民話 語り手と聞き手が紡ぎあげる世界

語り手のわたしと聞き手のあなたが
一緒の時間、空間を過ごす。まさに一期一会。

「虚勢を張る」 マイ・エッセイ 30 

2017年10月31日 00時09分29秒 | マイ・エッセイ&碧鈴
 「虚勢を張る」   

 中央生涯学習センターでの午前の講座を終え、図書館で借りた本でパンパンになったバッグを自転車のカゴに入れて家に帰る途中、老眼鏡を買おうと二荒山神社の前にあるディスカウントストアへ寄った。
 あやふやな記憶で二階の売り場を探してみたが見つからない。三階だったのかと、エスカレーターに乗ろうと通路を歩いているときだった。ツルッと左足の雪駄が滑って大きく後ろにのけぞった。
 ふだんから太極拳で足、腰を鍛えているせいか、ひっくり返らずに踏みとどまれたものの、左手の指にひっかけてクルクル回していた自転車のカギが、バランスを取ろうと振り上がった拍子に手から離れて、緩やかな放物線を描いて右側の商品棚の上に飛んで行った。不思議なことに、しっかりとその動きはスローモーションを観るように目がとらえていた。同時に、今日は滑りやすい雪駄を履いてきたことを思い出した。
 オイラは着物の生活に憧れていて、その準備段階として作務衣を着ることが多い。そんな時はたいてい下駄か雪駄を履く。ほんとうはいくらかでも身長が高くなる下駄を履きたいのだが、カランコロンの音が人目を引くのも気がひけて、たいがいはぺったんこの雪駄を選んでいる。
 だいぶ前に雪駄がくたびれてきたので、新品を買った。奮発してウラが本革のヤツにしたのだが、コイツがやけに滑る代物で、何度も滑って転んだり、転びそうになったりした。危なくてしょうがないから、前の雪駄を引っ張り出して履いていたが、ソイツもいよいよ鼻緒が切れてダメになってしまった。それで、その日は久しぶりに新しい滑りやすい雪駄を履いて出かけたのだったが、その日に限って滑らなかったので油断していた。
 カギが飛んで行った商品棚は目線よりかなり高い。店員にワケを話して踏み台を借りてきて捜し始めた。商品棚には女性の化粧用品がびっしりと陳列されている。まさか変質者には間違われないだろうが、他人の視線はやはり気になる。すぐ見つかるだろうとタカをくくっていたが、なかなか見つからない。近くで若い男の店員がずっと商品を並べている。おそらくアルバイトなのだろう、オレには関係ないもんね、というふうにしているのがなんともシャクにさわる。
 かなりたって、店員から事情を聞いた店長がやって来た。
「見つかりませんか?」
 口調はていねいだが、あんまり世話を焼かせるなよ、という顔がありありだ。しばらく一緒に捜すのを手伝ってくれたが見つからない。このジジイ、もうろくしているんじゃねぇだろうな、とでも確かめるように、何度もどんな状況だったか説明を求めてくる。オイラはそのたびに(コイツ、オレのことを信用してねぇな)、とイライラしながら、同じことをくり返しジェスチャーを交えて話した。
「それだったらこの辺しか考えられないですね」 
 店長はブツブツ言いながら、何度も同じ場所をしつっこく捜している。そのうち、これだけ捜して見つからないのだからもう諦めるしかないんじゃないですか、という態度を露わにしてきた。それでもオイラは、前にカギを失くした時の大変さが頭にあって、諦めきれずにいる。
「私にも仕事がありますので……、ほかの店員を寄こしますから」
 店長はしびれを切らしたように捨てゼリフを吐いて行ってしまった。ひとりに取り残されても必死に捜し続けたが見つからない。応援の店員がやって来る気配もない。
 さすがにこれ以上ムダに見える作業をしているのも惨めに思えて、後ろ髪を引かれながらその場を後にした。もうこんな店で買ってやるものかと腹立ちながら、また買いに来るのも面倒くさいし、老眼鏡がないのも不便なので、悔しいけれど三階の売り場に行ってお目当ての老眼鏡を買うことにした。二つ買うつもりでいたのを一つにしたのが精一杯の反逆だ。
 レジを済ませて三階から二階にエスカレーターを降りていると、カギを紛失した商品棚が視界に入った。(もう一度捜してみようか)、未練がましく迷っていると、店長の後ろ姿が見えた。商品棚の商品を一つひとつ手でまさぐっている。(あのジジイ、なにか悪さをしていないだろうな)、と確認しているみたいだ。
 憤まんやるかたない思いで睨みつけると、視線を感じたのか店長がふっとこちらを振り向いて目が合った。店長はまずいところを見られたというような表情を浮かべて、罰わるそうに頭を下げる。オイラは一瞬のことでどんな顔をしていいのかわからない。そのうちに二階のフロアに着き、なにか言ってやろうと向かいかけたが、すべての思いを押し殺して、一階へのエスカレーターの段板を踏んだ。
コメント (6)

「江戸っ子はなぜこんなに遊び上手なのか」 その11 

2017年10月30日 00時06分36秒 | 本の紹介(こんな本がある)
 「江戸っ子はなぜこんなに遊び上手なのか」 その11 中江 克己 青春出版社 2016年

 歌舞伎から生まれた流行色 その3

 粋な色とされ、流行した色に「江戸茶」がある。歌舞伎18番の『助六由縁江戸桜』で、市川団十郎が侠客の助六を演じたとき、紫色の鉢巻を締めたことから、鉢巻の紫色を「江戸紫」と呼ばれるようになった。
 さらに『八百屋お七』で、お七役が黄八丈の衣装を着たことから、江戸の女性に黄八丈が人気を博した。

 このように歌舞伎の舞台からさまざまな流行が生まれたが、江戸庶民はそれだけ歌舞伎に注目し、役者の衣装に用いた色を取り入れて楽しんだ。現代で言えば、映画やテレビから流行が生じるようなものだった。

コメント

「江戸っ子はなぜこんなに遊び上手なのか」 その10

2017年10月28日 00時11分54秒 | 本の紹介(こんな本がある)
 「江戸っ子はなぜこんなに遊び上手なのか」 その10 中江 克己 青春出版社 2016年

 歌舞伎から生まれた流行色 その2

 瀬川菊之丞の二代目は美貌で知られ、女形(おやま)としてたいへんな人気を集めていた。代々「路孝(ろこう)」の俳号を使っていたが、明和3年(1766)、中村座で上演された『八百屋お七恋の江戸染』のなかで、菊之丞が下女お杉に扮したとき、やや緑みのある茶色だったが、女性のあいだで評判となって流行、「路孝茶」と呼ばれた。

 初代尾上菊五郎が使った茶色も人気になった。濁った緑系の色だが、灰みの萌黄色にも見える。これは「梅幸茶」と呼ばれたが、梅幸は菊五郎の俳号だった。

 四代目松本幸四郎が鈴ヶ森の長兵衛の合羽に、灰みのある暗い納戸色(灰みがかった藍色)を使い、評判に成った。屋号を「高麗屋」と称したことから、色名は「高麗納戸」といわれた。

コメント

「江戸っ子はなぜこんなに遊び上手なのか」 その9

2017年10月27日 00時10分19秒 | 本の紹介(こんな本がある)
 「江戸っ子はなぜこんなに遊び上手なのか」 その9 中江 克己 青春出版社 2016年

 歌舞伎から生まれた流行色 その1

 江戸歌舞伎には有名な役者が多い。しかも舞台衣装などに使われた「役者色」が芝居好きの江戸庶民に使われ、広く流行する、ということがあった。たとえば、初代市川団十郎は荒事の開祖であり、紅や墨を用いる顔の隈取りを創案するなど、歌舞伎に大きな功績を残した。

 歌舞伎18番『暫(しばらく)』は荒事の代表作で、市川家伝統の演目となっている。主人公が「しばらく」と声をかけて登場し、悪人をこらしめるという話だが、団十郎が舞台衣装である三枡大紋の素襖(すおう)に赤茶色を使ったことから、この色は「江戸好みの粋な色」と評判になり、「団十郎茶」といわれて流行した。

コメント

「江戸っ子はなぜこんなに遊び上手なのか」 その8

2017年10月24日 00時02分21秒 | 本の紹介(こんな本がある)
 「江戸っ子はなぜこんなに遊び上手なのか」 その8 中江 克己 青春出版社 2016年

 華やかな猿若三座 その1

 江戸後期のことだが、浅草寺奥山のほかに猿若町(台東区浅草六)という、華やかな芝居町があり、多くの人びとで賑わっていた。
 猿若町一丁目に中村座、二丁目に市村座、三丁目には森田座があり、これを「猿若三座」と称した。それぞれ屋根の上に櫓を設けてあるが、これは幕府が興行を許可したという印で「御免櫓」という。そのほか猿若町には芝居茶屋があるし、人形芝居の小屋などもある。いわば大衆娯楽の中心地で、1日に千両を稼ぐといわれたほどだ。

 ところで官許か、そうでないかによって、舞台の幕がちがっていた。官許の芝居は「大芝居」といったが、この場合、柿、黒、萌黄の三色の布を縦にはぎ合わせたもので、左右に動く引幕だった。いまの歌舞伎も同じである。ただし、配色は各座によって異なっていた。

 小芝居(見世物小屋、宮芝居)では、舞台上部に設置した竿に幕を取り付け、上下に動かす緞帳だった。このため、小芝居を、引幕が許されていない、ということから「緞帳芝居」といって一段低く見た。
 なお「宮芝居」というのは、神社の祭礼のときなどに、境内で小屋掛して興行する芝居のことだ。
 この北東には、吉原遊郭(台東区千束四)がある。奥山、猿若町、吉原を結ぶ一帯は、まぎれもなく江戸一番の歓楽地域だった。
コメント