アフガン・イラク・北朝鮮と日本

戦争も人権抑圧もNO!万国のプレカリアート団結せよ!

当ブログへようこそ

 アフガン・イラク戦争も金正日もNO!!搾取・抑圧のない世界を目指して、万国のプレカリアート団結せよ!

 これが、当ブログの主張です。
 詳しくは→こちらを参照の事。
 「プレカリアート」という言葉の意味は→こちらを参照。
 コメント・TB(トラックバック)については→こちらを参照。
 読んだ記事の中で気に入ったものがあれば→こちらをクリック。

医療格差―いざと言う時にすぐにかかれる病院がない!

2018年04月30日 19時03分18秒 | 身辺雑記・ちょいまじ鉄ネタ

 

 実は、昨夜から急に、ふっと軽く来る目まいが断続的に起こる様になり、今朝も出勤途上に駅で吐いたので、本日会社に電話して休みを取らせて貰いました。そして、一旦ホテルに戻り、どこの病院に行こうか探し始めて、初めて今日が「昭和の日」の振替休日で、どこの病院も閉まっている事に気付きました。それでも、原因不明の目まいや吐き気をそのままにしておく訳にはいかないので、休日診療所の場所をスマホで探し始めました。

 ところが、幾ら探しても近くには休日診療所なんてありません。私の住んでいるホテルの近くには、あいりん総合センターの付属病院(左上写真)や大阪市大病院、杏林(きょうりん)記念病院などがありますが、センター付属病院は行き倒れ患者専門です。市大病院も、初診者が紹介状無しにこんな専門病院に行っても診察料以外に高額な追加料金を請求されるのが目に見えています。少し離れた杏林記念病院も、外来診療は午前中だけで午後は休診とHPに載っています。ヤフーの地図検索で休日診療所を探しても、「該当なし」としか表示されません。

 そこで、以前一度行った事のある住之江区の南港病院まで、わざわざ地下鉄に乗って行く事にしました。南港病院なら、日曜祝日も診察してくれるとHPにありましたので。ところが、いざ病院に着いてみると、ドアが閉まっているではありませんか!おまけに、ドアに貼ってあった診察表には、土日・祝日は休診のバツ印が!

 ただ、その隣の棟のドアが開いていたので、恐る恐る入ると、一応、受付窓口は開いていました。しかし、開いていて灯りがともっているのは受付の近くだけで、奥の廊下はもう消灯されています。どうやら、急患のみ受け付けている様子でした。それでも事情を話したら、受け付けてくれました。

 受診アンケートに氏名・住所・連絡先や症状の内容を記入した後、体温と血圧を測ってもらい、診察室に呼ばれました。ところが、担当の医師は、いかにも代理の当直医みたいな感じで、通り一遍の問診と触診だけで診察を終了してしまいました。

 それでも、目まいに吐き気と、症状がメニエール病に似ているので、問診の際に、その可能性について私から聞いてみましたが、それは無さそうでした。(本当にメニエール病なら、こんな症状では済まないそうです)
 また、私は幼児期のプールサイド転倒事故の影響で、第2頸椎に骨の歪みがあり、それが脳神経に与える悪影響から、左の首・肩に時々痺れや痛みが出ます。その影響もあるのか聞きましたが、それも関係無さそうでした。

 でも、肝心な事は何も分からず、休日なので薬も目まい・吐き気止めをそれぞれ1日分しか処方して貰えませんでした。
 次いつ来たら良いか聞いても、「また気分が悪くなれば来たら良い」みたいなゾンザイな対応なのに、2050円も取られたので、損した気分です。一応、目まいや吐き気は収まっていますが、今も気分は余りすぐれません。今日1日休んで何も無ければ、また明日から出勤します。

 今回の件で、改めて「医療格差」について思い知らされました。私の住んでいるホテルの近くにも、病院や町医者は何軒かありますが、いずれも駅から少し離れていたりして、初めての患者にとっては行きにくいのです。昔からその町に住んでいるなら、隣近所との付き合いの中で、「どの医者が名医だ」という情報にも普段から接する事が出来るのですが、隣室の住民の氏素性も分からない中では、そういう訳にも行きません。ホテルのフロント従業員も、元々、地元の住民ではないので、そんな事を聞かれても答えられませんでした。

 西成区のあいりん地区には、居酒屋やコインロッカー、銭湯、作業服屋は結構あるのに、郵便局や病院は一体どこにあるか皆目分かりません。郵便局も、特定郵便局の統廃合が進み、今や西成区役所のある岸里の集配局まで行かなければ、少し込み入った用事には対応できないのです。他地区では根絶された結核患者が、あいりん地区内ではまだ数多くいるのも、社会保険未加入の日雇い労働者が多く、簡単には病院にかかれない事に加え、「競馬談議はしても身の上話はしない」風潮の中で、必要な医療情報が全然伝わらないからではないでしょうか(右上写真は地区内の結核無料診療所)。今まで便利だと思っていた西成の街も、イレギュラーな事態には対応できない事が、今回の事で身につまされました。

 

病院の地図検索結果。左上が西成区、右上が阿倍野区。これを観て、西成区のあいりん地区(赤線で囲った地域)には思ったりも医療機関が少ないと感じました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

健康格差

2018年04月26日 01時44分22秒 | 一人も自殺者の出ない世の中を

 

左の首から肩の痛みが酷くなり、パソコンするのも苦痛になって来た。元々、頸椎症で首を痛めていた所に、部屋が狭くて低い座卓と丸椅子しか置けず、猫背でパソコンを続けていたからだ。背もたれのある椅子に座れば大分マシになるのだが、三畳一間ではそれも適わず。これはもう健康格差と呼ぶべきものではないか

 

今は足も痛めて皮膚科にも通っている。長年、硬い安全靴を履いて荷物運びを続けた事で、足の同じ場所に荷重がかかり筋肉が硬くなってしまった。そこにタコやイボが出来、マイナス196℃の液体窒素で焼いて取らなければならなくなった。靴にインナー入れる事で痛みは大分マシにはなったが。これも一種の職業病だ

