アフガン・イラク・北朝鮮と日本

戦争も人権抑圧もNO!万国のプレカリアート団結せよ!

当ブログへようこそ

 アフガン・イラク戦争も金正日もNO!!搾取・抑圧のない世界を目指して、万国のプレカリアート団結せよ!

 これが、当ブログの主張です。
 詳しくは→こちらを参照の事。
 「プレカリアート」という言葉の意味は→こちらを参照。
 コメント・TB(トラックバック)については→こちらを参照。
 読んだ記事の中で気に入ったものがあれば→こちらをクリック。

エス・コヤマと生協のやりがい搾取

2021年11月04日 20時27分00秒 | 当ブログと私の生い立ち

衆院選が終わった後なので本当は選挙の総括も書きたいのですが、党派別比例区得票数の推移集計に予想以上に手間取り、記事作成になかなか踏み出せないでいます。その代わりに、兵庫県三田市にある人気スイーツ店エス・コヤマの長時間労働について、私がつぶやいたツイート(ツイッターでのつぶやき投稿)を下記にまとめました。最初の私がツイートに対して、ケツメドJPさんという方からリプライ(返信ツイート)があり、それに応える形で、私が更にツイートしています。以後のツイートも、一応ケツメドJPさんへのリプライの形にはなっていますが、私自身としては、むしろ自分自身に言い聞かせる感じでつぶやきました。以下紹介します。末尾に(ケツメドJP)とあるのがその方のツイートで、それ以外の末尾に何も付いていない投稿は全て私のツイートです。

兵庫県の人気スイーツ店で月100時間以上の残業が常態化。労基署から2度も是正勧告。やりがい搾取が背景にあると識者がコメント。薄給のバイトや社員にパティシエの心構えを求める事自体が間違っている。幾ら美味しいケーキが作れても人が過労死していたら何もならない。仕事もやりがいも命あっての物種

社員の中には月のサービス残業が200~300時間超えの人もいたらしいです。 300時間と言ったら30日間は休みなしで1日10時間も残業するレベルです、過労死するレベルを超えている残業です。 1度目の是正勧告をしても、もし改善されない場合は営業停止や事業停止処分等の法律が必要です。(ケツメドJP)

実は私も残業が月100時間超えの時期がありました。生協勤務時代の末期です。慢性的なバイト不足の上に、正規職員の仕事を派遣など外部委託する為の業務マニュアル作成に追われる様になった為に。しかもその残業のほぼ全てがサービス残業。今から思えば私もやりがい搾取に洗脳されていたんだと思います

バイト不足の為、私が午前7時から出勤して冷凍庫の中で少ないバイトと一緒に検品・仕分け作業。仕分けが終わらず午後6時位まで現場作業がずれ込み。そこから慣れないパソコン作業でマニュアル作成。帰りはいつも終電車で時々泊まり込みも。もうやりがい搾取どころか奴隷労働。ほうほうの体でやっと退職

やりがいを感じられるうちはまだ良い。奴隷労働のレベルになると、まともな考えが出来なくなる。ただ過労死させられるだけでは癪だからパワハラ上司と差し違えて死んでやるとか、妄想が頭をよぎる様になる。別にそんな事しなくても、賃金不払いは犯罪行為なんだから、労基に告発すれば良いだけなのに

だから、従業員がケーキ職人になる事を夢見て長時間労働を受け入れて来た話も、決して他人事とは思えないのです。たとえ長時間のサービス残業やパワハラが横行する職場であっても、我々は生協運動やってるんだと。違法労働やパワハラが横行する時点で、金儲け主義のスーパーとも何ら変わらないのに

仕事にやりがいを求めるのは決して間違ってはいない。同じ仕事をするなら、やりがいが感じられないより感じられる方が良いに決まってる。しかし、命を削ってまで求める仕事ややりがいなぞは無い。そんな物は新興宗教のお布施ノルマと同じで、ブラック企業搾取の常套手段だ

私のブログの下記記事に、その当時の事が書かれています。今初めて明かす、いずみ生協問題 - アフガン・イラク・北朝鮮と日本 (goo.ne.jp)

このいずみ生協にも労働組合はありました。しかし、その労組も今から思えば生協の「企業内組合」だった様に思います。生協運動を頑張る中で労働者の権利も守って行く、みたいな。しかし、ハラスメントが横行する様な職場に、真のやりがいなぞある筈がない。仕事にやりがい求めるより先にパワハラ無くせ

私が今の会社で、バイトの組合のない職場でも、1人からでも入れる労働組合に入って、おばちゃん委員長と2人で会社幹部4人相手に団交に臨んだり、会社の労災揉み消しと闘えたりしたのも、もう二度と生協勤務時代の様な惨めな事は繰り返してはいけないと、痛切に思ったからです ※この件の詳細については次の記事参照。11.24団交の到達点を改めて再確認しておこう - アフガン・イラク・北朝鮮と日本 (goo.ne.jp)

この最初の団交は散々な結果に終わりました。会社が備品の台車を買う金ケチった為に、わざわざ台車が空くまで待って、重たい荷物を空の台車に積み替えなければならなくなった。その証拠写真を団交の場で会社に突き付けたら、逆に勤務時間内に組合活動した、果ては機密漏洩だと突っ込まれた。(続)

団交は失敗に終わったと皆思った。しかし実際は翌日の朝礼で、無理に一人で積み替えなくて良くなった。1人では無理なら2人で、2人でも無理なら誰か出来る人に。無理させて怪我させたら会社の責任になるから。これが団交の威力です。(続)

そこから次の手が見えて来る。法律には荷物の重さに制限はないと会社は言った。確かに労働基準法には重量制限の規定はない。しかし、労基法第1条にはそれに代わる条文がちゃんとある。この法律に定める基準は最低限のもので、定めがないからと言って基準を緩める様な事をしてはならないと。(続)

写真撮影がダメならスケッチで代用すれば良いのです。勤務時間も勤務場所も休日も皆バラバラ、これでは団結なんて無理と思っても、駅前の集合場所で送迎バス待つ間ならビラの一つ位撒けるじゃないか。勤務時間外に社外で何しようが個人の自由なんだから。最初から諦めていたら何も出来ない

ウチは大手スーパーから仕事を貰って、それで食っている下請け企業だ。仕事をくれるスーパーには逆らえない?いいえ、私達は只の下請けではない。そのスーパーの商品を買う消費者でもある。消費者を蔑ろにするようなスーパーには不買運動で対抗する事も出来る

その後の労災揉み消し事件についても述べておく。改装工事中の見通しの悪い作業場で、私が台車を運んでいる際に、前の作業者の後ろ足に台車を当ててしまった事があった。そいつは私に治療費と慰謝料を請求して来た。会社に労災申請しても、従業員の不注意による事故では労災降りないと言われて(続) ※この件の詳細については次の記事参照。これは俺だけの責任か? - アフガン・イラク・北朝鮮と日本 (goo.ne.jp)

確かに第三者行為(従業員の不注意)による事故には労災は適用されない。でもどんな不注意にも労働問題が絡んでいる。運転手の居眠り運転にも過労運転が背景にある様に。それを全て自己責任にしてしまったら労災なぞ画餅に終わる。改装工事に伴う障害物除去や注意喚起を怠った会社にも当然責任はある

それらを外部労組の援助も受けながら会社に労災申請したらあっさり認められた。脅かしに屈したらそこで負け。何でもゴリ押しすれば良いと言う物ではないが、ここ一番と言う時には絶対に引いてはいけない。自分で自分を追い込んで自殺してしまったり、京王線の犯人の様に暴発してしまっては絶対にダメだ

それともう一つ大事な事。何事も他力本願ではダメ。私が生協にいた時も労働組合員で、しかも共産党員だった。でもどこかに組合や共産党が助けてくれるという意識があった。常に相手頼みで、自分の意志はそんなに強くなかった。しかし、実際は組合も「企業内組合」で、共産党も職場のパワハラは黙認

幾ら労組や共産党でも、所詮はサポート役に過ぎない。肝心の自分が動かない事にはサポートも出来ない。それが分かったからこそ、今の職場では腹据えて闘えたのだ。その後、私は組合からも共産党からも抜け、今はしがない下請け企業の一バイトに過ぎない。でも生協時代より今の方が遥かに充実している

そうすると面白いもので、仕事でも評価されるようになった。職場にベトナム人のバイトが急に増え出し、仕事のやり方教えるにも一苦労。そこで写真入り、漢字振り仮名付きのマニュアルを作業場に掲示したら、仕事の引き継ぎが上手く行く様になった。どんな困難な事態にも打開策はきっとある

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

禍転じて福と為そう!猪突猛進の2021年に

2021年01月01日 22時37分00秒 | 当ブログと私の生い立ち
 
2021年、新年あけましておめでとうございます。
 
元旦の夕食は白みそ仕立てのお雑煮にしました。材料はチューブの白みそと冷凍和風野菜。手間要らずな物ばっかりで……。実は昨年2月に今のワンルームに越してから、出来るだけ自炊で賄うようにして来ました。ユニットバスとIHの一口コンロ、ミニサイズの冷蔵庫しかない部屋なので、簡単な物しか作れませんが、それまでの「どん兵衛だけの年越しそば」「雑煮なしのお正月」からはひとまず脱却出来ました。
 
お雑煮は、コップ3杯弱の水と小さじ4杯分の白味噌を鍋に入れて、まず冷凍和風野菜を10分間煮ます。水が沸騰して来たら弱火にして。野菜だけでは物足りないので、今朝の澄まし雑煮に入れた鶏モモ肉の残りも2切れほど入れました。そして頃合いを見計らって丸餅を3個入れ2分ほど煮て、餅が柔らかくなったらお椀に入れ、上にミツバとトロロ昆布を乗せれば完成です。本当は柚子の皮も乗せるつもりでしたが、うっかり乗せ忘れてしまいました。
 
食べたら思っていた以上に美味しかったです!実家にいた頃の白みそ雑煮は、餅以外は大根と人参しか入っていなかったので、まるで吐瀉物みたいで余り美味しいとは思いませんでした。ところが、ミツバとトロロ昆布を乗せるだけで、見栄えが全然変わる事が分かりました。
食べた後は体がポカポカ温まります。しかも野菜も取れるし、白味噌だけで油も塩も入れないので非常にヘルシーです。後片付けも油を使わないので非常に楽チンです。明日以降も雑煮の腕を磨きます。まずは、余り見栄えが良くなかった今朝の澄まし雑煮のリベンジを目指し、善哉作りにも挑戦します。
 
さて、目を外に転じると、今の日本は長く続いた安倍政権の下で、公文書・データ改ざん等の不正がまかり通る腐敗国家になり下がってしまいました。官僚やマスコミも、政権に生殺与奪の権を奪われ、すっかり牙を抜かれてしまいました。そのお陰で、幾ら政権の不祥事が続いても、選挙では与党圧勝の出来レースが続いて来ました。
テレビをつけても、下らないバラエティ番組か、政府広報みたいなニュースか、当たり障りのない旅番組・歌番組ばかり。かつては多少なりともあった骨っぽい報道番組はもはや見る影もなし。これでは選挙のたびに与党が圧勝するのも当たり前です。
 
ところが新型コロナ感染症の蔓延で情勢は一変。医療崩壊をきっかけに、それまでの福祉削減、弱者切り捨ての流れを見直す動きが出て来ました。
それまであれだけ権勢を誇っていた安倍政権も、アベノマスクの失策や10万円給付金支給の遅れ、「お家で踊ろう」動画の猿真似で、次々と無策ぶりをさらけ出し、迷走を続けた挙句に、再び政権を投げ出し呆気なく終わってしまいました。
 
ウイルスには忖度も情報統制も通用しません。安倍の後継者として総理に就任した菅義偉も、「公助より自助優先」と、更なる福祉削減を宣言したものの、GO TOキャンペーン固執でコロナ無策ぶりを露呈し、ただの「安倍の劣化コピー」でしかなかった事が白日の下にさらけ出されました。
この大阪でも、表向きは野党ズラしながら、実際は安倍政権べったりで自民党以上に福祉削減、憲法改正に熱心だった「維新の会」知事や市長が、大阪市をハゲタカファンドのカジノ資本に売り飛ばそうとした都構想住民投票に敗北。絶対に勝てないと思っていた巨大な自民党や「維新の会」も、一皮むけば、ただの「張り子の虎」でしかなかったのです。
 
他方でコロナは人を選びません。政権だけでなく我々にもコロナ感染の脅威が容赦なく襲い掛かって来ます。外出自粛による経済停滞、失業増大、医療崩壊で庶民生活はまさに青息吐息です。しかし、今更それを悔いても仕方ありません。我々もコロナ対策で三密回避やマスク着用など、やるべき事をやった上で、コロナ禍を契機に、逆にそれまでの福祉削減、弱者切り捨ての新自由主義を乗り越え、「禍(わざわい)転じて福と為そう」ではありませんか!
 
今年は丑年ですが、丑(うし)を亥(いのしし)に読み替え、「鬼滅の刃」の伊之助のように「猪突猛進」の勢いで、倦まず弛まず頑張りましょう。年明けにまた大寒波が来るとの天気予報も出ています。コロナによる医療崩壊で、病気になっても簡単には病院に行けなくなってしまいました。最後に決め手になるのは自分の体の抵抗力です。くれぐれも健康には気を付けましょう。今年も宜しくお願いします。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

社畜の裕福より非正規の自由!

2020年12月23日 22時22分00秒 | 当ブログと私の生い立ち

兵庫ゴールドトロフィーの馬券を買いに訪れたDASH心斎橋に、園田競馬の馬券の買い方を説明した漫画のパンフレットが置かれていました。私はその漫画を読んで、「そう言えば、今、非正規雇用で勤めている物流センターや、今住んでいる西成あいりん地区にも、こんな人が一杯いるなあ」と思いました。刹那的ではあっても、その日一日を精一杯生きている、そんな漫画の登場人物の気持ちが、今ではかなり分かるようになりました。

漫画の説明をすると、大隅春香という競馬ビギナーの女の子が、中央競馬(JRA)のテレビ・コマーシャルに出て来るようなイケメン男子との出会いを求めて、園田競馬場にひょっこりやって来ます。そこで、競馬ファンと思しき同年代の女の子と出会います。その女の子の名前は山田火酒。火酒と書いてウォッカと読みます。いわゆるキラキラネームです。酒飲みの親父が、女の子にそんな名前を付けたのです。

山田火酒の親父はもう肝臓がんで亡くなっています。その代わりに、競馬場で山田と知り合った労務者風のオッサンが大隅春香の前に登場します。大隅が労務者に名前を尋ねても「何でそんな事聞くねん?名前なんか何でもええやないか」と返されてしまいます。そしてパンフレットには「ビギナーズアドバイス」として「競馬場で出会った人の個人情報や過去を深く詮索するのは避けましょう。人それぞれ色々とふれられたくない過去があるのです」と書かれているのです。

あいりん地区での処世術も、全くこれと同じです。個人の過去をあれこれ詮索する人はまず嫌われます。あいりん地区の住民は外から来た人間をものすごく警戒します。目と目が合っただけでも「何メンチ切ってんねん!」と凄んで来ます。その代わりに、一旦お友達として認識されてしまうと、それまでの邪険な扱いとは裏腹に、手のひらを返すように親切に、色々と教えてくれるようになります。

但し、この「親切」も、時によってはものすごく馴れ馴れしく感じられる時があります。私が釜ヶ崎の夏祭りで買った「黙って野垂れ死ぬな」という文字の入ったTシャツを着て街を歩いているだけで、「兄ちゃん、兄ちゃん、そのTシャツかっこいいな!一体何て書いてあるねん!何々、黙って野垂れ死ぬな......そうや、その通りや、黙っとったらあかんねんで!」と勝手に盛り上がり、いつまで経っても私を離してくれません。これから会社に出勤しなくてはならないのに......(下の写真がそのTシャツ)。

以前の私なら、そんな人間には一切近寄ろうとしませんでした。でも今は、スーツ着てパリッとした礼儀正しい紳士よりも、むしろ、そんな変なオッサンの方に、より親近感が湧くようになりました。素の自分をさらけ出せるからです。周りに気を使わなくても良いからです。「~でなければならない」「~しなければならない」といった呪縛から解放されるからです。

今から考えると、私の生まれ育った家庭は、それとは正反対でした。公務員上級職の親父は典型的な毒親でした。外では物分かりの良い親父のふりして、家でお袋に暴力を振るっていました。子供の意見も一切聞こうとせず、自分の価値観を平気で子供に押し付けようとしていました。

親父は、役所内で労働組合の人から共産党機関紙の「赤旗」を勧められても断り切れずに自宅に持ち帰りながら、もう大学生になった私がその「赤旗」を読もうとすると、私の手から奪い取り、お袋にも「あいつに読ませるな」と命令するのです。直接私には言わずに。家で購読している新聞ぐらい自由に読ませろよ。それが嫌なら最初から購読するなよ。

私が生協に勤めだした時も、親父はお袋に「生協は共産党だ。すぐに辞めさせて教員採用試験を受けさせろ」と言っていたそうです。当時まだ生協に勤めだしたばかりで、早く新しい職場に慣れ、新しい仕事も一杯覚えなければならない時期に。それでお袋が「形だけでも受験してくれ」と泣いて頼むので、仕方なく筆記試験だけ受けて白紙答案を出して試験場から帰って来てやりました。

今の職場で労災もみ消し事件に遭った時も、私が労働組合に入って会社と闘おうとする姿勢を見せた途端に、私を庇うどころか、逆に会社と一緒になって「報告書にそんな事まで書くな」と、とにかく穏便に済まそうとしました。まるで暗に「泣き寝入りせよ」と言わんばかりに。

その挙句に婚活の強要です。「その年になってまだ独身なのか?今まで一体何して来たのか?ただ、のんべんだらりと生きて来ただけではないか」と言って、近所に住んでいるというだけで私とは一面識もない目の不自由な整体師の女性と、いきなり「結婚したらどうか?」と言って来たのです。一面識もないのに。それで私が「何故そんな事を言うのか?」聞くと、いきなり「お前、もう年いくつだと思っているのか!」と怒鳴り散らし始めたのです。

この婚活強要事件が決定打となって、私は実家を出ました。出勤時に電車の中から「自分の世間体ばかり気にして、俺にいちいち指図して、俺の人権も認めず、まるで所有物みたいに扱いやがって。もう帰らない」とメールを送って。親父はまさか私が本気で家出したとは思わなかったようで、夜11時頃まで「早く帰って来い」と命令メールをよこした挙句に、12時を回り翌日に日付が変わった途端に、今度は「いつ帰って来るのかなあ♪待ってるゼ!」と猫なで声メールに豹変。その夜はネットカフェに泊まり、翌日からは、あいりん地区のホテルから会社に出勤するようになりました。

しかも、そんな経過で今に至ったにも関わらず、親父はいまだに相手の釣書(婚活プロフィール集)を私に渡そうとするのです。そりゃあ、経済的な観点からすれば、一人より二人夫婦で住む方が、家賃や水光熱費、税金の負担も軽減されるでしょう。でも、今の非正規の給与では、私一人が食っていくだけで精一杯なのに、二人も養える自信がありません。相手にも両親はいるでしょうし、その両親の老後の世話もしなければならなくなる。これでは老々介護で共倒れになりかねません。

それに、親父の知り合いだとしたら、相手も親父と同じような人間である可能性が高い。上流階級の狭い世界しか知らず、常に上から目線で、地位や財産の有無で人間を差別するような人間である可能性の方が高い。私はそんな人と結婚したくはありません。そんな人と結婚するぐらいなら、まだ一生独身で通した方がよっぽど幸せです。

無理に結婚して、家族を守る為に、馬車馬のようにこき使われて、過労死してしまったり、うつ病になってしまっても、泣き寝入りしなければならないぐらいなら、まだ独身の非正規雇用のままでいる方が、精神衛生上はるかに健康的です。社畜の裕福より非正規の自由!

しかし、親父は何故そこまでして結婚に拘るのか?兄貴が何度聞いても、帰って来る答えは「人は支え合って生きて行かなければならない」と、まるで判で押したような抽象的な答えが返ってくるばかり。それが親父の本音だとはとても思えず。多分、早く私を誰かと結婚させて、夫婦で自分の面倒を見させようとしているだけではないか?

それでも私が相手の釣書の受け取りを断固拒否していたら、今度は何も思ったのか、いきなり兄貴を通して、私に百万円もの大金を送り付けて来たのです。「お前も大変だろうから家賃の足しにでもしてくれ」と。でも、私は、それを「有難い」なんてこれっぽっちも思いません。その百万円も、元はと言えば、私が就職してから実家に入れて来た給与の一部分に過ぎないのですから。親父はそうやって、社会人となった息子たちから預かった給与の一部を元手に、株や生命保険に投資をしてきたのです。それらも元は私の給与の一部です。

親父からもらった百万円は、その大半を年一括払いの生命保険ファンドの個人年金保険料の支払いに充て、残りを私の銀行口座に入金しました。確かにこれで生活は少し楽になりました。そこで、普段は見向きもしなかった地方競馬に、試しに三千円ほどつぎ込む気になったのです。ほんの暇つぶしです。今やコロナでどこにも旅行に行けず、明日からまた年末繁忙期の激務が待っているのですから、その合間のシフト連休に、地方競馬に三千円ほどつぎ込んだぐらいで、罰が当たる筈はありません。

先ほどの園田競馬ビギナーズ漫画に話を戻します。「私、年上の男の人が好き」とつぶやいた大隅春香の言葉を真に受け取った労務者風の男が、本気で春香にプロポーズ。しかし、春香は一足先に、職場で競馬ファンの男性社員と知り合い、二人で園田競馬場にやって来るようになる。それを知った労務者は失望の淵に。でも「生きてりゃあ、そのうちいい事あるさ」と、再び山田と競馬三昧の日々を送り始める……で終わります。

人生なんて、「生きてりゃあ、そのうちいい事あるさ」ぐらいのノリで送っていたら良いのです。親父からすると「のんべんだらり」と生きているだけかも知れませんが。でも、山田も労務者も、親父が知らない所では精一杯生きているのです。ホームレスですら、その日一日食つなぐ為に、必死になって缶集めに精を出しているのです。必死に努力しているという意味では、親父と何ら変わりません。

それを上から目線で「怠け者」と勝手に決めつけて、バカにする権利なぞ誰にもありません。どんな人間であろうと、自由・平等に、幸福に生きていく権利はあるのです。それを踏みにじる権利なぞ誰にもない。同じ努力するなら、単にホームレスにならないように努力するだけでなく、ましてや、他人をホームレスに蹴落として自分だけ助かろうとするのではなく、逆に、ホームレスを生まない社会を皆で作っていくように努力したいものです。

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

労働組合卒業宣言

2020年09月01日 20時55分55秒 | 当ブログと私の生い立ち
 
私事ですが、私の所属しているユニオン(労働組合)とようやく連絡が付き、今まで滞納していた8ヶ月分の組合費9600円の支払いと引き換えに、正式に組合を脱退する事になりました。
 
私がこの組合に加入したのは2010年の春。当時勤めていた某スーパーマーケットの物流センターでは、スーパーによる委託人件費カットと、それをバイトにしわ寄せして延命を図ろうとする請負企業の我が社によって、バイトは時給890円の低賃金で、昼休みも満足に取れない状況に追い込まれていました。
 
その上、当該スーパーが備品のドーリー(運搬用の台車)購入をケチり、下請けの我が社もスーパーに何も言えなかった為に、バイトは重い荷物を、背の低いドーリーから背の高いカゴ車(別の種類の台車)に積み替える、危険で不要な作業を強いられていました。
 
それに対し、当時既に腰痛の持病を抱えていた私は、「もうこれ以上の労働強化には耐えられない」と、組合の無い職場のバイトでも一人から入れる労働組合に加盟し、同年秋にはオバちゃんの組合委員長とたった2人で、4人の会社幹部を相手に団体交渉しました。
 
団体交渉そのものは散々な結果に終わりましたが、これを機に、周囲の私の見る目が変わって来ました。今までは、どちらかというと目立たないタイプで、「何を考えているか分からない」と私の事を見ていたバイトも、次第に一目置いてみてくれるようになりました。
 
いずれも今となっては懐かしい思い出です。組合には、それ以降も、会社の労災揉み消しと闘い、労災認定を勝ち取る上で、大変お世話になりました。
 
でも、所詮は、職種も勤め先も勤務時間もバラバラなバイトが寄り集まった弱小組合のユニオンです。その後は組合活動に参加する機会もなく、組合費だけを万一の保険代わりに支払う日々が続いていました。
 
それでも当初は組合のレクレーション行事には参加していましたが、久しぶりに出席した秋の芋掘り大会で、古株の組合員から「お前、一体誰やねん?」みたいな言い方をされたのに嫌気が差し、もう組合のレクレーション行事にも一切参加しなくなりました。
 
やがて月日が流れ、最初はパワハラが横行していた我が社内でも、次第に私の業績が認められ(仕事上でも職場内の組合活動面でも)、もはや組合に頼らなくても、充分やっていけるだけの自信が着きました。
 
そこで、今年2月からは組合費も払わない事にしました。月額僅か1200円の組合費でも、何も活動していないのに無駄金払うのはバカらしいので。
 
でも、何度も届く組合費の支払請求書を見て、「いつまでもこんな宙ぶらりんな形を続けていてはいけない」と思い、正式に脱退する事にしました。
 
今でも労働組合の意義はちゃんと認めています。しかし、今の様な組合の活動スタイルでは、組合員の参加はその場限りに止まってしまうでしょう。それに一区切りを付ける為に、労働組合を脱退する事にしました。
 
