アフガン・イラク・北朝鮮と日本

戦争も人権抑圧もNO!万国のプレカリアート団結せよ!

当ブログへようこそ

 アフガン・イラク戦争も金正日もNO!!搾取・抑圧のない世界を目指して、万国のプレカリアート団結せよ!

 これが、当ブログの主張です。
 詳しくは→こちらを参照の事。
 「プレカリアート」という言葉の意味は→こちらを参照。
 コメント・TB(トラックバック)については→こちらを参照。
 読んだ記事の中で気に入ったものがあれば→こちらをクリック。

脱おせちのお正月

2022年01月05日 22時14分00秒 | 身辺雑記・ちょいまじ鉄ネタ

大晦日から今日にかけての夕食メニューを公開します。もう、正月だからと言って、普段とは違うメニューを買ったりするのは、一切やらない事にしました。それでも一応正月だし、近くのスーパーも正月三が日は休むので、ある程度は買いましたが。お正月用の食材購入は抑えて、出来るだけ普段とも変わらない食生活を心がける事にしました。

2021年12月31日(金)大晦日の夕食は、年越しそばと太巻き寿司にしました。

そして、2022年1月1日(土)元旦の夕食は、昨日の大晦日のスーパー年内最終営業日に買った「ミニおせちセット」と即席みそ汁にしました。お正月食材で購入したのは、この年越しそばとミニおせちセットだけです。

1月2日(日)は、年明け最初の公休日で、朝はきつねうどん、昼は焼きうどんを作って食べました。何故こんな「うどん尽くし」のメニューにしたかと言うと、うっかり、うどんを二重に買ってしまい、うどんを消化しなければならなくなったからです。昼も、いつもの休日の定番料理である「ベーコンほうれん草の和風パスタ」を、うどんで代用して食べる事にしました。

夜は何を食べたのか忘れてしまいました。写真も残っていません。夜もうどんではさすがに飽きるので、多分、炒飯を作って食べたのでしょう。いつも作っている炒飯なので、わざわざ写真に撮って残さなかったのかも。

1月3日(月)の夜は、肉じゃがカレーセットでカレーを作りました。肉じゃがカレーセットの野菜だけでは、人参も玉葱も少ないので、玉葱2分の1玉を追加。さらに鯖水煮缶を加えて「鯖カレー」にしました。カレーで鯖の臭みも取れて非常に美味しかったです。

1月4日(火)夜は、兄夫婦宅ですき焼きをごちそうになりました。翌5日(水)の公休日は、昨日職場でもらった在庫処分のバナナで、朝も昼も済ませました。値引きしても売り物にならないほど熟れ切ったバナナで、非常に黒ずんでいますが、それでも、それなりには美味しかったです。

一人暮らしを始めた最初の年こそ、「正月はやはりお雑煮だ!」と、餅と白みそを買って、関西風の白みそ雑煮を作ったものの、白みそなんて雑煮以外には使わないので、使い切るのに苦労しました。第一、私たち非正規労働者は、盆も正月も関係ありません。普段の生活と何ら変わらないのに、今さら正月だけ特別な物を作っても、後で消化するのに苦労するだけです。だから、もう雑煮もおせちも、出来るだけ作らない、買わない事にしました。

野菜も、一人暮らしでは買っても余るだけなので、白菜などの鍋用野菜は一切買いませんでした。一人暮らしでは、一番小さいサイズの万能カット葱ですら、使い切るのに数日かかってしまいます。ワンドアタイプのミニ冷蔵庫では冷凍保存もままなりません。そこで、寒い日はおでんやカレー、シチューで乗り切り、鍋料理が食べたくなったら、外食チェーンを利用するようにしました。又は、スーパーで鍋料理のセットを注文するか。

でも、外食チェーンの鍋料理は、味付けが濃すぎて具材も少ないので、余り好きではありません。スーパーの鍋料理セットも具材は少ないです。湯豆腐ぐらいなら自宅で作っても良いかなと考えています。来年からは買い溜めするのも止めようかと思います。スーパーが休みでも、開いている店は他に幾らでもありますから。

その方が、生産者の方も、一時期に注文が殺到せずに、コンスタントに満遍なく注文が入るようになるので、かえって助かるのではないでしょうか。その方が、資源節約やゴミ削減にもなると思います。まだ秋口だと言うのに運動会だと騒ぎ立て、11月初めぐらいからクリスマスの宣伝を始め、正月三が日が終わった途端に、節分の宣伝を始める。そんなスーパーの販売戦略に踊らされるのは、もういい加減止めにしませんか?

同じ事は政府の経済政策にも言えます。肝心の庶民生活が全然豊かにならないのに、数字上の株価や地価の上げ幅だけに一喜一憂し、バブルに踊らされるのは、もう止めにしませんか?幾ら「アベノミクス」とやらで景気が上向いたように見えても、儲かっているのは一部の大企業だけじゃないですか。

肝心の給与はほとんど上がらず、物価や消費税、社会保障費ばかり上がるので、皆、子育てどころではなくなり、子供を産まなくなったのでしょう。本当に景気が回復していたら、少子高齢化なんて絶対にありえないはずです。

オリンピックや万博のお零れにあやかる事ばかり考え、それに伴う自然破壊や浪費は見て見ぬふり。自分さえ良ければそれで良し。こんな状態を放置して、何が「経済を回す」か、笑わせるな。

また同じ事は、「スーパーの正月三が日休業」についても言えます。私の近所のスーパーが正月の元旦から3日まで休業するのは、政府による「働き方改革」の一環で、長時間労働を削減する為ですが、ちょっと待って下さい。幾ら店舗だけ休業にしても、そこに商品を供給する物流センターや配送運転手の人も同じように休めなければ、本当の「働き方改革」にはならないのではないでしょうか?

自分たち大スーパーの店舗だけ休んで、現場や下請けの従業員は長時間労働のままでは、搾取の上にあぐらをかいているだけ、矛盾を他にしわ寄せしているだけではないですか?自分たちさえ良ければ、それで良いのでしょうか?