実は三畳一間の今の部屋も、そんなに酷い物件ではない。水光熱費込みで月4万余りだから、むしろ格安な方だ。それでもトイレや風呂は共同で室内には冷蔵庫もない。賃貸物件でまともな所に住もうと思えば最低でも月6万円はかかる。たった月収18万で月6万以上も払える訳ないだろう。先進国の中で最低賃金が時給千円以下なのは今や日本だけだ。給料が安すぎるのに家賃はべらぼうに高い所に根本的な問題がある

標準報酬の月収18万から税金・社会保険料と家賃に各4万余、通勤定期に1万引けば残りは9万弱。1日3食×30日で割れば1食千円。食費以外にも生活費はかかるので実際には500円前後に抑えなければならない。朝早くから仕事なので調理に時間を割けないし、そもそも部屋にキッチンがないので自炊自体が無理。これでは野菜や乳製品にまでとても手が回らない。

納豆や牛乳が身体に良い事も、わざわざ言われなくても分かっている。でも、1食5〜600円前後で抑えなければならない中で、そんな物選ぶ位なら、ご飯や他のオカズを選ぶだろう。どうしても納豆取りたければ納豆カレーにするしかない。今や非正規労働者にとっては、野菜や果物、乳製品は贅沢品なのだ

 

勿論、私も手をこまねいてはいない。安い値段でも栄養が偏らない様に、社員食堂や、夜も560円でランチが食べれて野菜も取れる喫茶店、500円台で魚が食べれる定食屋で食事を取る様にしている。腰痛治療の為にストレッチ体操の指導も行きつけの整骨院にメールでお願いした。でも、個人の努力だけでは限界がある。今や、子ども食堂だけでなく大人食堂も必要な世の中になってしまった

 

職業病の腰痛や偏った食事による肥満も、根本的には健康格差や過労に因る物なのに、後発医薬品の普及やメタボ健診だけで減らせる訳がない。セクシーヨガに公用車通いの文科相、かつてハローワークでリーマンショックの失業者に「今まで何してきた」と暴言吐いた財務相には、こんな苦労は絶対分からない。国民も生活保護バッシングしている暇があるなら、むしろ政治家のこんな無駄使いを叩くべきだろう

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

LINE始めました

2018年04月22日 23時36分12秒 | 身辺雑記・ちょいまじ鉄ネタ

 

  つい先日、知人に勧められて私もLINE(ライン)を始めました。それまでのショートメールとは違い、ガラケーなどの相手にも容量を気にせずデータのやり取りが出来るし、もしメールを送り間違えても後で取り消す事も出来る(但し取り消した事は相手にも通知される)と聞き、軽い気持ちで登録だけしておきました。このブログのハンドルネームと同じプレカリアートの名前で。

 すると、LINE登録した途端に、実家を出てから音信が途絶えていた地元の方や、昔のブログ仲間の方から、早速お祝いのメッセージが来ました。その一部をここで紹介しておきます。

 まずは、杉原さん(仮名)という地元の方からのメッセージ。

 杉原(以下、杉):宜しくお願いします。××(実家の住所)に時々来ますか?

 プレカリアート(以下、プ):杉原さん、LINEやってたんですか!私も友人に勧められて登録だけしました。LINE初デビューです。分からない事だらけなのでまた色々教えて下さい。××へは実家にいた時から通っていた予約制の鍼灸治療院に今でも隔週日曜毎に通っています。

 杉:ダブルワークは大変ですねくれぐれも体に気をつけて下さい。

 プ:今はダブルワークではなく、昼の勤務先(××)で毎日平均1.5時間ぐらい残業させて貰ってます。それで月の残業時間が30〜40時間ぐらい、額にして4万円ぐらいになり、家賃も無理のない範囲で払えるようになりました。
やっぱりダブルワークはシンドイです。ダブルワークだと、まず移動に時間が取られるし、やはりある程度時間をこなさなければならないので帰りは深夜になります。それに求人先も××みたいなブラック企業ばかり。やはり慣れた所で程々に働くのが一番良いです。

 杉:それを聞いて安心しました

 (後略)

 昔のブログ仲間「きゅうちゃん」さん(仮名)からも久しぶりにメッセージが来ました。

 きゅう(以下、き):はじめまして!きゅうちゃんです。LINEはじめられたんですね。

 プ:こちらこそ初めまして。LINE初デビューです。知人に勧められて登録だけしたら次々とメッセージが来て驚いています。分からない事だらけなので色々教えて下さい。
 まず①プレカリアートの名前で登録したのですが、電話番号も知人以外の不特定多数に公開されるのでしょうか?②LINEに登録した事で携帯使用料が跳ね上がるのでしょうか?

 き:電話番号は公開されません。
 私の場合、事前に自分の携帯にプレカリアートさんの携帯が電話帳に入っていたので、友達検索で出てきたのだと思います。
 携帯料金については、パケット定額制プランに入っていれば、特に上がることはありません。
 もっとも、LINEでやりとりするデータ量は、知れていますが。

 

 次いで、職場の同僚、小杉君(仮名)からもお祝いのメッセージが。彼とは今までもショートメールで競馬情報を交換してきましたが、69文字以内でしかメールのやり取りが出来ませんでした。馬の名前だけでも10文字近くあるので、「キタサンブラック」を「北参」、「レインボーライン」を「虹線」と言い換えてやり取りする等、苦労の連続でした。それが、LINEに替えた途端に、文字数を気にしなくてよくなり、写真も送れるようになったので、大いに助かっています。

 プ:安田記念の前哨戦GⅡマイラーズC予想。京都はトリッキーなコースではないので順当決着になる事が多い。ここは瞬発力のある若手の京都巧者が中心。
 ◎5サングレーザー。マイルCS、阪神C共に3着。上り上位。
 ○9モズアスコット。阪神C4着、阪急杯2着。上り上位。
 ▲4エアスピネル。富士S1着、マイルCS2着。京都巧者の重賞常連。
 ★8ロジクライ。シンザン記念勝ちもある新興勢力。開幕週で先行力魅力。
 △7ダッシングブレイズ。昨年の洛陽S重で上り最速勝ち。重賞でも通用。
 △10ブラックムーン。マイルCS6着、京都金杯1着。上り上位。
 買い目はオッズを見てから決定。

 小杉(以下、小):内枠、先行脚質、ディープ産駒の②ベルキャニオンに期待します!

 (後略)

 以上、Twitter(ツイッター)を始めた時も、最初は blog(ブログ)との違いに面食らっていましたが、今では何とか使いこなせるようになりました。LINEも分からない事だらけですが、色々教えてもらえたら有難いです。

 今後はブログ更新情報などもLINEでなるべく通知するようにしたいので、職場のブログ読者の方は、お手数ですが私のハンドルネーム「プレカリアート」も「LINE友だち」リストに追加していただくよう宜しくお願い申し上げます。LINEまだやっていない方については従来通りショートメールで通知致しますので、まだの方はお知らせ下さい。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

福田のセクハラ「言葉遊び」、安倍や麻生の逆「人権侵害」

2018年04月18日 23時13分09秒 | モリカケも忖度もない公平な社会を

 
Single「やめちまぇ!」Music Video

以下、今回は自前のツイート(つぶやき)のみ。既にブログで取り上げた話題以外のものから。

前川氏授業「確認必要」=名古屋市質問状に回答―文科省(時事通信) 「私が名古屋で講演した時は一切ノーチェックだった。文科省から直接問い合わせがあったのは前川氏の場合だけだ。これはもう今の教育基本法にも違反する不当な教育介入だ」31日森友関連の集会で寺脇研氏(4月2日)

寺脇氏はこの場で天下り問題にも言及「文科省から天下りで処分された40人のうちで今も監視同然の扱いを受けているのは前川氏のみ。他の人間は形式的処分のみで今は悠々自適の天下りライフ満喫」と。

労働局長「報道機関に是正勧告」/どう喝許しがたい 小池氏会見 確かにマスコミの長時間労働は是正されるべき。だが、労働局長は《他のブラック企業を尻目に》《政府に批判的なマスコミだけを狙って》この発言をした。発言の真意がどこにあるかは一目瞭然(4月3日)

旅先で仕事「ワーケーション」認めます 長期休暇促す: 日本経済新聞 (link: ) … アホか…幾ら旅先でも、そこで仕事してたら休暇じゃないだろうw 単に出張先でタダ働きさせられてるだけじゃん(怒)

NHKスペ番組「失踪」観た。行方不明者が年間3万人もいる、家出少女がSNSで知り合った見知らぬ男と同棲して云々と。SNSは出会うキッカケに過ぎない。問題はSNSよりも家出の原因にこそある。家出少女よりも居場所のない家庭にこそある。番組はその事も暗示していたが、気付いた人は果たしてどれ位いた?(注:SNS=ソーシャル・ネットワーキング・サービスの略。ツイッターやフェイスブック、ライン等のネットを介した繋がりの事)(4月7日)

昨日一緒に作業していたベトナム人に「是非」と「必ず」の違いについて聞かれたが、その違いを上手く説明できなかった。実は「是非」には「善悪・正誤」の意味もあり、それが「是が非でも」→「必ず」の意味でも使われる様になった。普段いい加減だと思ってたベトナム人バイトの予想外の質問に戸惑う

これだけ公文書改竄、データ捏造、日報隠蔽が発覚しても、まだ安倍政権を庇い立てする人は、一度自分の問題に置き換えて考えてみたら良い。もし自分の給料が改竄・捏造され、パワハラや残業代未払い、労災被害が隠蔽されても、上司や会社を庇い立てするのか?(4月9日)

安倍首相の逆ギレが止まらない!「こんな人たち」再攻撃につづき、国民の抗議行動に「左翼は人権侵害が平気」 高プロで労働者を過労死に追いやり、子ども食堂の予算も出し渋る奴に、人権侵害の被害者ヅラする資格なし!テメエの存在そのものが最大の人権侵害だ!!(4月11日)

日本郵便が非正規との格差是正を口実に正社員一般職の住宅手当や寒冷地手当を削ると。まるで「非正規のせいで手当削減された」みたいな言い方。本当に従業員の事を思うなら、たとえ額を多少減らしても平等に手当支給するのが真の同一労働同一賃金。今回の措置は逆に幹部社員との格差を広げるだけ(4月13日)

<国会前デモ>安倍政権退陣迫る 森友・加計問題で3万人(毎日新聞) - Yahoo!ニュース (4月14日)

国会前抗議の盛り上がりは集まりやすい土曜日だった事もある。しかしサービス業のバイトは週末が一番忙しい。早くから予定が分かっていたら有休も取れるが一旦シフトが組まれると簡単には休めない。国会前だけでなくスタンディング等の形で、もっと身近に参加できる運動にすればもっと輪が広がるのでは(4月15日)

アベ政治の被害者は伊藤詩織氏以外にも一杯いるのではないか?もはや腐っているのは政治だけではない!上が腐敗すれば下はそれに輪をかけて腐敗する!!(4月16日)

辞めちまえ そんなに辛いなら 辞めちまえ 言い訳聞きたくねえ 辞めちまえ そうやって逃げればいい〜♪w

成長感じない人運ない 財務相 | 2018/4/18(水) 「5年前より今の方が悪いという人は、よほど運がなかったか、経営能力に難があるか、なにかですよ。ほとんどの(経済統計の)数字は上がってますから」だと。今やその数字すら捏造・改竄続きで信用が失われつつあるのにw(4月18日)

財務省 福田次官が会見「自分の声かわからない」「自分の声かわからない」なら何故辞めるのか?本当にセクハラしていないなら「名誉棄損でとことん争」ったら良いだろう。そのくせ、まだ「そんな発言していない」と居直り。幾ら辞めても全然反省していないなら何の意味もない

セクハラ次官を諫めるべき立場の財務省が、逆に次官と一緒になって被害女性に「出てこい」と。それって、本来ならブラック企業を規制すべき立場の厚労省が、逆にブラック企業と一緒になって労働者に「裁量労働制や高プロに違反していないじゃないか。違反だと言うなら証拠を出せ」と居直ってんのと同じ

前財務次官の福田は自身のセクハラを「言葉遊び」と言って誤魔化したが、他にもそんな「言葉遊び」に耽っている奴は大勢いる。安倍は自分のやっている事を棚に上げて「サヨクが私の人権を侵害している」とアベコベに描き、麻生もセクハラ被害者の人権を無視して「加害者の人権」ばかり庇い立てる

日本郵便は「何でも下に揃えれば良い」とばかりに正社員の住宅手当を廃止して「同一労働同一賃金」。どこかの強欲企業は旅先にまで勤務を強要して「ワーケーション」。倒れた市長を介護した女性救命士を「土俵を穢す」と追い出しながら「女性活躍」。今回のセクハラ事件はそんなアベ政治の必然の産物

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

安倍政権の森友・加計隠しみたいな事すんなや!

