アフガン・イラク・北朝鮮と日本

黙って野垂れ死ぬな やられたらやり返せ 万国のプレカリアート団結せよ!

コメント・TB管理基準

2006年08月31日 23時51分48秒 | 当ブログと私の生い立ち
※当ブログのコメント・TB(トラックバック)はブログ管理人による事前承認制を採用しています。承認可否の基準は、旧掲示板時代の投稿規程を基本的に引継いでいますが、ブログでも通用する内容に改編しています。下記の様なコメント・TBについては削除対象となりますので、ご留意下さい。

(1) 当ブログの趣旨・方向性とは相反するもの(ヘイトスピーチ、帝国主義・ファシズム礼賛、その他人権に反するもの)。
(2) 公序良俗に反するもの(商用・詐欺・風俗絡みのものなど)。営業系サイトへの誘導を目的とした所謂「釣り」TBについては、こちらの判断で全て削除させてもらいます。
(3) ネチケットに反するもの(デカフォント・アスキーアート・多重ハンドルの使用、偽者・成済まし・釣り投稿、連続大量コメントなど)。
(4) 誹謗中傷・名誉毀損・個人情報暴露・プライバシー侵害に該当するもの。
(5) 罵倒の応酬に偏したり過度に罵倒語を濫用したもの。
(6) 捨てHN(unknown・"名無し"など)や読めないHN(符丁・記号もどき)を使用したコメント。
(7) その他、管理人が掲載不適当と判断したもの。
コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ブログ開設宣言 | トップ | 掲示板からブログに移行してみて »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ホームレス訴訟の裁判官について (せいちゃん)
2008-10-27 13:49:06
初めてお便りします。
もし不適切な場合は削除してください。
大阪ホームレス裁判の掲示板を興味深く読まさせていただきました。
西川知一郎裁判長の判決に対しては、多くの批判が寄せられていますが、私はこの裁判官に命を救われたと言っても過言ではありません。
私の担当になる前、東京地裁でこの裁判官の裁判を何回か傍聴したことがありますが、居眠りをしているような裁判官がいる中、いつも真剣に審理を行っていました。
このため、このような裁判官に審理をしてもらえら本望、と思っていたところ、神様のお引き合わせか、それが実現いたしました。
何と最高裁で決着がついているにもかかわらず、審理を再開してくれたのです。
拙いHPを見ていただければ幸いです。
駄文で失礼します。
せいちゃんさんへ (プレカリアート)
2008-10-29 23:21:58
 レス遅くなり申し訳ありません。「西川知一郎裁判長」の「大阪ホームレス裁判」というのは、ひょっとして2006年1月に出た「野宿者がテントを張って住んでいる公園も住所として認める判決」の事でしょうか。下記が、その当該関連の過去ログですが。

・1月31日付拙稿「大阪・靱公園のホームレス・テント撤去強制代執行」
 http://afghan2004.hp.infoseek.co.jp/kakolog105.htm

 それでも、当時はまだ「これはあくまでホームレスの問題だ」という意識が、自分の何処か片隅に残っていましたが、今の麻生太郎の、もう「貧乏人へのアテツケ」としか思えない贅沢な暮らしぶりを見るにつけても、以前にも況して「これは決してホームレスだけの問題ではない」との感を、次第に強めています。この麻生の件に関しては、近日中に関連記事をアップする予定ですので、乞うご期待を。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

当ブログと私の生い立ち」カテゴリの最新記事