法定24ヶ月点検 継続検査。


元は福岡在住 今は広島在住のZ33オーナーさんは24ヶ月点検(車検)の為、1泊2日で入庫してもらいました。
NGKスパークプラグ、DAYTONAスポーツエアフィルター、油脂類交換などをはじめ、このタイミングでしかチェックできないような項目も合わせ細部まで点検を行いました

点検の際少し気になる点を発見。  
クラッチの摩耗を表すかのようにミートポイントが随分と上になっています。
今回の車検では残念ながらクラッチ交換まで行うことができませんでしたが、
走行距離9万キロ 未だ1度もクラッチ交換はおこなっていないよいうですから、大きなトラブルになる前に早め早めのパーツ交換をオススメします。
次の来福まで持たせることが可能なら、1泊2日でトランスミッション着脱→クラッチディスク、カバー、ベアリング交換を行ないます。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

DAYTONA TV 2013年 1月号 公開です。

車種専用テスター。


有ちゃん先生からTELがあり『突然メーターパネルに警告が出ました。 診てください。』と言うことでPORSCHE997は入庫しました。

The DaytonaではPORSCHEをはじめBMW、ベンツ、VW等 様々なヨーロッパ車に対応すべく、最新式の故障診断テスターを常備しています。
オイル交換等のサービスリセットは勿論のこと、システムエラーも瞬時に把握出来るだけの機材を使用し、オーナーさんのカーライフをバックアップしています。

今回、エラーコードを読み込んだところ異常箇所も判明しましたので異常のあるパーツ交換を行いました。
交換後はエラー消去 試走点検→ダイアグチェックを確認し、無事納車。
車種専用テスターがあるからこそのスピード解決でした。



DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

DAYTONA TV 2013年 1月号 公開です。


ずっと、僕のパートナー。


新車から18年もの間ずっと大切に乗っているZ32オーナーさんからタイミングベルト交換のご依頼を承けました。
V型エンジンはタイミングベルトが長く、また走行距離は10万キロに達していなくてもラインオフから相当な時間を経過していることもあり、現在約8万キロでしたが交換に踏み切りました。
このタイミングでしか交換ができないテンショナーベアリング、ウォーターポンプも同時交換を行ない、これからもずっと乗っていけるように大切なメンテナンスを行いました。

またシフトレバーの遊びが非常に大きく1速に入っているのか3速に入っているかもわからない程の状態でしたので、日産純正パーツで供給されている樹脂製のカラーの交換も行ないました。
いつの間にか当たり前に感じていた不具合を完治したことによって、18年前に味わった左手から伝わる確かな感覚を記憶を呼び戻したように感じていただけましたら幸いです。


DAYTONAパーフェクトプランSTEP1.


■シフトカラー交換


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

DAYTONA TV 2013年 1月号 公開です。


熊野山 虚空蔵院 第51番札所 石手寺



愛媛県松山市内にもたくさんの札所がありますが、ここ石手寺はその中でももっともアクセスがよく松山市内の繁華街からも道後温泉からも実家からも徒歩圏内ということから、お遍路さんも普通の観光客も多いにぎやかなお寺です。



なんとびっくり、ミシュランガイド(観光地)日本編の☆もGETしているそうですよ。
ヘェ~!



お寺をお参りするのは当然ですが、さまざまなイベントも用意されているしおもしろスポット巡りや洞窟に展示された数々の秘宝を見て廻ったり、さじずめお年寄りのアミューズメントパーク状態で皆さん厳かにも楽しくお参りをしている様子がとても印象深い珍しいお寺です。



お線香の煙を身体の悪いところにあてるとよいなど言われることがありますが、お線香が束ごと立てられているのであちこちで燃えています。
これは効きそうだ。



お遍路さんはお参りのあと自身が用意したMY納経帳や掛け軸や白衣などにご朱印をいただきます。
ここはお寺のもっとも奥まった場所にあるため一般の参拝客が立ち入ることがないので静かな静かな場所です。



DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

DAYTONA TV 2013年 1月号 公開です。



Nissan ELGRAND.


DAYTONA SPORTS ECM for VQ35DE,
DAYTONAには珍しいNissan ELGRANDの入庫です。
純正ではアクセルを踏むとギクシャクとしたエンジン特性が車のキャラクターとは相反する不思議な特性ですが、可能な限りマイルドな乗りやすく扱いやすくを目標にセッティングを行ないました。
DBWセッティングを重点に、先日行った低燃費スポーツデータも盛り込んだオリジナルデータです。

車の特性から見てもZやスカイラインとは異なりスポーツ走行をすることは無いかもしれませんが、それでも我々が得意とするNissanスポーツのDNAを随所に盛り込んだ、遊びココロの解るお父さんのスポーツミニバンの完成です。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

DAYTONA TV 2013年 1月号 公開です。

ピントを合わせる。





■SPOON リジットカラー
東京オートサロンの会場で(株)スプーンのリジカラ営業開発室 山田氏とミーティングを行いました。
現状ではBMW,アウディへの装着が最も人気があるということを聞きました。 
日本車とは根本的な作りが違いますので簡単に比較する事は難しいのですが、大半のドイツ車は基本骨格が相当なまでに高く、その効果も相まって足回りが滑らかに動いてくれます。
その基本骨格がシッカリとした車輌へ更にシッカリとしたバランスを与えようと考えた時 多くのインポートカーユーザーは"リジカラ”を選んだと言う話なのです。
「だから日本車に装着したら効きますよ。」 とは僕は言いません。
ただ、上記のような生の情報や、今まで当たり前と思っていたメンバーボルト~メンバーのズレ等 事実としての情報はオープンに正確にお伝えします。



DAYTONA SPORTS ECM UPDATE,PKG.
EXマニホールドを装着してからと言うものの、美声を聞きたい為 ついついアクセルのON-OFFが多くなったことも影響しているかもしれませんが、燃料の消費が若干多い旨の相談をいただきました。
今一度燃料MAPを見なおしたところ、低回転域でのリセッティングが可能と判断し低燃費かつ高パフォーマンスセッティングへチャレンジしました。
アクセルを踏んだ瞬間のトルク感は若干和らぎましたが、少ない燃料でエンジンを廻してくれますので“足が軽い”印象が強く、こちらのほうが好みのオーナーさんも居るかもしれません。
肝心の燃費に関してはCKV36オーナーさんの正確な報告を待ちたいと思いますが、既に期待できそうなメッセージは届いています。



DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

DAYTONA TV 2013年 1月号 公開です。

僕が勧める理由(わけ)。


■MAXIM WORKS / M-BIT Exhaust manifold.


マキシムワークス最大の利点は、丁寧に作りこまれた結果 製品が美しいと言うこと。

例えばエキマニとエンジンが結合する『フランジ』と呼ばれるパーツ。 コスト(時間、手間)を考えるとレーザーで切断するほうがいくらも楽ですが、同社ではマシニング処理で1台1台 自社で削り出しを行なっています。通常ペラッと1枚ものの味気ないフランジが多いのですが、マキシムのフランジには段差があります。
これは軽量化の目的と、見た目の美しさを追求した結果 フランジ1つにも妥協なき美学を追求した結果なのです。

それに加えエンジンルームが狭いため自由設計が困難な場面においても、管長を整えたプライマリーパイプを採用し完全等長エキゾーストマニホールドとして誕生した経緯を見ても、そこには単に“エキマニ”を製作するのではなく、理想の形へデザインされた傑作であることが究極の機能美へと結びついているのです。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

DAYTONA TV 2013年 1月号 公開です。

Customers came from Okinawa.


■AUTECH エアロダイナミクス


■KW Variant1 INOX.


■ARCエンジンオイルクーラー

■OS-GIKEN SuperSingle.


SuperPro システムキットA.

2012年12月 1台のZ33フェアレディZがDAYTONAに入庫するため沖縄から貨物船で運ばれ博多港に到着しました。
ボディワーク、駆動系、冷却系、足回り等のModifyの依頼です。

各パーツのチョイスはこれまでにも実績があるパーツで大筋を固め、ダンパーユニットには輸入車では定評のあるドイツKW(カーべ-)社のスタンダード車高調を選択肢ました。
ドイツ発のダンパーブランドの代名詞 BILSTEIN、SACHSと並ぶKWは、ここ数年で日本国内でのシェアを大きく伸ばしているダンパーメーカーです。
ヨーロッパメーカーならではの乗り心地のマイルドさとスタビリティを上手に両立させた、まさに日本人(ジェントルマン)好みのサスペンションセッティングです。
また、サスペンションを上手にフォローするためにも、ポリウレタンブッシュSuperProシステムキットAを組み合わせています。

クラッチは扱いやすさと伝達能力に優れたOS技研スーパーシングルクラッチを採用。 軽量フライホイールもセットになっていることもあり、装着後のエンジンレスポンスは抜群です。
耐熱パーツにはARCブレージングのスーパーワイドオイルクーラー 
ボディパーツはオーテック製Ver,nismo専用品を使用するなど。 信頼性が高く、パフォーマンスの高いパーツを組み合わせ、魅力あふれる1台を作り上げています。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

DAYTONA TV 2013年 1月号 公開です。

特性の見極め。




DAYTONA SPORTS ECM PACK,B.
■SUNOCO Racing ATF.
山陽地方から購入間もないZ33Ver.nismoの入庫です。
エンジンはVQ35HR ツインスロットル搭載の313PS仕様です。 どことなく“違う”フィーリングに戸惑いながらも、まずはDAYTONA SPORTS ECMへ変更してスポーツカーらしい息遣いを感じたいと来店してくれました。
パーシャル域での目標A/F値を高めに設定したら力強さ(トルク)は上昇傾向になりますが、やり過ぎると全体的に重っ苦しくなるだけですからバランスが肝心です。
特に今回入庫頂いたnismoはATミッションですからエンジンの常用回転域は比較的低回転です。 個人的には2~4000rpm近辺でのシビアなセッティングを煮詰めることによって良い結果に繋がるものだと考えています。

またクラッチのないATミッション車、かつ高出力エンジンの特性をフルに活かすためには高性能ATFへの交換は必須です。
よりダイレクトに よりスポーティにフェアレディZを楽しんで頂けるチューニングは完成しました。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

DAYTONA TV 2013年 1月号 公開です。



大宰府 古都の光 写真コンテスト 表彰式

去年末Blogで書きましたが、太宰府ブランド創造協議会事務局が主催する『古都の光』写真コンテストへ応募したところ、見事“太宰府市賞”を頂くことななり、表彰式へ出かけました。


当初、市長応接室での表彰式でしたが、「庁議室へ変更になりました」と当日案内がありました。
僕がイメージしていたのは、受賞者数名と市役所の方数名、もしかしたら大宰府市長にも逢えるかな?程度で考えていましたが。。。



市長に会えるどころか、大宰府市の幹部が勢揃い。 新聞社やテレビ局までスタンバイです。
さすがに僕の想像の数倍規模の表彰式に嬉しいやら緊張するやら・・・。 
勿論、僕以外の受賞者さんも同じ気持だったようです。



15分程度の表彰式 非常に硬い進行から一転雑談へ 最後に井上保廣市長と記念撮影です。


TVの取材もうけました。

元々は写真に興味はありませんでしたが、今から4~5年前 Blogの画像をもっと美しいものにしたいとの思いから、初めてデジタル一眼カメラなるものを手にしました。
様々なカットを撮影するようになりましたが、もっともっと鮮明かつ息のある画像が欲しくなり、2010年10月に今愛用しているカメラNikon D700を入手しました。
抜群のコンストラストは僕の好みにもぴったりと合いとても気に入って使用しています。

『好き』と言う理由さえあれば、僕は根っからのオタクですからガムシャラに奥深く追求していくタイプです。
その代名詞といえるのはDAYTONA(仕事)でしょう。 様々な角度から、その深きコクを見つけていくのが大好きなので、その為なら時間も労力も勿論お金も、今自分が出来る限りのことを投資します。

カメラも同じです。 僕は写真コンテストへ応募したのはこれが初めてで受賞したことは大変名誉なことですが、実は僕自身 今回の作品は自分のものでありながら太宰府市を広くPRするためのものであることから、もっとああしたら・・・こうしていたらもっと大宰府の魅力が伝わったかもしれないと悔いの残る物でもあることも事実です。

嬉しいのですが悔しいのです。 
今以上を求めるには、もっともっと自然を知り人の心を知る必要があります。 

『表現力』 それは、カメラにも仕事にも、もっと言うならば己の人生にも共通したテーマであると僕は考えています。



僕の作品はこちら 
タイトルは『火、灯、そして星』

本当なら、皆さんへフルサイズデータで見ていただきたいのですが、こちらのデーターは今後一年間太宰府市観光協会がPRで使用する旨の申し入れがありましたので、全ての権利を太宰府市へ譲渡いたしました。
この画像は僕の手から離れ太宰府市から皆さんへ配信されることになります。

また、本日から約1週間 大宰府市役所1階にて作品を展示しているということですので、お近くの方やお時間ある方は太宰府天満宮への参拝や太宰府散策をかねて足を運んでくださるとうれしいです。



DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

DAYTONA TV 2013年 1月号 公開です。




DAYTONA TV2013 1月号.

DAYTONA TV2013 1月号.



DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

DAYTONA TV 2013年 1月号 公開です。

東京オートサロン2013



さて、出張最終日は東京オートサロンです。



まず最初に訪問したのはTWSブース。
4種の新作ホイールの発表が行われました。 全く話は脱線しますが、このTWS 例年のことですが、TWSコスチュームを着た女の子が非常にカワイイ為カメコが多すぎてブース内を歩くのが困難です(笑)




日産の目玉はこれでしょう! 日産デルタウイング!!
思ったよりも小さい こんなにコンパクトな車がルマンを走ったのですからね~
その他 GT3規格のR35GT-R、S-GT GT-R クラブマンレース仕様のZ34等も有りました。



この勢いは誰にも止められない? 
トヨタ86&スバルBRZ連合が・・・ 圧巻。
YOUTUBEで見たことのあるディフォルメ86も展示していました(これ動きます)



フェアレディZは33,34合わせても7~8台位でしたが、各ショップデモカーはじめツインスーパーチャージャーで800馬力オーバーのレビューさんのZ34はとても印象的でした。





輸入車勢は凄いの一言
DAYTONAでも取り扱いのあるロベルタでは3台のF40フェラーリを展示!
US SEMAへも進出しているリバティウォークさんはオーバーフェンダーのムルシエラゴを初めランボルギーニーのオンパレード。
HAMANNのイヴォーグやFABデザインのMP4-12Cなど 華がありすぎる出展車両でした。


個人的に最も気に入ったのは無限N-ONEコンセプト
昔のシティターボ ブルドックを思い出させてくれるデザイン。 マフラーはサイド出し ブレーキはBremboモノブロック(笑)
やり過ぎなくらい 大人げない大人の作品ってノリがサスガ!最高でした。



DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

DAYTONA TV 2013年 1月号 近日公開予定です。

2013年 デイトナ「やまもと」の社会見学

年明け早々の恒例行事 関東出張へ今年も行って来ました。
去年までは3日で出張を終えていましたが、今年は会いたい人も訪れたい企業も多く、いつもより1日多い4日間の出張となりました。
スケジュールは非常にハードで1都4県を飛行機と電車を使い動きまわりました。







埼玉では今年もSACLAM宇野さん に迎えに来てもらいました。
加速騒音マフラーに対する意気込みや現場での音創りの工程、対応などの話を聞きました。
マキシムワークスでは最近の動向や工場見学をお願いしました。 丁度フランジの製作中でしたが、マキシムではフランジのマシニング処理を自社で行います。
ちなみにZ用のフランジ製作だけでも8時間ほどかかるそうです。 両社ともに共通しますが常に丁寧な作り込みはこの国の財産といってもいいのではないでしょうか? 





DAYTONAでは最近輸入車も一部手がけていることもあり、輸入車が得意なお付き合いのあるショップやメーカーさんへも訪問しました。
BMW チューナーブランド ケレナーズスポーツ、SACHSダンパーのハンズトレーディング他数社を訪問し、現段階での動向、これかからの目標などを数時間に渡りミーティングを行いました。

※ハンズの東海林さんとはザギンでランチ!話込みすぎて写真が・・・去年3月の写真でご勘弁を!

ショップ訪問では宇野さんの紹介で、料亭deランチから合流した76さんも一緒にアデナウさん、スタディ東京さん、ASMさんへ訪問し、メーカーとは異なるリテーラー目線での意見を沢山お伺いすることができました。



フェアレディZ関連ではセントラル20さん突然の訪問でお騒がせいたしました。
千葉県のダットサンフリーウェイさんとはアメリカのZショップやアメリカ人の共通の友人も多い事もあり今回初訪問させていただき、こちらでも旬なアメリカやフェアレディZの情報などとても貴重なお話を聞かせていただきました。



今回の旅のパートナーはコレ!
現在地はGPSで把握されていますので、目的地を入れたら乗る電車 乗り換えポイント すべて表示されます。
田舎者でもコレさえあれば都会を自在に動き回ることができるのです!



DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

DAYTONA TV 2013年 1月号 近日公開予定です。





医王山 無量寿院 第23番札所 薬王寺



除夜の鐘をつき煩悩をすっかりはわられたやまもとはやはり突然四国八十八ヶ所をまわってみたいと思うようになり、先日の年末年始休暇の際に参拝してきました。



四国八十八ヶ所をお参りするには正式にはさまざまな決まりごとがあります。
しかし我々のような環境にいる者にとって現段階ではそればかりにとらわれているとお参りすることさえ困難になってしまいます。

思い立ったが発願寺ということで、これから時間をかけて自分たちなりのペースで四国八十八箇所の霊場を旅してみたいと思います。





薬王寺は厄除けの寺として知られています。
本堂へ向かう階段には33段の「女厄坂」42段の「男厄坂」があり、その一段一段にお賽銭を置くことで厄を落とすと伝えられています。

女の厄33歳はとっくに???過ぎた妻ですが・・・ここまで健康で過ごせたことに感謝をこめて、写真では実にふてぶてしい態度ですが実は一生懸命お参りしていましたよ(笑)



本堂へのお参りを済ませ瑜祇塔(ゆぎとう)へあがるとそこからは素晴らしい町並みが望めます。
四国はどこへ行ってもそうなんですが、ウミガメの産卵地としても知られるこの地も本当に穏やかで本当に居心地がいい。
来てよかったよ~



ふとなんとなく、いつか自分の足で歩いてみたいと思うようになりました。
老後?それとも少しずつ?
少しずつだと次に回るときにどこからスタートしたらいいのか迷いそうなので却下するとして(笑)
それはいつ叶うかわかりませんが、何歳になっていたとしても1500キロの山あり谷ありを歩くことができる健康な身体と体力を維持することも大きな大きな目標のひとつになりました。



DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

DAYTONA TV 2013年 1月号 近日公開予定です。

デイトナやまもとの「行った年来た年」



今年もお正月は妻実家の愛媛県松山市で過ごしました。
実は実家は四国八十八ヶ所の札所からすぐ近くにあるため大晦日から年明けてしばらく延々と鐘が鳴り続けるのが家にいても聞こえるので、毎年リアル行く年来る年を過ごしています。

なんとなく今年は自分でも除夜の鐘をついてみたいという衝動にかられて、大晦日の23:40に家を出て菩提寺で除夜の鐘をついてきました。

しかし作法も何もわからないので前の人の見よう見まねでまずは鐘に向かって合掌。
思いっきりゴーンと鳴らした鐘の音はキンキンに冷えた空にいつまでも響いて、それこそ煩悩?か何かが祓われたような気がしてスカーッしました。

鐘をつき終わったあとは焚き火の周りに檀家さんがあつまって静かに行く年を送り、これまた静かに静かに来る年を迎えました。

若い頃は初日の出暴走・・・・・・・(笑) ドライブやカウントダウンのイベントなど、仲間とわいわいしたりにぎやかに過ごすことも多かったからこんな年末年始を迎える日がこようとは夢にも思いませんでしたし、年末年始は家族でハワイなんてのも憧れますが、こんな粛々とした年末年始はすごく気持ちが引き締まって実に気持ちのいいものでした。

しかし実は周りはバリバリの檀家さんばかりなので無作法をしていないかどうか緊張してガッチガチだったんですが、これを機に我が国の古来より伝わる伝統文化とか古き良きものを大事にできる引き出しも増やしたいなと感じた年末年始でした。



DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

DAYTONA TV 2013年 1月号 近日公開予定です。







« 前ページ