定義?

何時もどこかの掲示板で話題になる、レースカーとストリートカーの区別。
ホント永遠のテーマかもしれません。

実際問題、各主催者の判断で「Sタイヤまで」と取り決めがある草レースも多く、全国的に見てもこの流れです。
Sタイヤまでがストリートカーと言い張る人が多いのが現状です。

勿論「ストリートカー」なのでナンバー、車検付きの完全合法車両ですよね?
合法車両のみが「ストリートカー」ではないのでしょうか?
「触媒なんか知らん知らん 車検なんかも闇で十分」って車も多いですよね。 僕はこの手の「違法改造車」が一番多いと思いますが、区分はどうなんでしょう?

何が言いたいのかと言いますと、車のパワーも駆動方式もウエイトも違うのにタイヤだけで帳尻合わせし「Sタイヤだからストリートカーレースですよ」って考えは違うんじゃないかなと思います。
全国的に「Sタイヤのみ」のレギュレーションが多く、九州のスリック容認が変と思われがちですが、筑波等のタイムアタックに使用するタイヤは新品Sタイヤをギリギリまで削り、溝を薄くしヨレを減らす努力をしていると聞きます。
正直な話、「そこまでやるならスリック使えば?」と思いますし、そのほうが安全かと思います。 ですので、どちらかと言いますと逆に全国的におかしいなと思ったりもします。
ですが、それがレギュレーションと言われるとそれまでではありますが。

まあ、考え方は人それぞれですので、自分に合う主催者のレースに出るのが一番幸せかと思います。
個人的にはAPの速い人達にはJAFレース(ゴールドカップ)に興味を持って欲しかったりもします。 

きっとイジメがありますが(笑)

今年最後

間違い無く年内最後のレースになると思います、モンスターバトル。
タイヤの都合も合って、モンスターSクラス(最強クラス)にエントリーです。
実のことを言いますと、本日エントリーしました(笑)
僕の方からニワトリ小屋51号車を以前誘っていたのですが、今日の今日まで誘っていた事を忘れていて、エントリーリスト見て大慌て(笑
シブシブ?参加受理してもらえました。

デイトナ号はもはや去年までの戦闘能力も無く、タイヤも中古ですので2分前後をウロウロすると思われますが、今ある材料で出来る限り頑張っていきたいと思います。
当然ですが、優勝は狙っていません(狙えません?)
ですので気が楽です(笑

毎度の事ながら準備も何もしていませんので、チョッと忙しくなりそうです。
ファイナルギア-変更や電気系の修理など、チョコチョコ仕事が多いです。
まあ、力を抜いて皆さんの邪魔になら無いようにレースしたいと思います。
はい

STCC&モンスターバトル
http://www.faure-design.com/kmc_stcc_1211_2.html

わらび餅

お題はわらび餅なのだが、実は串揚げのお話。
僕が良く行く串揚げ屋さんは毎月メニューが変わり、旬な物を食べさせてくれる。
注文も独特で「○△と×■お願いします」って注文するのではなく、勝手に数品持ってくる。 良い意味で考えるとバランスを考えてくれるのだが、悪い意味だと好きなものが食べられない。 追加オーダーが必要で割りと高く付くのかもしれない。
勿論、どうしても食べられないものがあるのなら変更はしてもらえる。

昨日も美味しい食事を出して頂いて、デザートでもと思ったらメニューに見なれない食材があった。
「わらび餅のクロミツ」
さすがに揚げ物ではないだろうと嫁と話していたら、店長が「串ですよ 食べてみます?」
季節外れのわらび餅をオーダーし食べてみることにしました。

感想は・・・・   僕は普通のわらび餅のほうが好きですが、多分美味しいです(笑)

店長曰く「揚げれない物はありません(キッパリ)!」
来年にはお茶も揚げ物にされているかもしれません(笑)
遊び心がある串揚げ屋さんでした。


串揚げ 串匠さん
http://www.kushisho.com/

悩み

気がつくと11月も後半 来月には12月 年末です。
歳を取ると月日が流れるのも早く、あっという間の平成17年でした。
年末の挨拶をするには早すぎますが、公私共に色々な事が起きました。
そして、今抱えている悩みが今までの人生1、2位を争う位の大きな悩みで、
現実逃避してkaoと宇宙旅行にでも行きたい気分の山本です。


kaoは言いました。「神様は私達がこの問題を解決出来ると思い試練を与えたのです」

僕は思いました。 「神様はきっと人違いをしたのではないでしょうか?」

まだまだ僕らの悩みは続きそうです・・・

オークション

僕の仕事の1つに「中古車の仕入れ」をしてくるという仕事があります。
例えば、Zに限って言いますと週に120台前後の車両情報を見ることが出来ます。
S30もありますしZ33も多数有ります。 先日なんか、幻のZ33タイプEもありました。
上は北海道 下は宮崎まで全国各地の車両を事務所にいながら購入する事が出来ます。
経費は結構かかりますが、旅費などが要らないので本当に便利な機械ですが、ボタン1つで軽自動車からフェラーリまで買う事が出来ると言う、逆に考えると怖い機械でもあります。
車両の詳細情報は、展開図がありキズ記号で車両の状態を推測する事が出来ます。 

しかし世の中甘くも無く、たまにヤラレ(失敗)もあり、買ってきた車が想像していたよりもボロだったり、キズ記号見落としで思いっきり凹みがあったりなど、なかなか中古車業は厳しかったりもします。
しかも車という高価な物ですので、やられたときは精神的ダメージも大きく、ついついオークション会社と喧嘩したりもします(笑)

そんなこんなで、Z以外も買うことは出来ますので、何かありましたらご用命下さい。
よろしく!!

愛車

危ない危ない 日記が週記に変わっておりました(笑)
長らく放置してました スイマセン

昨日の出来事です
「山本さんのブログ見て金鱗湖行ってきました」
と、言われました。
ネットの力は偉大だなと感心しつつも、やはり「ブログ見ました」といわれると恥ずかしい山本です。

手前のZ32は2型のターボ 奥のZは3型ターボ 共に4シーターのATのダークブルーグラファイトパールです。
実は、弊社顧客のKさんが2型から乗り換えるというのでオークションで3型を買ってきました。
KさんはZ歴も長く、今回のZで3代目になります。 
Z32が本当に好きなんですね。 素晴らしい限りです。

実は手前のZ32は元僕所有のマシンでして、ベイサイドプレス博多埠頭から小倉までを30分で走りきったというSPLマシンです(笑)

金鱗湖(きんりんこ)

ここ最近、車の話題から遠のき「美、健康」ネタに変わり、本日は「旅」ネタでございます。
車のネタも無い事も無いのですが、ここ最近は特別面白いネタもありませんので「癒し」のテーマでいきたいとおもいます。

さてさて、金鱗湖と聞いてピンと来た貴方は「ツウ」ですね。
僕は昨日「金鱗湖」を知りました(笑)
ネットで検索しましたら山のほど情報が出てきますので、詳しく説明する必要も無いと思いますが、ざっと簡単に説明しますね。
場所は大分の湯布院 温泉水が湖に流れ込み、四季を通してほぼ同じ温度の水です。
今の季節ですと外気の方が寒い為、湖から靄が建ち何か不思議な気分になります。
イメージで行きますと、仙人が湖から出てきそうな感じです(笑)

周りには食事、温泉、お土産を楽しめる箇所が多数あり、友人とカップルと夫婦と不倫カップルと誰もが楽しめます。
その他には、この辺りは「地鶏」が有名で僕も昨日食べてみました。 非常に美味しく満足できました。
温泉はありとあらゆる所で日帰り湯がありますので、何処か気が向く所へ行かれたら宜しいかと思います。 サラサラ系のお湯で、非常に体が温まります。

道中では馬車?が走っていたり、車で福岡から1時間で異国の地へ行く事が出来ます。
そこには普段目にする事が無い光景 日常とかけ離れた楽しみが有ります。
昼家を出て夕方には福岡へ帰る事が出来る 遠くてもあり近くでもある場所
非常に幻想的な湯布院でした。



続・・・木酢液

木酢液を使い続けること2週間程度経過
この手の商品は目に見えて変化が出ることは少ないので、どうも他人には説明がしにくい。
しかし、目に見えて変化が出た部分がある!

それは、kaoの鼻水が出ていることだ(笑)

奴曰く「焚き物アレルギー」らしく、普通の焚き火などは何の問題も無いらしいが、不純物(ポリエステルなどの化学物質)が混ざった焚き火の煙などには体が反応し「鼻水」がでるらしい。 嘘かと思っていたのだが、KAOの母親から裏は取れている事実の話だ(笑)
素晴らしい高感度センサーなのだが、もしセンサーに異常が無いのだとすれば、今使っている木酢液は多かれ少なかれ不純物が混じっていると言うわけだ。
もし、混ぜモンだとすれば即刻に使用を中止したほうがいい。 むむむ 実際問題どうなんだろう?と不安に思えてきた。
非常に興味深い話として、竹酢液の時はアレルギーは出なかったらしい。
つまり、高級備長炭に混ぜ物が?? 実に微妙な話題かもしれない。
もう1つ考えられる事として「タール」の存在もある。
タール分を多く含んでいる木酢液かもしれない。 どちらにせよ今使っている奴はkaoの体にはあわないようだ。


そこで今までの木酢液を一時使用を中止し、新しい木酢液で判断しようと本日新しい木酢液を購入した。
その名も「世界一の炭焼職人 紀州産ウバメガシ100% 混じりっけなしの最高級木酢液」 すごくよさそうな商品名です。
ここで再度一つの疑問が・・・・   見て「んんっ?」と思われた方も多いとは思いますが、「混じりッけなし」の商品らしいです。
つまりは、混ぜモンも流通しているということですよね。 物凄く奥が深いですね~

まあ高感度センサーがどういう結論を出すか、名前負けしないよう品物が届くのを今から楽しみにしています。
 

※画像は「最高級」の商品です。

アルテッツァ

さてさて、僕の仕事では様々なフェアレディZに乗る事はあっても他車種に乗る事は少ないです。
車検や修理も大半はフェアレディですので、ホンと他車種は新鮮に思えてしまいます。
そのようななか、僕の弟が「アルテッツァ」を注文販売で買ってくれました。
4気筒モデルの6速車です。
この「アルテッツァ」 今では話題のレクサスです。 レクサスISだっけ? 超高級車です。

イマイチ「アルテッツァ」と言う車の位置付けが解らないのですが、BMWの3シリーズの対抗馬と言ったところでしょうか?
4気筒、6気筒があるところも似てますし、遊び心があるオジ様セダンみたいな。
以前、1回だけアルテッツァのチューニング車両に乗ったことがあるのですが、「遅い」と言う以外印象が無くて、今回は勉強も兼ねてじっくり乗ってみました。

・エンジンはVVTIと言う可変バルブタイミング?機能がついてる3Sと言うエンジンです。遅いのは遅いですが、このVVTIがまあまあ面白く微妙なV-TECのような感じで4000rpm位から加速が良くなります。 それまではドンガメです(笑)
ターボが流行る気もわかります。  最低でも+50PSは欲しいですね。
・ミッションは、生意気にクロスしてます3⇒4、5⇒6速が特にクロスしていて面白いです。ギアの入りもスムーズ。
・ブレーキは見た目にも大きく制動力は問題無し ただ国産全体に言えますが、リアが少し弱いかも
・足回りは1350kgもある割りにはクイクイ曲ります。 ホイルベースが短いのでハイスピードステージには不向きかも。 150km位からのターンインは少しビビリます。
社外のダンパーが装着されていましたので、ノーマルは知りませんよ。
トラクションのかかりはBMW(E36)の勝ち
・シャーシは問題無し 剛性感もあるし、内装のビビリ音も少ない 日産車だと、こうはいかないでしょう。

総合的にみると、一部を除き物凄く良い車とは思います。
一部とは、やはりエンジンパワー これが残念ですね。
社外ターボなどつけてる車もありますが、不調車両も多いようですし難しいところですよね。 
結果的に売れた車か、評判が良い車だったかは知りませんが、少なくても僕は良い車と思います。
事情は知りませんが、もしトヨタがWRC参戦していたのでしたら、ターボで4駆モデルがあったかもしれません。 ホンとその点のみが残念です。

もっと色々な車に乗り勉強に励みたいと思います。 はい

木酢液 竹酢液

今晩は時間があるので更新しましょうかね。

木酢液(竹酢液)は、炭を焼く段階で出る煙を冷却して出来る液体と書きましたが、正確には3層の液体に分離されるらしいです。 その真ん中の層が木酢液(竹酢液)と言うらしいです。

この商品は、僕が試しました。  入浴剤として使うタイプを互いに1L注文。
はじめは竹酢液を使いましたが鼻が曲がるほど臭い(笑)
ツーンと鼻を突く焦げ臭い匂いが浴室に充満します。これにはkaoはやや激怒。
次に木酢液を使用しましたが、臭いには臭いが竹酢液ほどでもなく、深い地味な焦げ臭さで、匂いの種類が違うようでした。どちらかと言うと木酢液のほうが柔らかい焦げ臭さです。

今使用しているのは、和歌山県産紀州備長炭の木酢液です。 良いか悪いかは知りませんが、非常に僕は満足して使用しており、今使ってる分が無くなったら20Lの奴を注文しようかと言うくらい気に入ってます。
何が良いのかと言うと、木酢液入りのお風呂に入ると体の芯まで温まると言う点です。 寝るまで足先までポカポカです。 kaoなんか布団に入ると大汗かいてました。いままで色んな入浴剤を使用しましたが、これはいい 最高です。

基本的知識として、木酢液は竹酢液に比べ2倍近い酢分があると言われています。
そして木酢液には200種類にも及ぶ成分が入っているともいわれています。

ただ、難点があるのも事実で
臭い
これはどうしようもない問題ですが、風呂に臭いが染付きます。
水も入ってないのに木酢液の臭いがします。
同じく、風呂水を使用して洗濯する場合は、洗濯物も臭くなります。
と、同じく 人間も臭い 頭も体も焦げ臭くなります(笑)
男は、それでもいいのかもしれませんが、女性には厳しいかもしれません。
現にkaoは嫌がっています(笑)

ご家庭で使うのでしたら、薄めに使用するのが思いやりかもしれません。
僕は濃いく使いますが(笑

炭については、まだまだ勉強を始めたばかりで知らないことが多いです。
今回の木酢液も「○△産が良いよ」などと言うまで使用しておりません。
絶対に居ないと思いますが、もしこのブログを見ている方で「炭職人」の方でも居られましたら、いろいろな為になるお話を聞かせてください。

今回は大変素晴らしい自然界の液のお話でした。

思いっきり忙しくて、日記を放置しておりました。
色々と日記ネタはあるのですが、最近「ブログ見ました」と言われる事が何故か多い。
言われるのは良いのだが、なにか自分の裸でも見られたように妙に恥ずかしい(笑)
あまりの恥ずかしさに、思わず話をそらしてしまうことが多いシャイな山本です。

さて、お題は「炭」です。
炭と言えば、「木炭」や「竹炭」を初めいろいろな炭があるとは思いますが、最近はこの「炭」に凝っています。
そもそも、この木炭と言うのは焼き肉屋さんやバーベキュウなどで馴染み深いものですが、炭に一体どれほどの力があるのか?非常に興味深いところであります。
本来は「木炭」しかなかったと思いますが、森林伐採云々等の問題で木に代わる竹(竹は切っても切っても生えてくるので問題なし?)を利用している「竹炭」も同等に興味深いものです。

お風呂等で違いがわかればいいのですが、なかなか僕の感も当てにならないだろうと代理人に鑑定してもらうことにしました。
同じ容器に同じ量の水を入れ、片方は備長炭 もう片方は竹炭を入れ同じ時間だけ寝かせました。
そして代理人(うちの愛犬ですが)がどっちを飲むのかを見てみることにしました。 丸1日TESTした結果、うちの犬は竹炭が好みらしい。
備長炭のほうは手付かずの状態で、竹炭の水はグングン減っています。

犬だけに喋る事が出来ませんので、「何故」なのかは不明ですが、どうもうちの犬の口に合うのは竹炭らしいということは確かなようです。

次回は、木(竹)を炭にする段階に出る煙を冷却して出来る液体
木酢液(もくさくえき)と竹酢液(ちくさくえき)の特集です(笑)

先週カオが実家に帰っていたので、非常に暇な時間を利用してテストしてみました(笑)

アーム全交換・・・其の6

今回使用した社外品は2つ

1つはピロテンションロッド
この部品はお馴染みのパーツですので説明はいらないと思いますが、高速走行されるお客さんはピロテンションにしたほうが良いと思います。
車体へのダメージ、異音は無くデメリットはほとんど無いと思えます。
対するメリットとして、キャスター調整できたり、ピロのお陰でブレ-キング時のジャダーが少なくなったりもします。
今は部品も安いので、気軽に購入出来る部品と思います。

2つ目は画像のリアメンバーカラー
今まではアルミかウレタンが主流でした。
アルミは剛性感があり良いのですが、振動が大きくストリートには不向き
ウレタンは剛性感は落ちるが振動、異音は無い しかし寿命が短く、気が付くと無くなっていたりもしました。
そこで、今回使用したのは樹脂製のカラーです。
「ナイロン66」と言う強化プラスティックのような物で、アルミの良いところと樹脂の良いところを取り入れた製品です。
お値段もお安く¥9,240ー(税込み 取りつけ工賃別途)
値段以上の働きはあると思いますので、気になる方はお問い合わせ下さい。


アーム全交換・・・其の5

愛車を無くして約半年
そろそろ寒くなってきたので、チャリじゃあ厳しいです。
朝夕の風と、景気が厳しい今日この頃。 
横着な人に厳しく自分に優しい山本です(笑)

昨日に続き、アーム交換リポートです。


画像はリア廻り組みつけ時の物ですが、ご覧のように1G状態で組みつけます。
ピロボール車両でしたら関係ありませんが、ブッシュ車両の場合ネジレ等を考慮し通常静止状態時に近い状態で組みつけます。 僕の場合は1.1G?位少し沈んだ状態で組みます。
フロントも同じで1G状態で組みます。 

この状態か否かで、大きな差は出ないと思いますが、同じ組むなら「より自然な状態」で組みたいと思いませんか? 
勿論ただ部品を付けてネジを締めるだけでも良いとは思います。 同じ工賃でしたら、ただ組むだけのほうが早いので割に合います(笑)