アーム全交換・・・其の4

スタビブッシュです。

ただ交換するだけではなく、ブッシュ内側(スタビに当る面)に特殊グリスを塗ります。
当たり前ですが、物凄く動きが軽くなります。
今回だけではなく、いつもスタビブッシュ交換時には同様のことをしています。

この作業をする時にはいつも「僕は素晴らしい」と自画自賛します(笑)
それほど動きが変わります。

ちなみに何グリスかは教えません(笑

アーム全交換・・・其の3

取り外したスタビです。

ちょっと汚かったのでペイントしました。
同じようにメンバーや、交換しないアームなどもペイントします。
性能に違いは出ませんが、ほんの少しでも良い状態にもって行きたいと言う僕の気持ちです。

外したスタビをシルバー塗装して他人には「nismoスタビです」と言うのは技ありかと思います。

アーム全交換・・・其の2

残骸です。

さすが15年落ちのアーム 非常にボロイです。
今までの汚れや錆などが付着しております。

音が出ていたのでしょうか? 所々グリスらしき物がついています。
綺麗に掃除してから新品を付けていきます。

アーム全交換

嫁さんが居なくても良いと思うのは、「初めの2日だけだな」とシミジミ思いながら、
昨晩なれない手つきで雑巾とGパンと下着とツナギとタオルを一緒に洗濯していた山本です。

さて、洗濯は苦手ですが足回りには定評がある僕としましては、この手の仕事は非常に嬉しいです。 
お客様からの依頼は、「ブッシュ類交換」です。 各種アームはブッシュのみではなくASSY交換します。

アームを外しメンバーだけの状態です。 一応シャシクリアーを吹きます。 

Z33 LEDテール スモーククリアーver

前回の純正後期に引き続き、メーカーOPのスモーククリアーをつけてみました。
スモークとは名ばかりで、実際はクリアーテールと思っていたほうが良いです。

ブレーキ踏むと無茶苦茶明るく、存在感は抜群ですね。
個人的には、こちらのスモーククリアーテールの方が好きです。

お値段は少々お高く\51,000(取付費・消費税込)

こちらも宜しくお願いします

中古車売りのお仕事

今日は珍しく、中古車販売のほうのネタを書いてみます。

今では整備、チューン、ドレスアップ系の仕事と中古車販売系のお仕事をしていますが、
元々は中古車販売系のお店でしたが、段々と今のスタイルに変わっていきました。
販売は整備系に比べ売上単価が大きいので利益は出ますが、時間、立替金も多くかかり、ハイリスクなお仕事でもあります。
今の時代、リスクを減らし販売価格を下げる無在庫商売が多いなか、狭いスペースにぎっしりと車を並べ時代を逆行(進化していない)しているような商売でもあります。

在庫として買ってきた車は、出来る限り綺麗にしていきます。
エンジンルームや室内、当然外装も、見えるところは綺麗に仕上げていきます。
その中でも、大きく変化があるのはエンジンルーム。
画像を見てもらえば一目瞭然。 運転席側のみクリーニングして見ました。
コレだけの違いが出ます。 綺麗にすると色々見えてくる事もあります。
オイル漏れの形跡とか、部品の欠品や事故の有無など、、、
お客さんに見てもらうための洗浄と、僕らが点検しやすくする為の洗浄と、
2つの理由から全車クリーニングしています。

なんとなくでも、気分が良いと思いませんか?

ちなみに、エンジンルーム洗浄と言う形では仕事として受けておりません。 スイマセン

お休み

kaoが愛媛に帰ってるんで休みの日の時間が長く感じました。

火曜の晩は、友人からのお誘いで別府まで日帰り天然温泉ツアー(往復3時間??)
今度機会があったら詳しく書きますが、ココは凄い! なんと霊園のど真ん中の温泉。
山猿専用の温泉でしょ?ってな所でした。  勿論無料  お湯は最高 暑いですが
店まで来れる人で興味があるなら地図書きますんで遠慮なく言ってください。

水曜は起きてから愛犬とイチャイチャしてて、お昼からはお買い物。
今流行り?の岡山産ジーンズとやらを買いに行きました。
TVで「物が良いんですよ~」言ってましたので(笑) 何も違いがわからず購入
「これ岡山ジーンズばい」と人に言っても「へ~」で終わりました。

で、昨晩の友人とラーメン食べに行きトラブル発生
友人は知っていましたが、そのラーメン屋は「決まり事」がある店らしく「決まり」が守れない場合は即刻退店と言うラーメン屋で、何が決まりかと言うと「スープを先に飲め」って店らしく、とあるサイトでは人気1番の店らしいです。
何も知らない僕は「麺」を先に食い、はい退場!
この店について色々意見する気はありませんし、批判する気もありませんが、商売としてラーメンを食べさせるのではなく趣味(無報酬)の店に変更すべきと思いますが。
仕事とはお客さんを満足させる為の物で、趣味とは自分が満足する物です。 その辺りを履き違えると、そのうち痛い目を見る日が来るのかもしれません。
よくは知りませんが。。。
こちらも興味があるのでしたら地図書きますよ(笑) 

そんなこんなで休みも終え、本日から仕事です。
でわ


Z33 LEDテール

先日のマイチェン後テールを移植してみました。
多くの情報であるように、今度のテールはLEDタイプで非常に今風テールです。

それを前期タイプに移植してみましたが、ホンの少加工で装着する事が出来ました。
向って右はノーマル 左はLED 違いがわかりますでしょうか?
結構カッコイイです

・Z33純正LEDテールASSY
36,000円(取付費・消費税込)
宜しくお願いします

お別れです

デイトナHPのTOP画像にもある「通勤快足SPL@緑ガメ」をお客さんに譲りました。

初めは弊社顧客でもあり僕が人間として尊敬しているK氏がフルノーマルの極上車から、VーPROを積み「究極のBOOST UP」を目指して製作しました。 外観はラグジーな仕様でした。
その後kaoにこの車を譲り、「大人の遊び」を目指し、外観を一部変更 GTウイングもこの時に装着しました。
それから僕らが結婚し、この車は僕の手元に帰ってきました。 「縁」とは、まさにこのことでしょう。
それからは「待ち乗りからサーキットまで」をテーマに、前後ブレンボやLSD、ディフューザーを追加。 Z32が一番美しく、一番楽しめる仕様にしたつもりです。

そして本日・・・・  新たなオーナーさんの元へ行きます。
正直、ちょっと寂しくもあり、売却自体を後悔したりもしています。
ですが、新たなオーナーは「Z32に対する思い」が物凄く強い方なので、逆に安心もしています。 きっと大切に乗ってくれると信じています。

ありがとう

更新

http://z32.jp/051016supergt/html/index.htm

案内を忘れていました(汗
先日のスーパーGT時の画像が少々です。 なんとなく雰囲気だけでも楽しんでください。

禁煙・・・2

前回は、止めるきっかけや禁煙に対する考え方を書いたが、
今回は煙草を止めての日常での変化を紹介したいと思う。

・レストラン等では禁煙席に案内される。
当たり前だが、コーナーがまったく違う。 ヤニ等で汚れが少ないので室内が明るく見える。

・喫煙者が少ないように思える。
自分が喫煙していた時には、まったく逆の事を思っていた。
しかし、禁煙してみて周りを見てみると以外と禁煙者が多いことに気が付く。
それと同時に社会が喫煙者を受け入れていないようにも思える。(喫煙コーナーの少なさ、狭さなど)

・最近知ったが
禁煙レンタカーなんてのもある。 当然だが、その車を借りた場合は喫煙しては行けない。


体に起きる異変?について
・暇になる
禁煙している方は皆言うが、非常に暇になる。 休憩時間も暇で仕方が無い。
逆を言うなら、タバコを吸うという事は無駄な時間が多くなる行為だ。
はっきりと計算はしていないが、煙草を止めて出来た時間は1日中に1時間は浮いたと思う。 非常に良い傾向と思う

・起床時間が早い
コレは僕だけに言える話と思うが、起床時間が1~2時間早くなった。
理由はわからない。  最近では6時くらいに起きている。 遅くても7時だ。
悪い事はなにもないので、コレで良しと思っている。

・体調が良いのか?
僕は偏頭痛持ちの体質と思っていたが、煙草を止めると頭痛がなくなった。
もう少し様子を見ないと何とも言えないが、今のところ頭痛なし。 物凄く嬉しい。
それと毎朝の自転車通勤での話だが、息切れが少なくなったようにも思える。
スタミナの差なのか? コレも嬉しく思える。


今のところ禁煙して困った事は何1つない。
今でも吸いたくなるときはあるし、イライラした時などは本当に吸いたくもなるが、普通にガマンできる範囲だ。 ジュースを飲みたいのと同じ位のレベルで、我慢もできる。
「要は意識改革だな」と今回思った。
「辞めたいけど辞めれない」と言う人は五万と居るが、僕に言わせてみると「辞めたいけど辞めようと思わない」の間違いと思う。
本気で辞めようと思えば本当に簡単だ。 コレが難しいと言うならば、何にもできないと思ったほうが良い。「禁煙」と言う行為は、それほどまでに低レベルな作業と思います。

今すぐ煙草を吸えと指令があるなら吸う事は出来ます。 1本でも1箱でも吸えます。
しかし、明日から禁煙を続ける事も出来る自信もあります。
技術も知識もグッズも何にも要りません。
「ヤメル」と思うだけで簡単に健康が手に入ります。 投資金額0です。
簡単簡単!



禁煙

なぜか久しぶりに更新している気分の山本です。
1日仕事を休むと2日忙しくなり、3日も仕事を休むと逆に手が付けられずに通常通りになるという法則を見つけました。 少し儲けた気分です。

さてさて、本日のお題は「禁煙」
僕等が禁煙をしているとブログに公開してからというもの「難しくないですか?」「簡単ですか?」「よく止めれましたよね」など等、どうも世間では禁煙が大変なことと思われているようだ。
僕はタバコを止める前から「タバコは簡単に止めることができる」と嫁にいっていた。 いつでも止めれると思っていた。
案の定、非常に簡単に止めることが出来ました。 これ以上簡単なことはないといっていいくらい非常に簡単だ。 

ヤメルきっかけは人それぞれと思うが、僕の場合は嫁がヤメルと言った事が一番大きな要因だ。 それとは別に、喉の調子が悪かったこともある。
ヤメルと決めれば、タバコを吸わなければいい。 これ以上、努力する必要も、頭を使うことも、お金を使うことも、何もない。 何を難しく考える?
非常に簡単だ。 

僕は約20年前からタバコを吸っている。逆算したら(笑)だが、事実である。
何本吸ったのかも解からない。 現状で体に異変があるのかも解からない。
しかし、webで肺がんのサイトなどを見ると「喫煙」がどれほどまでに体に悪いのかを見ることが出来る。 非常に恐ろしくなる画像も多々ある。
ニコチンは24時間以内に抜けるらしいが、肺などに付いたタールなどが自然に抜けるには喫煙していた時間の2倍はかかるといわれている。
僕で例えれば
現在33歳+40年(喫煙時間20年×自然消去2倍)=73歳
今の平均寿命が何歳か知らないが、お迎えが来る前にはキレイな体になりそうだ。
今だから間に合った。 逆を言うなら、少なくとも「喫煙」という体に悪い行為を行い体の内部を痛めていたと言うことに関しては、今後タバコを吸わないということで自分での寿命を縮めることなくお迎えを待つことが出来るということだ。
ぎりぎりセーフで間に合った。
あと5年、10年気が付くのが遅かったら、絶対に間に合わなかったであろう。
もし、肺がんなどで死んでしまったら、それこそ自殺したのと同じことだ。


明日は、禁煙して起きた変化をお教えします

普段と同じ朝ですが。。。

昨日までのレース中心の1日から、仕事中心の1日に戻っていきます。
皆、それぞれの仕事がありますので、ホント今日はバタバタではないでしょうか?
小さな夢ですが、いつの日か国内TOPカテゴリーに皆で参戦出来るようになり、共有出来る時間を増やしたらどんなに楽しいだろうかと考えてしまいます。
その為には、まずは仕事を頑張り資本を持つことが大前提ですので、本気で仕事をがんばりたいと思います。
5年後か10年後かわかりませんが、トップカテゴリ-目指して頑張りましょう!!

で、ピットウォーク時に開催されていた「チューニングカー デモラン」
うちのZだけ無カラーリングで、非常に地味でした。 お恥ずかしい・・・
日曜日の早朝からGTーAの担当者から電話があり「TVの収録でZ32をお借りしたいのですが・・・」
断わる理由もありませんので提供しました。

GTドライバーがTVの司会者を助手席に乗せコースを廻ると言う設定でした。
通勤快足号をドライブするのは、GT300クラスの♯47 CCI・リカルデント・ADVAN Zをドライブする清水剛選手
実はこの清水選手 本業は歯医者さんなんですよ 少し憧れます・・・

詳しい内容は激走GTでご覧下さい。  






おまとめ・・・日曜日

結果から書きますと、ブッチギリの優勝
51号車は最後尾から28台抜きで2位完走

ですが、我々51.52号車はGCCクラスというのにエントリーでして、
全台数2台しかいないんですよ。 3台以上が表彰される権利があるということで、章典外レースでした。
ですので1位も2位も賞金もポイントも何にもありません。 全て解った上での参加ですので文句もありません。 
ただ、TEAMオーナーの僕としましては、どのような形であれ良い仕事をしてくれているドライバーには表彰台に立たせてあげたいという気持ちは本音としてあります。

ですが、今年のGT前座レースも色んな物語がありました。
終わってみると全てが楽しい想い出です。
初日に喧嘩したオヤジも、レースが終わるとホントに良い笑顔でした。

この様に楽しい出来事は、生涯僕の宝として自信として残っていくものと信じております。

応援の駆けつけてくれた方たちへ
色々とバタバタしていて、ろくに挨拶も出来ずに申し訳ありませんでした。
皆様のお陰で良い結果が残せました。本当に良い人たちに囲まれて僕は幸せです。
ありがとうございました

おまとめ・・・土曜日

APでは終始、雨模様でした。  メインレースであるスーパーGTでさえも、APの悪天候には太刀打ちできずに、ウリの1つである「スーパーラップ」が中止になるほどでした。
我々は、レーシングレインタイヤを装着し3LAPほどウォーミングしアタックするも、頑張りすぎてコースアウト。 その後エンジン不動 と、散々でした。

遅くまで、不調の原因を探すも「コレ」と言った故障もなく、1つ1つ交換していきました。
V-PROに雨水が進入している可能性もあり、開けてみると・・・・
温泉宿に連れて帰り、乾燥させていました(笑)

51号車は大きな故障もなく着々と進んでいるように見えましたが、レインタイヤを用意しておりませんでした(笑)
大雨の中、スリックタイヤで予選を走る姿に恐怖を覚えました(笑)
数周目にスペーサーの破片みたいな物を踏みバースト。
結局最後尾で決勝を向える事になりました。
ニワトリ小屋のレースメカは普段の鍛え方が違うのか、18インチの280サイズのスリックを長さ25cm程度の特殊工具でいとも簡単に外して、パンク修理をしてしまいました(笑
普通でしたら、立派なタイヤチェンジャーがあっても、このサイズでしたら組み換えに物凄い時間を要します。


僕は51.52号車の全員でパリダカに行ったら、きっと良い結果が残るかもしれないと本気で思いました(笑)



« 前ページ