ブレンボ・・・オーバーホール編

ここ数日とても晴天で、お日様にあたりながらポカポカと仕事してます。
目をショボショボさせながらも、ブレンボキャリパーのオーバーホール中です。
いつ見てもブレンボは良いよね。 ピストンは超軽量 シールは国産品と違い物凄く耐熱性がありハードユースにも安心して使用できます。 まあ高いけど。


国産自動車ではBNR32のVスペックで初めてブレンボが純正採用されました。
その後BCNR33 BNR34 Z33にもブレンボは採用されています。
他メーカーでは本田のインテR 三菱ランエボ5~ スバル インプレッサ等・・・
最高のブレーキシステムとして自動車メーカーも純正採用しています。

しかしながらブレンボならではの欠点もあり、先に述べたオーバーホールのシールキットが通常キャリパーの5倍近い価格であったり、ブレーキパット、ローターの価格も恐ろしいほど高価だったり(アフターパーツメーカー品であれば通常の価格より少し高いくらい)します。

もう1つ ブレンボならではの欠点として、ブレーキローターを挟む格好で付いているキャリパーのクリアランスの狭さがあります。
これはF50ブレンボでも同じことが言えますが、ほんの少しでもブレーキローターが揺れてしまったら即キャリパーに接触してしまいます。
意外と気が付きにくく、そのまま乗られている方も多いのが現状です。
まずは見てみましょう


ご覧のように接触痕があります
何らかの原因で振れたブレーキローターがキャリパーの一部に接触しています。
接触するだけなら良い?のですが、問題は接触したことにより縦方向が変形します。
今度はブレーキパットの動きが悪くなり、最悪は引きずりを起こしてしまいます。
現にこの車両は、ブレーキパットを外す事さえも困難なほどパットがキャリパーに食い込んでいました。
当然ながらそんな状態できちんとブレーキが利くはずもありません。
このような場合オーバーホールのついでにペーパーで変形部を削り整形後組み込んでいます。

しかしながら、結局のところその原因がブレーキにある場合は少なく、ほとんどの場合がハブの異常(ガタ)であることが多いです。
このように全てのクリアランスが狭いので、ある程度は総合的にメンテナンスをしていかないとその性能を十分の引き出すことができません。


天ヶ瀬温泉・・・薬師湯

初めっから3箇所入ると決めていたので、最後に選んだのは薬師湯

その前に簡単に共同浴場を語りますと、全ての天ヶ瀬共同浴場は玖珠川沿いに計6箇所在ります。
一番最初に入った駅前は一番下流にあたり、逆に一番上流にあるのは鶴舞の湯という温泉です。 ここ薬師湯は上から3箇所目 益次郎は4箇所目です。
帰ってきて色々調べて解ったのですが、今回行っていない5箇所目の古湯は最高に良いとのことでした。 古湯の前までは行ったのですが、非常に残念でした。
参考までに天ヶ瀬MAP


2箇所目の神田湯と3箇所目の薬師湯 徒歩1分の距離です。 
どちらに入ろうかと、行ったり来たり悩みました。

 
ここ薬師湯は一応ブルーシートで周りが囲われてあり、比較的女性でも入りやすいのではないでしょうか? それでもバリバリの屋根つき露天風呂ですが。
神田湯は完全な露天風呂で屋根も脱衣場もありません。 ちなみに岩風呂です。


最上流まで行ってないので何ともいえませんが、なんとなく上流になるにつれ色合い、硫黄臭が薄くなっているような気もします。
駅前と益次郎は非常に似ていますが、薬師湯とは似ていません。
先の神田湯と薬師湯は似ています。 まあ、そこそこで特色がありますね。
営業時間も管理する旅館さんの違いからバラバラですが、大体朝7時前後~夜11時前後が多いようです。
値段は100円以上 気に入れば500円でもOK! 誰もいないとはいえキチンとお金は払いましょう。
それと旅館独自の露天風呂も2,3ありますが、それはまた別料金 あくまでも天ヶ瀬共同浴場は100円以上です。

天ヶ瀬温泉
福岡に住んでいながらあまり聞きなれない温泉でしたが、これほどまでに良いお湯が身近にあったことを知らなかったとは・・・ まだまだ勉強不足です。
地元の方々が温泉を愛し整備し一般開放してくれている。それを僕ら他所の人間が使わせてもらっている。 当たり前ですがゴミを出さず綺麗に使い、自分の子供の代 孫の代までも自然のお風呂を残したいですよね。
ですが温泉ブームの今、一部心無い方もいる様でタバコの吸殻があったり空き缶があったり、、、 
例として大分別府にとても良いお湯を出す野湯があります。 物凄いミネラル分で、野湯にしておくのはもったいないほどの温泉です。
ですが、TVや雑誌で話題を取上げられては色々な人が入浴しては散らかし。 地元の方々が掃除し整備する。 それの繰り返し。 とてもじゃないですが、あまりの汚さに昼間は入れる状態ではありません。 だからかどうかは知りませんが、深夜入浴する人が多いです。
なんとも悲しい話です。

流行って欲しいけど、流行って欲しくない。
何とも複雑な気持ちですが、一般常識内でゴミは持ち帰り貢献する意味でも土産くらいは買って帰れ(笑)
最低限のマナーは守りましょう。
最後の薬師湯でタバコの吸殻が多かったので、愚痴こぼしてしました スイマセン

次ぎ行く時は古湯に入りたいと思います。
はい



天ヶ瀬温泉・・・益次郎温泉

さてさて2軒目 益次郎温泉
これは、さすがに入りにくい・・・ なぜならばお風呂の真ん前はホテルの駐車場で人の出入りが激しい。
簡単に書くなら、駐車場の真ん中に何の囲いも無い露天風呂がある感じ。 
正面に駐車場 右手につり橋 左手にはホテル 露出狂ならたまらないのでしょうが。。。 
いやいや お恥ずかしい・・・




お湯は先ほどの駅前温泉と同じような感じでした。色合い、臭い共に似たような感じですね。
恥ずかしさのみこちらのほうが格段に上です。

さて次

天ヶ瀬温泉・・・駅前温泉

僕は今日も仕事。 先日事故した車の納車で大分は天ヶ瀬までお届けです。
カオは家のことを色々しないといけないので、今日は僕1人でお出かけです。

まったくの余談ですが、会社に到着しテクテク歩いてるとコケてしまいました。
それも思いっきり。 両手、右足を打撲し、相当痛みます。
子供の頃はコケても小怪我、擦り傷ですみますが、人間歳をとるとコケたら大変ですね。
高級バイクと同じで、1回コケると大事です。 皆さんも気をつけてくださいね。


さて、気を取り直して。
天ヶ瀬のお客さんに納車が終わると、家にいるカオからメールが来ました。
今朝コケたのを心配してくれて、打ち身に効く温泉を探してくれていました。
丁度、天ヶ瀬に共同浴場温泉があるので行って見たらと言う内容で、実際にお客さんのところから車で3分の位置に天ヶ瀬温泉がありました。

天ヶ瀬温泉街は雲仙と同じで、何処か寂れた古い温泉街です。
綺麗で高級そうな建物は少なく、逆に古い旅館は大多数。 町も人も歳をとっている そんな感じです。
狭い温泉街を大きな積載車で移動するのは無理があるので、適当なところに一旦止めて徒歩で温泉を見つけようと一旦駐車。 車を止めた真ん前に会社があり人が居たので共同浴場の場所を聞いたら、まあ親切! 駅前温泉を教えてくれました。 おまけに「車はそこに止めておいていいよ」とのこと 非常にありがたい。 感謝

教えてもらった場所に到着
確かにJR天ヶ瀬駅の真ん前ですが
?????


左を見ると

おおお これが入り口か。
注意事項を読みいざ脱衣場へ
何とびっくり 玖珠川沿いにあるその温泉は、完全露天風呂。
隠すものも無ければ、シャワーもシャンプーも無い。
イメージ的にはちょっと豪華?な野湯です(笑)

お湯は単純泉+硫黄泉 やや乳白色です。
それこそ雲仙の泉質に似たようなお湯です。
物凄い量の湯の華で、お風呂に入ったら湯の華が舞いまくり。 お湯加減も丁度良く(調整できますが)他のお客さんも居なかったのでゆっくり入浴できました。

さて次に行こう

やっぱり

先日、早朝7時に僕の携帯電話が鳴った。
朝一の電話はロクな知らせは無い。
「○△が死んだ」とか「△◇が大変なことになったんで・・・」とか、とにかく良い電話は早朝にはかかってこない。
恐る恐る携帯のディスプレイを見ると「顧客のF君」 
はて?

電話に出てみると「事故を起こしたので助けてほしい」とのこと。 当たり前だが、ものすごく困った様子。
簡単に場所を聞き、すぐさま店に行き積載車に乗り換える。僕の家と店は5分くらいの距離だから、こういうときは非常に助かる。
事故現場は福岡の早良区と言って、店からは30分程度の距離。 その日の朝は雨上がりだったのでスリップしたのかな?等考えながら事故現場に到着。

まあ、見事に4面 全てをぶつけている・・・ ホイルはあっち向いてホイが3本
前後フェンダー、バンパーも傷を負っている・・・
聞けば単独スピンで側溝と植木に激突 2回転スピンらしい。 どうしてこうなったのか解らないらしい。スピードも出してはいなかったらしい。
僕はF君と知り合って5.6年経つが、彼が事故を起こしたこと、車をぶつけた事は記憶に無い というより一度も無い。
車は廃車 やるせないだろう・・・ 非常に気の毒だ。
僕に出来る事は話を聞いてあげて、次の車を用意してあげる事くらいしか出来ないが、こういうときほど力を貸してあげたいと思う。
やはり早朝電話は良い事など無いな。

OMEGA

オメガオイル 世界的に有名なオーストラリアのオイルメーカーです。
特にギアオイルの性能が抜群によく、多くのレース、チューニングユーザーに支持されています。

ここ最近、山口県にオメガの支店ができたことでチョクチョク営業さんが廻ってきてくれます。
営業さんからサンプルを頂いたので、色々な面からTESTしてみました。 

商品は若干高いですが、今回導入したオイル「G-1」は今まで弊社で使用していたMOTUL300Vに比べると、油温がやや上がりやすいと言う欠点はありますが、エンジンレスポンス、ライフは300Vに引けをとらないSPECかと思います。 油温に関しましては、オイルが鉱物油のため若干上がり気味だったと思いますが、致命的な欠点と言うわけではなくあくまでも300Vに比べるとと言う話です。
エンジンから出るメカニカルノイズは物凄く減少したように思えます。
高速道など高回転を多用する場面でも、エンジンノイズは明らかに低減していると思います。

当初は鉱物油という事で、あまり信頼はしていませんでしたが、性能がよい鉱物油は化学合成油に引けをとらないと言うことでしょうか。
その秘密は、ベースオイルの違いがあるようで、オメガオイルはペンシルバニア産良質な原油を使用している点にあるとのことです。
まあ、難しいことはわかりませんが、良いですよ(笑)

現在G-1 10w-40のみ在庫しています。
普通のZ32のターボ、NA 他には使用できます。
残念ながらZ33はもう少し柔らかいほうがBESTと思いますので、今まで通り300Vを使用してください。

OMEGA G-1 10w-40 @2,100円(税込み)
よろしくお願いします

オメガオイル

筋湯温泉

大分@天瀬のお客さんがタンクローリーに追突されたので引き取りに行ってきました。
当然ながら、温泉で楽しめそうな仕事は喜んで行きます!

お客さんのところに行く前に1件立ち寄り湯に行ったのですが、まあ普通。
少し前にTVで紹介されていたのですが、この手のパターンはハズレが多いです。はい
気を取り直し、まずは仕事 5分で終わらせ(笑)さっさと移動
行き先は「小松地獄」
知らんだろ? 聞いたことも無いだろ? 僕も先日のTVで初めて知りました。
目指すは地獄ですが、簡単に書くと筋湯温泉のすぐ脇にあるんですね。
 

う~ん 恐らく 恐らくですよ。
昔は熱い熱い温泉が流れていたんであろうと想像できます。
が、現在は水が少なく蒸気が多い。 規模も、やや小さめ
名物 温泉卵
 

係員? 店員?? 誰も居ないので、生卵持参を忘れずに。
うちは6個作って2個爆発 4つ食べれました

相当旨いです。 あとは塩も忘れずに。
それと、卵の殻を捨てている人が多い 当然ながら持って帰りましょう。

さて温泉
ここ筋湯温泉とは九重九湯の1つであり、場所柄スキーシーズンになると多くのスキー客でにぎわうらしい。


筋湯温泉共同浴場は、うたせ湯 、岩ん湯 、せんしゃく湯 、薬師湯 の計4つ
それに無料足湯コーナーもあります。
残念ながら、あまりの熱さに足湯は断念 推定47℃程度かと・・・ とてもじゃないですが無理です。



筋湯といえば、名物「うたせ湯」
なんでも日本一のうたせ湯らしいです。


遊び疲れた頃にはもう夕方
実はこのあと、もう1件行きました(笑) 今度紹介しますね

Congratulations!

週末オートポリスでスーパーGT第8戦が開催されていました。
GT500ではNSXに勢いがありZ不利かに見えましたが、終わって見ればワークス23号車のZが今季初勝利。
GT300はポールトゥウィンでムーンクラフト紫電が勝利
シリーズ終盤で、ガチンコバトルのようでした。

で、元GT300ボディを被ったシルビアでゴールドカップレースに参戦のニワトリさんを、ついでに見てきました(笑)
いつ見ても恐ろしい迫力のシルビアは、九州内外にファンを作るという人気ブリ。
巨大GTウイングに人気の秘訣があるようです(笑)
事実、某有名ショップさんまでもが視察に来られたらしいです。
こちらのレースは当然ながらニワトリさんがポールトゥウィン。 勿論同クラスの車もいましたが、まったく勝負にならず完全にニワトリさんのレースでした。


久しぶりにレース観戦してきましたが、やっぱりレースは良いですね。
レース独特の「華やかさ」 「興奮」 「緊張感」 「駆け引き」
出走前のPITの空気が、程よく僕の心をドキドキさせてくれます。
モータースポーツで絶頂!
その世界に足を踏みいれた者にしか解らない「興奮」と「感動」がそこにはあります。

美しき優者! ニワトリさん 本当におめでとう!! 

Congratulations!





 

Plexus(プレクサス)

問屋の営業さんがこの商品を持ってきました。
「ナノレベルの粒子が傷を埋めてくれる」
「US戦闘機のキャノピーに使用している」
なんだかんだ能書き言ってますが、ひとまず使ってみようと僕のレガシイのヘットライト 樹脂レンズを磨いてみました。
曇りやすい樹脂レンズやくすみがあるテール どうも見た目が悪いですよね。
適当にシュッシュッとスプレーし、柔らかいウエスで吹き上げます。
するとどうでしょう!! 無茶きれいになってます!!! まるで手品を見てるみたい。

経験談ですが、ブログにも書いているように僕は温泉が大好きです。
遠方ばかりですので高速道での移動が多いんです。 高速道を走る上での天敵は虫
今の季節はたいしたことありませんが、夏場などは無数の虫の死骸に頭が痛みます。 洗車しても簡単には取れないんですよね。
それが、Fバンパーにプレクサスをコーティングしたら「あら不思議?」
まるで夜中の通販を見ているみたいに、汚れが取れます。
鳥の糞や虫の死骸レベルでしたら、水をかけるだけで取れてしまいます。
目が飛び出そうなほどびっくりしました(笑)いやいやホント

これはお勧め。
在庫は・・・ たまに在ります(笑) しかし、注文貰えばすぐにでも入庫します
お勧めはLサイズ。 お試しでコーティングされたい方は言ってください。
ライト類が最も変化が出やすいですので、サービスさせていただきます。

プレクサス(プレクサス) Mサイズ
198g 約30m2 車約4台分
\2,730(税込)

プレクサス(プレクサス) Lサイズ
368g 約60m2 車約8〜15台分
\3,885(税込)

http://www.plexus.cc/

雲仙温泉~地獄めぐり

先月は多忙に多忙で、気が付けば2日しか休んでいない。
今月は序盤がゆっくり気味なので、行ける時に行こうと温泉旅行を決意!
鹿児島に行くか、島原に行くかで散々悩んだ挙句、島原で決定!!

火曜日のお昼頃から出発し、南関を過ぎた辺りにある長洲という港より島原に渡りました。
島原は高速で行くにも、少しアクセスが悪いので今回はフェリーで移動しました。
行き先は多比良港と言う港です。


島原に付き1時間ほど車を走らせると、もう雲仙温泉です。
ですが、その前に島原と言うと普賢岳 普賢岳と言うと火山
普賢岳は平成2年11月に約200年ぶりに大噴火しました。 それはそれは物凄いパワーで噴火した山は、沢山のもの、命を飲み込みました。
島原には当時の埋もれた家や火山の仕組み等 沢山の資料館があります。
色々と考えさせられる事は多いです。


少しずれていますが、点線がありますよね? その点線が元の山の形だそうです。
噴火した際に溶岩が普賢岳に乗っかる?格好で今の形があるそうです。
ちなみに溶岩の山を「平成新山」と言います。
3箇所ほど資料館を廻り、勉強した後はお待ちかねの温泉へ・・・

雲仙温泉街は特別遊ぶところも無いのですが、一番?の目玉は「地獄めぐり」
6箇所ほど地獄がありますが、ここの地獄は本物だ!
ホントに地面からブクブクと硫黄臭がしながらお湯が湧き出ています。

別府の地獄と違い、全て無料。全て本物。 当然ワニは居ません(笑) ※別府の地獄には本物のワニが居ます
途中、邪心(邪気)を消す事が出来ると言い伝えられている水が流れる地獄がありました。 実際には酸性が強すぎて飲めないと書かれてましたが、僕らは頑張って舐めて見ました(笑) これで邪気は消えてると思いますが。。。


この地獄の真向かいにある地獄。
非常に残念ですが、枯れてしまっています。 水気なし。
何年後、何十年後、何百年後かは解りませんが、もしかすると今の地獄も枯れてしまうかもしれません。
そうなる前に見れて良かったと思います。

地獄めぐりも終え、旅館に荷物を置くと街中をブラブラしてみました。
途中、良さそうなお風呂を発見したので入ってみることに。
お湯はいいけど値段が高い(1人1,000円)
宿に戻り食事を終え、旅館の風呂に入ると・・・・
ヌルイ、、、、 薄い。。。。。。。 なんだか、さっきの立ち寄り湯に比べるとイマイチだな~。
kaoもまったくの同意見だったので、入浴後に立ち寄り湯を色々と探していたら、良さげなお風呂を発見!!!
その日の晩は結果オーライで終えることが出来ました。

おやすみなさい



雲仙温泉⇒島原温泉⇒小浜温泉⇒雲仙?

昨晩の立ち寄り湯
実は、雲仙温泉組合の共同浴場でした。
そりゃ良いはず。 ガンガンに熱いお湯はキレイな乳白色で、とても体に良さそう。
しかも激安 なんと100円!
当然のことながら朝風呂は共同浴場で!
泉質 酸性硫化水素泉、含硫化水素酸性明礬泉、緑礬泉


宿をチェックアウトし、目指すは島原温泉
の、はずでしたがイマイチ温泉を見つけることが出来ない。。。
簡単に見つかったのは足湯のみ。 
でも気持ちよかったです。
泉質 ナトリウム・マグネシウム炭酸水素塩温泉


当然ここまで着たからには、島原の温泉は制覇します。
はい小浜温泉
海上露天風呂です。
泉質 ナトリウムー塩化物泉


残念ながら僕らは福岡に帰らないといけません。
車を走らせていると「よし 雲仙温泉にもう1回行こう」と言う事になり、かえって来ました 雲仙温泉
受付のおばちゃんが「あれ? あんたたちは今朝も来たでしょ? なんか見た顔だな~って思ったんよ」
覚えてもらっているのは嬉しいですよね。
気分は常連だ(笑)


問題?のお風呂
この風呂が僕らを虜にしました(笑)
いやいや最高 今のところ最強の温泉と山本家ではランクされています。

そんなこんなで楽しかったお風呂旅行も終え、無事に福岡に帰ってきました。
さてさて明日から仕事頑張るぞ!!!

顧客の皆さんへ
お土産が少々あります。 
非常に少々ですが、「湯の華(入浴剤)」もあります。
早い者順で良い物から無くなりますので、適当に来てください。

その昔・・・

今回の台風被害にあった車が入庫してきました。
弊社では珍しい「メルセデスベンツ」
しかし悲惨なことに全身傷だらけです・・・ 無事なのは右Fフェンダーのみ。
幸いにも車両保険に入っていたので、今回は保険で修理できそうです。 よかったよかった。

このベンツはW124って型なんですが、実は僕が若かりし頃W124のAMG仕様が欲しくて欲しくてたまりませんでした。 色はブルーブラックっていう色が欲しくて欲しくて・・・

若かった頃を思い出したのでブログにしてみました(笑)