アフガン・イラク・北朝鮮と日本

戦争も人権抑圧もNO!万国のプレカリアート団結せよ!

当ブログへようこそ

 アフガン・イラク戦争も金正日もNO!!搾取・抑圧のない世界を目指して、万国のプレカリアート団結せよ!

 これが、当ブログの主張です。
 詳しくは→こちらを参照の事。
 「プレカリアート」という言葉の意味は→こちらを参照。
 コメント・TB(トラックバック)については→こちらを参照。
 読んだ記事の中で気に入ったものがあれば→こちらをクリック。

幾ら改造してもツギハギだらけの検討使

2022年08月11日 20時47分00秒 | モリカケも忖度もない公平な社会を
 
岸田改造内閣のキャッチフレーズが次々頭に思い浮かぶ。
 
頭隠して尻隠さず
あちら立てればこちら立たず
もぐら叩き
いたちごっこ
どこまで続くぬかるみぞ
蛙の子は蛙
目くそ鼻くそ
類は友を呼ぶ
策士策に溺れる
藪を突いて蛇を出す
病気は元から断たなきゃダメ
輪廻転生
因果応報
自業自得
 
まだまだ続く。
 
伏魔殿
とかげの尻尾切り
似たり寄ったり
アバタもエクボ
男達の悪企み
悪魔の選択
一連托生
毒食らわば皿までも
オマエモナー
カス同士の争い
 
本当に岸田政権は故事成語ネタやことわざネタの宝庫だ。自分でも書いていて驚いた。ここまでネタが次から次へ思い浮かぶとは思わなかったw
 

岸田政権 つきまとう旧統一教会の影 改造内閣発足初日から新閣僚との関係次々発覚(スポニチアネックス)

 第2次岸田改造内閣が10日、皇居での認証式を経て発足した。世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との関係が問われる中での改造。岸田文雄首相は会見で「(教団との)関係を点検し厳正に見直すことを厳命し、それを了解した者のみを任命した」と述べた。

 大幅改造の中、留任となった山際大志郎経済再生担当相(麻生派)は、この日になって初めて教団との接点を認めた。会見で、2013年に関連団体に会費1万円を支出し、18年には関連イベントに出席したとし、「いずれも通常の政治活動の一環だったと認識している」と釈明した。留任内定前にこれらについて、首相には説明していなかったという。

 2日の会見では、会費支出の事実関係を問われ「個人の政治活動に関わる話」と説明を拒否していた。教団との関係を認めていた7閣僚は交代。留任決定を受けて認めたかのような印象を与えた。

 一方、初入閣の3閣僚が教団と接点があったことも明らかになった。西村明宏環境相(安倍派)が教団との関係が指摘された会合に出席。寺田稔総務相(岸田派)は18年に、関連団体の会合に会費2万円を支出。岡田直樹地方創生兼沖縄北方担当相(安倍派)は関連団体の行事に地元秘書が出席したことがあると明かした。

 閣僚経験者も教団関連への支出などが判明。3度目の登板の加藤勝信厚生労働相(茂木派)は、14年と16年に関連団体に会費として計3万円を支出していた。留任の林芳正外相(岸田派)は12年に教団と関係が深いとされる世界日報の取材を受けていたとして陳謝。高市早苗経済安全保障担当相(無派閥)は、約20年前に教団に関連した出版社の月刊誌で他の政治家と対談したことがあると公表した。初入閣の秋葉賢也復興相(茂木派)が教団との接点をほのめかしており“教団関係閣僚”はさらに増えそうだ。

 立憲民主党の泉健太代表は党会合で「教団隠蔽(いんぺい)内閣」と批判。内閣支持率が低下し改造前倒しで局面打開を狙った岸田首相。教団問題がくすぶり続けるのは必至で政権浮揚効果は低くとどまりそうだ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

食も助け合いから

2022年08月09日 22時58分36秒 | なにわB級グルメ探訪

またまたブログの更新が滞り申し訳ありません。実はこの間、ツイッターで「せんべい」という人と対話していました。その対話のこれまでのツイート(つぶやき)を、こちらでも紹介したいと思います。以下がそのツイートです。ツイートの前にある「プ」(プレカリアート)は私の、「せ」はせんべいさんのツイートです。いずれもツイートをそのままの形で載せています。但し、文字化け防止の為に半角文字は全て全角文字に変更し、曜日だけ記載のツイートについては日付も注記する等、必要最小限の編集を施しました。

プ:1Rの一人暮らしだと、どうしても野菜不足に。買っても余って腐させてしまうだけなので、つい買うのが億劫に。例えばこの万能葱も、普通は冷凍で長期保存するのだが、冷蔵庫は入居当初からあるワンドア式で、後は製氷室しかないのでそれも出来ない。なので昨日の夕食もこんな葱まみれのおかずにw

せ:今ちょうど、野菜や食事について考えていて目に止まりました……。  納豆や卵とじ、美味しそうで健康に良さそうなおかずだと思います。私も真似したいな。  夏はきゅうりやトマトプラスしたらいいと思います。きゅうりはタッパーに塩入れて冷蔵庫においたら美味しい漬物になりおすすめです。

プ:実は今日行きつけの鍼灸院でこの夕食の写真を見せたら即、野菜不足だと言われました(注:苦笑いの画像) それを補う為に野菜炒めも時々作りますが、そうすると油の取り過ぎの心配も。煮物にも時々挑戦しますが、どうしても最後は楽な炒め物に。 野菜保存用の小型冷凍庫を別で買うか、生協の宅食弁当に変えた方が良いかも

せ:私も宅配弁当がいいか、安く自炊が良いか悩みます。食べ切れたらどちらでもいいですが、経費も気にかかりますね。  あまりにきちんと食べようとすると大変だから、弁当プラス野菜とか、味噌汁具だくさんみたいにすると良いとは聞きました。

プ:葱まみれの夕食は土曜日(注:8月6日)の物です。それから日曜にかけて、スティックコーヒーと胡桃ロールの朝食、鍼灸治療帰りに南海難波駅の社員食堂(一般客も乗務員価格に20円上乗せで利用可)で470円のおろしハンバーグ定食、冷蔵庫に残っていたカネテツの野菜揚げと水茄子の漬物、いわし蒲焼缶の夕食にしました

せ:ところどころ真似したい部分があります。私も本当は食堂のくらいガッツリ食べないと、とは思いますが……。

プ:日曜日の夕食は流石に自分でも手抜きが甚だしいと感じたので、今日は卵のトマト炒めとモロキュウにしました。トマト炒めは鶏ガラスープの素とマヨネーズも加えて中華風に。もうこの一品だけで満腹です。万能葱処分の為に副菜に出すつもりだった冷奴も取り止め、葱はネコマンマの付け合わせに使いました

プ:今日、パルコープに夕食サポートの資料請求をしました。確かに今夜のトマト炒めは美味しかったけど、いつもそんなメニューが作れるとは限りません。生協の宅配弁当なので栄養バランスはバッチリ。一人暮らしだと弁当頼んでも出費は自炊とそんなに変わらないし。週5日は宅配弁当で土日のみ自炊にします