スーパーの労働組合(主に連合のUIゼンセンに加盟)は選挙になれば国民民主党を支持します。国民民主党は立憲民主党や共産党とは一線を画し、「政策が一致すれば自民党とも手を組む」という立場です。

何の事はない。自民党に「働き方改革」の飴玉を与えられて、搾取の上にあぐらをかいているだけではないですか。「そうではない」と言うのであれば、「自分たちだけでなく、労働組合もない現場や下請けの労働者も、正月ぐらい休ませろ」ぐらい何故言えないのか。

そんな労働組合が幾ら「立憲民主党や共産党とは手を組まない」と騒いだところで、全然労働者には響きませんよ。「自分たちさえ助かればそれで良い」というような運動をしている限り。はっきり言って、そんな労働組合なら要りません。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

謹賀新年 おもかる石リベンジ

2022年01月02日 18時29分54秒 | 身辺雑記・ちょいまじ鉄ネタ

新年明けましておめでとうございます。

2022年1月2日。今日は私にとって新年明け初めての休日です。まずは近くのスーパー銭湯「スパスミノエ」でくつろいで来ました。

以前住んでいた西成のあいりん地区とは違って、この近所には「スパスミノエ」しか銭湯がありません。その為に、いつも混雑していたので、近くにありながらも、なかなか行く気になれませんでした。ところが、いつもなら朝10時にならないとオープンしないのに、正月2日、3日は朝8時からオープンすると言うではありませんか。
 
朝のうちならまだ空いているだろうと思い、早速行って来ました。普段はワンルームの狭いユニットバスで、体を洗うのも一苦労だったので、久しぶりにスーパー銭湯でゆっくり足を伸ばして風呂に入る事が出来ました。体を洗うのも、狭い湯船の中ではなく、外のカランでゆったり体を洗う事が出来て、非常に良かったです。
 
銭湯には2時間半ぐらいいました。自宅に戻ったら、もうお昼時だったので、賞味期限の切れたうどんの玉を処分する為に、お昼は焼きうどんにしました。いつも休日の昼食に作っている「ベーコン・ほうれん草の和風パスタ」のパスタの代わりに、焼きうどんをフライパンに入れて炒めました。
 
実は朝も、うどんの在庫処分の為に、天ぷらうどんの朝食にしたので、お昼は焼きうどんにして食べる事にしたのです。その際に、和風パスタでも美味しいのだから、和風うどんだと尚更美味しいはずだと、適当に考えて思い付きで作った焼きうどんでしたが、その通り意外と美味しかったです。腹持ちもパスタよりはるかに良かったです。但し、パスタの延長で作ってしまったので、麺をほぐす水分が足りずに、フライパンの底にうどんカスがこびり付いてしまいましたが。
 
昼食を食べた後は、自転車で住吉大社に初詣に行ってきました。但し、住吉大社と言っても本宮ではなく末社の大歳社です。昨年に書いた住吉川(細江川)源流散策の旅の記事の中で、大歳社の「おもかる石」を持ち上げる事が出来なかった事を書きました。持ち上げる事が出来れば願い事がかなうとされる「おもかる石」です。
 
住吉大社の本宮から大歳社に抜ける道案内図と、大歳社の鳥居。おもかる石を持ち上げに来た初詣の人で賑わっていました。
 
ところが、年末の近況を伝えるニュースの中で、この「おもかる石」の事が報じられた際に、他の人は軽々と持ち上げているではないですか。あの時持ち上げる事が出来なかったのは、予想外の重さに、思わずたじろいでしまったからです。最初から重い物を持ち上げるつもりで、構えておれば、たじろぐ事もなかったのではないか?そう思い、「おもかる石」持ち上げに再挑戦する事にしました。
 
結果は成功です。普通に持ち上げる事が出来ました。最初から諦めていたら、何事も成し遂げる事が出来ません。何事も最初の構えが大事だと、改めて思い知らされました。その後、住吉大社の本宮まで戻り、破魔矢を買い、帰りに「りくろーおじさんのケーキ」の店で、正月用のお菓子を買って帰りました。そして、お菓子を食べた後、破魔矢に願い事を書いて、室内に飾り付けました。
 
右の「おもかる石」を、今度は見事、持ち上げる事が出来ました。
 
りくろーおじさんのケーキの店も、正月から賑わっていました。ここは特大チーズケーキが売りのお店ですが、あいにくワンドアタイプのミニ冷蔵庫には入りません。でも、小さなハイチーズなら常温で保管できるので、私は5個入りのハイチーズを1箱買って帰りました。
 
 
破魔矢の絵馬には2種類の願い事を書きました。一つしか買っていない破魔矢に、何故2種類も願い事を書けたかと言うと、絵馬の上に透明のテープを貼って、その上からサインペンで書いたからです。木製の絵馬にサインペンで直接書いてしまうと、字がにじんでしまいます。それを避けるために、私は、絵馬に願い事を書く時は、出来るだけテープを先に貼って、その上から書くようにしています。こうすれば、新たな願い事が出来ても、そのたびに更新する事が出来ます。(*´σー`)エヘヘ

そういう事で、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。🙇‍♂️
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

年越しフードバンク

2021年12月31日 18時48分53秒 | 身辺雑記・ちょいまじ鉄ネタ
 
いつも買い物しているスーパーが正月3日間休業します。隣の外食チェーンも正月元旦・2日休業。
 
向かいのお好み焼・焼きそば屋と、別の外食チェーンは年中無休ですが、やはり夕食ぐらいはちゃんとしたご飯を食べたいです。
 
スーパーは大晦日まで営業しますが、最終日は大混雑すると思われるので、一昨日のうちに正月用の食料を調達しておきました。
 
まず朝食用に、4日分のパンと牛乳を買いました。牛乳は別に要らないのですが、コロナ禍の需要落ち込みで酪農家が困っていると聞き、カンパのつもりで一番安いものを購入。
 
次に夕食用に、カレー・シチューのルーと下ごしらえしたジャガイモ・人参セット、ポトフ用のソーセージ、炒飯・パスタ用のベーコン、調理用の出汁の素とブイヨンを購入。カレー用の牛肉は高いし、日持ちも余りしないので、ソーセージで代用します。お米(パックご飯)とパスタは既に調達済なので、年末年始はこれで乗り切れます。
 
後は年越し用のそばと駄菓子、予備のトイレマジックリン詰め替え用。うどんや他のバスマジックリン詰め替え用、台所用洗剤やコインランドリー用の洗剤は既に調達済。
 
そして大晦日の今日、久しぶりに安売りしていた卵と、一人用のミニおせちセット、下ごしらえジャガイモ・人参セットだけでは不足する玉葱、年越しそばと一緒に食べる一人用の太巻き寿司、在庫切れ間近の不織布マスクなどを追加購入。
 
ミニおせちと年越しそば以外は、餅、数の子、蒲鉾などの迎春用商品は一切買いませんでした。そんなもの買った所で、食べるのは正月だけで、後の処分に困るのが目に見えていますから。
 
特に迎春用蒲鉾なぞ、バカ高いだけで何の役にも立ちません。そんな数千円もする蒲鉾より、一個98円の市販の蒲鉾の方が、炒飯やうどんの具にもなるので、はるかに使い勝手が良いです。
 
私たち非正規労働者は、年末年始も普段の生活と何ら変わりません。正月など逆に仕事がクソ忙しくなるだけなので、むしろ無い方が助かります。身も蓋もない事を言いますが、実際その通りだから仕方ありません。スーパーも、バカ高い迎春用の商品だけでなく、普段買う生活必需品も売り場に並べて欲しいです。
 
しかし、こうやって購入品を並べてみると、なるべく日持ちする食品を優先して買った為に、年末に福祉団体が配っている炊き出しの弁当やレトルト食品と同じようなメニューばかりになってしまいました(^^;;。

