アフガン・イラク・北朝鮮と日本

戦争も人権抑圧もNO!万国のプレカリアート団結せよ!

当ブログへようこそ

 アフガン・イラク戦争も金正日もNO!!搾取・抑圧のない世界を目指して、万国のプレカリアート団結せよ!

 これが、当ブログの主張です。
 詳しくは→こちらを参照の事。
 「プレカリアート」という言葉の意味は→こちらを参照。
 コメント・TB(トラックバック)については→こちらを参照。
 読んだ記事の中で気に入ったものがあれば→こちらをクリック。

これも是非、冬の七草に加えて欲しいw

2021年12月22日 22時46分00秒 | なにわB級グルメ探訪

今日12月22日は冬至です。この冬至に食べると良いとされているのが「冬の七草」です。一年で最も日照時間が短い冬至に、南瓜(なんきん=カボチャ)、人参、蓮根、銀杏(ぎんなん)、金柑、寒天、饂飩(ウドン)の七品を食べる事で、無病息災を祝うのだそうです。「春の七草」は知っていましたが、「冬の七草」は知りませんでした。これらの食品は、「なんきん、にんじん、れんこん…」と、「ん」が二つ重なる事で、昔から縁起物として重宝されたのだそうです。

こうして並べてみると、いかにも縁起物という感じがします。人参、蓮根などは、おせち料理の食材として使われて来ました。銀杏、金柑なども縁起物として重宝されていますね。ただ、寒天はどうかな?寒天の材料は海藻のテングサで、それを夏は心太(ところてん)にして涼菓として食べますが、冬の鍋料理には余り使われないのでは?春雨と形が似ていても、両者は全く別物だし。但し、ウドンについては、これも野菜ではありませんが、昔は「うんどん」と言った事から、寒い冬に体を温める食材として、冬至の時期に食べるようになったと聞きます。

今週末にはまた寒くなるそうです。寒い時は何といっても鍋料理が一番。私も本当は白菜なんか一杯鍋に入れて食べたいのですが、一人暮らしなので、どうしても食材が余ってしまいます。ワンルームのシステムキッチンには、備え付けのワンドアタイプの冷蔵庫しか置けないので、野菜を大量に買っても食べきれないのです。かと言って、スーパーで買う惣菜の鍋セットや、外食チェーンで食べる鍋料理は、具も少ないし、味付けも私にとっては濃すぎるので、なかなか食べる気にはなりません。

そこで、本格的な鍋料理は諦め、それに代わるもので栄養を取る事にしました。昨日の夕食は鶏の手羽先と大根を煮て、余った出汁で溶き卵にして、そこにウドンを入れて昼食に食べました。そして、ウドンの付け合わせに使用した蒲鉾の残りで、今夜の夕食は木の葉丼と豚汁、南瓜の惣菜にしました。その後、近くの銭湯でユズ湯を堪能して来ました。お陰で、ウドン、ユズ湯、南瓜、(豚汁の)人参と、それなりに冬至の一日を実感する事が出来ました。明日の夕食は肉じゃがセットの玉葱・ジャガイモとソーセージでポトフにします。その次はおでんにしようかな?

でも、この「冬の七草」。ウドンも、確かに鍋料理の定番の具ではありますが、野菜(冬の七草)に含めてしまうのはどうかなあ?「堅い事言うな」と思われれるかも知れませんが、私としてはやはり納得が行きません。「冬の七草」って、そんなに軽いものだったんでしょうか?「ん」の発音が二つ重なるから縁起物なんだ、別に野菜でなくても構わない、と言うのであれば、私が撮影した送電線の夜景も、「そうでんせん」と「ん」が二つ重なる縁起物として、是非、「冬の七草」に加えて欲しいですw。臨海工業地帯に電気を送る送電線も、重要なインフラであり、形もまるで海の守り神みたいに堂々とそびえたっているのですから。送電線鉄塔の上のライトなんか、まるでスーパーマンの目のようじゃないですか。送電線夜景も工場夜景と同じで、見るほどに癒されます。

実は、この「冬の七草」の野菜については、前記七品以外にも、色んな組み合わせがあるようです。その一つが、①フキノトウ②福寿草③節分草④雪割草⑤カンアオイ⑥春菊⑦水仙の組み合わせ。これは明治時代に伊藤篤太郎という植物学者が選んだものですが、選定基準が曖昧なので、余り広がらなかったようです。

次に、①三つ葉②春菊③レタス④キャベツ⑤セロリ⑥ほうれん草⑦葱の組み合わせ。こちらは桜の開花予想を始めた大後美保という人が選んだものです。この組み合わせなら、私も完全に納得します。特に三つ葉、春菊、葱などは、まさに鍋料理の定番です。

しかし、「冬の七草」も、これだけ諸説あったとは驚きです。これでは「恵方巻きサンド」のように、適当な歳時記をでっち上げて、商品を売り付ける事も可能になってしまいます。明治時代以降に強調されるようになった「日本の伝統」の中には、このような胡散臭い「伝統」もある事が、よく分かった「冬の七草」でした。

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新今宮ワンダーランドの実情

2021年07月04日 18時21分06秒 | なにわB級グルメ探訪
 
大阪・西成あいりん地区の地下鉄動物園前駅2番出口上った所にある「香豆里珈琲館」が、先日再びオープンしました。「香豆里」と書いて「コーズリー」と読みます。フランス語で「お喋り(CAUSERIE)」という意味です。
この喫茶店ですが、地下鉄駅前で、しかも新世界のジャンジャン横丁の向かいという超一等地にあり、レトロな佇(たたず)まいで目立つにも関わらず、何故か今まで経営者が何度も変わり、その都度、再オープンしたかと思うと、また閉店を繰り返して来ました。
しかも、今度再オープンしたお店は、現金使用不可で、カードしか使えません。何故、現金が使えないか聞いたら、「コロナ対策の為」という返事でした。
 
 
確かにカード払いにすると、現金手渡しよりは、店員と客との皮膚接触は減りますが。しかし、それでも全く客と接触しない訳にはいかないでしょう。客の触った食器を片付けたりしなければならないんだから。そんなに接触するのが嫌なら、一層の事、店なぞオープンせずに、コーヒーの自販機だけ置いとけば良いのです。
カード引落としだと、何ヶ月も経ってから、全然知らない名前で請求が来たりするので困るのです。何ヶ月も前の、数百円、数千円単位の支払いの内訳なんて、一々覚えていられないから。
そこで、店員に頼んで、どういう企業名で請求が来るか聞いてみました。すると、「喫茶コーズリー」か「エアペイ」で請求が行くという返事でした。
 
 
しかも、商品の値段の高い事。アイスコーヒーと「季節のタルト」で何と税込1221円もしました。内訳はコーヒー528円と季節のタルト693円です。(いずれも税込価格)
その「季節のタルト」ですが、今の季節はチェリーが乗ったタルトが出て来ました。さすがに自家製のタルトだけあって美味しかったです。でも量も少ないし、第一、値段が高過ぎます。(セットメニューはなく全て単品扱い)
 
 
その上、営業時間も、午前11時から午後5時と、地域の実情を全く無視した設定になっています。あいりん地区で働いている人は建設労働者が多いので、商店も早朝から開く店が多いのです。
コインランドリーや雑貨屋は朝5時から、銭湯も6時から、喫茶店も7時には開きます。その代わりに、喫茶店なぞは夕方には店じまいして、入れ替わりに居酒屋が夕方からオープンし始めます。
その中において、この店だけは、昼前の11時から夕方5時までしか営業していません。その上、支払いもカード決済しか認めないのでは、古くからここに住む地域のオッチャン、オバチャンは、店に入りたくても入れません。もう、観光客だけを目当てにオープンしたのが見え見えで。(定休日は確か毎週火・水曜日だったように思います)
 
店内の様子は、クラシック音楽のバックミュージックが室内に流れ、昔の名曲喫茶をもう少し明るくしたような感じでした。しかし、私が入った時は、午後4時前にも関わらず、1人も客が入っていませんでした。この後、外人と日本人の男性グループ客が4人ほど入って来ましたが。
まさか、あいりん地区で、こんな高価なメニューを頼む羽目になるとは、思いもよりませんでした。なるほど、これが、大阪市が現在進めている「新今宮ワンダーランド」なる「あいりん地区観光キャンペーン」の実際の姿かと、妙に納得しました。
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

野菜不足の救世主 ゴーヤと豆苗

2021年05月05日 08時21分27秒 | なにわB級グルメ探訪

一人暮らしをしていると、どうしても野菜が不足しがちになります。別に野菜が嫌いだからではありません。野菜を買って調理しても一人では食べきれないからです。それに下ごしらえも結構手間がかかるので、ついつい敬遠してしまうのです。特に私の場合は、冷蔵庫は元々賃貸契約で備え付けの安物のツードアタイプなので、冷凍庫は小さな製氷室しかありません。製氷室には冷凍野菜が1パック保存できる程度のスペースしかありません。野菜室もないので野菜を買っても腐らせるしかありませんでした。

「このままでは、慢性的な野菜不足の為に、体の抵抗力が衰え、簡単にコロナにかかってしまう。さて、どうしたものか?そうだ、ゴーヤ(苦瓜)を出来るだけ食べる事にしよう!ゴーヤなら一人でも2日ぐらいで1本食べる事が出来るし、ビタミンも豊富なので、野菜不足が解消できる!」…そう考えた私は、早速ゴーヤ料理に初挑戦する事にしました。

以前、近所の沖縄料理店で食べたゴーヤチャンプル定食が美味しかったので、その定食をまねて、ランチョンミートとゴーヤを炒める事にしました。しかし、ゴーヤだけでなくランチョンミートも今まで調理した事がなかったので、ミート缶の開け方も分かりませんでした。缶詰の上蓋に付いている鍵型の缶切りの使い方も知らなかったので、最初は鍵が取れてしまい缶が開けなくなり途方に暮れてしまいました。

缶の開け方をネットで調べ、鍵を側面の出っ張りに引っかけて巻き取れば、開梱できると分かり、何とか缶を開ける事が出来ました。但し、巻き取る際は、指を切らないように気を付けなければなりません。私はうっかりして少し指を切ってしまったので、次からはミートの代わりにベーコンと一緒に炒める事にしました。ベーコンなら、どこのスーパーやコンビニにも置いてあるし、もっと手軽に調理出来ます。

次にゴーヤの調理に取り掛かります。ゴーヤは種とワタを取り、皮をランチョンミートや卵と炒めます。最初、シマヤの和風だしの素で味付けして炒めていましたが、1袋10グラム個包装の小袋入りのだしの素でも、一人暮らしの分量では多過ぎて、味が濃くなり過ぎるので、2回目以降は醤油を垂らすだけにしました。醤油だけでは味が薄いと感じたら、麵つゆで味を調節します。最初は苦みが気になりましたが、慣れれば苦にならなくなり、逆に苦みが食欲を引き立てるようになります。

ゴーヤには栄養が豊富に含まれています。まず苦み成分のモモルデシンは胃酸の分泌を促します。食欲不振に陥りがちな夏には持って来いです。その他にコラーゲンの元になるビタミンCや、貧血を防止する葉酸、塩分の取り過ぎを防ぐカリウムなども豊富に含まれています。炒める事で苦みも軽減されます。但し、ビタミンCも炒め過ぎると損なわれますので注意が必要です。逆に食べ過ぎても、胃酸の分泌過多で胃が痛くなったりするので、ゴーヤチャンプルにする場合は、最低でも1日間隔を空けて調理しなければなりません。

ゴーヤの他に豆苗も、野菜不足解消には持って来いである事が分かりました。豆苗とはエンドウ豆の若芽の事です。豆苗にもビタミンCや葉酸が豊富に含まれています。その中でも、骨の形成を助けるビタミンKに至っては、1食分だけで1日の必要量の2倍も摂取できるそうです。値段も安く、1パック使い切っても、トレイに移して水を張り、その中に豆苗を漬け込めば、また芽が出て3回ほど使えるので、非常に経済的で重宝しています(参考)。ゴーヤを炒めた時に使ったベーコンの残りとエノキ茸を、豆苗と炒めて食べたら非常に美味しかったです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

無限白菜

2021年01月27日 21時53分48秒 | なにわB級グルメ探訪

 私の部屋はキッチンも冷蔵庫も備え付けの小さな物しかないので、あまり手の込んだ料理は作れませんでした。その上、一人暮らしだと野菜を買っても余らせるだけなので、どうしても野菜が不足しがちになります。しかし、それでも寒い日は鍋料理も食べたいので、1月16日(土)に思い切って白菜を買う事にしました。白菜を6分の1玉買ってざく切りにして冷凍庫に保存し、夕食のおかずに1週間使いました。ツードアの小さな冷凍庫なので、果たして白菜が入るかどうか不安でしたが、何とか押し込む事が出来ました。

1月20日(水)は豚キムチ。この日は冷凍庫の白菜ではなく、スーパーで売っていた白菜キムチを使いました。豚小間と白菜キムチをフライパンで炒めて作りました。副菜は正月雑煮用に買ったチューブの白みそで豆腐のみそ汁にしました。

1月23日(土)は鯖キムチ。豚キムチの豚の代わりに鯖水煮缶を使いました。最初は「鯖とキムチなんて合うのか?」と思いましたが、ネットのレシピには鯖キムチも載っていました。私もそれを見て試してみたら、キムチで鯖の生臭さが消えて美味しくいただけました。

1月24日(日)は白菜のポン酢煮。豚小間と一緒に炊いてポン酢をかけていただきました。小ぶりの行平鍋で炊いたので、本格的な鍋料理と比べたら貧弱な仕上がりになってしまいましたが、これでも食べたらポカポカと体が温まりました。

1月25日(月)はクリームシチュー煮。白菜と粗挽きウインナーを電子レンジで温めた後、レンチンのクリームシチューをかけて、目玉焼きと一緒にいただきました。

1月26日(火)は中華丼。レトルトパックの中華丼の素と白菜で作りました。まず白菜と中華丼の素のうちの「具」をフライパンで約3分炒めた後、「ソース」をフライパンに投入して約1分炒めると、とろみのある中華丼が出来上がりました。冷凍庫に保存していた白菜も、もう霜が付いてだいぶ水っぽくなっていましたが、何とか美味しくいただく事が出来ました。

「白菜は余ったら塩昆布で揉んで漬物にすれば良い」と聞きましたが、いざやるとなるとやはり面倒くさいです。多少割高でも、生の白菜よりもパックに入ったザク切り白菜の方が、保存するのも使用するのも便利です。その代わりと言っては何ですが、白菜が片付いた後に冷凍ほうれん草を買って来ました。冷凍ほうれん草なら、冷凍庫の場所もそんなに取らないし、小出しに使えて便利です。

白菜も残すところもう後1食分だけです。今夜で使い切る予定です。白菜と豆腐、ぶなしめじで湯豆腐にして食べます。明日からは白菜からほうれん草にバトンタッチです。西成に来て2年、自炊を始めて1年になります。まだまだ料理は下手くそですが、レトルトの炒飯やクリームシチューには手を出しても、インスタントラーメンやカップ麺にはいまだ手を出していない事だけが唯一の自慢ですw。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

秘境駅おでんうどんの味を自宅で再現!

2021年01月19日 13時12分00秒 | なにわB級グルメ探訪
 
冬は鍋も良いですが、もっと簡単に冬の味覚を楽しむ方法があります。それは「おでんうどん」作りです。冬の暖か(あった)かメニューの代表格であるおでんとうどんを組み合わせたメニューです。うどんをおでんに放り込んで焚いたら出来るので、鍋料理よりも簡単に出来ます。しかも値段も安いです。それでいてコスパは最高です!
 
この「おでんうどん」は、元々、広島県の山中にある備後落合という駅のホームに、昔あった立ち食いうどん店の看板メニューでした。備後落合駅は、今でこそ1日数本しか列車が止まらない無人駅ですが、昔はJR芸備線と木次(きすき)線の乗換駅として賑わいました。蒸気機関車の機関区や駅前旅館もある立派な駅でした。今も広い駅構内や残された側線、草に埋もれた機関車の転車台などに、その名残が見てとれます。
 
しかし、高速道路が開通し、乗客がそちらに流れると、みるみる寂れ、今は単なる秘境の無人駅に成り下がってしまいました。駅前旅館も立ち食いそばも、もはやありません。おでんうどんも、近くのドライブインで冬の間だけ販売される季節限定メニューになってしまいました。
 
今日、その味を自宅で再現してみました。スーパーで買って来た198円のおでんセットに、28円のうどんの玉を鍋に入れ、数分間焚くだけでOKです。これがメチャ美味かった!冬の休日の昼食メニューに更に一品これが加わりました。
 
このおでんうどんを更に現地でも食べたくなりました。木次線沿線には、おでんうどんと並ぶ看板メニューとして亀嵩(かめだけ)そばもあります。出雲坂根駅から三井野原駅にかけてはスイッチバックやループの絶景も堪能できます。更に島根県側に出て、玉造温泉や出雲大社にも足を伸ばせば、映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」の舞台になった一畑電鉄の電車にも乗れます。まさに鉄道マニア垂涎の聖地です。
 
現在、備後落合駅には1日数本の列車しか止まりません。朝、駅に降りたら14時過ぎまで次の列車は来ません。しかし、国鉄OBや地元住民の方の協力で、駅の待合室には往年の写真が飾られ、ちょっとしたミュージアムみたいになっています。週末には「奥出雲おろち号」というイベント列車も走るようになりました。
 
私の今の勤務シフトでは隔週の火・水曜日が公休日となります。予定では、2月2・3日と16・17日が該当します。このままでは2月7日以降も緊急事態宣言が継続する可能性が大きいです。しかし、今まで働き通しに働いた上、休日の外出も買い物と銭湯通いだけで我慢して来たのです。イベント列車も走らない平日なら、そんなに人は集まらないでしょう。今さら一泊二日の秘境駅巡りぐらいしてもバチは当たらないと思います。
 
尚、備後落合駅とおでんうどんについては、下記の記事を参照の事。
 
発車1日たった11本、山間のターミナル備後落合駅に変化 乗客増の陰に地元の支え | 乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/82197
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

白みそ雑煮のお正月

2021年01月06日 07時01分20秒 | なにわB級グルメ探訪

今年はコロナ感染が広がって以降の初めてのお正月。その前まで毎年恒例であった釜ヶ崎あいりん地区の越冬ライブは中止になりました。炊き出しと夜のパトロールは通常通り行われましたが。新春の初詣も、縁日の屋台が出ないので今年はどこにもお参りしていません。そもそも、私たち物流関係の非正規労働者には盆も正月も関係ありません。盆も正月も普段通り仕事がありますし、むしろ繁忙期で大忙しの毎日でした。年賀状なんて書いている暇がないし、正月も出勤で職場で顔を合わすので、そもそも年賀状を出す意味がありません。その一方で、昨年2月に今のワンルームに移り住んで自炊を始めてから初めてのお正月になるので、年始の挨拶でも紹介したお雑煮の写真を中心に、お正月の日常をもう少し詳しく紹介したいと思います。

以前なら年越しの蕎麦はインスタントのどん兵衛の蕎麦で間に合わせていたのですが、今年から蕎麦も自分で買って自宅で作るようにしました。そこで初めて知った蕎麦の安さ!一番安い蕎麦は何と1袋19円!もうお米を買わずに蕎麦を食おうと思ったぐらいです。それとは対照的に、蒲鉾の値段の高い事。普段なら1個98円で売られている紅白蒲鉾は売り場にはなく、代わりに1個500円から千円以上もする迎春用の蒲鉾に売り場が占拠されてしまっていました。スーパーの店員が言うには、正月期間中は従来の蒲鉾は発注をストップして迎春用の蒲鉾しか売らないようにしているとの事。一人暮らしだと量の多い迎春用の蒲鉾なんか買っても余らせ腐らせてしまうだけなので、普通の蒲鉾も売ってくれと店の苦情カードに書いて投函しました。年越し蕎麦は売れ残りの紅白蒲鉾と5割蕎麦、市販のえび天で美味しくいただきました。

それまでは外食中心で正月も餅とは無縁でしたが、昨年に今のワンルームに移ったのを機に、お雑煮を自宅で作る事にしました。私は元々、大根・人参だけの地味な関西の白みそ仕立てのお雑煮より、鶏肉や魚、ミツバなどが入った関東風の済まし雑煮の方が好きだったので、元旦はうどんだしですまし雑煮を作って食べました。しかし、白みそ雑煮も具を色々取り揃えば見た目も鮮やかに美味しくいただける事を知り、チューブの白みそと冷凍和風野菜を買って来て、2日以降は白みそのお雑煮で食べる事にしました。ワンルームで一口コンロのミニキッチン、学生下宿にあるようなミニサイズの冷蔵庫、安物の電子レンジしかなくても、工夫次第で美味しいお雑煮が炊ける事が分かりました。三日目以降も雑煮抜きの白みそでおかずを工夫して作っています。公休日の休みには善哉を作って食べました。

一人暮らしだと、どうしても野菜や魚が不足しがちになります。白菜やキャベツを買っても余らせ腐らせてしまうだけなので、どうしても買うのが億劫になってしまうのです。大型の冷蔵庫があれば業務スーパーで野菜を大量に買って冷凍保存しておけるのですが、洋間5畳のワンルームではそんな場所もありません。元々備え付けのミニ冷蔵庫があるのみです。余り家電を買い揃えても置く場所がないし、消費電力500ワット、千ワットの家電を同時に使用したらブレーカーが落ちてしまうので家電は1個ずつしか使えません。魚を焼くグリルもないので今まで魚料理を作るのを諦めてしまっていました。ところが昨日、安売りの塩鯖とカレイの切り身を買って来て、電子レンジでチンしたら、グリルで焼いたような仕上がりになる事が分かりました。これなら面倒な塩抜きも不要です。もうこれから魚は買ってミニ冷蔵庫の製氷室で冷凍保存しておく事にします。家電を1個ずつしか使えないので、どうしても調理に時間がかかり、おかずが仕上がる頃にはご飯が冷めてしまうのが玉に瑕ですがw。

昨日は通天閣のたもとにある「三吉(みよし)うどん」で天ぷら蕎麦を食べて来ました。うどん1杯170円から売っている立ち食いのうどん・蕎麦屋で、芸能人もお忍びでよく来ると噂のお店です。1杯170円のうどんなら、新世界からジャンジャン横町に入った所にある「松屋」が早朝7時から開いているので、私もよく知っていますが、この「三吉うどん」は私も知りませんでした。私が大抵休みの水曜日が定休日で、開店時間も朝10時ぐらいから夕方4時ぐらいまでしかないので、今まで知らなかったのです。本当は卵も入った天ぷら蕎麦を注文したかったのですが、店内のメニューには無かったので普通の天ぷら蕎麦にしました。出汁が効いて美味しかったです。(後で確認したら店の外のメニューには卵入りの天ぷら蕎麦も載っていました)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

神戸屋ウーピーの1日1時間だけのモーニング

2020年12月09日 19時29分00秒 | なにわB級グルメ探訪
 
大阪・新世界のジャンジャン横丁から道路を渡って飛田新地の方に抜ける動物園前商店街の一角に、1日1時間余しか営業していない謎の喫茶店があります。
その喫茶店の名前は「神戸屋ウーピー」。「ウーピー理髪店」の隣にあり、神戸屋のパンを使っているから、そんな名前にしたのだそうです。隣にある理髪店も、息子さんが経営しています。つまり理髪店と喫茶店は同じ身内同士のお店という訳です。いずれにしても変わった名前の喫茶店です。
息子さんの理髪店の方は夜8時ぐらいまで営業していますが、喫茶店の方は年老いたお婆さんの営業なので、朝9時から10時ぐらいの約1時間しか営業していません。後は神戸屋さんのパンを店頭販売しているだけです。
 
だから、私の家のすぐ近くにあるにも関わらず、今までなかなか、その喫茶店に入る機会がありませんでした。そこで、公休日の今日、その喫茶店のモーニングを一度堪能してみる事にしました。
西成あいりん地区の銭湯は早朝6時から営業しているので、まず最初に朝風呂を堪能してから、その喫茶店に行く事にしました。銭湯に行く前の午前8時頃は、まだ喫茶店は「準備中」でした。銭湯から帰って来た午前9時頃になり、ようやく喫茶店の営業が始まりました。
 
 
店内には4人がけのテーブルと椅子がカウンターの前に3組、奥に2組ほどありました。メニューは机の上にはなく、壁に貼ってありました。モーニングサービスも、400円のトーストと500円のサンドイッチの2種類があります。私はトーストの方を注文しました。
店内には地元客と思しきお爺さんとお婆さん、もう一人のお爺さんがいました。もう一人のお爺さんと入れ替わりに、一見の観光客と思しき男性が、奥の4人がけのテーブルに座り、スマホをいじくっていました。
 
やがてモーニングサービスのトーストとコーヒーが出来上がりました。トーストには茹で卵とフルーツが付いています。茹で卵だけならどこにでもあるモーニングですが、フルーツも付いている所は、大阪ではもうここぐらいではないでしょうか。
フルーツは日替わりで今日はマスカット。普段、野菜や果物を食べる機会に恵まれない一人暮らしの非正規労働者にとっては、貴重なビタミン源です。マスカットは皮も柔らかかったので、茎以外は全ていただきました。
 
モーニングを堪能した私は、お会計を済ませて店を出る事にしましたが、レジの右側には何やら見慣れない機械が…。店主のお婆さんに「何の機械か?」尋ねると、「パン切り機」だそうです。そう言えば店頭にも「神戸屋工場直送の食パンを4〜6斤にオーダーカットします。1斤240円」との告知板がありました。今時珍しい喫茶店です。
 
ちなみに、この動物園前から飛田一帯の商店街には、他にも「ウーピー」の名を冠した理髪店が数軒あります。それらはいずれも、この神戸屋ウーピーの隣の理髪店から暖簾分けされて出来た店なのだそうです。
「ウーピー」の名前の由来については諸説ありますが、昭和初期の世界大恐慌の後、創業者が景気付けに、「わーい」とか「頑張れ」という意味の英語「アップ(UP)」をもじった物だとする説が有力なのだそうです。
 
左上写真のレジスター右にあるのがパン切り機。右上写真の赤丸印の告知板が食パンオーダーカットのお知らせ。
 
左が準備中(午前8時前、緑丸印)、右が営業終了(午前10時過ぎ、青丸印)の告知。
 
左は動物園前一番街の賑わい。右はその更に奥(飛田新地側)の動物園二番街にある分家のウーピー理髪店。この分家も神戸屋ウーピー隣の本家からの暖簾分けで店を始めました。
 
第三波のコロナ感染拡大で、通天閣が赤信号に染め上げられ、お膝元の新世界の居酒屋も元気がありませんが、目を南に転ずれば、こちらは居酒屋も相変わらず大賑わいです。その影では、昔ながらの神戸屋ウーピーなどのお店は、後継者難で閉店が相次ぎ、中国人経営の居酒屋に変貌してしまいました。
しかし、中国人の居酒屋なんて所詮「外人部隊」に他なりません。「自分達さえ儲かればそれで良し。後は野となれ山となれ」。日本のブラック企業と同じ発想です。「地域住民との共存・共栄」なんて、これっぽっちも考えてはいません。こんなアコギな商売でも成り立つのも、呑んべいの多い西成あいりん地区だからこそです。他の場所では恐らく見向きもされないでしょう。
 
それに引き換え、神戸屋ウーピーや、その近くの歯医者は、店主が高齢化している事もあり、夕方にはもう店じまいしてしまいます。神戸屋ウーピーに至っては、1日たった1時間しか喫茶店営業していません。
おまけに神戸屋ウーピーは、机の上にメニュー表も置いていなければ、このコロナ感染のご時世にも関わらず、お絞りすら出そうとしません。しかし、それでも店内はそこそこの数の客で意外と賑わっていました。歯医者の方も、診療時間が短い分、すぐに予約で埋まってしまいます。
 
確かに、この調子では、お世辞にも効率的な営業とは言えません。経営的には多分、赤字でしょう。それでも、一定の客からは支持されている。これこそが、地元密着型の商売の強みです。
政府や大阪府知事、大阪市長も、ひたすら外国人観光客のインバウンド需要頼み、コロナ感染拡大リスクと背中合わせのGO TOキャンペーン需要頼みなんかではなく、堅実に商売していたら誰でも儲かり地域も潤う、そんな経済政策を心がけて欲しいものです。動物園前商店街の賑わいが再び蘇る事を願って、この報告を終わります。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

幻のシチュー作りに挑戦してみました。

2020年11月26日 20時23分24秒 | なにわB級グルメ探訪

皆さんは「シチュー」という料理をご存じでしょうか?「シチューだろ。そんなの誰でも知っているよ」というなかれ。ここで言う「シチュー」は、皆さんもご存じの、ドロッとしたクリームシチューやビーフシチューではありません。塩味の透明なスープの中に、牛肉・玉葱・ジャガイモだけが入った、昔ながらのシチューです。

正しくは「シチュウー」と書くそうです。外国船の船員が日本のコックに教えて広まったのだとか。やがて一般家庭にも広まり、私も幼い頃は母の作ったシチューを夕食によく食べました。難波や天王寺の繁華街に出ると、そこかしこにシチューを食べさせてくれる店がありました。やがて、食生活の洋風化が進み、今のドロッとしたシチューが出回るようになると、昔のシチューの味は次第に忘れ去られて行きました。

以前は新世界でも食べられた昔のシチューも、今では天六の大衆食堂「かね又」でしか食べられなくなりました。私はこの味が忘れられず、今でも公休日には時々この「かね又」に通ってシチューを食べています(当時の記事)。「かね又」に来たら、シチューとご飯に卵焼きと小鉢2品が付いて850円のシチュー定食をいつも注文します。シチューにはソースを少し垂らし、山椒をパラパラっと振りかけます。そうすれば味に更に深みが出ます。葱入りの卵焼きも、外はカリカリ、中はドロッとしていて、何とも言えないくらい美味しいです。

このシチューですが、調味料は塩さえあれば作れるそうです。もう他ではどこも作っていない幻のメニュー故に、今まで作るのを諦めていましたが、塩だけで作れるのであれば、これほど簡単なメニューはありません。薄味なので何度食べても飽きません。寒くなるこれからの季節には、まさに打ってつけの料理です…。

そう考えた私は、一度、自分でも作ってみる事にしました。もし、自分で作る事が出来るようになれば、もう、わざわざ電車に乗って天六まで食べに行かなくても済みます。

シチューのレシピもネットで調べました。シチューに使うのは牛すじ肉です。灰汁(あく)抜きした牛すじ肉と玉葱・メークイン(ジャガイモ)を塩味のスープでコトコト煮込んで作ります。実は、牛すじ肉を煮込むには非常に手間がかかります。柔らかくなるまで最低でも1時間は鍋で煮込まなくてはなりません。普通の鍋では難しいので、たいてい圧力鍋で煮込みます。ところが、自炊を始めてまだ経験浅い私は、そんな基本的な事も知らずに、「塩だけで作れる」という点だけに目を奪われ、無謀にも、この「幻のシチュー」作りに挑戦してみる気になりましたw。

近くのスーパーで、賞味期限切れ間近で2割引きとなった豪州産の牛すじ肉150グラムと、玉葱・メークインを1個づつ買って来ました。一人暮らしなので、余り沢山買っても腐らせるだけです。まず牛すじの灰汁抜きからです。牛すじ150グラムをそのまま鍋に入れ、沸騰するまで煮込みます。

牛すじ肉を煮ると大量の灰汁(あく)が出ます。沸騰するまで煮たら、灰汁を捨てて牛すじ肉を一旦水洗いします。

その後、臭い消しの生姜を入れて、再び牛すじ肉を煮込みます。煮込むのは臭い消しの為で、もうほとんど灰汁は出ません。沸騰したら牛すじ肉を出し、ここで初めて適当な大きさに切り分けます。

次に、玉葱をみじん切りにして、牛すじ肉と一緒に鍋で煮込みます。すると、今度は玉葱から野菜の灰汁が出てきますが、野菜の灰汁は旨味があるので捨てません。そのまま一緒に煮込みます。玉葱がとろけるようになれば、メークインも鍋に入れます。その後、最低でも1時間は煮込まなければ、牛すじ肉に味がしみこみ柔らかくはなりません。

火力の弱いIHのコンロでは、玉葱もメークインもなかなか煮えないので、この2品については、電子レンジで4分ほど先に温めておきました。その後、鍋に適量の塩を入れ、牛すじ肉とコトコト弱火で1時間ほど煮込みます。玉葱とメークインは、既に柔らかくなってホクホクとした食感になっていましたが、牛すじ肉だけは、依然として硬いままです。試食すると、まるでチューインガムのような硬さです。最初はクチャクチャ噛んでいましたが、味もしないし美味しくないので、最後には吐き出してしまいました。

そうやって、ずーーーっと煮込んでいるうちに、ついにIHコンロが悲鳴を上げ始めました。高温注意の警告ランプが点灯し、ピーピーと警告音が鳴り出したので、もう電源を落とさざるを得ませんでした。煮込み始めてから50分経った頃です。後10分で規定煮込み時間の1時間となるので、10分間鍋に付けたまま、食材の様子を見ます。玉葱とメークインは、もうトロトロに溶けてしまい、メークインも砕け散ってしまいました。牛すじ肉も、依然として硬いままでしたが、ようやく味がしみこんで来ました。スープの味も、「かね又」のそれに近くなって来ました。

17時に調理を始め、20時になって、ようやく完成しました。普通の鍋で牛すじ肉を煮込んだら、3時間ぐらいかかるという事を、今回身をもって知る事が出来ました。もう遅い時間になってしまったので、副菜なしで、シチューだけをおかずに夕食を食べました。ご飯は宅配のパックご飯ですが、お米専門のメーカー品(サトウのご飯ではない)なので、結構美味しいです。シチューも塩加減はちょうど良かったですが、牛すじ肉の硬いのには閉口しました。1時間近く煮たので、流石に「チューインガム」ほど酷くはありませんでしたが、それでも、ようやくどうにか食べられる程度の柔らかさにしかなりませんでした。

半分余ったシチューは耐熱ボウルに入れ、翌日の夕食にレンチン牛すじカレーにして、トマトポタージュスープと一緒に食べました。こちらは結構、美味しかったです。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

松露団子の入ったジャンボかき氷

2020年08月10日 04時05分00秒 | なにわB級グルメ探訪
 
昨日、実家近くの鍼灸院に行った帰りに、浜寺公園駅前の「福栄堂」という和菓子屋さんに立ち寄りました。浜寺海水浴場があった頃から営業されている和菓子屋さんです。昔ながらの和菓子屋さんで、店頭の墨で書かれたメニューが目を引きます。浜寺公園の松ぼっくりをかたどった「松露団子」と、大阪に唯一残る路面電車のチン電(阪堺電気軌道)の刻印が入った「チン電どら焼き」が、このお店の二大名物です。
 
今は夏なのでかき氷も販売しています。みぞれ等のシロップがかかったかき氷を300円から販売しています。100円追加でミルク等のトッピングも注文出来ます。今時、こんな値段でかき氷が食べれるお店は余りありません。お店の前の椅子に座って食べる以外に、テイクアウトも出来ます。但し、ドライアイス等の用意はないので、テイクアウト出来るのは近隣の方に限られます。
 
 
私は松露団子が4つ入った「氷松露」のかき氷をいただきました。抹茶、ほうじ茶、黒蜜きな粉の3種類のトッピングから2種類選べます。私は抹茶と黒蜜きな粉のトッピングを選びました。
 
この「氷松露」は流石に700円と、他のかき氷よりも値段が張りますが、このボリュームを見ればそれも納得出来ます。上に見えている白黒2個の松露団子の他に、もう2個の松露団子が氷の中に隠れています。
 
昔は海水浴場で賑わった大阪府堺市の浜寺公園も、コンビナート造成で海が埋め立てられ閉鎖されてからは、すっかり寂れてしまいました。海水浴場の代わりにプールが設置されましたが、もはや昔の面影はありません。昔、駅前にあった商店街もマンションと空き家だけとなり、明治40年に造られた南海本線浜寺公園駅の駅舎にその名残を遺すのみです。
 
 
その中で、福栄堂さんだけが孤軍奮闘されています。今日も暑い夏の最中に若い女性店員さんがかき氷作りに精出しておられました。それを見て、チン電の堺トラム(低床式電車)で浜寺公園を後にしました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お手軽キーマカレーで夏バテ防止

2020年07月31日 19時45分07秒 | なにわB級グルメ探訪
料理雑誌に載っていたキーマカレーのレシピ
 
【キーマカレー2日目】に実際に作った時の手順。
①カレールウを1/4皿にカットする。(上段左端、真ん中の写真)
②耐熱ボウルの中で、合挽ミンチ(約100g)、冷凍ミックスベジタブル(適量)、冷凍カボチャ(同)をそれぞれ混ぜ合わせ、トマトケチャップ(適量)をかける。(上段真ん中、右端の写真)
③先ほどのカレールウを載せ、耐熱ボウルにラップをかけ、電子レンジ(600W)で10分間温める。(下段左端の写真)
④宅配のパックご飯(200g)を電子レンジ(500W)で2分間温める。(下段真ん中の写真)
⑤温めたパックご飯を耐熱ボウルの中に入れ、同じく温めた③と混ぜ合わせれば出来上がり。(下段右端の写真)
 
【キーマカレー初日】
 
数日前からキーマカレーにハマっています。夏の暑い日でもタンパク質やビタミンが取れて、便秘や腰痛にならないようにするにはどうしたら良いか?悩んでいたら、たまたま料理雑誌に電子レンジで作れるキーマカレーが載っていたのを見つけました。
 
雑誌には、「耐熱ボールの中に、挽肉とミックスベジタブルとトマトケチャップ等を入れて、混ぜ合わせて上にカレールウを載せ、ラップを掛けて電子レンジで10分間温めて、ご飯に掛けるだけ」とありました。手軽に出来そうだったので、私も作ってみる事にしました。
 
早速、近くのスーパーで、合挽ミンチと冷凍ミックスベジタブル、冷凍カボチャを買って来ました。冷凍カボチャは雑誌には載っていませんでしたが、「緑黄色野菜を取らなければならない」と鍼灸師さんも仰っていたので、追加で購入する事にしました。
 
あいりん地区に帰って来てから、トマト缶を買い忘れていた事に気が付きました。こちらはもう近くのコンビニで買ったトマトケチャップで代用しました。
 
耐熱ボールは、以前百均で買ったやつを使いました。最初に買った時はなかなか温まらなかったので、少し不安でしたが、それでも電子レンジに入れて5分もすれば、ほんのりとカレーの芳しい香りが漂って来ました。
 
そして遂に完成!カレールウを1かたまり丸々使ってしまったので、少しダダ辛くなってしまいましたが、本当にキーマカレーの様に仕上がりました。次からは、カレールウの投入を1/2カットにするか、レトルトのカレーで代用しようと思います。

食欲のない夏の暑い日でも、カレーなら簡単に食べれます。私みたいな自炊初心者でもカレーなら簡単に作れます。作れる料理のレパートリーが少ない為、どうしても炒飯や丼物に頼ってしまい、栄養が偏りがちになります。それでもカレーなら野菜も豊富に取れます。
 
しかも、冷凍野菜を使うので、小出しで調理できるようになりました。また、長期保存も出来るので、今までの生鮮野菜の様に「いつまでに使い切らないといけない」と気にする必要もなくなりました。
 
それに、包丁も油も使わないので、調理も後片付けもメチャ楽です。これからはもっと冷凍野菜をどんどん使いこなそうと思います。
 
【キーマカレー2日目】
 
昨日のリベンジで再びレンチン・キーマカレーを作りました。昨日に懲りて今日はカレーのルウを1/4カット(約4.5g)に抑えました。
 
その他の材料も昨日と同じ、国産合挽ミンチ(1パック103g)と冷凍ミックスベジタブル(適量)、冷凍カボチャ(適量)です。それらを耐熱ボールに入れて、トマトケチャップを掛けてかき混ぜ、その上に先程のカレールウを載せ、電子レンジ(600W)で10分間温めました。そうしたら正に食べ頃のキーマカレーが出来上がりました!
 
その後、パックライスを電子レンジ(500W)で2分間温め、前述のキーマカレーと混ぜ合わせて食べました。
 
その美味い事!今日は昨日みたいにダダ辛くはありませんでした。油も包丁も使っていないので、後片付けもメチャ楽でした。
 
しかも、レンチンメニューなのに栄養満点!合挽ミンチとミックスベジタブル、冷凍カボチャで、タンパク質もビタミンも補えました。夏は当分これで乗り切る事が出来ます!😋🍽
 
【キーマカレー3日目】
 
今夜の夕食もキーマカレー。夏はずっとキーマカレー。今日はそれに加えて香辛料のガラムマサラも買って一振りしました。そして食後にミルクティーも飲みました♪
 
実際に住んでいるのは西成のあいりん地区でも、気分は完全にスリランカ♪ダージリン♪
 
しかも忘れ物のおまけまで。食べた後で、肝心な物を入れ忘れていた事に気付きました。何とカレーのルウを載せずに電子レンジでチンしていたのです!
 
しかし、それでも合挽ミンチとミックスベジタブル、冷凍カボチャが混ざり合い、ケチャップライスみたいで美味しかったので、カレーのルウを入れてなかった事に、食べ終わるまで気が付きませんでした。
 
これは逆に言えば、カレーを入れずに、ケチャップライスとして食べても充分美味しいという事です。カレーのルウが切れた時はケチャップライスか、鶏モモ肉を入れてチキンライスにして食べようと思います。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする