読書の秋

さてさて あと2日で10月です。 早いな~
10月と言えば秋 秋と言えば読書の秋です。

今時はインターネットの方が情報が早かったり無料だったりで、雑誌社さんは大変だという話を聞くこともあります。
しかし情報の宝庫であるインターネットをもってしても、ありとあらゆるニュースが転がってはいるものの実際見るのは自分が興味があることだったり関心があることだけになってしまい、結局莫大な情報から得られるものも実は自分好みで自分が選んだ偏った情報だけということになりがちです。
そういうことがないように満遍なく情報を収集し自らの知識がちょっとでも深まるように「やまもと」は毎月実にたくさんの本を読みます。
もちろん毎朝新聞も読みます。 

妻が買ってくるファッション誌やコスメの本もパラパラとではありますが目を通します。
中でもAneCanとかいう雑誌はモデルさんが可愛いので実は密かに気にっていて「エビちゃん可愛いなー」と思いながら一通り目を通します。
しかしこの雑誌、アラサー?というか「25歳からの情報誌」と書いてありまして、一生懸命読んでいる妻ですが完全に年代をはずしているかと思いますが・・・・・・・。
しかも最近ではファッション誌には付録がつくことも多くなり付録欲しさに雑誌を買う時代が到来したようで、妻もその例に漏れず雑誌の内容やターゲットとされている年代や層が違う雑誌でも「おまけがついてお得!」と勘違いして買っているようです。
読みもしない雑誌を1000円近く出して買い、使いもしないちゃちいポーチやエコバックを手にすることで「お得」と思い込める妻がある意味うらやましいです(笑)

デイリーポータルZ:女性誌の付録がうらやましい


その「情報」ですが、特に苦労もせず自分から取りに行ったり買ったりしなくても勝手に相手からの情報が入ってくる方法があります。
先方から勝手に送られてくる情報誌 例えばクレジットカードの会報誌でしたり、所属している会の会報誌、他業種の営業用小冊子や無料で配ってくるタウン情報誌などなど・・・
山本家の場合ゴミ箱直行になる情報誌は皆無で、ダイレクトメールを含め全ての情報誌はペラペラとページをめくってひと通り読みます
無料といって侮れない!これがまた面白いものが存在するのです。

その中でも特に楽しみにしているものが毎月送られてくるAgoraという「エグゼグティブの為の知的情報誌」です。
これはJALグループの国際線のファーストクラスにも搭載されている月刊誌でして、世界各国の超一流のトレンドやカルチャーなどボリュームのある内容ばかりで実に読み応えのあるものです。
しかし確実に身分違いの内容ばかりです・・・・・・・・・(笑)

ほんの少し紹介しますが



今回は投資不動産物件の小冊子付きでして、中を開くと「100年に一度の大不況の今、またとない絶好の投資のチャンスです!!!」という衝撃的なキャッチコピーを引提げてそれはそれは華やかな内容が書かれています。

ふつうは買えないものですので自分から東京の3億以上もする投資用物件やハワイのコンドミニアムの価格情報等は調べることも無いのですが、この場合 相手から勝手に送られてくる情報ですからいやがおうでも目に入ります。

では1つの物件を不動産会社に代わり「やまもと」がご紹介します。
ハワイのダイヤモンドヘッドを望むカラカウワ通り まあ、わかりやすく言いますと福岡は天神や大名くらいのエリアですね。

築47年 
2ベットルーム(家庭内別居の方には実にありがたいですね)
駐車場は1台
何と格安 $2,150,000

いま1ドル=90円位ですから1億9500万位ですね
いや~お得だ! さすが大不況!!

(笑)


チラシを店に持ってきておきますので興味ある方は是非声をかけてください。
「やまもと」がご紹介します!



 

RECARO SR-7 ASM LIMITED

Z33 verT純正の電動パワーシートが動かなくなるトラブルに見舞われたK氏
どうせだからRECAROを入れましょうという話の流れになりました。



スタイリッシュなSR-6も検討されていましたが、実際に座ってみるとショルダーの圧迫感が強く違和感を感じましたので、少しゆっくり目に造っているSR-7 それもレッドステッチやシルバーロゴのASM LIMITEDに決定しました。


装着日の帰り道はRECAROに包まれドライブしていることに楽しさは当然ながら心地よさや安心感にも包まれ、気がつくと帰りは午前様だったということで今まで以上に愛着が湧いているような感じでした。 

「よしよし 次は助手席にも入れよう」

満面の笑みとSR-7 ASM LIMITEDの感想を楽しそうに話しているK氏の姿を見ると、自然と喜びが伝染してしまいなんだか僕まで楽しくなってきてしまいました(笑)

■RECARO SR-7 ASM LIMITED  109,200円

曼珠沙華と世にも恐ろしい物語

稲穂がたわわに実った田んぼのあぜ道を縁取るかのように彩る曼珠沙華が咲く季節になりました。



幼い頃母から「毒があるからさわってはいけない」と聞かされておりましたし、彼岸花という別名もなんとなく幽霊が出てきそうで僕の中では「怖い」「不気味」「恐ろしい」というイメージがありましたが、大人になった今なんとなくこの花に心惹かれるようになりました。



やはりどこか少し怖い感じはありますが、その怖さを高貴なものと感じるようになり、その妖艶な魅力になぜか心落ち着く感覚さえをおぼえます。
小さい頃大嫌いだった野菜ですが今はむしろ好んで食べることや、晩御飯のおかずは毎日ハンバーグがいいと思っていたけれど今はめったに食べたいと思わなくなったような感覚と似ているのでしょうか。



天高い見事なまでの秋空と金色に輝く稲穂と、寄り添うように咲く曼珠沙華を見ながらゆったりと穏やかな時間を過ごせたシルバーウィーク最終日のひとときでした。




が・・・



もうすぐ恐怖の「お嫁様のお誕生日」がやってまいります。
季節を感じ花を愛でる僕の穏やかな時間はこの人の「お腹すいたんですけどー」という一言で一気に現実に引き戻され、僕のデスクに置かれた「欲しい物申請書」という情緒のかけらもない用紙に打ち砕かれるのでした。

欲しい物リストナンバーワンはHERMES・・・
ヘルメス?
ハーメス?
価格非公開  あ~ 僕知ってますよ 長財布30万円します。
つまりアリエナイ。。。 却下

ジミーチュウ?
何でブーツが10万円もするんでしょう? 却下

稽古着は確かに買いました
だって横浜に着ていくのに必要とか言って・・・ あれ誕生日のプレゼントなんですね・・・

ルブタン ハイヒール
同じくなんで靴が10万円もするんだと・・
却下

エミリオプッチ ・・・
つい先日 岩田屋に見に行きましたが誕生日プレゼントの下見だったんですね・・・  知りませんでした。。
ダウンのチョッキが15万円ですよ! 信じられん
贅沢は敵です  却下

日本刀
イランイラン 問題外
却下

休暇
休暇は僕も欲しい
これは検討してみます。


うちには可愛いMダックスがいる。 
却下

赤ちゃん・・・
これは何とも難しい問題です・・・
ノーコメントでお願いします(笑)



まあ何かはプレゼントしたいとは思いますが、

う~ん う~ん 

最近kaoに腕時計を買ってもらったばかりなんで、何とも強くいえないと言いますか何といいますか・・・


今 気がつきましたが、もしかして時計はエサ・・・



・・・





毎回、何とか安く済まないものかと考えながらも、
いやいや 1年に1回のお誕生日だから何か欲しい物を買ってあげたいという気持ちや、年から年中 お祝いしてるやんかと言う気持ちまで。。。

今年のプレゼント(もしかして自分への?)は旅行位は考えてもいいかなと思っている「やまもと」なのでした

BILLION レーシング パワステ タンク


走行中のパワーステアリングオイルの温度がどの程度まで上昇しているのかはあまり知られていない事でして、アイドリング時で50度程度 普段の街乗りなら80度程度で問題はない範囲です。 
しかしワインディングや都市高速道で少しスポーツ走行をしただけでも結構な温度まで上昇しているようで、走行後にボンネットを開けZ33.Z34純正採用の半透明パワーステアリングタンクを見ると、今にも吹き返す勢いでオイルが廻っているのを見たことがある方も多いと思います。 この時で大体100度程度です。
走行中でしたらもっと高いでしょうから。。。 パワステオイルは結構な温度まで上がっています。

Z33の時はnismoが大型パワーステアリングクーラーを販売していましたので、そちらに変更しているお客さんも多く、やはり皆さんパワーステアリングオイルの温度上昇からくるステアリングフィールの悪化を嫌っている様子でした。
残念ながらZ34は現時点ではnismoのクーリングユニットはありません。

前々から興味があったBILLION レーシングPSタンクの仕組みを見て これならパワーステアリングオイルの温度が上昇しても、ある程度は抑えることができるのではなかろうかと思いまして早速取り寄せ 取り付けを行いました。
商品の構造はいたってシンプル
温度が上がって気泡が混じったパワーステアリングオイルを、タンク内の外周路を通し泡とオイルを分離し、オイルだけをタンク内のオイルパンに落とすというやり方です。 気泡が温度上昇をさせ、フィーリングの悪化となる原因です。
その原因を取り除くということです。


デイトナの近くにある小さなダムまで試乗に行きました。
小さな道路は切り返しが多くパワステには物凄く負荷がかかり、今回のようなTESTには持って来いのコースです。
ステアリングを切り返して切り返して いつもだったら熱ダレで「ダル」になりそうな時にも、しっかりとしたステアリングインフォメーションがその効果を立証してくれているようでした。

僕がお勧めしたいのは 特に初期型のZ33です。
何となく安定性がないステアリングが恐ろしいほどに一定の軽さになり 非常に効果があり間違いなく体で感じ取れます。

■BILLION レーシングパワーステアリングタンク BRPS-N04 
定価 23,100円

youtubeにアップしました。 FUJITSUBO Legalis R typeS

FUJITSUBO Legalis R typeS for 350Z


2日前にアップした藤壷レガリスRタイプSの反響
思ったよりも問い合わせが多く、正直驚いています・・・ 
本日YOUTUBEにアップしましたので音の雰囲気だけでも味わってみてください。
何となくですが「フォンフォンッ♪」音が伝わるかと思います。

こちらはVQ35DEに装着しているので若干音に濁りが出ていますが、
VQ35HRへの装着は濁りも少なくもう少しきれいな音が出ていました。
あわせて参考にされてみてください。

こちらは通常のレガリスR
Fujitsubo LegalisR Fujitsubo  FRONT PIPE


同じメーカーの商品でもぜんぜん音の方向性が違うでしょ?
車両はどちらもVQ35DE 280PSモデルです。
今後の方向性としましては当然エキマニまで入れてみたいですね! 





最近のZ34フェアレディZ


ここ最近は、街中ではあまりすれ違うことのないZ34フェアレディZもデイトナではチラホラと入庫してくるようになってきました。
Z34はまだまだ台数が少ないので、互いに車を見あいっこして少しでも興味がある部品を見ては「お~ これ 初めて見た!」と驚きあっています(笑)
ちなみにこちらの車両には純正のフロントスポイラーが付いていました。 僕は初めて見ましたので僕ひとりで感動していました(笑)


簡単に取り付けもできてアクセントになるので人気があるDAYTONAトレーディングフック
少し前までは完全受注生産で販売していましたが、多くのお問い合わせをいただきますので今では定番在庫商品としてストックしています。


そして人気があるといえば・・・
saclam silencer KIT
毎週 必ず誰かが視聴希望で来店してくださいます。
土、日曜日は基本的には随時視聴、試乗が出来るようにしておりますが、平日に来店してくださるお客様・・・
僕が不在でしたり来客や作業で手が離せない時があり、せっかくご来店いただいても満足にsaclamの良さや商品説明ができずとても申し訳なく思うこともあります。
出来ましたら「試乗予約」を入れて頂けますととても助かります。 
せっかくの機会です。 エンジン始動してブンブン吹かして終わりで伝わるのは10%です。
試乗して実際に負荷がかかった状態でのエンジン音 排気音を全身で感じてみてください。 
SACLAMの魅力が100%伝わるよう 伝えられるように一生懸命やらせてもらいます。


シルバーウィーク と 試乗会のお知らせ

いつもDAYTONAをご愛顧いただきまして本当にありがとうございます。
今年の夏はアッという間に過ぎ去った気がしますが、季節はめぐり秋の連休シルバーウィークに突入しました。
皆さまそれぞれ楽しい計画などがあることと思いますが、デイトナでは下記のとおり営業させていただきます。




19日(土)時短営業 10:00~17:00
20日(日)休日営業 11:00~17:00(時短)
21日(月)休日営業 11:00~17:00(時短)
22日(火)臨時休業 
23日(水) 定休日  
24日(木)通常営業 10:00~19:00

臨時休業期間中はお客様にはたいへんご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、なにとぞご理解を賜りますようお願いいたします。

シルバーウィーク期間中の営業日はZ33・Z34の試乗会(Silencer視聴会)を開催いたします。
皆さまのご来店を心よりお待ちいたしております。



高速道路や行楽地など大混雑が予想されますが、どうか事故やトラブルのないようお気を付けて楽しいシルバーウイークをお過ごしください。




FUJITSUBO Legalis R typeS

この商品がデビューした時から非常に興味があったマフラーです。
藤壷と言えば大口径117Φテールエンドを持つレガリスRが最有力商品でしたが、藤壷が音に拘った商品ということで新開発したレガリスR タイプSの登場です。


テールエンドは100φスラストインナーフィニッシュ 筒のようなテールエンドではなく、そのもの自体にデザイン性がある 一目でタイプSとわかるように作っているそうです。


少し意外だったことは、テールピースのみの新設計で中間パイプなどはレガリスRとタイプSは共通かと思いきや、全く形状が異なり各専用の部品で構成されています。
この辺りからも藤壷の「音」に対する姿勢と言うのが見てとれます。

そしてエンジンを始動すると・・・
聞きなれているレガリスRの「ボォォォォォ♪」という重低音とは全然違い「フォォォォ♪」と軽い音がします。
軽くブリッピングしても「フォンッッ♪」と、やはり軽い音がします。
軽いのは音だけではなく、マフラー重量も軽く Z33では純正比4.6kgの軽量化に成功しており、パワーもメーカーデーターで6.4PS トルクは0.6kg・mと性能面でも確かな向上をしています。

僕は以前より「藤壷」のマフラーは好きでZ32では国内?県内??最多数バイヤーではなかろうか?と言う位販売させてもらいましたが、これでまた1つ お勧め出来るマフラーのラインナップが増えました。


Z33 Legalis R typeS
品番 760-15474
出口形状 100φスラストインナーフィニッシュ(穴あり)
パイプ径 60.5φ
価格 ¥123,900


Z34 Legalis R typeS
品番 760-15482
出口形状 100φスラストインナーフィニッシュ(穴あり)
パイプ径 60.5φ-50.8φ-45.0φ-60.5φ
価格 ¥136,500




DAMD FRONT FENDER & AIR OUTLET


S口先生のHZ33
前回はエアロフェンダー取り付けの相談に来られたのに、段々と話は反れオーリンズDFVダンパーの素晴らしさを僕の口で説明した後は、実際に助手席に乗っていただきオーリンズDFVのしなやかに動く商品特性を身体で理解し始めたころには、S口先生の関心はエアロフェンダーからDFVへ移っていったのが6月の話。

今度こそは!と念願のエアロフェンダー導入です。



商品はエアロパーツメーカーDAMD
FRONT FENDER & AIR OUTLET SYSTEM RIGHT/LEFT SET

エアロフェンダーって装着するだけで随分と車の雰囲気が変わります。
なんと言いますかひとことで言うと「品のいいワル」のような感じになります。

当然ながら「チリ」の詰めもDAYTONAではとことん追い込んでいますので、ファイバー製品にありがちなクリアランスの調整不足もありません。
「純正」とまではいきませんが、不自然ではないクリアランスの確保をしています。
勿論、製品をそのまま取り付けしても「チリ」の甘さは必ず残りますので、そこはノウハウ きっちり建付け調整後に納車しています。

このような「チリ」を調整いたしますと「点」として一部分だけを見た場合の美しさはもちろんですが、「面」として全体を見た時に仕上がりの美しさはより際立ちます。
最初に「品のいいワル」と表現したのはこのことで、仕上がりに難があると「極悪?」になってしまうわけです。
あくまでも上品に美しく、ド派手でなくてもキラリと光る何かがあるからこそ見るものを惹きつける魅力的な車に仕上がるのではないでしょうか。

この商品の場合フェンダーを取り付けですので、まずはボンネットとのクリアランス。 そしてドアとのクリアランス。 そしてフロントバンパーとの面(ツラ)
文章にしてみたらこれだけですが、意外と難しいんです。
そして肝心の塗装も仕上がりに「自信あり」です。

高価なエアロパーツです。
どうせつけるなら、「綺麗に付けたい」と思うのはだれでも同じと思います。
ただ、そのような小さな「チリ」調整や塗装の色合わせレベルに気がつくか?気がつかないか?の差は人によってあると思いますが、「やまもと」はかなり小さなことが気になるタイプです。
妻からは「細かい!ネチネチ!粘着!うるさい!」
あげくのはてに「細かいことにコダワリすぎて小さい!」とまで言われますが・・・(笑)

ですが、、、結果としてに綺麗な仕事ができているんだと自分では評価していますので「小さいオトコ」でいいんです。




■DAMD FRONT FENDER & AIR OUTLET  定価 126,000円

秋の味覚

短かった夏も終わり、おいしい秋の到来です。
山本家では秋の味覚を求めて引き続きブーム中の田主丸へ!!!

まずは福岡でも大人気のパン屋さんシェ・サガラ



「シェ」とはフランス語で「家」という意味で、シェ・サガラは「相良さんち」という意味です。
フランス料理屋さんやスイーツ店などにも「シェ・○○」という名のお店がたくさんありますが、ここもフランスの民家のような家庭的なかわいらしい雰囲気のお店です。



田主丸のフルーツを使ったパンやデニッシュが人気だそうで、パン大好きオバサンkaoはそんなにいつ食べるの!?というくらいトレーを山盛りにして興奮しています(笑)
さらにここでは耳納連山を眺めながら焼きたてのパンをいただくことができる幸せなイートインスペースがあります。



田主丸のメインストリートでは右を見ても左を見てもぶどう畑。
ファームワイナリーもたくさんあり、きわめて高品質のワインや名だたる有名ワインにも勝るとも劣らないものがたくさんあります。



好きな農園を選んでぶどう狩りやいちじく狩りなどを楽しむことができます。



JAにじ
広い広い店内には所狭しと新鮮なお野菜や果物や地元のおばちゃん手作りのお惣菜や優しいおやつなどが並んでいます。
※水曜日は市場の定休日ですのでそれにあわせて月に数回休業日がありますのでご注意を。



こちらはみのう山荘
日帰り入浴とお食事が楽しめます。
筑後平野を見下ろすそれはもう見事な絶景の露天風呂があります。



温泉の蒸気を利用してゆで卵や蒸し料理をいただくこともできます。



福岡で35年も暮らしてきてどうしてこんなよいところを知らなかったんだろう?知ろうとしなかったんだろう?と眼下に広がるのどかな筑後平野を眺めながら思いましたが、逆に35年しか生きてきていないのだからまだまだ知らないことや行ったことがないところのほうが多いと思います。
まだ人生の半分も歩いていないのですからこれからもっともっといろいろな所へ行きたいいろいろなことを知りたい、そう思います。



地球がゆでた卵の味は格別です。



大量のフルーツ
これもごく一部です。

kaoはさっそく「新栗ー♪」などと歌いながら一心不乱に栗を食べています。
それはもう真剣そのもの。
このくらい一生懸命仕事にも取り組んでくれればいいのに・・・と思いますが。

ふと必死で栗を食べているkaoを見ると手に赤いものが。
「?」と思いましたが本人はいたって平然と、ひたすら食べていますので無視していたら突然「血がぁぁぁぁぁl----」
栗の殻で親指をざっくり切ったようで血がどくどくと出ています。
そこまで必死に食べなくても・・・と思いましたが(笑)

うるさいので止血をして手当てをしてやると落ち着いてきたので放置していると何かが気に入らなかったらしく「栗はもういらないからアイスが欲しい」といいはじめました。
さすがにそれはダメでしょ?と叱りましたら・・・そのことに腹をたてて血圧があがってせっかくとまっていた血がまたどくどくと。
もう救いようがありません(笑)



僕はお気に入りの合鴨米。
こうして食材に対して真剣に向き合うことは今まであまりありませんでしたが、作られた過程を知り生産者と話をしながら買い物をするという経験をしてからというものよりいっそう食べることが好きになりました。
このお米にしてもただ「おいしい」ではなく、土壌作りから田んぼを守る合鴨のヒナの誕生~成長、自然や害虫との戦いなどを知ることでよりいっそうその味わいが増してきました。
僕のお気に入りのお茶碗で光輝くご飯の一粒も無駄にはしない、できない。
より強くそう思うようになりました。



行楽の秋
シルバーウィークもすぐそこです。
おいしい秋を探してまだ見ぬ景色へとドライブしてみませんか?

西日本杖道大会

先日外泊届けを提出して宮崎県まで泊りがけで参戦していた西日本杖道大会の結果、なんとまた3位入賞を果たして帰ってきたkaoです。

僕は「3人中3位なんじゃないの!?」
とチョット思いましたが・・・今回は九州全域からツワモノが集まっていたようで、どうやらもう少しはいたようです(笑)

今回は自分なりに納得のゆく結果を残すことができたようで、前回の福岡県大会のときのように3位入賞したものの悶々としているようなことはなく、たいへんご機嫌さんでした。



今回の大会が開催された宮崎県東臼杵郡門川町というところは最寄の高速のICまで約2時間かかる場所にあるそうです。
福岡から車で約5時間かかりますので、前泊をして試合にそなえると聞いていましたが・・・



デジカメを見ると優雅に高千穂観光にいそしんでいました。
自分がやり残した仕事を僕に押し付け、自分の段取りミスの後始末まで僕に押し付けて観光とはたいしたものです。

高千穂旅行の際に国見ヶ丘ではるかなるこの国を見下ろし九州制覇を狙っていたこの人ですが、そのわずか2年後に本当に九州を制覇してしまうとは思いもよらぬことでした。
人間、思い続けると本当に願いは叶ってしまうのかもしれないと・・・本来自由奔放だけど時々少し努力をするこの人の姿を見ているとそう思いました。

僕もランボルギーニ・ムルシエラゴ・ロードスターが欲しい、海外のリゾートで暮らしたい!!!  新しい若くてかわいい嫁が欲しい!!!
星に願いを続けましょう(笑)



さて
次は来月神奈川県の横須賀アリーナで開催される全日本杖道大会に出場が決まったそうで、またまた遠征(という名の旅行?)に行くようです。

予定表を作っていましたのでちらっと見ましたら前日の午前中出発して、午後からは表参道・青山でショッピング⇒横浜へ移動(学生時代の友人と待ち合わせ)⇒横須賀のホテルへin⇒前夜祭etc...

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

僕には「前日アリーナ入りして他府県の方々と稽古するから午前中出発する」と言っていたはずですが・・・



よい師匠に出会えてよきお仲間ともめぐり合えて、家族をはじめ友達やお客様からも応援していただき支えていただき、
kaoは本当に本当に幸せなオバさんです。

今回の賞状も皆で勝ち取った価値あるものです。
いつもkaoを支えてくださっている皆様、本当にありがとうございました。



Z&武道つながり、といえば与島のZ文字の主催者z-boyさん。
先日のことですがお嬢様の剣道の試合の応援のため、ほぼ徹夜で岡山から500㌔を走り熊本の八代へ行った帰りにDAYTONAへ立ち寄ってくれました。



z-boyさんとkaoとは10年来の友人ですから親しいのは当然ですが、そのkaoの保護者である僕に対しても直接会うのは2回目にも関わらず当たり前のように友人として親しく思ってもらえるので、僕もまるで昔からの友人に会うような感覚で短いながらも楽しいひと時を過ごしました。


で、眠い目をこすりながら岡山へ旅発つZ-BOYさんでした。。。

少し前は黄色のZ32最終型に乗るクレイジーさんが「あんたの店 来たかったんよ」と突然来店してくれたり、四国FZOCのクラブ員さんがモナコミラーを買いに来てくれたり・・・

秋の行楽シーズン
明日はどんな人に会えるんだろう? 明後日は誰が来てくれるんだろう?
と毎朝PITをほうき掃きながら、楽しくしている「やまもと」なのでした。


Z33 ver nismo


Z33 ver nismo
僕はフェアレディZが好きです。
その中でも最近特に気になるのはZ33 ver nismo
戦闘機チックなフロントバンパーデザインが大好きです。


今回オーダーいただきましたのはECU変更
僕もZ34で使用している「IMPUL ハイパワー コントロールユニット」を自信を持ってお勧めしました。
明らかに純正のプログラムとは異なるハイスロットル制御や、ビックスロットル対応という今後のステップアップの楽しみや、2年5万キロのロング保障の信頼性
価格は他メーカー品に比べ1,2割程度高いですが、MAPの内容はどのような角度から見ても普通に手に入るVQ35HRエンジン用ECUとしては最も素晴らしい製品と思います。


イモビライザーの再設定と吸入吸気量学習、空燃比補正クリアーの作業をコンサルトⅢを用いて行います。
それと写真にはありませんが、エアクリーナー、サクション系は元々US nismo製のインテークシステムKITが装着されていましたが、それを今回のモディファイに伴い純正のシステムに戻しています。
吸気温度の低下や吸気量の安定性が狙いです。

オーナーN氏はBLOG「一期一へぇ」を見てデイトナに来てくれました。
そのN氏は福岡市内でパン工房を営まれています。
数々のTV番組で紹介されたそのパン工房は、有料道路を使ってまで買いに来るお客様までいる人気店です。
その道のプロ その道の本物を知る「匠」がどんな評価をしてくれるのか?「やまもと」は物凄く気になっていました。
そこで、様子伺いに今朝メールしてみました。

すると「匠」は・・・

「2速が特に、ドラゴンボールの界王拳みたいでした(笑)2回に分けて踏み込んだりしたら、街中は強烈です!」

と、今にも唸り声が聞こえてきそうな感想をいただきました。
 
デイトナは日々色んなお客さんの色んな仕事をやらせてもらっていますが、職種は 違っても、その道のスペシャリスト達から「物凄くいいよ!」「凄いよ!」と言って貰えたら嬉しいの何の。他業種でもプロに認められると言うことは、これはホント 嬉しいですよ。

N氏から頂いたメールを読んだ後そっと目を瞑ると、満面の笑みでドライブするN氏の表情や西九州自動車道や福岡年高速を優雅に走るZ33 Ver nismoが思い浮かぶようで思わず笑みがこぼれてしまいました。

■インパル・ハイパワーコントロールユニット
2年 50,000km保証
フェアレディZ
Z33 VQ35HR /定価123,900円

※純正ECU下取りの価格です。
※Z33はイモビライザーの再登録が必要になります。
※Z33はIMPUL POWER THROTTLE VALVEを追加装着できます。




■パン工房Nohmi(ノーミ)
〒819-0025
福岡県福岡市西区石丸3-12-1
電話 :092-210-4600
定休日 : 不定休
営業時間 : 7:00~売り切れ次第終了
HP http://members2.jcom.home.ne.jp/pan_nohmi/index.html

ODA

PITで作業をしていると、何やら寒気を感じた・・・・




あの漢だ!!


全国の「オダ」ファンの方々 お待たせいたしました。
半年振りに「オダ」がやってきました!


外装は前回からは大幅には変更はない。
しいていうなれば、リアアンダースポイラーの新設程度であろうか?

「今回は大したことないな」

と思った方も多いだろうが、「オダ」はこの半年間 内装のカスタムに追われていたのだ!








そうそう
それと「オダ」は今は釣りに凝っている。
この車で埠頭に乗り付け釣りを楽しんでいる。
他の釣り人に「釣り具屋」の営業車と見間違えられたそうだ。 それほど釣り具を載せている。

オダ曰く「ほら 俺の車って人に見られるやんか。 やけんくさ、少々無理してでも良い釣り具載せとるんよ。 ルアーもくさぁ 無茶無茶高いたいね。 安いの載せてるの見られたらカッコ悪かろうが。」とは彼の持論だ。

「やまもと」は少し惚れ直した・・・。

そして助手席にはクーラーBOXを装備 
運転席のバケットシートには・・・ 「オダ」もいい歳だ 腰痛対策にゴザの腰あてを敷いている。

「やまもと」は絶句した。



外装をよく見ると 実は微妙にカラーリングが違う
特に違うのはオーバーフェンダーのカラーリングだ。
何かウロコのような柄だ そこで「オダ」に聞いてみた

や「ウロコのような柄は 何か意味あるんですか?」

すると・・・

オ「それがくさ 鯉のぼりを見よったら綺麗やけんくさ 綺麗か~と思って同じようにしたったい」


「やまもと」は失神寸前だ・・・。


アツい



「オダ」はアツい



どこまでも粋だ!



「やまもと」は「オダ」の信者になってしまいそうだ



すると「オダ」は、そっと「ようかん」と「饅頭」を僕に手渡し
「また 旨い物あったら 届けるけん」
と言い残し 帰って行った。




そうそう 「オダ」は建築関係の仕事をしているが景気が良いらしい。
人柄、人徳? 彼には100年に1度の大不況も関係なく今日も楽しく生活をしている。
多分彼に関わる人は皆思うのであろう。


我々はいつもほがらかに大きく笑っている「オダ」が大好きだ!

季節はずれのサンタクロース

サンタクロースはクリスマス以外は何をしているかご存知でしょうか?



屋根にのぼる練習にはじまり煙突を降りる練習をしたりよい子を起こさないように枕元にプレゼントを置く練習、トナカイをあやつりそりに乗る練習から筋トレ、吹雪に立ち向かう訓練、そしてプレゼントをもらえる「よい子リスト」の作成など、
アイスクリームを食べる暇もないくらい実に様々な激務に追われているのです。





その動画がこれ↓ 
 ※音が出ます。
 ※約30秒
九州の電力会社「九州電力」グループのBBIQという会社のCMです。
僕はこんなにも優しくあたたかく、そして心に残るCMをはじめてみた気がします。

ローカルでしか見られないのがもったいないくらいなのでここに紹介します。

BBIQ 夏サンタCM


九州電力は暮らしに光を届ける企業ですが、暮らしだけではなく私たちの心にも光をもたらしてくれる優しい優しい企業だということをこのCMに見た気がしました。

あっ
忘れてはいけないコカ・コーラ ウエストジャパン、そっと地域の人々に貢献するこれまた素晴らしく優しい企業です。

こういった素晴らしい企業姿勢にふれるたび、DAYTONAももっともっとお客様にたくさんの笑顔をお届けできる店になれるようにとあらためて思います。


そしてこれ↓が期間限定で配信されているフルバージョン。
 ※音が出ます。
 ※約4分30秒

亜希さんという女の子が歌う「永遠の光り」にのせて夏のサンタクロースの特訓の様子が見られます。
透き通った歌声と優しい歌詞、吹雪に立ち向かうサンタさんの姿がなんとも言えず、思わず目頭があつくなります。

亜希 - 永遠の光り


 ♪ あなたがいつでも心にいるから
   どんな日も凛と生きてゆける。
  
   今なら素直に伝えられるから・・・
   たくさんの愛をくれてありがとう・・・♪

 

九州はその豊かな大地とあたたかい人々が育てたこんなにも素晴らしい企業が(観光地も温泉も美食も)たくさんあるところです。
9月19日(土)~23日(水)は秋の連休、シルバーウイーク?だそうですが、DAYTONAでは期間中前半は通常どおり営業いたしておりますのでぜひドライブがてらお出掛けください!

※22日(火)臨時休業
※23日(水)定休日


さてさて
クリスマスまではあと3ヶ月とちょっとありますが、皆さんのお名前はよい子リストに載っているでしょうか?(笑)



外泊届

外出先から戻りデスクを見ると連絡事項のメモに並んで何やら見慣れぬ届出用紙が2枚・・・・・・・・




それは妻からの「外泊届」・「外出届」で、どうやら今週末杖道の大会が宮崎県であるので泊りがけで行くので許可が欲しいという届けと、来週は講習会があるので要は仕事を休みたいという届けらしい。

「ひゃっっっほーーーーーーーー!!!!!!」

妻が留守!!!

うーっしっしっし
うれしくて笑いがとまりません!!!

が、しかし

とりあえず男「やまもと」

そこはぐーっと笑いをこらえて

「○△をきちんと片付けておきなさい。」
とか
「□×の処理を済ませておきなさいね。」
とか
許可を渋るフリをしながら内心は

「ひゃっっっほーーーーーーーー!!!!!!」

「どーぞどーぞ!
あっ、一泊でよろしいんですか?何ならもっと・・・」

と思いながらも、うれしさににやける顔を締めながら、渾身の力を込めて確認印を押したのでした。



さて そんな事情で1人で家に居てもツマラナイですから、僕も出撃の準備でも・・・
« 前ページ