マネジャーの休日余暇(ブログ版)

奈良の伝統行事や民俗、風習を採訪し紹介してます。
すべての写真、文は著作権がありますので無断転載はお断りします。

奈良大和路の年中行事

2009年12月30日 00時09分01秒 | 民俗の掲載・著作
初の著作本を9月末に発刊しました。

京都の淡交社から出版されました「奈良大和路の年中行事」です。

大小取り混ぜた300枚ほどの祭り行事写真が掲載されています。

未だかってない映像と解説で奈良の祭りや行事を紹介しました。

出版社の淡交社で紹介されています。

次ぎに挙げるキーワードを聞いたことがありますか。

そんなん知っとるで、見たことも聞いたこともあるでが30個以上あればそれ相当な専門家。

30~20個では民俗行事通。

10個ぐらいやったら知ってるでぇという方はそれなりに活動をされている。

ぜーんぜん、そんなの聞いたことないなという方はライフステージが違うんでしょうね。

こんなの特に知る必要もありませんよぉ。

だってねぇ、まほろば検定でも出題されるようなシロモノではないのですから。

ただね、なんじゃこりゃと興味を示されたら『奈良大和路の年中行事』の巻末索引頁を開けてほしい。

謎のキーワードはこの本に隠されているのですから。

買ってくださったらもっと嬉しいんですけど。

1.一万度ワーイ
2.いっぱいだまし
3.イノコ
4.ウタヨミ
5.ウゥワハイー
6.おせんどう
7.オドリコミ
8.オハキツキ
9.デンソソ
10.ガクウチ
11.キョウワウチ
12.ゲー
13.コウリトリ
14.ゴクカツギ
15.コグツ
16.子出来オンダ
17.ザザンザー
18.スコ
19.センバン
20.ダイビキ
21.チャンゴカゴ
22.でんでらこ
23.デンデン
24.トーニンワーイ
25.ドサン箱
26.ドテンコ
27.ネンネンさん
28.バタランバタラン
29.ハッタハン
30.ハナガイ
31.ヒキアイモチ
32.ピッピラ
33.フショ舞
34.ベンズリ
35.ホーエッサイ
36.ホーランヤ
37.ホーロン
38.マジャラク

『奈良県』 ジャンルのランキング
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 矢田寺仏名会 | トップ | 矢田の朝靄 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
実に興味深い (飛火野)
2009-10-06 10:49:31
飛火野です。来年度より3・4年社会科で「地域資源の活用」というのが入ります。奈良県では鹿とともに生きる奈良町、江戸時代の町並みが残る今井町といったように他にも明日香村、吉野町などが入ってきます。4年では自分の住む地域以外を学習するので教材には事欠かないのですが、3年では住む地域です。そこで取り上げられるのが「祭」です。祭を伝えることの大切さ、そしてそれに携わる人々の努力や工夫を学習します。貴著書の出版はまさに天の配剤となりました。
Unknown (マネジャー)
2009-10-06 21:17:55
飛火野さんが突然お越しになられてビックリしましたよ。
お聞きしたところ入手されて速攻で来られたとか。

学び舎周辺はよく見られますが住む地域の学習がおざなりになっているようです。
飛火野さんの仰る伝統を守る地域の方々の精神力と尽力が大切な要素と感じています。
継続することが並大抵なものではないことを取材を通じて痛切に感じます。
10月24日から始まる民博写真展でもこのことを伝えて参りたいとかと思っています。
貴職での学科活用、大いに使ってくだされば取材させてくださった方々も喜ばれるのではないでしょうか。<著者>
はじめまして (ZOU)
2009-10-20 18:49:54
>次ぎに挙げるキーワードを聞いたことがありますか。

大体分かりました(笑) というのが、マネジャー様の写真集の出版を知ってから書店に行ったところ、その写真集を見かけましたので購入させて頂きましたから。今まで貴サイト上で何枚もの写真を拝見してきましたが、本になるとこれはまた良いものですね。ご出版おめでとうございます。

さて、順番が後先になりましたが改めまして、マネジャー様はじめまして。ZOUと申します。郡山在住です。どうぞよろしくお願いいたします。

歴史関係のサイトを運営しており、このたび拙サイトの更新として貴サイトへリンクさせて頂きましたのでご報告に上がりました。事後になりましたがご承諾いただければ嬉しく思います。

拙サイトトップはこちら
http://www1.kcn.ne.jp/~ganes-z/image/

リンクを貼らせていただいたのは次の2ページからです。
http://www1.kcn.ne.jp/~ganes-z/image/link.html#G
http://www1.kcn.ne.jp/~ganes-z/image/kituki-y.html
よろしくお願いいたします。

なお、拙サイトはかなりこだわりの強い内容なので、紹介文の不備やリンク不承諾などがあった場合はお気軽にお申し出下さい。できる限り対応させて頂くつもりでおります。

実は貴サイトの存在に気づいたのは何年か前。以降、時おり拝見させていただいておりました。奈良の行事を検索したところ貴サイトがたびたびヒットし、その写真の量にただ圧倒されていました。最近では、山田の杵築神社の「でんでらこ」を検索した時やはり貴サイトに行き着いたり(上記杵築神社のページ)、その他に、これまでに見たことの無かった「水口祭り」の写真なども拝見できるなど、民俗関係に興味を持つ者(もちろん私も)にとってはすばらしい価値を持つサイトだと思っております。

現状、上記2ページに貴サイトへのリンクを入れさせていただいたわけですが、これがどのような形になれ(仮に不承諾を頂いた場合でも)、個人的には今後も貴サイトを参照させて頂きたく思っております。どうぞよろしくお願いいたします。
リンクの件 (マネジャー)
2009-10-21 08:51:10
ZOUさまへ

ご購入ありがとうございます。
ご本になりますと私の稚拙な写真も映えるようでございます。

実は私もノガミサンを検索していたときに貴方のHPを拝見したことがあります
リンクの件、よろしいですができれば新アドレスでしてくだされば幸いです。

取材地で見聞きしたことは脚色せずにそのまま伝えていくスタンスで表現しています。
参考にされる方がおられることたびたび耳にします。
主観をいれますと誤解を招くことになりますので、できる限り客観的にしています。

なお、当ブログはならグルグル散歩で公開できなかったものが多数掲載しています。
それらは今後の取材のための私の記録メモとして残しております。
ありがとうございます (ZOU)
2009-10-21 13:00:05
マネジャーさま

リンクの件、ご承諾ありがとうございます。
URLについては失礼しました。
修正いたしました。

カメラのキタムラなどででも、
今後、お会いする機会があるかもしれません。
そのときは、どうぞよろしくお願い致します。
では。
おめでとうございます! (sachiko)
2009-11-15 01:04:39
島田の長男の嫁です。
とても興味深く素敵な写真の数々のご本の出版!
おめでとうございます。

今夜、義母から「奈良大和路の年中行事」を拝見させて頂きました。
そういえば、
先日奥様とお会いした時に、確か持っておられたなあ、と、、今思い返しております。

私は大阪育ちですが、私の両親は、奈良県出身です。
そのせいか、年齢を重ねる程に両親の故郷に興味を感じ、奈良の地に関わることもしばしば~

是非、自分の手元にも置きたいし、
数冊購入し亡き父の兄弟にも送ってあげようと思います。

これからも益々ご活躍を願っております。

検索で、このブログを発見させて頂きました(笑)
これからゆっくり見させて頂き、散策のガイドにさせて頂きます。

奥様にも宜しくお伝え下さい。
大阪から奈良へ (マネジャー)
2009-11-16 22:13:56
よくまぁブログを見つけてくださり、ありがとうございます。

義兄に献本することばかり思ってたもので失礼しました。
家内が帰ってから、なんでもっと持って行かせんかったのかと猛省。

>義母から「奈良大和路の年中行事」を拝見させて頂きました。
二月堂のお水取りに連れてあげたいけどしゃりしゃり出るわけに行かず。
毎年、この時期になるとじくじくたるものです。

ご両親が奈良だとは。
奈良の風景写真を撮っておられたことをお聞きしました。

>私は大阪育ちですが、私の両親は、奈良県出身です。
>そのせいか、年齢を重ねる程に両親の故郷に興味を感じ、奈良の地に関わることもしばしば~
>是非、自分の手元にも置きたいし、
>数冊購入し亡き父の兄弟にも送ってあげようと思います。

ありがたいお言葉です。
私も大阪出身ですが、いつのまにかどっぷり浸かった大和人。
後世の年数はどれぐらいあるかは判りませんが最後の最後までRUN&RUNです。
熟拝です! (sachio)
2009-11-18 12:40:37
こんにちは~
はい、追求型です(笑)

それにしても「ならグルグル散歩」凄いです。
少しの時間では制覇できません!
奈良の参考書にさせて頂きます。

父は十津川、母は吉野の上市(尾仁山)です。
はい、生前の父はカメラを片手に里帰りをしていたようですが、その頃は興味もなく・・・・
若気のいたりです。

二月堂のお水取り!しゃしゃり出てあげてください(笑)
うちの相方はゴルフに忙しく、私は出不精で・・・
しかし~
義母は大名さまなので歩きませんよ(笑)

二週に一度の木曜日、
韓紙工芸教室なるものに通う西大寺駅、
明日は本屋に立ち寄り購入してきます!

マネージャーさまは、
大和人以上の大和の人です。
一度きりの人生!是非これからもRUNRUNで!
なんだか
我が父もかなりな自由人でしたので重なります(笑)

どうぞお体を大切に、大和の文化自然を撮り続けて下さい。
又、お目にかかれる時を楽しみにしております。

メールが閉鎖されていたので、この場で失礼致します。
絶好の参考書 (tetsuda)
2009-12-06 06:35:30
田中さん、先日は拙ブログをお訪ねいただき、有り難うございました。

遅ればせながら、田中さんの素晴らしいご著書を紹介させていただきました。
http://blog.goo.ne.jp/tetsuda_n/e/c5ed054d17cd9ebc8cc120651268488d

私は(邪道かも知れませんが)奈良検定の参考書として活用しています。1月の試験を控えた10月の発刊は、絶妙のタイミングでした。

私も奈良を渡り歩いては、下手な写真をブログに載せています。今後とも、よろしくお願いいたします。
参考になれば幸いです。 (田中眞人)
2009-12-06 22:06:18
tetsudaさん、いつもブログを拝見しております。
愛読者多い「日々ほぼ好日」で紹介してくださること嬉しく思います。
なら検定に役立つかどうかは保証できませんが参考になれば幸いです。
貴ブログのような見識あるものには到底およびませんが一歩ずつ歩んでいきたいと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

民俗の掲載・著作」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事