今夜は年越しそばと太巻き寿司の夕食にしました。私は明日の元旦も仕事です。明後日の正月2日は通常の公休日なので、どこかに初詣に行くつもりです。次のブログ記事には、その初詣の記事でも書こうかなと思っています。それでは皆さまも、どうぞ、よいお年をお迎え下さいませ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

有馬記念の総括 木を見て森を見ず

2021年12月26日 20時00分51秒 | 身辺雑記・ちょいまじ鉄ネタ

今年の有馬記念の反省。一言で言えば「木を見て森を見ず」。何故そう思ったかは、下記参照。以下、私の競馬ノートより一部抜粋。(不的中だったので最初は写真だけ載せるつもりでしたが、JPEG画像だと、どうしても画質が不鮮明になってしまうので、後学の為にも予想と総括の文章も載せる事にしました)

(見解)

◎7クロノジェネシス クラシック(注:ドリームレースの間違い^^;)4連覇で引退花道飾る。

vs

〇10エフフォーリア 皐月賞①2006上り36.7、天皇秋①
▲16タイトルホルダー 皐月賞②2011上り37.5、菊花賞①
★9ステラヴェローチェ 皐月賞③2011上り36.7、菊花賞④上り最速

注1:レース名後ろの丸数字は着順。その後ろの4桁数字はタイム(2006は2分0秒6)。上り36.7は上り時計(ゴール前600メートルのタイム)が36秒7という意味で、瞬発力の有無を測る競馬では重要な指標の一つ。
注2:★印はノートでは△の中に黒丸の印。▲△の中間印として使用。

vs

△6ウィンキートス 目黒記念①2328は◎の有馬①2350より速い。中山(⒉⒌⒈2)
△14アサマノイタズラ セントライト記念①2123はウィンキートスのオールカマ―②2122と同レベル。中山(⒉⒈⒈2)

注3:中山(⒉⒌⒈2)というのは、中山競馬場芝コースのレースを10回走った中で、1着が2回、2着が5回、3着が1回、4着以下が2回という意味。これで中山コースの巧拙を判断する。

最強古馬vs〇筆頭に逆転狙う三歳勢vs一角崩し狙う中山巧者の伏兵という構図。
常識的に考えれば◎〇二強対決か、せいぜい◎vs〇▲★古馬と牝馬三冠組(ママ)の対決にしかならないが、ペースが速くなり前崩れの可能性もある今年は、上がり上位の中山巧者△が馬券に食い込むかも。
買い目は本命サイドと穴狙いの2通りにした。

(総括)

予想通り前崩れの展開も、ディープボンド無印でヒモ抜け。前走ガイセン門賞大敗で見限り。しかし同馬は馬体重500kg超の大型馬で天皇賞・春2着(の実績)も。
大型馬で近走GⅠ善戦馬はスタミナ有。要注意!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

鉄道は一体誰の為にあるのか?

2021年12月09日 22時39分59秒 | 身辺雑記・ちょいまじ鉄ネタ

世界にはまだ鉄道のない国が幾つかあります。東南アジアのラオスもそんな国の一つでした。インドシナ半島の山国で、24万平方キロ(日本の約3分の2)の国土に約700万人の人々が暮らしています。ベトナム戦争に巻き込まれて長い間荒れ果てていましたが、近年ようやくその傷も癒え、最近は経済成長を遂げつつあります。そんなラオスにも、この12月にようやく鉄道が開通しました。

それが、中国の雲南省からラオス国境を越え、首都のビエンチャンまで伸びる中国ラオス鉄道(中老鉄路)です。その距離およそ422キロ。日本の東京・名古屋間に相当する長い距離です。ほとんどが山岳地帯なので、路線の約47%をトンネルが占めます。21ある駅もその半数は信号場や貨物駅で、旅客駅はわずかに11しかありません。

それだけを見ると、まるで北海道のローカル線のようですが、規格は立派な高速鉄道です。単線ながら全線電化で、ラオス国旗と同じ青・赤2色に塗られた特急列車のランサン号が時速160キロで駆け抜けます。おかげで、今まで首都ビエンチャンから中国・雲南省の昆明までバスで数日以上かかっていたのが、45時間余りも短縮されるようになりました。既に南隣の隣国タイからも鉄道が数年前に首都ビエンチャン郊外まで開通しています。将来はこの鉄道と連絡してタイの首都バンコクまで乗り入れる計画もあるようです。

但し問題もあります。一つは、中国とタイでは線路の幅が違う事です。タイは軌間1,000ミリの狭軌を採用しているのに対し、中国はこの中国・ラオス鉄道も含め軌間1,435ミリの標準軌を採用しています。両国とも鉄道の成り立ちが異なるので線路の幅が異なるのです。将来は第三軌条の導入で相互乗り入れを図る計画もあるようですが、当面は首都のビエンチャンで乗客の乗換、貨物の積み替え作業が必要になります。

もう一つは、建設費用をどう負担するかと言う問題です。この鉄道の総工費は約60億ドル。その約7割を中国が負担し、残り3割をラオスが負担します。元々この鉄道は、山国にも鉄道を通したいとする、ラオス政府のたっての悲願によって開通しました。中国は当初は鉄道建設に余り乗り気ではなかったようです。どう見ても採算が取れそうにないからです。ところが、その後、中国の方でも、近隣諸国を中国の経済圏に組み込もうとする「一帯一路」構想を掲げるようになり、この鉄道も、その構想の一環として建設が進められて来ました。

幾らラオス側の希望によって開通した鉄道とは言え、その債務負担額はラオス国家予算の約3分の2にも及びます。今は債務不履行には至っていないかも知れませんが、やがてそんな事態になれば、中国は債務返済繰り延べの条件として、新たな鉱山採掘権や経済特区の建設を要求して来るかも知れません。19世紀の帝国主義の時代に、中国が西洋列強から受けた仕打ちを、今度は中国自身が、近隣の途上国に行うかも知れないのです。

鉄道の沿線には世界遺産にも登録された古都のルアンパバーン(ルアンプラバン)もあります。メコン川沿いにある人口数万人の仏教都市で、落ち着いた街の雰囲気が世界の観光客を魅了して来ました。今まではバスで数十時間も揺られなければ行けない山間の小都市だったのが、鉄道開通で一気に便利になりました。

ただ、駅は町から数キロも離れた郊外に建設されました。駅舎もとてつもなく大きいもので、とても山間の小都市には似合わない代物です。そう考えると、この鉄道は、果たして本当に住民の悲願によって作られたものか?非常に疑問に思います。単に交通の便だけを考えるなら、わざわざ山伝いに中国の雲南省と繋げなくても、ユエやダナンのようなベトナムの港湾都市と繋げた方が、はるかに輸送コストが抑えられたはずです。

それに、わざわざ電化して特急電車を走らせなくても、単線非電化のディーゼル機関車による運行であっても、今よりもはるかに安い値段で、輸送時間の短縮が実現できたのではないでしょうか?わざわざ町から遠く離れた郊外に、どでかい駅舎を作らなくても、町中に、それに見合った駅舎を作る方が、住民も気軽に利用しやすいし、経済の活性化にもなると思います。

