今はDAYTONAが側にいます。




熊本県よりお越しのZ32オーナーさん
去年12月に19インチAWと車高調ダンパーのご相談で来店頂いていたのですが、思いのほかホイールの納期がかかってしまいましたので今頃装着です。
ホイールは自分の愛車にどれが似合うかな~と想像しながら、迷いに迷ってRAYSグラムライツ57S-PROに決定!
合わせこむ車高調も迷いに迷ってDFV OHLINS ver DAYTONAに決定!!

オーナーさんは若かりし頃 車高調ダンパーとインチアップホイールの組み合わせを行ったものの、あまりの乗り心地や勝手の悪さにとても残念な思いをした事があるそうです。
だけど、昔と今は違う 僕のBLOG「一期一へぇ」を見ながら自分なりに勉強して、僕と対話しながら想像し、そして相当なご予算も頂き、今日の状態を造ることが出来ました。

若干の不安と相当な期待感を胸に“いざ”乗り出してみると、純正比3インチアップの扁平タイヤに車高調ダンパーなのに、街乗りでも全然苦にならないどころか、それまでの純正仕様とは比較にならないほど、しっかりとしたステアリングレスポンス+快適感
高速道では路面に吸いつかんばかりの安定性の良さ。
「絶対に純正よりも条件が悪いはずなのになぜ?」

愛車から下りると、じ~っと眺めてはニヤニヤ、ニコニコ
「おれ不審者に思われるんじゃないかな?」って自分で思うほど、今のスタイルを気に入ってくださり、これからも続く楽しいZ-ライフになってくれました。

2カ月近くお待たせしてしまいましたが、お待たせした甲斐は必ずあったと信じています。
車高調整や減衰力調整や、勿論 これを機に検討をし始めたエアロパーツやブレーキキャリパー交換等 
今後のご相談もオーナーさんがDAYTONAを頼りにしてくださる限り、僕達は全力で永年サポートさせて頂きます。

ありがとうございました。



ヤァ!ヤァ!ヤァ!デイトナにリーフがやって来る!



"A Hard Day's Night"

twitter×LEAFのイベントキャンペーンの一環として
フェアレディZ専門店デイトナに100%電気自動車LEAFがやってくることになりました。

フェアレディZオーナーさんはもちろん車好きさんやEV検討中の方、他車種オーナーさんやご近所さんなどなどみんなでゼロ・エミッションを楽しみましょう!
当日は写真撮影・試乗(同乗走行)・LEAFとツーリングなどなどはじめましてのLEAFと楽しい時間を一緒に過ごしませんか?

2011年3月6日 · 13:00 - 15:00

◇13:00 LEAF到着
◇15:00 までデイトナにて展示・試乗等
◇15:30 LEAFと街へ飛び出そう!
◇17:00 ソラリアターミナル駐車場(人間はお食事LEAFは充電)
◇19:30 福岡空港で解散

facebook DAYTONA Racing イベント

僕からも「サイコーな感想です!」




  「サイコーな感想です!」

先日 DAYTONA SPORTS ECMのインストールを行ってくださったオーナーさんからのメールのsubjectです。

福岡市内よりお越しのオーナーさん。
事前にメールにて問い合わせを頂いておりましたが、とにもかくにもZ34フェアレディZを所有出来ている環境や、
「若い頃のようにまた楽しいカーライフをおくれる」と思うとソワソワするような もう胸が張り裂けんばかりの楽しそうなご相談メールが来たのが始まりでした。

「信号待ちからのスタートダッシュが弱い気がする」
これからの楽しい楽しいZ-worldを歩いてもらう為に、まず第一におススメしたのはDAYTONA SPORTS ECMでした。

帰り道 DAYTONAを出た瞬間から味わうことが出来る加速力
早良区の山越え経由で自宅まで戻ったそうですが、低回転 具体的には2000rpm辺りでもトルク向上していますので、それだけでドライブは楽になり「楽しい~楽しい~」と呪文のように唱えながら帰って行かれたそうです(笑)

我々の引き出しはマダマダ沢山ありますよ!
これからも楽しいZ-LIFE お手伝いさせてください

■DAYTONA SPORTS ECM for VQ37VHR

ただの石か? それとも宝石か?





毎度おなじみ パン工房ノーミさん
今回のご依頼はメタルキャタライザーへのアップデートでした。

Z33はVQ35DEとVQ35HRではエキマニが異なる為、メタルキャタライザーも各専用品となっています。 
市場にはVQ35DE専用は沢山あるけど、生産台数が少ないHR用は少なめ。 
そんな中 Z33 VQ35HR用しかリリースしていない変わったメーカーもあり、それが僕が大好きなマフラーメーカーの1社でもある「藤壷技研」と来たら、それはもう選ばない理由はどこにもないでしょう!
造りは申し分ないし、性能も抜群に良い 僕が最も信頼しているメーカーの1社です。

メタルキャタライザーの装着自体は何の問題もありませんでしたが、装着後の試走では2000rpm近辺 パーシャルから一気にアクセルを踏み込むシーンではengineの吹け上がりに違和感があり、それと同時に排気音がバラつく症状が出てしまいました。
データーロガーを車載し走行後のログデーターを見ると、Maximエキマニ+藤壷キャタライザー+SACLAM YーPIPE+SACLAM SILENCERでは充填効率が良すぎて、某社ECMでは燃料が追いつかない事が判明しました。
それに加えe-VTCがハンチングをおこしていました。

しっかりしたモノを望むノーミさんの希望に応えようとしますと、既存のECMは卒業し現車合わせでECMを造るしか手はなく、現車に合わせた燃料MAPに書き換え、VTCデーターもDAYTONAオリジナルの物へ変更
勿論、点火MAP等も合わせこみを行い、今のParts 今の姿が最も生きるようにマッピングを行いました。

大切なことは良い物か悪い物かではなく、いかに現状にBESTな合わせこみが出来るか?
これが出来るか否かで、石が宝石にも変化することが出来る大きな力であるのではないだろうかと そう思うのでした。
そして納車後のノーミさんの嬉しそう言動を見るだけで、それが宝石であると言うことは明白な事実でした。

■DAYTONA SOPRTS ECM for VQ35HR  SPEC.現車合わせ

ARQRAY Schaferhund アーキュレイ シェーフェルンド



今年の目標の1つとして
“今まで慣れ親しんだブランドもそのまま大切に扱いながらも、積極的に新しいブランドをドンドン取り入れていきたい”
簡単なようで難しく、難しいようで簡単な 少しだけ発想や視点のポイントを変化させるだけで、無限大に広がる可能性や楽しみを、今年は一から見直していきたいと思っていました。

その中でも僕が注目していたブランドは今回ご紹介する「ARQRAY」
輸入車専門のExhaust tuner 特にBMWユーザーからは特に支持を得ているメーカーですが、海外顧客からの要望もあり日本車向けブランド「Schaferhund」を同社が展開しましたので注目していました。

そんな中 「人が装着していないような そんなマフラーが欲しい」とのオーナーの要望もあったこともあり、ARQRAY Schaferhundをおススメしたところ「いいですね!使ってみましょう!」とオーナーもその気になってくれましたので、装着してみる事にしました。

サブ太鼓が2つ 中間pipeが2本で、例えばamuse RS-SILENTのような構造です。
材質はオールステンレスボディですが、テールエンドをtitaniumに変更することも可能です。
カタログ上ではZ34だけtitaniumテールをチョイスできるようになっていましたが、SPLオーダー品としてZ33へtitaniumテールを組みあわせました。

想像していたよりも音の色がある。 だけど音量は控えめ。
これで、また1つ おススメしたくなるブランドを発見してしまいました。
オーナーも「初めてZに乗った時のようなウキウキ感でサイコーです」と、その喜びの様子はメールの文面を見たら一目で想像がつく内容でした。

ARQRAY Schaferhund アーキュレイ シェーフェルンド Z33フェアレディZ


■ARQRAY Schaferhund Ti Tail for 350Z(SPLオーダー)

2011福岡カスタムカーショー 最終日

2011福岡カスタムカーショー 無事終了しました。
沢山の顧客さんや沢山の「初めまして」のZオーナーさん または予備軍さん
ご来場ありがとうございました。

前年まで行っていた通常の車両展示に加え、今年はSNAP-ONのツールBOXの除幕納品式や、SNAP-ON本社からの取材
そしてはじめての試みであるDAYTONAブースの様子をデイトナチャンネルからリアルタイムで動画配信するUSTRAEMと、何かとバタバタしてしまった2日でしたが、それでも可能な限り1人でも多くのユーザーさんとふれあうことが出来た時間はとても楽しい時でした。

最終日の画像はフェイスブック内のアルバムMCゆずちゃんを迎えた番組USTREAMチャンネルはUSTREAM DAYTONA Racingこの動画配信を行ってくださったのは福岡大名の町をtwitterをはじめとするさまざまなツールで盛り上げる活動をされている 大名なう の“中の人”さん
当日のDAYTONAブースの様子や感想を、大名なうにてコメントしてくださっています。

協力してくださった沢山の方 会場に遊びに来てくれた沢山の方 USTREAMを見てくださった沢山の方
上手く言えませんが、沢山の「ありがとう」をこのBLOGで伝えたいと思います。
ありがとうございました

special thanks
エントリー車両オーナーさん
DAYTONAの顧客さん、予備軍さん
@y_u_z_uさん
@daimyo_nowさん
SNAP-ONツール拓&吉川さん
REPSOLタツタさん
MOTUL鳥海さん
マルカ松さん
ツイッターのフォロワーさん
はるちゃん・ひかりちゃん
TEAM DAYTONA Racing スタッフ一同

福岡カスタムカショー2011 搬入日


ただいま帰宅です。
夕方5時過ぎにDAYTONAを出て、10時前まで搬入~配置をしていました。

搬入の様子をフェイスブックのアルバムへアップしましたので良かったら見てくださいね。

いよいよ 明日から福岡カスタムカーショー2011 開幕です
是非ともYahooドームでお会いしましょ!

福岡カスタムカショー2011イベント等のお知らせ




さてさて、いよいよ明日明後日とせまってまいりました福岡カスタムカーショー2011
今年DAYTONAでは展示した車両を見て頂くだけではなく、ご来場いただく皆さまと一緒に楽しみたいと思っていろいろとイベントと用意しています。

といっても例年通りこういうイベントの際僕は皆から出された指示に従うだけですが(笑)皆が集まっては楽しい内容をたくさん考えてくれていますので僕自身本当に楽しみにしています。

さて、それでは福岡カスタムカショー2011デイトナブースで行うイベントのタイムスケジュールについてのお知らせです。

2月19日(土)
10:00 OPENING LAP
12:00 1st LAP ゲーム
14:00 2nd LAP ゲーム
17:00 FAINAL LAP
18:00 CLOSE

19日(土)はTwitCastingなんか配信できたらいいなーと思っていますが。
スマートフォンやPCなどでお楽しみいただけます。
番組開始はtwitterでお知らせいたしますのでTLでのご参加お待ちしています。
※ゲームの内容は当日発表します。

twiterFacebookなどでご質問やリクエスト等どしどし受付中です。
聞いてみたいことや放送して欲しい内容などがあればメッセージをお待ちしています。


2月20日(日)
09:00 OPENING LAP
12:00 ゲーム
13:30 SNAP-ON ツールストレージ除幕式&お披露目式
13:40 SNAP-ON松本&DAYTONA山本&MCゆずのトークショー
14:00 展示車両紹介&オーナーズインタビュー(3台)
15:00 展示車両紹介&オーナーズインタビュー(3台)
16:00 DAYTONA support CLUBプレゼンツ座談会&ゲーム
16:30 グランドフィナーレ
16:50 FAINAL LAP
17:00 CLOSE

20日(日)は13:30の2nd LAP~FINAL LAPまでそれぞれ30分程度ずつのUSTREAM放送をカテゴリー別にあわせて5番組ほどお届けいたします。
こちらもスマートフォンやPCなどでお楽しみいただけますので、番組をご覧いただきながらチャット画面などでの参加もお待ちしていますね。

20日(日)はラジオパーソナリティーやスマートフォンアプリの声優として福岡や東京で活躍中のゆずちゃん(@y_u_z_u)がMCとしてお手伝いにきてくれます。
そしてその様子を福岡大名の町をtwitterをはじめとするさまざまなツールで盛り上げる活動をされている大名なう(@daimyo_now)の中の人が
USTREAMを担当してくれます。

いまだかつてない新しい試みではありますが、当日ご来場いただくことができない方や遠方の方にも楽しんでいただけるように一生懸命取り組みます。
よろしくお願いします。

最後になりましたが、お知らせです。
18日(金)の営業時間は17:00までとさせていただきます。
19日(土)20日(日)につきましては福岡Yahoo!JAPANドーム営業所にて臨時営業いたします。
(店舗は臨時休業です)

ご来場をお待ちしています!

貴婦人との付き合い方






「オートポリスを走りたいので、ECM書き換えと機械式LSDの装着をお願いします!」
「地元の先輩とオートポリスに走りに行ってみたら、想像以上に面白くて今後も続けて走りに行きたいんですよ」
新しいフェアレディZとの付き合い方を見つけ、活き活きしたオーナーの想いが僕にアツく伝わってきました。

愛車はZ33 VQ35HRをベースにSACLAM SILENCERやY-PIPE それに45Ф等長エキマニまで入った、排気系を中心にmodifyした車両です。
この位のライトな仕様でも、オートポリスのストレートではスピードリミッターにあたりますし、何よりも1.5t近い車重もありコーナーのアプローチも非常に苦しいでしょう。 
今のオーナーのレベル それと今後どの程度まで伸びていくのか?を考えると機械式LSDの選定には少し悩みましたが、「ガンガンに効いても全然OKです」と言うオーナーの希望もあり、今回はクスコType-RS 1.5WAYをチョイス 
それに加え冷却フィンが付いたEU日産純正デフカバーも装着しました。
肝心のLSDはイニシャルトルクや、LSDディスクの組み方に少し工夫をして「押し出しが強くなり過ぎない」程度にDAYTONA LABOにて1から組み立て直しています。

ECMの書き換えも終わりログチェックで試走に出かけたら、僅かですがクラッチが滑り出している事に気が付きましたので、急遽追加でクラッチ交換までやらせていただく事になりました。
純正納入メーカーEXEDYがアフターマーケット向けに販売しているEXEDY CARBONTWIN TypeDです。

納車当日 ツインクラッチのミート具合が馴染めず、発進こそ何度かエンストしてしまいましたが、自宅周辺に到着する頃には「もう慣れましたよ。 それよりもLSDって面白いですね~ 楽しいです」って余裕のコメント頂きました。

3月初旬頃にはナラシも終わるでしょうから、各部増し締め、LSDオイルの交換、クラッチペダルの調整等 DAYTONA独自のアフターサービスを行いますので、お時間見計らってのご来店お待ちしております。


■DAYTONA SPORTS ECM for VQ35HR
■クスコ Type-RS LSD (DAYTONA LABOにて組み直し)
■EXEDY CARBONTWIN typeD 

いい若者よ! おじさん達は君が好きだ!

先週末
西日本は大雪注意報発令 
中国自動車道はほぼ通行止めかチェーン規制  九州自動車道は北九州~熊本辺りまで全面通行止め。

この翌日来店予定にしている彼にメールしてみました

「いや~サスガにこの天気だから来れないでしょ?」

返信が直ぐに来ました。

「今安全運転で向かってますヾ(@⌒ー⌒@)ノ」


・・・
はて あの車高短でどうやってこの雪の中を来るのかな??
しかも 何故かメールの文字が可愛い(笑)

翌日
福山より若者2名が再び来店してくれました!

わぁ~ 若者よ~~ 君に会うと僕は元気が出るんだ~(笑)
ちなみに高速道では50km程度のノロノロ運転 下道に降りてもノロノロ運転
命からがら?福岡に到着したそうです。  
しかも仕事が激務らしくて、40日ぶりに仕事を休めたこの日 福山からDAYTONAまで来てくれた訳ですから。。。 
幾ら若いと言っても、体も疲れているだろうに・・・ そこまでして僕に会いたいなんて(笑) 本当に嬉しいですね(涙)


今回の作業はSACLAM Y-PIPEの取り付けです。
それまでは純正のY-PIPEでしたが、車高が低すぎてパイプが破れてしまいましたので、これを機にSACLAMへバージョンアップです
 
では 何故Y-PIPEの取り付けでタイヤが外れているのかと言うと・・・


若者Roadsterは20インチのAWですが、これ位 車高が低いのです。
まあ、Z33にお乗りの人でしたら コレがどれほど低いかは想像つくと思います。 瞬時に車高を変化することが出来るエアサスやハイドロではなく、普通に車高調です。 エライ!!

だけど、せっかく今回SACLAM Y-PIPEを入れるのですから そりゃ傷つけたくありません。
しかしながら若者はルックスも重視する
大好きなSACLAMを傷モノにはしたくない しかし車高は低いほどカッコエエ

悩むに悩み   約3分

「じゃあ 1cm 車高を上げてください」

と言う事で 急遽車高上げのご依頼です。


で、完成がこちら↓

う~ん やる前から分かってはいましたが 1cmの車高UPでは何にも変化を感じられない(笑)
だけど そういう君は素敵だ!!

と言う事で 作業も終わりましたので、若者2名 福山まで帰っていきました。

また来てくださいね~!

この後
九州道をかっ飛ばす若者RoadsterをS口先生が偶然発見(ちなみにこの日のお昼間 先生はDAYTONAに遊びに来ていました)!!

僕宛にメールが飛んできました。
ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ

昨日帰りの高速で福山のZ33ロードスターと遭遇しました。
当然高速で窓全開して、サクラムサウンドを聞きました。最高です。

貴重な休みを福岡まで来て僕に元気をくれるなんて・・・・・
いい若者です・・・・ 応援したくなりました。(笑)

S口

ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ



半信半疑 





山口県よりお越しのオーナーさん。
ホントは暖かくなり始める春頃にDAYTONAに行く予定と聞いていましたが、「上手く仕事の休みが取れました」と言う事で予定よりも早くご来店頂けました。

ご依頼内容はDAYTONAでも定評のあるSAMCOインダクションホース、SPOONリジカラ(前後装着) そしてDAYTONA SPORTS ECMのインストールです。
一通り商品の説明や効果等を説明した上で作業に入るのですが、どことなくリジカラの装着には期待+不安もあるようで、
「僕にも体感できるほど違いは出るものでしょうか?」
正直に胸の内を明かしてくれました。
オーナーさんは口にこそ出して言いませんでしたが、恐らくDAYTONA SPORTS ECMに対してもきっと同じ不安があった事と僕は思います。

こういう時 いくら口頭や身振り手振りで説明してもそこには大きな意味はなく やはり大切なことはオーナー自身の体で感じて頂く事 それのみです。
幾ら理論的な話やデーターグラフで数値化した効果の高さ=良さを説明できたとしても、それは心に響く答えには程遠い現実であると僕は考えます。
だからこそ本物を知ることで伝えていく事が出来る。 これこそが我々の役割であると。 その僕の考えは今も昔も変わりません。

作業完了後は九州自動車道に乗り山口県まで帰っていかれますが、 
「高速に乗る前に すでにリジカラの効果の高さを体感できた」
と 自宅に到着後すぐ様メールをくださいました。
わだちに足元を取られるようなシーンで特に違いを感じて頂けたようで「合わせてリアの挙動変化が少なくなった」ともコメントを頂いております。

ECMも同様
アクセルを踏むとVVELマップのセッティングが抜群のDAYTONA SPORTS ECMでは、ある回転域から排気音が今までとは異なるポイントがあります。
例えば、6速固定で高速道を順調にドライブしている時 急に前に車が入りこんできた時 当然ながら減速を強いられます。
それまでは5速に落とし再び加速して行くようなシーンでも、DAYTONA SPORTS ECMでは6速固定のまま アクセルを踏んでいっても思うように加速して行く。
十分なまでの効果を感じ取ることが出来、大満足だと。

メールの最後は、
“ 最後に、いつも通る私のお店から、自宅までの道で、120%、今日施工した全ての効果を実感しました。

 本当にありがとうございました。

 人生を素晴らしくする車と出会い、山本様との出会いに感謝いたします。”

そう締めくくられています。

ご来店直後は初めての場所に少しだけ緊張の面持ちだった息子さんも、大好きなフェアレディZにかこまれたデイトナで過ごすうちにすっかりと打ち解けてくれてたいくつなはずの待ち時間もDVDを見たりたくさんのミニカーで遊んだり。
お見送りの際にはその笑顔を見るのは次はいつになるだろうと、名残惜しくなるほどの笑顔を僕に向けてくれました。







Facebookとtwitterとその他のお知らせ

福岡カスタムカーショー 2011 まであと一週間となりました。
デイトナからは今年は6名のオーナーさんにご協力いただき6台のフェアレディZを展示します。
エントリーにご協力いただきましたフェアレディZの情報は先日開設したFacebookのデイトナのページ内にありますイベントページで公開しておりますので、そちらもあわせてご覧ください。

あわせてFacebookのアカウントをお持ちの方がいらっしゃいましたら「いいね!」と押していただいてFacebookページにお越しいただき、どしどし参加をお待ちしています。
デイトナのFacebookページは、デイトナを直接利用してくださる方の為だけに用意したFacebookページではありません。
フェアレディZのことはもちろん日常の他愛もない出来事なども含めてたくさんの方と繋がりたいと思っていますので、どうかお気軽に情報交換の輪の中にお越しください!

とはいえ、まだ開設したばかりなので実は私たち自身も使い方を熟知しているわけではなく積極的な情報発信にはいたっておりませんが、twitterのアカウントを取得した際にも試行錯誤を繰り返しいろいろな方々と繋がりながら参加してくださった皆さんと一緒に作り上げてきました。
使い方がわからないとそっとつぶやけば、その情報に詳しい方からアドバイスをもらったり、オススメのアイテムを紹介してくださったり、アカウント開設からちょうど一年になりますが距離を超えたくさんの方々と絆をつなぐことが出来ました。
Facebookはその特性からもますますそのような絆を大切にするツールだと聞きましたので、今回もまた参加してくださる皆さんと一緒に作っていきたいと思います。

そしてどのタイミングで参加してくださった方も優しく迎え入れられるような環境を作っていきたいと思います。
積極的にFacebookを使っている方がいらっしゃれば私たちをリードしたくださったらうれしいです!

あわせてお知らせですが、情報発信専用として取得したtwitterアカウントwww_z34_jpは近日中に削除し、その内容はFacebook内のウォールへと移行します。
フォローをしてくださった皆さん、ありがとうございました。
DAYTONA_Racingこちらは引き続きフォローお願いしますね。

福岡カスタムカーショー2011の際は、当日のリアルな出来事をtwitterやFacebookを通じて発信していきます。
あわせてUSTREAMの番組も放送予定!!遠方でお越しいただけない方にも楽しんでいただける仕掛けを用意いたします。
番組URLと放送時間が決まり次第ここやtwitterなどでお知らせしますね。

最後になりましたが大切なお知らせがひとつ。
デイトナでは福岡カスタムカーショーのため2月19日・20日(土・日)を臨時休業とさせていただきます。
ご来店を予定してくださっていたお客様にはご迷惑をおかけして申し訳ございませんんが、どうかご理解とご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。


自己主張を楽しもう


「ボルドーのレザーシートに似合うcarbonステアリングをお願いね!」

はい 完成しました。 ステアリングが自己主張しすぎるcarbonステアリングです。
今回の仕様は、TOP部は毎度の垂平カットのcarbonコンビで、グリップは握りやすいGUNグリップ&コブ付きのパンチングレザー
20~25分、35~40分の位置に握りこぶし1つ分のcarbonを配置 そして下部はレザー Dシェイプ無し
ついでにATシフトもパンチングレザー/レザーのコンビ張替えにて製作です。

フロントウインドー越しに見えるシルバーcarbonのコンビステアリング。
確かに外からはチラリとしか見えないステアリングですが、オーナーさんはドライブを楽しむとき いつもその手を放すことなくずっと握り続け、目を開くと真正面に堂々と佇む それがステアリングの存在です。 そのステアリングの存在を大きく変化させて、最も自分が気に入るステアリングへとカスタムしたとしたら、どうでしょう?

外見で存在感があるエアロpartsやアルミホイールの交換も良いけど、それと同じくらい? いや、もっともっと身近なステアリングを贅沢にカスタムしても良いのでは? 
自分への投資かな? 最近 本当に依頼が多いカスタムメニューの1つになっています。

「フフフ ポルシェを超えたな! 勝った!!」

この日DAYTONAに入庫していたPorsche911(type997)carrera-4S カレラレッドの内装を見てそう言い残すと、満面の笑みで愛車に乗り込み、隼の如くカットんで行かれたロッケンローラーさんのcarbonステアリングのお話でした。

■DAYTONA Racing carbonコンビネーションステアリング 
※純正ステアリング下取り価格です。
※レザー部、カーボン部 各色選べます。
※完全受注生産の為オーダー後 納期2カ月ほどかかります。 詳しくはお問い合わせください。

絶対的満足度!



奈良県よりお越しのZ32オーナーさん。
約1年前 念願のF50BremboブレーキKITを装着しましたが、それからずっと課題となっていた
「リアもBremboへアップグレードしたい!」
その夢 見事叶うことが出来ました!

フロントはRdd製 2ピース フルフローティング355Ф大型ブレーキローター 
リアをBCNR33スカイラインGT-R用 純正Bremboキャリパーを使用 
専用ブラケットを使用することでZ34フェアレディZ verS用の350Фディスクローター(BCNR33純正は300Ф)を装着しました。
リアローターには12本スリットを削り込みましたので、前後の雰囲気も違和感なくマッチングしました。

今回使用したBCNR33BremboキャリパーはUSED品を使用した為、シール関係は全て交換 外観はサンドブラスター処理しリペイントを行い、安心して使えるように完全にO/Hしてからの装着となりました。
やはりブレーキですからホイールから顔をのぞかせる“カッコ”もとても大切ですが、一番の役割は「スピードをコントロールする」大切な装置ですので、オーナーさんも僕達も 安心、安全に使うことが出来るように、フルオーバーホールを行いました。

また今月末 DAYTONAに来てくれますので楽しい感想を是非とも聞かせてください!

赤い糸を探しています。

デイトナでは昨年以来、いまだかつて無い転換点となるべく大きな改革に向かって一歩一歩確実に歩みを進めています。
その歩みのひとつとして、一緒にその改革の担い手として大きく華やかな活躍をしてくださる方を求めています。

それというのも、今現在デイトナではデイトナという店そのもの店舗じたいをフロント+軽作業場として扱い、重整備や板金塗装などの業務は別所に設けているファクトリーで行っています。
その形態は今までどおり何らかわりなく、やまもとは今までどおり出来うる限りを大切なデイトナで大切なお客様と過ごすスタイルはかわりません。
むしろすべての関連事業の管理体制をひとつにまとめることで、やまもとがデイトナで過ごす時間を増やすことを改革の最大の目的としております。
たとえば現状では平日の昼間などはやまもと不在のことも多くありますが、この頃では平日にゆっくりしたいというリクエストも多くなったことを受け、今後は土日はもちろん平日でもお時間のあるお客様とはもっともっとゆっくりお話しながら一緒に過ごす時間をとりたいというのが目下のやまもとの最大の願いなのです。

さて、前置きが長くなりましたがここからが本題です。
私たちは現在多数の人材を募集しています。

まずは、我こそはと思われるスーパーメカニックさんのご応募を歓迎します。
作業においては「やまもと」の分身になりうる方 今現在それ以上の可能性や技術や意欲をお持ちの方  
実務面で僕の右腕になってください。 

さらに、常勤のスーパーメカニックとその奥様(婚約者等でも可)やご兄弟など多方面で活躍できるおふたりとの赤い糸も探しています。
こちらはいまだかつて無い異例の求人だとは思いますが、ご夫婦やご兄弟の仲がよくそれぞれが持ち味を活かした活躍をしてくださるお二人との絆が欲しいと思っています。

先に書きましたがもちろんもちろん、独身だけど腕には自信がある!もしくは一人っ子でシングルだけどやる気は人一倍あるぞ!という方もその能力と可能性によっては大歓迎しますよ。
わたしたちは意欲のある方へは最大限のサポートを惜しみなく提供します。

【仕事】男性⇒メカニックとしてエンジニアとして華やかな活躍ができるスーパーメカニックで将来的には経営にも携わってくださることを希望します。
【仕事】女性⇒フロント業務及び事務・経理全般+アシスタント業務
【場所】デイトナ及び福岡市博多区のファクトリー内
【時間】平日10:00~19:00土日祭日11:00~18:00
【資格】普通免許
【内容】二級自動車整備士か相当の技術保持者であること
【年齢】単身、ご夫婦共に40歳くらいまで
【休日】相談(ご夫婦同時休暇等も相談に応じます)
【待遇】相談(例として社員寮完備・社用車としてフェアレディZ貸与・交通費支給・制服支給・昇給随時・賞与年二回・社会保険完備・雇用保険完備・退職金制度あり・各種手当てあり・各種保険完備・有給休暇あり・)
【条件】指導・研修期間(3ヶ月~半年あり)
【給与】研修期間は現段階での能力により決定、研修終了後は単身でしたら最低ラインといたしまして600万円以上 ご夫婦orご兄弟あわせて年収800万円以上を目指していただきます。

自薦他薦は問いませんので、どしどしご応募お待ちしております。
社員寮は完備しておりますので、福岡県内はもちろんですが今現在能力を発揮できていない隣県各地のメカニックさんなども大歓迎ですよ。

あわせて勤務地はデイトナではなく事業内容の拡大におけるファクトリー勤務のみのスタッフも募集します。
こちらではフロント業務はございませんので純粋なメカニック及び板金塗装工等を募集します。
※ファクトリー及び板金塗装工場ではフェアレディZのみの扱いではなく、国産車から輸入車、軽自動車から特殊車両まで幅広いジャンルのメカを取り扱っております。

【仕事】メカニック及び板金塗装工
【場所】福岡市博多区(ファクトリー)春日市紅葉ヶ丘(板金塗装)
【時間】08:30~17:30
【資格】不問
【年齢】不問
【休日】相談
【待遇】相談
【条件】研修期間3ヶ月程度
【給与】研修期間中は月収180000円(手当あり)研修終了後は能力に応じて相談+各種手当てあり

上記のとおり、赤い糸の先にいる能力ある方々をひろく募集します。
応募はお電話かEメールかHP内のお問い合わせフォームより簡単なプロフィールのご連絡をお待ちしております。
受け付け次第、追って面接の日時をご連絡いたします。
※土日祭日・水曜日の面接は原則として行っておりませんが、現在職業をお持ちで現職の休日の都合などがある場合は別途対応いたしますのであわせてお問い合わせください。

自薦他薦ともにたくさんのご応募をお待ちしております。

« 前ページ