せ:私も資料を取り寄せ、それっっきりです……。頼んだらぜひ感想を教えてください、

プ:野菜不足について考える様になったきっかけは、やはりコロナです。私の職場でも「体調不良」の名目で1週間休んでいる人が数人います。そこで免疫力を付けなきゃという事で、行きつけの鍼灸師さんに毎日の食事について聞かれ、葱まみれの写真を見せたら「葱なんか野菜のうちに入らない」と言われましたw

プ:具沢山の味噌汁、いいですね!土井善晴さんの料理本にもそんな事が書いてありました。でも、今のキッチンにはIHコンロが一口しかないので、一品調理が終わらないと次の調理にかかれません。だからどうしても味噌汁はレトルトで済ましてしまいます。確かに具沢山の手作り味噌汁の方が体に良いのですが…

せ:うちよりは食材多めで、やる気があるなって感じました。うちはガスで一口です。ゆわかせばできるゆで卵、バナナ、きゅうりトマトをよく買います。レタスでカサを増やそうと失敗、腐らせて捨てたこともあります。

プ:私、以前は西成のあいりん地区に住んでました。最初はホテル暮らしでやがて賃貸に。当時の夕食は弁当でした。これがその弁当。300円と安かったが野菜は皆無。他の弁当も大体同じ。これでは栄養が偏るし、毎日これでは飽きが来る。その賃貸でもトコジラミに悩まされ、ようやく今の住之江区の1Rに

せ:西成、you tubeでよく動画出ててチラ見することがあります。満州よしこさん(注)という歌手の方がよく出ていますね。

(注)「満州よしこ」ではなく「満州けいこ」(本名:坂田佳子)では?ネットで検索したら下記リンクに行き当たりました。

https://twitter.com/wzdjkoyfomscqac?s=11&t=TU9mWrIqS-3tZMUe80nB9A

プ:ただ西成生活全てが闇だった訳ではありません。むしろ西成で得た物の方が多かった。特に釜ヶ崎の夏祭りや暮れの越冬闘争の炊き出しで食べた天ぷら、カレーの味は今でも忘れられません。子ども食堂では大人の私も300円で野菜豊富な夕食をご馳走になりました。食事も助け合いの中で食べてこそ美味しい

プ:確かに西成のホテル生活では変な人にも遭遇し、隣人とトラブルにもなりました。でも、それ以上に学んだ事も多かった。例えば、釜ヶ崎夏祭りで買ったこのTシャツを着て歩いていると、見知らぬ人からも「何々?黙って野垂れ死ぬな。やられたらやり返せ…おう、その通りや!兄ちゃん頑張れ!」と声援が

プ:その釜ヶ崎の催しもコロナで休止を余儀なくされました。代わって星野リゾートが新今宮駅北側に進出して来ましたが、あんな高級ホテルに行っても西成の事は何も分かりません。宿泊客も新世界だけ見て西成は素通りです。今回、私が生協の弁当注文を思い立ったのも、「食も助け合いから」と思うからです

プ:ゴメン、長々と私ばかり喋って。私がここで言いたかったのは、「たとえ非正規雇用で高齢、独身の単身赴任者でも、まともに野菜が取れて、栄養バランスのある食事が出来て、セパレートの風呂にも入れる、そんな世の中を!」この一点だけです。生協の宅配弁当注文したらまた感想を呟きます

せ:よろしくお願いします。志とは違いますが、でもきちんと作ってらっしゃると思います。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

もはや日本は法治国家ではない

2022年08月03日 22時11分58秒 | モリカケも忖度もない公平な社会を

お昼のワイドショー「ミヤネ屋」は今日も統一教会の事を取り上げていた。今まで「ミヤネ屋」なんてバカにしていたが、これで少し見直した。最初に取り上げたのは下村博文の発言だ。下村は、第二次安倍政権当時の文科相として、統一教会の改称を認めた疑惑が指摘されている。当時、霊感商法など数々のトラブルを引き起こしていた統一教会が、家庭連合(世界平和統一家庭連合)への改称で、イメチェンを図ろうとしていた。でも、歴代の文部官僚は、そんなトラブル続きの団体の改称なぞ認めて来なかった。ところが、2015年に、下村文科相の下で、一転して改称が認められる事になった。

それに対して下村は、次のように言い訳していた。「改称申請の書類を不備もないのに認めなかったら行政上の不作為に問われてしまう」と。「行政上の不作為」と言うのは、簡単に言えば「仕事を怠けている」という意味だ。確かに、普通の団体から提出された申請書類を、ずっと棚ざらしにしていたら、仕事を怠けていると取られても仕方ないだろう。しかし、相手は今まで何度もトラブルを引き起こしてきた宗教カルトだ。そんな宗教カルトの改称申請を認めてしまったら、さらに霊感商法の被害が広がってしまう。それを阻止するのが役所の仕事なのに、逆に認めてしまってどうするのか?下村は、書類上の不備さえなければ、オウム真理教の改称申請も認めるのか?

それに対して、「宗教とカルトの違いをどこで区切るか?」という反論も当然あるだろう。何でもかんでもカルトと決めつけてしまったら、宗教弾圧になってしまう。しかし、こと統一教会については、そんな心配なぞ一切無用だ。何故なら、統一教会ほど数々の社会問題を引き起こしてきた宗教団体は、他にないからだ。そもそも統一教会は宗教団体ですらない。人の命を救うのが宗教なのに、この「宗教」は逆に人を破産や家庭崩壊に追いやって来た。単なる反社会集団に過ぎないカルトを、あたかもまともな宗教法人であるかのように扱う事自体、既に間違っている。

次に番組が取り上げたのが二之湯・国家公安委員長の発言だ。二之湯は統一教会関連団体のイベントで実行委員長を務めた事がある。それに対して二之湯はこう言い訳していた。「どういう団体か知らないが、名前を貸してくれと頼まれたから貸した」と。とても現役の国家公安委員長の発言とは思えない。もし本気でそう思っているなら、そんな無知で不用心な人物に、とても日本の治安を預ける気にはなれない。即座に辞職させなければならない。

他に、自民党参院議員の井上義行や北村経夫の発言も取り上げていた。井上は統一教会の賛助会員だった事を自分で認めた。北村も統一教会の支援で当選できた事が明らかになっている。なのに二人とも「党とも相談し、適切な対応を取る」でお茶を濁している。何故その場で「絶縁する」と言えないのか。こんな反社会的集団のカルトに対して。自民党が認めたら今まで通り統一教会を応援するのか?統一教会から応援してもらうのか?霊感商法の被害には目をつむり。もはや自分の保身しか考えていないではないか。

それもそもはずだ。井上や北村を指導する立場の、自民党幹事長の茂木敏充からして、「党としては統一教会とは無関係。議員個人についても、それぞれが説明をすれば良い」で済ませているのだから。これだけ事実関係が明らかになっても、まだ「党としては無関係」とシラを切り、議員個人に下駄を預ける他人任せの姿勢に終始。よほど実態が明らかになるのが怖いようだ。