かつて勤めていた生協もそうでしたが、幾ら口では民主的な事を言っていても、実際はパワハラが横行している職場は幾らでもあります。その一方で、今の我が社もそうですが、最初はパワハラが横行していたブラック企業でも、労働者の出方如何によっては、たった1人でもここまで変える事が出来るのです。
 
労働組合は確かに大切ですが、組合にさえ入ればそれで救われるものでもありません。最後の決め手になるのは、やはり個人一人一人の気構えだと思います。
 
これは決して労働組合の存在意義を否定している訳ではありません。労働組合の存在意義はちゃんと認めた上で、「いつまでもそれに寄り掛かってばかりではいけない」「いつまでも他力本願ではいけない」という、いわば私のささやかな「労働組合卒業」宣言です。
 
 
だからこそ、いきなりの安倍総理辞任で、肩透かしを食らって意気消沈している人にも言いたいのです。確かに、安倍総理の辞任そのものは持病の悪化によるものであり、国民の力によるものではないかも知れません。でも、総理の持病が悪化した背景には、それまでの森友・加計問題や「桜を見る会」、河井夫妻の贈収賄疑惑や、秘密保護法、安保法制、共謀罪法案の強行採決、相次ぐ公文書や統計データの改ざんに見られるような、国政私物化、縁故政治、強権政治、分断統治のほころびがあると思います。それが回りまわって、持病の悪化となって現れたのだと思います。
 
そういう意味では、この持病の悪化も、国民の勝利であると言えなくもありません。こんな事を言うと、「何もそこまで安倍総理の事を悪しざまに言う事ないじゃないか」と思う人もおられると思います。しかし、現に、安倍政権の下で、公文書改ざんに手を染めざるを得なかった公務員が、それを苦に自殺しているのですから、悪しざまに言われても仕方ないと思います。
 
むしろ、これだけの事をしでかしてもなお、いまだに安倍政権の支持率が3割もあり、嘘か本当か分からない持病の噂を流されただけで、更に支持率が20ポイントもアップする方が、よっぽど異常なのです。こんな調子では、「日本人は、何されても権力者の言いなりになる奴隷のような民族」として、最後には政府だけでなく、国民まで世界中からバカにされるようになると思います。
 
明治時代に、幸徳秋水という人がいました。時の政府を厳しく批判したために、明治天皇暗殺の濡れ衣を着せられ、一方的に死刑にされた新聞記者です。その人がこんな言葉を残しています。「新しい年が明けても全然おめでたくない。悪政は続き、格差も広がるばかり。でも、社会の底辺では、貧しい人々の怒りが渦巻いている。やがて、その怒りが噴出し、それを機に、世の中も徐々に変わっていくだろう。そう考えると、新しい年が明けるという事は、世の中が一つ進歩するという事であり、確かにおめでたい」と。その上で「でも他力本願ではあってはいけない」という事も、私は付け加えたいと思います。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

天は自ら助くる者を助く

2020年08月04日 15時45分17秒 | 当ブログと私の生い立ち
 
ー8月2日(日)ー 以下、日々のライン投稿より。(一部編集済)
 
8/4日、5日のシフト連休に奈良県の洞川温泉に行きます。実は私の今住んでるワンルーム、エアコン付けても全然冷えません。管理会社に言ってもたらい回しにされるばかり。もう我慢出来ないので避暑に行きます。今の私にとってはコロナ感染と熱中症になる確率は五分五分。どちらか選ぶしかありません。
 
※エアコン(冷房専用の窓用エアコン)は入居当初から部屋に備え付けの家電で、こちらで故意に壊さない限り無償修理の対象になります。
※宿の予約はまだしていません。
 
自分のブログにGoTo批判記事を書いた矢先にこんな告知をするのもアレですが、平日の一泊二日ぐらいならコロナ感染のおそれはないでしょう。近鉄旅行センターの担当者もGoToについては未だに詳細がよく分からないとボヤいていました。悪いのは劣悪な住宅しか供給できない不動産会社やそれを放置して来た政府です。
 
ー8月3日(月)-
 
明日からの洞川温泉行きは中止します。
今日帰ってから洞川温泉の旅館組合に加盟している旅館・民宿に片っ端から電話しました。
流石に宿泊前日ともなれば「まともな所」はどこも満室。それはこちらの準備不足の為なので諦めは付きます。
問題は空いている所です。「川魚料理しか出ない夕食なのに1泊2万9千円」「素泊まりなのに1泊1万8千円」「1泊数千円と安いが中華料理屋2階のトイレ・バス無しタコ部屋で風情も何もない」と、ボッタクリみたいな所ばっかり。(# ゚Д゚)
もう、これを見て旅行に行く気が完全に失せました。
 
ー8月4日(火)朝-
 
洞川温泉に避暑に行けなくなったので、暑さ対策に次の2つを試みます。
 
1つは夜間の窓の開放です。住んでいる所が「あいりん地区」という事もあり、今まで部屋の窓は閉め切っていました。たまに換気の為に開けたとしても、それは一瞬でした。
部屋はマンションの5階にあるので、普通なら不審者が窓から侵入する事はほとんど不可能です。ところが、私の部屋のすぐ外には電柱が建っています。コンクリート製の電信柱で、柱の途中から上の方には、電気工事の足場用の釘も柱から飛び出ています。その釘伝いに不審者が侵入して来るおそれがある為、今まで夏でも窓を密閉していました。
しかし、これだけ暑くてはもう窓を密閉したまま過ごすのは無理です。そこで試しに昨夜はずっと窓を開け放して寝ました。そうしたら、部屋が北向きという事もあり、結構涼しかったです。今までの寝苦しさが嘘の様に、結構熟睡出来ました。勿論、窓を開け放つのは在宅の時だけです。外出する際は窓も閉じて鍵も掛けます。
 
 
暑さ対策のもう1つは、管理会社との直接交渉です。
今住んでいる部屋は、入居者募集の広告にはエアコン完備と謳われていました。ところが実際にあるのは冷房専用の窓用エアコンのみ。そのエアコンも、幾ら電源を入れても、弱い風が吹き出すばかりで、全然部屋の温度が下がりませんでした。
建物管理会社には、今まで何度も苦情を電話で言ったりメールで送ったりして来ました。でも、幾ら電話しても苦情窓口のコールセンターに繋がるばかり。コールセンターの回線は混み合っていて、なかなか繋がりません。運良く繋がっても、「担当者から折り返し電話します」という返事はあるものの、返事は私の留守電に一度あった切り。留守電の電話番号に電話しても繋がるのは先程のコールセンターのみ。苦情メールに対する返信も無し。
建物管理会社の事務所は大阪市浪速区にあります。私の住んでいる「あいりん地区」からも歩いて行ける場所です。今まで直接乗り込むのは躊躇していましたが、ここまでたらい回しにされたのでは埒が開きません。電話してもコールセンターにしか繋がらないので、もうアポも取らずに直接事務所に乗り込みます。
 
ー同日午前12時-

夏の暑さ対策の件で朗報です。
 
建物管理会社に上記のメールを送ったら、すぐさま私の携帯に電話がありました。まず、管理会社の担当者からの電話で、「至急業者を手配します。ただ今は夏のシーズン真っ盛りで工事依頼が殺到していて時間がかかるかも」という話でした。
 
その後、更に話が進展し、「備え付けの冷房専用クーラーの交換なら、在庫があるのですぐに出来ます。今日の午後からでも交換に伺わせて貰います」と。
 
ヤッター!やはりメールに「事務所に直接乗り込むぞ」と書いたのが効いたのかも。証拠保全の為に修理前のエアコンの写真を撮り直し、業者が来るまで部屋に待機しています。それにしても暑い…☀️

ー同日午後2時-

無事エアコン交換が終了しました!現在、新しいエアコンからは摂氏21度の冷風が降り注いでいます。今までの蒸し風呂状態は見事に解消しました。
 
新しいエアコンは別のメーカー品になりました。2020年製です。今までのエアコンは2002年製だったので、寿命が尽きて使い物にならなくなっていました。
 
エアコンの取り付け位置も変わりました。今までは窓の左側でしたが、今度は窓の右側に移動しました。窓用エアコンなので、本来なら窓のガラス戸と直に接する右側に設置しなければならなかったそうです。要するに施工ミスです。それに伴い室内のレイアウトも変わり、「厳選ごはん」の段ボールを椅子の背もたれに使えるようになりました。
 
※今時、冷房専用の窓用エアコンなぞ余り使う人もいないと思うので、一応解説しておきます。
 窓用エアコンは外から空気を取り込み、中のコンプレッサーで空気を冷やして部屋の中に送り込みます。一般のエアコンなら窓の外にある室外機が、このエアコンの場合は窓の中にあるというイメージです。故に出窓形式の私の部屋でも設置できるのです。
 ところが窓を閉め切ってしまうと空気を中に取り込む事が出来ません。それでエアコン稼働中は窓ストッパーで窓が塞がれないようにしています。だから、隙間から空気が漏れないように、窓ガラス戸とエアコンは直に接していなければならないのです。
 
新しいエアコンはリモコンで操作出来るようになりました。それに伴い、エアコンの取扱説明書と保証書もいただく事が出来ました。入居当初はリモコンはおろか取扱説明書も無かったので、不調でもどうしたら良いのか皆目見当も付きませんでした。
 
これで今夜からは熱帯夜から解放され、ゆっくり熟睡する事が出来ますzzz。もう夜通し窓を開け放つ必要もなくなりました。残念ながら旅行には行けなくなりましたが、今から思うと、かえってその方が良かったと思います。
 
逃げてばかりではチャンスは永遠にやって来ません。生存権も侵害されたままです。「天は自ら助くる者を助く」(Heaven helps those who help themselves.)という英国のことわざもあります。自分から動かなければ天の助けも来ません。他力本願ではダメです。やはり、ここは釜ヶ崎の先達が遺した言葉通り「黙って野垂れ死ぬな やられたらやり返せ」の精神で行こうと思いますv。
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

やはり腰痛の原因は住環境にあった。

2020年06月17日 21時33分19秒 | 当ブログと私の生い立ち
 
ブログ更新が滞り申し訳ありません。実は特にここ数日来、朝起き上がれない程の腰の痛みに悩まされていました。
 
それでも仕事があるので何とか起き上がり、立ち仕事は出来るので毎日普通に出勤していました。但し、辛いのは精々昼までで、帰る頃には痛みも消え、普段と変わらない生活を送っていました。しかし、その間も腰の右側に違和感を感じていました。
 
そこで、今日の公休日に、いつもの整骨院ではなく、総合病院の整形外科で本格的に診察してもらう事にしました。
 
まず最初に腰をレントゲンで撮影してもらいました。しかし、レントゲンの結果は意外にも「異常なし」でした。「年相応に椎間板摩耗などの老化現象は見られるものの、それが痛みの原因とは認められない」という診断結果でした。
 
先生が言うには「いつも寝ている布団に原因があるのではないか?」という事でした。しかし、「では、どんな布団に寝たら良いのでしょう?」と聞いても「個人差があって一概に言えない」という返事でした。これでは取り付く島もありません。
 
但し、全く思い当たる節が無い訳ではありません。薄い煎餅布団もさる事ながら、近来のコロナ外出自粛に伴い、座椅子に長時間座ってテレビなどを観ている機会が確かに増えました。それが腰に負担をかけていたのかも知りません。
 
そして、筋肉が硬くなり、朝起きられない程の痛みに見舞われながらも、午前中の労働で徐々に体がほぐれ、午後からはほぼ普通の生活に戻れる様になっていたのでしょう。
 
思えば、西成のあいりん地区に来てこの方、住む部屋はいずれも三畳一間か五畳一間の狭いワンルーム。部屋に備え付けの備品はテレビとエアコン、冷蔵庫に座卓ぐらいしかありません。今の私の部屋にはユニットバスも付いていますが(その代わりにエアコンは無い。ウィンドファンのみ)、あいりん地区では、このユニットバスすら贅沢品なのです。これでは腰痛にならない方が不思議です。

西成のあいりん地区は、今も結核の無料診療所(保健所の分室)があるほど、結核患者の多い地域です。しかし、あいりん地区の狭い住環境や、日雇いの重労働の内容を考えると、ひょっとしたら腰痛も、結核と並ぶ地域の「風土病」であるかも知れません。
 
しかし、今更それを言っても始まりません。そこで、病院から1週間分の飲み薬と塗り薬を処方してもらったのを機に、今後1週間は整骨院の方はお休みして、病院からもらった腰痛ベルトと処方箋の薬だけで様子を見る事にします。
 
そして、座椅子に座るのは基本的に食事の時間のみとし、それ以外はパソコン席の椅子でブログの更新をする事にしました。腰痛予防のストレッチ体操も、今後は毎日取り組もうと思います。
 
 
ちなみに今日、病院でもらった薬がこれ(左端の写真)。右の肌色地に白錠がレバミピド(胃薬)、真ん中の銀紙に薄紅錠がロキソプロフェンナトリウム(解熱・消炎剤)、左の紫地に白錠がエペリゾン塩酸塩(筋肉弛緩剤)。これらは処方箋では1日3回毎食後に飲む事になっています。しかし、今日のお医者さんは「酷く疲れた日だけ飲めば良い。整形外科の薬なぞ飲まなくても別に死なない」と、余り推奨しない様な口ぶりでした。
 
その上の塗り薬がスミルスチック(鎮痛・消炎剤)。「これは湿布薬とは違い、かぶれないので、温湿布代わりに塗れば良い」という事でした。蓋を開けると一種独特な臭いがしますが、塗るとスッとします。
 
とりあえず、これらの薬を服用し、今日病院で教えてもらった猫背予防のストレッチ(3分間背中を反らしたままの姿勢でいる)や、整骨院で以前もらった冊子(真ん中の写真)の内容を参考に、ストレッチ体操を行い、仕事中は病院でもらった腰痛ベルト(右端の写真)をして、1週間様子を見ます。
 
実は、最初の部屋の写真の中の、衣装ハンガーの上にある青いバランスボールも、猫背予防に百均で買った物です。しかし、これに背中を乗せて身体をほぐそうとしても、急に転げ落ちて腕を擦りむいてしまったりした事があるので、こちらは今はもう余り使っていません。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

親父が統一教会の勧誘に引っかかってしまった

2020年05月27日 08時23分41秒 | 当ブログと私の生い立ち
 
親父が統一教会の勧誘対象になっていた。親父の実家に統一教会(今は世界平和統一家庭連合、略称・家庭連合に改称)から結婚相談の葉書がポスティングされていた。葉書の発信元が宗教法人の家庭連合になっているので、普通はそんな葉書なぞ無視するものだ。しかし、親父は電車内で傘を拾ってくれた見ず知らずの女性にも、うっかり「息子と結婚してくれ」と漏らすほどの結婚バカなので、その宣伝にすっかり乗せられ、何と先方に婚活パンフレットを請求してしまったのだ。
 
数日後に株式会社ウェブという結婚情報サービス会社から勧誘のパンフレットが送られて来た。この時点で、ようやく親父も不安に思ったようで、兄貴に相談の電話をして来た。幸い兄貴は、家庭連合が統一教会の後継団体である事を知っていたので、これが統一教会である事と、統一教会が韓国の反共宗教カルトで、過去に集団結婚式や霊感商法で社会問題を引き起こして来た事を説明して、ようやく親父に理解してもらう事が出来た。
 
私が大学生だった頃も、統一教会は「原理研究会」の名前で大学構内で活動し、学生を盛んにオルグしていた。大学通りでいきなりミニ黒板を取り出し、通行人に経典の「原理講論」の説明をやっていた。通行人が無視しようがお構いなしに。そうして、オルグした学生を人生相談や占い相談の名目でビデオセンターに連れ込み、そこで統一教会のビデオを見せて、最初は数日間のセミナーに、やがて数か月間ものセミナーに勧誘し、壺や霊石、高麗人参茶を途方もない値段で売り付け、一人前の信者に仕立てようと洗脳していた。やがて学生は大学もバイトも辞め、家を出て統一教会で集団生活を営み、オルグや霊感商法のノルマ達成を強いられるようになる。その行動スタイルたるや、後のオウム真理教と全く同じだ。
 
やがて、統一教会は私の住んでいる実家の周辺にも出没するようになった。大学のサークル帰りに、自宅近くの駅前で、素性を隠して宗教に関するアンケートを取っている女性がいたので、私はアンケートに答える振りをしながら、最後に「あんた、統一教会やろ!」と問い詰めた事があった。そうしたら、その女性は「違いますよ!何でそんな事を聞くのですか?」とシラを切り、何と私の後をつけて自宅まで付いてきたのだ。そして翌日に、他の信者と一緒に自宅に押し掛けて来た事があった。統一教会は、そこまでする狂信的な集団なのだ。そして、狂信的と言う意味では、思い込みの激しい親父も似たり寄ったりなのだ。
 
私が2年前に実家を出たきっかけも、親父の婚活強要に嫌気が差したからだ。最初は見ず知らずの近所の未婚女性といきなり「結婚したらどうか?」と言って来て、私が「何故いきなりそんな事を言うのか?」訝しがったら「あほう、お前もう年幾つだと思っているのか!」と怒鳴り出した。一見すると息子の将来を心配する余りの行き過ぎとも取れるが、親父の普段の言動を知っている私は、「独身の息子がいつまでも実家にいたのでは世間体が悪い」という「我が身可愛さ」から出たものだと判断し、最初の家出を敢行した。
 
だってそうだろう。独身か所帯持ちかで人間の値打ちが決まる訳ではない。どんな人間にも自由・平等に生きる権利がある。ところが親父は、外見や地位・財産で人間の値打ちが決まると思っているのだ。そうでなければ、「見ず知らずの女性といきなり結婚したらどうか?」なんて言って来ない。しかも、相手の女性は、近所と言っても隣近所ではない。実家から10軒近く離れた所にある鍼灸院を継いだ、目の不自由な独身女性だ。私も当時は生協で朝早くから夜遅くまで働きづくめで、婚活する余裕なぞ無かった。生協を辞めてからも、パソコンの学校に通ったり転職活動に忙しかったりで、その鍼灸院に通う機会も無かった。私はその女性の顔も見た事がないのだ。そんな女性といきなり「結婚しろ」と言われても、普通は「何で?」と思うだろう。統一教会の集団結婚式じゃあるまいし。
 
この時は兄貴の仲介で、私は実家に戻る事になった。しかし、親父はそれに懲りずに、また同じ過ちを犯す事になる。今度は親父の紹介する婚活サイトに私の身上書を送る時に起こった。親父は「年収200万の非正規雇用では嫁の来てが無いから年収を水増ししろ」と言って来た。そして、身上書に貼る写真を、親父が家族の中心に収まった物に差し替えるように言って来たのだ。しかも、身上書には縦長の写真を貼る事になっているのに、その写真は横長で、サイズも規定外の物だった。そこで私は「そんな写真なぞ身上書には貼れない」と言ったら、親父はいきなり怒り出したのだ。それでもう実家を出る事にした。
 
そんな経緯がありながら、親父は今でもあちこちの結婚情報サービス会社や婚活サイトに、懲りずに私の身上書を送っていたのだ。私は「もう二度と婚活なぞしない」と言って家出したにも関わらず。その結果、婚活業界の情報網経由で、統一教会系列の結婚情報サービス会社にも私の身上書が流れてしまったのだろう。
 
プライドが高く、自己中心的で、相手の立場になって考える事が出来ない。多様な物の見方が出来ず、常に一つの価値観に凝り固まる。地位や財産で人間を差別し、個人の自由や人権、生き方を尊重しようとはしない。そして、細かな事まで一々干渉・指図し、婚活するのはあくまで私なのに、親父が中心に収まった規定外の写真を、私の身上書に貼ろうとした。それに私が抗議したら逆切れ。
 
そんな親父は、統一教会からすれば「霊感商法の格好のカモ」だ。あのしつこい統一教会が、これしきの事で諦めるとは、私には思えない。親父は高齢な上に、典型的な毒親なので、周囲からの助言にも従わない。もう無視するしかないが、このままではまた変な詐欺商法に引っかかるとも限らない。やはり婚活そのものを禁止するしかないのだろうか?
 
安倍政権の罪状はモリカケ桜・黒川やアベノマスクだけではない。霊感商法や集団結婚式で社会問題になった統一教会の活動を陰で支え続け、家庭連合(世界平和統一家庭連合)への改称認可により今も彼の教団に宗教法人としてお墨付きを与え続けている。お陰で親父も危うく統一教会系婚活サイトの勧誘に引っかかる所だった。
 
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ミニマリストな生き方を目指す

2020年03月14日 22時24分19秒 | 当ブログと私の生い立ち

水光熱費込みで家賃4万5千円の3畳ホテル暮らしから、光熱費別でも一応風呂、トイレ付き家賃2万6千円余の5畳ワンルームに引越して早1か月が過ぎました(参照記事)。そこで、引越す前と後で、どれだけ固定費を圧縮できたのか検証してみました。

まず引越す準備をする前の昨年12月で見ると、主な物だけでも、これだけ支出がありました。

家賃4.5万、食費3万、医療費2万、交通費(PiTaPa)1.2万、携帯・ネット代1.3万、個人年金保険料(生保2社)1.7万円、実家の固定資産税1.4万(年4回支払い)、社員食堂食券代0.8万。合計15万9千円。手取りの月収が16万円余なので、いつも家計は赤字で、預金を取り崩していました。

その中で、当時住んでいた西成・あいりん地区のホテルの近くで、賃料1万9千円の事故物件が売りに出されている事を偶然知りました。賃料以外の共益費や水道代まで含めても2万6千余です。事故物件と言っても自殺や他殺ではなく自然死です。エレベーターのないビルの5階部屋ですが、最上階の角部屋で、キッチンも冷蔵庫もユニットバスもエアコンも付いています。但し、エアコンについては、冷暖房完備ではなく冷房専用のウインドファンでしたが。ホテルや駅からも近いので簡単に引越しが出来ます。それまでより安い家賃で、より充実した設備の物件に移り住む事が出来るのですから、私にとっては願ったりかなったりです。即決で引越す事にしました。

引越は2月1日にしました。それまで住んでいたホテルの家賃は、最後の1週間だけ1万3千円の週払いにしてもらいました。引越しは職場の同僚に手伝ってもらいました。引越し先の家賃は最初の月だけタダで、2か月目の家賃から前払いで払わなければなりません。それ以外にも初期費用が要ります。住宅保険料や賃貸保証料、鍵交換代、仲介手数料合わせて8万3千円余の初期費用を1月中に賃貸業者に払いました。

引越してからも最低限の家具や家電を買いそろえなければなりません。特に私は、それまでホテル住まいだったので、それらを全て1から買いそろえなければなりませんでした。寝具セットやテレビ、ストーブ、電子レンジ、カーペットなど含めて3万3千円ほど使いました。

最後のホテル家賃1万3千円+初期費用8万3千円+家具・家電類3万3千円の合計12万9千円。実際は端数も含めて13万円もの臨時の出費が加わり、2月の家計は8万7千円もの大赤字となりました。

勿論、この大赤字は引越しに伴う設備投資なので、もとより覚悟の上です。問題は2月以降に、どれだけ家計の支出を圧縮できるかです。当初の予測では、3月以降の固定費は家賃、公共料金(光熱費、通信費)、交通費の支払いだけとなるので、ひょっとしたら家計の黒字化も夢ではないと、いささか楽観的な予測を立てていました。

ところが実際は、1万2千円ほどの赤字で終わってしまいました。最後の最後に油断したようです。しかし、赤字と言っても、それまでの大赤字と比べたら雲泥の差です。1日当たりに直せば、もう後わずか300円ぐらいの節約で済みます。そこで一計を案じました。

まず、主な買い物先をイズミヤから業務スーパーに変更しました。イズミヤは他のスーパーと比べても、物の値段が高いですから。他のスーパーでは100円ぐらいで売っている惣菜のパックも、イズミヤでは200円前後します。2個買えば惣菜のパックだけでもう400円です。それにお米やみそ汁、お茶まで買えば、1食だけでも500円以上します。それでは外食とそう変わりません。

勿論、高くても美味しかったら文句はありません。朝食用のパンぐらいは美味しいものを食べたいです。安くてもまずいパンを買うぐらいなら、少々高くても美味しいパンを買いたい。「安かろう悪かろう」では何もならない。だから、あいりん地区のスーパー玉出では絶対に買わず、今までイズミヤを利用してきました。

しかし、多少なりともこだわりのある朝食用のパンならいざ知らず、どこで買っても大差ない惣菜のパックなら、安いに越したことはありません。たとえ100円、200円の違いでも、毎日続けばそれなりの金額になります。そこで、仕事帰りや休みの日に、少し遠いですが、業務スーパーで惣菜やパンを買う事にしました。鯖缶が87円、アンパンが58円と、非常に安いですから(イズミヤでは両方とも98円)。

但し、業務スーパーはイズミヤよりも遠くにあるので、買い物の手間もバカになりません。知らず知らずのうちに、計画的に献立を考えて買い物をするようになりました。せっかく、まとめて買っても、腐らせてしまっては何もなりませんから。1週間の献立表をマグネットボードに書いて冷蔵庫に貼り付けるようにしました。

そして、それまではスーパーで買っていたパック米も、宅配で1か月分をまとめて買うようにしました。その宅配業者は、私が休みの日・水曜日は配達も休みなので、休みの前々日までに注文して、前日の夜に家で受け取る事にしました。マルエーと言う業者の宅配米ですが、値段が安くて味も良く重宝しています。宅配米の容器も、食べた後はお皿として使えるので助かっています。

気が付いたら、ほとんど外食しなくなっていました。外食だけでなく、弁当もほとんど買わなくなっていました。この調子では、4月こそ本当に家計の黒字化を達成できるかも知れません。但し、ただ節約するだけでは、唯のドケチで終わってしまいます。唯のドケチ、欲ボケで終わるだけの人生では余りにも詰まらないです。生活の質の向上が伴わなければ意味がありません。

単なるドケチではなく、清貧を愛するミニマリストとしての生き方こそ、私の理想です。強欲でも貧乏でもない、本当の意味での「健康で文化的な最低限度の生活」。少なくとも、「長い物に巻かれろ」で出世や保身に憂き身をやつすだけの社畜や毒親、自分たちさえ儲かれば「後は野となれ山となれ」のカジノ推進・拝金資本主義者、国民には偉そうに道徳や愛国心を説きながら、己は国政私物化で私腹を肥やすだけの安倍や、欲ボケで顔もひん曲がってしまった麻生のような人間にだけは、私は絶対になりたくない。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

安倍退陣こそ最大のエコイート

2020年02月15日 21時35分49秒 | 当ブログと私の生い立ち
 
皆さんは「エコイート」というお店をご存じでしょうか?「少しでも食品ロスを減らそう」と、賞味期限切れの商品や賞味期限切れ間近の商品を安く販売しているお店です。運営しているのは「日本もったいない食品センター」というNGOで、現在全国で7店舗あり、そのうちの5店舗が大阪市周辺に集まっています。どれだけ安いかというと、商品にもよりますが、一番安い商品で市価の10分の1ぐらいの値段で販売しています。
 
「そんな賞味期限切れの商品を食べて大丈夫なのか?」「そんな物売って罪に問われないのか?」と思われた方もおられるかも知れません。ご安心下さい。私が言っているのは、あくまでも「賞味期限」です。「消費期限」ではありません。両者はよく似た言葉ですが、意味合いは全然異なります。
 
「賞味期限」=美味しく食べる事が出来る期限。その期限を過ぎても食べられない事はありません。勿論、程度にもよりますが。
「消費期限」=食べられる事の出来る期限。その期限を過ぎると、色々品質上の問題が出てきます。
食品衛生法で販売が禁止されているのは、あくまでも「消費期限切れ」の商品です。「賞味期限切れ」の商品ではありません。
食品の包装のどこかには必ずどちらかの日付の表示があります。賞味期限の長い商品(大体1か月以上)には「賞味期限」の日付が、それよりも短い商品には「消費期限」の日付が印字されています。
 
そういう安売りの店があると聞き、今日早速行って買ってきました。
私が行ったのは大阪市内の福島区にあるお店です。JR大阪環状線野田駅か地下鉄千日前線玉川駅で降りたら、すぐ近くにあります。マンションの1階部分がお店で、そんなに広くはありません。スーパーと言うよりも、むしろ地方の食料品店や小さな生協といった感じのお店でした。営業時間も朝10時半から夕方18時半までなので、時間だけで見ると、他のスーパーよりは確かに不便です。しかし、大して利益も出ないのに深夜営業で従業員に負担を押し付けているコンビニなんかと比べたら、はるかに健全だと言えるのではないでしょうか。
 
私が行ってまず驚いたのは、飲料の値段の安さです。自販機では1本100円以上もするコーヒーやジュースの缶が、何と15円や25円で売られているのです。ネットでは大阪・西成あいりん地区の自販機価格が話題になっていますが、その自販機でさえ一番安くても1缶50円です。それよりも更に安い値段で売られているのですから。私、こんな値段で売られている缶コーヒーを初めて見ました。
 
 
その一方で、レトルトの米飯やカップ麺は、そんなに安くはありませんでした。1個100円前後と、スーパーの販促売り場に並んでいる商品とそんなに差がある訳ではありません。元値自体が安いので、これ以上は下げたくても下げれないのでしょう。そして、売っているのはあくまで加工食品が主体です。冷凍食品や雑貨類・衣類も店の片隅で売られていますが、品数は多くはありません。生鮮食品はほとんどありませんでした。
 
私はレトルトの米飯と朝食用のパンが欲しかったのですが、買う事が出来たのはレトルトの米飯とバラ売りのポテトチップ、カップ麺だけでした。朝食用のパンはこの後、帰り道に別のスーパーで買いました。値段は確かに安かったです。湯煎も不要でそのまま食べる事が出来る五目御飯やきのこご飯でも100円、バラ売りのポテトチップに至っては何と35円で買えましたv。10点以上買っても千円しませんでしたvv。
 
日本では年間2759万トンもの食品廃棄物が出るそうです。そのうちの「食品ロス」、本来ならまだ食べられるのに捨てられてしまった食品の量が643万トン。この量は世界の食糧援助の総量の約1.7倍に相当するそうです。国民一人あたりに換算すると、毎日お茶碗1杯分もの量が、まだ食べられるのにむざむざ捨てられている事になるのだそうです。
 
何故こんな事になるのか?その原因の一つに、日本における食品の日付管理の厳しさがあると言われています。スーパーの売り場では「3分の1ルール」と言って、賞味期間が残り3分の1を切った商品については、まだ賞味期限切れ前で十分食べられるにも関わらず、廃棄処分しなければならないルールになっています。現に私が生協に勤めていた時も、この「3分の1ルール」厳守について、やかましく言われました。当時の私は、「これこそが品質管理の決め手だ」と思い込んでいました。今から思うと、この厳しすぎるルールも、食品ロスを作り出す原因になっていたのですね。
 
 
ところで、このお店の看板には、「貧困をなくそう」「すべての人に健康と福祉を」「平和と公正をすべての人に」とか、まるで「れいわ新選組」や共産党、立憲民主党の選挙公約みたいなスローガンが掲げられていました。これだけを見たら、まるで野党の選挙事務所の前にいるような錯覚に襲われます。しかも、そのスローガンには「1」「3」「16」などの番号が振られていました。
 
「これは一体何なんだ?」疑問に思った私は、ネットで色々調べてみました。そうしたら、これらのスローガンは、国連が2030年までに実現すると掲げた17項目の「持続可能な開発目標」(SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS=略してSDGs )である事が分かりました。以下がその17項目です。(国連広報センターのホームページ参照)
 
 1.貧困を無くそう
 2.飢餓をゼロに
 3.すべての人に健康と福祉を
 4.質の高い教育をみんなに
 5.ジェンダー平等を実現しよう(注:ジェンダーとは、男女やLGBTなどの性差の事です)
 6.安全な水とトイレを世界中に
 7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに
 8.働きがいも経済成長も
 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
10.人や国の不平等をなくそう
11.住み続けられるまちづくりを
12.つくる責任つかう責任
13..気候変動に具体的な対策を
14.海の豊かさを守ろう
15.陸の豊かさを守ろう
16.平和と公正をすべての人に
17.パートナーシップで目標を実現しよう
 
 1.貧困を無くそう
 2.飢餓をゼロに
 3.すべての人に健康と福祉を
 
まるで貧困対策を民間の子ども食堂に丸投げしている安倍政権や、生活保護費削減に躍起となっている今の大阪府・市政を皮肉っているみたいw。
 
 4.質の高い教育をみんなに
 
これなぞも、ベネッセなどの受験産業を儲けさせる為に、大学入試に英検の点数を強引に加味させて、英会話塾に通えない貧困家庭や地方の受験生を切り捨てようとした安倍政権に対する強烈な皮肉です。
 
 5.ジェンダー平等を実現しよう。
 
これも、選択式夫婦別姓に反対しながら「憲法改正しないと改姓も出来ない」と大嘘かます安倍政権に対する強烈な皮肉ですね。幾ら「女性活躍」とか言っても、「LGBTは非生産的」なんて時代錯誤な事しか言えない女性議員では、むしろ居ないほうがよっぽどマシです。
 
 6.安全な水とトイレを世界中に。
 
これも、リニアやカジノ、新幹線や高速道路の建設ばかりに熱中して、生活道路の橋や水道管の老朽化に何も手を付けなかった自民党や、その自民党と一緒になって水道民営化を推進している「維新の会」への強烈な皮肉ですね。南米ボリビアで先住民の大統領が当選したのも、前政権が水道民営化や水道料金値上げを強行し、金儲け本位の経営を推し進めた結果、水道水も飲めなくなった貧困層が革命に立ち上がったからです。民営化で一見サービスが良くなった様に見えても、儲けには結びつかない安全対策は後回しにして、福知山線事故を起こしたJR西日本や、笹子トンネル崩落事故を起こしたネクスコ中日本を見れば、民営化の弊害は明らかです。
 
 7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに。
 
幾ら二酸化炭素の排出量を削減しても、それ以上に有害な放射能を垂れ流していたら意味ないじゃん。原発再稼働と石炭火力発電所建設に邁進する安倍政権では、二酸化炭素も放射能も垂れ流し放題。
 
 8.働きがいも経済成長も。
 
これも、長時間労働を削減する振りしながら、過労死が問題になっているのに「残業代削減」に話をすり替えて、データを改ざんしてまで裁量制労働を推進しようとしたり、労働時間規制そのものを撤廃しようとする安倍政権に対する強烈な皮肉ですね。
 
今の新型肺炎対策についても、今まで散々、国立感染症研究所を始め各地の病院統廃合で医療機関スタッフを削減しながら、クルーズ船内で患者が発症したら隔離で「臭い物に蓋」で済まそうとし、患者を相部屋に入れて感染者を更に拡げ、「人混みを避けろ」と言いながら病気になっても簡単には会社を休めない現状には一切手を付けない、言っている事とやっている事が真逆の今の安倍政権をトコトン皮肉っています。
 
16.平和と公正をすべての人に。
 
森友・加計問題や「桜を見る会」で散々お友達優遇を繰り返し、新型肺炎流行の中で厚労官僚同士の不倫も見て見ぬ振りの安倍政権が、幾らこんな事言っても全然説得力がありませんね。
 
昨今、「平和」や「公平」や「人権」を口にすると、すぐ「チベット」や「北朝鮮拉致問題」を引き合いに出して、「拉致被害者家族を見捨てた人権派が」うんたらかんたら言う奴がいますが、そういう奴らこそ、新型肺炎対策そっちのけで「桜」や「不倫」にふけっている奴らに何も言えないではないか!強い奴には何も言えず、そのウップンを弱い者いじめで晴らすしか能のない「社畜」や「守銭奴」に、「お花畑」だの何だのと言われたくないです。私に言わせれば、そいつらの方こそ、よっぽど「お花畑」です。
 
「もったいない」と一人一人が言っているだけでは、ただの「ドケチ」に過ぎません。それをただ「もったいない」と言うだけでなく、食品ロスや軍事費などの無駄をなくして、戦争も差別も貧困もない世の中にするにはどうすれば良いか?それを考える一助にこの記事がなれば嬉しいです。その為にも、一刻も早く安倍政権を退陣させなければなりません。何故なら、安倍政権こそがエコイートの最大の障害であるからです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

パラサイト 釜ヶ崎のプレカリアート

2020年02月12日 23時35分37秒 | 当ブログと私の生い立ち

今、話題の韓国映画「パラサイト 半地下の家族」を観て来た。韓国には北朝鮮から飛来するミサイルに備え、半地下の防空壕が各地に点在する。その防空壕に貧困家庭が住み着き、下町のスラム街を形成している。窓は半分地中に埋もれ、部屋の中は日中でも薄暗い。窓には酔客の立小便が降り注ぎ、室内には散布中の消毒液の煙が充満する。雨が降れば室内は大洪水となる。

他方で高台には金持ちが豪邸を構え、家政婦を雇って何不自由ない暮らしを続けている。韓国は北朝鮮と今もにらみ合っている。軍事政権こそ打倒されたが、今も財閥が政治の実権を握り、左翼や労働組合の運動は抑えつけられている。そんな中では格差も広がる一方だ。韓国は日本以上の格差社会なのだ。

その韓国の半地下の防空壕に住むキム一家の元に、高台に住むIT企業社長パク一家の家庭教師の仕事が舞い込む。浪人生のキム・ギウが、友人の留学期間中だけ、高校生の娘パク・ダヘの家庭教師をする事になったのだ。最初は浪人生だから無理と尻込みしていたギウだったが、高額の報酬に釣られて、経歴を偽り名門大学の学生としてダヘの家庭教師をする事になった。

ギウからその話を聞いたキム一家の他の家族も、絵画の先生や家政婦、送迎ドライバーとして、まるで寄生虫(パラサイト)のように、赤の他人を装い次々とパク一家に群がるようになる。パク一家に長年仕えた前家政婦ムングァンも計略を使って追い出し、見事パク一家乗っ取りに成功したかのように思えたキム一家。パク家全員がキャンプ旅行に出かけると、羽目を外して飲むや食うやのどんちゃん騒ぎを繰り広げる。しかし、雨の日の夜に忘れ物を取りに戻ってきたムングァンを家の中に招き入れた事で、事態はあらぬ方向に進んでいく。

登場人物が一杯出てくるので、頭の中がこんがらがらないように、一旦、箇条書きにまとめると下記のようになる。

・キム・ギテク(父親):パク社長の専属ドライバー。
・キム・ギウ(息子):高校生の娘パク・ダヘの家庭教師。
・キム・ギジョン(娘):多動性障害を抱える息子パク・ダソンの絵画の先生。
・チュンスク(ギテクの妻):パク家の前家政婦ムングァンを追い出し家政婦に収まる。

実は、このムングァンという前の家政婦も、パク家の地下室に夫のグンゼをかくまい、食料をくすねてグンゼに分け与えていたのだ。パク家の豪邸は、昔は別の建築家が所有していて、そこに秘密の地下室があったのだ。その地下室の存在はパク社長も知らない。建築家がいた頃からこの家に仕えていたムングァンだけが、この家に秘密の地下室がある事を知っていて、夫のグンゼをかくまい養っていたのだ。

ムングァンは最初、夫をかくまっていた事をキム一家に知られ、追い詰められるが、キム一家も、赤の他人を装いパク家に寄生していた事を知られ、逆にムングァン夫婦に脅される羽目に。しかし、ムングァン夫婦2人に対しキム一家4人では、多勢に無勢で、とうとう夫婦は捕らわれの身に。そこに、大雨でキャンプ旅行を早めに切り上げて戻ってきたパク一家が加わり、とてつもない修羅場に。

これ以上はネタバレになるので書けない。しかし、ここまで書いただけでも、波乱万丈の筋書きである事が分かるだろう。物語の筋書きそのものは、是枝監督の映画「万引き家族」に似ているが、テンポの速さはとてもその非ではない。しかも、あらすじが込み入っているにも関わらず、ぐいぐい観客を引き付けて飽きさせない。それがこの映画の最大の魅力だ。

人さらいを生業としてきた偽装家族が、次第に家族の絆を深めていって、本当の家族に近づいていく。その「家族の絆」が「万引き家族」の主題だったように思う。では、この「半地下の家族」の主題は一体何なのだろうか?色々考えた末に、「家族のしたたかさ」ではないかと思うようになった。キム一家もムングァン夫婦も、ともに金持ちのパク一家に寄生する貧乏人だ。その貧乏人同士が、金持ちの一家を騙し、寄生しながら、獲物を自分達だけで独占しようと、血を血で洗う争いを繰り広げている。最後には本当に殺し合いの場面も出て来る。ムングァンもギジョンもパク社長も亡くなり、生き残ったギウが父親のギテクを救い出そうと誓う場面で終わる。

この終わり方では、お世辞にもハッピーエンドとは言えない。しかしバッドエンドでもない。少なくとも、忠臣蔵や「永遠の0(ゼロ)」みたいに「皆、華々しく散って逝きました」という終わり方ではないのだから。恐らく「どんなに惨めで無様であろうとも、とにかく生き抜け」と言うのが、監督が最も言いたかった事ではないだろうか。

この映画は同時に、韓国における壮絶なまでの格差社会の実態を暴き出している。金持ちのパク一家にとってはキャンプ旅行を早めに切り上げるだけで済んだ大雨も、貧乏なキム一家にとっては、半地下の部屋が水に浸かり、溺れかけた末に、体育館での雑魚寝の避難生活を余儀なくされるほどの水害になった。最後の殺し合いの場面で、ギテクがパク社長を殺してしまったのも、パク社長がギテクの事を「臭い」と言ったのに激高したからだ。これなぞも、昨年の台風・水害被災者に対する政府の冷淡な仕打ちや釜ヶ崎の野宿者排除の動きと、一体どこが違うのか?

先日、大阪・西成のあいりん地区(釜ヶ崎)で、民家と旅館が焼ける火事があった。どちらも空き家だったので死傷者は出なかったが、消防車が何台も出動する騒ぎだったのに、ニュースでは一切報道されなかった。それほどの火事であったにも関わらず、火元となった民家のすぐ隣にある賃貸マンションは無傷だった。間にある非常階段が防火壁となり延焼を食い止めたからだ。一枚の壁の有無が生死を分かつ境となる。それでも防火壁のないドヤに住まなければならない現実がある。釜ヶ崎自体も上町台地の崖下にあり、天王寺の高台にある文教地区から見たら「半地下」と同じだ。たとえ、そんな中でも「黙って野垂れ死ぬな やられたらやり返せ」というのが、この映画の最も言いたかった事ではないだろうか。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする