ゴールデンウイーク と BBSホイール商談会のお知らせ

いよいよ待ちに待ったゴールデンウイークがはじまります。
DAYTONAのお客様の中にも有給休暇を含めて5月6日まで16連休などというとてもうらやましい方もいらっしゃるようですが、皆さまそれぞれ楽しい計画があることと思います。
山本家では四国経由岡山国際サーキット行き(友人のレース参戦のお邪魔)を計画しております。

DAYTONAでは前半はご来店いただけるお客様とのんびり楽しく過ごしたいと思っていますが、このたびBBS JAPAN社より発売間も無い限定バージョンRS-GT新カラーミラーポリッシュとLM-Rが届きましたので試着・マッチング商談会を開催いたします。
※25日(土)~2日(土)までですがBBSホイルの試着は30日(木)までとなります。

その他、19インチから21インチまで各種ホイルをご用意しておりますので、試着ご希望の方やマッチングやサイズでお悩みの方、チューナーサイズって何のこと?本当にボディ加工が必要なの?など何なりとお問い合わせください。

気になるお値段につきましてはもちろん特価のご用意がございますが、残念ながら電話でもメールでもお答えできませんので愛車とともにお出かけください。

model:RS-GT Mirror Polish(MP)
発売記念キャンペーン2009年1月~2009年6月末日まで
http://www.bbs-japan.co.jp/topics/rs-gt_mp.pdf





model:LM-R ACQ
http://www.bbs-japan.co.jp/pro/pro_i.html

















続いてゴールデンウイーク期間中の営業についてのお知らせです。

25日(土)通常営業 10:00~20:00
26日(日)休日営業 11:00~18:00
27日(月)通常営業 10:00~20:00
28日(火)通常営業 10:00~20:00
29日(水)臨時営業 11:00~17:00
30日(木)通常営業 10:00~20:00

5月1日(金)通常営業 10:00~20:00
5月2日(土)臨時営業 11:00~17:00
5月3日(日)臨時休業
5月4日(月)臨時休業
5月5日(火) 定休日
5月6日(水) 定休日
5月7日(木)通常営業 10:00~20:00

誠に勝手ながら上記のとおり臨時休業(営業)させていただきます。
臨時休業期間中はお客様にはたいへんご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、なにとぞご理解を賜りますようお願いいたします。

高速道路や行楽地など大混雑が予想されますが、どうか事故やトラブルのないようお気を付けて楽しいゴールデンウイークをお過ごしください。

わが町博多では毎年この時期に220万人を超える人出が予想される「博多どんたく」が開催されます。
僕達は毎年この時期は福岡を脱出いたしますのでどんたくに協賛はしても参加はしたことがありませんので220万人という人出の想像もつきません。
しかしディズニーランド&シーの人出予想が85万人(4日間で)だそうで、たった2日間でその二倍以上の人出なのですから相当なんでしょうね。

うんうん




SILENCER kit for Z34


やっと入荷しました。 九州初上陸  Saclam SILENCER kit for Z34


こちらの商品は1カ月以上前よりご予約頂いているお客様の車に本日装着しました。

造りの見た目はZ33とはまた違う形で、太鼓からのデザインはサクラム特有の独特な形状です。
マフラー出口も一目でサクラムと分かる 素敵なデザインはZ34でも健在です。

さてエンジン始動
アイドリング域 アクセルパーシャル固定域ではノーマルレベル つまりは静か
しかし軽くブリッピングしますと「プァンッゥッ♪ プァンッッッ♬」
とても元気に鳴いてくれます。

オーナーさんを助手席に乗せ試乗、視聴に出かけました。
長い坂道を3速全開で引っ張り3500rpm位から段々と音色が美しくなり7000rpmまで踏みます。
そして2速へシフトダウン 「プァンッッッ♪」 シンクロレブが効きました。
「おおおっ この音この音 良いね~」 オーナーさんと絶賛


試乗から帰ってきたら「あーでもない こーでもない」と、僕はショップの人間としてではなく、1フェアレディZオーナーとして楽しいお話をしました。
2台のZ34を眺めながら「サクラム談義」です。

サクラムはZ33での完全なまでの成功実績とは裏腹にZ34でのマフラー騒音規制の狭間で随分と頭を悩ませているように僕には見えました。
何度も試作を作っては調整、やり直しの繰り返し 製品化さえしてしまえば、開発時の苦労話なんて笑い話にもなるのでしょうが、本当に音作りに苦労している様子でした。 それはマフラーを見ても分かるように、Z33では付いていなかった左右のメイン太鼓の間を通ってる2本のレゾネーター(チャンバー)でも音質調整を行っています。
開発には時間はかかってしまいましたが、見事なまでの出来と僕は評価していますし、今後はもっと沢山のサクラムユーザー、サクラムファンが評価をしてくれると思います。

Z33時代ではサクラムの音を「フェラーリサウンド」と言われ続けてきましたが、Z34ではフェラーリ風ではなく、まったく新しいVQ37HRオリジナルの「フェアレディ サウンド」の始まりです。

ファーストインプレッションでした。



お決まりのYOUTUBE動画をどうぞ
5000rpm程度でのブリッピングです。 


■ Z34 Silencer kit 18000-NZ2-K000 ¥273,000(税込)


※極少数生産の為 納期は問い合わせください。





RAYS BLACK FLEET V810

「元DAYTONA7号車は顧客さんに売却した」と書きました。

ですが、かれこれ2ヶ月くらいDAYTONAに置きっぱなしですので「あれ?売ったんじゃなかったんですか?」と思われた方も多くいらっしゃいましたが、現オーナーより「希望の20インチのアルミを履かせてカッコ良くしてから納車してほしい」とオーナーの熱い希望?無理に引き伸ばし??でしたので2か月もの間弊社に置いていました。
しかし残念ながら肝心のアルミホイールが来てしまいましたので、納車をしないといけなくなってしまいました。。。
早速タイヤを組み込み車体に装着・・・
2ヶ月間 待ちに待ったホイールが出来ました

オーナーが選んだホイールはズバリこれ


RAYS BLACK FLEET V810
20×9,5JJ +23   20×10,5jj +23
チタンコ-ティングリム

道行く人 誰もが立ち止まります
「これ 凄いね!」そう言うと後は無言で10分以上ホイールを眺めていく人もいました。
僕もこれを見て鳥肌が立ちました 想像以上に凄く怪しい


kaoが以前RAYSのグラムライツ57S-PROにRMC(ディスク面をメッキ処理)+チタンコーティングリムを履かせた時もありましたが、今回のインパクトの強さは前回以上のものがあります。
想像するからにRMC+チタンリムの方が鏡のように反射してキラキラしていて派手そうに思いますが、今度のV810はディスク面はダイヤモンドカット(ザラついたヘアライン)です。
これが物凄く効いてザラついたディスクに色が入り込むといいますが、物凄くディスクに色が映り込みます。 正直なところ想定外でしたが、結果オーライでした。

V810自体は新しいホイールではありませんが、チタンリムをチョイスできるようになったのは最近と言うこともありますし、派手にやんちゃにロードスターボディとマッチングは良いだろうと言うことで今回オーナーに相談を貰い 選んでみました。

「凄く高いんでしょ?」

いえいえ、金額に見合う いやいや今回もオーナーは金額以上の満足いく買い物をしたのではないでしょうか? 
高くてもどうしようもない物や満足できない物も世の中には沢山ありますし、ある程度安くても良い物も沢山あります。
そんなことよりも欲しくても買えなかったり 買いたいけどあと1歩の勇気がなかったり。 
物自体を買うことは当然嬉しいことですが、それ以上に予算を含め自分が買える環境に居るという嬉しい事実や、僕のような良い親身なアドバイザーが身近に居るとか(笑)
それらを総合して、身の丈に合う良い買い物を楽しんでくれたらと僕は思います。



と自分に言い聞かせている「山本」なのでした
 




原点

なんだかんだと言いながらも、デイトナに入庫してくるフェアレディZの4割はZ32型です。
最古モデルでしたら20年落ち 当然ですが、そういう車も普通に走ります。
普通どころか、ブーストアップ程度のZ32でしたらZ33のスーパーチャージャーよりもバリバリ走ります。
Z32のスタイリングに魅せられ Z32のハイパワーに虜になっている方々 正直多いです。 当然ながら 僕もその中の1人です。


○林くん
400馬力のZ32です
今回は車検 塗装 コーティングで入庫です。


パパさん
ダンパーOH 及び内装のリフレッシュです
こちらの車両は名前がありまして・・・ 「さゆり」さんと言います(笑)



4灯HIDとバンパー塗装
オルタネーターの故障によりリビルトへ乗せ換えです。
初期モデル限定のイエローパールです。 珍しいです

このように、まだまだ元気に走っているZ32は多いです。
「普通の工場レベルでしたら、修理も手に負えない」なんて話良く聞きます。
デイトナは出来る限りの協力でZユーザーと同じ空間に居たいと思っていますので、なにか悩みごとありましたらドンドン来店ください。
しっかりとしたメンテナンスをして、あと5年でも10年でも乗りましょう! 


定額給付金

僕が住んでいる市でも定額給付金の受付が始まりました。
無駄の馬鹿の言っても、やはり何の労力も使わずに12,000円も貰えるなんて嬉しい限りです。

kaoと「何に使う? 何買う?」なんて話で少し盛り上がっていましたが、この際なんで難しいことは言わず、考えずに自分達が好きなように使いましょうと言うことにしました。

kaoは「エステに行きたい」と言うので奴の給付金は多分どこかの「美白 リンパマッサージ 定額給付金 12,000円プラン」とか訳の解らない期間限定メニューを企画しているエステ屋さんのスペシャルコースに消えそうです。
そして、ついでに化粧品やアロマ製品も買ってきて、結果給付金の何倍か?物凄い手出しが必要になると見ています。 一見割に合わない内容の給付金コースを作ったエステ屋さんの作戦勝ち と予感しています。

僕の場合は結構面白くない人なんで皆さんの期待を裏切りそうですが、一部は寄付します。
じつは定額給付金を貰えるの貰えないのと国会で議論しているときには、「もしも本当に給付金が貰えたら本当に必要なところにお金を使ってもらおう」と決めていました。 ですので一部(全額ではない)は盲導犬協会に寄付します。

そして、残ったお金で何が欲しいかと言うと。。。 まあ欲しいものは沢山ありますが、「小銭入れ」が欲しいと思っています。
僕の財布は長財布を使用していますが、小銭を入れると財布の形が崩れるので、カード数枚とお札しか入れていません。
今現在、kaoから貰った小銭入れを使っていますが、僕の小銭入れは少し特殊?ですので、あまり人には見せれないのです。
ですからお釣りで小銭が出たときは少し困りもので、大抵がズボンのポケットに入れます。 しかし、これもカッコいいものではありませんので、給付金の一部を使い新たに小銭入れを買おうと先週 天神まで下見に行ってきました。
まあ、僕もkaoと同じように給付金の何倍かを支払うことになりそうですが(笑)

まあいいです
とりあえず 今僕が使ってる小銭入れ 見てください


結構すごいでしょ?
外食に行った時にこの財布から小銭を出したら「あら 可愛いのお使いなんですね(ぷっ)」と言われたこともあります。 ある意味 強烈ですのでお店の人に覚えておいてもらえ易く記憶には残るのでしょうが、「やまもと」はもう少しだけ 大人っぽいのを買いに行きたいと思っています。 はい
















臨時休業と臨時営業のお知らせ

4月の営業日についてのお知らせです。

18日(土)19日(日)は誠に勝手ながら都合により臨時休業とさせていただきます。

29日(水)は祭日のため営業いたします。
休日営業につきAM11:00~PM18:00となります。

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、ゴールデンウイーク期間中も前半は通常通り営業いたしますので何とぞご理解賜りますようよろしくお願いいたします。

※カレンダーの赤日が定休日(臨時休業日)となります。

ショップ向けブログパーツ-営業カレンダー

山本友基



karo sisal

車内で汚れるところと言えばステアリングを一番に思い浮かべますが、よくよく考えると足元のマット 
実はここが一番汚れるではないでしょうか?

晴れた日の土や泥 砂埃が付いたまま
雨の日の汚れた靴
靴に付いた汚れは全て車内の足元マットで受けているので普段は気にされる方は少ないと思いますが、例えばキレイにデザインされたマットを敷くだけで今まで以上に車内をキレイに保つことは可能かもしれません。

それ以外にも純正の黒マットではなく、シートやボディカラーに合わせた色使い。
これだけでも車内の雰囲気は大きく変化します。
もっと言うのでしたら、2,3枚のマットを用意して「今日はホワイト 明日はオレンジ」等その日の気分で色を変更してみるのも良いと思います。

ここ最近の装着例です

saka○先生
純正マット⇒KARO SISAL(シルバー/ブラック)


M下さん
nismoマット⇒KARO SISAL(ホワイト/ブラック)


kao
KARO SISAL(オレンジ/ブラック)


いかがでしょう?
ドアを開け すぐに目に飛び込んでくる綺麗に配色されたフロアマット。
これだけでも気分は上々ですよね!
それに加え今までは何の気なしに乗り込んでいた車内でも、これでしたら少しは気をつけて乗りそうです。

これら商品はKARO社の天然素材 麻を使用したSASAL(シザル)という商品です。
お値段もお求め安い価格帯ですし、これだけで車内の雰囲気がコロッと変わるのが最大の魅力です。
Z32では流石に古くなったマットでしょうし、Z33は最初からペラペラのマットですので傷みやすいです。
これを機に、一度足元マットを気にしてみるのも気分も変わって面白いですよ。

参考までに「やまもと」はZ34オーダーの際 
純正マットはオーダーせずにKARO SISALのホワイト/ブラックを買いました。
ホワイトをチョイスした場合それなりに汚れてしまいますが、ホワイトが一番映える配色パターンと思っていますので、少しの汚れはまめな掃除でカバーしながら僕なりに大切に使っています。 もちろん気に入っていますよ

■ KARO SISAL
(ブルー、レッド、オレンジ、シルバー、ホワイト、イエロー、グリーン/ブラック)
Z32 2by2 30,700円
Z32,Z33 26,500円
Z34 34,500円

※完全オーダーメイドの為 2週間ほど納期がかかります

親父が好む店? デイトナ

昨日は朝一番より突撃親父さん ご来店
戦闘ルームの模様替えです。


純正アルカンターラシートは質感は最高にいいのですが、ホールド性がイマイチ悪く腰が痛くなると言うことでしたので、RECAROへ変更です。
今回選んだシートは、純正内装の色身のバランスを考え黒、灰、赤を上手く使ったRECARO SR-6 ASM LIMITEDをチョイスしました。
違和感無いでしょ?  
ちなみに親父はトランク内にクーラーBOXを積んでいます。 これは親父が1人でドライブに行った際に立ち寄る、道の駅のようなところでお土産を買うときに使うそうです。 先日はイノシシの肉を運んだとか・・・
多分300台限定の380RSでイノシシ肉を運ぶのはこの車だけと思うのですが。。。

そして いきなり登場

遠くはるばる 広島県よりデイトナに行く為だけに福岡まで来てくれました。
クレイジーさんこと黄色親父 Z32最終型に大切に乗っています。
「高速が1000円になったら、あんたの所に行こうと思いよったんよ~」と来てくれました。 ホントうれしかったです。
お昼はラーメンが食べたいと言うことで、一風堂まで行きました。


少し来客が落ち着いた所で、人間年齢に換算すると80歳くらい? 13歳の副社長は日光浴です。 親父なんで白髪が多い 犬も人もおんなじです。

夜は山本家の暮らしを守る親父「くらしマン」が来店。

仕事車のブレーキの交換です。
なんでもZ用にBBSの20インチホイールが欲しいとか。 1本20万円×4本 タイヤ20万円
つまり100万円・・・ 相変わらず絶好調なんですかね?

ドタバタでしたが笑い声でデイトナは賑やかな1日でした。
来店してくださった親父様 ありがとうございました

Z34 ロードスター

本日日産自動車よりフェアレディZ ロードスターをNY国際オートショーで公開すると発表されました。


実際の販売は夏ごろ(アメリカ市場) 日本での販売情報は今のところ未定です。
僕は本当でしたらZ34へはロードスターが出たら乗り換えようと思っていましたので、一部未確認情報では日本国内での販売台数の少なさを懸念して国内発表は無いかもと囁く方も居られますが、個人的には何が何でも日本国内で販売してほしいものです。

で、写真を見た感じでは
前から見たらフェアレディZ
後ろから見たらレクサスSC? なんか後ろのボリューム感が気になる所ではありますが、バシッとカッコいいアルミホイール履かせてローダウンしたら決まるだろうな~と思いながら画像を見ていました。
すると、、、
カオがトコトコとやってきて「フンッ カッコ悪」と捨て台詞を残してどこかに行きました(笑) まあZ33でも同じですが、ノーマルのロードスターって微妙なところもありますからね・・・
綺麗なオレンジのロードスターが出てくれると、もしかすると気が変わるのかもしれません。

それと同時にver nismoモデルも発表されました。

ver nismoの登場 これは誰もが予測していた事でしょう。
画像を見た感じではフロント周りはZ33 Ver nismo
リア周りはnismo S-tune GTっぽいイメージです。
エンジン出力を350PSまでUPして、後は空力と足廻りの強化を行うそうです。
アメリカ市場では6月より販売 これは日本でも当然販売されることと思います。
ちなみにZ33時代ではver Sグレードに比べ ver nismoは70万円UPでした。
同じようにZ34でも70万円UPでしたら460万円ということになります。 結構いい値段になります(笑)

発売が待ち遠しい「やまもと」なのでした



初公開です

「うわぁ! この色は奇麗だ!  この色と今の僕のZの色 どちらを買おうか随分悩んだんだよね。

コレを見たらオレンジを買っておけばよかったって思ったよ。 本当に良い色だよ」




フラっと立ち寄ってくださったSaka○先生に絶賛されてしまったNew kaolady Z
BLOG初公開です。

フェアレディZマニアの方なら感付いた方もいらっしゃるかも知れませんが、平成19年1月 
Z33型フェアレディZは大きく別けると3度目の 最後のマイナーチェンジが行われました。
VQ35HR 313馬力のエンジンを搭載したZ33 最終モデルです。
この時のプレミアムカラーが「プレミアム・パッショネイトオレンジ」 
当時のカタログのイメージカラーのZは「ダークブルー」と「プレミアムパッショネイトオレンジ」の2ショットだったのです。 つまりは、この2色なのです。

ただでさえ希少なHRエンジン搭載の最終型ですが、イメージカラーが2台揃っただけでも驚くことなのに、さらに驚く内容として2台とも「ロードスター」モデル しかも内装は「グレーレザー」 とどめにマフラーは「Saclam」
まるで息を合わせたように 兄弟のようです。 

うまく言えませんが、何かこの2台と当時の平成19年版のカタログを見ていると、Z33に対する思いと言うのはより一層増し、また特別な想いが込み上げてきそうです。

素敵な とても素敵なカタログカラーの対面が、春の陽気の下 デイトナで実現しました。





 


安全点検

皆さんの愛車を点検する際に使用している「リフト」
今デイトナで使用しているリフトは5年近く使用しています。
驚くことにメンテナンスフリー と言いますか、リフトの使用に関しては点検整備等の義務はありませんので、大半がメンテナンスフリーで使われているそうです。
それでも僕の場合は1年に1回くらいはグリスを注入して使っていました。

つい最近リフトメーカーさんが営業に来ていたので点検の必要性について尋ねてみました。
「リフトって点検しなくていいの?」と聞くと
「う~ん 異常ないんでしょ? 異音とか? だったら普通はしませんけどね」」と言う回答。
ですけど毎日毎日1.5トンもの巨体を持ち上げてくれる重要な機械ですし、どの工具よりも重要な役割であり相当なストレスもかかるだろうし、点検しなくていいとは考えにくいのですが・・・ と僕は思うんですね。

まあ気分の問題かもしれませんが、少しリフトが空く日程を見つけて、「普通ではない」点検に来てもらいました(笑)
点検後は各段 「調子が良くなった」とは思いませんが、安全の為 安心の為にある程度の点検整備は車と同じで必要と思います。
この辺りはもう少しメーカー側が積極的に「安全点検」を唱って点検業務を請け負うべきと思うのは僕だけでしょうか? 車を持ち上げ、その下で人間が作業をするので、ある程度以上の安心が欲しいですから。 
2年毎でも5年毎でも 僕は点検してもらいたいですけどね。
メンテナンスが要らない機械なんて、あるはず無いのですから・・・

HIDバルブ

今週はこれからのドライブシーズンに向けてということでしょうか?
HID交換で大変賑わった1週間でした。

Z34,Z33フェアレディZは純正でもHIDを採用していますが、「暗い」「もっと青白っぽい方が良い」と思われているお客さんが多く、連日HIDバルブの交換作業でした。
Z32は・・・ ライトが暗すぎと言うのは非常に有名な話で、デイトナではFOGランプまでHID化される車も多いです。 FOGまでHIDにしますと、これがまた明るい。

Z33,4はライト内の電球を交換するにもインナーフェンダーを脱着する必要がありますので、純正交換バルブと言いましても中々普通では手が出しにくいので「何か作業のついでに・・・」と追加オーダーを頂きました。
それが不思議なことに 1人がつけると また1人と どんどん装着希望者が増えていきました。

純正交換HIDの場合 バルブを交換したからと言っても光力が増すわけではなく、色味が変わることで見やすくすると言うのが考え方です。
昼間の太陽光が6000ケルビンと言われていますので、一般的には6000ケルビンを軸に販売しています。 それ以上の色温度になりますと青味が強すぎて、雨天時には見えにくいのでデイトナではあまりお勧めはしていません。(僕は人目を気にしますので8000ケルビンですが・・・)

参考までに。。。


運転席側8000ケルビン
助手席側 純正



運転席側6000ケルビン
助手席側 純正



6000ケルビン




4灯 6500ケルビン

少しのオシャレと視界確保にHID交換をお勧めしています。

■プラズマゼノン 純正交換HIDバルブ D2S(R) 6000ケルビン
定価 オープンプライス
販売価格 26,000円(基本交換工賃込価格)







コーティング・・・一部 始めました

車のコーティングと言うとボディコーティングばかりが思い浮かびますが、それ以外にもウインドーコティングやホイールコーティングもあります。

今までもデイトナではウインドー、ホイールコーティングのオーダーが入ると施工は行っていました(ボディコーティングは今のところ協力業者による施工です)が、弊社は全然宣伝もしないのでウインドー、ホイールコーティングをデイトナでやっているとは、全く知らない人が大半のようです。

このあたりのメンテナンスメニューは次回HPを更新した時にでもキチンと宣伝しますが、意外にも「ウインドーコーティング」は依頼が多く、予想に反してメンテナンスフリーの撥水ガラス加工に関心ある人が多くて僕も少し驚いています。
コーティングを行う前に油膜除去も行いますので、施工前に比べると非常にガラスがきれいになって見やすくなるのも人気の秘訣ではないだろうかと思っています。
新車ディーラーではウインドー撥水とか言って、以前から定番メニューとしてありましたが、同じようにデイトナでも定番メニューとして施工を行っています。



○トップコート剤はフライパンのフッ素加工等で有名な信頼あるメーカー「DUPON(デュポン)」の製品 ハイパーコートクリスタルを使用します。

● 抜群の撥水性&落水性
※ 撥水角:110度/撥油角:76度/落水角:17度
● 撥水効果の耐久性:2年以上
※ ご使用の条件により異なります
● メンテナンスは水洗い&拭き取りのみでOK


まずは下処理です。
簡単な水洗い後、モールに汚れがつかないようにマスキング処理します。
次にガラス専用のコンパウンドで油膜除去します。
軽い雨シミ程度でしたら除去可能です。

ハイパーコートを塗ります。
乾燥後 乾拭きして完成です。

約1時間程度で施工できます(全面)ので、車検整備のついでや、勿論ガラス撥水だけのオーダーでも喜んでやらせていただきますので、ぜひともご用命ください。

■デュポン ハイパーコート クリスタル
Z32,Z33,Z34フェアレディZ 全面加工 施工工賃(下地処理含む) ¥18,900円
※Z32型のTバールーフ車両は追加5,250円