統一教会は、自民党だけでなく野党の一部にも票を回していた事が明らかになった。そうする事で、もし自民党が選挙で負けても、政界との繋がりを保ち続けるつもりなのだろう。勿論、支援していたのは野党の中でも右寄り(自民党寄り)の政治家ばかりだ。それに対して、維新は身元調査の結果を発表した。「党としては無関係」だが「議員の中には繋がりのある人もいた。今後は襟を正す」と。自己申告による身内の調査なので、全く信用できないが。ところが、そんな「アリバイ調査」すら拒否しているのが、今の自民党だ。

その自民党政権の岸田首相や茂木幹事長は、安倍の国葬に反対する国民や野党に対して、何と言っているか?「内閣府設置法で国葬が認められている」「国葬に反対する野党の言い分なぞ聞かない」「野党は国民の感覚からずれている」と言ったのだ。

戦前には国葬令に基づいて国葬が行われた。当時は祝日として国民にも国葬への参加が義務付けられた。その国葬令が廃止された今は、国葬に法的根拠はない。政府は内閣府設置法第4条3項33号を根拠に挙げるが、あの条項に書かれているのは「国の儀式に関する事務手続き」だけだ。「戦没者慰霊式典」などの「事務手続きをどう進めるか」だけだ。その「事務手続き」の中に国葬に関する規定なぞ一切ない。

それでも「国葬は出来る」と言い張るのであれば、天皇も憲法で「国の象徴」と定められているので、政府が「国の象徴だ」とさえ言えば、何でも出来てしまう。しかし実際はそうではないだろう。天皇の国事行為として、一つ一つの行為が具体的に決められている。つまり基準が明確なのだ。それが法治国家としての在るべき姿だ。

もっと分かりやすい例でいうと、社長は確かに会社の最高責任者だ。しかし、だからと言って、就業規則に何でも書ける訳ではない。労働基準法に違反するような事が書かれていたら、いくら就業規則でも、その部分は無効だ。ところが、今の政府の言い分だと、「就業規則に書いてあるからOK」となってしまう。そんな無茶な言い分がまかり通るようでは、もはや日本は法治国家とは言えない。

ましてや、今回の国葬の対象者は、安保法制をゴリ押しし、公文書改ざんで公務員を自殺にまで追い込んだ、あの安倍だ。そして、長年に渡り、統一教会とズブズブの関係を続けた挙句に、破産や家庭崩壊に追い込まれた母親信者の息子に殺される羽目になった、あの安倍だ。こんな「民主主義の破壊者」を、なぜ「国の殉教者」として奉らなければならないのか?

「野党の言い分なぞ聞かない」と言うに至っては、もはや民主国家の政治家として失格だ。多様な意見を出来るだけすくい上げて、その上で、一定の結論を出していくのが民主主義だ。ところが最近は、選挙に勝ちさえすれば、何をやっても許されると誤解している人が余りにも多くなってしまった。その結果、少数意見など封殺して、多数の横暴がまかり通るようになってしまった。だから、「就業規則に書いてあったら何でも出来る」と言った、法治主義や民主主義のイロハもわきまえない暴論が、平気でまかり通るようになってしまったのだ。

そんな大事な問題を、なぜ他の番組は取り上げないのか?「ミヤネ屋」や「報道特集」など一部の番組しか取り上げようとしないのか?ウクライナの戦争報道で、「政府の垂れ流すプロパガンダを信じるな」と言ったロシア国営放送のアナウンサーがいた。それを観て、「日本はまだマシだ」と思った人もいるのではないだろうか?しかし、そんな気骨のあるアナウンサーがいるだけ、ロシアの方がまだマシかも知れない。いくら言論の自由が保障されていても、それを守ろうとする人がいなくなれば、もはや独裁国家と同じだ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

統一教会隠しのNHKも許さない

2022年07月29日 20時10分16秒 | モリカケも忖度もない公平な社会を
 
ここまで酷いとは思わなかった。統一教会と政治家の癒着。
 
既に50年代に東京の岸信介(安倍晋三の祖父)の私邸の隣に統一教会の本部が引越して来て、60年代にはその私邸に本部を設置。右翼の児玉誉士夫や競艇王の笹川良一を介して政治団体の「国際勝共連合」を結成。勝共日本支部のトップに岸と笹川が収まり。80年代には120名もの勝共系国会議員を擁するまでに。
 
確かに、当時の住宅地図には岸信介邸の隣に「全国高校連合原理研究会」の文字が。原理研究会(略称:原理研)は統一教会の下部組織。「聖書を学ぼう」と学生を誘い、聖書とは全く異なる「原理講論」(統一教会の経典)で洗脳。
 
 
しかも、国によって教える内容が全然違う。日本では、冷戦期には「勝共連合」(共産主義打倒が目標)、最近では「家庭連合」(家族制度の復活が目標)を標榜しながら、本場の韓国では「日本は韓国の陰部。エバの日本がアダムの韓国に献金で植民地支配の罪滅ぼしを」と説く。霊感商法の被害者も大半は日本人。
 
ここまで統一教会の実態が明るみに出ながら、マスコミの追及はいまだ及び腰。コロナ・熱中症・豪雨のニュースでお茶を濁すばかり。岸信介の孫で防衛相の岸信夫も「選挙手伝って貰って何が悪い」と開き直り。
 
 
こんな岸の子どもの安倍晋三を、子飼いのネトウヨに逆恨みされて殺されたからと言う理由だけで、国葬にするとは。もう「ふざけるな!」と言いたい。
 
 
それが、
 
ここに来て、テレビもようやく統一教会のニュースを取り上げ始めた。昨日の「ミヤネ屋」でも統一教会が自民党だけでなく旧民主党にも票を流して二股かけていたと報道。民放は忖度よりも視聴率優先なのが今回はプラスに作用。逆にNHKは最近まで統一教会の名すら明かさなかった。もはやNHKは公共放送ではなく国営の御用放送だ。
 
 
もとより私はテレビ自体余り観ないが、それでも、どちらかと言えば、民放番組よりはまだNHKの方を観る事が多い。仕事の関係で朝4時過ぎには起きなければならないのだが、その時間だと民放はまだテレビショッピングの番組しかない。5時を過ぎると民放もニュースを流し始めるが、そのニュースも、どちらかと言うと芸能ニュースが主体だ。忙しい朝にそんなもの観ている暇なぞない。それならまだ天気予報が充実しているNHKの方がマシだ…。それぐらいの感じで観ていた。
 
 
それでも、最近のNHKは、安倍殺害のニュースを報じる際も、容疑者の母親が統一教会信者だった事を報じ始めた後も、ずっと「某宗教団体」としか報じなかった。安倍が統一教会と親しい間柄である事なぞ、識者の間では、もはや公然の秘密だったにも関わらず。その余りの忖度(そんたく)ぶり、権力迎合ぶりに嫌気が差して、上記の短文をツイッターでつぶやき、今日の昼休みには職場仲間と所長のラインにも流した。
 
そうしたら、昼過ぎに、わざわざ所長の方から私の所にやって来て、「その通りだ!」と。「昨夜9時のNHKニュースも、最初に取り上げたのは秋葉原無差別殺傷事件被告の死刑執行のニュースだった。確かにそれも大事かも知れないが、今はそれよりも統一教会の事を取り上げるべきだろう。
 
秋葉原事件は過去の話だが、統一教会は今も事態が進行している話題なのだから。それなのに、統一教会の事は全然取り上げず、過去の事件の事を今頃取り上げて何になる?目くらましにしかならないじゃないか。本当はそれが狙いなんだろう!」と。
 
その時、私が作業していたのは、物流センター内でも端っこの方にある作業場だ。そこでドーリー(台車)を片付けていたら、わざわざ所長がそれを言いに来たのだ。
 
確かに、私と所長は、同じ鉄道趣味者で、政治的立場も共に「反自民」なので、統一教会の話題についてもラインでやり取りする中ではあったが。それでも、管理職の所長が、一介のバイトに、それを言う為だけに、広いセンター内を歩いて、わざわざやって来るとは。今の日本の政治状況に対しては、所長も、よっぽど腹に据えかねるものがあったのだろうと感じた。
 
それにしても。自民党やネトウヨは、何かと言えば「ロシアガー(中国ガー、北朝鮮ガー)日本を狙っている」と喚くが、そんなに国の事が心配なら、なぜこの統一教会と政治家の癒着を心配しないのか?防衛相も国家公安委員長も、統一教会に手玉に取られていた事が次々と明るみに出て来たのに。その「取られ方」たるや、もうロシアや中国の比ではないだろう。このままでは、マイナンバーなどの個人情報も、統一教会に全て筒抜けとなる。それでも平気のだろうか?
 
ここまで外国のカルトに好き放題されて、なぜまだ黙っているのか?「たとえ、相手が反社会集団のカルトだろうと、安倍のやる事には何でも従う」と言うのでは、もはや安倍の単なる「操り人形」でしかない。

(注)タイトル名を標記のものに変更しました。(7月31日編集済)
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

統一教会隠しの国葬なぞ許さない

2022年07月25日 21時11分00秒 | モリカケも忖度もない公平な社会を

7月23日のMBS(毎日放送)「報道特集」で、統一教会の元信者にインタビューしていた。その方は母親も信者の、いわゆる「2世信者」だ。母親の勧めで2度、統一教会の合同結婚式に参加して、韓国人と結婚。ところが相手の韓国人は禄でもない奴ばかりだった。無職のDV常習者だったり経歴詐称者だったり。

おまけに合同結婚式の費用も、日本人は1回参加するごとに140万円も出さなければならなかったのに対し、韓国人はわずか14万円で済んだとの事だった。その理由を尋ねたら「日本は従軍慰安婦の問題で韓国に迷惑かけたから、その罪滅ぼしだ」と。破産者が出ているのも日本人信者のみ。自民党や右翼・保守派は、何かと言えば「愛国者」気取りで、事あるごとに「韓国人」や「従軍慰安婦」を叩くが、実際はかくの如し。選挙で統一教会から票を回してもらわなければ当選もおぼつかないのに。自分の都合の良い時だけ「愛国者」ぶって。
 

 
これは決して他人事ではない。現に私の親父も統一教会系の婚活業者に危うく引っ掛かる所だった。今は家庭連合に改称したので統一教会と気付かなかったのだ。兄貴の機転で危うく難を逃れる事が出来たが。もし気付かなければ私も統一教会の餌食になっていたかも知れない。
 
統一教会は、過去に何度も霊感商法や信者拉致・監禁事件で社会問題を引き起こして来た。その為に、近年は信者獲得もままならなくなっていた。その統一教会に助け舟を出したのが第二次安倍政権の下村博文・元文科相だ。こいつが2015年に「統一教会」(世界基督教統一神霊協会)から「家庭連合」(世界平和統一家庭連合)への改称を認めてしまったのだ。その為に、あれだけ社会問題を引き起こしながら、今も統一教会は家庭連合の変名で堂々と活動出来るのだ。
 
私も学生時代に一度、統一教会に付け回された事がある。自宅最寄駅の駅前で女の子が宗教に関するアンケートを取っていたので、アンケートに答えるふりをしながら相手の様子を伺った。そして最後に「俺は無神論者だ。貧困も差別も資本主義の搾取によるものなのに、それを精神論、根性論にすり替えて。宗教なんてアヘンだ。俺はそんなもの信じない。あんた、統一教会だろう!」と言ってやった。
 
そうしたら相手は、「統一教会とは違います!何でそんな事聞くんですか?」と非常にうろたえていた。まあ、私としては今の「ブラック企業批判」ぐらいのつもりで言ったと思う。しかし、当時は「ブラック企業」なんて言葉はなかったし、私も若かったので、つい若気の至りで、大上段に「資本主義批判」をやらかしてしまったのだ。でも、その程度のやり取りなら、お互い言いたい事を言い合って、それで済む話だ。
 
ところが、その女の子は、何を根に持ったのか知らないが、こっそり私の後を付けていた。そうして、私の自宅を突き止め、翌日自宅に押し掛けて来たのだ。多分、私の「資本主義批判」を真に受けて、「アカ→サタン」と認定されたのだろう。さすがにこれには私も動転した。後で地域の知り合いに聞いたら、このアンケートも統一教会が一般サークルを装い行なっているものだった。
 
 
番組では統一教会と自民党との関係についても詳しく報じていた。統一教会は1954年に韓国で誕生した新興宗教だ。「先祖の悪い因縁を取る」という名目で、信者に高額の壺や印鑑、聖書などを購入させ、伝道と称して街頭販売に駆り出す。しかも、その因縁は個人だけにとどまらない。「キリスト亡き後、教祖の文鮮明がその跡を継ぎ、世界を救う」として、全世界を「善」と「悪」に分断。中ソや北朝鮮などの共産主義国や、朝鮮を植民地にした日本を「サタン(悪魔)の国」、欧米などの西側諸国や韓国を「メシア(救世主)の国」と規定。「サタンの国」は罪滅ぼしの為に「メシアの国」に貢がなければならないーと唱える。
 
統一教会の教義の中で、反共産主義という点では、確かに自民党とも利害は一致する。しかし、韓国(メシアの国)中心史観の教えについては、日本の自民党とは全く相容れないはずだ。ところが、統一教会は、後者の韓国中心史観については巧妙に隠し、反共産主義を全面に押し出して、自民党に取り入って来た。選挙事務所のスタッフや議員秘書として潜り込み、信者の票を流す形で。
 
統一教会の政治活動を担うのが「国際勝共連合」だ。系列団体の一つだが、単なる「反共」ではなく「勝共」(共産主義に打ち勝つ)を標榜している点に注意。つまり「共産主義者の抹殺」を宣言しているのだ。そう言えば、安倍も自分に反対する有権者を指差し「こんな人達に負ける訳にはいかない」と言っていた。首相でありながら国民の一部を露骨に敵視。「勝共」と同じ発想で、もはやナチスと何ら変わらない。
 
 
自民党からすれば、統一教会ほど有難い存在はない。何しろ無償で選挙応援してくれるのだから。政治資金規正法にも抵触しない形で。立憲民主党や共産党に対する鉄砲玉として。公明党や創価学会の力だけでは当選出来ない議員や、公明党などが表立っては支援出来ないようなゴリゴリの保守派議員は、もう統一教会なしではやっていけないようになっていた。
 
だから、過去にあれだけ社会問題を引き起こした宗教カルトでありながら、今も統一教会は「家庭連合」の変名で、宗教法人として堂々と活動出来るのだ。もうここまで来れば、自民党も「単なるお付き合い」では済まない。もう統一教会とは「持ちつ持たれつ」の「ズブズブの関係」になってしまっている。
 
詳しくは下記のリンクを参照してほしい。(期限付きの限定公開なので、ご覧になるならアプリをダウンロードしてお早めに)
 
 
しかし、それでもまだ疑問は残る。安倍を殺害した山上容疑者の母親も、家族の不幸を機に統一教会に入信。今まで1億円以上も献金させられ破産。折角取り返した5千万円もまた懲りずに献金。今も教会の洗脳から解脱出来ていない。山上は母親によって人生をムチャクチャにされたようなものだ。
 
それでも、山上はもう未成年ではない。40歳過ぎの大の大人だ。母親とは違い、統一教会の信仰にも染まらずに済んだ。そして今や母親と別居して一人暮らし。普通なら、こんな自分の人生をムチャクチャにした母親なぞ、さっさと「毒親」認定して離縁してもよさそうなものだ。
 
こんな事言うと、「実の親と離縁しろとは何と冷淡な」と思われるかも知れない。しかし、相手は最強最悪の宗教カルトなのだ。もはや山上個人や家族の力だけでどうこう出来る相手ではない。さっさと離縁すれば、少なくとも自分の人生を棒に振らずに済んだ。安倍も山上に殺されずに済んだ。ところが山上も、「毒親」と「共依存」の関係にあったから離縁出来なかったのだ。
 
「共依存」の一番分かりやすい例が依存症の親子だ。いくら親がアルコール依存症やギャンブル依存症を患っていても、妻や子どもが親を憐れんで酒や金を恵んでやらなければ、依存症にはならない。妻や子どもは、親が暴れ泣き叫ぶので、仕方なく酒や金を恵んでいるのだろう。しかし、そこで心を鬼にして、酒や金を渡さないようにしなければ、親の依存症は絶対に治らない。それで、たとえ離縁する事になっても。「毒親」の連鎖を断ち切る為には、それぐらいの覚悟が必要なのだ。
 
親が統一教会にはまりさえしなければ、山上も安倍を殺さずに済んだ。山上も一介の安倍支持者として幸せな人生を送れたはずだ。実は山上も、昔は安倍を支持する典型的なネトウヨ(ネット右翼)だった。ところが自民・保守派が票と金欲しさに統一教会と長年癒着して来た為に、安倍は飼い犬の山上に手を噛まれてしまったのだ。その事については、私は何の同情も感じない。むしろ「因果応報。当然の報いだ」とすら思う。
 
 
安倍を始め、自民党の面々は、口を開けば「親孝行」や「道徳」「愛国心」の重要性を説く。しかし、こいつらが実際やっている事は何なのか?選挙で勝つ為には反社会集団の宗教カルトも平気で泳がす。その結果、親が霊感商法に騙され、家庭が崩壊しても知らん顔。こんな奴らに「親孝行」や「道徳」を語らせて良いのか?自分の利益のためには平気で国を売るような奴らに、「愛国」を語らせて良いのか?
 
その被害の甚大さたるや、もう森友・加計問題や「桜を見る会」の比ではない。もうこれ以上、統一教会の被害を拡大させてはいけない。その親玉の国葬なぞ絶対に認められない。
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

安倍の国葬に反対を!

2022年07月20日 09時24分28秒 | モリカケも忖度もない公平な社会を

選挙遊説中に狙撃され亡くなった元首相の安倍晋三に対し、政府が国葬に付す事を決定しました。「テロに屈するな」の意思を世界に表明する為だそうです。しかし、私はその措置には大反対です。
 
そもそも安倍が首相在任中にやった事は何なのか?自分に批判的な番組を権力の力でことごとく潰し、自分を批判する有権者を「こんな人たち」と貶め、数々の悪法をゴリ押しし、恣意的な人事で国政を私物化して来ました。それを苦に自殺に追い込まれた人もいます。それを考えると、安倍自身が立派な「テロリスト」と言っても過言ではありません。そんな「テロリスト」を国葬なぞ、とんでもない!
 
安倍が狙撃されたのも、票欲しさにカルト宗教の統一教会と癒着し、ずっと庇護し続けて来たからです。統一教会は、日本を支配するために、自民党をはじめとした保守系の政治家に接近し、彼らと持ちつ持たれつの関係を維持して来ました。その為に、あれだけ過去に霊感商法や信者の洗脳・監禁で社会問題を引き起こしながら、今も統一教会は「家庭連合」(世界平和統一家庭連合)に名を変え、今も宗教法人として堂々と活動できるのです。
 
安倍を狙撃した容疑者も、元は安倍を支持するネトウヨ(ネット右翼)でした。それが、統一教会に洗脳された母親によって、家庭を破壊され、自分の人生もムチャクチャにされた為に、安倍を恨むようになったのです。容疑者がやった事は確かに許せませんが、それも元はと言えば安倍自身が撒いた種。それなのに、他にも大勢いるカルト被害者を救済せず、カルトに加担した元首相だけを国葬に付すのは、どう考えても不公平です。
 
幸い、今はまだ安倍に反対する自由はあります。安倍に批判的な川柳を新聞に投書する事も出来ます。自民党の茂木幹事長は「反対の野党の声なぞ聞かない!」と言い放ち、安倍シンパのネトウヨも茂木を盛んにヨイショしますが。安倍を支持しない国民にまで「追悼」を強要しながら、安倍批判の川柳すら許さないのでは、それこそ日本の民主主義は地に落ちてしまいます。もはやテロにはテロでしか対抗できなくなります。
 
 
 
 
日本をそんな国にしない為にも、標記の署名に是非ご賛同よろしくお願いします。下記がその趣旨説明文です。↓
 

政府は、安倍晋三元首相の葬儀を「国葬」として秋に行うと発表しましたが、法的根拠となる国葬令は昭和22年(1947年)に失効しています。安倍晋三の死に対し、マスコミはこぞって民主主義に対する冒涜だと繰り返しますが、民主主義を冒涜してきたのは安倍晋三自身ではないのでしょうか。犯人の山上徹也は安倍の政治信条に対する犯行ではなく、安倍が統一教会の広告塔だったが故に霊感商法の被害を受けた母親に対する私憤で殺したと述べています。

政治学者の姜尚中氏によると、『安倍晋三元首相は生前、戦後レジームからの脱却をかかげ続けた。そのために、日本国憲法に敵意すら抱き、自由と民主主義の価値観の共有を標榜しながら民主主義を否定し、さまざまな壊憲を強行した。秘密保護法、集団的自衛権の行使容認、それを法制化した安保法制(戦争法)の強行、共謀罪の強行、検察庁法の改定による検察トップ人事介入の試みなど挙げればきりがない。さらに森友学園問題、加計学園の獣医学部新設問題、「桜を見る会」問題にみられる国政私物化、河井夫妻の選挙買収事件での1億5000万円の資金提供問題などはいまだに未解明のまま残された。また、歴史認識問題では過去の侵略戦争を美化し、植民地支配について反省も謝罪もせず、歴史捏造と歴史修正主義の立場に固執し、日韓関係改善に障害を持ち込んだ。』と述べています。

事程左様に安倍晋三は平和憲法を破棄して防衛費と称する軍事費をGDPの2%(米・中に次ぐ世界3位の規模)とし、戦争の出来る国へとこの国を導こうとしていました。そんな野望を持った男の国葬は、ヒットラーの死を国葬にするのと同じくあってはならないことであり、それ故、法的根拠のない安倍晋三の国葬には断固反対します!(以上が日本語の趣旨説明文。この後、英訳文が続くがそちらは割愛)

https://www.change.org/p/%E5%AE%89%E5%80%8D%E6%99%8B%E4%B8%89%E3%81%AE%E5%9B%BD%E8%91%AC%E3%81%AB%E5%8F%8D%E5%AF%BE%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99-we-oppose-shinzo-abe-s-state-funeral

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

3連休中の函館競馬

2022年07月17日 22時33分09秒 | 身辺雑記・ちょいまじ鉄ネタ

世間では参議院選挙も終わり、いよいよ夏の3連休。学生はもうすぐ夏休みです。でもシフト制勤務の非正規労働者は連休とは無縁です。交代で取る週2日の休み以外は土日祝日関係なく会社に出勤しなければなりません。幸い私は今週の土日が休みだったので、どこか旅行に行こうと思っていましたが、コロナ第7波到来でそれどころではなくなりました。仕方なく今週も趣味の競馬で休日を過ごす事にしました。

今週は函館競馬の最終週で、土曜日に函館2歳ステークス、日曜日に函館記念と、2つ立て続けに重賞があります。前者は名前通り2歳馬限定の芝1200メートル別定戦、後者は3歳馬以上の芝2000メートルハンデ戦です。どちらも「荒れる重賞」として有名なレースですが、私は過去に何度か美味しい思いをしてきたので、今年もこのレースを2つとも買う事にしました。(重賞:競馬の中でも特に重要とされるレースで、重要な順からGⅠ>GⅡ>GⅢと格付けされる。土日の重賞はどちらもGⅢ)

何故この2つが「荒れる重賞」と呼ばれているのか?それはまず、どちらも夏にしか開催されない函館のレースだからです。東京・中山・京都・阪神の広い4大競馬場とは違い、函館は小さく急カーブもあるコースなので、途中で詰まってうまく回れない馬が出てきます。それに加えて、土曜の2歳ステークスはキャリアの浅い2歳馬限定レースで、デビュー戦やせいぜい2走目までの、わずかなデータだけで予想しなければなりません。日曜の函館記念も、大きなレースに出るような強い馬は出て来ないので、「相対的に弱い馬」同士の競い合いになる上、「相対的に強い馬」の負担重量は重くなるハンデキャップ戦なので、さらにアクシデントが起こりやすくなります。

でも、攻略ポイントさえ知っておれば、そんなに当てるのが難しいレースでもないのです。2つのレースに共通する攻略ポイントは、函館コースが得意な馬を見つける事です。他の競馬場ではさっぱり走らないが、函館や札幌だけは走る馬を見抜いて、そこから他の有力な馬に流すのです。その上で、2歳の若駒レースは成長の早い馬、ハンデキャップ戦の方はある程度軽い負担重量の馬から流すのです。(逆に余り軽すぎる馬も、それだけ評価されていない=弱い馬の証なので見送るのが妥当)

実際はこんな単純なものではなく、他にもレースの展開や馬の血統、脚質(先行馬か、追い込み馬か等)も加味して予想しなければなりませんが。大体こんな感じでレースの展開を予想して、オッズ(配当率)も加味して買い目を決めます。オッズが低ければ当たる確率は上がりますが配当額は少なくなります。逆にオッズが高ければ当たる確率は小さくなりますが配当額は高額になります。

土曜日の函館2歳ステークスは、新馬戦(デビュー戦)を5馬身差で圧勝した馬◎〇が2頭いましたので、その2頭から他の馬▲△に三連複フォーメーションで流す事にしました(下記参照)。三連複とは1着・2着・3着の馬の組み合わせを当てる馬券です。組み合わせさえ当てれば着順は問いません。但し、フォーメーションなので組み合わせ方には制約があります。◎〇-◎〇▲△-◎〇▲△と流しているので、◎〇▲や◎〇△、〇▲△が1〜3着に来れば当たりですが、1~3着とも▲△だけの場合は外れです。

◎6番ニシノシークレット(前走ダート千メートル新馬戦を5馬身差で圧勝)
〇2番オマツリオトコ(別のダート千メートル新馬戦を5馬身差で圧勝)
▲5番スプレモフレイバー(芝1200メートル新馬戦を1分9秒9で駆け抜け2馬身差で圧勝)
△3番クリダーム(別の芝1200メートル新馬戦を5番よりさらに早い1分9秒5で駆け抜けたが、2着との差は5番よりも小さい)
△10番ミシェラドラータ(速いペースの中を3番の馬に2分の1馬身差の2着に迫り、次の未勝利戦で1着に)
△11番ニーナブランド(別の芝千メートル新馬戦を1か2分の1馬身差で勝つ)

しかし、結果は1着12番ブトンドール、2着△3番クリダーム、3着〇2番オマツリオトコの順でゴールに。三連複は1~3着の組み合わせ馬券なので、2着に△、3着に〇が来ましたが、1着には無印の馬が来てしまったので外れに。3頭のうち2着と3着は当てているので、こういう外し方の事を俗に「タテ目」と言い、一般には「惜しい外し方だ」と言われています。

しかし、私に言わせれば全然惜しくありません。1着には新馬戦を圧勝して勝った馬ではなく、決め手(ゴール前の瞬発力)のある馬が来ています。3着の〇オマツリオトコにしたって、新馬戦圧勝の余勢をかってというよりもむしろ、決め手で勝った(同馬は決め手もある)と見るべきでしょう。当たったのは、早めに逃げて2着に踏ん張った△クリダームだけです。レースの展開は全然予想通りにはならなかったが、印だけみると3頭のうち2頭まで当たっているので、傍目には惜しく見えるだけです。

土曜日の函館2歳ステークスは、このように少し不本意な結果に終わりました。そこで、日曜日の函館記念は、さらに一層レース展開に重きを置いた予想に変える事にしました。しかも、土曜日のレースはまだ2歳馬限定で、負担重量も全頭共通の54キロだったのに引き換え、日曜日の函館記念は、馬の年齢も負担重量も皆バラバラなので、さらに予想は難しくなります。

それに、どの馬もそんなに函館が得意な訳ではありません。これではもう「どんぐりの背比べ」で、どの馬から流してよいのか見当もつきません。だから、日曜日のレースは最初見送るつもりでした。

でも、さらによく新聞の予想を見ると、それなりに北海道の競馬場が得意な馬が浮かび上がって来ました。北海道の競馬場の芝は、函館も札幌も、洋芝(欧州産の固い芝)が植えられていて、馬には他の競馬場以上にパワーが求められます。新聞には函館と札幌の3着内回数も載っているので、それをまず見て、それに他の要素も勘案して(負担重量の違いや、重馬場でも大丈夫かどうか等)、下記の予想を決めました。(重馬場:雨が降ってぬかるんだ馬場の事。走るには強力な馬力が必要。それを知る為にはご当地の天気予報も必見。レース当日の函館は予想通り雨模様に)

◎9番アラタ(函館で2回勝っている)
〇5番マイネルウィルトス(函館はそれほどでもないが札幌が得意)
▲8番スカーフェイス(重賞でも割と善戦している)
★10番ウィンイクシード(8歳と高齢だが函館も札幌も得意)
△7番スマイル(上記4頭の次に強い)
△12番サンレイポケット(実力では最上位だが負担重量も一番重い)
△13番ギベオン(この馬も重賞で割と善戦している)
注4番アイスバブル(最近ずっと不調も、昨年このレース2着で今年もここ目標宣言)

特記1:10番以外はいずれも重馬場が得意な馬ばかり。
特記2:最重量の12番以外はいずれもそこそこ軽い負担重量の馬ばかり。
特記3:どれも第4コーナー過ぎには中団にいて前の馬を差しに行くような馬ばかり。
特記4:函館競馬場は急カーブでゴール前の直線も短い小回りコース。内枠(1~4番ぐらい)の馬はカーブで他の馬にかぶせられて身動きが取れなくなる。外枠(13番ぐらいより外側)もカーブで外にはじき出されて不利に。その中間の馬番号の馬が相対的に有利に。

しかし日曜日も結果は、

1着無印1番ハヤヤッコ
2着〇5番マイネルウィルトス
3着▲8番スカーフェイス
4着★10番ウィンイクシード
5着△12番サンレイポケット
6着◎9番アラタ(以下略)

2着から6着まで印の付いた馬がゴールに入り、2着には軸馬の一角〇印の馬も入ったのに、肝心の1着に無印の馬が来てしまいました。三連複は1~3着馬の組み合わせを当てる馬券なので、無印・〇・▲となり当然外れに。またしても「タテ目」でアウトです。

実はこの無印の1番ハヤヤッコも、内枠で重めの57キロを背負っているという以外は、すべて前述の特記基準を満たしていました。重馬場が得意で、中団から前をうかがうような走り方をして、馬力も割とあり、重賞でもそこそこ善戦している馬でした。しかもGⅠ馬のソダシと同じ白毛馬なので、否が応でも目につきます。

でも、最近は主にダートコースを走っていたので、北海道の芝コースの成績を重視していた私の目から完全に抜け落ちてしまっていました。どう見ても来そうにないアイスバブルなんか消しにして、代わりにこの馬さえ買っておけば、三連複で1万830円もの配当を手にする事が出来たのに。一生に一度ぐらいは万馬券取りたいなあ。そして、函館にも一度ぐらいは旅行に行って、函館の市電にも乗って、北海道の新鮮な魚や野菜も食べたいなあ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今回の選挙で一番嬉しかった事

2022年07月13日 07時46分34秒 | 戦争・改憲よりも平和・人権
 
今回の選挙では、私だけでなく職場の所長も共産党に入れてくれました。これが一番嬉しかったです。
 
今の所長も、昔は同じ職場の正社員でした。数年前に本社に転勤後、所長に昇進して戻って来ました。この所長とは同じ鉄道趣味者として話が弾む事が多く、その中で今の政治についても話すようになりました。
 
今度の選挙では、所長は最初「どこも入れたい所がないわ。棄権しようかな。その中で敢えて押すとすれば、消費税廃止を言っている『れいわ』かな」と言っていました。
 
私も「投票するなら共産党か『れいわ』しかない。どちらに入れようか迷っている」状態だったので、辰巳孝太郎(共産)、八幡愛(れいわ)の2人の候補者の街頭演説の様子を書いたブログ記事を所長のラインに流していました。
 
 
最初の頃は、私はどちらかと言うと、共産党よりれいわ新選組の方に、より親しみを感じていました。でも、色々調べていくと、次に述べる「れいわの粗」が次第に目立って来ました。
 
・規約に載っていない事は全て党首の山本太郎が決める「個人独裁」の仕組み。
・党員も国会・地方議員だけで構成され、サポーターには代表選の投票権しかない。
・党首の周囲には共産党を除名された人たちや陰謀論者(反ワクチン、ムサシ不正選挙論者など)が集まっている。
・消費税廃止の財源も富裕税以外は国債発行、紙幣増刷しか言わない。これでは早晩ハイパーインフレになってしまう。
 
それらの情報を所長のラインに流す中で、所長も私も、次第にれいわから共産党に支持を切り替えるようになりました。
 
その中でも、特にダメ押しになったのが、八幡愛の街頭演説での「野党が一本化するなら私しかいない!」発言でした。それを聞いて、「野党同士が話し合った結果、八幡愛に一本化するならまだしも、話し合いもせずに、いきなり『私に一本化しろ』はないだろう。アンタはどれだけ偉いんだ?」と思いました。
 
そこで、最終的に、比例も選挙区も今回は共産党に投票しました(前回は比例はれいわに投票)。そうしたら、所長も「共産党の主張全てに賛同は出来ないが、他の党と比べたらまだ一本筋が通っている」と、同じように比例は共産、選挙区も辰巳孝太郎に入れてくれました。
 
しかも、最近では私よりも所長の方が、「前向きな発言」をするようになりました。開票速報での自公圧勝の知らせに私が愛想を尽かして早々と就寝した投票日の夜も、所長はずっと開票速報を見続けていました。
 
そして翌日、私と職場で会った途端に「維新人気にかげりが出て来た。今は参院選躍進で幾ら我が世の春を謳歌していても、安倍もいなくなり、松井も引退した後は、もう維新を引っ張り、盛り立ててくれる人は誰もいない」と発言。
 
維新は前回よりも得票を倍加させ、議席も非改選含め12から21に2倍近く増えたのに、何故そんな「楽観的」な事が言えるのか?私は最初、謎でしたが、投票翌日の日刊ゲンダイの記事を読んで納得しました。
 
 
維新が幾ら強いと言っても、それは関西圏に限られます。関西の人は、マスコミが維新ヨイショの報道しかしないので、半ば維新に洗脳されているのです。関西の人も、例えば、人口が東京の3分の2しかない大阪で、なぜコロナ死者数が東京をも抜いて全国一位なのか?そういう風に、具体的な疑問を丁寧に読み解いて行けば、いつか「維新の洗脳」は解けます。
 
今日も所長の方から、「安倍さんが統一教会にビデオメッセージを送るのは、政教分離の原則に反するのでは?」と私に聞いて来ました。
 
そこで私は、「確かにドイツの与党もキリスト教民主同盟で、キリスト教とは繋がっている。しかし、その繋がりはあくまでも理念的なものです。毎年事ある毎に統一教会の会合に祝電やビデオメッセージを送る安倍晋三とでは、繋がりの質が違います」と答えておきました。
 
ましてや、統一教会は過去に何度も、霊感商法や詐欺で訴えられているのですから。そんな反社会的な宗教カルトでも、「票や献金をくれるから、反共の鉄砲玉に利用できるから」と平気で癒着するような政治家に、この日本を任す気にはなれません。
 
「祝電は単なる付き合いだから」とか、そんな問題ではありません。ましてや勲章授与とか、国葬に至っては、もう恥さらし以外の何物でもありません。安倍に殺されたも同然の赤木俊夫さんが、この体たらくを見たら、一体どう思うでしょうか?それを思うと、私はとても安倍晋三を追悼する気にはなれません。安倍晋三の国葬には断固反対します。
 
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本の為に敢えて死者に鞭打つ

2022年07月10日 09時18分08秒 | 当ブログと私の生い立ち
 
安倍を狙撃した容疑者の言う「母親がのめり込んだ宗教」の名を、なぜ警察は公表しない?マスコミもなぜ追及しない?統一教会と安倍政権がズブズブの仲だったのがバレるのを恐れているからではないか?こんな重大事を闇に葬っておいて、お涙頂戴の安倍追悼報道で誤魔化すな。国民もいい加減目を覚ませ。
 
安倍元首相を撃った山上徹也が供述した、宗教団体「統一教会」の名前

元首相が狙撃され、容疑者も既に現行犯で捕縛された。犯行動機の詳しい解明は今後の捜査に待たれるとしても、これほどの重大事件ともなれば、動機の概略ぐらいは報道されなければおかしい。それがどのマスコミも、安倍と関係あるとされる宗教団体の名前を明かさない。仕方ないので、こちらから調べたら、案の定、統一教会の名前が出てきた。
 
実は私の親父も過去に統一教会系の婚活サイトに引っ掛かった事があった。兄貴が気付いて制止してくれたから大事にならずに済んだが。下手すれば私も安倍狙撃の容疑者の様になっていたかも知れない。
 
安倍政権と統一教会の蜜月の関係は、もはや公然の秘密だ。今さら隠し立てする内容でもない。でも、世間では、まだまだその事実を知らない人も大勢いる。おそらく今度の参院選は安倍同情票で自民党が大勝するだろう。そして国会で憲法改正が発議され、国民投票に付される事になるだろう。
 
そこで皆さんにお願いする。今まで選挙で棄権して来た人も、この国民投票だけは必ず参加して、憲法改正に反対票を投じて欲しい。
 
幾らロシアや中国、北朝鮮から日本を守らなければならないとしても、軍備に軍備で対抗していたら、日本は際限のない軍拡競争に巻き込まれ、増税と福祉切り捨ての大波をまともに被る事になる。戦前の日本のように。
 
その戦前の犠牲の上に、今の平和憲法が制定され、戦争ではなく話し合いで解決するようになったのだ。
 
今、ロシアのウクライナ侵略で、「侵略に備えるには日本も再軍備する必要がある」という人もいるかも知れない。しかし、目を世界に転じて欲しい。
 
今や国連加盟国の大多数が、軍事同盟に加盟しない非同盟諸国となり、核兵器禁止条約を批准する国も続々と増えつつある。これこそが世界の大勢なのだ。
 
その中で日本は、相変わらず米国の核の傘に依存し、「核兵器の共有」すら議論されようとしている。完全に世界の大勢から取り残されてしまっているのだ。
 
日本で30年間もデフレが継続し、「賃金が上がらない国」になってしまったのも、国民が安倍や麻生の顔色を伺い、デモやストもまともにやらない国に成り下がってしまったからだ。これではロシアと何ら変わらない。
 
今のままでは、統一教会のような右翼の宗教カルトが、政権中枢を支配し、国民は無理やり信者に改宗させられてしまうだろう。
 
そうなってしまってからでは遅いのだ。日本をそんな国にさせない為にも、絶対に改憲だけは阻止しなければならない。これ以上、安倍一派の好き勝手にされて堪るか!
 
以下、2020年5月に書いたブログ記事をここに再掲する。↓
 
親父が統一教会の勧誘に引っかかってしまった
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

テロの犠牲者は安倍だけではない

2022年07月08日 21時43分00秒 | 職場人権レポートVol.3
 
安倍元総理が銃撃されたとのニュース速報が飛び込んで来た時、私は会社の事務所でストレスチェックの受検中でした。ストレスチェックとは、職場でストレス予防の為に実施される問診テストの事です。紙で回答する方式とウェブで回答する方式があり、私はウェブで回答する為に会社の事務所内でパソコンに向き合っていました。
 
私が問題に回答していたら、隣で総務の社員・パートの方達が「籠池」「昭恵」が云々と呟いていたので、「森友問題で何か新しい動きがあったのか?」と横の社員に聞いたら、何と「安倍元総理が奈良で選挙遊説中に銃撃されて心肺停止」(後に死亡が確認された)と言うではありませんか。
 
確かに、銃撃は言論に対するテロであり、民主主義を貶めるものです。決して許されるものではありません。しかし、それを言うのであれば、安倍が森友問題で行った公文書改ざんや隠蔽も、同じように言論に対する暴力(テロ)であり、民主主義を貶めるものではないか?
 
そうであるにも関わらず、安倍政権の足跡を「歴代最長政権」とか「アベノミクス」「美しい国」などの「光の部分」ばかりクローズアップ。
 
「消えた年金問題」「自衛隊イラク派遣日報改ざん」「森友・加計問題」「桜を見る会疑惑」「教育基本法改正・秘密保護法・安保法制の強行採決」「2度に渡る政権投げ出し」「アベノマスクに見られるコロナ無策」などの数々の「影の部分」については、おざなりにしか取り上げない、今のマスコミ報道の姿勢は、どう考えても納得出来ない。
 
 
特に、森友問題では、公文書改ざんを指示された財務省の職員が、それを苦に自殺に追い込まれているのですから。この問題については、未だに誰も責任を取らずに、真相究明に背を向け続けています。安倍だけでなく、麻生も岸田も。
 
安倍が銃撃されて、高市早苗などの政府高官が、あたかも自分達だけがテロの犠牲者であるかのように振る舞っているのを見ると、反吐が出ます。
 
善良な公務員だった赤木俊夫さんが、なぜ公文書の改ざんを迫られ、それを苦に自殺させられなければならなかったのか?全ては安倍元総理の指示によるものでした。森友学園への国有地売却に、元総理の妻・昭恵が関与したのは明白です。なのに、安倍元総理が「私や妻が関与したのが明らかなら私は総理を辞める」と大見えを切ってしまったばっかりに、辻褄合わせの公文書改ざんを強いられ、それを苦に自殺してしまった赤木さん。
 
この赤木俊夫さんも、公文書改ざんという「言論テロ」の犠牲者ではないのか?その真相解明や責任追求もせずに、安倍追悼一色で誤魔化すのは許されない。この自殺した公務員を今も貶め鞭打ちながら、安倍元総理に対してだけ「死者に鞭打つな」という安倍応援団。その安倍応援団に遠慮して、追悼一色でお茶を濁そうとするマスコミ。
 
それに対して、事務所のパートさん達は「籠池」「昭恵」を問題にしていたのです。私の勤めている会社は何の変哲もない中小企業です。給料もお世辞にも高いとは言えません。今度の参院選でも、多分ほとんどの人は投票に行かないでしょう。
 
でも、そんな会社のパートさんでも、見るべき所はちゃんと見ていました。少なくとも、安倍追悼一色で誤魔化す政治家、評論家やマスコミ関係者と比べたら、この総務パートさん達の方が、よっぽど健全です。私は、このパートさん達を誇りに思います。
 
コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする