マネジャーの休日余暇(ブログ版)

奈良の伝統行事や民俗、風習を採訪し紹介してます。
すべての写真、文は著作権がありますので無断転載はお断りします。

ネット接続異常の初期化対応に気づくまで3時間

2018年01月19日 09時30分04秒 | つうしん
平成28年11月28日に発生した我が家の無線LAN異常。

対応処置したその後は何事も問題なく稼働していた。

たまには接続が怪しいという日もあるが、無線LANやモデムの電源オフ/オンで解決していた。

何の支障もなくである。

この日から3カ月後の平成29年3月6日である。

パソコンは繋がっているがタブレット端末のネット繋がりがおかしくなった。

何度も再接続にトライするが表示は圏外。

そのうち解消されると思っていたが、そうはならなかった。

パソコンの方もおかしくなってきた。

一旦は繋がるがしばらく経てば切断される。

こういう場合は無線LANやモデムの電源オフ/オンで解決できる、はず。

ところが4、5回のトライでも解消できない。

ふと思い出した平成28年11月28日の対応である。

バッファロー社製無線LANのWHR-G54Sの底面だ。

「INIT」はここにある。

あるにはあるが、老眼のために文字が見えない。

天眼鏡を目に当ててみればあった。

電源はオンのままでいいはずだ。

「INIT」の穴は小さいが、爪楊枝の頭が押すには丁度いい大きさだ。

プッシュし続けていたら赤ランプが点滅しだした。

赤ランプの形状は太陽のような光燦々。

十数秒で点滅は止まった。

これで初期化ができたはず。

パソコン側のネット接続状況を診ていればいつの間にか繋がった。

タブレット端末の方も繋がった。

対応は「INIT」を押す初期化で復活したが、思い出すまで3時間も。

何をしていたんだがと思うが、そろそろ買い替えを真剣に考えなきゃならんだろうな。

買い換えの決断はいつするか。

煩雑気味に発生するときに決める。

で、その翌日の7日の朝も同事象が発生した。

6日と同様のアクションは初期化。

前回もそうだったが二日連続だった異常現象。

無線LANのフリーズのようだが今回もそうなるのか、ならないのか・・。

それから3カ月後の6月20日。

なんとなくおかしいからリセットした。

翌日の21日は最たる状況に陥った。

リセット2度トライするも解消されないのである。

回線は接続されている認識であるが、ネットは開かない。

無線LANといえばランプがチカチカ点滅。

何者かが攻撃しているのか、ダウンロードしているのかさっぱり掴めない。

これまでもこういう事象は多々ある。

たぶんにダウンロード。

待つしかないのか。

朝から何もできない。

そうえいば発生日時を遡ってみれば始めは平成28年の11月28日。

その次は3月6日。

今回が6月21日である。

(H29. 3. 6 記)
(H29. 6.21 追記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初期化不可の外国製DVD製品

2017年10月22日 09時11分23秒 | つうしん
我が家のリビングで活躍しているDVD付きのビデオデッキは東芝製。

ダブルチューナー地デジ付きのRD-Z300だ。

特に問題もなく作動している。

ただ、難点はデッキでテレビ録画した映像は編集ができない。

マニュアルを見れば編集ができると書いてあるが、使い方がよくわからなくてまったく編集ができず。

仕方ないが撮ったままの映像をDVDにダビングしている。

DVDは50枚入りを買う。

特にメーカーは拘らず電気屋さんで一番安いものを買っている。

稀に一枚、二枚程度でエラーがでる。

エラーの症状は初期化ができない場合ばかりだ。

一旦、エラーになれば再挑戦は不可。

初期化ができなければ使い物にならず、ゴミ箱行きになる。

今回のDVDも一番安価な製品。

正月番組を撮ることも考えられたので年末に買っておいた。

それが本日になった。

初登場のDVDをデッキにセットする。

始めに動作するのは円盤状態を検査。

何をしているか私はわからないがヘッドがカチカチ動いている。

数十秒もあれば「確認」のメッセージが出て検査完了。

決定を押して初期化のプロセツに移る。

いつもそうしているし、もう一台あるチューナー付きビデオデッキも同じプロセスを踏む。

ところが、だ。

今回は違った。

新品、おニューのDVDをセットしたから戻された。

というよりもエラーが出力されて弾かれた。

稀にあるからもう一枚。

それも弾かれた。

2枚連続は初体験。

仕方ないがもう1枚。

今度はうまく検査ができたのか「確認」が出た。

決定を押して初期化する。

ところが、この初期化でエラー。

媒体が読めないという現象なのか、ようわからんがここでも弾かれた。

3枚連続は初めてだ。

こういう事象が発生した場合は諦めずに購入したお店に相談してみる。

買ったお店は車で走って2分の距離。

店長さんと思しき店員さんに検証してもらう。

試したお店のデッキはシャープ製。

難なく「確認」が出る。

それが出れば問題はない。

試しにパナソニック製を使って検証してもらった。

これもまた問題は発生しない。

これって我が家のデッキがおかしくなったの・・である。

東芝製のダブルチューナー地デジ付きビデオデッキはRD-Z300。

平成23年7月5日に買った代物だ。

年数からいえば5年と半年。

デッキのピックアップにゴミでも付着している可能性があるという。

そうであれば、試しに我が家にあるシャープ製の装置で試してください、だ。

ただ、念のためと店長(と思われる)さんは購入した同一製品と交換してくださった。

実をいうと本来はレジシートがなければ対応はしない。

当然である。

どこで買ったのかわからないモノを交換できるわけがない。

買ったお店はジョーシン富雄南イオンタウン店。

クレジット付きのポイントカードでいつも買っている。

それがあれば購入履歴がわかる。

そう伝えたら見てくださった。

購入したのは昨年末の12月20日。

そうであれば当店舗で買ったことに間違いはない。

そういうことで交換してもらったHIDISC磁気研究所製のDVD。

50枚入りの製品はたしか1360円だった。

値段はともかく家に持ち帰って我が家のシャープ製デッキに挿入した。

トレイが閉まってピックアップが作動する。

数秒もかからないうちに戻された。

メッセージは「規格外」である。

我が家のシャープ製デッキは平成22年の4月9日に買ったDV-ACV52。

この機種でもエラーではどうしようもない。

交換してもらったときにお名刺をもらっている。お

店に電話をして状態を伝える。

商談中だったようで、受けた店員そう返した。

こうなりゃ折角、交換してもらったものは返品で他社製品を買うしかない。

これこれかくかくしかじか。

素早い対応で返品対応を済ませてあらためて買った三菱化学メディア製のVerbatim。

値段はHIDISC磁気研究所製より若干高いだけだ。

以前も使ったことがあるDVDメディアを手にして心を落ち着かせる。

東芝のRD-Z300に挿入する。

ピックアップが作動して「確認」が出る。

初期化も問題なくできた。

これで決まり。

HIDISC磁気研究所製のDVDは2度と買わないことにした。

それからの11カ月間も経過した。

VerbatimのDVDメディアは何の問題も発生せずに利用していた。

ところが、だ。

残枚数が15枚くらいになったときである。

今回の事象とまったく同じどころか新品で挿入したメディアが、これは読めませんとデッキが弾くのである。

あれっ、である。

一旦、これが出たDVDは使うことはできない。

じゃぁといって次の新品DVD。

これもまた弾かれる。

結局は5枚連続で弾かれた。

これはピックアップの問題。

昔懐かしいテープデッキ時代もあったクリーニングである。

当時はしょっちゅうしていたが、DVDでも発生しうるということで、クリーニングDVDが販売されている。

湿式、乾式の2種類。

性能的には湿式のほうが良いだろうと思うが、買ったのは乾式だ。

とりあえず近くにあるジョーシン富雄南イオンタウン店に向かうのが我が家の決まり、ではなく必要に迫れてプリンターインクやフォト用紙などを買いに行っているだけだ。

車で2分着の近場は我が家にとっては重宝な地の利である。

クリーニングDVDにライテイング可能な日立マクセル社製のDVDも購入した。

Verbatimメディアが完全不良であるなら、DVDを切り替えたく、そうしたのは11カ月後の12月1日だった。

師走の月ともなれば、気が焦る。

で、自宅へ戻って早速のクリーニング。

何回もする必要はないと思っている。

1回のクリーニングの試しにVerbatimメディアを装填。

結果は同じだった。

4枚チャレンジしたら、弾かれずに上手くいった。

えっ、である。

そうなりゃ初期化もできる。

ダビングも正常にできた。

10枚ほどの新品DVDは捨てたが、なんとなくできたことを追記しておく。

(H29. 1.12 SB932SH撮影)
(H29.12. 1 追記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネットがときおり遮断の原因は

2017年08月03日 09時07分02秒 | つうしん
ときおりネットが繋がらなくなる。

煩雑になることもない一時的なことだ。

なにが原因なのか、未だ判らず使用している。

判らずといっても、おかしなことがあるのは決まって何かが動いているときだ。

何かというのはなんであるのかわからない。

パソコンもタブレット端末もまったく使っていないときである。

なのに無線LANのランプはチカチカしている。

何者か・・・。考えられるのは仕込んでいるノートンセキュリティソフトである。

検査をしているのか、それとも何らかのプログラムの更新なのか・・。

セキュリティソフトのパネルを見てもよくわからん。

こうなれば私が対応できるのはパソコンの電源を切る。

無線LANもプロパイダアダブタのルーターも電源オフ。

しばらく待ってすべての装置を電源オン。

普段であればスカイプマークが出てしばらくすれば難なくネットが使える。

ところがこの日は何度もしても収まらない。

5、6回のトライをして思った。

もしかとして、それはプロバイダ側の問題・・・。

プロバイダはときどきメンテナンス作業がある。

そのときはメールを通じて利用できない日程・時間が伝えられる。

この日はそれに嵌っていない期間。

では、どうするか・・。

頼みの綱は契約しているKCN-NET。

サポートセンターに電話を架けてみた。

時間帯は午前11時半ころだった。

担当の女性が電話口に出られて一つ、一つ、云われる指示の下で対応する。

KCNから我が家の端末状況をみれば特に問題はなし。

先ほどまでしていた電源のオンオフ繰り返し回数情報も入手された。

ブロバイダからの通信回線は問題がないということだ。

であれば、無線LANか、モデムか、パソコン設定か、それともセキュリティソフトか、である。

一つ、一つ対応して現象の原因はどこにあるのか絞り込む作業。

手間はかかるが原因を掴むには必須の対応である。

結論から云おう。

無線LANである。

型式から調べてもらった機器のリセットである。

なんらかのゴミで障害を起こしている可能性がある。

無線LANはバッファロー社製。

ずいぶん前に購入した古き無線LANの型式はWHR-G54Sだ。

発売日は西暦の2005年の8月。

和暦でいえば平成17年。

購入してから大きな故障もなく、11年も経過していた。

それを担当者に伝えてリセット箇所を探してもらう。

あったのは背面でもなく底面であった。

ただ、リセット表示ではなく「INIT」だった。

「INIT」はたぶんにイニシュアライズ。

情報処理時代に数多く発したワードは初期化。

初期状態、つまり、機器を出荷状態に戻すということである。

そこで心配なのがSSIDである。

平成23年10月のときのネット機器交換。

そのときにややこしい覚えられない32桁の番号を略して登録したことがある。

もしかとすればその状態も戻るのでは、と思ったが、接続はできた。

できたのではあるが、画面右下に表示するネット状態は、未接続、である。

お手あげの状況に陥った。

が、昼の食事が冷めてしまうと云われかねない時間帯。

もうこりゃ昼飯後には無線LAN機器を購入するしかないと思っていた。

時間帯は午後12時20分。

昼飯を食べて部屋に戻ってみて再トライ。

難なくネットが繋がっていくではないか。

こりゃ手間が省けた。

というよりもどうにかこうにか機器はそのままの継続対応である。

タブレット端末はネットがおかしくなったので同アドレスで再接続。

これも難なく稼働した。

それから3時間。

なんともなく実行できている。

ただ、ノートンセキュリティソフトの履歴をみれば我が家の無線LANアドレスが「安全でない無線ネットワークに接続しています」とある。

リスクは「高」。

推奨する処理は必要ありません、だ。

たしか、こうなる前は「セキュリティ保護あり」の表示だったと思うのだが・・・・。

その日、翌日の29日。

次の翌日30日の昼過ぎまで無難に作動していた。

仕事の関係で資料をパソコンプリンターでスキャンする必要が生じた。

誌面を置いてスキャンボタンを押せばエラーがでる。

どうやら無線LANが外れたようだ。

そうか、無線LANの影響はプリンターにも関わっていたのである。

その設定はプリンター側で行う。

ところがAOSSが働かない。

赤ボタンを押してもチカチカするだけで認識しない。

電波が飛ばないようである。

それならダイレクトに32桁数値を入力して・・・と試行するが、これもだめ。

パソコンもタブレット端末もWI-FIを認識から外れた。

こうなりゃすべての装置を電源オフして再立ち上げるしかない。

ちと不安であったが、難なく立ち上がったが、パソコンが無線LANを受け付けない。

ネットワーク設定に問題があると判断してみれば・・・オフになっていた。

これをオンにしたら繋がった。

プリンターの無線LANもAOSSで難なく繋がった。

なにがあったのかさっぱりわからない。

その後は何事も問題なく稼働していた。

たまには接続が怪しいという日もあるが、無線LANやモデムの電源オフ/オンで解決していた。

何の支障もなくである。

この日から3カ月後の平成29年3月6日にまたもや発生した。

(H28.11.28 記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネット利用ができない自動更新

2017年04月30日 07時10分11秒 | つうしん
ここんとこ何かの影響でインターネットが利用できない。

タブレット端末でも同じである。

何かが動いているのだが事象は掴めない。

インターネットセキュリテイの更新、それとも・・・。

何らかのものが動いているのはチカチカする無線LAN。

ワードとかエクセルは、なんら影響もなくサクサク動く。

おかしなものがネットを通してハッカーでも・・・。

普段であればチョロッと出現してすぐ消える。

消えるからネットは利用できる。

ところがだ。

先日、いつの先日かメモってないから覚えてないが、最近のことである。

タブレット端末をほぼ一日中利用しているかーさんは困ったというがどうにもこないもならん。

何かはわからないが終わるまで待つしかない。

つい先日のそれは朝から始まって午後の昼過ぎまで延々とであった。

チカチカがきえればサクサク。

気持ちがいいほどサクサク動く。

もちろんタブレット端末であってもサクサク動く。

ところが、この日は難儀した。

電源を立ち上げた29日の朝。

この日はぐっすり寝ていた。

目覚めはぼやー。

はっと気がついたら朝の7時半だった。

寝ぼけた顔で電源をオンした。

2分ぐらいで立ち上がる。

しばらくはそのままほおっておく。

朝の日課は新聞読みから始めって洗顔。

次がトイレで朝食となる。

だいたいがこれで1時間半。

遅いときには2時間も費やしている。

目覚めついでに見ている録画した番組だ。

それからようたくパソコンの前に座る。

書き溜めたブログ記事をアップする。

朝はこうしていつもを過ごす。

ところがこの日は無線LANのランプがチカチカ。

ネットはやはり動いてくれない。

まったく停止ではなくむちゃくちゃと云えるほど遅いのである。

画面が出てこないから余計にイライラする。

ウイルス対策ソフトを立ち上げて履歴状況を見る。

なんやかやいっぱいのプログラムが動いている。

こんなのメモしているだけイヤになる。

その影響かどうかわからないがネットが動きだしたのは午後4時も過ぎていた。

それまで何をしていたかといえばやらなきゃいけない展示会の下準備作業。

はじめて手掛ける展示だけに何をどうするか・・・。

あーでもない、こうでもないと調製ばかり。

手間がかかる。

そのうちネットが動き出した。

晩食後は書き溜めている記事のFBアップ。

いただいているコメントなどにコメントを入れる。

寝る直前までそうしているが、ときおり思う。

なんでこんなことをしているんやろか・・で、ある。

そうこうしているうちに就寝時間。

シャットダウンで電源オフ。

いつもならふっと消えるパソコンの電源であるが、たんまに何らかの更新がある。

更新は間違いなくWINの世界。

だが、なんの更新なのかさっぱりわからない。

情報が送られてこないのだ。

ま、それがあったとしても5分も要らない。

いるのは再度立ち上げたときである。

どちらかといえば更新は立ち上げたときに稼動しているように思える。

シャットダウンしたときはインストールのみ、だと思っている。

とにかく、早く寝たいからそれで済ませて立ち上げるのは翌朝になる。

それが30日。

前日同様に起床した時間は朝7時半。

仕事に就かなくなったので、目覚ましベルは鳴らない。

気ままな時間に起きている。

電源をあげた・・・・更新が始まった。

いつまで経っても終わらない。

1時間経っても終わらない。

1時間半後になって進展具合が95%。

それからしばらくしたら終わって自動的にパソコンが立ち上がった・・・が、である。

出てきた画面がいつもと違う。

初期画面に近いような感じで「はじめて実感してください」とある。

これはデカイ更新プログラムだ。

たぶんバージョンアップ。

「アプリの準備ができていることを確かめて・・」ときた。

ネットも利用できた。

特に問題はなさそうだが、なぜかメデイアプレイヤーがアプリにある。

使いやすかったメデイアプレイヤーが復活した。

無料であるから即行でダウンロード。

久しぶりにみる感触に手間取ったが、私にとっては感動もん。

デジタル画像に自動的にふれる連続番号。

いちいち入力しなくとも連番がふれる。

こんなありがたいものはない。

無駄な作業を費やしてきたが、これで若干は助かる。

以降は番号付けに苦労することなく、無駄な時間も少なくなり喜んでいた。

ところが2カ月後の12月に入ったときだ。

スロットにメデイアを差し込めば自動的に出現していたキャノン製品のZoomBrowserEXが動かなくなった。

なんでだろう。

メデイアプレイヤーソフトを調べてみたが、おかしな点もなくパソコンに存在する。

これだと思ったのがZoomBrowserEXだ。

ふと思ったのがメデイアを挿入したアドレスであれば・・・。

正解だった。何かのタイミングで箍(たが)が外れたのかもしれない。

さて、バージョンアップしたWINである。

そのバージョン番号は1607の更新プログラムのインストールであった。

なぜか午後にも動き出したバージョンアップ。

WIN.10 Ver累積的な更新プログラムにKB3176936にKB3188128および機能更新プログラムだった。

動きだしてワードを起動したらなぜかKINGソフトが動き出した。

抑えていたのに突然の出現。

アンインストールで対応した。

(H28. 9.29、30 記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何かが動いているが正体は不明

2017年04月08日 07時34分05秒 | つうしん
今夜もFB。

溜め込んでいる記事を公開したり、閲覧する毎日。

突然のごとくパソコン動作が遅くなった。

何かが動いているのか・・・わからない。

こういう事象は短時間で終わることは多い。

タスクに負荷がかかって動きが悪い。

しばらくすればそれが終わったとノートンメッセージが出力される。

今夜はそうやとんやが許してくれない。

無線LANの動作状況を確かめようと思ってすべての処理をやめた。

ワードもエクセルも画像処理も・・・。

もちろんインターネットも停止した。

すべての動作をやめたがチカチカ点滅を繰り返す無線LAN。

こういう事象は以前もあった。

直近は前月の7月13日、14日・・・。

思い返しても結局のところは原因が不明。

その日以来、ノートンインターネットセキュリテイを見ることはなかった。

異常なときでなければ見ない。

自動処理をしているから見る必要もない。

が、こういうときには見ざるを得ない。

開いたノートンインターネットセキュリテイは「コンピュータがチューンナップされました」と表示していた。

なにをチューンナップしているのかわからない。

次に履歴を手繰ってみた。

「権限がないアクセスを遮断しました(プロセスデータのアクセス)」が頻繁に出力していた。

時間帯は22時20分から23分までだ。

履歴はあったが、その後の症状は相も変わらずのチカチカ点滅の無線LAN。

停止もせずに何かが動いている。

正体はまったくわからない。

ノートンライブアップデートを見る。

更新の確認は・・・。何かわからないが終了した更新のダウンロードが始まってインストールに移っていた。

完了に対して「OK」で応える。

ところでタブレット端末の動作はどうなんだろうか。

かーさんもこのときは使っていなかった。

なにも動いてはいないのにチカチカ点滅の無線LAN。

タブレット端末でブログやFBを動作してみる。

若干はいつもよりは反応速度は遅いがイライラ感はない。

パソコンのほうと云えば、イライラ感は倍以上。

これって、何なん、である。

それから2時間。

疲れがあったのか寝てしまった。

気がついたら深夜の午前0時過ぎ。

無線LANは点滅していない。

深刻な事態は消滅したようだ。

たぶんに考えられるのがなんらかのソフトのアップデート。

なんらかと云ってもたぶんにノートンインターネットセキュリテイの何か、であろう。

履歴を見れば「ノートンコミュニティウオッチフイードバックが保留」とある。

発生時間は前夜の午後11時5分。

疲れて眠りについたころだと思う。

履歴は午後11時23分にあった「ノートンエラーフォントを提出した」とある。

関係ないだろうな。

ちなみに翌朝はなにごともなく動いている。

ノートンインターネットセキュリテイの履歴の前にしておこうと思ったディスクの最適化。

本来ならウインドウズソフトで実施するのだが、物は試しと思ってクリックした。

が、延々と実行する「ドライブCの断片化解消中」。

1時間を過ぎても終わらない。

そういやこのパソコン、買ってから一度もしていなかったっけ。

それにしてもだ。

ノートンって何故にこんなに不親切なんだろうか。

実行の進展がまったくわからないのに呆れてしまう。

結局は終わったが、なんとなんとの1時間31分。

断片化ファイルは1935個。

その割には長かった。

(H28. 8.10 記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

断線ケーブルでは充電できない

2017年04月08日 07時29分04秒 | つうしん
海外に職を求める次男と電話画像で会話するスカイプ。

その道具に買ったタブレット端末はNEXUS7。

32GB対応の機種は平成24年12月4日に買った。

当時の価格は24800円だった。

主な利用者はかーさん。

私は、といえばその合間になる。

利便性に大満足するかーさんはこれがないと生活ができない娯楽の必需品。

多様な使い方ができる。

それが突然のだだをこねる。

毎朝の利用場所はトイレ。

籠ってブログやFBに書きこまれている動向を知る。

たとえ十数分であっても熱中してしまう。

この日はなんとなくおかしかった。

立ち上げた電源はもうすぐ切れるというメッセージを出していた。

こりゃいかん、であるが脱糞はまだ、だ。

もう少し、もう少しと思っているうちに画面が真っ黒になった。

パワーの消滅である。

トイレを出てから電源コネクタを繋いで充電する。

完全放電しているので時間がかかる。

ただ、コネクタを挿し込めばパワー充電中の小さな画像がでるのだが・・・。

いくら待ってもでない。

こりゃ、ほんまにいかんである。

このような状態は過去にも何度かあった。

あったが、電源スイッチた音声スイッチを長押ししている間に出現していた。

今回もそういくだろうと思っていたが、だめだった。

翌朝の二日になっても減少は解消できない。

パソコンからネットで現象と解決策をさぐる。

同じような悩みをもつ人、多しであるが、解決には至らなかった。

もしかとすれば、本体ではなく、電源パーツに問題あり。

そう思ったのはコネクタコードだ。

何年か前にコード接点部分のプラスチックガードが緩んだ。

しっかり閉まっているはずのガードが緩んだが、補修はしなかった。

むき出しになった線がある。

いつの日にか、それが折れていた。

いつかは断線するだろうと思っていたむき出し線。

たぶんにこれが原因だろうと思うが、素人の私にとっては専門家の声を聞きたい。

そう思って近くにあるジョーシン電機に出かけた。

買ったお店は大和郡山イオンモール内であったが、まずは近くにある富雄南イオンタウンのジョーシン電機。

早速、店内におられたタイガース模様のユニホームを着た店員さんに声をかけてみる。

どうぞ、こちらで腰かけてくださいと云われる椅子に座る。

事象を伝えた店員さんが動きだす。

持参したNEXUS7は店内サービスカウンタにある電源コードを挿し込む。

すぐさま立ちあがって充電パワーの絵柄が出る。

NEXUS7本体に異常は見られない。

当然ながらに電源プラスのコネクタコード。

あのむき出しのコネクタケーブルである。

ところが予想に反して素直に立ちあがる。

店員さが持っていたタブレット端末に充電を示すメッセージが出る。

悪くはないんだと思うが、保証はできないケーブル事情、ではなく事象に対応である。

繋ぎのケーブルは多種多様。

陳列しているケーブルの種類はさまざま。

なにを選んでよいやら、である。

お任せしてくださいとは云わなかったが、陳列棚に並んでいる製品をもって説明してくださる。

素人でも実に判りやすい説明にかーさんも頷く。

選ばれた接続ケーブルはスマートフォン用の極細・充電・データ転送ケーブル。

MICROUSBケーブルの表示もあるケーブルは長さが1M。

ほどよい長さである。

電源プラグは問題なし。

購入したケーブルはまったく問題なく動きだした。

対応は充電だけでなく、パソコンに繋げてデータ転送もできるそうだから、なんかのときには使えるだろう。

買ったケーブルを繋いでしばらくは充電。

ブログもFBも繋がった。

ここ十日間ぐらいは繋がり難くなっていた。

我が家の無線LANが弱くなったのか別室のリビングまでは届かなくなっていた。

しかも、だ。

毎日に利用するトイレも繋ぎが悪くなっていた。

これらの事象も解消した。

充電にパワーがなくなっていたのだろうか。

ちなみに買った接続ケーブルはエレコム社製のMPA-AMBXLP10GK。

特別価格の税抜き740円で充電不可事象を解決できた。

(H28. 8. 2 SB932SH撮影)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

脆弱セキュリテイ確保は長時間対応

2017年02月01日 07時15分12秒 | つうしん
一昨日の13日の夜。

突然のごとく現れた。

パソコンのネットもタブレット端末のネットも動かない。

動かないというよりも開かないと云ったほうが正確かもしれない。

何かが動いているような感じがある。

それはアクセス状況を示す無線LANがチカチカ点滅するアクセスランプで判る。

判るのはいいが、何をしているのかさっぱり掴めない。

パソコンもタブレット端末もなんらその情報は出現しない。

なにかがおかしい。

不正なアクセスが来ているのかもしれないと思って無線LANの電源をオフ/オンする。

オフ/オンの間隔は10秒以上。

そう教えられて何年も経つ。

不正アクセスを断ち切るにはそれぐらいの間を要すると聞いていた。

ただ、その夜の対応はまったく応じない。

パソコンもタブレット端末も無線LANの電源も。

すべての電源をオフ/オンするのであるが、パソコンの電源を上げれば無線LANのアクセスランプがチカチカ。

パソコンの電源を切ればチカチカしない。

一体、何者が邪魔をしているのだろうか。

もしかとしてインターネットセキュリテイソフトのノートンが邪魔をしているのだろう。

そう思って終わるのを待った。

が、一向に終わる気配がない。

こうなればパソコンを立ち上げたままで放置。

待てば果報がくるかもしれないと思って、寝た。

目が覚めたのはそれから3時間後の午前2時。

無線LANのチカチカ症状はない。

パソコンの電源はあがったまま。

インターネットを立ち上げれば何の問題もなく動いた。

あれは一体何だったんだ。

翌朝の14日。

パソコンを立ち上げる。

しばらくしたらセキュリテイの脆弱具合を伝えるノートンのメッセージが出た。

指示に従った対応をしてみるがエラーが出て完了しなかった。

ノートン画面からトライをしてみるが上手くいかない。

そのまま一日が経過した。

翌朝の15日。

またもや脆弱性を訴えるメッセージが出た。

指示に従ってOKをしてみるがエラーになった。

自動的に出力したエラー対応はどうやらノートンソフトにバグがあったのか、再インストールを促すメッセージに辿り着いた。

エラーは「3035.6」。

たぶんにバグ対応番号であろう。

これもまた指示に沿ってダウンロード・インストールをする。

その間のタブレット端末はネットが動作しない。

アクセスできないのだ。

アクセス状況を示す無線LANのチカチカは停まらない。

数十分もかかった再インストールが終わればネットに繋がった。

チカチカもない。

ノートンのインストーラは強制的に他の端末を抑止したのでは・・・。

それにしてもノートンは不親切だと思う。

やっているならやっている、で、その状況を表示するのが親切ちゅうもんやと思っている。

なにも表示をせずに黙って実行するのはなんとなく信頼を寄せることはできない、と思うのだ。

それはともかくこの日の立ち上げ直後に出力した「ノートン削除および再インストール」。

プロダクトキーも表示している。

ノートンの何かがおかしいと思っていたから即行で応える[Ok]。

インストーラが動いて終われば再起動に移る。

かってに動く電源オフ/オン。

立ちあがってしばらくすればノートンインターネットセキュリテイインストールの同意を求める画面が出た。

「ようこそ・・・」画面が同時に出る。

下段には「開始します・・」もあって、散髪屋さんにあるクルクルと同じような感じの表示バーが動いている。

無線LANはランプがチカチカしている。

ところが30分以上も経過するが一向に終わる気配がない。

そのうち、チカチカも止まった。

画面をクリックして終了するまで応答を待つ。

再びチカチカする。

そのうちに止まる。

それの繰り返しに異状さを感じる。

朝の7時半から始まったノートンインターネットセキュリテイソフトの対応は9時50分になっても正常に終わらない。

気持ち悪いのでパソコンの電源オフ/オン。

立ち上げたらインストールの同意を求めるメッセージが出る。

またもや「ようこそ・・」である。

何べんもさせるなと云いたいところだ。

そこへ出てきたウイドウズのセキュリティソフト。

自動的というか勝手にでてきた。

スパイウエアとかウイルス対策などの画面が連続出力。

そのうち、ウインドウズのDefendが動作した。

無事にセキュリテイ確保ができたようだ。

ところがノートンのインターネットセキュリテイソフトの対応がおかしい。

またもや出力した「ノートン削除および再インストール」。

何度もアクションをさせるが・・・。

時間も10時をとうに過ぎていた。

前回同様にプロダクトキーも表示している。

「ここ」っていうから「ここ」をクリックする。

無線LANのランプはチカチカする。

結局は、というか、途中どころか最初の段階で停止したままだ。

そのうちに表示していたウインドウズのDefendが気になった。

ノートンがダメならこっちだと思ってスキャンをする。

それから30分後に終わったスキャン個数は218187個。

たぶん本体パソコンのシステム関係や画像フアイルの数量だと思う。

このDefendにメッセージがあった。

「脅威はありません」にほっとする。

この日、何度目かの電源オフ/オン。

立ちあがってノートン画面を出力したらエラーもなく脆弱性を知らせるサインもない。

7時半から11時。

その間はまったく何もできなかった。

そういえば、右下にときおり出現するノートンメッセージ。

「コンピュターのアイドル・・・・」なんちゃらである。

アイドルは人気者の女子アイドルではない。

「遊び」という意味である。

そんなことを思っていたら突然出だしたメッセージが「コンピュターのアイドル時にノートンインターネットセキュリテイが、現在バックグランドタスクで実行しています」と出た。

直後に出たメッセージは「スパイウエア定義が最新でない・・・云々」だ。

これらのメッセージはじっくり読む間もなくすぐに消えてしまう。

表示にアクションをしない場合はそうなるのかどうか・・・。

待てよ。

ノートンなら壁紙を表示する画面に「ノートンインターネットセキュリテイ」タスクがある。

これを開いたら「危険状態です・・・今すぐ解決」を促す画面があった。

これまでもそうしたことがあったが、思いだせない。

とにかくクリックすれば「更新の確認・・・ダウンンロード・・・更新の処理」の三段落ち。

ライブアップデートに182.9MB。

長時間を要するダウンンロードに30分以上もかかってしまった。

それで終わりではなく、インストールは更新処理で進捗状況が判る。

1/55から始まったインストールプログラム個数は55個。

これらをインストールした時間は50分間。

最後の最後で「55/55インストール中」から進展しなかったが、ようやく終えた。

すべてが終了すれば「今すぐ起動」をクリックして最新状態に反映する。

再起動できたのは午後1時50分。

今日は朝から午後過ぎまでのセキュリテイ確保対応。

長い時間に他のことはなにもできなかった。

翌朝の16日。

立ち上げた時間帯は7時直前。

なぜかこの日もタブレット端末がネット接続できない。

無線LANはチカチカ点灯している。

何かが動いているのだ。

ノートンインターネットセキュリテイを立ち上げる。

もしかとして履歴に何かが動作している情報をアップしているかもしれないと思って覗いてみる。

ある、ある、である。

そこにあった「ファイアウォールルールが更新されました」とある。

状態は検出なので、現在進行中のそれだと思う。

7分後、チカチカ現象は消えたが、しばらく間を置いてまたもやチカチカ。

また、消えた。ノートンの履歴を見てみれば、「フイッシング対策定義のバージョンのダウンロードやスパム対策定義のバージョンのダウンロードに続いてLiveUpdateのセッションが完了した」とある。

だが、パソコンのネット接続はできているが、タブレット端末のネット接続はできない。

なぜだ。

エー加減に、疲れたがその後においては症状がない。

あれは何だったんだ。

(H28. 7.13、14、15、16 記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Remag Repairの不発

2016年12月12日 09時18分12秒 | つうしん
ネットであるキーワード<七条西町出羽瓦>で検索したらマイクロソフトのWIN.10の何かが壊れたと出力する。

回復するにはこれをダウンロードすればいいような風でメッセージが出た。

ダウンロードはするもののインストーラが上手く動作できずに終わった。

パソコン画面には「Remag Repair」インストーラマークが残った。

それをクリックすれば画面から消えた。

これは何なんだ。

どうやら出所不明の中東イスラエルのソフトのようで、エラー表示を出力して不安を煽るJAVAソフトのようだ。

(H28. 5.30 記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

WIN8.1から強制的に作動したwin10のアップグレード

2016年08月15日 08時45分16秒 | つうしん
現在使用中のシステムはWIN8.1。

PCは今年の3月末に買ったばかりのWIN8.1。

そのころから囁かれていたWIN10。

アップグレードを勧めるメッセージは5月ころより一挙にあがった。

毎日のように催促されるメッセージは常に無視していた。

11月のいつだったか覚えていないが督促するようなメッセージになっていた。

これもまた無視していた。

今月の25日に出力されたメッセージは今すぐダウンロードするか、それとも後でダウンロードするかの2選択。

もちろん今すぐはしたくない。

そう思って「後で」をクリックした。

するとだ自動的にダウンロードが始まってしまった。

夕方の午後5時50分だ。

どれぐらいで終わるのか試しに放っておいた。

夜10時ともなればそろそろ就寝時間。

そのときのダウンロード進捗率は60%だった。

ダウンロードの容量は2620.2MBだ。

このまま進めば夜中になる。

それまで起きて対応しているわけにはいかない。

この時点でダウンロードは中断した。

翌日の26日も自動ダウンロードメッセージが出力されるが対応はしない。

病院検査が入っているからずっとつきっきりの対応はできない。

翌日の27日も出力された。

この日も病院検査があるので対応はできない。

丸一日、仕事も取材も検査もない日。

朝から夕方まで丸一日空いている日でなければアップグレード作業は避けたい。

なぜか、多分にセクションごとに発生する何らかのアクションが発生すると考えられるからだ。

28日は朝から晩まで空いている。

この日に立ち上げたPC。

見慣れた自動ダウンロードに対して「後から」を選んだ午前8時。

数日前と同じように自動ダウンロードが進捗しだした。

10時には12%。

その間に発生したエラー中断。

そこで停止しているが再開すれば続行する。

この症状は2回も発生したがいずれも再開で続行する。

ちなみにダウンロード容量は25日と同じ2620.2MBだ。

午後1時は54%。

午後3時は67%。

このときも途中エラーで中断していたが、再開続行する。

午後4時は81%。

外は暗くなってきた。

午後6時は真っ暗だ。

ようやく100%をクリアーしてインストール準備に移った。

「今から」を選ばなかったにも関わらず、しかも「後で」ということでクリックしたwin10のアップグレードは選ぶこと関係なしに作動したのだ。

午後6時45分にアップグレードに入った。

朝から動きだして10時間45分。

想定どおりの長時間作業はこれで終わることなく次々に発生する対応処置に難儀する。

マイクロソフトウェアライセンス条項について「同意」するか、しないかが出力する。

言うまでもなく「する」をクリックして始まったアップグレードインストール。

ここまでくればやり尽すしかないのだ。

「今すぐアップグレードを開始」クリックしたら「再起動しています」が出た。

ワードとかエクセル処理をしていたのに有無も言わせず始まったアップグレードだ。

「更新を構成しています」は0%から始まってWIN10の全画面になる。

その間は「コンピュータの電源を切らないでください」が出力する。

午後6時59分、「10%まで云分間・・再起動しています」と出た瞬間に画面は真っ黒。

何事かいなと思ったが続けてでた「GATEWAY」画面。

数十秒後に「WINDOWSはアップグレードしています」に「PCは数回再起動します」と出ていた。

午後7時、0%から始まって100%に達するまでは①ファイルをコピーしています、②機能とドライバーをインストールしています、③設定を構成しています、の3段階に分けて進捗する。

ファイルコピーが終わったのは午後7時20分だ。

その段階の進展率は30%。

PCが自動的に立ちあがってドライブスキャンの修復が出力した。

何事もないようだ。

機能・ドライバーインストールが終わったのは午後7時50分だ。

その間はお風呂に浸かって時間稼ぎをしていた。

午後8時ともなればそういうわけにはいかない。

毎晩の夜食タイムである。

食べている最中ににも進捗してどこまで進んでいるか判らないくなるので食事中であるにも関わらずときおり見にくるグレードアップ状況。

午後8時15分に終わった。

「WINDOWS10にようこそ」のメッセージとともに登録していた私の名前が画面にでた。

「次へ」をクリックしたら「すぐに使い始めることができます」、「簡単設定を行う」に移る。

「はじめましてCortanaと申します」が出たが、一体だれなのか。

「コルタナはいつでもあなたのアシスタトだって」さ。

何者か判らないが「Cortana」を使うことにした。

次の画面もこれまた初めて。

WINDOWSからのアプリで「フォト」、「マイクロソフト」、「edge」、「crooveミュージック」、「映画&テレビ」に対してアクテイブせずに「次へ」でスキップする。

「もうすぐ完了です」画面に移った瞬間にまたもや真っ黒。

設定選択もないのに、壁紙が変わった。

これまで見たことのない壁紙だが、何をすればいいのかすぐに判った。

マウスを左クリックすれば、パスワード入力画面に切り替わる。

パニックのときも失念しないように貼り付けてある「パスワード」を入力した。

「ようこそ」の文字が出た時間帯は午後8時20分だった。

それからの5分後、ほぼこれまで通りの画面になった。

が、である。なんとなく違う。

これまで使っていたアイコンが消えているのだ。

そういう状態であるが、ひとまずはこれにて一旦休止。

そのまま放置して食事に専念する。

身体的ガソリン・アルコールを体内投入。

精神的に落ち着ける量しか飲まない。

数杯飲んでPC席に戻った。

これもまた見知らぬアプリと思える何かが出ていた。

「AcerPortl」、「abphote」、「abfilrs」、「abMedia」、「abDoos」などが出たが、アプリは起動せずに、すべてを「×」で対応した。

ここまで午後8時28分。

作業はまだまだ続くようだ。

よくよく見ればOUTOLOOKのアイコンがない。

消えているのだ。

その替わりではないが、マイクロソフトエッジ保護の警告が出力許可されないと問題が起こるらしい。

どうやらこれはノートンの拡張機能に対してのようだが・・・。

見慣れないメッセージが出るたびにオロオロするのである。

とにかくPCはアップグレードしたようだ。

エクスプローラを開く。

これまで書き保存していたデイスクアドレスは変わっていない。

安心するのであるがファイルを開けばマイクロソフトのワードでなくてkingソフトである。

3月に買ったパソコンのofficeはkingソフト。

使いにくいから別途にマイクロソフトのofficeを買ってインストールしていたのである。

グーグルIDを投入して先に進めばグーグルのインストールが始まる。

毎晩アップしているフエースブックにようやく辿り着く。

今夜はここまでだ。

翌朝は疲れもあって遅めの起床。

電源ボタンを押してPCを立ち上げる。

前夜の画面とは違って、これまであったアイコンなどが前回同様の配列で出力していた。

昨夜の画面は幻だったのかどうか判らないが、とにかく戻ったのだ。

しばらくすれば「新しい機能が追加されました」が出た。

「PCの電源は切らないでください」だ。

しかもだ。「WINDOWSの機能向上にために調製を行った」と出るが、何を調製したのかさっぱりわからない。

OUTOLOOKなどが「まもなく完了します」とメッセージする。

ここまでの時間帯は午前8時35分。

「AcerPortlmsg」は無視して続行する。

毎朝のブログアップは「goo」。

idは入力を受け付けるが、パスワードは何故か弾かれる。

これまですっと同じ対応のパスワードコピーに貼り付けをすうるのだが、小文字・記号などがおかしいというような感じで退ける。

どうかしたのか・・調べている時間がない。

取り敢えず取材地に向かう。

取材から戻って自宅で昼食。

再びPC席についた時間帯は午後1時10分。

高額商品の「officepersonal2013」の出番だ。

ネットのセットアップアドレスを投入してプロダクトキーを入力する。

次の画面に移ってマイクロソフトに登録したパスワードを入力する。

「setup」がダウンロードされて「実行」をクリックする。

「ユーザーアカウント制御にマイクロソフトofficeがPCに変更を許可するか」のメッセージに対して「はい」を応える。

「あとわずかの手順で完了です」の表示でofficeの準備中に移った。

「新しいofficeにようこそ」が出る。

バックグラインドでofficeがインストールされていく。

90%辺りで「次へ」が出たころだ。

officeのインストールが終わったメッセージが出たので「次へ」をクリックする。

「こんにちは田中眞人さん」が出た。

背景は指定だ。

「雲」を選んで「次へ」。

「新機能に関する説明をご覧ください」に対して「開始する」をクリックする。

「準備が整いました」に「このファイルを開く方法を選んでください」と出たので「word(デスクトップ)」にOKした。

インストールが終わって「完了」した。

とりあえず昨日、今日のアクションをメモしておこうと思ってファイルを開けるのだが、wordの2013が見当たらない。

PCに出てきた「よく使うアプリ」にあるのはワードもエクセルも2007ばかりだ。

よく判らないがgooブログに入ることができなかったパスワード入力が気になる。

朝はグーグルだった。

ワードはkingソフトだ。

ついさっきに終えたマイクロソフトoffice2013。

パスワードはoffice2013ソフトのワードを使う。

インターネットはマイクロソフトEdgeだ。

gooのログイン・パスワードをしてみる。

すんなり受けつけられた。

朝のエラーは何だったろうか。

試しに今日の日記を書いて見よう。

コメントは書き残しているワードからコピー・ペースト。

画像は予め作成・登録しておいた写真を選択する。

これまでトロトロした動きで画像が出力されていたが、今回はサクサクだ。

マイクロソフトEdgeがいいのか、WIN10のおかげなのか判らない。

ちなみにインターネットがマイクロソフトEdgeになったが、これまで溜めていたお気に入りは消えることなくハブにあった。

ひと安心だ。
また、プリント出力も問題なく印字できている。

あとは画面に慣れるだけだと思う。

(H27.11.28、29 記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

膨れ上がるFacebookに対応処置

2016年05月19日 08時49分34秒 | つうしん
FBを利用するにつれ「おすすめ投稿」や「おすすめ動画」が増えていく。

内容といえば受け取りたくもない広告である。

数が増えていけばいくほどリソース不足に陥りパソコンが動作不能。

しかもだ。不要な広告が目に入る。

目につけばしばらく停まる。

不要と判断して流すだけでも時間がかかる。

無駄な時間は費やしたくない。

除去しなければと思って非表示扱いにするが、それぞれの広告ごとに「編集」「非表示」をしなければならない。

対応数が増えていけばリソース不足が解消しつつある。

今後もこまめに対応していきたいと思っている。

映像は平成20年8月23日に撮らせてもらった室生下笠間で拝見したモグラ取りの機械である。

Facebookに出現する私にとっては不要な「おすすめ」。

非表示にしてもあちらこちらから出現する。

出る度に設定する非表示扱い。

減ることもなく増えているのだ。

出現する「おすすめ」は商品とは限らない。

リンクさせてもらったトモダチからもある。

存知しない団体もあれば興味もないニュース情報などなど。

これもまたリソース不足に影響を与える私にとっては不要な情報。

発見しては非表示する。

対応の方法が判ったから見つけては処置をする。

その数はもっと多い。

一日当たりの非表示件数はうなぎ登りで30~40数にもなる。

処置に要した時間は30分~1時間。

毎日、それだけの無駄な時間に付き合わなくてはならない。

困ったものだ。

それから数日経っても非表示しなくちゃならない書込みは倍増どころではない。

原因は我にあるのではなくトモダチのトモダチが増幅しているというわけだ。

トモダチが発信する書き込みは非表示をしない。

しかしだ。

トモダチのトモダチは抑制できない範疇にある。

増幅する非表示対象書込みに難儀する。

これこそイタチごっこ。

イタチくんには申しわけないが、モグラ叩きの意味合いを込めて画像はこれにした。

(H27. 7. 5 記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加