マネジャーの休日余暇(ブログ版)

奈良の伝統行事や民俗、風習を採訪し紹介してます。
すべての写真、文は著作権がありますので無断転載はお断りします。

サッポロ一番イタリアンピザ風味まぜそば

2016年06月29日 08時55分00秒 | あれこれインスタント
「野菜のうまみがきいたトマトソースにチーズを合わせたイタリアン風味のタレに、魚介とチリスパイスをアクセントに加えた新しい味わいのまぜそば」の紹介文があったまぜそば。

販売はサッポロ一番だ。

斬新なパッケージにインパクトを込めた「まぜそばの新たな可能性をみせてやる」の謳い文句もある。

パッケージの説明はやたらと多い。

「トマトソース×魚粉」に「チーズと魚介配合のスパイスミックス入り」も書いてある。

どこで買ったか記憶がないまぜそば。

賞味期限が過ぎて数週間。

もう食べることはないだろうと思っていたが、やたらと喉が唸ったように吠えるのだ。

吠える言葉は「らーめんが食べたい、食べたい・・・」だ。

呪文のように聞こえる。

一日制限量の塩分が摂り過ぎになることは間違いがないが、耳元で囁いた呪文に負けてパッケージの蓋を開ける。

まぜそばはノンフライ麺。熱湯を入れて5分間待つ。

蓋を開けて麺をほぐす。

液体調味タレをいれるのはそれからだ。

ここで麺を混ぜるからまぜそば。

焼きそばと変わらんと思うのは私だけだろうか。

仕上げの小袋は粉末。

やや赤みを帯びた粉末だしである。



美味しい香が部屋に広がった。

食欲をそそる味だ。

パッケージにピーマン、トマト、ピザの写真はイメージだと書いてある。

同じような感じにならないピザ風具材。

気持ち少しの具材である。

イメージ写真とはかけ離れている。



喉越し良い麺にがっつりいただくまぜそば。

こんなのもアリなんだろう。

スパゲテイでもない麺がオモシロイ。

ところでイタリアンピザ風味まぜそばパッケージに表記していた1食111g当たりの標準栄養成分表。

ナトリウム量は1800mgだ。

単純計算の400で割ったら4.5g。

これが塩分量の目安。

パッケージに表記していた数値は4.6g。

若干の差異があるが、ほぼ一日の制限塩分量に近い。

この日の晩飯はおでんだ。

大鍋でぐつぐつ煮たおでんの塩分量っていくらぐらいか。

昼食に食べたイタリアンピザ風味まぜそばの塩分量が気にかかる。

おでんの素とか箱入りで出汁の素が売られている。

パッケージに書いてある塩分量は7gを超える。

まぜそば塩分量を加えたら12gもある。

えらいことになるだろうなと思ってかーさんに尋ねた。

出汁の素は一切使っていない。

しょうゆ、みりんにお酒が主。

ぐつぐつ煮たおでん具材の味が浸みてまとまった味になる。

我が家のおでんは美味すぎる。

大鍋で炊いたおでんは次男と食べて鍋がすっからかんの完食だ。

味の決め手は牛肉のスジ肉。

スーパーで売っている肉の塊である。

肉の脂が旨みを引き出すおでん。

塩分量は制限を超えるか、超えないかよりも体重が気になっている。

(H27.10.14 SB932SH撮影)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マルちゃん黒い豚カレー焼そば

2016年04月22日 09時50分16秒 | あれこれインスタント
マルちゃんのマークですぐわかる東洋水産のカップ麺。

焼きそばシリーズに黒い豚カレーがある。

黒い豚カレーうどんはお気に入りの味。

たんまに食べたくなるカレーうどんだ。

麺は66gだが、カレー焼きそばの麺量は90gになる。

最近になって新発売されたのかスーパーで売っていた。

うどんも美味しいのだから焼きそばもと思って買っておいた。

出番はこの日。瀧倉取材で昼間になる。

食事処まで行くには時間がかかる。

そう思ってもってきた。

お湯を注いで3分間待つ。

その間にかーさんが握ってくれたおにぎりをほうばる。

3分待ってお湯を捨てる。

添えつけのカレー粉を振りかける。

香りがふんわりあがって鼻に入った。

胡椒はそれほどでもないからくしゃみはしない。



コクのあるスパイシーソースの液体スープはトロトロのどろりだ。

具材は味付け豚肉に細切れニンジン。

キャベツがない焼きそばは珍しい。

さっそくいただく黒い豚カレー焼そば。

焼きそばでなくて「焼そば」だ。

これは美味い。



うどんも美味いがこれも美味い。

美味いが麺はたよんないと思う。

どちらかといえばツルツル麺だったらなぁと思ってみたりするが、コクでカバーしていると感じた。

黒い豚カレー焼そばには「とろつゆ」版もあるらしい。

お目にかかったら買ってみよう。

細切れの紅ショウガを入れてね。

(H27. 6.13 SB932SH撮影)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マルちゃん昔ながらの油そば

2016年04月22日 09時45分47秒 | あれこれインスタント
およそ20年前に流行ったと思う「油そば」。

「油そば」で思い出すお店はらーめん亀王。

今でも開店しているが・・なぜか家族は食べに行こうとも言わない。

ときおり新聞チラシに割引券が掲載されるので久しぶりに味わいたいと思っていたある日のこと。

イオンだったか思い出せないが東洋水産が発売したマルちゃんの昔ながらの油そばが売っていた。

お湯を注いで4分間。

お湯捨てしてタレを入れる。

ほのかに香る懐かしい味が頭のなかで唸り声をあげる。

2個買ったうちの一つは自宅で食べた。

懐かしいうえに美味しい油そばに感動してから数週間後。

アウトドアの際に持っていこうと思っていた残りの1個はこの日の自然観察会に持ち込んだカップ麺。

お湯捨て型カップは焼きそばと同じだ。

昔ながらの油そばは東京味自慢につやもち麺とある。

亀王の油そばは関東風かどうか知らないが彷彿させる味だ。

タレが絡んだ麺はコシもある。



小さいチャーシューにメンマ、なると、ネギとともにずずっと箸が進む油そば。

勢いがついてあっという間に完食。

満足する味に感動した。

焼きそばと比較する気はないが味は最高峰。

もっぺん特価で出してほしい。

(H27. 6. 7 SB932SH撮影)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明星一平ちゃん夜店の焼きそばハラペーニョ&チリ・チーズ味

2016年02月08日 09時43分39秒 | あれこれインスタント
どこで買ったか覚えていない明星一平ちゃん夜店の焼きそばがある。

焼きそばであるが「ハラペーニョ&チリ・チーズ味」。

一平ちゃん夜店の焼きそばが発売されて20周年記念に企画された商品だ。

味は数週間目に試してみたのでわかっている。

焼きそばとも思えないような味覚であったが、食べているうちに焼きそば味がするとてもおかしな感じがした焼きそば。

二つ買っていた「ハラペーニョ&チリ・チーズ味」。

残っていた一つを車に積み込んで出かけた天理市の山田町。

この日は上山田のお大師さんを取材していた。

ゴクマキに次いで演芸があった。

その後は村人らの会食。

その様子も撮っていた。

いつしか時間が経過して午後2時半。

お腹がクウクウ言い出していた。

会食を終えた村人はビンゴゲームを楽しんでいた。

お腹は待ってくれない。

我慢を抑えることはできずに車に戻る。

そこにはゴミ捨てに老人車を押してきた老婆がおられた。

10年ほど前に当地へ来たと話す老婆は笑顔で云った。

今日の行事は足が悪いもんだから見ることもできませんのやという。

当方はお腹が減り減り状態。

ゆっくり落ち着いて食べなさいという。

ありがたい言葉にお湯捨てした「ハラペーニョ&チリ・チーズ味」はチリ味が決めて。

よくよく見ればパッケージ右下に赤唐辛子に青唐辛子の絵がある。



別添えのソースを麺の上から絞り出す。

赤みを帯びたソース。

辛みの香が漂った。

もう一つの別添えは辛子マヨネーズ。

チュルチュルと箸で挟んで麺に入れる。

混ぜた麺にチーズ粉も入っているふりかけもかける。

ガッツガツと食べる。

慌てないように食べやと云われた老婆を横にしていただくカップ焼きそばが美味いんだな。

後半の取材があると伝えた老婆。

「気つけてな」と声をかけられたのが印象的だった。

(H27. 4.19 SB932SH撮影)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日清のでかぶと庵きつねうどん

2016年01月23日 08時44分23秒 | あれこれインスタント
涅槃講のアマチャ取材を終えた時間帯は午後1時だった。

お昼の時間に訪れたのでご迷惑をかけてしまったと思う。

お腹はぐっと鳴りだした。

車に積み込んだカップ麺。

今回は日清のでかぶと庵きつねうどんだ。

麺の量は90g。食べ応えのある太目の麺だから「でかぶと」の名がある。

うどんはどれもこれもお湯入れ待ち5分間。

待ち時間は長いのである。

粉スープを入れたらカツオの香がした。

お湯を注いで5分待つ。

その間は写真撮り。

石田の庚申さんや霞む山を配置した桜の木を撮っていた。

写真を撮っておれば時間を忘れる。

おっと、もう5分も過ぎた。

この日の気温は3度。

奈良市内では3度だが、この場で感じる体感気温はそれよりもぐっと冷え込んでいる。

零下とも思える寒さに身体が凍りつく。



蓋を開けてカップ麺を箸であげて口に運んだ。

コシがあるというよりも麺が戻っていないような硬さがある。

冷え込んでおれば麺は硬い。

もう少し待ったほうがよかったかもしれないがお腹が待ってくれない。

ずるずる駆け込むきつねうどん。

七味香るの謳い文句が書いてあったが味覚は感じない。

出汁は日清ならではの無難な味付け。

カツオではなく昆布だしと紹介しているが、実際はカツオパウダーが入っている。

味覚は間違っていなかったのだ。

細かく刻んだ中国産ネギやら揚げ玉、味付け玉子が浮かんでいる。

食欲そそるきつね揚げは小さ目。

なんかケチったような大きさだが味はジューシーだった。

で、七味はまったく舌に伝わらない。

つい先日に食べた同社製品の揚げ玉そば。

こちらは柚子香る味。

カツオだしが利いている。

美味さは「そば」に軍配をあげたい。

(H27. 4. 8 SB932SH撮影)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンヨー食品十和田バラ焼き焼きそば

2015年12月04日 09時16分37秒 | あれこれインスタント
一週間前に車中食した明星大盛ぶぶか特製にんにく醤油豚骨らーめん。

イオン大和郡山店で買っていたカップラーメンだ。

その日は本日いただくサンヨー食品十和田バラ焼き焼きソバも買っておいた。

いずれも特売だったラーメンは初もの。

萱森の行事取材を終えて奈良市別所町や高樋町に出かける午後の取材。

昼食するカップ焼きそばはB-1グランプリを獲得したそうだ。

ご当地グルメを袋麺で売っている賞品は見たことがある。

値段はといえば割合高め。

一般的な袋麺よりも高い。

カップ麺ならぐんとお安くなる。

味はどんなものだろうか。

興味が惹かれるネーミングに「十和田バラ焼き」が気にかかる。

バラ焼きとは何ぞえである。

「十和田バラ焼き」は2009年に「「十和田バラ焼きでまちを元気に」という合言葉で結成された市民ボランティアが開発したようだ。

カップ裏面に書いてあった「バラ焼きはほどよく熱した鉄板に醤油ベースの甘辛いタレで下味をつけた牛バラ肉と大量のタマネギをじっくり。タマネギがあめ色になるまで焼きしめる」とあった。

開発といっても地元では昭和30年ころに誕生したメニューのようだ。

お湯を入れて3分間待つ。

お湯捨てしてからドロっとしたタレを麺に落とす。

落とすというよりも絞りだす、である。

タレを麺に絡めて特製のにんにく風味の七味ふりかけをパラパラ。

香りが漂ってきた。



今まで体験したことがないような香りだ。

どことなくスジ肉をたっぷり煮込んだような感じ。

どちらかといえば脂の臭いがキツいのだ。

悪臭ではないがバタ臭い香りである。

麺はややぐらいの中太。

ガツン手前の噛みごたえのある麺にタレが絡んで口に入る。

七味がパンチを利かせているが、にんにくの香りは感じない。

で、メインの牛バラ肉の味はといえばオモシロイである。

二日経っても味を覚えている十和田バラ焼き焼きそば。

癖になりそうだ。

(H27. 2.24 SB932SH撮影)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明星大盛ぶぶか特製にんにく醤油豚骨らーめん

2015年11月22日 08時33分45秒 | あれこれインスタント
イオン大和郡山店で売っていた特売インスタントカップラーメン。

明星から発売されたカップラーメンに表示してあった二代目の顔写真入り。

東京・吉祥寺らーめん専門店のぶぶか特製にんにく醤油豚骨らーめんだ。

蓋には油そばの名店ぶぶかの特製メニューもあった。

これは面白そうだと思って買ったカップラーメンは大盛り。

食事処が見られない土地に出かけるときにと思って買っておいた。

その日がやってきたのが嬉しくてたまらない。

久しぶりの車中食にワクワクする。

具材が入っている粉スープを振りかけてお湯を注ぐ。

待つこと3分間。

どろっとした液体スープも入れたカップラーメン。



商品名のとおりたくさんのスライスにんにくが浮かんだ。

何か判らない小片の肉もあればコーンもある。

ネギはやや普通目だ。

香りがぷーんと上がってきた。

にんにくの香りが圧倒する。

ストレート麺に絡んだスープが美味い。

こってり味だ。

ちじれ麺であればもっとスープが絡みつくであろうと思った。

とにかく多いスライスにんにく。

これが決めてのぶぶかの味。

大盛りラーメンに大満足。

空になったカップも持ち帰る車内。

車からしばらく離れて戻ってきた。

ドアを開けたらにんにくの残香が鼻につく。

ゲップも出ればやはりにんにくの香り。

数時間経っても消えなかった。

翌日の乗車した愛車内に充満していたにんにくの香り。

恐るべし、ぶぶかの特製にんにく醤油豚骨らーめんに驚く。

(H27. 2.15 SB932SH撮影)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マイフレンドの鶏ガラしょうゆらーめん

2015年07月06日 07時31分00秒 | あれこれインスタント
昼時間に着くのはおそらく旧大塔村だと思っていた。

所用を済ませて落ち着いた場は簾だった。

この日に持参したカップラーメンはマイフレンドの鶏ガラしょうゆらーめん。

群馬県・大黒食品工業の製品には「大黒軒」シリーズがある。

たしか天理のビッグ・エクストラで買ったと思うカップラーメン。

二つ買ったが一つはすでにかーさんが食べた。

醤油味が濃いけど美味しくはなかったと伝えていた。

それでもよかと思って持ってきた。

かやくを入れてお湯を注ぐ。

涼しい風が山歩きした汗をぬぐってくれる。

ポットに入れたお湯は冷めていない。

3分間待ったらできあがり、ではなく、液体ス-プで味を調える。



大きな刻みネギにワカメやコーンが浮いている。

液体スープは濃いめの醤油出汁。

さっと混ぜて食べた。

麺は一般的。

コシもないがあっさりスープがからみつく。

お腹が減っているからだろうか、ずるずる食べてしまう。

あっさりという割に濃い目の味は不味くもないがほどほどに食べやすい。

(H26.11. 7 SB932SH撮影)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明星麺処一徹野菜タンメン

2015年06月11日 08時10分18秒 | あれこれインスタント
午前中に注連縄作りを終えた萱森の人たちは一旦、頭屋家でよばれの昼食に移る。

この日は弁当ことカップラーメンを持参していた。

なにかと気遣いしてくれる前頭屋のOさんは一緒に食べようと誘ってくださるが、そういうわけにはいかない。

遠慮を申し上げて辞退する。

山を下って和田へと向かう。

そこでひとまず昼食を摂る。

この日のカップラーメンは買い置きの明星麺処一徹野菜タンメン。

この商品は何故か判らないが、明星食品のHPには登場しない。

どうやらイオンスーパーでしか売っていないようだ。

この年の2月に食べたのはエースコックの柳麺屋野菜タンメン。

お味はどれぐらいの差があるのだろうか。

麺処の一徹野菜タンメンはこだわりの平打ちのスーパーノンフライ麺。

野菜はたっぷりの6品目もある。

お湯を注いで4分間も待つ。

時間は午後1時。朝は寒かったがお日さんが上昇するにつれて暑くなってきた。



蓋を開けて添えつけの調味油を入れる。

食欲をそそるゴマの香りが漂ってきた。

具材は大き目のキャベツに細切りニンジン、コーン、モヤシ・・・キクラゲ。

5品目だけやん。

ひょっとしてゴマもそのうちの1品目に数えるなんて横暴やと思うのである。

透き通るようなスープに浮かんでいる。

すっきりした野菜タンメンの麺はモチモチ感。

僅かであるが弾力感もある麺のコシつきが気にいった。

スープは鶏ガラを使っているようだが、やはりタンメンの味は塩味が決めて。

是非、塩味バージョンを追加してほしいのである。

(H26.10.18 SB932SH撮影)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寿がきや辛味噌番長ラーメン

2015年06月09日 07時57分10秒 | あれこれインスタント
仕事を終えて自宅に向かう。

この日は通り越してグランドオープンした富雄南イオンタウンだ。

2日前はプレオープンだった。

目指すはマックスバリュの富雄南店。

オープンともなれば駐車場は満杯。

オープン特価の砂糖とバターを買いにきたが時すでに遅しである。

かーさんはこの日もおふくろが通院する住之江の畠中医院に出かけている。

昼食は我が家で食するカップラーメン。

買い置きのラーメンを底から探す。

あったのは食べて欲しいというような真っ赤な顔で睨みつける寿がきや辛味噌番長ラーメンだ。

辛口ラーメンは数年に一度の試し喰い。

辛いだけでは辛い。

「カライ」も「ツライ」も同じ漢字。

「辛味」の味わいは痛くてツライのだ。

そう思うのだが、手が勝手に動いて取っていたのだ。

かやくを入れてお湯を注ぐ。

待つ時間は5分間だ。

後入れの液体スープに同じく後入れの粉末スープを投入した。

な、な、なんとである。



お湯は真っ赤に染まった。

見ただけで恐ろしい味であろうと思った。

ドロドロの液体スープに浮いた赤いトウガラシが山のように盛りあがる。

ほんまに辛そう。

さっと混ぜて麺を口にする。

強烈なパンチが襲ってきた。

辛い、辛いの連続パンチである。

辛いも、辛いも同じ漢字である。

赤味噌と思ったスープに絡んだ麺はやや堅め。

ずるずるすする辛い麺。

汗がどっと出てきた番長ラーメンは、なぜか箸が止まらない。

トウガラシが喉を通るときに感じる辛味噌はウマカラだ。

スープが美味しいのである。

かやくはモヤシとニラ。

量は少なめ。

もっと多く盛ってシャキシャキ感がでればもっと美味くなるであろう。

食べているときに声を掛けられたら・・・。

恐ろしい光景にでくわすことを想像した。

喉を通っている最中にしゃべったりしたらエライことになる。

そう思ったとたんに鼻水が吐き出た。

ゲホっ、ゲホっである。

それから食べるのが辛くなった。

最後の一滴まで飲み干したいと思っていたが叶わなかった。

それから上蓋に書いてあった文字を見た。

「※ 大変辛いラーメンです。辛いものが苦手な方はご注意ください。」とある。

このラーメンは「注意」レベルでは許されない。

「辛いものが苦手な方は決して食べないでください」とすべきだ。

「東京・野方 味噌麺処 花道 監修」とある寿がきやの辛味噌番長ラーメン。

マーケットで売っていても目を逸らすことだろう。

(H26.10.17 SB932SH撮影)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加