「カレチ」という鉄道漫画があります。旧国鉄の長距離特急電車に乗務していた新米車掌が主人公の漫画です。その漫画の中で、新米車掌が、大雪で列車が遅れていた日に、一人の女性乗客の「親の死に目に会いたい」というたっての願いを聞き入れる為に、乗換えの乗客がその女性一人しかいないのに、20人もの乗り換え客がいるかのような嘘の報告を乗換駅で行い、接続するローカル線の発車時刻を大幅に遅らせてしまった話がありました。

その噓がばれた新米車掌は当然、国鉄を首になる事を覚悟しました。その窮地を救ったのが、偶然乗り合わせた某私鉄の部長でした。この部長は、たまたま社内の慰安旅行で、部下を引き連れて温泉旅行に行く途中でした。その時に、新米車掌が嘘まで付いて、女性乗客のたっての願いを聞き入れようとしたことを知り、自分も部下を引き連れて、そのローカル線に乗り換え、沿線の温泉地に行先変更すると言い出したのです。

その鉄道部長の言った言葉が何とも素晴らしかったです。「鉄道ちゅうのは人を助ける為にあるんだ」と言ったのです。確かに、大雪のダイヤが乱れている日に、たった一人の都合で、噓の報告まで付いて接続するローカル線の発車時刻まで遅らせてしまったら、「人を助ける」どころではありません。逆に大勢の人に迷惑がかかってしまいます。

表面だけ見たら確かにその通りです。しかし、その迷惑も、大勢に人にとっては、まだ取り返せる迷惑です。せいぜい遅れても数十分の被害で済むからです。ところが、その女性にとっては、その遅れの為に、親の死に目に立ち会えないかも知れないのです。そう思った車掌は、首を覚悟で嘘の報告を行いました。その窮地を救ったのが、「鉄道ちゅうのは人を助ける為にあるんだ」という某私鉄部長の言葉でした。

果たして中国ラオス鉄道は誰の為にあるのか?中国政府の為にあるのか?ラオス政府の為にあるのか?それとも、ラオス住民の為にあるのか?本当にラオス住民の為になるなら、幾ら金がかかっても鉄道を開通させなくてはなりません。でも、単に国家の見栄だけの為の鉄道なら、そんな鉄道なぞ要らないと思います。

かつては中国も、本当に住民の為になる鉄道建設を行った時期がありました。アフリカ大陸の中央部やや南寄りにザンビアという国があります。その国は、1964年にようやく独立を勝ち取ったにも関わらず、当時は周りを全て人種差別の白人支配国家(南アフリカ、ローデシア、当時まだポルトガルの植民地だったアンゴラやモザンビーク)に取り囲まれ、経済封鎖で苦しんでいました。その窮状を救う為に、中国は、まだ自国も貧しかったにも関わらず、ザンビア東隣の黒人国家タンザニアの港に繋がるタンザン鉄道を建設したのです。

このタンザン鉄道は、今の中国ラオス鉄道とは違い、非電化の単線でした。駅も中国ラオス鉄道とは比べ物にならない位、貧相なものでした。でも、そのタンザン鉄道のお陰で、ザンビアは独立を維持する事が出来、国民も経済封鎖に苦しめられずに済むようになりました。これこそが、帝国主義に反対する当時の社会主義中国に相応しい鉄道建設ではなかったのか。その中国が、まるでかつての帝国主義国のように、ラオスに君臨するのは如何なものかと思います。

上記がザンビア共和国の地図。この図中のタンザニア国境の町ムウェンゾからカサマ経由で中部の鉄道合流点の町カピリ・ムポシまでを結ぶ鉄道(++印で表示されている線)がタンザン鉄道です。

今の中国ラオス鉄道の姿を見ると、そう思わざるを得ません。同じ事は日本の整備新幹線と並行在来線の関係についても言えます。長野新幹線開通の陰で、在来線のJR信越本線は長野・群馬県境の碓氷峠で線路を断ち切られてしまいました。新幹線の赤字減らしのために、沿線住民は逆に貴重な足を奪われてしまったのです。「鉄道ちゅうのは人を助ける為にあるんだ」という部長の言葉を、ここにいる皆が再度かみしめる必要があるのではないでしょうか。

中国・ラオス鉄道12月に開通へ

【11月27日 CGTN Japanese】中国雲南省の省都・昆明市とラオスの首都・ビエンチャンを結ぶ中国ラオス鉄道敷設工事の最終調整作業が現地時間20日に行なわれ、ラオス国内を走るボーテンとビエンチャンを結ぶ区間の旅客輸送サービス情報システムプロジェクトのテスト運転が進められました。調整作業は順調で、新設の10駅はいずれもサービス条件が整っています。中国・ラオス鉄道が12月に運営開始するのに準備万全となっています。  ボーテンとビエンチャンを結ぶこの部分のサービスシステムは主に、チケット販売システム、駅統合管理プラットフォーム、放送システム、マルチ掲示システム、ビデオ監視システム、時計システム、旅客所持品安全検査設備、侵入警報システム、ドアセキュリティーシステム、電源および環境集中監視などからなっています。  旅客サービス設備に対しては、全て試行運転が実施されています。構内の電子掲示板は中国語、ラオス語、英語の3カ国語で時刻表とチケット情報が示されます。安全検査設備、チケット販売設備、ビデオ監視、放送、旅客サービスエリアも、利用客のニーズを満たすことができており、各駅では駅員がすでに準備作業を進めています。 中国・ラオス鉄道の一部である同区間は「一帯一路」イニシアチブに盛り込まれ、全長は422.4キロに達し、設計時速は160キロです。中国の技術基準が採用され、中国の装備が用いられるとともに、中国の鉄道網と直接連結します。運営開始後、中国の昆明市からラオスのビエンチャンまでは、夕方に出発して翌朝に到着できます。  なお、中国・ラオス鉄道は全長1022キロ、中国国内の昆明市から玉渓市まで、玉渓市からラオスのボーテンまで、そしてラオス国内のボーテンからビエンチャンまでの区間からなり、うち中国国内を走る距離は599.6キロです。(c)CGTN Japanese/AFPBB News

中国ラオス鉄道(ウィキペディア)

ラオス・中国鉄道は何をもたらすのか?――両国にとっての意義(IDE-JETRO)

アフリカ・ジブチに走る中国式「砂漠鉄道」の正体(WEDGE-Infinity)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

明知鉄道タイムトラベル

2021年11月23日 22時22分47秒 | 身辺雑記・ちょいまじ鉄ネタ
 
先週末の連休を利用して岐阜県の明知鉄道に乗って来ました。土曜日早朝に大阪を立ち、明和鉄道乗換駅の恵那には午前9時過ぎに着いたのですが、沿線の花白温泉がボイラー故障であいにく休業中。沿線には他に銭湯はなし。明智や岩村の街中にはあるだろうと思っていたが甘かった。後は1日数本のバスを乗り継いで山を越えた先に温泉が1軒あるのみ。そこで恵那峡近くの宿に日帰り入浴で立ち寄っていた為に、恵那駅に戻ったらもう昼過ぎになっていました。
 
昼食はコンビニのお握りとお茶で済ませ、食堂車が併設された大正ロマン号に飛び乗り、終点の明智まで向かいました。今の時期、食堂車ではキノコ料理が振る舞われていました。でも、松茸のフルコースならいざ知らず、普通の田舎料理しか出ない食堂車に乗るだけで、何故5500円も払わなければならないのか?私は食堂車は予約せず、千円の1日フリー切符で乗車しました。食堂を利用しない乗客は最後尾の普通車にしか乗車出来ません。
 
 
上記は明智駅構内に停車中の列車です。将来的にはSL(蒸気機関車)の動態保存も検討中だそうです。
 
終点の明智は製糸業で栄えた町です。近代化の波がいち早く及び、町中には洋風建築の建物が立ち並びました。それを保存して「日本大正村」として宣伝しています。明智では大正浪漫亭でコーヒーとパイのセットを注文し、漫画「鬼滅の刃」最終巻を流し読みした後、大正路地から大正村役場(旧明智町役場)、大正ロマン館(村にゆかりのある女優・高峰三枝子や力士の春日野部屋の遺品展示)、大正村資料館(大正時代の銀行蔵を改装)、大正時代館(大正時代の歴史・生活展示)を巡りました。
 
大正浪漫亭(左上)、浪漫亭の中の漫画コーナー(右上)
 
大正村役場(左上)、大正ロマン館(右上)
 
大正歴史資料館(左上)、大正時代館(右上)
 
漫画「鬼滅の刃」大ヒットの影響で、大正時代に世間の関心が集まっています。しかし、大半の人は「きらびやかなレトロモダンな服装がはやった時代」ぐらいのイメージしか持っていないのではないでしょうか。実は大正時代は、時代館の次の年表にもあるように、大きな歴史の転換期でした。(年号の元号は全て西暦に換算。…以下は年号記載の出来事に対する私のコメントです)
 
・第一次世界大戦勃発(1914年)…一国の紛争が最悪、世界戦争になる時代に。反戦世論も空前の広まりを見せるようになる。
・ロシアで社会主義革命(1917年)…8時間労働制や植民地の民族独立運動が広まるきっかけに。但しロシアでは共産党独裁に徐々に移行。
・スペイン風邪が大流行、死者2500万人(1918~19年)…今のコロナ大流行の先駆け。パンデミック(感染爆発)の教訓から何を学ぶか。
・関東大震災発生、死者・不明10万人以上(1923年)…今の阪神淡路大震災や東日本大震災にも多大な教訓残す。
・全国で米騒動、焼き打ち相次ぐ(1918年)…当時の新聞は当局の報道管制に逆らっても米騒動の事実を伝えるだけの気概をまだ持っていた。果たして今の新聞・テレビにそんな気概があるか?
・初の本格政党内閣の原敬内閣誕生・原首相暗殺(1919-21年)
・大正政変、民衆が軍閥政治倒す(1913年)
・普通選挙法と治安維持法の同時成立(1925年)
・吉野作造が「民本主義」を提唱、大正デモクラシーの理論的支柱(1916年)
…要するに、今まで財閥や軍閥に抑えられていた民衆が、次第に歴史の表舞台に登場してきた時代だったのです。
翻って現代はどうか?安倍や菅が公文書改ざんしてもお咎めなし。選挙の投票率も5割台の低空飛行。折角勝ち取った権利を再び手放すのか?今や安倍・麻生などの世襲議員が政界を跋扈。民衆が閥族政治を倒した大正時代の方が、まだよっぽどまともじゃないか。
 
明智の日本大正村を見学した後は、その日泊まる予定の岩村に移動しました。岩村は古くからの城下町で、町並みも当時のまま保存されています。そのせいか、町の雰囲気もしっとりと落ち着きがあり、ハイカラな明智とはまた違った印象を受けました。岩村に着いたらすっかり日が暮れて、商店街もほとんどの店がしまっていました。その中でまだ開いている喫茶店を見つけ、夕食を注文しました。その喫茶店は純喫茶で、食事のメニューはありませんでしたが、ママがメニューには無い桜えび入りの焼き飯を作ってくれました。その素朴な味に魅了され、帰ってからも自分で作るようになりました。
 
岩村で泊ったのはゲストハウスです。本当はもう少しまともなホテルに泊まりたかったのですが、どこも満室で、もうそこしか空いていませんでした。ゲストハウスなので素泊まりのみです。バスもシャワーだけです。しかも、私が泊ったのは、その中でも最低ランクの一泊3千円の部屋だったので、エアコンもなく、電気ストーブで暖を取りました。岩村は標高500メートルの盆地にあるので、夜は結構寒かったです。
 
喫茶店で食べた桜えび炒飯(左上)、ゲストハウスの寝床(右上)
 
 
岩村城下町の町並み(左上)、岩村歴史資料館横の紅葉(右上)
 
翌日・日曜日の午前中は、町はずれの岩村城跡に上りました。岩村城は日本でも有数の山城で、標高717メートルの高地にあります。戦国時代のお城なので、守りを固める為に、山頂にお城を築いたのです。お城の建物は戦で全て焼けてしまい、今は城跡の石垣だけが残っています。
 
岩村城はまた、「おつや」という女性が城主をしていた事でも有名です。この「おつや」ですが、元々は遠山景任(かげとう)という人の嫁でした、ところが、景任が先に病気で亡くなってしまったので、未亡人の城主として城を治めていました。そして、織田信長の五男で、まだ5歳だった御坊丸を養子にもらったりしていました。
 
そこに隣の信州を支配していた武田信玄配下の秋山虎繁が攻めて来ました(1572年)。おつやは信長の支援を頼りに籠城作戦に出ました。ところが、信長はその当時、長島一揆の鎮圧に手間取り、岩村城に援軍を派遣出来ませんでした。籠城は3ヶ月に及び、城内の食糧も次第に底を尽きかけて来ました。これ以上の犠牲は忍びないと、おつやは虎繁と結婚する事を条件に、無血開城する事にしました。
 
おつやは虎繁の妻になってからも、善政を敷き、領内の人々から慕われました。しかし、長篠の戦で織田信長が武田勝頼を打ち破り、形勢は逆転します(1575年)。織田信長は岩村城にも攻めて来ました。信長もおつや・虎繁に無血開城を迫ります。おつやは、虎繁と自分の命を助けてくれる事を条件に、無血開城を受け入れます。ところが、信長は助命の約束を反故にしてしまい、おつや・虎繁を逆さ磔(はりつけ)の刑にして殺してしまいました。これが、岩村城の女城主「おつや」の悲劇です。
 