2018年04月18日 10時49分02秒 | 身辺雑記・ちょいまじ鉄ネタ

 

 今からちょうど一週間前の4月11日(水)午前10時頃、天下茶屋のスーパー・イズミヤで買い物中に偶然、異臭騒ぎに巻き込まれました。何でも、1階女子トイレに異物が撒かれたという事で、店内は通常通り営業していましたが、外には消防車が何台も待機し、トイレ付近には立ち入り禁止のテープが張られるなどの騒ぎになっていました。外に出てからも、周辺の通行人や商店街の人たちが不安げに見守っていたのを覚えています。

 そもそも、新今宮に住んでいる私が、なぜ天下茶屋のイズミヤ・デイリーカナートまで買い物に来たかと言うと、そこにお目当てのパンがあるからです。タカギベーカリーの「カリフォルニア・レーズンブレッド」という、6枚切りでレーズン入りの食パンです。

 私の住んでいる地域には、スーパー玉出かコンビニぐらいしか、食料品を買える店がありません。最初は私もそこで朝食用のパンを買っていましたが、はっきり言って、ろくなパンがありません。安い100円のマーガリン入りロールパンは、1袋6個入りで2日分まかなえますが、さすがに毎日食べていると、マーガリンが胃にもたれて気分が悪くなります。他はもう、生地はパサパサなのに、1個だけでも100円、200円するパンばかりです。

 その中で、前述の食パンは、1個250円前後もしますが、しっとりと柔らかくて美味しいので、毎日食べていても飽きが来ません。焼かずにそのままでも食べられるし、6枚切りなので1袋で2日分まかなえます。そのパンがイズミヤにしかないので、わざわざ買いに来ていたのです。

 ところが、買い物客や周辺住民をも巻き込んで、これだけ大騒ぎになったのに、この事が一向にニュースで報道されず、イズミヤのホームページでも告知されません。たとえ何も問題が無かったとしても、「お騒がせしました」ぐらいは告知すべきでしょう。買い物客も、それを見て初めて「ああ、何も心配いらないんだな」と安心するのに。

 そこで2日後の4月13日(金)に、イズミヤの店の中にあるお客様受付カードに苦情を書いて投函しました。以下はその全文です。

 4月11日(水)午前10時頃、この店に買い物に来ていて異臭騒ぎに巻き込まれました。1階女子トイレに異物がまかれたそうで、トイレ付近には停止線が張られ、外には消防車が何台も待機していたのを覚えています。ところが、数日経っても店のHPで報告されず、ニュースでも報道されなかったので、一体何があったのか不安です。特に健康や安全面で問題はなかったとしても、何があったか位はHPで告知すべきではないでしょうか?(以上)

 苦情カードは後日店内で公開される仕組みになっているので、ずっと返事を待っていましたが、一週間経っても返答はおろか投稿の掲示すらされません。そこでブログでも取り上げる事にしました。一体どうなっているのでしょうか?安倍政権の森友・加計隠しみたいな事しないで下さい!

 

(追記)

 例の異臭騒動の件でお詫びの返事がありました。4月19日に店長名で回答がサービスコーナーに掲示されました。以下がその回答文の全文です。回答が遅かった事については少々不満が残りましたが、内容そのものは丁重で、論旨も明確です。少なくとも、安倍政権のこれまでの対応と比べたら雲泥の差です。私もこれで了承する事にしました。

 この度は御不安と御迷惑をお掛けし誠に申し訳ございませんでした。
 今回の異臭につきましては、お客様が除光液のビンを破損してしまい、そのまま放置した事が原因と判明致しました。当日も消防署より異臭の原因が除光液によるものであり、健康や安全面に問題がないとの事で、お客様へお知らせしておりませんでした。今後このようなことがあった場合には、お客様にお知らせする様に致します。
 この度はお客様に大変な不安を与えてしまった事をお詫び申し上げます。(以上)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お菓子在庫処分のお知らせ

2018年04月16日 22時41分56秒 | 身辺雑記・ちょいまじ鉄ネタ

 今回は滅茶苦茶ローカルな話題で失礼します。

 実は、先日も知人からお菓子を大量にいただきました。私が親と喧嘩して実家を飛び出し、独り住まいを始めたが、家賃や食費のやりくりに苦労している事を知り、パチンコの景品を取っておいてくれたのです。たまにしか会わないので会う度に大量にもらいますw。

 余りにも大量なので、最初は朝食のパン代わりになると喜んでいた私も、最近は処分に困る様になりました。しかし、せっかくの知人の好意に水を差すのも気が引け、なかなか断れないでいました。そこで、在庫処分の為に、知人には内緒で(汗)、職場の同僚におすそ分けする事にします。

 上の大きな写真がそのお菓子の在庫リストです。但し1番のヨーグルトケーキについては、既に賞味期限が切れているので私がいただく事にしました。このヨーグルトケーキも味は全く大丈夫で、美味しくいただけました。2番以下の商品の写真も下にあります。おすそ分けで残った分については、近くのホームレス支援団体の事務所に持って行って引き取ってもらおうかと考えています。ほしい商品があれば早めに連絡をお願いします。

 

 左上:②はちみつ丸ぼうろ、③ルフィール、④マロンブラン。
 右上:⑤あまおう苺ケーキ、⑥バナナのオムレット、⑦ふんわりチョコバーム。

 

 左上:⑧不二家ホームパイ、⑨カントリーマアㇺ、⑩セブーレ、⑪生クリームパイ。
 右上:⑫源氏パイ・チョコ(11枚入り)、⑬チョコサンドクッキー(2個あります)、⑭不二家ミルククッキー、⑮東ハトキャラメルコーン。

  

 左上:⑯ハーベスト深煎りコーヒー、⑰特濃ミルク、⑱源氏パイ(16枚入り)。
 右上:⑲チョコチップクッキー、⑳バタークッキー、㉑チョコ&コーヒービスケット。

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

急がば回れ

2018年04月11日 21時25分57秒 | モリカケも忖度もない公平な社会を

 「週刊東洋経済」4月14日号に前川喜平・湯浅誠両氏の対談が載っていたので思い切って買いました。8万円のアルマーニ制服を買わせる学校がある一方で、教科書の漢字も読めない生徒も大勢いる。そんな生徒に無味乾燥な知識を暗記させても無意味。地域の人々との交流図る中で生きる力となる真の学力を体得させるべしと。大体そんな内容でした。

 その中で前川氏は、高校中退をなくす為に数学の必修廃止を提言していました。九九や分数の計算もできない底辺校の高校生にとって、今の数学の教科書は余りにも難しすぎる。論理的思考力は数学以外の教科でも養える。数学を選択制にするだけでもかなり中退を食い止める事が出来る、と。

 前文科事務次官とは思えない大胆な提言に驚きましたが、確かに私も高校入学後急に数学が難しくなった事を覚えています。中学の方程式ぐらいならまだ実生活にも応用できる問題が多かったので理解しやすかったですが、高校になった途端に抽象的な数式がやたら多くなり、とてもついて行けなくなりました。

 二次関数、指数・対数、三角関数、行列・ベクトル、微分・積分、確率計算…。どれも抽象的な内容で、何故その数式や定理が導き出されるのか、考えれば考えるほど頭の中が混乱して訳が分からなくなりました。そこで、もう考える事は止めて、数式や定理をひたすら丸暗記する事で、ようやく成績低迷から脱する事が出来ました。

 しかし、そんな学習法では論理的思考力なぞ身に付く筈がありません。だから最後まで確率計算が大の苦手でした。順列・組み合わせ、場合の数、期待値…。どれもこれも余りにも抽象的すぎて、具体例に即して考える事が出来ない問題ばかりです。競馬をやるようになって初めて、これらの概念が理解できる様になりました。

 本当は数学も大事な学問です。ギャンブルやマルチ商法は胴元だけが儲かり、サラ金の借金が数年で2倍以上に膨れ上がる仕組みになっている事も、数学的思考力があって初めて理解できるのですから。でも、考える事を放棄して、ひたすら丸暗記に走らなければ良い成績を取れない様では、本末転倒です。

 そう考えると、「数学は中学までで充分、論理的思考力を養いたければ国語の授業でやれ」という氏の提言も、それなりに理解は出来ます。要は「急がば回れ」「名を捨てて身を取れ」という事でしょう。

 この事については私も苦い経験があります。実は私は、大学卒業後1年間、新人の高校講師として、底辺校で政治経済の授業を受け持った事があるのです。今でこそ教育格差の問題がクローズアップされるようになりましたが、総中流社会の当時は、そんな問題はごく一部の高校や生徒だけの問題だと思われていました。

 その高校で、先輩教師から「教科書の漢字が読めるようになったらそれでええやん。別に源頼朝が何者か分からなくても『みなもとのよりとも』と読めるようになったら、もうそれでええやん」とアドバイスされた事がありました。今でこそ、その教師の気持ちも分かる様になりましたが、当時は彼の事を「生徒を小バカにする差別教師」と心の中で蔑むばかりでした。

 そして若気の至りで、教科書の漢字も読めない、「申請」や「登録」の読みはおろか意味も理解できない生徒に、いきなり憲法9条や日米安保条約について教え始めたのですから堪りません。授業について行けない生徒が続出する事態となってしまいました。

 今から思うと、こういう底辺校では、よっぽど教師としての力量が備わっていない限り、憲法9条や安保条約の内容を教えるのは至難の業なのです。先の確率計算の例と同じで、生徒にとっては余りにも抽象的すぎて、生活実感からかけ離れた内容なのですから。

 こういう底辺校では、もう憲法なぞ敢えて教えずに、労基法の授業一本で臨んだ方が良かったと思います。その代わり、労基法の授業では、単に8時間労働制の上辺だけの説明で終わらず、バイトにも有休取得の権利がある事や、労災申請の仕方や、不当解雇への対処法まで、みっちり教えます。

 生徒の中には、バイトで学費を稼がなくてはならない者もいた筈です。バイト先でセクハラ、パワハラに遭った者もいたかも知れません。幾ら教科書の漢字が読めなくても、生き抜く為の術はちゃんと教えなくてはなりません。勿論その子でも理解できる教え方で。それこそが真の社会科教師としての役目ではないでしょうか。

 私が組合に入り過重労働の押しつけや労災もみ消しと闘ってきた事、職場新聞やブログに書き綴って来た事なども、生徒にとっては格好の教材になったでしょう。まだ派遣法も、ブラック企業という言葉もなかった時代に、大学出たばかりの世間知らずの新米教師が、それを果たしてどこまで出来たかという問題はあるにしても。

 もし、そういう授業がちゃんと出来ていたら、今の様なムチャクチャな政治が横行する様な事は無かったのではないでしょうか。たとえ憲法や三権分立の意味を知らず、忖度という漢字が読めなくても、「あった事をなかった事には出来ない」という最低限の事ぐらいは、ちゃんと理解できる卒業生になっていただろうと、悔やまれてなりません。

 そして、虐められても泣き寝入りしてはならない、自分だけでなく他人が虐められてても黙っていてはいけない、不正や不当な扱いには抗議しなくてはいけないという、最も大事な事が分かる人間になっていたでしょう。民主主義とは何だと聞かれた時に、これがそうだと言える人間になっていたでしょう。

 先日、職場の問題をブログに書いた時も、実は前川氏の講演録を書くつもりでした。その為に、わざわざ豊中まで氏の講演を聞きに行って来たのです。でも流して良かったと思っています。それで仲間の退職を食い止める事が出来たのですから。前川氏の講演録なぞいつでも書けます。そう思っていたら、早速その機会に巡り会う事が出来ました。

週刊東洋経済 2018年4月14日号 [雑誌](連鎖する貧困)
クリエーター情報なし
東洋経済新報社
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

天王寺七坂巡りスタンプラリー探訪記

2018年04月06日 00時00分10秒 | 身辺雑記・ちょいまじ鉄ネタ

 

 今月は給料が少なかったので無駄遣いしないようにしなければなりません。でも、天気の良い休みの日には家でくすぶっていないで遊びにも出かけたいです。そこで、余りお金を使わずに歩いても行ける近場の散策に出かける事にしました。私の住んでいる「あいりん地区」は確かに下町でゴミゴミしていますが、少し山の手の方に歩けば、閑静な文教地区や自然や歴史遺産の一杯ある風致地区にたどり着く事が出来ます。

 中央区の谷町9丁目から夕陽丘、天王寺にかけて広がる上町台地上の坂のある寺町もその一つ。北の方から順に真言坂、源聖寺坂、口縄坂、愛染坂、清水坂、天神坂、逢坂と、七つの坂があり、総称して「天王寺七坂」と呼ばれます。町おこしの一環として、七坂巡りのスタンプラリーが企画されています。私も昨日、それに参加して来ました。

(1)真言坂(しんごんざか)

 

 生国魂神社の神宮寺であった法案寺をはじめとする生玉十坊が、明治の廃仏毀釈まで神社周辺で栄えていた。うち、神社の北側には医王院・観音院・桜本院・新蔵院・遍照院・曼陀羅院の六坊があった。すべて真言宗であったので、この坂は真言坂と呼ばれた。(坂の案内板より)

 天王寺七坂巡りは、この谷町9丁目の生国魂(いくたま)神社から始まります。明治時代以前は神仏習合といって、神社の中にお寺があったり、お寺の中に神社があったりしたんですね。「神宮寺」というのは、そんな神社の中のお寺の事。「廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)」というのは、その「神仏習合」を無くす為に、明治初期に「神仏分離」の掛け声の下で行なわれた「お寺破壊騒動」の事です。明治政府は、「これからは神社の方が偉いんだ」と、率先して仏像を破壊しました。このような「文明開化」とは似ても似つかぬ蛮行が、明治維新のドサクサの中で行われた事も、きちんと覚えておかなくてはなりません。

(2)源聖寺坂(げんしょうじざか)

 

 

 この坂は、登り口に源聖寺があるので、その名をとっている。付近一帯は、寺町として長い歴史を持つ。齢延寺には、幕末に泊園(はくえん)書院を興して活躍した藤沢東畡(とうがい)、同南岳父子の墓があり、銀山寺には、近松門左衛門の「心中宵庚申」にでてくる<お千代、半兵衛>の比翼塚が建てられている。(坂の案内板より)

 

 真言坂を抜け源聖寺坂に入ったところにある浄土宗のお寺の塀に掲げてあったポスター(左上)。「国豊かに民安くして兵戈(ひょうが=武器)用うること無し」。平和憲法の理想こそ日本古来の伝統。それをないがしろにする安倍政権は、伝統とは無縁の只の反日サイコパス(精神異常者)の徒でしかない。天王寺七坂を舞台にした伝奇短編集、有栖川有栖・著「幻坂(まぼろしざか)」(角川文庫)の宣伝ポスターも、その隣に貼ってありました(右上)。

 

 天王寺七坂には含まれていませんが、源聖寺坂から口縄坂に向かう間にも、「学園坂」という坂があります。この坂の右側には歩道の外側に自転車専用道も設けられています(左上)。

 その学園坂近くで見かけた世阿弥(せあみ)のお言葉(右上)。「風姿花伝」という本の中の言葉だそうです。「上手は下手の手本也」(初心者はベテランを見習え)というのは分かりますが、その逆の「下手は上手の手本也」というのはどういう事か?二通りの意味があって、「反面教師(悪い例、失敗作)として教訓にせよ」という意味と、「ベテランの地位に胡坐をかいていると知らぬ間に初心者に追い抜かれるぞ」と戒める、二つの意味があるとされています。

(3)口縄坂(くちなわざか)

 

 坂の下から眺めると、道の起伏がくちなわ(蛇)に似ているところから、この名が付けられたという。付近の浄春寺には暦学者麻田剛立、画家田能村竹田、春陽軒には国学者尾崎雅嘉、太平寺には医家北山寿安ら、江戸時代に活躍した先人の墓がある。また、梅旧院には芭蕉の供養碑もみられる。(坂の案内板より)

(4)愛染坂(あいぜんざか)

 

 その名のとおり、坂の下り口にある愛染堂勝鬘院(しょうまんいん)から名付けられた。愛染さんの夏祭り(六月三十日)は大阪夏祭りの先駆けとして知られ、境内の多宝塔は市内最古(文禄三年)の建造物で、重要文化財と指定されている。大江神社には「夕陽岡」の碑があり、このあたりからの夕焼けは今も美しい。(坂の案内板より)

 

 口縄坂よりも、むしろ次の愛染坂の石畳(左上)の方が「くちなわ(蛇)」の鱗(うろこ)に似ていると思います。愛染さん(右上)は縁結びの神様としても有名です。

 

 愛染さんの多宝塔(左上)と愛染かつらの木(右上)。

(5)清水坂(きよみずざか)

 

 新清水清光院に登る坂道をいう。高台にある新清水寺境内からの眺望は格別で、さらに境内南側のがけから流れ出る玉出の滝は、大阪唯一の滝として知られている。また、この付近一帯は昔から名泉どころとして知られ、増井、逢坂、玉出、安居、土佐、金竜、亀井の清水は七名泉と呼ばれている。(坂の案内板より)

 この玉出の滝(右上)ですが、滝というには余りにも貧相で、上の三本の懸樋から水がしたたり落ちるのみでした。でも、ここも立派な修験道の行場なのだそうです。この近くには昔は浮瀬という料亭もあり、松尾芭蕉や与謝野蕪村も訪れたそうです。今は星光学園のグラウンドになっています。

(6)天神坂(てんじんざか)

 

 安居天神へ通じる坂道なので、このように呼ばれている。この神社境内は大坂夏の陣に真田幸村が戦死したところで、本殿わきに「真田幸村戦死跡之碑」がある。また、同境内すぐ下には七名泉の一つ、安居の清水があり、「かんしづめの井」(癇静め)とも呼ばれよく知られている。(坂の案内板より)

 

 赤備え六文銭の真田幸村の幟(左上)と、社務所でくつろぐ飼い猫(右上)。この飼い猫は大変人懐こく、私が触っても逃げませんでした。

 

 「かんしづめの井」は社務所裏のがけ下にありました。

(7)逢坂(おうさか)

 

 

 七坂の最後、逢坂は、大阪の地名発祥の地ですが、実際は車がびゅんびゅん行き交う国道25号線の坂であり、今までのような風情はありません。坂の表示や案内板もありませんでした。代わりに江戸時代の道標が残っていたので、それを写真に収めました。でも、逢坂の歩道橋から眺めた通天閣(左上)とあべのハルカス(右上)も、それはそれで風情がありました。その隣の一心寺は、先週も訪れましたが、先週は満開だった桜も、すっかり散って、ほとんど葉桜と化してしまっていました。しかし、境内のろうそくの灯は、先週同様に幻想的な雰囲気を醸し出していました。

 

 

 スタンプラリーで集めた坂のスタンプ。真言坂(左上)、源聖寺坂、口縄坂(右上)、愛染坂、清水坂(左下)、天神坂、逢坂(右下)。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

会社に送った抗議メール

2018年04月03日 22時29分59秒 | 職場人権レポートVol.3

給与支給変更における会社側の対応について

この3月から給与の締日・支給日が変わりました。それまでの20日締め・月末支給から月末締め・翌月15日支給になりました。その関係で、3月末の給与支給額は、2月21日から28日までの実質5~6日分のみにとどまりました。わずか5万円前後の支給額です。それでは流石に生活に困るだろうという事で、基本給に一時金や補填金が臨時に上乗せされ、10万円近くの額が振り込まれる筈でした。それなら半月後の次の給与まで何とか持つだろうと、皆思っていました。

ところが、3月末に振り込まれた給与を見ると、2月と同じくらい社会保険料が引かれていました。10万円近く振り込まれる筈が、実際には6万円ぐらいしか振り込まれませんでした。

実は、社会保険料控除は、「標準報酬」という仕組みで行われます。毎年4~6月の平均給与額を「標準報酬月額」として、それに所定の保険料率を掛け合わせた金額を保険料として引かれる仕組みになっています。所得税や雇用保険のように前月の所得に応じて引き落とされる仕組みにはなっていません。

ところが、今までは給与支給日も保険料引落し日も同じ月末だったので、その事に皆気付かなかったのです。ところが今回、給与支給日が変わった事で、それが初めて露になりました。勿論、年間通して考えれば、給与支給回数も保険料控除の回数も同じ12回で、控除総額も今までと変わりません。しかし、給与支給日が変わった事によって、「3月の給与は実際は2月下旬の分だけなのに、2月と同じぐらい保険料が引かれ、4月にも同じ位引かれる。何故、1年に13回も保険料を引かれなければならないのか?保険の二重取りではないのか?」と、多くのバイトが錯覚に陥ってしまい、現場に混乱が広がりました。

それに対して、バイトが副所長に説明を求めたら、「そんな事、俺に聞くな。文句があるなら会社に言え」と、官僚的にあしらわれてしまいました。それで、そのバイトは怒って、もうこの会社を辞める事になりました。

幾ら何でも、この対応はないでしょう。一介の平社員ならいざ知らず、副所長のくせに標準報酬の説明も出来ないとは、一体どういう事ですか?しかも、まるで他人事のようにあしらって。自分が同じ事されたらどういう気持ちになるか、考えなかったのでしょうか?以上、会社に猛省を求めます。

(追記)
 速報!今月の給与支給を巡るイザコザで退職表明していたバイトが明日から再復帰!本日彼が所長と面談し副所長からの謝罪を受けて。当のバイト君から今しがたメールがありました。今までこの件でブログやツイッターで情報発信してきた事は、決して無駄ではありませんでした。これでこそブロガー冥利に尽きます。もはや当ブログの活動は単なる「愚痴」ではない。具体的成果も生み出すようになった以上、一部ネトウヨ(ネット右翼)による当ブログに対する「負け犬の遠吠え」呼ばわりは一切受け付けない。(4月4日)

(参考資料)


実際の給与明細(名目は3月度になっているが実は2月21~28日の5日分のみ)
赤枠囲み部分が上の表の支給・控除額。

 給与支給変更の説明自体は昨年秋頃からありましたが、当初は3月末の補填金上乗せの話ばかりでした。会社から渡された試算表には「標準報酬月額」の語句も載っていましたが、その意味についての解説は全くありませんでした。だから、「給与が上乗せされるなら、たとえ3月末には9万円ぐらいしか給料が出なくても、半月後には丸々1ヶ月分出るのだから、それまでは9万円でしのげばよい」と、皆思っていたのです。ところが、いざ蓋を開けたら社会保険料等が通常と同じ位ガッポリ引かれていたので、「一体どうなっているのだ!」と大騒ぎになったのです。


会社に実際に送った抗議メールの写し

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

3月の給料はたった6万円余だった

2018年04月01日 04時51分11秒 | 職場人権レポートVol.3

 以前もブログに書きましたが、私の勤め先では、この3月から給与の締日・支給日が変更されました。特に変更後の最初の月である今月は、変更の境目に当たるので、表題にもある通り、大幅な減収となりました。ところが、社会保険料控除はいつもと同じぐらい引かれていたのです!その事をツイッターで呟いたら、玄信という方からリプ(リプライ=返信)が来ました。そこから今まで玄信さんと交わした対話の一部をブログに紹介しておきます。ツイート(つぶやき文)の文頭に「プ」とあるのが私(プレカリアート)のつぶやきで、「玄」が玄信さんのつぶやきです。読みやすいように、それぞれの文字の色も変えています。

プ:3月の給料はたった6万円余だった。何故かと言うと、丁度給与の締日、支給日が変わる境目の月だからだ。一時的な給与減少に過ぎず、会社の方でも一時金の上乗せ等で、それなりに対応してくれていた。しかし、その折角の努力も、社会保険料が前月と同じ位控除された事で、全て水泡に帰してしまった

プ:昨日、私が帰ってからも、残業中の同僚からこの件で相談の電話がかかって来た。同僚の話では残業メンバーの間で大騒ぎになっているそうだ。私も納得がいかないので、今日、会社に質問状提出する事にした。会社で埒があかなければ厚労省にも問い合わせるつもりだ

(注)以下、私が会社に提出した質問状から一部抜粋。

玄:賃金が急に減少した場合、社会保険料の計算基準である標準報酬月額を低くすれば控除額も減らせるのですが。会社の給与担当者が不勉強の様ですね。

プ:標準報酬月額は毎年4〜6月の平均支給額で算出され、支給タイミングのズレによる一時的減収は考慮されないと思います。減俸等で基本給が下がった場合も、17日以上勤務した月の3ヶ月平均額を元に再計算されるので、出勤5日の今回は対象にならないのでは。今日の所長の説明でもそんな事言ってました(泣)

(注)健康保険・厚生年金保険料の計算の基になる「標準報酬月額」とは、そもそも一体どういうものか?

厚生年金保険料は「標準報酬月額×保険料率」で計算されます。標準報酬月額は文字通り「月額の報酬」ですが、給料額とは一致しません。30等級に分かれており、4・5・6月の給料の平均額を該当する区分にあてはめます。なお、報酬には通勤交通費や残業代も含まれます。健康保険の保険料も標準報酬月額×保険料率で決まる。但し、等級は厚生年金の30等級よりも多い47等級となっている。(以上、All Aboutの説明より抜粋)

標準報酬月額は原則年1回、4月から6月の給与の平均額から計算します。これを「定時決定」と言います。
昇給等で基本給などの固定的賃金が変更になった場合は、変更になった月を含め3ヵ月間の給与の平均額で標準報酬月額を計算しなおします。これを「随時改定」と言います。
いずれも3ヵ月間の平均給与額から計算しますが、例えば病気でずっと休んでいてほとんど給与が支払われていない月などは除いて計算します。
具体的には、給与の支払い対象となった日数が17日以上の給与だけで計算します。この給与の支払い対象となった日数を「支払基礎日数」と言います。(以上、Mama Gyutteの説明より抜粋)

今年1年間の自分の保険料控除額を知るには、年金機構や健保組合のHPに載っている「標準報酬等級表」(上記の例)で、自分の標準報酬の等級を調べて、その欄の保険料額を見れば良いのです。私の場合だと、月収18万円なので、この表で標準報酬月額18万円に相当するのは15等級➔被保険者(私の事)負担の毎月の保険料は、健康保険料8117円+介護保険料1530円の合計9647円となります。(厚生年金の保険料も年金機構のHPで同じようにして調べます)

玄:それは残念ですね。救済措置の対象外とは・・・

プ:ただ、会社も手をこまねいている訳ではなく、期末一時金・補填金支給以外にも、4回分割返済の条件で無利子貸付を行う等してくれています。最初はその意外と太っ腹な対応に驚いたものですが、そもそも会社都合(給与支給方法の変更)でこんな事になったのであり、当然の対応だと今は思っています

プ:ただ、標準報酬月額の仕組みについての説明が事前に全くありませんでした。だから、一時金・補填金上乗せで何とかなると思っていたら社会保険控除で全部帳消しになってしまったと、皆怒っているのです。バイト終礼で社員が問い合わせの対応に追われ、邪険な対応でバイトとトラブルになったりしています

プ:それに、標準報酬月額の仕組み自体にも問題があるでしょうね。今の仕組みでは、急な減収や支給方法の変更には全く対応できません。幾ら年間では帳尻が合うと言われても、それまで1ヶ月毎に貰えた給料が今回1ヶ月半後の支給となったのに、控除のタイミングだけ従来通りでは、誰も納得できないです

玄:此方も似た状況です。日払いが月給に変わった為に約1ヶ月半賃金支給日が来ませんので、日払い等の仕事と掛け持ちです。月給になることで夏冬のボーナスが出るので望んでの事ですが。

プ:「本来は格差是正の為に行われる筈の社会保障が、日本では逆に更なる格差拡大の引き金になっている」という事を、今回の件でも実感しました。本来なら働く人を助ける為にある健康保険や厚生年金が、実際には「保険料取られるだけで給付金は雀の涙」で終わってしまっている現状に、改めて憤りを覚えます

(中略)

プ:それと、賃金補填等の救済措置の宣伝ばかりで、標準報酬の仕組み等の肝心な情報を全然流さなかった会社の対応も疑問です。会社は説明したと言ってますが、分かり難い説明で全然理解できませんでした。たとえ分かり難い内容でも、必要な事なら分かり易く説明するのが会社や社員の仕事なのに

玄:労基法に付いてもそうなのですが、福利厚生面は企業に直接的利益をもたらさないので経営者や管理職、そして総務等の職員の意識が低く勉強も工夫もしませんから。長い目で見れば企業の基礎体力に関わる重要な課題なのですが。(玄信)

プ:今回の件で会社とトラブルになったバイトというのは実は私と同宿の同僚です。控除額が大きいので副所長に問い合わせたが「今、忙しいから所長に聞け」の一点張りだったのでブチ切れたという話でした。当時の詳しい状況は不明も、平社員どころか副所長ですらそんな対応しか出来ないというのが何とも

プ:標準報酬の内容なんて一般のバイトや平社員にとっては馴染みのない話。これが平社員なら、暴言については問題外ですが、バイトの質問に答えられなくても仕方ないでしょう。でも管理職の副所長ともなれば、総務や労務管理の基礎知識は身につけておいて欲しいし、標準報酬の説明も出来て当然ではないかと

プ:とりあえず私は彼に、拙いながらも自分なりに標準報酬の説明をして、私もこの件で問い合わせ文書を会社に提出した事や(彼にもその場でコピー配布)、このツイッターでも議論になっている事を言って、彼にもこの一連のツイートを読む様に言っておきました

玄:管理職として最低限の知識すら無いのですね。近年勤務時間管理すら出来ぬ経営者や管理職が多いですが、標準報酬月額も説明できずとは。一応元保険屋ですから社会保証の基礎知識は平社員ですら叩き込まれましたが・・・

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする