マネジャーの休日余暇(ブログ版)

奈良の伝統行事や民俗、風習を採訪し紹介してます。
すべての写真、文は著作権がありますので無断転載はお断りします。

続、元山上千光寺滝祭滝行

2007年08月31日 09時38分54秒 | 平群町へ
滝行ご加護。

(H19. 8. 5 Kiss Digtal N撮影)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続、元山上千光寺滝祭滝行

2007年08月31日 09時37分30秒 | 平群町へ
清廉、祈りの手。

(H19. 8. 5 Kiss Digtal N撮影)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続、元山上千光寺滝祭滝行

2007年08月31日 09時35分28秒 | 平群町へ
少女の滝行。

(H19. 8. 5 Kiss Digtal N撮影)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

元山上千光寺滝祭滝行

2007年08月31日 09時33分53秒 | 平群町へ
生駒山系では古くから修験者が身を清めた行場が点在する。

近鉄元山上駅から急峻な坂道を歩いていくと平群町鳴川渓谷、更に歩くと役行者が日夜荒行に励んだとされる千光寺に辿りつく。

ここで10年間の修行を終えた役小角は母を残し大峰山で修行されたことから同寺を元山上千光寺と称している。

八月に入ってからは30度を超える猛暑日が続く今日、厳しい暑さに負けぬようにと滝祭が行われる。

法螺貝を鳴らして同寺を出幸した住職、修験者や参拝信者一行は、渓谷の断崖に彫られた石仏の真上から勢いよく流るる滝水に次々にとうたれる。

高さ15mから落つる滝水が頭からあたる滝行は心身の汚れや迷いを清めていく。

おばあちゃんに連れられてお孫さんと共に滝行される母親。

小さいときから来てるんですよと話す親子三代。

信者が行われる滝行は一般的になってきており、最近は女性が多くなっているという。

(H19. 8. 5 Kiss Digtal N撮影)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嵐の曽爾高原

2007年08月30日 08時59分01秒 | 曽爾村へ
昼食を済ませたころ、風が強くなり雨も本降りになってきた。

兜岳、鎧岳(前方)も霞んで見えなくなってきた。

少年自然の家に到着してやまちゃん先生夫妻、うめちゃん、二人のO先生と合流。

この雨では自然観察は危険ということで室内学習となった。

室内で自然を学ぶには急遽工夫が必要となった。

役割分担を整えて先陣はやまちゃん先生。

前回の野遊びで撮影した写真を前に掲示して曽爾高原の成り立ちや豊富な自然を解説されます。

大自然の前ではないので体感ができないけど子どもらの目は集中している。

次はO先生の曽爾の植物の解説。

写真を手に持って一枚一枚を詳しく解説。

持ち時間が大幅に費やすほど熱がこもっていた。

ラストはうめちゃんと私で野鳥の解説。

子どもらの目の前には何もないのでこれがなんとも難しい。

ここで登場したのがバードコールにもなる鳥の鳴き声を発生させる機械。

野鳥の本に刷ってあるバーコードをこするとその野鳥の鳴き声が聞こえてくるんだ。

便利な機械だが現在は製造されていない。

壊れたら代替がなく危ぶまれる。

大切に使っていきたい。

で、鳥の姿は見えないけど耳で感じてくれたかな。

始めての体験となった室内学習は私にとっていい勉強になった。

(H19. 8. 2 V603SH撮影)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

曽爾のうどん

2007年08月30日 08時56分48秒 | 曽爾村へ
今日は曽爾高原少年自然の家で観察会。

田原本町生涯学習課主催の青少年リーダー研修で、自然観察指導支援でO先生からの応援要請に応えるものです。

今回で3年目となった自然観察研修会は、自然に親しみをもち、自然や環境の大切さに気づいてもらうようにと子どもらが曽爾の大自然を学ぶもので、またとない機会です。

午後に集合することになっている少年自然の家。

途中で昼食に入ったひろ房。

曽爾高原ファームガーデン向かいにあるお店。

下見会のときに立ち寄って食べたお亀うどん(500円)が美味しかったので再び立ち寄った。

今回はきつねうどん(450円)。

麺は讃岐うどんを使っているのでコシがある。

味もコクがありお亀うどんと同様に美味い。

(H19. 8. 2 V603SH撮影)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

傍らにカンアオイ

2007年08月29日 08時18分34秒 | 曽爾村へ
済浄坊の滝の傍らにカンアオイ。

しとしと降り出した雨に濡れている。

(H19. 8. 2 Kiss Digtal N撮影)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

曽爾済浄坊の滝

2007年08月29日 08時17分40秒 | 曽爾村へ
曽爾村にはいくつかの清涼な滝があります。

滝が二段になっている済浄坊の滝。

下の滝の右手には水煙大不動尊が祀られ、昔は修練の行者が水行をして不動明王の霊を仰いだと伝わっています。

(H19. 8. 2 Kiss Digtal N撮影)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

その後のサギソウ

2007年08月28日 08時34分17秒 | 我が家の花
サギソウの花が開いて飛んでいる。

2週間後(20日)には飛んだ白サギソウはその姿も消えた。

みな飛び立っていったのだろうか。

(H19. 8. 5 Kiss Digtal N撮影)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サギソウ

2007年08月28日 08時33分17秒 | 我が家の花
やまちゃん先生にいただいたサギソウ。

蕾が膨らんできたのでサギが飛んでいくのがそろそろ見られるかな。

(H19. 8. 2 Kiss Digtal N撮影)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加