マネジャーの休日余暇(ブログ版)

奈良の伝統行事や民俗、風習を採訪し紹介してます。
すべての写真、文は著作権がありますので無断転載はお断りします。

佐倉のコイノボリ柱跡

2014年10月10日 08時32分18秒 | 宇陀市(旧菟田野町)へ
市内小林町に住むS婦人の出里は宇陀市菟田野の佐倉。

嫁入りまではここで暮らしていた。

氏神さんを祀る神社は桜実神社。

八ツ房の大杉が有名である。

当時のことだが、と前置きされて語った村の行事に「ジンムサン」があった。

毎年の4月3日に行われていたというから「ジンムサン」は「神武さん」のことである。

神社から山道を登った奥の山。

そこで弁当を広げて食べていた。

村の人たちが集まって食べていた。

話しの様相から「神武さん」の日に弁当を食べる、いわゆる「神武レンゾ」に違いない。

その場はどこであろうか。

探し求めてやってきた佐倉の地。

奥の山を目指してひたすら歩いた。

急な坂道を登る。

あまりの急坂にときおり休む。

それほどの急坂なのだ。

ふっと目に入った案内看板は「神武ゆかりの地 小字 天ノ王」とある。

ここがそうなのかと上がってみても頂上の山ではない。

その場から見下ろせば数軒の家屋が建っていた。

クワを持つ婦人の姿をみて下った。

探していた「ジンムサン」を尋ねた結果は、あるである。

あるにはあるが3日でなく、その日に近い日曜日に移ったと云う。

昔はS婦人から聞いていた奥の山に出かけた。

ゴザを敷いて弁当を食べていたというD婦人。

明日香の飛鳥寺辺りが出里だった婦人は佐倉に嫁入りしたと話す。

それ以前のことは知らないが、ゴクマキもあったと云う。

その様相はS婦人も話していた。

「ジンムサン」こと神武レンゾはいつしか奥の山に出かけることなく桜実神社の行事と合体したようだ。

婦人はクワを持ちだしていたのは畑の耕作。

ジャガイモのタネを植えたり、雑草除けにマルチもしていたと話す。

紅梅や黄色いサンシュユの花が咲くこの日は風も吹かない穏やかさ。



手前に立っていた木の柱が気になった。

もしやと思って尋ねた結果は鯉幟の柱。

孫も大きくなったので土台部分を残して伐ったそうだ。

男の子が生まれたその年に立てた木の柱には葉があった。

2年目は葉を落として羽根車に取り替えたそうだ。

ここら辺りはどこもそうしていたが、今では見ることもない鯉幟の柱の在り方だ。

写真に納めて残しておきたいと申し出て撮らせてもらった婦人の家は旧家。

近年に於いて建て替えたそうだ。

大工が「チョンナハジメ」もしてくれたと云う儀式。

「チョンナハジメ」を充てる漢字は「手斧始」。

建築を始めるにあたって工事の無事を願って安全を祈る。

大工は手斧を材木に当てる真似ごとをする儀礼である。

棟上げの際に納めた棟木の材料はミズキの木。

火事にならないように「水」に願いをかけたミズキの木だそうだ。

(H26. 4. 3 EOS40D撮影)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

菟田野佐倉桜実神社の八ツ房杉

2014年04月14日 07時19分14秒 | 宇陀市(旧菟田野町)へ
宇陀市菟田野の桜実神社に国の天然記念物に指定された八ツ房杉があることは知っていたが、訪れたことはなかった。

訪れるキッカケを作ってくれたのは大和郡山市小林町に住むSさんだ。

婦人の出里は菟田野の佐倉。

桜実神社の鎮座地である。

そこから奥の山(おそらく菟田の高城)に参ってゴクマキが行われていると話していた4月3日の「神武さん」の行事に興味をもった。

同日、県内各地で行われている「神武さん」。

大和郡山市の上三橋町・石川町、天理市の苣原町・和爾町、奈良市の山村町・大柳生、山添村の腰越などがある。

いずれも村行事で、手弁当をもって山に登って花見をするようだ。

「神武さんれんぞ」と呼ぶ地域も多い。

婦人が幼少のころにされていた「ナルカナランカ」も気になっていた。

生家では正月7日にオモチや雑炊に七草粥を作って食べた。

その日にしていた「ナルカナランカ」である。

随分と前のことであるから、今ではしていないだろうと話していた。

東吉野村の鷲家で取材を終えた帰り路。

道路脇に立て看板がある。

そこに案内されていた国指定天然記念物の八ツ房杉。

国道166号線からそれほど遠くない地にある。

境内下から拝見した八ツ房杉はとてつもなく大きな古木は保護するためであろうか、周囲を柵で囲っている。

最大樹高が14mで、幹周りは9mにもおよぶと看板に書かれてあった。

荷重に耐えられるように支え木やワイヤーで引っぱっている八ツ房杉はまるで地を這うような姿でヤマタノオロチのように見える。

推定される樹齢は二千年。

平成7年・講談社刊の『日本の天然記念物』や平成21年・山と渓谷社刊の『改訂奈良まほろばソムリエ検定公式テキストブック』によれば一株の杉が分岐したものではなく、大小6株の基部が癒着したとあるそうだ。

村人は不在であったが、わざわざ和歌山県の橋本からやって来た若者と立ち話。

ブログにアップしたいと話していたが・・・。

(H25.12. 7 EOS40D撮影)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続、岩端里山薫風

2007年05月28日 08時16分22秒 | 宇陀市(旧菟田野町)へ
里山薫風。

(H19. 5. 2 Kiss Digtal N撮影)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岩端里山薫風

2007年05月28日 08時15分21秒 | 宇陀市(旧菟田野町)へ
宇陀市菟田野区の岩端集落。

畑に水を張り田植を待つ。両岸から引いた鋼綱に4、5年ほど前から集めた鯉のぼりの行列。

なんでもネットで募集して集めたといい桜が咲くころに飾られる。

岩端は山間部の狭隘な谷。里から吹く風が上昇気流となって鯉のぼりを煽る。

見苦しくなったら一旦下ろして綺麗に並べ再び上げる。

見物客に喜んでもらうには手間がかかりますわとおっしゃる。

現在、建築中の休み処の東屋。

来年には完成する予定で、大勢の人が来てくれはったらいいなと微笑んでおられた。

(H19. 5. 2 Kiss Digtal N撮影)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続、惣社水分神社御輿お渡り

2005年10月25日 07時55分30秒 | 宇陀市(旧菟田野町)へ
惣社水分神社絶妙の槍振りさばき
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続、惣社水分神社御輿お渡り

2005年10月25日 07時54分40秒 | 宇陀市(旧菟田野町)へ
惣社水分神社鳥の垣内神事
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続、惣社水分神社御輿お渡り

2005年10月25日 07時53分49秒 | 宇陀市(旧菟田野町)へ
そろりと一歩
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続、惣社水分神社御輿お渡り

2005年10月25日 07時53分04秒 | 宇陀市(旧菟田野町)へ
惣社水分神社道中の槍振り
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続、惣社水分神社御輿お渡り

2005年10月25日 07時52分08秒 | 宇陀市(旧菟田野町)へ
お渡りの子どもたち
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続、惣社水分神社御輿お渡り

2005年10月25日 07時50分51秒 | 宇陀市(旧菟田野町)へ
御輿と御幣
コメント
この記事をはてなブックマークに追加