バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

とくつめ 徳島新聞詰将棋好作選

2013-08-02 17:15:24 | 将棋

全日本詰将棋連盟に注文していたとくつめが昨日届いた。

新聞に掲載される詰将棋なので、そんなに難解作はないようです。

平成6年以降の7手~11手詰を集めた詰将棋集です。全160問と コラムに数問載っています。

まず表紙の問題が見えますか?

7手詰みです。

昨日 40分くらいかけて(しっかり測ったわけではありませんが) 20問めまで詰ませました。

それ以上は根気がない(苦笑)

ちょうどいい難易度です。

昨日詰ませたなかで はっきりとしたテーマをもった2作品を紹介します。

9手詰です。初手が事前工作をはかる大事な手です。 解後感よし。

もう1問

うーん4二とがなければ1手詰ですね。これを実現させます。11手詰

テーマがはっきりしているので読みやすいけど 解後感はいい。

この作品集は観賞用ではなく 自力で詰ませるのはちょうどいい頭の体操です。

まあ お盆までには全問詰めせる予定です。(読書もいま 百田尚樹のモンスターを読んでいるだけなので)

この作品集は、全日本詰将棋連盟書籍部 か 日本将棋連盟デジタルショップで求められます。

 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 古今短編 詰将棋名作選 | トップ | モンスター 百田直樹 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (EOG)
2013-08-03 08:46:27
まだ買っていないんですよねえ。

山腰作は9手詰とわかっているので
合駒請求の手は除外してしまい
結構考えました。

次の作は山田康平さんですね。
なるほど、一貫しています。
RE (バビル3世)
2013-08-03 13:46:56
楠原崇司さんて山田康平さんなんですか?
テーマがはっきりしているのを実現させるは、解後感がいいですね。
他にもこれはと思ったのがでてきたら紹介したいと思います。

コメントを投稿

将棋」カテゴリの最新記事