されていますので、濁りがない鋭い吹け上がりになり理想的かつ完璧なものです。

初期のSACLAMを知るオーナーさん 今のSACLAMの音色はいかがですか? 
より一段と味がある音になったと思いませんか?
次回はDAYTONA Sports ECM お待ちしていますね!!


« 前ページ