私は、麓の岩村歴史資料館を訪ねた後、岩村城跡を目指しました。朝が寒かった事もあり、秋の軽装で標高700メートル以上もの高所にある城跡に登れるのか不安でしたが、急坂を登るうちに身体が温まって来ました。当日は地元でスタンプラリー開催中なのか、ゼッケンを付けた老若男女が大勢登っていました。
 
城跡入口の急な上り坂(左上)、城内の井戸の一つ「霧ヶ井」。岩村城の別名「霧が城」の基になった。(右上)
 
城跡の石垣。六段壁(左上)と長局埋門(ながつぼねうずみもん)跡(右上)
 
山頂の城跡碑(左上)、そこから岩村の城下町を望む(右上)
 
そして岩村の市街地に戻り、朝モーニングを食べた喫茶店で昼食を食べた後、岩村駅で列車交換の様子を撮影。その後、駅で電動自転車を借りて、レンタサイクルで花白温泉と山岡の駅も撮影して来ました。1時間に1本しかないダイヤで列車撮影していたのでは、満足な写真撮影は出来ませんから。お陰で効率良く撮影出来ました。
 
山岡駅では併設の寒天レストラン兼資料館で地元の寒天製造の歴史を学び、寒天ラーメンを購入しました。海で採った寒天を何故、山間の山岡までわざわざ運んで寒天にするのか?山岡の寒くて乾燥した気候が、心太(ところてん)を凍らせ乾燥させ寒天にするのに丁度良いからです。寒天ラーメンもヘルシーで腹持ちが良いと聞いたので、醤油味と豚骨味のラーメンを土産に買いました。
 
岩村駅の駅名標・おつや人形・鉄じい(明知鉄道のゆるキャラ)(左上)、岩村駅での列車交換風景(右上)
 
花白温泉駅と駅前の温泉施設
 
寒天ラーメン(左上)、山岡駅と併設の寒天レストラン兼資料館(右上)
 
ところで、明智の地名は明智光秀の生誕の地と伝えられるからですが(他にも生誕地とされる場所は幾つかある)、それが何故、旧町名は明智ではなく明知になったのか?まだ調べ切れていませんが、私が思うに、時の権力者から、光秀と関係があると思われるのを嫌ったからではないか?
 
明智光秀は後に本能寺の変で織田信長を殺しています。その為に、日本人の間では謀反人のイメージがこびり付いてしまっています。実際は、織田信長の方が、比叡山延暦寺の焼き討ちで僧侶を大量殺戮する等、もっと酷い事しているのに。
 
ところが、日本人の間では、その後の権力者の印象操作によって、謀反人=無条件で悪人のイメージが広められてしまいました。その為に、わざわざ町村名を明智から明知に変えたのかも知れません。
 
ウィキペディアで調べたら、明治の市町村制施行で誕生したのは明知町で、それが戦後に明智町に改名されていました。その後、恵那市に吸収合併されて現在に至ります。明知鉄道だけが戦前の名称を引きずっているのです。
 
以上、土日と明知鉄道に乗って、大正時代(明智大正村)と戦国時代(岩村城下町)をタイムトラベル(時間旅行)で追体験して来ましたが、2日間とも盛況でした。
 
まず観光列車の大正ロマン号に関して言えば、土曜日は前2両の食堂車が満席、後1両の普通車も半分ぐらい席が埋まっていました。
 
日曜日は更に混雑していて、前3両の食堂車が満席の上、後1両の普通車もすし詰めの状態でした。それ以外の車両も、1両編成が基本ですが、私が見た限りでは半分ぐらいの座席が埋まっていました。
 
とても旧国鉄から切り捨てられ、県や地元市町村が経営を肩代わりする事で、ようやく経営を維持している第三セクター鉄道とは思えない盛況ぶりです。
 
しかし数字は冷酷です。地元市町村の下記データを見ると、第三セクターに転換してからも、ずっと利用客数の落ち込みが続いています。1986(昭和61)年には年間89万人の利用客があったのが、2017(平成29)年には38万人にまで減っています。如何に平日の利用が少ないか分かると思います。特に近年は通学定期利用客の落ち込みが目立っています。
 
 
通学定期利用の落ち込みは、少子高齢化の進展によるものです。こんなもの明和鉄道の経営改善努力だけでどうにかなるものではないでしょう。正社員を非正規雇用に置き換え、社会保障費や消費税もどんどん値上げし、結婚・出産も出来ない低賃金・長時間労働の拡大に、政府が有効な対策を打てずに来たからこうなったのです。はっきり言って、これは政府の責任です。
 
その中でも、2006(平成18)年以降は利用客数の下げ止まりが見られ、年によっては微増に転じたりしています。これは、大正ロマン号の運行が始まり、食堂車を使用する人が増えたからだと思われます。政府がデフレに有効な手を打てない中でも、鉄道会社の努力と地域住民の支えによって、実際に雇用を生み出し、住民生活の向上が図られているのです。
 
明和鉄道で名古屋に出るには、一旦恵那に出て中央本線に乗り換えなければなりません。それなら、岩村や明知から国道を西に下って名古屋に向かう方がはるかに便利です。明和鉄道自体も、山間地を縫う為に、急カーブや急勾配の連続で、列車のスピードアップもままなりません。
 
しかし、だからと言って、鉄道を廃止してしまったら一体どうなりますか?明和鉄道のディーゼルカー保有台数は計6台。内訳は定員94名のアケチ10系が4台、定員119名のアケチ100系が2台。駅のホームには4両まで停車できるスペースがありますから、94×2+119×2=最大426名まで一度に輸送する事が出来ます。これをもし廃止してしまったら、一体何台のバスが必要になるでしょうか。
 
最近は異常気象の頻発で、地球温暖化の危機が叫ばれています。サステナブル(持続可能)な社会を作り上げる為にも、地域の活性化の為にも、鉄道は欠かせない存在です。目先の利益だけで、明和鉄道が廃止されてしまわない事を切に願います。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

北加賀屋ウォールアートの謎を解け

2021年11月17日 21時18分59秒 | 身辺雑記・ちょいまじ鉄ネタ
 
以前、所用で大阪市住之江区の地下鉄四ツ橋線北加賀屋駅付近を歩いていると、倉庫に見事な装飾が施されているのに気が付きました。その時は別に気にも止めませんでしたが、後で調べたら、アートで町おこしをしようという試みである事が分かりました。
 
北加賀屋は木津川沿いにある名村造船所を中心に発展した街でした。しかし、その後の産業構造の変化によって、造船所も撤退してしまい、街は寂れてしまいました。
 
それが、21世紀に入り、名村造船所の遺構が近代化産業遺産に認定されたのを機に、アートで町おこしを図ろうという機運が盛り上がりました。それを機に、倉庫や工場の壁にウォールアートが施され、空き家も改装されて、次第にアーティストが集まるようになりました。
 
 
この地域には、他にも装飾が施された場所が一杯あります。例えば、この人々が手を繋いだ形のウォールアートも、名村造船所の跡地に出来たクリエイティブセンター大阪(CCO)の壁に施されたものです。
このCCOやMASK(MEGA ART STRAGE KITAKAGAYAの略で、アート作品の貯蔵庫)では、今年も10月から先週11月14日まで、芸術作品の展示などが行われていたようです。但し、造船所の跡地に進出し、今も操業中の工場敷地内にあるので、イベントのない日は関係者以外は中には入れません。
 
 
この近くにある3軒並びの文化住宅(白馬荘、乗鞍荘、穂高荘)も、昔は名村造船所の従業員寮でした。この文化住宅には今も人が住んでいます。この住宅の家賃が初期費用なしで月1万8千円余りと超格安なのも、企業福祉の名残りなのかも知れません。長崎県の軍艦島アパートも昔はこんな感じだったのでしょうか?
 
でも、残念ながら、町おこしのイベントの恩恵が、この文化住宅に住んでいる人にも及んでいるとは、とても感じられませんでした。装飾が施された工場や倉庫も、普通に営業はしているのですが、とても賑わっているようには見えませんでした。
 
私がそれまで住んでいた西成のあいりん地区でも、アートで町おこしをしていました。南海電鉄の高架下にも、そのようなウォールアートが施された場所があります。でも、それを見て喜んでいるのは、外から来た観光客だけでした。観光ブームに湧いていたのも、新今宮駅前を走るあびこ筋沿いのホテル街だけで、ホームレスや日雇い労働者の人達は、それを冷ややかに眺めていただけでした。
 
ウォールアートが無駄だとは言いません。しかし、それだけでは、地域の活性化は無理だと思います。アーティストの人達だけでなく、文化住宅に住むお年寄りや、工場勤務の人達も、楽しめて明日も頑張ろうという気になる、そして実際に給料も上がる、そんな取り組みこそが求められているのではないでしょうか。
 
 
ところで、最初に紹介した倉庫のウォールアートですが、一体何と書いているか分かるでしょうか?英国のベン・アイルというアーティストの方の作品ですが、全てアルファベットの大文字で書かれている上に、ピリオドも省略されているので、文章の切れ目が分からず、読み解くのに一苦労します。
 
SUCHAPERF ECTDAYIMG
LADISPENT ITWITHYOU…と書かれています。これをまず文節ごとに区分けしなければなりません。
 
私も色々調べた結果、半日がかりでようやく正解にたどり着きました。私の解読結果は後ほど公開しますが、皆さんも一度解読に挑戦されてはいかがでしょうか?はっきり言って、超難問です。(ヒント:別の歌手が歌っていた歌詞の一節です)
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ネット業者撃退法

2021年11月07日 20時46分00秒 | 身辺雑記・ちょいまじ鉄ネタ
 
ネットサービスの乗換えで少しトラブルになりました。
 
最近のネット業者は、マンションの家主と先に法人契約結んでから、割引料金を餌に、新しい入居者に営業攻勢かけて来ます。私も、8月に今のマンションに越して暫くしてから、AU光の営業攻勢に遭いました。
 
これまで私はパソコンのインターネットはベイコムのサービスを使っていました。このベイコムも西成の前のマンションで、同様の手口で加入させられたものです。
 
今のマンションにもKDDI(AU光)への加入を勧めるチラシが投函されましたが、転居の度にサービスを乗り換えるのは面倒なので、もうそのままにしていました。
 
しかし、業者の方が何枚も上手です。幾らそのままにしていても、業者の方から未契約者宅に勝手に戸別訪問にやって来ます。遂に私も根負けし、話を聞くだけならと、AU光の営業マンを部屋の中に引き入れてしまいました。
 
営業マン曰く「ベイコムはケーブルテレビの放送網を使ってネットの電波を流しているので、テレビの受信状態によっては繋がりにくかったりします。それに対し、AU光は、NTTの電話回線を使うので、ベイコムよりも遥かに繋がりやすい。しかも、ケーブルテレビ業者は地域によって違うので、転居の度にサービスを変更しなければならない。それに対し、AU光はNTTの回線を使用するので、全国どこに転居してもサービスが使える」
 
確かにベイコムは電波状態によっては繋がりにくかったりします。それに転居する度にネットサービスを乗り換えるのも手間です。そこで私もAU光に乗り換える事にしました。今日がそのネット接続工事日でした。
 
ところが、回線接続工事を始めてから、AU光に接続出来ない事が分かりました。私のマンションは、外からは見ただけでは分かりづらいですが、実は手前と奥側の2棟に分かれています。NTTの回線が使えるのは、そのうちの手前の棟だけでした。
 
ところが、営業マンも工事業者も、その事実を知らずに、工事を始めてから、初めてネットが使えない事が分かりました。NTTのフレッツ光などは、もしこんな場合でも、自前でネットのケーブルを繋いで接続してしまうのですが、AU光はそこまではやらないようです。
 
しかも、今日来た工事業者は、KDDIから回線工事を請け負っただけなので、事前に送って来たAU光のモデムやルーターを持ち帰る事が出来ません。結局、後日送られて来る返品用の箱に、私がそれらを詰め込んで、着払いで送り返す事になりました。
 
確かに、お金の面では、別に損した訳ではありません。それでも、貴重な休日の1時間を、工事の立ち会いに無駄に費やさなければならなかったのも、立派な損失です。しかも、こちらが何もしなくても、業者は家主から手に入れた新入居者のリストを手にして、戸別訪問して来ます。
 
それを防ぐにはどうしたら良いか?色々考えた末に、「完全無知」を装う事にしました。相手が喋り出す前に、「ワシはネットなぞ一切やらない」と宣言してしまうのです。下手に話に乗るから、相手の土俵に乗せられてしまうのです。それを防ぐには、サービス自体に興味がないと言い切ってしまう事です。
 
そう言えば、もうだいぶ前に辞めてしまいましたが、バイトの中に岩原さん(仮名)という人がいました。彼はパソコン、スマホどころかガラケーも持っていませんでした。通話は全て固定電話でした。私が一度彼に「何で携帯持たないのか?」と聞いた事がありました。彼はこう答えました。「わしゃあ、あんな毛唐(けとう)の持ち物なぞ好かん」と。よし、これで行こうw
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

予想外のようで実は想定内も、あと一歩及ばずだった菊花賞

2021年10月24日 21時04分54秒 | 身辺雑記・ちょいまじ鉄ネタ
 
実は今でも細々と競馬をやっています。買うのはGIレースだけで、それも買ったり買わなかったりですが。でも、ダービーや菊花賞、有馬記念などの大きなレースは必ず買うようにしています。今日の菊花賞も、身近な知人・友達とはLINEを通して予想のやり取りをしていました。結果は外れでしたが。でも、せっかく予想を文章にして流したのに、その内容をLINEだけにとどめておくも勿体ないので、ブログにも久しぶりに載せる事にしました。
 
菊花賞の予想と買い目は以下の通りです。(以下LINEより引用)
 皐月賞馬・ダービー馬不在の混戦。おまけに京都競馬場改修で阪神変則開催となった今年の菊花賞。何が来てもおかしくないので別路線の重賞勝ち馬を本命に抜擢。
 
◎⑮ヴァイスメテオール
 1勝クラス快勝の後、プリンシパルSで外に振られながらも4着確保。前走ラジオNIKKEI賞でも0.4秒差の快勝。3走とも上り最速の決め手を評価。距離延長・鞍上巧拙・外枠・輸送に不安あるも、フィエールマンの再現期待。
 
○⑭ステラヴェローチェ
 朝日杯2着、皐月賞3着、ダービー3着。前走の神戸新聞杯も上り最速勝ち。実力と安定性ならこの馬が最右翼。
 
▲⑤レッドジェネシス
 京都新聞杯を上り最速勝ちの後、ダービーは11着敗退。しかし次の前走、神戸新聞杯は○と同タイム2着。○の好敵手に内枠の利も。
 
△③タイトルホルダー
 ホープフルS4着、弥生賞勝ち、皐月賞2着の実力馬。前走のセントライト記念大敗は前が詰まった不利によるもので度外視。持久力に秀でた阪神向きの馬が内枠で復活窺う。
 
△⑱オーソクレース
 元々ホープフルS2着の実力馬。前走のセントライト記念は一歩届かずの3着も、名手ルメール騎乗なら最外枠も克服可能。
 
△②アサマノイタズラ
 スプリングS2着の後、皐月賞16着、ラジオNIKKEI賞12着大敗も、前走セントライト記念で上り最速勝ち。内枠から抜け出て来る予感。
 
 前述の様に何が来るか分からないから、買い出すとキリがない。例年ヒモ穴人気の条件クラス馬は全て消し。代わりに◎の単複応援馬券と◎から各印の有力馬に馬連流し、馬連○▲タテ目で勝負。
 
 
 結果は不的中。
 阪神3千メートルでまさかの逃げ切り勝ち。しかも差を詰められてからも更に二枚腰で後続を突き放す。勝ったタイトルホルダーも確かに人気の一角だが、正直言ってこんなに強いとは思わなかった。横山武史の好騎乗に脱帽。(引用以上)
 
 でも、1・2番人気馬は飛んだものの、それに次ぐ有力馬はきっちり連対しています。3着も条件クラスの上り馬。菊花賞に強いと言われる騎手も、川田は飛びましたが、それ以外のルメールや福永・武豊はきっちり掲示板を確保しています。混戦のように見えても、実際は上位拮抗。これなら奇をてらって別路線組なんか本命にしなくても、有力馬同士のせめぎ合いと見て、手堅く1~4番人気の馬連ボックス買いに絞れば良かったです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

野菜ジュースの取り過ぎに注意!

2021年10月22日 21時16分58秒 | 身辺雑記・ちょいまじ鉄ネタ
 
何と、職場の健康診断で再検査を指示されてしまいました。聴力と血糖値が異常値なんだそうです。
聴力の方は単なる「所見あり」で、「要観察、症状があれば専門医受診」を指示されただけで、仕事や生活の支障もないので、とりあえず様子見で行こうと思います。
問題は血糖値の方です。「血糖値異常、尿糖陽性、糖尿病の疑い」で精密検査を受けるように指示されました。
 
実は数年前も一度同じように「糖尿病の疑い」と指摘された事があったのですが、再検査結果は異常なしでした。多分、昼休み明け直ぐに受診したので、昼ごはんの影響で血糖値が一時的に上昇したのだろうという事でした。
それからはずっと異常なしで推移して来ました。ところが今回、昼食しばらく経ってから(約1時間半ぐらい後)受診したにも関わらず、血糖値が131と跳ね上がり(正常値は0〜99)、精密検査を受けるよう指示されてしまいました(一番左端が今年、その右が昨年、一昨年の数値)。
 
日常生活も、酒も飲まず煙草も吸わず、間食もほとんどやらないのに何故?一人暮らしの自炊で、料理のレパートリーも限られるので、どうしても炒め物やレトルト食品主体の夕食になってしまっていました。それがいけなかったのか? 
そこで色々調べたら、どうやら毎日野菜ジュースを飲んでいたのが余り良くなかったようです。野菜不足解消の為に、缶入り野菜ジュースを、毎日昼休みに1缶欠かさず飲んで来ました。最近は帰りも休憩室で自販機の野菜ジュースを飲んで帰るようにしていました。
 
「善かれ」と思って始めた野菜ジュースの飲用習慣ですが、健康には余り良くないようです。野菜ジュースでも確かにビタミンや水分は補給されますが、それ以上に野菜や果物に含まれる糖分も過剰に摂取されてしまう事が分かりました。
しかも、野菜ジュースを飲みやすくする為に、食物繊維も製造過程で濾過されている為に、血糖値の摂取にブレーキがかからなくなってしまうのだとか。特に、果物も入っている野菜ジュースが良くないらしいです。
 
いつも愛飲しているキリンの小岩井32種の野菜ジュース缶。果汁もブレンドされているので飲みやすく重宝していました。しかし、キリン・ホームページの成分表示を見ると、100グラム中10グラムも炭水化物が含まれていました...。
しかし、野菜ジュースがダメだとすると、どうやって野菜を取れば良いか?私は決して野菜が嫌いではありません。でも、一人暮らしなので、野菜を買っても余らせて腐らせてしまうだけなので、ついつい敬遠してしまうのです。それに値段も高いし、調理も手間がかかるので。
 
「じゃあ、冷凍野菜を買えば良いじゃないか」と思われるかも知れませんが、それもなかなか難しいです。今回の引越し先の賃貸物件にも、備え付けの冷蔵庫があるのですが、これも今までと同様のワンドアタイプで、野菜室も冷凍室もないのです。
あるのは製氷室だけで、それを冷凍室に代用しています。製氷室なので、収納スペースがほとんどありません。冷凍野菜を1〜2パック入れれば、もう満杯になってしまいます。
 
ワンドアタイプの冷蔵庫の写真。その中の右上にあるダイヤル付きの白い箱が製氷室。
 
う〜ん、どうしたら良いか?
とりあえず、野菜ジュースにばかり頼っていてもいけないので、今後は野菜ジュースは毎日1缶に抑え、代わりに冷凍のミックスベジタブルを食事に積極的に取り入れる事にします。
 
冷凍のミックスベジタブルなら、和風・洋風どちらの料理にも合うし、小出しに使えるので、余らせて腐らせてしまう事もありません。1パックぐらいなら製氷室にも入ります。
それ以外に、豆苗・ゴーヤの炒め物や、胡瓜・トマトの付け合わせを、食卓に積極的に取り入れていこうと思います。
 
そして、来週水曜日の公休日に、近くの病院で精密検査を受けて来ようと思います。一般に健康に良いとされる野菜ジュースも、「過ぎたるは及ばざるがごとし」かと改めて痛感しました。
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする